絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

139 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

人間関係には、ほどほどの距離感が大切!近すぎたり、濃すぎたりすると、それだけ摩擦も起きやすくなる!【アラフィフ心理カウンセラー「うさぴょん」のココナラ電話相談】

人間関係において、距離感は重要です。適切な距離を保つことで、円滑なコミュニケーションや健全な関係性を築くことができます。近すぎたり、逆に遠すぎたりすると、その関係に摩擦が生じる可能性が高まります。では、ほどほどの距離感とは一体何でしょうか? まず、近すぎる関係は、プライバシーや個人の空間を侵害する恐れがあります。人は、一定の距離を保つことで自分の領域を守り、心の安定を保つことができます。あまりにも近すぎる関係では、個々のニーズや境界が曖昧になり、ストレスや不快感が生じることがあります。友人や同僚との距離感を保つことは、相手を尊重し、良好な関係を維持する上で必要不可欠です。 一方、距離が遠すぎる関係も同様に問題を引き起こします。適度な距離を保つことなく、関係が疎遠になると、コミュニケーションの不足や理解の欠如が生じる可能性があります。人はつながりを求める生き物であり、孤立感や孤独感は精神的な健康に悪影響を及ぼします。家族や友人、同僚との距離感を維持することで、支え合いや情報交換が可能になり、より良い関係を築くことができます。 ほどほどの距離感を保つことは、人間関係においてバランスを保つことを意味します。これは、相手の個人的な空間やニーズを尊重し、同時に適度な距離を縮めてコミュニケーションを深めることを指します。たとえば、友人との親密さを楽しむ一方で、互いのプライバシーを尊重することが大切です。また、仕事仲間との関係では、専門性と信頼を築くために適度な距離を保ちつつ、チームワークや協力を大切にすることが求められます。 ほどほどの距離感を保つことは、人間関係の質を向上させる重要な要素
0
カバー画像

地獄への道…10

こんな人生、終わってしまいたい。そうずっと思っていた。その度に「自分には子どもがいる」と言い聞かせてきた。私の感情など、どうでもいい。この子たちが「幸せ」であればそれでいい。私の役目はこの子たちを自分のような惨めではなく「幸せな人生」を送らせてあげること。それだけしか「私の価値」は要らないし、価値すらない。息子が「支援学校」に通えるようになるまで、家にいたが、それを心配した支援学校の校長先生から電話が度々きていた。「息子くん、どうしてますか?もしよかったら、転校手続きが終わるまで、少し学校にきませんか?」と言ってくれた。私は、涙が出るほど嬉しかった。私は「ありがとうございます。息子は今外で遊んでいます。息子に話してみて、もし希望があればお伺いさせていただきます!」と答えた。その日の夕方、息子が帰ってきた時、早速聞いてみた。そしたら息子は「え!!いいの!?行きたい!」と飛び跳ねて喜んでいた。私もそれを見てとても嬉しくなった。翌日、早速学校に電話した。校長先生に代わってもらい、息子が行きたいと言っていたことを伝えたら「いつでもお待ちしています!」と言ってくれた。息子は「明日にでも行きたい!」という感じだったし、この電話で行くことを伝えた。「学校の都合が良ければ、明日にでも伺いたいのですが…」というと「もちろんです!明日は学校の方も特別な行事がないので、ぜひ!先生にも話しておきます!」と言ってくれた。そのことを息子に伝えると息子は張り切っていた。まだ、転校できるとは決まっていなかったが、それでも「学校にいく」ということは子ども心に嬉しかったのだろう。お姉ちゃんや妹も誰も責めたりはしな
0
カバー画像

地獄への道…9

保育園から受けてきた「発達検査」。息子は小学5年生になっていた。それでもまだ自分の「名前」さえ漢字では書けなかった。決して複雑な書体ではない。名前だけでも画数は20。マンガを買ってみたが、見ているのはマンガの「絵」だけ。内容は理解できていない。マンガもその当時流行っていたアニメで、わかりやすいかと思い購入した。それでもペラペラとめくって終わった。「面白くないの?」と聞いてみたが「よくわかんない!」で終わってしまった。一緒に読もうか、と誘っては見たものの断られてしまった。だが、息子の「コミュニケーション能力」は、他の姉妹より長けていた。どこでも「友達」になれる。それは凄いことだと思った。そこを伸ばしてやりたい。いい意味でも悪い意味でも「KY」なのだ。いつだったか、学校の先生に言われたことがある。「息子君ね、すごいよ」と笑いながらだったが話してくれた。先生が廊下を走っていた生徒を廊下で叱っていたそうだ。数人いたそうだが、先生自身も叱ったのはいいが後に引けなかったという。そして次の授業の時間まで怒りを持ちこしてしまい、生徒も先生もどうにも引けなった状態だったという。そんなところに、息子が「♪~♪~」と鼻歌を歌いながら廊下の影の階段から降りてきたそうだ。息子の鼻歌を聞いた先生と生徒は、あまりの可笑しさにお互いに笑ってしまい、その場は納まったというエピソードがあった、という。階段を下りてきた息子は、そんなことはつゆ知らず、シレッとその場を去って行ってしまったと。「お母さん、本来はね、先生が怒っている声なんかを聞くと他の生徒は静かにして当たり障りないようにしていくんですよ、けれど息子君は違
0
カバー画像

地獄への道…8

2時間かかろうが、「息子の診断」をしっかりしてくれるところならどこでも診察してもらいたかった。藁にもすがる思い、とはこのことかと思うくらいだった。私は元々「地図」が苦手なので初診ということもあり電話して場所を聞いた。それでも想像は付かなかったが、「近くまで行ったらまだ電話してもいいですか?」と聞いたら快く受けてくれた。秋田市内すらあまり詳しくないが、そこを越していくとなると本当にわからない…。息子を乗せて長時間の運転に耐えられるだろうか…。その当時、私の車にはテレビがみれるようなものもなく、DVDを見せたいが、そうするとカーナビの地図が見れなくなる…。私は息子が退屈しないように話しかけたりして運転していた。その病院は、大きい病院のように「数か月待ち」という状態ではなかったため初診でもすんなり受付をしてもらえた。もちろん、発達障害の検査は時間を要するだろうが、まずは診察から…。数時間走っていくと、もう少しのところで道に迷ってしまった…。病院に電話するか…。電話してみると、丁寧に教えてくれた。「わかりずらいですよね、安全運転でいらしてください」と言ってもらえた。やっとの思いで着いた、その病院は周りには何もなく、道を挟んだところに喫茶店のようなものがポツンとあるだけ…。周りは木々に囲まれていた。建物は新しい作りになっていた。いよいよ診察である。受付に行くと笑顔で「遠くからお疲れさまでした」と言ってもらえた。待合室という「物々しい」感じはなく、まるで「別荘」を思わせるような造り。待っている人は置いてある本を読んだりしていたが、そんなに多くの人はいなかった。数分待っていると「こんなに早い
0
カバー画像

【開運】再婚のタイミング?パートナーとの浄化を⭐️

皆様こんにちは!べリザと申します。ココナラでは、サイキック能力を活かして占い、リーディングをはじめ、エネルギー的な変容を促すセッションを行なっております。先日、お客様より無事に同棲と結婚に向けての生活がスタートしているとご報告を受けて嬉しくなりました!複雑恋愛の場合は、何かと障害になる出来事や状況がおありの方も多いかもしれません。離婚や、親権、いろいろ話すことや、行き先や方向性を合致させるのには忍耐強さも求められます。もう、この人なんだ!というインスピレーションがあれば、それは、どんな障害でも、好転に変えることができます。自分から離れてしまうんじゃないか?そんな不安や心配は、過去生からのしがらみも関係しているので運命の人であれば、あるほど、自分の元からいなくなってしまうのでは?となかなかスッキリしないこともあります。どんな状況でも、忘れないで!!!とお伝えしたいことは、今辛くとも、あなたがまず先に好転波動に向い、エネルギーを変えることで少ながらず、繋がっているお相手にも影響が与えられるということです^^彼なしでは、楽しめない。虚しい。悲しい。この状態から、どれだけ早く抜けるかが恋愛成就の魔法です☆恋愛成就の魔法①徹底的にネガティブの誘発の元を特定しながら浄化クリアにしていきます。※ほとんどが、感情による支配で動きが取れない場合があります。明瞭さもなく、落ち込むばかりなど。混乱ばかりしている状態。②過去の恋愛相手・離婚相手から送られる念の解除説明のつかない場所で発生している妨害者の解放※精神的苦痛や歓びを感じられないなど、意欲の低下は大抵これです。好きなことに集中できない。空虚感
0
カバー画像

地獄への道…7

生活保護が決定してから2週間くらい経っただろうか、保護のお金が振り込まれていた。少し金銭面的には安心したが、前にも話した通り「人間失格」を張り付けられたような感じがして、どことなく後ろめたさがあった。保護の振込金額は、子供手当などを相殺して振り込まれるが、それでも十分だと思った。車所有の件は、保護の方から「特別許可」という形になった。トントン拍子に物事が決まっていく中、私の体調は反するかのように悪くなっていった…。元々痩せていたわけではないが、体重は減り、とうとう血圧が上80前後になっていた。精神科に通うようになり、慣れない「薬」と合わない「薬」のせいか、脳みそが全く「機能」してくれない。とにかく「眠い」…とにかく下の子を保育園に預ける、というまでが精一杯になっていた。それでも「生活保護受給者」だと思われたくなくて必死だった。そして、「仕事を辞めたこと」も自分の中では消化できていなかった。けれど日を追うごとに「どうせ生活保護を受給するなら、うつ病をしっかり治そう!そして歯医者にも行こう…、行けなかった病院や自分の体を治していこう、それからまた社会復帰すればいい」と思うようになった。そう思えるまでに半年は掛かったと思う。それまでは「会社を訴えてやろうか」、母親のこと、父親の死、全てが「恨み」に変わっていた。母親の宗教、お金のこと、イジメられたこと、サラ金のこと、最初の旦那のこと、元旦那のこと…取られてしまった息子のこと挙げればキリがないほどに恨む要素はたくさんあった。自分は本当に愛されたことはあるのか…子供たちに愛情は与えてられているのか…ただ一つ親だからという「見栄とプライド」
0
カバー画像

「羽生結弦の愛と別れ(;;」タロット結果!

はっきり言ってね~、あまりタロット占いなんてしないほ~が、イイかなぁ~って、思いました。だけど「衝撃的な結婚と離婚」って、やはりボクも気になったので、一応タロットに聞いてみたのじゃ。その結果は、「やはり最初の出会いでは、羽生君はとても清楚で純粋な美人であると一目で気に入り、彼女はスケートにまっすぐで真剣に挑戦する羽生君に対し、この人と一緒にこれから生きて行く!と心に決めていた!!」「それからの二人は相思相愛で、いつも会うとまさに(天界に上る気持ち)であった。おそらく羽生君の仕事も順調で、二人の夢は上昇し無敵状態だ!愛の結晶の存在も」「しかし、あらゆる妨害、いやがらせ、追跡行為、炎上騒動、突撃取材等があったが、二人はそれに負けず、その加害行為に対して断固として抵抗し、はねのけた!」「タロット結果を観ると(別の恋人?)が存在しているかのように思えるが、ボクの判断では、おそらくこの(離婚)はやむにやまれない事情での最終判断だ!羽生君の取材で言っていたのは、おそらく(真実)だと判断した!(偽装離婚?)ではない!法的には別人格となったが?おそらくこれからも二人は(愛しあい、子供と一緒に”愛ある個人”)として人生の旅路を歩いていく!!と判断した!!!なんだか、ちょっと”うらやましさ”さえ感じた。(本気の愛)があるから、あえて決断したのじゃ!・・・身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ!・・・いくら非難されても、いくら損害がでてもイイ!という(背水の陣)じゃ!!なんだかナミダが出てきた。初めてじゃ。こんなタロット占いをして、涙がでてきたのは・・・これからも愛し合って、二人いや三人一緒に幸せになって欲
0
カバー画像

