絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

124 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

管理栄養士試験、既卒で一発合格!!

閲覧ありがとうございます!管理栄養士のゆりです^^久しぶりの更新です。わたくし、2月に管理栄養士取得のため、国家試験を受けまして、先日、合格通知をいただくことが出来ました!!!このたび、晴れて管理栄養士となります^^今年の試験の合格率は64.2%で昨年よりは3%ほど高くなっていました。ただ、これは全体の合格率で、大学新卒は92.9%です。私のような短大既卒は28.8%!!なんとかこの中に入ることが出来ました(;´Д`)やはり学校卒業後に働きながらの受験はやはりハードルが高くなります。仕事から帰ってきて、疲れた状態で勉強をしなくてはならないですからね。時間の使い方と効率の良い勉強法、モチベーションの維持が大切だと感じました。私は栄養士の仕事に就いて15年目で、初めて管理栄養士の試験を受けたのですが。。(笑)それでも一発で合格することが出来ました^^勉強方法はそれぞれ人によって違うと思うのですが、私はとにかく過去問を解くことのみを繰り返し行いました。使ったテキストは2冊のみです。勉強会にも特に行ったことはありません。お金はあまりかけずに合格することが出来ました。(笑)さらに詳しく聞きたい方はどうぞ↓あとは小さいご褒美をたくさん作ることでモチベーション維持になりました。 あまり出来なかった日も ″明日頑張ろう!″ という風にかなり自分に甘くしていましたよ。(笑) (もちろん毎日じゃありませんが。) モチベーション維持の仕方も人それぞれなので自分に合った方法を見つけられると良いですね! 今年度の管理栄養士試験を受けるみなさん、ぜひ頑張ってください!!
0
カバー画像

野菜苦手でもダイエットしたいと考えるあなたへ|野菜苦手な人への栄養指導

こんにちはSHOです。僕のブログを読んで頂きありがとうございます。ここ数日、色々新しいサービスを作っております。ダイエッターの方々に「どんなサービスがあったらいいですか?」とお聞きした中で「1週間の食事内容添削のサービス」というものがありました。これ、栄養指導的なサービスを作ろうと思うのですが、僕には1つコンプレックスがあります。それは何かというと【栄養士による栄養指導】です。ココナラでも栄養指導のサービスを提供しているのは、ほとんどは『管理栄養士』の資格を持っている方たちなのです。僕はそのような国家資格を持っていないので、劣等感を感じてしまうのです。勝手に感じているのは分かっているのですが。僕は自信を持って提供していても、やはり国家資格を持っているというだけで、お客さまは安心するんです。それも分かっているので、その人たちと同じ土俵で戦うことはあまりしたくない。自分の個性・強みは何だろうと今回改めて考えてみました。野菜が大好きな人には本当に申し訳ないのですが、僕は野菜が苦手なのです。僕のTwitterやinstagramをご覧いただいている人は分かるかもしれないですが、僕の作った物には野菜が少ないのです。こんな僕に、管理栄養士さんと同じような栄養指導サービスを提供していいのだろうかとすら思った時期もあります。だから、僕は考えました。僕に出来ることは何ができるのだろうか。僕と同じように「野菜が苦手」な人はいると思います。そんな人に対して「野菜苦手でもダイエットできるんだ」というプランを作成したいと思いました!栄養バランスを考えると、確かに野菜をしっかりと食べた方がいいと言われてい
0
カバー画像

この先どうなるか想像できない人や理解できない人と、理解できる人。

健康よりも大切にしたいこと歳を重ねても健康でありたいとは恐らく誰もが願うことです。 健康であるからこそ人生を楽しめる。 生きる上で最も軽視してはいけないのは健康であることです。 そうは言っても、目の前に悩み事や処理しなければいけない事柄が舞い込んでくると、健康への意識はそっちのけとなり、 身体を労ることよりも悩み事や処理しなければいけない事柄が第一優先となる方もいます。 わかっちゃいるけど目の前のことに追われてしまいます。それとは別に、 目の前の問題が理解できず自分の身体を労れない方もいます。 私が今月より勤務している薬局の患者様です。 慢性腎不全の独り暮らしの80代の男性で、 以前より腎機能の検査データの値が悪く、かかりつけの薬局である薬剤師さんがいつ死んでしまうのか心配だと非常に気にしていました。 今月の検査データで腎機能の値が透析レベルとなりましたが、来月の検査データを待って透析治療を始めるか判断するとのドクターの説明があったようです。 患者様は以前より透析はしないと仰っているようで、かといって食事療法に消極的なので、薬剤師さんや私の前任の管理栄養士さんが食事について説明しても、年齢的なことや男性で独り暮らしということからもなかなか全てを理解するには難しく、実行するにも難しいようでした。 時々一緒に薬局へ来られるという長女さんが今回来られお話したところ、 長女さんもお父様の病気に対する認識に乏しく、「そんなにたいへんなんですね」「そういえば時々胸が苦しいとか言ってない?」「でも毎朝パン屋さんのパンを食べていて楽しみなんですよ」と笑顔でかる~い感じで仰ります。 命の危険があ
0
カバー画像

