絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

190 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

【塾なし合格ワザ】社会を効率的に倒す10の時短勉強法-その1‐歴史編

歴史って、いつ勉強したらいいの?どんだけやったらいいの?歴史それはやったら、やっただけ沼にはまってしまう教科のひとつ。 覚えることがてんこ盛り、出題されることはピンポイント。 そこまで覚える必要あるの?ってことを一所懸命勉強することについて 少し話そうか。うむ。 歴史は勉強したら、なんとなく満足してしまう「沼」 「子どもが勉強している、うん、頑張ってるなー、この前のテストの解きなおしするって言ってたし、ちゃんとやってるかな?」と何勉強してるのーと覗き込んだら、「歴史」ガッツリやってた、なんてことありません?幸いにもわが家はリビング学習なので、テレビを観られないという犠牲のもと彼の勉強の様子は連続ドラマ並みに把握しています。なので、勝手に歴史勉強をやってた、なんてことはありません。 歴史に似たものとして。理科の生物、特に葉っぱの裏系を延々とやってたり(別にいいんですよ。そりゃ植物の光合成と呼吸のメカニズムは理解必須なので)さりとて、この歴史に時間をかけすぎるのは良くありません。歴史に時間をかけすぎてはいけない3つの理由1)歴史は出題範囲が広いが、出るところはサラッとなでたような内容なので、深追い禁物 2)やってもやっても、終わりがないから、深追い禁物 3)みんな解ける問題はほとんど同じで差がつかないから、深追い禁物 だから、歴史って深追い禁物なのです。 では歴史の効率的な対策ってどうやるの? 【歴史漫画で隙間学習。主に風呂上り、寝る前】 受検期にたぶん6年生のころ、amazonで新品のセットの歴史漫画を買いました。高い。¥13,200だよ。今見たら。教材のなかで一番高かったんじゃ
0 500円
カバー画像

占いは非科学的? 言い切れない4000年の歴史有り

占いは非科学的? 言い切れない4000年の歴史有り人類最古の占いはエジプトの星占いと言われていますそれが現在にも続き4000年程と言われますそれ以前にもあったようです占いをしていた形跡はあったものの長い年月に埋もれてしまったという訳ですね(';')現代まで残っている形は星占いというだけでず~っと人類は占いと共にありました私の得意とする易占いは3700年です占いは非科学的だ!信じられない!!断定できるのでしょうか?視に見えない物は信じないそう言い切れる者がいるとしたらそれは余程幸運に生きてこれたか変わり者のどちらかだと言って良いでしょう日本人は無宗教だと言われますが正月は初詣夏や秋は祭りがあるし12月はクリスマス多神教なだけで無宗教とは言えませんね占いは想像以上に我々と共にあるという事ですそして人類がいつか宇宙に住むようになっても神への祈りは消える事はないでしょうむしろ占いの神秘性と現実性が科学技術の発展で裏付けされると信じています笑う門に福来る前向きな考えやストレスが少ない環境が長寿の元と証明されていますあなたにもぜひ知って感じてほしいと思います
0
カバー画像

栄養の歴史

栄養の歴史、知っていますか? ①栄養とは 「生物が体外から栄養素を摂取し、これを同化して成長し、生活力を維持すること。」 だそうです。 深いですね。 ②栄養障害 栄養の流れが障害され、身体に異常をきたした状態。 栄養障害は、食事、睡眠、環境、ストレスやホルモンなど いろいろなことが関係して起こります。 あなたは十分、栄養が摂れていると感じていますか? ③栄養過剰の時代 栄養の過剰は生活習慣病の発症につながります。 生活習慣病には高血圧、脂質異常症(高脂血症など)、肥満、糖尿病などがあります。 他にも、いろいろありますが省略。 背景には食の欧米化と運動不足があげられています。 まとめ 栄養は障害の時代を経て、過剰の時代へ。 食の文化、運動習慣も栄養には大きく関係しています。
0
カバー画像

名言集

A lot of times, people don’t know what they want until you show it to them.(多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのか分からないものだ)by スティーブ・ジョブズThe most important investment you can make is in yourself.(あなたができる最も重要な投資とは、あなた自身への投資だ)by ウォーレン・バフェットNature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty.(20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績)by ココ・シャネルDon’t compare yourself with anyone in this world. If you do so, you are insulting yourself.(自分のことをこの世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ)by ビル・ゲイツAll our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mouse.
(夢を追い続ける勇気があるなら、その夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほ
0
カバー画像

この世で最強の資産は「頭脳」

Google、Apple、Facebook、マイクロソフト、マクドナルド、スターバックス、ラルフローレン、GAP、Netflix、オラクル、ハーゲンダッツ、ゴールドマン・サックス。これらの世界的企業を創設した起業家たちはユダヤ系出身者です。また、アルベルト・アインシュタインやダニエル・カーネマンなど、ノーベル賞受賞者の約20%はユダヤ人が占めています。なぜユダヤ人は優秀な人が多いのでしょうか?昔、ユダヤ人は権力者によって迫害を受け続けてきました。手元にある土地や財産は全て没収され、国外追放されることもありました。こうした状況の中、やがて、ユダヤ人は頭の中にある「頭脳」に投資するようになりました。形ある資産は奪われてしまう恐れがありますが、頭の中にある知恵は誰からも奪われる心配がありません。自分の知能や子どもへの教育に資産を注ぎ込み、数々の偉大な成果をあげて、次第に社会的地位を高めていきました。この事から分かる通り、この世で最強の資産は「頭脳」です。頭脳を磨くサービスがここにあります。
0
カバー画像

勝者の歴史

※勝ち負けの続きです。「勝者の歴史」と聞くと、何を思い浮かべますか?私は、以下のような理由により、一時期、歴史への興味を失っていました。・勝者に都合の良い話・偏り・事実とは異なる部分があるしかし、内側の世界=外側の世界と認識した今においては、「当然そうなるよね~」と思うようになりました。例えば、自慢話をする時、人は無意識にコレをやります。SNSなんかも、画像を加工したり話を盛ったりしますよね。 巷にあふれる情報や広告なんかも、都合の悪い部分は出さないですし。 これらは、日常的に見られる光景であり、皆が無意識にやっていること(やってしまうこと)であり、単なる現象化にすぎないと思うようになりました。その結果、歴史から学ぶことの意義は、事実かどうかよりも、何故、勝ったのか?(何故、負けたのか?)が大事に思えてきました。・臆病さor大胆さがあったから、勝ったのかもしれない。・常識的だったor常識外だったから、勝ったのかもしれない。・従順だったor逆らったから、勝ったのかもしれない。・目立たなかったor目立ったから、勝ったのかもしれない。・身体が強かったor身体が弱かったから、勝ったのかもしれない。・群れたからor孤立していたから、勝ったのかもしれない。・知恵があったor無知だったから、勝ったのかもしれない。等々書いたらキリがない程に、勝者には理由があり、対極となる敗者にも数え切れない理由が存在することに気付きます。 現代の諸問題に置き換えてみると、勝者の歴史に学び、自己のルーツに想いを馳せた者が、勝者(生き残る)のヒントを得ていそうだなぁ~と感じます。(勝ち負けって奥深い‥っすね)そん
0
カバー画像