地獄への道…6

離婚してまだ半年経ったか、経たないかで元旦那からの再婚の電話。反対とかどういう感情よりも怒りや、「やっぱり…」という感情の方が強かった。その電話ついでに「生活保護を受けるかもしれない」ことも話した。そしたら「あ~じゃあこっちも都合がいいや、今までみたいに生活費入れなくて済むし、その話もしたかったから」人間とは思えない発言だった。けれど私はその当時、もう感情などほとんどなかったおかげでキレずに済んだのかもしれない。子供たちとの面会はどうするのか、と聞くと、「ん~今までのようには行けないからな~」と…。私は「じゃあコッチからなんとか言っておくよ」と言った。もう相手に期待しても無駄だと思った。全てを諦めていた。それでも子供たちの問題は待ってはくれない。次は息子だった。療育センターに通っていることも学校に話した上で、「特別学級」に通級していた息子。少しは環境がよくなったかと思っていた。息子は3年生くらいだったと思う。保育園の時から診察を受けていたが、一向に「診断」は付かず…。もう半ば「発達障害」のことは「秋田では診断できないのではないか」と不信感でしかなかった。そのあたりから私は個人で「発達障害専門」の医師を探していた。その最中、時折「学校に行きたくない」とまたいい始めていた。その度に、私は「無理に行かなくていいよ」と言ってきたが、お姉ちゃんの姿を見ると、それも忘れて学校に行ったりもしたが、どうしてもダメな時は休ませていた。そういう時は、なるべく公園に行ったりしていた。息子は「体を動かす」のが得意のようで、スポーツにとても興味を持っていた。ルールなどは覚えられないがゲーム自体は好きなよ
0
カバー画像

バツイチはモテないは嘘!?バツイチ男性へ‐女のホンネ‐

バツイチ男性へのホンネバツイチ男性に対して女性はどう思っているのか気になりますよね。まずは女性がどんなホンネを抱いているのか解説させて頂きます。・結婚式は挙げられない?バツイチ男性への懸念点の一つが結婚式です。結婚式は女性が人生で一番輝けるイベントですし、夢を持っている女性も多いです。しかしバツイチ男性との恋愛の先に結婚を見据えたとしたときに“もしかしたら結婚式は挙げられないのではないか…。”というホンネがあります。中には女性でも結婚式は挙げなくていいという方もいますし、男性でも結婚式2回目でも全然します!という方もいます。もしあなたがバツイチでその後また結婚したいと思える女性が現れたら、その女性が結婚式に対してどう思っているのか先に聞いてからどうするか判断してみましょう。・前妻と仲がいい?バツイチ男性に対してずっと気になってしまうのが“前妻”について。絶縁状態?子供がいるから定期的に会っている?今でも人として仲が良い?過去の事は変えられないと分かっていても、どうしてもモヤモヤとしてしまうポイントです。前妻との関係性は変えられないかもしれませんが、ホンネでも建て前でもいいので、新しく大切にしたい女性が現れたら『今はあなたが一番大切だから安心してね』と絶対に新しい女性の味方でいるようにしましょう。・もう子供はいらない?子供が欲しいかどうかは繊細な問題ですが重要です。今は2人で仲良く暮らしていきたいという夫婦像もありますが、子供が欲しい女性ももちろん多くいます。2人とも欲しくてできないというのと、片方がいらないというのでは意味が変わります。もし、もう一度結婚したいと思える女性が出て
0
カバー画像

地獄への道…5

私はとことん「今まで」のことができなくなっていた。 それでも必死に子供達には気づかれないように過ごした。 その間も、上の娘は小学5年生になり、息子は小学生2年生くらいにはなっていたと思う。 卒園から「療育センター」に通院していたものの、「発達障害」の診断は確定されることはなかった。 通級しながら学校に行く息子に異変も起きていた。 そして、上の娘にも異変が‥。 私は子供達を引き取ってからずっと「子供達の話はちゃんと聞いてあげよう」というのは心がけていた。自分の当時のことを思い出すと「会話」はとても「大切だ」とつくづく思ったからである。 自分の小学生時代は多分、親とのコミュニケーションが成り立たなく、友達との距離感や話し方、色んなことが欠如してたと思う。 大人になってからもとても苦労した。 その経験があるから「会話」は大切にしてきた。 上の娘の様子が変だと思い、「最近学校どう?」とそれとなく聞いてみた。 すると、娘は何やら言いたそうな言いたくなさそうなそぶりをしていた。 少し待って見ると娘が口を開いた。 「この前ね‥学校で2時間目の時に先生に机教室から出された‥私だけ廊下で勉強してた」 という。 はい?どういうことだろう‥。 私は、「何かしたの?」と聞いてみた。 私は自分の子供の話は聞くが「全部鵜呑み」にするのは違うと思うのだ。 話を聞くと、どうやら 「隣の席の子が何かを落としたのを拾ってあげたら、その瞬間に先生が見つけ、『遊んでいるなら教室から出ていきなさい!』と言われた」 というのだ。 娘もその子も先生のあまりの大きい罵声に驚いて、何も言えなかったそうだ。 それからどうしたか、
0
カバー画像

地獄への道…3

いきなり、全ての「お金」が入ってこない状態に陥った。ただ「今すぐ食べ物がない」とう状態ではなかったから、なんとか「失業手当」が入ってくるまで頑張ろう、と思っていた。ところが…。その週末の恒例の「飲み会」の時、2人から言われた。「ヒカリちゃん、大丈夫なの?もう限界じゃない?」と…。彼女たちに何を言ったわけではない。元旦那からの振り込みもなくなった、などということも言っていない。いつもであれば「楽しい飲み会」だったのだが、その時は違った。Yちゃんたち2人が何を影で話していたのかは定かではないが、たぶん、今までの私を見てくれていたのだろう…。段々「痩せていく姿」と「なにも食べようとしない姿」、頼るところはないことは、もちろん知っている。私がどんなに話題を変えようとしても、2人は私の体と経済面、そして子供たちのことを心配してくれていた。いつもなら笑ってやり過ごす…そして、自分でなんとか解決をしてきたつもり。今回も特別なことではない、と自分では思っていた。2人に話すことになるのには時間は掛からなかった。そう…「なんで仕事を辞めたか」仕事のことも2人には話していなかったが、Gさんに仕事のことを聞かれたのか、なんだったのか…きっかけは忘れてしまったが、仕事のことを聞かれた時に、私は感情を抑えられなかった…。私はあまり「人前」で泣いたことがない。それが自分の意志とは裏腹に、涙が出て止まらなかった。その時、初めてYちゃんたちに「仕事を辞めたこと」を話した。そのいきさつも全部。けど「どうにかなるよ!」をおどけてみせたが、Yちゃんは顔面蒼白。私がどんな思いで「仕事をしていたか」を知っていたし、なんだ
0
カバー画像

地獄への道…1

アパートに引っ越してから3か月くらいだろうか、仕事も順調だった。次々と業績も上がり、自分でいうのもなんだか、私が入社したときは営業員が私を含め4人しかいなかった営業部も25人にもなっていた。ほぼ私の「部下」と言われる人たちである。全国入賞も何度もした。実際、成績を挙げているという感覚がなかったので、特別偉ぶったりることはなかったように思う。よく「保険屋」というと名義貸しであったり、架空契約などがまだあった時代ではあった。けれど私の場合は契約をするのはお客さんの「職場」か自分の会社に来てもらう、というスタイルが9割を占めていた。会社に来てもらうことで上司とも面談できる。全ては「不正な契約ではない」という証明にもなるのだ。「押し付けない営業」が功を奏したのか営業員も増えていった、というのが今となっては成績に繋がったのだと思う。そして、そうしている間に一度だけ、旦那がアパートにきた。それは何でもない日だったが、アパートまでの場所を教え、子供たちに「お父さんがくるって」というと、喜ぶのかな、と思ったが予想とは反して「ふ~ん…」だった。あれ?私旦那の悪口とか言ったかな…態度に出たかな…なんだろう…と少し心配になったが、来ることが決まっていたので来た時の態度やその後の気持ちを子供たちに聞いてみようと思った。旦那はアパートの玄関…といってもすぐキッチンなので丸見えなのだが「こんなところに住んでるのか…狭くないか?」と言ってきたが「大きければいいということではないから十分です」といった。そして、子供たちが部屋から出てきた。リビングとは呼べないようなところで少し会話をしたりしていたが、どこかぎこ
0
カバー画像

50歳からの婚活☆死別再婚

皆様こんにちは。今週は雨模様が続きそうです。少しづつ気温も下がっていきそうですね。50歳からの婚活は、「死別再婚」というケースも多くなってきます。あまり気にしていなかったのですが、実際にお見合いしてみるとけっこうキツかったです。というのも、お見合いの時点では「再婚」としか記載がなかったんです。お会いして初めて知ったので、これはお相手の結婚相談所にも一言いいたかったですね。最初は、その方は76歳だったので、この先のことも心配なんでしょうと思い直して、仮交際がスタートしました。歳の差は20歳くらいでしたが、何度か外でお食事したりして仕事の話とか楽しかったので割と盛り上がりました。その時、亡くなった奥様の話はサラっと聞いただけでしたが、個展や本を出版するようなけっこうな著名人だったようでしたが、軽く流していました。そのうちお家に招かれ、おじゃましてビックリ!先ず、奥様が生前開いていたお教室の表札がそのまま。まるでルームツアーのように案内してくれましたが、家中、奥様の作品が展示してあり、地下室のアトリエもそのまま。使っていた道具も服や着物もそのまま。何も片付いていません。そして、奥様のお墓があるお寺にまで案内されました。その時は、色々驚きながらも「私にすべてを話して、これからのことを考えたいのかな。」と良いほうに解釈をしていたんですが、、、どうも違うらしい。奥様とは生前、喧嘩ばかりしていたという話から、旅行にいった時の話。最後看取る時の話。死別してから、まだ2年しか経っていないこともあり、気持ちを切り替えるには、まだまだ時間がかかるでしょう。娘さんが一人いらっしゃいましたが、私とほぼ同
0
カバー画像

再婚

中高年の再婚の相談が多い。離婚した人が中年期に夫の浮気に悩まされて離婚して還暦で再婚とかよく相談される還暦以降の再婚は、相性とかそんなものはなく、好きか嫌いだ。ただ還暦過ぎても先祖がついているので、菩提寺で先祖供養と施餓鬼と盂蘭盆会を徹底的にやって再婚した方が良い。わかれたり旦那になる予定の人が事故死するのは、何か理由がある。ご先祖のお眼鏡にかなわなかったのだ。今回はその話は通過点ではなし、奥さんがなくなった後に再婚する旦那。奥さんの運で、地位名誉財産を独り占めして奥さんはなくなるが、なくなってすぐに美人で若い女性と再婚をする。亡くなった奥さんは、身も心もささげて旦那さんを出世させtらの二死んだら若い女かよと。大激怒でその後その旦那さんは没落するか死ぬことになっている。一方、旦那さんなくして遺産相続して生命保険料がザクザク入った奥さんもホストクラブで見つけた若いイケメンと再婚するがそれで家の財産が一瞬にしてなくなる。わるいことは言いません。配偶者をなくしたら人は再婚しないこと。戸籍に再婚を書かないこと。彼氏彼女でお茶飲んだり、映画みたり、食事する光景はそこまでは許してくれますが、自分の家に、異性が泊まりに来るのは許しません。雨宿りはいいですがさっさと着替えて帰ってね。そんな感じです。こんな相談に2万も3万もリクエストして最後まで口を割らずに「彼氏が出て来て再婚しようとしている」と指摘すると、もごもご言い出すので私の時間がもったいないです。星も暦もあなたの思考や行動はすべておみとおし。配偶者が無くなったら、異性関係はお友達でいて戸籍を汚さない。家に入れない。遺産のおカネで新居を買
0
カバー画像

新しい人生の終焉…4

私は決めた。…「離婚する」…。このままでは、不信感しかない、そして、また自分の心を殺して、このまま生きていくのか…。それで子供たちに「素直になりなさい」と言えるのか…。子供たちにどんな顔して毎日を送ればいいのか。親として、妻として…そして一人の女性として…それは果たして「正解」なのか…。色んなことを考えての「決断」だった。私の気持ちは何日経っても変わることはなかった。旦那が帰ってくる日を待った。そして、その日は案外すぐ来たのか、そう感じただけなのかはわからない。そして、子供たちが寝静まった後、旦那に話をした。「もうあなたを信じることはできない…。」と…そうすると旦那は「なんでこれからやり直そうとしているのに、そういうことをいうんだ!」と言ってきたが、その後に「じゃあ別れなくてもよかったじゃん」と…。なにを言っているんだ?この人は?自分の言っていることの意味も今口に出していいことの区別もつかないのか?私はキレそうにもなったが、「もう別れる」と決めた心には怒りなどはなかった。そして、私は淡々と続けた。「離婚するにも証人が必要だから、それはRさんに頼んであるけど、もう一人、あなたの方から出してね、それと慰謝料とか養育費を決めたい」と一気に話した。旦那はここまで言って初めて本気だと思ったのか「どうしたら許してくれるの?」「お前にだって悪いところはあるぞ」などと言ってきたが黙ってただ、反応もせず旦那の言う事を聞いていた。そうすると段々「わかった…もう相手とは別れたし、俺にはお前しかいないから、やり直すという前提で離婚しよう」と言い出した。なんて都合のいい人だ。こんな人だと本当に思っていな
0
カバー画像

