絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

38 件中 1 - 38 件表示
カバー画像

僕らは奇跡でできている

皆さんは映画やドラマ・アニメや漫画などから、生きるヒントや学びを得たことはありますか?  きっと人それぞれ、心に残った思い出の作品があるのではないでしょうか。 今日は私自身が生きるヒントや大きな学びを得た、とあるドラマのご紹介をしてみようと思います。2018年に放送された「僕らは奇跡でできている」というドラマです。 ◆ざっくり、どんなストーリー? 高橋一生さん演じる、主人公の相河一輝 (あいかわかずき) は、大学で動物行動学を教える先生として働く。大好きな動物や生き物など、自分の好きなことにトコトン没頭してしまう性格から、人の話を聞かなかったり空気を読むことができず、人とコミュニケーションを取ることが苦手。 さらに職場のルールを守ることができず、いつも叱られてばかりで、職場の仲間や学生達からは変わり者と思われている。 榮倉奈々さん演じる水本育実 (みずもといくみ) は、強い上昇志向を持ったエリート歯科医。容姿も端麗で周りから羨ましがられる一方で、その上昇志向の裏には罪悪感や劣等感があり、本当は自信が無く自分をなかなか好きになれない。そんな育実をはじめとする周りの人達は、常識や固定観念にとらわれない一輝と接することで、自分自身の価値観を問い直し、自分らしさや新しい生き方を見つけていく。 見ていて心がホクホクと暖まっていく、そんなドラマです。 ◆普通ってなに?常識ってなに? このドラマを見ていると、「普通ってなに?」「常識ってなに?」ということを度々考えさせられます。 みんなが出来ることをできない自分って、ダメ? 出来ないことがあるって、不幸なこと? 一輝の生き方は不器用なようで、
0
カバー画像

不安や落ち込みは悪いこと?

落ち込みや不安な気持ちでいっぱいになってしまい、自分に自信が無くなってしまった時。皆さんはその不安や落ち込みと、どのように付き合っていますか? 不安になったり落ち込むことはとても辛いこと。 けれど、それをいつもと少し違った視点で見ることができたら、もう少し肩の力を抜くことができるのかもしれません。 今回は、そんなネガティブな感情とどう付き合っていくか?というお話です。 ◆実は隠れているかもしれない“価値観” 急に不安な気持ちになってしまったり、気になる体調の変化が出てきたり、落ち込んでしまったり。 そんな時、心の中でどんなことを思っていますか? 「やばい!」「ダメだ!」「こんな事を考えてはいけない!」 ・・・不安や落ち込みが顔を出してくると “排除しなければいけない”と、心が抵抗していませんか? それはもしかしたら、 ・私は不安になってはいけない ・私は落ち込んではいけない ・私は体調が悪くなってはいけない このような価値観が、実は心の奥に隠れているからなのかもしれません。 ◆不安や落ち込みって、本当に悪いこと? ・私は不安になってはいけない ・私は落ち込んではいけない 普段自分があまり意識をしていなくても、無意識下で「私は不安になってはいけない」「私は落ち込んではいけない」と思っているということは、 不安になったり落ち込む自分は ×不安にならない・落ち込まない自分は ◎このように思っているということです。 つまり【不安になったり落ち込む自分はダメな自分である】と強く思い込んでしまっているのかもしれません。 不安になる・落ち込む=ちゃんとしていない自分。 私自身も以前はこのよう
0
カバー画像

