絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

61 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

社会人14

それからの生活はひどいものだった。家に食べ物などない。子供も学校にいかない男性に給与が入ると飲み屋かパチンコだった。そうしているうちに、私にも「働け」というようになった。私は、よし!これでまた離れられる!と思った。しかし私は中卒、簡単に仕事などあるわけがない、そうしていると、先日きた近所のおばさんの旦那さんの行きつけの床屋さんが、住み込みで募集をしているという話が舞い込んできた。私は、どこでもいいから離れて生活し、できれば床屋さんをしてきたのだから同じ仕事がよかった。おばさんの旦那さんの好意で、その床屋さんに住み込みで働けるようになった、そこは小さな床屋さんだった。お店には、働いている女性が二人いた。そして、ある程度、生活の説明や仕事の内容などを聞いた。与えられた部屋は、なにかお店の人の個人のものも置いてある、「物置」のような薄暗い部屋だった。それでも何とかして、自分のスペースを作った。給与は「手渡し」だというのだ。まぁ…小さい個人の店ならあり得るのかな、とあまり深く考えないでいた。そうして、日々の仕事や生活にも慣れてきた日。そう…給料日。茶色い封筒を渡された。もちろん、寮費などが引かれての金額だろうというのは覚悟していた。封筒を手にしたとき「あれ?」と違和感が…。最初「給料明細」だけが入っているのだと思った。そしたら、お店の奥さんが…「あなたの給料ね、お母さんに渡せって言われてるの」と…。!!!!そこまでするか!とも思ったが、するだろうな…と、なぜか腑に落ちてしまった。私は、それでもあの家にいるよりはマシに思えてきたから「そうですか」とだけ言った。封筒には「1万円」が一枚入っ
0
カバー画像

不登校の子にしてあげる一番のこと♡ 女の子シリーズ①

まだ新しい田舎の一軒家。 「お母さん帰ってこーへんかな。。。」カーテンの隙間から外を眺めているのは小学4年生の女の子。 女の子は、毎日、毎日… お母さんの帰りを待っています。お父さんは仕事が終わっても、パチンコ屋さんに行くからあんまり家にいません。 女の子には4つ上にお姉ちゃんがいます。 女の子は寂しがり屋だけど… お姉ちゃんに甘えたりはしません。お姉ちゃんの前ではめちゃくちゃ強気なのです。 お姉ちゃんは困っていました。 女の子は、お姉ちゃんが作るご飯を食べてくれないからです。 お姉ちゃんは、お母さんが作りに帰ってきた事にして、女の子にご飯を食べさせました。 だけど…全部は誤魔化せません。 小学校のお弁当の日には、女の子は自分で作ったお弁当を持って行きました。 食べる頃には偏ってグシャグシャなお弁当。 お姉ちゃんだって自分で作ったお弁当は好きじゃありません。 お弁当の日は、お母さんの手作り弁当を食べているお友達が羨ましく見えます。 お母さんが帰ってこなくなり始めた頃から 2人は不登校になっていました。 女の子が学校へ行かないのは、お姉ちゃんのせいだとお母さんは怒りました。 私が行けないのは誰のせい⁈そう言いたいけど・・・お姉ちゃんは、言いません。小さい頃から、虐待を受けて育ったお姉ちゃん。愛情という名でカモフラージュされた虐待。自分が悪いんだ・・・お姉ちゃんは、お母さんは正しいと思い込んでいます。女の子が小学5年、お姉ちゃんが中学3年になる頃、お父さんとお母さんが正式に離婚した事を聞きました。 もう待っててもお母さんは帰ってこない。後でわかるのですが… お母さんは不倫をして出て
0
カバー画像

社会人13

「探したわよ!!」と、笑顔で玄関に立っている母親を見たときには、ゾッとした…。どうやって見つけたんだ…誰がいったんだ…もう逃げられないのか…私は呆然と玄関に立っていたが、裏に回ってくる同僚などの目が気になり、とりあえず、店を出た…。母親は「家に帰るよ!」といい、そそくさと寮に入り、私の荷物を詰め込み始めた。傍らには、あの男性がいた。男性の車に乗せてきてもらったのだろう…。私の荷物も車にドンドン詰められ…。私はあぁ…私の人生終わったと思った。それくらいショックだった。嫌がらせを受けていても、仕事がハードでも、仕事が楽しかったし、やっと、やりがいや、自分の存在価値などを見いだせていたのに…。またこの人に全部ダメにされた…。私の地元からは、車でも片道1時間はかかる…その中で、一体どうやって探したんだろう…けれど、父親の彼女の時もそうだった。彼女の家や仕事場を今でいう「特定」をするのが、早かった。どういう手段を使ったのかはわからないが、見つかって今、車で母親の家に連れて返させられている…。おばさんがチクったのか…まさかそんなことはないだろう。おばさんも関わりたくないと言っていた。これから先、私は奴隷のように生きていくのかもう私には何もできないのか車の中で色々考えていた。母親は、気分がいいようでずっと話していたが、聞いていなかったと思う。着いたところは、前の団地ではなく新築の家だった。どうやら家を買ったらしい。けれど、家の中は、ものすごく汚かった。玄関を入ってすぐ、下駄箱の上は何かの物で山になっていた。「お母さんたち、家を建てたの!すごいでしょ!入って入って!」と、満面の笑みで言ってくる
0
カバー画像