新しい人生の終焉…3

それから半年の時間が過ぎた…。私もなるべく「自然」に振る舞うようにした…。夜の性生活は、その中でも「地獄」だった…純真と、そんな綺麗なことを言う気はないが…結婚する前の女性のことをどうの言うつもりは到底ないが、夫婦でいて…その間も私との行為もありながら、影でも誰かと行為をしている…。どうしてもそういう想像が私を苦しめた。もう別れたとはいいつつも…不信感しかない…。かといって、性生活を断って、それを理由にまた浮気されるのか、という恐怖が私を襲った。旦那はそんなことは「なかった」かのようにしてくる…。私は、あのおぞましい過去を思い出した…そう、母親に「売られた時」のこと…。感情を殺した、あの時のこと…。同じ感じがした。それからというもの、私は「性生活」を拒むようになってしまった…。私の中では、もう「離婚」という文字が頭にあったのかもしれない。別れたとて、給料が戻ったわけではなかった…それも「不信」の原因だった。本当に「別れたのか…」もう何もかも信じれなくなった…。けれど、その反面、私の仕事は順調だった。成績も伸びて、グングン昇格もしていった…。私を認めてくれる場所は「会社」になっていた。息子の診断はまだ、明らかにはならなかったが、自分には「やるべき事」がたくさんあった。その中で、たくさんたくさん考えた。自分の気持ちと向き合った。何度も書いているけど、子供たちを引き取れたのは今の旦那のおかげで、その感謝ももちろん忘れてはいない。それは到底、私一人のチカラでは成しえなかったこと…だけど、それとこれとは「別問題」であって、だからといって「やっていいことと悪いこと」の区別くらいしてほしかっ
0
カバー画像

新しい人生の終焉…2

Rさんが、夜にも関わらず、とんできてくれた。もしかしたら、「人の不幸」を興味本位で来たのかもしれない。それでもよかった。そんなことを考えられる余裕などはなかった。Rさんは「二人で話なさい」と子供たちの面倒を見てくれていた。私はRさんが来てくれたので安堵したのか冷静になった…。けれど私の怒りが修まったわけではない。旦那と二人で向き合って話をした。どこで知り合ったのか、いつからなのかなど色々…。知り合ったのは当時流行っていたゲームアプリ。半年くらい前からだそうだ。それって…ディズニーに行くかという話があったあたり…。その間には旦那は「家族ゴッコ」をしていたのか…。私たちと…。もう頭がパニックというか真っ白になった。頭が真っ白というのは、こういうことを言うんだなと、どこか他人をみるように冷静だった。子供たちにもずっと「お父さん頑張って仕事をしているから学校にいけるんだよ」とずっと言い聞かせていた。子供たちの前で一切「自分の稼ぎで」と言ったことはない…。私も前の旦那で少しでも学んだつもりだった。今の旦那に尽くしてきたつもりだった…。仕事中の急なお弁当、給料が少ないと私が借金していたこともある。舅姑、お墓まで全部させてもらったと自負している。旦那の顔は立ててきたつもり…。「うつ病」のことだって何にも言ってくれなかったから病院にもほとんど行ってない。私が何をして「他の女性と一緒になりたい」と思ったのか、そして何を思って家に帰ってきていたのか…。私と子供たちだけが「我慢」していたのか…。どんなにお金がなくても…どんなに子供たちはお父さんに会いたくても…。怒りも沸いたが、虚しくもなった。けれど
0
カバー画像

迷っているあなたへ!

NHK朝ドラで夫婦となった万太郎と寿恵子のやり取りの中で「竹雄さんに、万太郎は笑顔のほうが力が出ると言われた」といったようなやり取りがありました。万太郎も寿恵子も結婚してから堂々とするように変化したと思います。 私も結婚を決めた時、「以前より背筋が伸びていますね~」と同僚に言われ、そういえば今までは地面ばかり見て歩いていたなと実感したことがあります。結婚をするということは自然に自信を生むものです。仕事も生き方も前向きになったことを思い出します。 笑顔といえば、一人でいるときは笑顔ってなかなかでませんよね。一人より二人、三人、四人と家族がいればそれだけ笑顔になる回数も増えます。笑顔になると確かに力も湧いてきます。 背筋が伸び、笑顔が増えると人に認めてもらえる回数も増えます。そうすると自信につながる。 いいことづくめですね(^▽^)/ 結婚
0
カバー画像

新しい人生の終焉

浮気が発覚したのはディズニーランドから帰ってきて、半年も経たない頃だった。その日は、仕事から私も仕事から帰ってきて、子供たちにご飯を食べさせている時に旦那が、「これから帰る」と電話がきた。今までにも急に帰ってくることはあったので、さほど気にしていなかった。ご飯の準備しなきゃな、くらいの気持ちだった。そうして、旦那が帰ってきて色々していた。そうして一通り家事やら子供たちを寝せて一休みしようとしていた時「ちょっと話がある」と言ってきた。今度はなんだろう…。私は、仕事を変えるとかそういう話だと思っていた。「ごめん…好きな人ができた…」と…。私は呆然とした。私はどこか冷静を装っていた。「その人はどんな人なの?どこで知り合ったの?」と聞いた。そうすると旦那は「ゲームアプリで知り合った…最近家にこれなかったのは、その人の家に行っていたから……その人が弱いんだ!お前みたいに強くない!うつ病なんだ!俺がいないと」バアアアァン!!私は旦那の顔を叩いていた。「なに?誰が強いって?誰が弱いって?私もあんたと一緒になる前に病院で『うつ病』って診断されたとき、あんたなんて言った?ふざけんな!!」と怒ったというより、もう怒鳴っていた。旦那は涙目になっていた。「誰が子供産んでくれって頭下げたんだよ!お前に育てられんのか?それともなに、その女に育ててもらうのか?!!」と今までの「我慢」を全部さらけ出した。サラ金を払ったこと、生活費の足りない分をクレジットカードで補っていたこと、一人で育児をしてきたこと全部全部…。それでも旦那は「ごめん!すまなかった!」と土下座をした。それにも腹が立った。よくよく聞くと「毎月の
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…46

ディズニーランドを地図を見ながら色々回ってみたけれど、一生懸命回ったつもりが、ほんの一部なことに驚いた(笑)そして、いよいよお土産を買うことにして、お土産屋さんが立ち並ぶところに向かった。もう、どれがどれなのかわからず(笑)。色々見たいけれど、それどころじゃない人混み!!お土産、なんてものはそもそも「旅行」をしたことがないのだから、なにを買ったらいいかもわからなかった。お土産っていったいどんなのがいいんだろう…。まずそこからだった。ミッキーのかわいい缶に入ったクッキー…飴…は溶けそうだからやめようか…ぬいぐるみは…小さいのでも結構な値段がした。一か所で決めれず、他のお店もみることに…。けれど「なんの違いがあるのか」もわからなかった。子供たちも「これが欲しい!」「あれも~」で、ゆっくり選ぶなどという時間とか、「楽しむ」ということがうまくできなかった気がする。自分のお土産のセンスがないのと人混みと子供たちの声で私はなぜか焦っていた。けれど旦那は、人混みを避け、私たちとあまり会話をしようともしない。だから、旦那に相談したり楽しく話したりしてお土産を選べなかった。私は旦那のお義母さんたちにももちろんお土産を買っていきたい気持ちがあったから、なにがいいのか聞きたくても、そばにいない…。一度、店を出てから「お義母さんたち、なにがいいんだろう?」と聞くと旦那は「親父は酒でもいいんじゃね」と…なんでディズニーにまできて「お酒」なんだよ…。と思いつつも…、ディズニーのラベルかなんかのお酒があるかなど探してみたが見つけられなかった。もう15時くらいになって夜のパレードも見たかったが「帰り」のことを
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…45

ディズニーランドに入場した瞬間、子供たちはとても喜んでいた!「うわぁ~~!!ジャスミンだ~!!」などとはしゃいでいた!旦那はなんだがグチグチ言っていたがあえて無視をした。せっかく楽しい時間を嫌な時間にしたくなかった。旦那にしれみれば、そんなに楽しいところではなかったかもしれないが、一緒に楽しんでほしかった。けれど子供というのは何かを感じたのか、それとも子供ながらの純粋さなのか、「お父さん!こっち!こっち!」などと言って手を引っ張って連れ出していた。パレードをみたり、ディズニーおなじみの「ポップコーン」を自分の好きなキャラクターの入れ物を選んで首から下げて楽しそうだった。ベビーカーを押して子供の手を引きながらは大変だった。旦那は、ちょっと離れたところから付いてきている感じ。疲れているのはわかってるけどね…。子供たちも楽しんでるんだから…もうちょっと楽しそうにしてくれてもいいじゃん…。ふと周りに目をやると、お父さんが肩車をしていたり、お父さんがベビーカーを押していたり…。幸せそうな…「幸せ」を絵にかいたような、というのはこのことをいうんだろうな、と思える家族がたくさんいた。全員ではないことはわかっているつもりでも…。私たちも「そう在りたかった」…。それは「無理」な…「難しいこと」だったのか…。私が高望みしすぎているのか…。私は子供たちの嬉しそうな顔を見ながら…少し寂しい気持ちになった。それから、少し色んなところを回って、「隠れミッキー」を探したり、キャストの方たちから色んなサービスをしてもらったりして子供たちは大喜びだった。下の娘は、あんなに行きたがっていた「ディズニーランド」なの
0
カバー画像

新しい人生の始まり…44

思ったより「ディズニーランド」までは遠かった(笑)なんでも県外に行くのは修学旅行などでしか行ったことがない。高校にもなれば、色々あったかもしれないけど、高校にも行けてなかったから、そんな体験をする機会もなかった。車だったから子供のトイレや空腹などに対応が臨機応変にできた。本当にこれだけはよかった。旦那も休み休み運転をしていた。子供たちもいい加減飽きてきたりもしてきたが、ほぼ寝ていたり、車に付いていたテレビなDVDなどをみて過ごした。本なども持ってきたが「車酔い」が起こってしまい中断した。そもそもこんなに長い時間、車に乗っていることがない。そんなこんなで、やっと近くまで来たのは「朝方」5時くらいだったと思う。近くになっても子供たちは起きてこなかったし、開場までまだ時間があったから駐車場で私たちも仮眠をとった。2時間も寝ただろうか。少しまぶしくなった光で起きた。周りに目をやると、もうすでに少しづつ車は増えていた。朝方に来た時は「東京ドームシティ」などディズニーランドのホテルなどが立ち並んでいたのがあまり見えなかったが、明るくなるとすごく立派なホテルが見えた。あぁ…私のボーナスがもっと多かったらな…と少し落ち込んだ…。チケットを取って、ガソリン代と、食事代などだけで精一杯だった。色々ディズニーに関して色んな人に聞いたら「お土産だけでうん万いくよ」などと言われていたから、少し構えていた(笑)子供たちに楽しんでもらいたい!私が楽しむというのも一理あったが、2歳くらいの子供をベビーカーに乗せて2人の子供を連れて、尚且つ「自分も楽しむ」などいう器用なことはできなかった、というか「初めて」の体
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…43

子供たちに伝える前に「日にち」を決めなければ、子供たちに「守れない約束」をしてしまう可能性があるから、日にちを決めることにした。けれど、子供たちが「夏休み」なことと、私たちの仕事に影響を与えない日にちにしなければならなかったが、私の場合はなんとかなる。問題は旦那だ。旦那に電話をした。「ディズニーのことなんだけど…いつ行けそう?決めないとチケットも私の休みも取れないし、あなたも休み取れないでしょ?お盆時期はどうしても混雑するし…小さい子を連れて混雑したところに行くのも子供大変だし…」と…。旦那は「会社に聞いてみる、これははっきりしないと全部だめになるからな」と言ってくれた。旦那は行く前から「ディズニーまでの道順は仕事で何回も通ってるから大丈夫だ」と自信満々に言っていた。そして、数時間後、会社に聞いたであろう旦那から折り返しの電話がきた。「8月の10日から3日休み取れた!そのままお盆休みでいいって」と電話がきた。そういう時だけはちゃんと休み取れるんだな…と、少し腑に落ちないところがあったが、仕方がない…。日にちが決まったところで、子供たちが学校や保育園から帰ってきたら真っ先に報告しよう!子供たちの喜ぶ顔を想像したら嬉しくなってきた!とうとう子供たちを迎えに行く時間になった!そして、みんなが揃ったご飯の時間…。「聞いて!今度ディズニーランドにみんなでいくよ~!!」すると…「ほんと!!??わーい!!(∩´∀`)∩ワーイ!!」とみんなで喜んでくれた!!良かった!この顔を見たかった!それからしばらく「ディズニーランド」の話で盛り上がった!子供たちは興奮状態だった。それからしばらくテレビやな
0
カバー画像

294.「婚姻歴あり」は初婚の人より“成婚しやすい”?