パニック障害と「やりたいことが分からない」

「やりたいことが見つからない」 「自分のやりたいことが分からない」 「自分がどうしたいのか分からない」 こんな風に思ったことはありませんか? 実はパニック障害 (不安障害系) の方は、このようにおっしゃる方がとても多いのです。 何かしたいけれど、自分が何をしたいのか分からない。どうしたいのかが分からない。 「自分の楽しいと思うことをやりなよ」なんて友達や家族に言われても、その “楽しいと思うこと” が分からない。 そんな経験はありませんか? 今回は、なぜパニック障害の方がそのような傾向になりやすいのかという事について、書いてみようと思います。 ◆「やりたいことが分からない」の正体 以前の記事「パニック障害の方の家庭環境 “3つ”の傾向」でも触れていますが、「やりたいことが分からない」というのには、主に幼少期の生育環境 (家庭・学校など) が大きく関係しています。 パニック障害の方の生育環境には、大きく分けて3つの傾向があります。 ①大声で怒る・暴力的な親 →両親のどちらか (または両方が) 大声で怒ったり怒鳴ったり、ヒステリーになることがある。または、子供の精神や肉体を暴力的にコントロールしようとする。 ②心配性の親 →心配性の親は元々不安感を感じやすいため、不安を抱えながら子育てをしています。 「これは危ないよ」「あれはやめたほうがいいよ」「これをするとこうなってしまうよ」などと子供に言うことも多く、(精神的に)自分の安心できる範囲に子供がいるようにします。 自分のコントロール外に子供がいると、自分自身が不安になるからです。 ③甘やかしてしまう親 →本当は子供が自分で判断した
0
カバー画像

パニック、不安障害、自律神経失調症、体調不良を治す為に必要な事

みなさん、こんにちは! 西 礼(にし あや)です。 今日は、パニック障害、不安障害自律神経失調症、不眠症を克服した 私から何をすればよいのかを 軽くお伝えさせて頂きます。 まず、あまりにも症状が辛い 場合は、医者の指示に従い きちんとお薬を飲んで下さい。 ただ、薬で治そうと思っては いけません。 あくまでも薬はその場しのぎの つもりで。 ・自律神経を整える。 ・血行を良くする。 ・呼吸を深くする。 ・上半身の凝りをほぐす。 ・足のむくみを取る。 ・股関節をやわらかくする。 ・カフェイン、アルコールを  止める。 ・たんぱく質を多くとる。 決して、心のストレスを 無くそうと無理しなくて いいんです。 体がボロボロな状態で 心のストレスなんて 解消できるわけないですから。 体がきちんと機能する ようになれば、心の ストレスに打ち勝てます。 何故、体がボロボロになって しまったのか? 自律神経とは? 何をすればいいの? 深呼吸のやり方は? 血行をよくする方法は? 不安を和らげる方法は? などなど・・・・・ 私の経験と独学で 学んだ事を48ページの ファイルにして販売 しております。 きっとこれを読めば 前向きに戦っていけると 思います。 そして完治するのに 時間がかかる理由や 季節によって不調がでる 理由もわかって頂けると 思います。 原因がわかるだけでも、 気持ちが軽くなります。 ご興味がある方 何か治るためのきっかけが 欲しい方。 何年後も何十年後も 不調知らずの体と心を 作りたい方にもお勧めです。 是非、読んでください!! よろしくお願い致します。
0
カバー画像

「怒り」の秘密

あなたは最近怒りましたか? 「喜怒哀楽」と言われるくらい、怒りというのは身近な感情ですよね。 でもその一方で、「怒る」というのはとてもエネルギーが必要です。 怒った後にとてつもなく疲れを感じたり、「あぁ、またイライラしてしまった」と落ち込んでしまったり...。 感情の後処理がとても大変なのが、この“怒り”というもの。 今日はそんな怒りについてのお話です。 自分は少し怒りっぽいかも…という方、いつも怒っているあの人の心を知りたい方は、良かったら読んでみて下さい。 それでは 「怒り」のしくみを一緒に見ていきましょう! ◆「怒り」の根底にあるもの “怒り” の根底にあるものは、 「分かってもらえなかった」「受け入れてもらえなかった」という【悲しみの感情】です。 ●相手に自分のミスを指摘されて怒る (相手に否定されたような気持ち。自分を受け入れてもらえなかった...) ●子供が言うことを聞いてくれなくて怒る (何で言うことを分かってくれないの...) ●注文したメニューと違うものが来て、店員さんに怒る (何でちゃんと言った通りにしてくれないの...) いずれも「分かって欲しい」「受け入れて欲しい」「自分の思うようにして欲しい」という期待が叶わなかった時です。 期待通りにならない=悲しい・残念。 つまり「怒る」という感情の根底には、必ず「悲しい」という感情が隠れているのです。 ◆2つの違いとは? 例えば、飲食店で注文したメニューと違うものが来た時。 「頼んだのはこれじゃないのになぁ...」と残念に思い、店員さんに「これじゃないんですけど...」と伝えられる人もいれば、中には「何で頼んだも
0