政治や歴史、経済(お金)、健康の「使える知識」を1度に得る

CGSというチャンネルでリンゴ酢を飲もうと決めたむらいちです。 今回のテーマは「政治や歴史、経済(お金)、健康の「使える知識」を1度に得る」です。 私は最近、健康や政治、経済などのYoutubeを見ているのですが、 色々見ていく中で、1つのチャンネルに行き着くことが出来ました。>ChGrandStrategy(チャンネルグランドストラテジー・CGS) このサイトは元吹田市議会議員の「神谷宗幣さん」という方が作っているチャンネルで 「政治」 「歴史」 「経済(お金)」 「健康」 などの幅広い知識を得ることが出来ます。 というのも、それぞれの幅広い分野の専門家を積極的に呼んで、私のような理解力が乏しい方でも分かりやすく解説をしているからです。「お金ってどういう風に回っているの?」 「日本の歴史をもう少し詳しく知りたい」 「日本が今デフレからなかなか抜け出せない理由」 「健康に悪い食品って何なの?」 などを知ることが出来ます。 他のチャンネルでも良いとは思うのですが、1チャンネルだけしか選べないとしたら >ChGrandStrategy(チャンネルグランドストラテジー・CGS) このチャンネルを知っておくと大丈夫なんじゃないかなと思っております。 興味がある方はぜひ、1度訪問してみて下さい。 (Youtubeで「CGS」と調べるのも良いと思います) 政治や歴史、経済(お金)、健康の「使える知識」を1度に得る 今回は以上です。またお願いいたします! ----------------- 3日坊主・先延ばしをやめる「時間管理の7ステップ」 -----------------
0
カバー画像

算命学の歴史を辿った結果、意外なことが判明。

ここ、どこだとおもいます?なんとモンゴルなんです。ハラホリンなんです。(え〜中国韓国風だねぇ!w なんか日本の京都にもありそうな。)モンゴルって、ゲルに居住する遊牧民の国で、チンギスハンで有名だよね。って、そのくらいしか知らなかったんですが、歴史的にはそれだけではなく、そこにはかなり繁栄した帝国があったんですね。(のちに、中国共産党に自治区にされ、文化大革命を通し、チンギスハンの末裔の王女もろとも根絶やしにされていくのですが。)昨日、約一年ぶりに、結果として自分の命を救うことになったチャネリングをしてくれた人と再会してお話ししたんですよ。一つはお礼を言いたくて。 この人は一般人として生活しておられますが、実際は並木良和さんとほぼ同等の力を持っています。並木さんはそういうことを学術的に追求するのがもともと好きな方で、でもその方は普通であることにこだわって、知識を排除し、能力を自分で制限して、一般の人向けの仕事にこの能力を使っています。(※なぜ理屈にこだわる自分が、チャネリングをうけたかという理由は過去記事に書いていますので、そちらをご覧ください。) その時に、彼女はわたしが重大な病気にかかっているヒントもくれたんですね。何年も兆候はあったけれど、検査も受けた、どんな医者にかかっても治療者にみてもらってもわからず、気がつかれなかった病気の原因を彼女は言い当てて、そのおかげで自分が国の難病指定をうけるような病気を発症していることがわかった。これは自分の人生を変える出来事だった。そして、手術。嗅覚はほとんど失われ、味覚もにぶくなってしまったけど、子供の頃からの説明し難い肉体の苦しさから
0
カバー画像

今日の絵:アッコン陥落/今日のテーマ:全体と細部

お久しぶりです。おかげさまで、最近ゴールドランクになりました。いつも本当にありがとうございます。最近は、YouTubeの動画制作作業を中心に活動しており、ブログの方はお休みし、ご依頼への対応のみとしておりました。今回の絵は、アッコン陥落の絵画の模写です。普段は世界史の解説動画を作っておりますので、歴史上の人物の顔や、絵画や図などを作成することが多いです。(リンク載せられませんが、YouTube「5分で世界史」で検索なさってみてください)おかげで、歴史的なイラストの依頼を多くいただくことが多く、非常に嬉しいことです。私は歴史を教える際も、細部の正確さより、全体としてのバランスを意識して説明することが多いです。それは、細かさには際限がなく、正確さも突き詰めると終わりがないからです。より正確により正確にと細部を見ていくと、その境界線は曖昧になり、例外も増え、何を見ているのかわからなくなってしまいます。この絵も、模写ではあるのですが、細部の正確さより、全体的に分かるものを……と思って描いています。もちろん、依頼されたものは細部にも目を配るのですが、それでも、大事なのは全体としてどう見えるかだと思っています。細部に注目するあまり、作品としてのバランスを見失わないよう意識しています。これからも、皆様のお役に立てるよう精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

書籍一冊を校正しました

今年に入ってから、「書籍一冊分の誤字脱字をチェックしてくれないか」という依頼が入りました。(※別所での受注)正直なところ、最初はギョッとしたのですが、送られたデータを見てみたところ、見開き2ページ分の文字数は1000字に満たない感じですし、挿絵や漫画も全体の1~2割くらい入っていまして、だいぶ子供向けの読みやすい書籍だと感じました。それでも200ページは越えており、私は文字数で校正のお値段や納期を決めているので、「見積りするだけでも大変だぞ…」と、少し気合を入れたのを憶えております。文字数で値段を付けている……ということである程度お察し頂けるかとは思いますが、文字数が多くなればそれだけ値段も高くなりますし、そのお仕事に携わる日数も多くなります。私には幸運にも、定期的に依頼してくださる懇意なクライアント様がおりまして、あまり長期に渡るお仕事というのはなるべく受注したくないと考えていました。(懇意にしているクライアント様のお仕事を優先しても大丈夫であるなら、受注しても良いのですが💦)それでも前向きに検討したのは、大きな報酬を頂けるお仕事になるというのは勿論ですが、何よりもその校正する文章内容が、『日本の歴史』だからでした。私は無類の歴史好きでして、世間ではおそらく“歴女”とカテゴライズされる者の一人でしょう。自分でも歴史を絡めた小説を執筆しておりますし、その作品を小説サイトで特集して頂いたこともあります。なので内容自体には凄く興味がありましたし、私の知識が校正に活かせるのならと、とりあえずお見積りをさせて頂きました。端数をサービスさせて頂いたものの予想通り大きな報酬額となり、キャン
0
カバー画像