・「婚姻歴あり」は初婚の人より“成婚しやすい”? 男女1万人超の「成婚者データ」に見る“婚活のリアル”  婚活事業を複合展開するIBJ(東京都新宿区)が、同社の結婚相談所ネットワーク内で成婚した人のデータを分析。「成婚しやすさ」について結果を発表しました。 「子どもあり」の成婚しやすさも上昇傾向  分析に使用した実績データの対象は、同社の結婚相談所で成婚退会した男女1万1269人。一方、アンケートデータは2022年2月から3月にかけて、同社ネットワークで成婚した男女計1860人(男性867人、女性993人)から有効回答を得たものです。  同社によると、同調査における「成婚しやすさ」とは、活動会員数における各年代の比較を分母とし、成婚者における各年代の比率を分子として表したもの。100%が平均となり、100%を超えるほど「成婚しやすい」といえます。  まず、「婚姻歴」と成婚しやすさについて2018年と2022年を比較したところ、「再婚」の値が、男性は13.7ポイント、女性は15ポイント上昇しました。2022年は男女共に100%を超えており、初婚の人よりも成婚しやすいことが分かります。この結果について、同社は「『再婚』に対するマイナスイメージが緩和し、離婚や死別などにより再婚を希望する場合も、活動の障壁にはなりにくいといえるのではないでしょうか」と分析しています。  また、「子どもの有無」と成婚しやすさを2018年と2022年で比較すると、「あり(同居)」の成婚しやすさが男性(シングルファーザー)は11.5ポイント、女性(シングルマザー)は12.2ポイント上昇する結果に。子どもとの
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…42

後日、銀行から旦那に仮審査の結果の電話がきたようだった。旦那から私が仕事中に電話が来た。「仮審査…ダメだって」とひどく落胆した声だった。私は正直ホッとした。「そっか…残念だね…でもしょうがないよね」とは言ったが。まず一つ肩の荷が下りた感じがした。本当は「家を建てる」ってもっとウキウキしたり、楽しんだりして建てるものという感覚だったから…。けれど、その当時の私はとても楽しめるというような気持ちではなかった。これで家を建てることが実現してしまったら、とてもじゃないけど家計が続かないとわかっていた。その当時の旦那の給料は15~18万…。今の時代は可能かもしれないが、その当時はダメだった。そのうえに子供が3人ともなれば銀行も貸さないだろうなと。私が働いてはいるものの「連名」ではないから尚更だろう。さて、まずは一件落着というところですか…。旦那も諦めたというか諦めざる終えなかったので。そうして、そんな忙しい日々を送って数か月が過ぎた。ある日、下の娘が「ディズニーランドに行きたい」と言い出した。そういえば…私も行ったことがないな~とぼんやり考えていた。私がないということは上の子供たちも行ったことはなく…。近々私のボーナスが出る…そのボーナスの金額で行けたら連れていきたいなぁ…くらいに考えていた。それで旦那に夜子供たちが寝静まってから電話をしてみた。「もしさ、ボーナスがよかったらディズニー連れてってくれない?子供たち行きたがってたし…まぁ…いくら貰えるか次第だけど」と…。そうしたら旦那は開口一番「ボーナスがある会社でいいな」と嫌味を言われた。旦那だって最初はボーナスがある会社にはいたのだ。そ
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…41

少しの間は、息子も元気に学校に行ってくれていた。娘も、弟のことに関して、たまに愚痴は言うものの友達と遊んだりしているようだった。その間、「家を建てる」という話は平行線状態だった。旦那が銀行に行く時間がない、というのだ。土地ももう決まったような状態で、買う坪数は「100坪」田舎の特権なような坪数(笑)私が無知のまま、「簡単でいいから設計図」を書いてと言われて書いた家の設計図も完成していた。その次のステップにいっていないのだ。散々急かせておいて、自分はこれだ…。その銀行の「仮審査」に行けない。電話越しに、ここまでやってんなんでなの?と聞いてみた。旦那は「銀行って15時までだろ?都合よくいかないんだよ」などと言っていたが、家を買う時点での時間は取れていたのに、一番肝心な時間が取れないのは別の理由があるのだと思った。だから少しつっこんで聞いてみた。そうすると旦那は「断られたらどうしようとは思ってる」と本心がでてきた。今更?「それ、私も言ったよね、家の話の時に…。ブラックだったし、いくら一括で返したとしてもリストには載ってるって…それでも大丈夫なの?って聞いたよね」というと、旦那は沈黙した…。やっぱり直前になって困ったんだ…。怖いんだ…。きっとサラ金のこともお義父さんには言っていないから勝手にドンドン話を勧めたんだろう…。けれど自分で話を持ってきたからには自分でケジメを付けてほしい。私だってもう日々の時間がギリギリで生活している。金銭面も…。けれど、もう何も理由なくして、この話を「なし」にすることはできない。大家さんでもある不動屋さんも乗り気だからだ。どうするのか…。少し沈黙の後、旦那は
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…40

それでも息子は毎日学校へ登校していました。何度教えてもわからない算数、何度書いても書けない漢字。それでも私は怒ったことはありません。なぜなら…。「この子には生きる術を教えるのが一番いい」と思っていたからです。なので家でのお手伝いなどを率先してやらせてあげました。どうやら「料理」が好きなようで、目玉焼きが上手くできるととても嬉しそうにしていました。それから数か月の時が経ち…。何回も療育センターに通い、それでも発覚せず…。ただ「辛い思い」をさせているのではないか、という心配の方が大きかったように思う。その頃、上の娘が「もう弟と学校に行きたくない!」と言い始めた。理由を聞くと「恥ずかしい行動をする」というのだ。大声で叫んだり、誰彼構わず声を掛けたりすると、一緒にいると恥ずかしいが、姉弟という関係も生徒にはバレているから、どうしようもない、と…。そうか…。そんなことがあったんだ…。娘も我慢してきたんだな…、私はその話を聞いて「ありがとう。そっか、そういうことがあったんだね。息子は元気すぎるからね!お姉ちゃんも心配だったでしょ。見守ってくれてありがとう。弟が悪いことしたら、ちゃんと怒っていいからね!けどね?ダメ!だけではわからないから、『なんで悪いことなのか』を教えてくれたらお母さんがありがたいな、そしてなにかあったら、ちゃんとお母さんに言ってね」と…。それでも娘は最初こそ、一緒に登校などしなかったが、それを責めることもしなかった。娘は娘の友達などの「世界」がある。それを弟とはいえ、家庭の中でのことで壊してほしくなかったし、先生たちも理解できないようなことを子供たちに理解してもらおうなど
0
カバー画像

【再婚への不安を解消!バツイチ女性が再婚に向けて歩むべき道】

こんにちは、恋愛専門の占い師SAORIです。再婚を望むバツイチ女性にとって、恋愛の悩みは尽きないもの。そんなあなたに、再婚に向けた恋愛戦略をお伝えします。■再婚に向けた自分磨き バツイチ女性にとって、自分磨きは再婚に向けた大切なステップです。自分に自信を持ち、魅力を引き出すことが大切です。 ■新しい出会いの場を広げる 再婚に向けて新しい出会いを求めることも重要です。友人や知人を通じた出会いや、趣味を通じた出会いなど、さまざまな場で新しい人と繋がることを心掛けましょう。 ■過去の経験を活かす 過去の経験を活かして、自分に合ったパートナーを見つけることが大切です。過去の失敗を糧に、今度こそ幸せな再婚を目指しましょう。 【再婚に向けた戦略を立てる上でのポイント】 1. 自分に合ったパートナーを見つける 2. 無理をせず、自然体で相手と接する 3. お互いの価値観やライフスタイルを尊重する 【あなたの再婚への道をサポートする占いサービス】 再婚を目指すあなたの道をサポートするために、当占いサービスでは、あなたの状況に合わせたアドバイスを提供しています。私たちの占いは、あなたの悩みや不安を解消し、再婚への道を歩む力となることでしょう。 ■占いサービスで得られる情報 1. あなたに適した出会いの場やタイミング 2. あなたに合った理想のパートナー像 3. 再婚に向けたアドバイスやサポート 【占いサービスであなたの再婚をサポート】 再婚を目指すバツイチ女性にとって、占いサービスは大きなサポートになります。リンクからサービスの詳細をご確認いただけます。 出会いの場を見つけることは、30代以降の
0
カバー画像

神旦那とクソ旦那なぜここまで違うのか

ここに二人の男性がいます一方は朝子供たちとともに目覚め子供達の世話をしてから出社帰宅後子供達にご飯を食べさせお風呂に入り、洗い物をし、洗濯物をし子供が寝た後は二人で今日あったことを話す神旦那と一方は朝自分のペースで起床自分一人の準備をして出社帰宅後はスマホを触りながら子供を横目にご飯ゲームしたり、漫画読んだり、テレビ見たり子供の世話を一切せずに就寝する自分のことしかしないクソ旦那この流れは一例です。もっとひどい人もいます。自分が使ったティッシュすらゴミ箱に捨てられないやつ仕事を休んだくせに遊びにはいくやつえらそうに指図だけしてくるやつ両者の違いはどこにあるのでしょうか?私なりになぜクソ旦那はクソ旦那なのか分析した結果を書きます。①変化しないクソ旦那たちは子供時代からずっと変化していません。親に世話された頃のままずっと成長することなく大人になりました。そして結婚してからも変化せずに、自分の好きなことだけをする振る舞いを続けているのです。やつらは変化を嫌います。なぜ自分が変わらなければいけないのかを平気で聞いてくる人間もいます。やつらの精神は子供のまま変化していないのです。②思いやりは自分にしか向いてないクソ旦那は思いやりを持つ相手は自分だけです。自分が一番、そのため配偶者からも子供からも一番に扱ってくれないとやつらは拗ねます。拗ねるだけならまだましで、文句を言ったり暴力をふるったりするやつもいます。「子供が一番で、俺は二番なんやろ?」と言われたことがある方もいるのではないでしょうか。子供が一番優先されるべきなんですが、やつらにその常識は通用しません。思いやりの矢印は自分にしか向い
0
カバー画像

誰からも選んで貰えないかも知れない。婚活したくない

こんにちは! 神戸御影・元町の結婚相談所 ブルースター 代表の山本です。 ご入会の無料相談にお越しになる方で 凄く悩んだ末に婚活を諦めてしまう方がいます。 ブルースターでは無料相談にお越し頂いた方に 「入会するまで帰さないよ!」 と言うことは絶対にありません。 皆さんに 「1度お帰り頂いてよく考えてお返事下さい」 とお伝えしているので無理に引き留められたから嫌だった!とかでは無いんです。婚活をしないと決めた理由は??ご相談者は、アラフィフお子さんありの再婚女性のお話です。 とてもお綺麗でスラっとした体型。 明るく人当たりの良い方でした。 まずは婚活をするにあたってお子様が何と仰っているかを確認。 「娘と息子がいるんですが、お母さんも新しい人生を進んだ方が良いと思う。って婚活を勧めてくれたんです」 とのこと。それなら安心ですね。 とお話を進めて行きました。 バツイチの方が婚活を始めてしばらくして、お子様から「なんで婚活なんかしてるの!?」と責められることもあるんですよ・・💦しかしお話の中で 「私なんかが選ばれるんでしょうか?」 と活動への不安を何度か吐露・・・。私は入会して欲しいから! と、良い事ばかり言うタイプではありません💦 不安を口にする彼女に 「必ず選ばれますよ、とは言えません。 あなたのようにお綺麗な方であれば、お相手への高望み(年下が良い・高年収など)を言わなければお見合いは出来ます。お申込みはありますから。 お見合い後の交際でお2人の気持ちがどうなるかは、私には予測出来ないことですから」 と答えました。 彼女は「そうですよね、わかりませんよね」 と少し悲しそうでした
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…38