自宅で最期を迎えるという選択

最愛の人と一緒にいたいという願い私の父は4年前に胃癌で亡くなりました。 まだ70代という若さでした。父は自分の家で、母からの「愛してる」との言葉を何度も耳にしながら、母と私に看取られて亡くなりました。 恐らく非常に稀な天国への旅立ちだと思います。 父は食べることが大好きだったこともあり糖尿病がありましたが、適度な食事コントロールをしながらも生活を楽しんでいました。 その他は至って健康でしたので、見つかった時には末期であったという事実に「まさか」としか言葉が出ませんでした。 警告は出ていました。 下痢をしたり食欲がなかったり。 父自身は「大丈夫だ」「たいしたことない」と言っていましたが、 心配した母は病院へ行くように父を促し近所の小さなクリニックを受診しました。 が、 特に問題は指摘されずに内服薬を処方されて帰宅。 その後当たり前のように警告は強さを増し、 激しい下痢と嘔吐が押し寄せるようになりました。 気丈な父もいよいよ「違う」と感じ、母が付き添って近所の総合病院に受診しました。 精密検査の後に「末期の胃癌」との診断。 紹介された病院で手術となりましたが、 開腹した時には転移が広範囲に及び、胃の一部切除のみとして閉じるよりありませんでした。 母は「なんでもっと早くに異変に気付かなかったのか」「大丈夫だという父をなんで強引にでも病院へ連れていかなかったのか」と自分を責めていました。 食べられるものが減っていき、鼻から胃に栄養剤を流し込む経鼻経管栄養となり、寝ている時間が増え、「そろそろ」という時期にかかり、 近所にホスピスもがありましたが、母は自宅で父と残り少ない時間を過ごすこと
0
カバー画像

当たり前のことができる人間と当たり前のことができない人間

信用される管理栄養士へ私は特別養護老人ホームで管理栄養士として働いています。 最近思うのは、管理栄養士ってどこまで栄養のことや食事のことを決めていく権限があるのかな?ということです。 特別養護老人ホームは医師が常時いるわけではないので、ご入居者様の状態の判断は職員に任されることが多いです。 介護職員はご入居者様に変化があれば普段とは異なる状態か、問題がありそうか見極めます。 看護職員は、このご入居者様は救急車の要請が必要なのか?病院受診の必要があるのか判断します。 これと同様に管理栄養士は、ご入居者様の食事形態が適しているか、本人が必要としている食事量が摂れているか判断しますが、 問題があると判断されたことに対する解決策を実行する際に、管理栄養士に主導権はあるのか?ということを考えています。 先日こんなことがありました。 拒食症のような男性ご入居者様がいらっしゃいます。 3ヶ月ほど前から食事が喉を通らなくなり、口にするも飲み込めず吐き出されます。なんとか摂取できるものは1日3回の栄養補助食品のみ。牛乳やココアなど甘めの飲み物は飲んで頂けますが水分摂取量も少なめで「要らない」と拒否されます。 しかし、家族が持参した食べ物は口にでき飲み込むことができます。 往診医は食事を拒否されていることで現状が続く限り特別養護老人ホームでの暮らしは難しいとご家族様に説明し、食欲を増進する薬を服用してはどうかと提案します。しかし、ご家族様のお気持ちは別のところにあり、なんとか食事を食べてもらいたいと思っていますが、薬ではなく第一選択肢として、家族が持参した食事が食べられるのならそれをしばらく続けて
0
カバー画像

ぺらっぺらな人の限界

職業意識と人間性肥満体型のエステティシャン、 肌が荒れている美容部員、 TPOに応じた服装選びができない議員さんなど、 美しさや信頼できる人間性など「自分の売り」にしているものがグダグダだと、こちらとしてはチグハグな印象を持つので「信用できないな」と思ってしまいます。 私は底辺でウロウロしていますが一応管理栄養士として働いているので、 ブログで話題にしている日本食を意識した献立中心の食事で自炊を心掛け、3食きちんと食べています。(普通すぎて立派なものではありませんが、立派すぎるのは継続しにくいので良しとしています) 時々お菓子を食べすぎて、胃もたれ胸焼けすることが悩み