記事『三国志 王異伝』

<主旨> 王異とは歴史書『三国志』に登場する女傑である〈*1〉。一般的にはあまり知られた人物では無いかもしれないが、男ばかりの三国志の戦いにおいて、王異は女性でありながら夫である趙昂《ちょうこう》を助けて自ら戦場へ立ち、稀代《きだい》の猛将である馬超との戦いに赴《おもむ》いている。果たして、彼女はいかなる信念を持ち、いかなる方法で強大な敵と戦ったのだろうか。<時代背景> 中国の後漢末(西暦2世紀末頃)の時代、中国北西部に在る涼州では羌《きょう》族や氐《てい》族等の反乱が発生し、そのまま紛争状態に陥っていた。その中でも韓遂《かんすい》と馬騰《ばとう》の勢力が台頭し、時に和解し、時に離反しては、争いを続けていた。一方、元々、中国全土を支配していた漢王朝は、現在では曹操《そうそう》の支配下に入っており、中原や河北と云った中国大陸の主要な部分はすでに曹操が治めていた。とは云え、曹操は建安十三年(西暦208年)に南方の赤壁にて劉備《りゅうび》あるいは孫権と劉備の連合軍に大敗しており〈*2〉、それまで順調だった中華統一への道に翳《かげ》りが生まれ始めていた。とは云え、この頃、馬騰が入朝して朝廷に帰順しており、西方の調略に関しては順調であるかのように見える〈*3〉。 しかし、建安十六年(211年)、馬騰の代わりに西涼の領土を治めていた息子の馬超が、現地に留まっていた韓遂と合従《がっしょう》(連合)し、さらに、楊秋、李堪《りかん》、成宜《せいぎ》らとあい結んで進軍。潼関《どうかん》へ至り、曹操軍と激闘を繰り広げたが、結局、敗退した。 とは云え、馬超は未だに健在であり、西涼の地にて再起を目論《も
0
カバー画像

プーさんの爆弾発言💣言えませんょ…自作自演だなんて🙊

まさかプーさん😳この機会に 歴史の闇に光を当てる 気ですか⁉️原爆、9・11、3・11、コロナ 真実が説明される日 は訪れるだろぅか…プーさん確信犯ですょネッ💘自作自演だと分かっていての発言個人的には 日本国民へのmessage だと感じました😇良くも悪くも、日本人は 事勿主義 な所が有るかも知れませんネッ❓自分にとって都合が悪い物事は、知りたくない、見たくない、聞きたくない。そんな 抵抗 って誰しも、多かれ少なかれ持ち合わせてるのかなぁ〜とそれって 弱さ なのかなぁ〜なんてふと 真実を知る事が全てではない なんて思ってみたり(笑)そっかぁ〜 日本批判 って感じる人も居るんだょな〜日本は真実を無視している、仰る通りです🤣もしも 原爆を投下したのはアメリカじゃない と知らされていたら❓もしも 核爆発は自作自演 だったと知らされていたら❓…その戦争で 誰が得をしているか そこが分かれば今のウクライナとロシアの 真相 も見えて来ますょネッ昨日投稿したblogの、TBS NEWSの動画内でベラルーシのルカシェンコ大統領が2度😏ニヤリとしたのが印象的でした。2度共、強い語気で核兵器について言及された時です。彼は、広島と長崎に 誰が核兵器を使ったか知っている 事でしょうネッもし私達が 歴史の真実を知らされていたら newsの中に何が見えるのか❓ちょっと試しに 実は 核爆発を起こしたのはアメリカではなく日本における 自作自演 だった。そして政府が その事実を国民に隠している 事を私達は知ってしまった。※今回のワクチンみたぃ💦〜プーさんは分かった上で話していると仮定して、動画を見てみて下さぃ〜
0
カバー画像

気がついた時には、描いていた

ベアたんは小さい頃から絵を描いていますが、最初の絵の記憶というものがありません。気がついたときには、父と姉と「しりとりお絵かき」というゲームをして遊んでいました。おそらく記憶にあるのは2、3歳のころ。「しりとり」と言っても、しりとりではなく、古今東西のようなもので「あ」というお題が出されたら「あのつくものをたくさん描く」わけです。そして、たくさん描いて、それが何を描いたか当てっこをしていって、一番多くわかるものを描いた人が勝ちという単純なルールです。チラシの裏を使ってやっていました。小学校2年生辺りまでは、姉がいた影響もあってお姫様や王子様を描いていました。ベアたんのお家ではマンガはあんまり読んだらいけないことになっていて、図書館で学習マンガを読む程度だったので、そんなに素敵なお姫様は描けませんでしたが、それでも描いていました。小学校中学年以上になって、友達の家でマンガを読ませてもらうことが増え、少しだけお姫様から脱却をしました。高学年になった頃は犬を飼っていたので、自分で作った勝手学級新聞に飼い犬のイラストを添えたりしていました。中学校になって。中2の頃に、テニス部をやめて美術部に入った時に、初めて高河ゆん先生とCLAMPさんの作品を知り、衝撃を受けました。また、周りの友達の絵の上手さに衝撃を受け、絵の練習を始めました。スケッチブックなんて買えなかったので、チラシの裏や学校のノートにひたすら描き続けました。それでもアニメ・マンガ絵は上達せず……当時は少年サンデーとかを借りて読んでいたので、そういう先生方の影響が強く出たマンガを描いていました。近隣の中学校の友達とサークルごっこ
0
カバー画像

お米といただきます。

この記事をお手に取っていただき誠にありがとうございます。 こちらの記事は食の大切さについて、第一章『お米ひとつぶに7人の神様が宿っているお話。』と、第二章『ご飯を食べる前に言う大切な言葉。』に分けてご紹介いたします。第一章『お米ひとつぶに7人の神様が宿っているお話。』 皆さんは日々の食事に【お米】を食べますでしょうか。私はパンよりお米派なので毎日食べています。 そんな日本のソールフードのお米ですが、いつごろ食べ始めたのでしょうか。日本では縄文時代後期に情報が伝わり、弥生時代から稲作が始まったと言われています。 ※この時に食べられたのはもち米とうるち米です。 現在、見慣れた『白米』が食べられるようになったのは奈良時代。それも身分の高い人しか食べられない貴重な食材でした。古来より長い付き合いのあるお米ですが、お米一粒に7人の神様が宿っているそうです。その神様は… 『七福神』という説 『土・風・雲・水・虫・太陽・作り手』という説 ……と言う上記ふたつの説がございます。 また、米という字は八十八と書きまして、この字になった理由は、昔のお米を作りの過程が88工程の作業がある事が用いて米という漢字が生まれたのだそうです。 ……この情報を見てお米ひとつぶ、ひとつぶ、どれだけ貴重な物なのか。じゃあお茶碗1杯分に神様は何人いらっしゃるのか。そう考えると残すだなんて勿体ない!!大切に味を噛みしめ残さず食べようと改めて決心いたしました。………………………………………………………………………………………… 第二章『ご飯を食べる前に言う大切な言葉。』 皆さんはご飯を食べる前に「いただきます。」、食べ終わ
0
カバー画像

陰謀?それとも陰謀?