日常でも、様々な変化もあり、その中でも息子の「障害」のことは、まだはっきりしない診察と診断だった。前に検査したときもまだ「保育園ですからね」などと言われ…はぐらかされてきたように思うが、まだその頃では「発達障害」というものに先生たちすら「知識」がなかったのだと思う。その年の春、息子は1年生になった。保育園の先生からは最後まで「息子君は普通の男の子です!」と言われた…。けれど、私は納得がいかなかった。それは「障がい者」にしたい、ということではなく、やはりどこか「違う」ということが明確ではないが、本に書いてあった行動と思考が同じだったのだ。これは「男の子だから」などで済まされない。なんとも言い難い…説明がしずらかった。入学式にも旦那は出席はしなかった。入学式の準備も私一人で行った。旦那の両親からも「お祝い」などは貰ってもいないしお祝いの言葉すらなかった。上の娘の時の運動会なども旦那は出席はしなかったが、Rさん家族が一緒にいてくれたから少しは気持ちはラクになった。Rさん家族は、その頃「離婚」をしてRさん子供が学区が同じになったのを機に、イベント事には協力してくれた。もちろん旦那の両親などは来ない。私が住んでいる地域は春に運動会をする。なので入学したら初めてのイベントが運動会となる。息子が入学するまでは運動会さえ、娘と私の「二人ばっち」だった。ごめんね…と、つい言ってしまったことがある。けれど娘は「お母さんと一緒だから大丈夫!」と言ってくれた。本当はみんなが羨ましいだろうに…。他の親たちは一生懸命、自分の子供たちの運動会を「ビデオ」に撮っていたが、ウチにはそんな贅沢品はなかった。携帯す
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…37

もう、この仕事でずっと頑張ろう!そう思って入社を考えた。子供たちのPTA、運動会、色々な行事や病気などに柔軟に対応してくれるし、なおかつ、学歴などその頃はあまり重要視していなかったようだった。一時預かりの手続きも終わり、保険屋さん入社説明会のようなものに行ったりで、久しぶりに「忙しい」毎日がきた。仕事をこんなにしていない時期もなかなかなかったが、仕事をしない時期というのは、逆に忙しかったりもする。私はその頃になると、一日置きに床掃除、トレイ掃除、草むしり、障子の張替えなどをしていたため、「自分の時間」というものが全くといっていいいほどなかった。突然帰ってくる旦那のお弁当作りや、買い物。一日のルーティーンとしてはとてもハードだった。そして、その上「ワンオペ」である。それでももしかしたら、その時が一番「幸せ」だったのかもしれない。私は、前に使っていたスーツがあったから、それをそのまま使うことにした。なるべくお金は掛けれないし、掛けたくない。しかも「一時保育」には9時から15時までで、約3千円くらい…。そして、保険屋から日払いで頂くお金が3千円…。全くプラスにはならなかったが、マイナスにならないだけいいとしなければ…。保育園の先生たちも、仕事が決まって入園まで少しだからと、頑張ってくれている。1か月くらいで入園が決まり、その頃には私も無事試験に合格して、入社となっていた。その頃の朝のルーティーン5:30 起床(洗顔、歯磨き)5:45 掃除(リビング・トイレ・廊下)洗濯を回す     床ふき・玄関・前日の茶碗の片付けなど6:00 子供たち起床(着替え・洗顔をさせる・下の子の着替え)6:
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…36

「学歴」…。私は行きたくなくて行かなかったわけではない。けれど、それは相手の会社には全く関係のないこと。それに同情してほしいとも思わなかったが、こんなにも「学歴」に関して言われることがなかった。私の中で「学歴」はコンプレックスになっていった…。何もできない資格もない…。当然、仕事をしないと「保育園」に入園できない、という負のループだった。息子は「育児」という名目で通園できているが、それも1年くらいしたらもう通じないだろう…。息子だけの問題ではない。働かないと生活ができない…。どうしよう…。そうして、下の子が1歳になろうとした時、前職の保険屋さんが訪問にきた。「どうしてる~」と。その時の私には輝いて見えた…。生き生き仕事してるな~と…。玄関先で世間話を少ししていた。その元上司は「そういえば仕事なにしてるんだっけ」と言ってきた。私は、ことの経緯を説明して、今仕事がない状況なことと、やっぱり子供が保育園に入れられないことなど、色々話した。そうすると…「あら!じゃあ丁度よかった!ウチにまたおいでよ」といってくれたのだ!!私には願ってもいない話だった。出戻りになるし、ちょっと行きづらいな、とも思ったが、そんな悠長なことは言っていられない。「え!?いいんですか?」と口から出てしまった。と、なぜかトントン拍子に仕事が決まってしまった。私は嬉しくなった。よし!またこれで頑張れる!しかも子供がいても、気にしないで子供のために時間も作れるし、土日休みだし!!学歴も関係ないならもってこいだ!私は早速旦那に連絡をして、報告した。そうすると旦那は「また保険屋やるの?仕事、そんなに焦らなくてもいいんじゃな
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…35

妊娠してからはもちろん、「うつ病」の薬は飲んでいない。そもそも「通院」すらまともにしていない。もちろん、「自分がうつ病になるわけがない」とも思っていたけど、だれも親身にはなってはくれなかったし、そこまでまだ「うつ病」が認知されていなかった。日々過ごしていると「病院に行く」というのは子供主体になってしまい、自分はギリギリまで「病院」というところにはいかなかった。旦那が帰ってきて、名前を決めよう、という話になった。もう時間がない。色んな案が出たが、女の子なのに?という感じの名前になった…。私はあまり賛成ではなかったが、何時間も話しても埒が明かなかった…。お互い離れていても子供の名前の漢字や画数や意味などは考えていると思っていた。けれど旦那は「もうこれでいいんじゃない?」なんてことを言い出す始末。「名前は一生ものなんだよ!」と言っても…「俺の名前も適当だった」だの「爺さんが付けた」だの全くお門違いな答えしか返ってこなかった。夕方までには出さないと、明日にはまた旦那が仕事にいってしまう…。私が出してもいいけど、出生届けくらいは旦那に出してほしかった。出産したことがある人ならわかるかもしれないが、出産したからといって自動的になんでも手続きができるわけではない。健康保険の加入の手続きやたくさんの書類などがあった。今はどうかはわからないが…。そして、出産一時金…。これが問題となった。これは、もちろん私は旦那の扶養になっていたから旦那の社会保険から支給されることになる。その当時の金額は35万円くらいだったと思う。そのお金を…「少し貸してほしい」と言い出したのだ。はい??また始まった。このパター
0
カバー画像

自己紹介(アプリ婚ってありですか)

今日もブログをご覧いただきありがとうございます♪なにを書こうかなぁっと悩んだのですが( ;∀;)そういえば自己紹介をさせていただいてなかったなぁと・・・最後まで読んでいただき私を知っていただければ大変喜びます(笑昭和44年生まれの、現在53歳25歳で7年付き合った方と結婚し、ふたりの息子を出産その後、30歳の時に旦那さんの会社が倒産し31歳で離婚それからはエステティシャン・ヒプノセラピスト・チャネラー・レイキヒーラーとして生計をたてその後、息子たちの部活のお手伝いでいそがしくなり健康食品会社の美容相談窓口でお客さまの健康と美容についてのご相談にのってきました。そして再婚を機に退職し現在にいたります。全速力で駆け抜けた20年間でした💦💦苦労もあったけど、たくさん笑い わたしにとってはキラキラとした大切な日々しかし、ふと気づけば、息子は成人し2年前の大みそかに寂しさを感じ(大みそかにひとりぽっちだったので元旦に、以前から友達にすすめられていたマッチングアプリに登録(笑)なんとなく楽しく遊びにいける人がみつかればいいなあと軽い気持ちだったのですがアプリを始めて1ヵ月で彼氏ができ2ヵ月で結婚を申し込まれ出会って1年で籍をいれました。今から思うと ほんと変な人でなくてよかった(笑)アプリで出会って再婚するとか、ありえないとおもっていたから💦💦でもね再婚してもやっぱ修行なんですよね(笑)もともと人を癒すことが好きなのと直感やなにかを感じることが幼い頃から得意??体質??というのでしょうかあなたを光の方向へお導きできれば幸いです♥週末ですね♪今日も一日がんばりましょう♥
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…32

一人病室にいると、旦那が看護師さんと一緒に入ってきた。「おう!やっと帰ってきたぞ!」と呑気な言葉と共に入ってきた。イラっとした。それでも病院では怒るわけにもいかず…。一人で悶々としていた。そして、お義母さんたちのことを言うと、「それは大丈夫だから!」と言い放つ…。「そういってこの間だって帰ろうとしたじゃん」というと「ちゃんと言って聞かせたから!」と…。もう言い合いにもなりなくなくて、私からはもう何も言わなかったが、旦那が帰ってきたならもう子供たちも大丈夫かな、とも思った。そして、3日目。旦那に電話すると…なんと!仕事に行っている!「え?入院している間は子供たち見てくれるんじゃなかったの?」というと「いつまでも休めないよ…」と…それはそうだけど…自分の親がどれだけのことをしたかわからないのか…まだ小さい子供にご飯も食べされられないのに…。そうしてまた、毎日子供たちに電話をした。ちゃんと学校に行けたか、保育園に行けたか、迎えはきたか、ご飯は食べれているか、お風呂は入ったか…。学校でなにがあったか、保育園でどんなことをしたか…。そんな電話の途中でさえ、お義母さんが「毎日電話うるさい!」などと聞こえてくる…。腸が煮えくりそうなのを必死で我慢した。子供たちには「もうすぐで赤ちゃんと一緒に帰るからね!」と言って安心させることしかできなかった。Rさんはたまに病院に来てくれた。赤ちゃんと私と話をしに…。Rさんは「あの親じゃだめだな…、私が子供たちを見ようと思ったけど、『あんた誰』って言われたし」と…。なんてことを言うんだろう。本当に「非常識」。そんな感じでとうとう「退院」の日がやってきた!私は
0
カバー画像

彼の「都合のいい女」にならないために、あなたがすることとは?!★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

自分自身について考える自分が何を望んでいるのか、自分自身について考えてみましょう。自分の優先事項や価値観を明確にすることで、彼との関係においてどのようなことが重要かを理解することができます。自己主張する自分自身の意見や希望を自由に伝えることが重要です。彼の都合に合わせて自分自身を変えたり、妥協しすぎたりしないようにします。 相手をよく知る彼がどのような人物かを理解することが重要です。彼があなたを利用しようとしているのか、本当にあなたを尊重しているのかを見極めることができます。 自分自身を高める自分自身を成長させ、自信を持つことが役立ちます。自分自身を磨くことで、彼から尊重され、真剣に考えられる可能性が高まります。また、自分自身に対する自信が増すことで、彼に対して自己主張しやすくなるかもしれません。自分自身に妥協しない彼が求めるものを全て受け入れてしまうと、彼にとって都合の良い女と見られる可能性があります。自分自身に妥協することなく、自分自身の意見やニーズをはっきりと伝えることが大切です。 彼とのコミュニケーションを大切にする自分自身の意見やニーズを伝えるために、彼とのコミュニケーションを大切にしましょう。彼に対して素直に自分自身の気持ちを伝えることで、彼もあなたを尊重するようになる可能性があります。 自分自身を大切にする時間を作る彼との関係がうまくいっていない場合や、彼が自分を尊重してくれない場合は、自分自身を大切にする時間を作ることも重要です。自分自身をリフレッシュさせることで、彼との関係に対して冷静に考えることができます。 彼が自分に対して尊重を示しているか確認する彼があな
0
カバー画像