社会人12

おばさんの家をでてから初めて家に帰った。その日はおばさんのみんなも優しかった。私がいなくなって、本当によかったなと感じた。そして、次の日には帰ることにした。寮の門限が夜の10時だったので、片道1時間はかかる距離だった。あまり長居をしない方がいいとも思った。そうして、私は寮に帰り、また十数人との生活が始まった。けれど、今までの生活からしたら、全然楽しかった。先輩に気を使うのは仕方のないことだ。その月だったか、いつだったか、私の通帳を管理している先輩に「お金を引き出してください」と言った。おばさんの家に帰ったり、ピザやらで出費が重なったためだ…そうしたらものすごい剣幕で「なんのために私が管理しているのよ!!」とまた、みんなの前で怒鳴られた…。いかにも、私が人のお金を取っているような雰囲気だった。「すみません…」と小声で言うしかなかった…。私は、先輩から五千円だけを受け取り、部屋に戻った。それから、仕事は順調のように感じた。ところが、先生の態度が一変する出来事が起こった。理容さんや美容さんだと、新人が直接施術できるのは、「シャンプー」だと思う。今はどうかわからないけど。私は「中卒」というコンプレックスから、シャンプーを人一倍頑張っていた。そして、いわゆる「指名」をしてくれるお客さんができたのである。私を指名してくれるお客さんは日に日に増えていき、他の同期の人達を追い抜いていった。だからといって、私にはなんの気持ちの変化や態度の変化はなかったと思う。変化の仕方が分からなかったのだ。今まで無視はされても「指名」はされたことがなかったからだ。忙しくシャンプーをする私を見て先生が、お客さんの
0
カバー画像

中学校生活11

私は、おばさんに、今の学校でイジメられているとは、到底言えなかった。自分で決めてココにきたんだ文句もなにも言わないし言えない。おばさんの家には、息子と娘二人が一緒に住んでいたが、よくは思われていないのは、知っていた。もう車を持っていたから18歳にはなっていたと思う。それでも私とはあまり顔を合せなかった。ご飯の時も別々に食べていたと思う。一緒に食べた記憶はない。どこにいっても「自分は嫌われ者」だった。好かれようとして、話しかけたりももちろんした。みんなの持っているものは持てなかったけど話にはついていこうとネットのない時代に必死についていこうともした。身なりは制服だったからさほど変わりはないと思う。髪型だけは、変えられなかったが…。それから高校進学の話がでたが、私はこれ以上迷惑は掛けられないと思った。私が高校に行くという選択肢はなかった。おばさんもあからさまに嫌な顔をしたものある。だから私は「就職」を選んだ。出来れば「寮」のある仕事がよかった。そして県外に行きたかった。学校の先生は、ここぞとばかりに就職の資料を持たせた。おばさんと話し合うように、と私は県外の寮付きの仕事をなんでもいいから探した。そうしたら。おばさんが「県外はだめだ」と言ってきた。あんまり離れるとさすがに心配なのかな、と思って、秋田市内の寮がある美容院に決めた。そして、卒業式を終え、私は当然のごとく空気のような存在で、流れるように式が終わり、感動もなにもないまま、ただ就職したら「別の世界があるはず!」という希望だけが私を支えていた。就職の面接が終わり、美容師になりたいと告げると、その店長さんは「美容師、もう埋まってし
0
カバー画像

中学校生活10

思い出したことがあったので、書き留めたいと思います。私がまだ小学生のころ…あれは何年生だったかな、5年生くらいだったと思う。ある女子生徒数人に「話があるから体育館のステージ下にきてよ」と言われた。その小学校はステージの下が倉庫のようになっており、暗い物置のようになっていた。そこに呼び出されたのだ。私はなんだろう、と言われた時間にステージの下に行った。そこには呼び出した女子生徒と他に数人がいて私がくると、サッと私を取り囲んだ。そして「お前さぁ、邪魔だし目障りだから、死んでくれない?屋上から今すぐ」と、唐突に言われた。私は、その辺りには多分「感情」というものを無くしていたのか「わかったよ、今から屋上いくから着いてきてよ」と言った。そしたら、一瞬ビクっとして「……、目の前で死なれたら、こっちが迷惑だからいいよ、ストレス発散にはなるからな」とだけいって、どこかに行ってしまった。私は、悲しいとか辛いとかそういう感情を失ってしまったと思う。話しを前回までのに戻そうと思う。おばさんの家から中学校に通うことになって、今までの自分はもう捨てよう!と思っていた。もう半年だけど、地域も違うし知り合いもいないし、今度こそはイジメられることはない!と…。それと同時進行で、父の財産の話も進んでいた。財産関係でどうしても父の兄と話しをしなければならない。そして、家庭裁判所にもいかなければならなかった。家庭裁判所では、いろいろな話を聞いた。私が「財産を放棄することで家もなにもなくなる」こと「財産を引きつぐと負債も引き継ぐことになる」など…。私は、これだけの人(親戚や兄、母親など)が、財産を欲しいと思っているけ
0