歴史には色んなミステリーがあります、嘘みたい本当な出来事がよくあります。しかし、説明ができません。アメリカには誰でも知っている二人の大統領がいました、リンカーンとケネディ。紹介することもなく、一人は南北戦争、奴隷解放、5ドル札、ラシュモア山。一人は最も若い大統領、唯一カトリック教徒の大統領。この二人、一人は19世紀、一人は20世紀、全く関係のない二人ですが、共通点が怪奇的に多い。大統領になる前に、二人とも国会議員でした。リンカーンは1846年国会議員となったが、ケネディは1946年国会議員となりました、ちょうど100年の差がありました。二人とも14後大統領になり、リンカーンは1860年、ケネディは1960年、大統領になったのも100年差があります。さらに、二人が暗殺されたのも100年の差があり、リンカーンは1865年の金曜日に暗殺され、ケネディもちょうど100年後の金曜日に暗殺されました。暗殺された二人とも奥さんが現場にいて、そして暗殺された後の後継人の名前も同じくジョンソンと言います。つまり、二人の後には同じくジョンソン大統領が誕生しました。さらにさらに、二人を殺したのもアメリカ南出身であり、名前は違うが、一人は1839年生まれ、一人は1939年生まれ、つまり暗殺者の年齢もちょうど100年の差があります。さらにさらにさらに(疲れた)リンカーンの暗殺者は大統領を殺した後劇場からとある倉庫へ逃げ射殺されました、ケネディの暗殺者は倉庫から劇場へ逃げ、審判する前に殺されました。運命としか説明できないかもしれませんね。
0
カバー画像

お味噌の話。

昔ながらの優しい味がするお味噌汁毎日の食卓に欠かせない食べ物、それは…『お味噌汁』。飲んだ瞬間、口の中に広がる優しい味。皆さんはお味噌汁を飲みますでしょうか?私はその味が好きでほとんど毎日飲んでいます。そこで、毎日お味噌汁を飲んで ふと思いました。お味噌汁には、どんな栄養があるんだろう。 また、どんな効果があるんだろうと疑問に思いました。 そのため、今回はお味噌汁の材料…味噌について私なりに調べ、情報をまとめてみました。味噌の始まり まずは、味噌の歴史から紹介いたします。始まりは中国発祥の発酵調味料【醤(ひしお)】からと言われております。 【醤(ひしお)】 とは食材を塩漬けにして出てくる液体を指しています。種類も大きく分けて4つあり「魚醤(うおびしお) 肉醤(ししびしお) 草醤(くさびしお) 穀醤(こくびしお)」と分けられております。 その中の 大豆を使用した穀醤(こくびしお) 。さらに 穀 醤 になる前の熟成途中の物が独立して、誕生した物が味噌となります。日本はいつ頃から?日本では縄文時代からどんぐりを原料とした「縄文みそ」という食品があったと言われております。※これは日本独自説の為、異なる可能性がございます。なお、「味噌」という文字が文献に現れるようになったのは平安時代。 この時代の味噌は調味料として、料理に使うものではなく、食べ物につけたり、そのまま食べる物でした。また、地位の高い人にしか食べられない高級品だったようです。では、一体いつから、庶民の方々も味噌が手に入れられるようになったのか?それは、室町時代。この時代は大豆の生産が盛んとなり、自家製の味噌を作るようになりま
0
カバー画像

お金で平和を買うってあり?

古代中国の王朝の中に、最も弱いと言われたのは宋王朝(960~1279)です。北宋も南宋も北遊牧民族に滅びられましたし、宋の対外戦争もほとんど負けていました。しかし、中国の王朝の長さは漢(前漢と後漢)404年、宋(北宋と南宋)320年、唐289年、明276年、清268年、実は後漢の最後100年近くはすでに「三国時代」(三国志で登場する有名なエピソード殆ど後漢の時代)となり、皇帝はほとんど有名無実、この点において実は最も長い政権は宋王朝です。宋が負けに負けて敵が「遼」から「金」に、「金」から「モンゴル」と入れ替え、300年以上政権が続きました。これって弱いことでしょうか?常勝不敗のナポレオンはワーテルローの戦いで失敗しただけで全てを失いました。つまり、負け続けて尚生きていられること自体が非常に珍しいケースです。実は宋の武力は弱くない、ただし環境がすごく悪いです。漢、唐のライバルは匈奴、突厥など部族国家もしくは遊牧部落に過ぎなかった、ちゃんとした国家政権ではありません。宋のライバルである遼、西夏、金、元(モンゴル)は全て宋と同じ、高度な中央集権化された国家です。官僚制度、城、科挙、農耕全てあります。昔の遊牧民族なら一つの風災、雪災だけでも滅びる恐れがありましたが、宋のライバル達は言わば進化した遊牧民でした。この点において、漢、唐の時代の敵と比べられないぐらい強くなりました。また宋より少し前に北京含む「幽雲十六州」の土地を遊牧民族にプレゼントしたため、宋の時北側の長城がなく(敵はすでに長城の中に生活している)、守れる要所が全くありません。宋王朝の領土は古代中国において最も少なく、北宋は
0
カバー画像

キングダム

算命学の始祖、鬼谷子がいたと言われる時代である中国戦国時代の終わりをもたらすのは、秦の中華統一。その時代を舞台にした漫画が、キングダムです。気になってはいたのですが、ようやく最近になって、アニメを見始めました。人が人を殺す血みどろの戦闘シーン。あっさり描かれてますが、実際はかなり、陰惨で悲惨なんだろうと思います。たくさんの登場人物と歴史的な史実のなかで、ここまで空想を膨らませられる作者は本当にすごいですね。中でも一人一人のキャラがちゃんとたっていて、主人公がそれに負けない強烈さを放っているので、中国史という難しいテーマなのにストーリー展開に目が離せません。まだ第二シリーズなのですが、戦国七雄の争いの他に、後宮と大王の関係が出てきて、謀略が謀略を呼び、政治と軍事行動の間で、ものすごいことになっています。w ・・おお〜どうなっちゃうんだ!いつ暗殺されるかわからない。いつ裏切られるかわからない。肉親ですら信用できない。愛が純粋な愛かどうかわからない。心許せる人間がいない。軍事で負けたら、そのまま永久奴隷か、滅亡や死が待っている世界。そういう力やエゴとエゴがぶつかり合う獣のような世界があったわけです。弱肉強食、ピラミッド型支配の世界が、まさに地の時代でした。倫理などあって無きが如し。その中で、算命学が軍略として用いられていたのは、とてもよくわかるような気がします。何が起こるかわからない、一寸先は闇かもしれない不確かなこの世界に、確実な何か・・指針が欲しかったはず。物事の流れを読むために、絶対的なこの世の自然法則を解き明かしたい。そう考えたはずです。だから、それにしっかりと応える学問・学
0
カバー画像