感情的になって喧嘩別れした彼氏と仲直りするには?!★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

冷静になる感情的な喧嘩が発生すると、一時的に感情が高まって、冷静になることができなくなることがあります。しかし、感情的な状態で連絡を取ったり会ったりすると、状況を悪化させることがあります。そのため、冷静になってから再び接触することが重要です。 自分の責任を認める喧嘩別れが起こった場合、自分が彼氏との問題の一因である可能性があります。自分が間違っていたことを認め、謝罪することで、彼氏との仲を修復することができます。 話し合う仲直りするためには、お互いに話し合い、相手の気持ちを理解することが重要です。互いに立場を理解し、双方が納得する解決策を見つけることが大切です。 時間をかける感情的な傷を癒すには、時間が必要です。急いで仲直りをする必要はありません。少しずつ接触を増やし、関係を修復することができます。 二度と同じ過ちを繰り返さない問題が解決した後は、同じ問題を再び起こさないように努力する必要があります。彼氏との関係を大切にし、良好な関係を維持することが重要です。 以上のアドバイスを実践し、彼氏との問題を解決し、良好な関係を維持することができるように願っています。
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…31

夕方になり、Rさんが息子を保育園まで迎えにいってくれた。Rさんがいなかったらどうなっていただろう…。本当に感謝と申し訳なさしかなかった。最初は反対していたRさんだけど、いざとなるとこうやって協力してくれる…。けれど甘えてばかりはいられない。5日間、どうすればいいのか…。それだけが心配だった。Rさんには「今旦那の親がこっちに向かっているらしいから」ということは伝えたが、病院にくる気配はなかった。そして、18時頃になりRさんに電話をしてみた。そうすると「家に旦那の親がいたから子供たちそのまま置いてきたよ、けど大丈夫かな」と心配の様子だった。明日になれば旦那も帰ってくるだろうし…。と思ったが…。私は家に電話を掛けてみることにした、そうすると娘がでた「おばあちゃんたち来てる?大丈夫?」と聞いたら「来てるよ!けど私たちなに食べるかわかんないってゆってまだなにもご飯食べてない、お腹空いた~」と…。なんだって??どういうことだ?どうする気でいるんだ?もうパニックだった。娘には「もうちょっとでお母さん退院するから待っててね、ご飯はあると思うから、卵掛けご飯でいいから食べてね!弟にもあげてね!」といい、切りたくない電話を一度切った。旦那に今度は電話をした。「どうなってんの?子供らお腹空かせてるけどなんにもご飯作れないって…、私は5日間退院できないし、どうするつもりでいるの?」と本当に腸が煮えくりかえるような思いで旦那に言った。「ごめん~だってしょうがないだろ!俺だって仕事だし、頼める人いないんだから!」と…。それを言われれば私は何も言えない。自分にまともな親がいたら、こんなことにはなっていないだ
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…30

いよいよ「出産」も間近になってきた。退院してからの準備もできた!いつでも「入院できる」準備は整った!あとは待つだけ…。予定日はまだだったが、少し落ち着きたかった。が、なんだか腰?お腹が張っている…少し休もう…。そう思って私は座った。少し休んでいるとちょっと治まった。良かった…そんな時間を過ごしていると、Rさんが突然やってきた。珍しい、突然くるなんて。家にあがってもらい、少し話をしていた。「もう産まれてもいい時期だよね~」なんて話ていた。そうするとまたお腹が張ってきた!「痛い…」というと、Rさんは「それって陣痛じゃないの?」と言った。予定日よりはちょっと早い…しかもその日に限ってお腹の痛みが頻繁にきていた。病院に電話したら?というので電話してみたら「いつ産まれてもいい時期だから心配だったら病院にきてください」とのことだった。私はすぐ旦那に電話をした。「ちょっと早いけどいよいよかもしれない、もしかしてこのまま入院なったら子供たちのことお願いします」と…旦那は「わかった!俺もこれから会社に電話したり親父に電話したりするから気を付けていってこいよ」というので「車はRさんにお願いする、たまた居てくれたから」というと「わかった」とだけ言って電話が切れた。Rさんにお願いの一言もないのか…。ちょっとがっかりしたが、今はそれどころではなかった。定期的に痛みがくるようになった。時間を測ると「10分置き」…。上の子供たちも案外安産だったのもあって少し早いかもしれない、Rさんに伝えると「病院に行こう」と言ってくれた。まだ子供たちが帰ってくる時間ではなかったが、後のことは旦那に任せよう…そう思った。そん
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…29

療育センターに着いた。色々日頃の生活などを聞かれたりして、その日は終わった。次の診察の日に「診断テスト」というものをするらしい。息子は終始、何事もなく居たためあまり先生からハッキリとわかるようなことはなかったからかもしれないが「男の子は女の子より発育が遅いですからね」などと言われてしまった…。お子さんをお持ちの方なら一度は経験があると思うが、家では熱を出してグッタリしていたのに「病院に着くと元気になる」、あの現象ですね。片道1時間もかけて診察にきたのに診察はたった5分くらいだった。子供には丁寧かと思っていたが…。やっと家に帰ってきたころにはもう夕飯の時間だった。その頃旦那はまた「無職」になっていたが、さすがにこの数か月でいろんな体験をしたのだと思う。高校卒業してから、少し地元の会社にいたようだが、「大型免許」を取ってからずっと「長距離運転手」だったらしいので、今まで見下していた仕事にも何も言わなくなった。だからといって「家事」などができる人ではないため、ひたすらハローワーク通いをしていた。そんなある日、「やっぱり俺、長距離に戻るわ、悪いけど」と言った。まぁ…いろんな経験もしたし、これから子供が産まれるしな…。私も仕事できないし…。と思って「うん、わかったよ」と言った。そして私が続けて「この子が産まれるときには立ち会えるように会社に話してちょうだいね、それだけ」と言った。私は、もう旦那もいるのにお産の時「一人でいる」というのがとても怖いというか寂しかった…だからそれだけはしてほしかった。旦那は「それはする!出産が近くなったら地元周りさせてもらうようにする」と言ってくれた。本当にそ
0
カバー画像

熟年夫婦の不倫の理由とは?!★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

子供が巣立ち、気持ちに余裕ができたから子育てをしていた頃よりもお金も時間もあるので、不倫をするにも羽を伸ばしたような気分になってしまうのです。子どもが大人になるにつれて、不倫の罪悪感も減っていきます。仲が悪いまま夫婦関係を続けてしまったため夫婦がうまくいかないまま何十年も関係を続けていると、熟年になってから不倫をしてしまうことがあります。子供のために離婚しなかったという夫婦も結構いて、お互いに感情を持たずに生きてきたという人もいます。夫婦間でセックスレスのため子育てが一段落するとセックスレスになり、無意識に性欲の行き場を求めてしまうのです。中年になっても性欲がないわけではありませんし、いくつになっても積極的な人はいます。マッチングアプリなどで不倫相手と簡単に出会えるからスマホひとつで年齢の近い異性と出会えるので、中高年の不倫のハードルは低くなっています。既婚者向けのマッチングアプリもあるので、配偶者以外との関係も持ちやすくなっています。いくつになっても恋愛していたいから中高年の夫婦はドキドキやワクワクを感じないため、恋愛の刺激を求めて、結果的に不倫に走ってしまうことがあります。中高年特有のストレスがある中年特有のストレス、例えば親や義理の両親の介護問題、老後のことなど、考えなければならないことがたくさんあります。そのはけ口として、不倫に走ってしまうのです。
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…28

ドタバタだった引っ越しも終わり、前の不動産屋とも前のように揉めることもなく終わった。子供たちは新しい家の近くに早々に友達を見つけたらしい。その間、息子の検診があった。確か5歳児検診だったと思う。子供たちには日頃から「本の読み聞かせ」はしていた。娘は黙って聞きながら眠りにつくが、息子は、例えば昔話のお決まりの「昔、昔あるところに…」と始まりますよね。そうすると「昔っていつも昔??!あるところってどこ??」など質問攻めに合うこと多々ありました(笑)けれどそれは、「興味」の一つだと思っていたからそんなに深く考えたことはなかった。検診の時、保健婦さんと息子と私とで話や色々なことをしていると、保健婦さんが「息子君、この色な~に?」と問いかけた。そうすると息子は「あお!」…明らかに「赤」だった。そして次の質問「この色は?」「きいろ!」…「青」だった。テーマは変わって男の子なら興味があるであろう「車」のことについて聞き始めた「これは?」と指を指す保健婦…「パトカー!」…救急車だ…。あれ?こんなに私教えてこなかったっけ…。と疑問を抱いた。子供むけの本も毎月買っていた。そこには救急車やパトカーなど散々書いていたし見せていたけど…確かに興味がなかったかもしれない…。保健婦さんは…少し考えた様子で「お母さん…息子さん…もしかしたら『発達障害』かもしれません…。専門医に一度診察してもらったほうがいいかもしれません」と言われた。初めて聞く言葉だった。「私は、そうですか…、どこにいけばいいですか?」と聞いた。「秋田市にいかないといけませんが、予約がないと受診できないのでコチラで予約とっても大丈夫ですか」と
0
カバー画像

若い時の苦労は買ってでもしろ。というけれど

【若い時の苦労は買ってでもしろ】 昔の人ってうまいこと言いますよね。 正直今の時代に合っていない言葉だなーとは思いますが、この言葉について思った事を。。 私の20代は、プライベートも仕事も割とハードな毎日を送っていました。 妊娠を機に結婚したものの、数年で離婚、。 身も心もボロボロでしたが、生きていかなくてはなりません。 離婚後、子供と生きていく事を決めて就職活動を始めますが、 小さい子供がいる事や、学生結婚のため社会人経験がない事で、職探しは難航しました。 そんな中でご縁があり、入社した会社では長時間の残業や休日出勤の嵐。。 子供との時間も取れず、ストレスは溜まるばかり。 同世代の友人は独身が多く、すごくキラキラして見えていました。 自分が惨めで情けなく、何のために生きているのだろうと感じる事がたくさんありました。 でも今過去を振り返ってみると、これまでの辛かった経験がすべてプラスに働いている事に気づきます。 ・会社を辞めて、フリーで仕事ができるようになった もともと会社員には向いていない性格だったのもあり、今は自宅で自由に仕事をする事ができています。 泣きながら身に付けた知識は決して無駄にはなっていません。 未経験の私を雇ってくれた会社には感謝しています。 人を育てるのってお金かかりますからね。。 ・小さな事でも幸せだと感じられる 毎日ちゃんとご飯が食べられる事、あたたかい部屋で眠れる事、旦那さんや子供が毎日家に帰って来てくれる事。 ちょっと前までは考えられない事でした。 毎日毎日幸せだなと感じます。 もし20代の自分に会えるのなら言ってあげたいです。 「あとちょっとだよ。
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…27

私のパート先の方が先に撤退するということで、撤退する作業が行われた。そこではもう使わない食器などを持って帰っていい、とのことだったので、使えそうなものをもらって帰ってきたりしていた。最後には本社の人たちも来て、昼間の短時間ではあったが「お疲れ様会」が行われた。撤退作業はたった1日で終わった。人数が結構いたので、すぐ終わったのだ。高校生のバイトの子たちも…パートの人たちも、最後には笑顔で迎えられた。みんなに私のお腹を気遣ってもらったり優しい人たちだった。けれど、そのフードコートの中でもたくさんのトラブルはあった。お金が盗まれた、勝手に店のものを食べた…など。犯人はわかった時もあったが最後までわからなかったこともある。けれど、印象的な件を一つ。パート・アルバイトの募集は随時ハローワークに出していたらしく、時々「面接」の電話はきていた。その中で「はい、○○です!」と電話を出ると、声と話し方だけでも、結構なお年寄りの声がした。「お宅さんで、アルバイトの募集をしているときいたので…」と女性。「はい、募集しております!面接のご希望ですか?」と聞くと「はい…だと思います」と…。思います??おかしいな…と思いながら「○○様が面接のご希望でしょうか」と聞くと「あたしゃもう年よりだから、息子に働いてもらいたいと思って」というのだ。え??親が、というよりもう成人しているであろう息子の面接を親がする、という行為に驚いた。「すみません…アルバイトされる息子さんからもう一度お電話いただけるようお伝えください…」と返した。本人ではないのに「面接の予定」は入れられないのだ。高校生でも「自分」で面接の電話は自分
0
カバー画像