ライバル

youtubeの撮影と編集をきっかけに、算命学が成立した時代感をもう一度復習しておこうと、近頃中国歴史ドラマをみています。とても面白いです!「鬼谷子」は、算命学を最初に縦横家たちに教えた存在とされており、道教の経典に名前がすこしあるものの、その実像はまったくわかっていません。人なのか、宇宙人なのかすら、です。宇宙人との交流があって得られた知識かもしれないし、陰陽五行ができたといわれる春秋時代よりもずっと前の時代にも、中国大陸に高度な文明が存在した記録があり、紀元前400年よりもっともっと前に私たちの常識で考えるよりもはるかに進んだ知性が存在した可能性があります。そもそも遣唐史で空海が中国に渡った時には、見えない法則、気の法則を説いた学問や現実的な技術(医術・建築・採掘など)にまつわる知識は、すでに渡来人によって日本にも流れてきており、空海には新しく学ぶものがあまりなかった、という逸話が残っています。そして、空海は、日本人として、異例のスピードで灌頂をいただき、本場唐の国で密教継承者として認められて帰国します。鬼谷子が広めたとされる算命学の元になる知識は、唐の時代で学問として確立したといわれていますから、つまり、日本から中国大陸に渡った、空海も唐のみやこでその算命学の潮流の中にあるものを手にして帰国していると言うことです。 おなじように第二次世界大戦後、日本人の高尾義政氏が中国人から一子相伝の継承者として選ばれ、日本に入ってきた学問が算命学でした。シルクロードの最終到達点として、日本は世界のさまざまなものが入ってきており、その後、それらは純化して、次元をあげて存在してきたのです。
0
カバー画像

トルコ空軍VSトルコ海軍?ギリシャとトルコの紛争

トルコとギリシャの国境についてよく揉めています、欧州側の両国の国境線は河を沿って決められていました。しかし、2020年この河の流れが変わりました、トルコ側に少し曲がりました。河を国境としている場合、河の中心線が国境となります、もし河の流れが大きく変われば両国で再度協議するのは普通です。今回はまさに大きく流れが変わったケースでした、通常両国で協議しなければなりません。しかし、トルコが強引に出兵し変わった部分占領してしまいました。もちろんギリシャはそのまま引く訳にはいかない。実は両国のこのような紛争がずっと続いてきました。1995年トルコの貨物船がわざとギリシャの島で座礁しました、ギリシャは助けてあげようと言いましたが、トルコは自分で解決すると断りました。しかし、この貨物船はトルコの国旗を掲げ、この船はトルコの領土と言い、そのためこの島もトルコの領土だと主張しました。もちろんギリシャは許すわけにはいかないので、双方とも大量な軍隊を集結して戦争する準備をしていました。最後はアメリカが調停して無事に終わらせました。ギリシャとトルコの紛争(希土紛争)は現代において相当珍しいケースです。両国ともにNATOに属していて、盟友とも呼べるはずですが、互い相当相手を憎んでいます。1974年、両国はキプロス問題で戦ったことがあります、すなわち1974年の希土戦争です。ある日トルコ哨戒機は一つ艦隊がキプロス外海にあると発見し、ギリシャ艦隊と思われたため指令部に報告しました。報告を受けた司令部は興奮のあまりすぐ戦闘機編隊を出させ、一連激しい戦闘の末、トルコ空軍が大勝に納めました。一隻軍艦を沈め、二隻軍艦
0
カバー画像

ウクライナとロシアの因縁

昔々、ソ連という国がありました、15個加盟国があり、面積は2240万平方キロ、人類史上最も広い国でした。崩壊後のロシアはまだ1707万平方キロの国土を所持していました。古代中国の元王朝を含めたモンゴル帝国ですら2000万平方キロしかいない。しかし、ソ連広い国土の由来はほとんど問題があります。ソ連崩壊という事件において、全てソ連と隣接していた国々みんなが喜んでいました。だってもうソ連から虐められることがなくなったからです。こちらのほとんどの国がソ連から侵略された経験がありました。ソ連の加盟国は主要三国(ロシア、ベラルーシ、ウクライナ)、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)、中央アジア五国(ウズベク、カザフ、ギルギス、タジク、トルクメン)、南コーカサス三国(アゼルバイジャン、グルジア、アメニア)、ルーマニアから分裂させられたモルダビア計15カ国。こちらの国の中に、ベラルーシとロシアの関係が最も親密、中央アジア五国が仲良く見える以外、他の国とロシアの関係が全部あまりよくありません。ウクライナの話をすると、まずロシア、ベラルーシ、ウクライナ三国の人種は同じく東スラブ人ですが、(ポーランド、チェコ人は西スラブ人。セルビア、クロアチアは南スラブ人)関係が非常に悪い。1654年ロシア帝国とウクライナが統合し、ウクライナはロシアに征服されました。ウクライナの首都キエフはスラブ文明の起源地、ウクライナは自分達こそスラブ文明の正統と思っているため、歴史的、現実的色んな理由で両国の関係がずっと良くなかった。ウクライナはドニエプル川にほぼ二つに分けられ、西ウクライナは歴史上ロシアと関係が微妙
0
カバー画像

私は一本の竹のように生きている

以前書いたプログ記事からこの中でこんなことを書いている。 そして、掃除がてら本棚に横づけされた本を手に取れば、またパラパラとページをめくっている。見つけたのは、黒鉄ヒロシの「千思万考」。歴史上の信長や斎藤道三、豊臣秀吉が妙に人間っぽく思えてくる。 そして、こんな「あとがき」にも惚れ惚れする。たとえば、明治は江戸の影響下にあり、昭和、平成は明治、大正が助走となる。過去、現在、未来を離して縦に書くのではなく、過去の上に現在を、その上に未来を重ねて書く方が歴史の正体を理解し易い。(中略) 一本の竹として考えてみてはどうか。過去の歴史を考えるとき、私は歴史年表を左から右へ、横に並べて見ていた。年表の中で、江戸時代、明治時代、大正時代・・・とそれぞれ太い線で区切っていた。 その区切りは無意識のうちに歴史の流れを区切っていたようだ。前の時代が終わり、常に新しい時代を迎えたことに何の違和感も感じていなかった。本当は続いているのに、流れているのに、常に前の時代は途切れていた。 一本の竹と考えてみてはどうかここに考えるヒントがある。過去の上に現在を、その上に未来を重ねて書く方が歴史の正体を理解し易い。(中略)横に並べていた年表を縦にして読めば、時代の区切りは竹の節のようであり、竹は上へどんどん伸びていく。終わっている過去が、今でも竹の根のように強く張り続けているかもしれない。 過去が現代や未来に影響を与えていく。 人は一本の竹であり、集まって竹林という世界をつくる。私も一本の竹であり、多くの人生の節を作ってきた。そして根を遠くまで深く強く張り続けてきたと思う。 私の歴史年表を横から
0
カバー画像

ソ連が蘇る?ロシアとベラルーシの統合強化

去年(2021年)11月ロシアとベラルーシが経済・軍事で統合強化する合意文書が採択されました。内政、外交、経済、資源などあらゆる方面で互い区別なく協力していく内容でした、いずれ主権も統合されるでしょう。まさかソ連が蘇るではないかと歴史から見れば、ベラルーシの状況が不味くなるでしょう、もちろんベラルーシもバカじゃないからロシアと統合されればどうなるかは分かっていました。統合強化の話が出た途端にベラルーシとポーランドの国境に大量に「足」で投票する難民が現れました、国境を超えて西側に逃げようとしていました。ではどうしてこのような策に出たでしょう?二つの国がどのような歴史があったでしょうか?ベラルーシ右上にはロシア、下にはウクライナ、左はポーランド、上にはリトアニアとラトビアがあります、欧州の十字路とも言えます。地縁から見ればベラルーシはロシア、EU、NATOこの三つの組織の繋ぎ部分であり、ユーラシアの戦略要地です。そのため、この土地には無数な戦争が起き、経済も何度も崩壊され再建されました。一番ひどいのは第二次世界大戦の時、ベラルーシは3分の1の人口、半分の財産が失いました。戦後、ソ連の指揮下で経済が再建され、この間にはソ連の経済成長ボーナスの恩恵を受け、一気に遅れた農業国から進んだ工業国となりました。1980年のGDPは1940年の28倍、しかし、この成績はソ連の基礎の上になり成ったものです、必要な原材料、エネルギー、商品の市場全てソ連の他の加盟国に依存していました。ソ連が崩壊とともに、ベラルーシの商品が急に市場を失い、経済もガタ落ちしてしまいました。さらにベラルーシはソ連が残した負
0
カバー画像

ロシアの女帝

エカチェリーナ2世はロマノフ王朝において「大帝」の名を持つ一人です。彼女はそもそもロシア人ですらなく、プロテスタントを信仰する小さなドイツ諸侯の姫でした。ピョートル1世大帝崩御後皇帝は彼の妻、息子に移り変わった後孫であるピョートル3世となりました、そしてピョートル3世の妻こそ後のエカチェリーナ大帝です。ピョートル3世は頭のネジが飛んでいる人でした、唯一の趣味は戦争ごっこです、自分を将軍と名乗り、最も尊敬しているのはプロイセンのフリードリヒ2世(フリードリヒ大王)でした。夜寝る前にいつも妻を誘って兵隊さんのおもちゃを使って一緒に戦争ごっこをしていました。こんな生活環境でのエカチェリーナの気持ちが簡単に想像できます。ピョートル3世が即位した時、ロシアとオーストリアが反プロイセン同盟国でした、しかも対プロイセンの戦争が絶対優位にいた、いいえ、すでに勝っていましたにもかかわらず、フリードリヒ大王に対する崇拝により即位後すぐ停戦命令を下してしまいました。プロイセンが助かったがロシアの国益に大きな損害をもたらしました。こんな状況でエカチェリーナは近衛兵(愛人)の幇助により政変を起こしピョートル3世に代わり皇帝となりました。エカチェリーナ2世即位後、トルコを攻め、ポーランドを侵略し、ロシアのために大きく領土を拡張しました。もちろん他国から見ればただの侵略に過ぎませんが、ロシアから見れば彼女は間違えなくピョートル大帝以来の明君です。エカチェリーナ2世には多くの愛人がいました(皇帝だから)、近衛兵のみならず、彼女のために他国と戦争する将軍達もまた皇帝の愛人です。ロシア国内反乱を始め、トルコ、ポー
0
カバー画像

イギリスは世界覇者となった理由

一つ国軍事力の強さは主に海軍の実力で判断します。陸軍、恐らく最も金がかからない軍種です、古代は言うまでもなく、現代においても銃、大砲、戦車高くでも数百万ドル程度でしょう。空軍の戦闘機一機なら数千万ドル、高くても数億でしょう。しかし、海軍の軍艦一隻なら数十億、数百億下らないでしょう。空母だけでも数百億の製造コストになりますし、さらに飛行機を全て揃うとまた数百億、また護衛船が全て揃うと…..とんでもないお金がかかると分かります。もう一つ、陸には領土があり、空には領空があります、こられを勝手に超えて他の国に行くと侵略になりますが、海には公海という概念があります、船は領海を越えて公海で自由に移動できます。海軍は領土の延長とも呼ばれたことがあり、つまり軍艦が行けた場所すなわち領土とも言えます。海軍の強さは船以外重要なのは船員(水手)の質によって決まります。船が作れても操縦できる者がなければ意味がありません。イギリス海軍は三百年間世界を制覇した、中に約200年間船は戦列艦(帆船)、当時の船員の船生活が非常に厳しく、こんな環境で耐えてきたこそ優秀な船員を育てられてきました。まず船員の部屋がなく、基本大砲の上にハンモックを敷いて寝ます。長期の船旅には新鮮の野菜果物がないため、壊血病により髪の毛や歯が抜けてしまうのは普通でした。イギリス海軍の標準食事配給はラム酒(ビタミンを補充するため)腐ったパンと干した牛肉、この肉はもはや牛のミイラと言っても過言ではない、第一次世界大戦の時配給された干し牛肉はナポレオン戦争の時製造したもの、107年間保存したという。こんな環境で数百年間育てられた船員こそイギリ
0
カバー画像

オーストリア帝国最後の輝き

オーストリアのウィーンときたら、町自体がフランツ皇帝とシシー姫の時代に止まっているように思えます、全く進んでいないと感じます、全てが帝国時代そのままです。オーストリア最も繁栄していたのはハプスブルク家統治の約700年間、元々スイス生まれの小さな家族が欧州四大強国の一つであるオーストリア=ハンガリー帝国を創立しました。そして、この帝国最後の輝きはフランツ皇帝とシシー姫時代です。プリンセス・シシー3部作を見たことがあれば、中にハンサムな若き皇帝と美しい姫のラブストーリーに感動された方が多いでしょう。しかし、残念ですが、歴史が違います。皇帝と姫様の婚姻が大変不幸でした。皇帝18歳即位して、84歳崩御在位66年、彼はオーストリア=ハンガリー帝国最初の皇帝、性格も非常に硬く、軍服以外の服着たことがありません。プリンセス・シシーは姫様の肩書きがありますが、実は没落貴族の娘であり、農場生まれ育ったため、天真爛漫の農家娘でした。後にウィーンでの窮屈な宮中生活に合わず、煩雑な礼儀が嫌で、自由に憧れるようになり、そのため、彼女は長年皇帝と別居していました、欧州の色んな場所を旅することが彼女唯一の生き甲斐でした。皇帝は確かに姫と性格が合わないが、妻に対する深い愛が変わらなかった。姫がどこに旅たったとしても必ず皇帝から愛情満ち溢れたラブレターが届きます。こんな二人の関係を徹底的破壊した事件が発生しました。1889年、二人唯一の息子であるルドルフ皇太子と恋人が心中しました。皇帝は精神崩壊しかけたし、姫も完全に皇帝に離れ一人旅に出ました。翌年1899年、姫はスイスに暗殺されました。ウィーンにいた皇帝が愛す
0
カバー画像