失恋を乗り越えられない理由★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

一方的で衝撃的な別れ方だった別れの予兆があれば、自分の気持ちを整理して関係修復に努めることができますが、突然の一方的な別れは突然すぎて気持ちの整理がつきません。 相手がすでに別れを決めており、一方的に別れを告げられたら、自分の気持ちも出せません。不完全燃焼で別れてしまうケースも少なくありません。 また、別れの理由が「好きな人ができた」「結婚をやめたい」など、思いもよらない衝撃的な理由だった場合、心の傷はさらに深くなってしまうでしょう。 片思いの期間が長過ぎた好きな人のことを思い続けていた期間が長ければ長いほど、失恋したときのショックは大きくなります。彼のことを思い続けてきた分、いきなり想いを断ち切れないのが辛いところ。そのため、なかなか前に進めないのです。 結婚を考えていた "結婚を意識して付き合っていた "という場合、ただの恋愛よりも真剣であり、その分、彼への想いも強いので、なかなか忘れることができません。また、「これが最後の恋」というつもりで付き合っているので、新しい出会いを求めることに積極的になれません。このように結婚を意識した恋愛をしてきた女性は、なかなか失恋から脱却することができません。 これから先、彼以上の男性に出会えないと感じている 年齢を重ねるごとに理想が高くなり、ようやく理想通りの彼と付き合えたにも関わらず、失恋してしまうと「もう立ち直れない...」という方も少なくありません。 特に婚期を逃したくない女性は、理想の人に出会うと、"この人を最後の彼氏にしたい!"という気持ちが芽生えます。"失恋うつ "の可能性がある恋愛は良くも悪くも、心が大きく揺さぶられます。悲
0
カバー画像

一緒にいて、つまらない男★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

目立ちたがり屋で自慢が好きな男学歴や仕事、過去の栄光など"自慢したい "という気持ちは誰にでもあるものです。しかし、つまらない人間ほど "過剰 "に自慢します。自分がいかにすごいかをアピールし、注目を集めたいのでしょうが、聞けば聞くほど``自分に酔っている''というオーラを感じ、鈍い男らしさが漂ってきます。 冗談が通じない男冗談で言ったにもかかわらず、本気にされてシーンとなる。"この人に冗談を言ったら嫌われるかも "と、相手に無言の圧力をかける人はつまらないです。人生を悲観している男常に何かしらの不満を抱えていて、"どうせ変わらない""自分はこんなもの "と悲観的になっています。 周囲に文句や愚痴を言うだけで、何も行動を起こさない。 話を聞いている周りの人たちもネガティブな話題ばかりなので、楽しくありません。褒められても疑心暗鬼な男"かっこいいね "と言って褒めても、すぐに "本当にそう思う?"と聞いてしまう。だから、ほめた側が自然と枯れていく。本当に考えて言っているのに、素直じゃない人だなという印象になってしまい、そのまま損をしてしまう。そんなに信用できないのかと思う女性もいます。薄いリアクションの男女性は会話の内容よりも、相手の表情やリアクションを気にします。つまらない男は話の内容よりも、そもそも感情がない。一緒に食事をしても、おいしくてもおいしくなくてもリアクションが弱い。会話中も冷静で、今何を感じているのか、心が読めない。だから「つまらない男」と判断されてしまうのです。
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…25

引っ越しできる「貸家」があったようだ。色々考えてはみたが、物件が他にないのでまずは見てみることにした。数日後、引っ越し先の物件を「内覧」することにした。子供たちを学校や保育園に送った後、旦那が電話をしていた。その相手はこれから行く物件の方の不動産屋さんだった。時間は今すぐどうぞ、とのことだったので、すぐ二人で向かった。その家はすぐ着いた。今の家から車で5分ほど。着くと玄関で不動産屋さんらしい人が立っていた。とても人の良さそうな感じがした。建物の外観は…今の家と比べると、それはやっぱり古く見えた。そして軽く挨拶をして中を見せてもらうことになった。玄関は広いな…すぐ右はお座敷か…真っすぐがリビング!!すごい広い!!換気扇もリフォームされてる!窓も大きくていいな!続き間があるのね。便利そう。そして二階や色んな所をみて最後に「お風呂とトイレ」だった。不動産屋さんも申し訳なさそうに「工事したいんですけどね…ここは住宅街で簡単にできないんですよ…」などと言っていた。最初から水洗は可能らしいが、その工事も住宅が密集していると簡単ではないらしい。お風呂はよくアパートなどで使われているタイプの「手動」のガスの「追い炊き機能」そして、洗い場は「石畳」だった。お風呂のドアは「木」でできていた。昭和の木の枠に擦りガラス。その向かいにトイレがあるから擦りガラス越しに誰が入っているのかがわかる。そして旦那と不動産屋さんはとても仲良く話をしているが…パッと私の顔を見ると「キッチンや水場は奥さんのお城ですからね」などと不動産屋さんは話しかけてきた。そうよ、旦那なんかほとんど家事しないし朝晩だけいる人じゃん…と
0
カバー画像

独身女性が不倫を後悔する時★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

周りの人が結婚し始めたとき不倫相手が既婚者だった場合、恋愛を楽しむことはできますが、周りが次々と結婚してしまうと、恋愛に恵まれた人と自分を比べてしまい、寂しい思いをすることになります。特に、結婚願望がある場合は、焦ってしまうかもしれません。結婚適齢期に不倫をしてしまうと、相手が既婚者のままである以上、絶対に結婚できないという現実的な問題に直面することになるのです。私が一番じゃないと分かったとき既婚者の家庭がうまくいっている場合、家族との時間が優先されやすくなり、自分と会う時間や回数が減ったりします。そんな時、"自分が一番じゃないんだ..."と改めて実感するのです。不倫をしてしまうと、その環境や不満、不安に縛られ、「不倫相手との未来をはっきりさせたい」という気持ちになってしまいます。もちろん、不倫から結婚に至るケースがないとは言い切れませんが、ほとんどの場合、うまくいかないのが現実です。不倫相手に本気になりすぎたとき最初は遊び感覚で不倫をしていても関係が長くなるにつれて、相手を失いたくないという気持ちが加速していきます。不倫に巻き込まれると、執着心や嫉妬心が大きくなり、片思いの現実を受け止められなくなります。また、不倫中は別の異性に誘われ、新たな恋のチャンスが訪れても、不倫相手より好きになれないため、婚期や恋期を逃してしまうこともあります。そして、時間が経ち「あの時、新しい恋をしていれば結婚できたかもしれない」と後悔する人も少なくありません。また、相手がいくら甘い言葉を囁いても、いつまで待てばいいのかわからないというリスクもあります。
0
カバー画像

"不倫"にハマりやすい女性の特徴★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

生活に不満がある毎日過ごしていると、仕事やプライベートなど嫌なことがあります。そんな時、優しく接してくれる男性と接しているうちに、既婚者だとわかっていても惹かれてしまうことがあります。 先ずは自分が幸せになることを大切にしながら、より良い恋をするための努力ができる女性でありたいですね。 刺激的な恋をしたい 不倫をテーマにした映画やドラマが人気なので、それに影響されて既婚者との恋愛に興味を持つ人もいます。しかし、不倫は相手も自分も、そして周りの人も不幸にする恋です。憧れだけで気軽にできるものではないことをしっかり認識しましょう。 ちょっとだけ寂しい バレンタインデーなどのイベント時に恋がしたくなりませんか?気持ちが落ち着けばいいのですが、例えば失恋したときなど、少しの間だけ誰かに会いたくて、誰でもいいから側にいてほしいという気持ちがあります。特に恋愛依存型は要注意です。少し寂しい時は、友達に話を聞いてもらったり、好きな音楽を聴いたり、映画を見たりして気持ちをごまかしましょう。一度、人肌を求めると、それが習慣になります。自分の寂しさをきちんと処理できる大人の女性になりたいものです。 まじめな人と優柔不断な人 真面目な人ほど不倫をしやすいとよく言われます。恋愛経験の少なさから、好きになった相手に没頭してしまう真面目なタイプは少なからずいます。 もともと、相手が既婚者だとわかったら、距離を置くべき。恋愛体質が弱いため、気づかないうちに交際に発展してしまうこともあります。
0
カバー画像

不倫相手と結婚する前に考えておきたいこと★恋する女性必見!男の本音を紐解こう!【男性心理Q&A】片思い・不倫・復縁の恋愛心理学『ココナラ電話相談』

高額な慰謝料を払うだけの価値のある相手か?不倫が原因で離婚した場合、高額な慰謝料を請求されることになります。これから結婚する相手がその価値があるかどうか、一度考えてみてください。 不倫相手と結婚しても幸せになれる可能性は少ないです。慰謝料を支払って離婚しても、無駄になる可能性があることを覚えておきましょう。 その男性、あなたのことを本当に大切に思ってくれる人ですか? 離婚して結婚しても、相手は不倫をするものです。 奥さんと離婚し結婚したのだから、きっと私のことを大切にしてくれると思うかもしれません。 しかし、相手と結婚してしまうと、不倫よりも刺激や興奮が少ない結婚生活がスタートすることになります。不倫を楽しんだ人はその感覚を忘れられず、病気のようにまた繰り返します。次はあなたが捨てられる可能性があることをよく考えてください。 周囲や肉親から見下される覚悟はあるのでしょうか? 不倫をすると周囲の友人や家族から見下され、最初の結婚と違って歓迎されません。しかも、それが何年も続くのです。それに耐える覚悟はありますか?不倫は一時の麻薬のようなものです。本気で止めたい場合は、本気の脱出、がんばってくださいね。
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…24

この家をどうしようか…選択肢はほぼない。引っ越すしかないのだ。不動産屋とも揉めているし、これからの家のことも考えると、この先は考えられない。そう話し合った。けれど私は「妊婦」だ。一人で荷物をどうのこうのすることには限界がある。かといって、どこに引っ越すのかもまだ決まっていない。娘が小学校に入学しているのもあって、学区を変えたくはなかった。それは、旦那にも伝えて同意してくれた。それから数日、家探しをしていた。けれどそうそう学区内にある「貸家」はなかった。アパートは子供がまだ小さいせいもあって近隣の人に迷惑をかけると思ってアパートは除外。貸家に絞っていた。子供は伸び伸び育てたい。それはやっぱり児童相談所で育ててしまった自分に責任があると思っている。保育園や学校でも子供なりにストレスを感じて過ごしてると思えば、家では「自分」をちゃんと出してほしかった。少しくらいうるさくても怒られない空間に居てほしかった。子供でも「我慢をしている」私は痛いほど知っている。「していい我慢と」「しなくてもいい我慢」子供の時しかできないことをたくさんさせてあげたい。私自身、父親に「強制的に習い事」をさせられたこと母親に「理不尽や暴力を振るわれたこと」これは、子供であっても「我慢しなくていい」し、誰かに助けてほしかった。けれど誰にも言えなかった。金銭的な贅沢はさせてあげれないけど、それでもできる限りのことはしてあげたい。私は父が亡くなってから「自分の居場所は自分で作る」ずっとそう思ってきた。なんだかんだ考えて毎日が過ぎた。本当に時間や色んなものが足りなかったと思う。そんなある日。パート先に行くと、Rさんたちが
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…23

卒園式の日は、旦那は出席しなかった。なぜなのか…。それはわからない。仕事でもそういう「式」には参加してほしかった。周りは旦那どころか「祖父母」まで参加していた。また襲ってくる「孤独感」せっかく再婚したのに…。私と一緒にいることが「恥ずかしい」のだろうか子供といることが恥ずかしいのだろうか…。なんだろう。今までの保育園の行事にも参加することはなかった、「運動会」や「夕涼み会」など…。私はいつも「一人」で参加していた。もちろん自分の子供だから苦痛ではないし、成長を見れるのは嬉しい行事。なんだかいつも「シングルマザー」の気持ちでいた。それでもいい、「自分で決めたんだ、この結婚も妊娠も…」そうやって自分に言い聞かせて…。卒園式が終わり家に帰り、息子はそのまま保育園に預けて娘と二人で過ごした。もうすぐ小学校の入学式に向けての準備だ!卒園式から入学式って結構短いですよね💦前から準備は少しずつしていた。自分と同じようにならないように、巾着袋はキャラクターにしたり、なるべく「みんなと同じ」を意識した。入学式の服もその当時は高かったし、もちろんお下がりもない。ランドセルはまだ安いのがあったから1万円くらいのを購入していた。けれど、みんなは結構高いランドセルに驚いた祖父母がいる、って強いな、本当にそう思った。今では色んな色とデザインがあるが、その当時は安いランドセルと高いランドセルの差が大きかった。それでも娘は何も言わなかった…。遠慮していたのだと思う。「言えなかった」が正しいのだと思う。そうして家の問題もあったが時間は止まらず、娘は入学した。入学式は旦那は参加した。けれど、他の親御さんたちに「挨
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…22