フランス黄金時代の先駆者

ブルボン王朝はフランスが中世から近代国家に移り変わろうとしていた時代です。しかし、王朝の創立者であるアンリ3世、アンリ4世ともに暗殺されていました。フランスはルネサンス後、やっと国内統一が実現したが(元々フランス国王が指揮できる範囲はパリ周辺のみ、他の地区は諸侯の領地)すぐカトリックと新教(プロテスタント等)の宗教戦争に巻き込まれてしまいました。アンリ3世は元々カトリック教徒でしたが、国家の統一のために新教に帰依したが、カトリック狂信者に殺害され、アンリ4世(息子ではない)が即位しブルボン王朝を創立しました。彼は元々新教徒でしたが、フランス国内カトリックの勢力が強い現状を判断し、流血を避けるためにカトリックに帰依し、カトリックをフランスの国教として位置付けました。しかし、国民には宗教自由の権利を与えました。アンリ4世の治世は非常に開明でした、しかし、彼の死は非常にどうしようもなかった。彼は町に視察する時に暗殺されましたが、暗殺者の理由は殺してみたかったとアンリ4世死後ルイ13世、そしてルイ14世が即位の時、若きルイ14世に対して母親が大きくなったら父親ではなく、祖父アンリ4世のような人になりなさいと、何故なら、アンリ4世が亡くなった時、国民がみんな泣いていました、ルイ13世が亡くなった時、国民がみんな笑っていましたから。
0
カバー画像

第二次世界大戦時チェコの抵抗

チェコの首都プラハは欧州最も美しい町の一つです、古き街並みが戦火に焼かれたことなく、その美しさが綺麗に保存できました。第二次世界大戦、チェコは戦うことなくドイツに占領されてしまいました。(ミュンヘン協定)当時のチェコ(チェコスロバキア)は資本主義世界第七位の列強、国力はイタリア、日本より上にもかかわらず一夜にして滅亡しました。チェコスロバキアのシュコダ造兵廠は当時欧州第二大造兵廠です(一位はドイツのクルップ)、戦争期間工場は依然ドイツに武器弾薬を提供していましたが、チェコの労働者は可能な限り破壊活動を続けていました。当時のドイツも核兵器を開発していました、そして核兵器にはグラファイト(石墨)という鉱物が必要です。チェコスロバキアはまさにこの鉱物の産地です、労働者は製造過程で偽物を混入したため、ドイツの実験が失敗に終わりました。研究者は鉱物が偽物だと想定せず、この鉱物が適合しないと認定、最終的核兵器の開発もできなかった。
0
カバー画像

欧米人は水を飲まない理由

欧米の映画やドラマを見ると、不思議に思ったことはないでしょうか?水を飲むシーンがほとんどありません、食事だろうか、おしゃべりするだろうか、基本酒しか飲みません。実はこれは欧米人の伝統です。何故かというと、水を沸かして飲むことが知らなかった(できなかった)からです。つまりお湯を飲む習慣がありません、もちろん、コーヒーや紅茶を飲む時お湯を使いますが、お湯そのままを飲みません。どんな寒い日でもレストランに行けばお冷しか出てこないのも欧米からの習慣です。古代において現在のような水浄化技術がないため、川や井戸の水をそのまま飲むと病気になりやすく、しかも当時の医療レベルも高くない、手首を切って血を流す術しかないので、少しずつ欧米人は水が飲めないという共通な認識が形成されました。水がだめになると、飲めるのは酒しかありません。酒は毒がない上、アルコールであるため、消毒効果もあります。そのため、欧米人は酒しか飲まなくなりました。これも欧米人酒が強い原因でもあります、遺伝子レベルが違すぎました。
0
カバー画像

斜陽帝国スペインの落日

スペインと言えば、アイルランド、ポルトガル、イタリアとギリシャ合わせて「PIGS」すなわち欧州の豚さんと呼ばれ、EU経済の足を引っ張った代表的な国です。歴史上のスペインは極めて強い帝国でした、16、7世紀の時は間違いなく「太陽の沈まない」帝国でした。しかし、時代とともにスペインの勢いが弱くなり、特にイギリスが代わりに海洋の覇権を取った後からスペインの衰退が加速してきました。1808年スペインはナポレオンに侵略され、イギリス軍の援護でやっと国を再建できました。しかし、復位したフェルナンド7世は事前に約束した民主主義、立憲主義を無視し、相変わらず宗教や政治迫害を繰り返しました。結果フェルナンド7世の娘イサベル2世の時代になると、政変が頻繁に起き、1868年イサベル2世が海外へ亡命しました。彼女の息子アルフォンソ12世が帰国復辟し、スペインの内政もある程度安定させましたが、11年で病死し、まだ赤坊の息子アルフォンソ13世が即位しました。1931年、再び政変が起き、アルフォンソ13世海外へ亡命、スペイン内戦が勃発し、フランコ独裁体制が作られました。1975年、フランコは病死直前に政権をフアン・カルロス(アルフォンソ13世の孫)に返しました。
0
カバー画像

2022-2024:幻想大国アメリカは生まれ変わるのか

西洋占星術において国を占うこともある。その際に取り扱うものを始原図という。私は国を見るうえで始原図はそこまで信ぴょう性のあるものとして見ていない。国がいつ生まれたかということは人の誕生とは大きく違い、時間においてどこで区別をしたらいいのかハッキリとはせず、極めて概念的であると思うからだ。大抵の場合は戦後や統一で国体が変わる時や長老、皇帝、首相、リーダー的存在が何らかの宣言、日本でいうと天皇が詔勅的なことを述べた際の時刻を決定的イベントとみなし図とするらしい。つまりいくつもの始原図候補が上がってしまうということになる。そして今日ブログに書きたいのは今英語圏の占星術界で注目されているアメリカの始原図についてである。その図の時刻はフィラデルフィアにて独立宣言が採択された頃である。その宣言がなされるまでアメリカの大地はアメリカという名ではなく植民して名付けた随所の名で呼んだり、その全体の土地を新世界と呼んでいたらしい。私はその知識をアメリカ人の方が書いた歴史本から発見した。そのタイトルは「ファンタジーランド:狂気と幻想のアメリカ500年史」である。この著書曰くアメリカ人は極端に幻想を好む。それは日常的な思考習慣にまで完全に浸透し、とても根深い問題になっているという。その根本的原因は国に居場所をなくしたピューリタン(カトリックから離反した1派)がユートピアを夢見てアメリカの大地に渡ったことにあるという。著者曰く彼らは誇大妄想的でありもしないことを本気で信じ込んでいたり、そうすることで自らを鼓舞したらしい。ある種彼ら同様オカルトを信じる私の身から言わせて頂くとよく言えばロマンス、悪く言えば
0
カバー画像