私は決意した。「この子を産む!」それはお義父さんが帰った次の日に旦那に言った。旦那は嬉しそうに「ありがとう!俺も協力するから!絶対今までのようにはさせない!」と強く言ってくれた。そして、私は仕事に行った。Rさんに伝えなければ…。その日は私は早番だった気がする。Rさんは私と一時間シフトが被っていた。その時Rさんに「この間のことなんだけど、病院に行ったらやっぱり妊娠してた…それで私も迷ったんだけど、お義父さんもきて頭下げられちゃって…。今までのようにはさせないって言葉、信じてみようと思うし、旦那の子供が初めてだから産もう思ってる。迷惑かけるかもしれないけどよろしくお願いします」と伝えた。Rさんは「もし今の子供たちと比べられたらどうすんの」などと言われたが、それも説明した。Rさんはなんだかんだいいつつも「わかった。けど臨月ギリギリまで働いてもらうから」と言った。「それは大丈夫です」と答えた。そんなに家計だって余裕があるわけではない。少しでも働いていた方がいい。雇ってもられるなら私としても助かることだった。その日の仕事からは本当に辛かった。つわりが襲ってきて、フラフラしながら仕事をしていた。その日やっとの思いで仕事を終え、少し休んでから子供たちを迎えに行った。その夜、旦那が帰ってきたのを見計らって、子供たちにも報告した。「ねぇねぇ!○○たち!お姉ちゃん、お兄ちゃんになるんだよ!」というと、上の娘は「やった~!!女の子がいいな~!」と喜んでくれた。下の息子はあまりわかってない様子だったが、お姉ちゃんが喜んでいるのをみて喜んでいるようだった。けれど、それからも旦那は「家事」をしてくれるよう
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…21

私は勇気を出して「トイレ」にいった。判定は…。「陽性」…。え…。今仕事始めたばかりなのに、まだ旦那は子供たちとそんなに多くの時間を過ごしてないのに…。どうしよう…。パニックになった。その話はすぐにRさんに報告した。仕事のこともあるからだ。Rさんは「やっぱり…。おかしいと思ったよ。で、堕すんでしょ?」と当然のように聞いてきた。え?なんで他人からこんなこと言われなきゃいけないんだろう。やっぱりRさんは苦手だ。「ちょっと考えるし、旦那にも相談しなきゃだから」と濁した。「仕事は出てもらうからね」といい、Rさんは電話を切った。溜息しかでなかった。嬉しいことだけど、今じゃないような気がする。けれど私ももう28歳だ。多分これが最後の妊娠となるだろう。まずは旦那に相談だ!夜になり、子供たちが寝静まってから私は旦那に切り出した。「あのね…最近体調が悪かったんだけど…調べたらね、妊娠してた」と。旦那は「まじ?ホント?おう!そうか!やった~!」と喜んでいたが「ん、でもね、ちょっと考えてる…今の子供たちだけでも大変でしょ、経済的にも色々…それに私、息子の産後の時も無理してしまってるから体力的にも自信ないんだよね」と気持ちそのままを伝えた。「え?それっておろすってこと?1人くらい増えたって変わらないだろ!せっかくの命なのに…それに俺にとっては初めての子だし…」と。確かにそうだ。今の子供たちは旦那の子供ではない、だからこそ、もっと今の子供たちと触れ合ってほしかったし、「自分の子供はかわいい」みたいに産まれたら、今の子供たちへの態度が変わってしまうんじゃないか、という不安もあった。それも伝えた。けれど旦那は
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…18

Rさんが働くところでバイトをすることになった。時間は朝8時~14時・10時~18時のシフト制だった。朝の8時はちょっとキツイかなと思ったが保育園も7時から開園していたので、その辺は子供たちを少し早く保育園に連れていくことにした。ということは…私の家事をする時間を早めなくてはいけなかったが、それもどうにか時間の逆算をして、なんとかしようと思っていた。時間が早い分、早く終われるから、その時間少し休もうか…などと考えていた。そこのフードコートでは、「ラーメン・パスタ・アイス・クレープ」などを提供していた。全ての工程を、そこの人達でやらなければいけないような感じだった。覚えることがたくさんあるなぁ…。体力も相当必要だった。お昼のピーク時にはたくさんのお客さんがきた。もちろん初日の私にはサポート的なことしかできなかったが、それでも終わったころには、息もできないくらい疲れていた。その職場では、若い人も年配の人も混じっているせいか、あまり「もめ事」のようなものか感じられなかったが、油断はできない。数週間たって、やっと仕事にも慣れてきた。土曜日は保育園にお願いして日曜日だけ、旦那にお願いしていた。その日曜日…、事件は起きた。私がいつも通り、旦那に子供を預けて仕事に行った、お昼のピークになり、忙しくなった。そんな時、旦那が血相を変えて私が働くフードコートに駆け込んできた!!「大変だ!息子がいなくなった!!」とフードコートの目の前で叫んだ。私は咄嗟のことで、「え!なになに?どういうこと?」とパニックになったが、すかさずRさんが「他のお客さんに迷惑だから、ちょっと待って」と促した。待ってもいられなか
0
カバー画像

ブログを読んでくださる皆様へ…

日頃、私のブログを読んでくださりありがとうございます。今までも何度もSNS等でお知らせはしてきましたが、私のブログは「ノンフィクション」です。当時の秋田県で本当に私が経験したことだけを書いています。作ったり、盛り上げようなどとは一切しておりません。むしろ「忘れている」」ことの方が多いかもしれません(笑)誤字や脱字、拙い言葉で伝わりにくい部分もあるかと思います。それでも読んでくださる方いらっしゃるおかげ様でブログを書くことができています(*^^*)最近ではSNS等からメッセージを頂くことも多く、本当に嬉しいです(*^^*)返信させていただくのですが、「え!?返信くれるの?」なんて言ってくださる方もしばしば(笑)私はそんなに有名人でもないし、本当にそこら辺にいる「母」であり「カウンセラー」なので、頂いたDMなどに対しては返信させていただいております(*^^*)ブログ自体の年齢から言うと、まだまだ色んなことがありました。ブログを書くことで、当時に自分を振り返ることもたくさんありますが、その当時は「それが精一杯の自分だったんだな」と客観的に見れている自分もいます。ちなみにフラッシュバックような症状は一切ありませんのでご安心ください☺私が「カウンセラー」になるまで、たくさんの人と経験、そして別れを繰り返してきました。それはこれからも続くと思いますが、その分、みなさんに「寄り添えるカウンセラーでありたい、どこにも属さないクライアント様最優先でいたい」という気持ちは全くブレることはありません。これからもどうぞこのブログとみなさん一人ひとりと「今」を生きていきたいと思いますので、よろしくお願い
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…17

Rさんから突然の電話…。私が会社を辞めたことを誰かに聞いたのだろうか、ちょっとめんどくさいな、と思いながら電話に出た。「久しぶり~!何してた?」と、しらばっくれたような電話だった。「特になにもしてないよ」と当たりさわりのない返事をした。そしたら案の定…「保険屋、辞めたんだって?仕事探してるの?」と言ってきた。「あ~話早いね(笑)」などと話をしていたが、Rさんは思わぬことを私に言ってきた。「いや~実はさ、私今、あの近くのスーパーのフードコートで働いているんだけど、人手が足りないのよね」と。「あ~そうなんだ~」と聞き流していたら「どうせあんた暇でしょ!私ここのフードコートの責任者になっているから面接は私だけど求人票欲しいから早く取ってきて~」と。「ありがたいけど、土日休みじゃないでしょ?」というと「土日は高校生のバイトもいるし、年配の人もいるから完全に土日休みとはいかないけどなるべく休んでいいから」と…。「うん、ありがとう、わかった、旦那に相談してみるね」というとすかさず「旦那なんかアテになんないんだし、自分で決めればいいでしょ」と言われてしまった。そうだけど…一応、相談しないと、という耳は一切聞かず、「今もう面接来てるしあんたのシフトのところ空けておくからハローワーク行ってきて!」といい、電話は切れてしまった。確かにいい話ではある。そこのスーパーはその当時、できたばかりでいろんなフードコートが入っていた。家からも近い…。選択肢などなかった。自分で探しても仕事などなかった。子供のこともわかってくれる人が責任者なら、それはそれでありがたい。Rさんは最近音沙汰なかったと思ったら、そこで
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…16

旦那の次の仕事場はトラックにも乗りながら集団で作業をするというものだったが、順調に進んでいるようだった。そんな中、私の会社で不穏な空気が流れていた。それは、私より少し前に入社した女の子だったけど年は私よりも若くて可愛らしい女の子だった。名前はYさんと呼ぶことにします。数か月前にYさんから相談を持ち掛けられていた。それは…会社の営業部長の「セクハラとストーカー行為」だというのだ。最初、聞いただけでもゾッとしたけど、真実は分からなかった…。Yさんの相談内容は「しつこく電話がくる、二人で食事に行こう、服装のことに関して『もっと胸元を開けて』、仕事中にドライブに行こう」などなど、本当に彼女は怖くなったりしていたようだった。私や他の人にはもちろん同じことはしてないだろうが、私もその相談を受けてから上司には気を付けてみていた。うん、確かに面談の時間が長すぎる。そして私と出先でYさんと相談を受けている間にも頻繁に電話が鳴るようになっていた。電話に出なければ出るまで電話が鳴っている、という状況を目の当たりにした。私にできることはないか、とYさんに言ったけど「これはどうにもできないし、私も辞めれればいいんだけど…そうもいかなくて…」と諦め加減だった。Yさんの家庭事情も複雑だったので、なにも言い返せなかった。もちろん、そんな話は誰にでもできるわけがないと思っていたし、Yさんも私にしか相談していない、ということだったから私も誰にも相談できなかった。が、しかし…。ある朝、私が出社すると営業部長が私を見た途端、呼び出した。なんだろう、と思い部長の席の前に座った。「おはようございます…」と挨拶する間も与え
0
カバー画像

新しい人生の幕開け…15

やっとの思いで家に帰ったときはもう日付は過ぎていた。私は子供たちを部屋に運び布団へと寝せた。そしてI子さんも、なにも言わずに寝た。旦那はまだ泣いている。「明日どうしよう…」と…。そんなことまで私が指示しないといけないの?とほとほと呆れてしまった。そして「明日も早いから」と言い残して私の寝た。次の日の朝、私はいつも通り家の掃除をし朝ごはんを作っているとI子さんが起きてきた。「昨日はお疲れさん」と慰めの言葉をくれた。こっちこそ、本当は楽しませてあげたかったのに…と申し訳ない気持ちだった。子供たちを保育園に送って帰ってくるとまだ旦那は家にいた。もう出勤の時間だ。旦那はガクッと肩を落とし、「会社になんて言おう…」とブツブツ言っていた。それを見たI子さんは「こら!男だったらしっかりしなさい!!」と叱ってくれたが本人はボーッとしているだけだった。そうしているうちに会社から電話がきたようだ。そりゃそうだよな…出張先からいなくなったんだもんな…。旦那はビクっとしながらも電話にでた。色々話していたようだが、ただ「はいはい…」としか答えない旦那。そして何を話したのか「もう自分はできません…辞めさせてください」と言っていた。電話を切った後、「なんていってた?」と聞くと「自分のものを取りにいくのと退職届だしに行ったりしなきゃいけない…会社行くのいやだなぁ…」と子供のようなことを言っていた。私は「事務処理とかもあるからいかなきゃだよ」とチクリと言った。私は多分、その頃から旦那に対しても色々な考え方が変わったように思う。旦那が渋々会社に行くのを見届けてから、私はI子さんを家に送って行った。I子さんは帰りの
0
139 件中 1 - 60
有料ブログの投稿方法はこちら