唐帝国の衰退〜安史の乱

中国歴史上には三つの大きな事件がありました、それは秦始皇帝の天下統一、唐の安史の乱、南宋がモンゴルに滅亡させられた崖山の戦い755年〜763年、唐の節度使(地方軍区司令)「安禄山」と「史思明」が引き起こした大規模反乱です。この反乱は中国歴史の行方を大きく左右した非常に重要な事件であり、絶頂期である唐王朝を衰退に導き、同時に唐王朝の西拡張の動きも止めました。安史の乱前まで、唐帝国はずっと西へ勢力範囲を伸ばしてきました、751年アラブ帝国との間で中アジア地域の支配権をめぐり戦争もありました。戦争の結果は唐の負けでしたが、それほど大きな傷ではありませんでした、唐軍は再戦の準備もできていました。つまり、安史の乱までに、中国はずっと勢力範囲を対外拡張していました。安史の乱により多くの精鋭部隊を国境から撤退させ、反乱鎮圧に使われました。「安史」の反乱軍の戦闘力が非常に高く、「安禄山」は三つの節度使を兼ねて、18万精鋭部隊を所有していました、一方唐中央軍は12万人しかなく、しかも戦闘経験がほとんどありません。そのため、反乱軍はすぐ長安、洛陽を制圧し、皇帝が蜀に逃げました。反乱軍と対抗するため、大量な国境精鋭部隊が徴用された結果、国境地区が全て失い、西南4つの地域が全て吐蕃(チベット)に奪われ、中原民族の影響力が縮小させられました。のちにこの地域は強くなった「回鶻人」の勢力範囲となり、しかもイスラム教に帰依したため、本日中国西北部イスラム文明の影響力が強い由縁です。755年安史の乱が起き、907年唐滅亡までの百数年間、唐王家の力が弱まり有名無実な状態が続いており、後の「五代十国」の乱世に入りま
0
カバー画像

六日間で中東を制圧したイスラエル

イスラエル建国後、アラブ諸国と5度も戦争を行いました。弱きイスラエルいつも数の少ない兵力で大勢な敵を勝ちました。本日のイスラエルの人口もわずか数百万人、しかもアラブ人が大多数を示しています。アラブ諸国の人口は億単位となり、軍隊の数はもっと比べ物にならない、それでもイスラエルがいつも勝ちます。それはアメリカの支援があったのではないかと思うかもしれませんが、アラブ諸国にはソ連の支援がありました、ソ連の武器もそんなに悪いものではなかった。アラブ諸国の人が使うとソ連の武器がアメリカよりダメだというイメージがあるのは事実ですけど。戦争の決定的要素は先進の武器ではなく、あくまでも人です。第三次中東戦争、またの名は6日戦争、名前通りイスラエルはわずか6日で勝利を収めました。相手はエジプト、シリア、ヨルダン、イラクの連合軍。(当時エジプトとシリアは一つの国「アラブ連合共和国」でした。)戦争はまず制空権を取るのは定石ですが、当時イスラエル全国飛べる飛行機は400機しかなかった、一方、エジプトだけでも800機、シリアも数百機がありました。まずエジプトの飛行機を殲滅し帰投して燃料弾薬を補給して反対側のシリア飛行機を殲滅する作戦。イスラエル全ての飛行機、運送機も訓練機も全て爆弾を乗せ、超低空飛行でエジプト勢力範囲のシナイ半島レーダー網を潜り、カイロの空港を空爆しました。作戦時間は日曜日の朝7時30分、イスラエルの飛行機は朝日とともに空爆を行い、エジプトの地面防空兵が太陽の輝きで目標確認すらできず、反撃しなかった。イスラエルの飛行機不足を補うため、全ての飛行機は1枚多く爆弾を載せるように、二つのエンジン
0
カバー画像

ナポレオン悲惨なラブストーリー

ナポレオンには二人の妻がいました、一人はジョゼフィーヌ、一人はオーストリアの姫様。ジョゼフィーヌ皇后はナポレオンより六つ年上の未亡人、二人が結婚した時ナポレオンは27歳、当時フランス最も若い将軍、フランスの救世主として最も輝いていた時でした。ジョゼフィーヌと前夫の娘はナポレオンの養女として弟であるオランダ国王「ルイ」と結婚させ、二人の息子が後のフランス皇帝ナポレオン3世となります。ナポレオンとオーストリア姫様の息子はナポレオン2世、彼の運命がかなり悲惨でした。生まれたすぐナポレオンが戦敗したため、母と一緒にオーストリアに行き、母は再婚したが彼はずっと人質として軟禁され、21歳で病死しました。実はナポレオンが最も愛していたのは二人の妻ではなく、初恋の「デジレ・クラリー」でした。この初恋の人は小商人の娘、ナポレオンに一途でした、しかもナポレオンが出世する前にかなり資金面で援助していたという噂もあります。しかし、ナポレオンは出世のために政府高官と繋がりのあるジョゼフィーヌの人脈がどうしてもほしかった。そのため、ジョゼフィーヌと結婚し、彼女を捨てました。ナポレオンが結婚することを知った彼女は式場に行き、もちろん門前払いされましたが、そこで一人できたベルナドット将軍と出会い、彼女を式場に連れて行き、ナポレオンを罵倒しました。彼女の「勇姿」を見たベルナドットは彼女に惚れ、二人は結ばれました。一方、ナポレオンとジョゼフィーヌが結婚した後、妻の浮気性が発覚しました。自分が遠征する度にジョゼフィーヌが浮気をしていたことを知り、やはり初恋がいいと悟り、頻繁に「デジレ・クラリー」と会い、誘惑しようと
0
カバー画像

イギリスの最困難期と過ごした「吃音国王」

現在のイギリスエリザベス女王の父「ジョージ6世」、国王になったのは非常に偶然でした。1935年ジョージ5世が崩御し、即位したのは息子であるエドワード8世でした。彼はイギリス歴史上有名な天下より美女を愛する人物でした。アメリカ人既婚者女性シンプソン夫人と結婚すると、そのため王位を弟であるジョージに譲りました。国王としてそこまでやらなければならないのかというと、当時イギリス政府が非常に強引的に彼を禅譲させたという説が強い、何故なら彼は非常に親ナチスでしたから。シンプソン夫人もナチス高官と関係が親しく、そもそも彼女がドイツのスパイという噂もあります。ともかく、当時のような非常時代に、イギリス政府としては国王を他の人にしてほしかったでしょう。ジョージ6世はいきなり新しい国王となり、また先天的どもりもあり、国民の前にうまく演説すらできなかった。しかも即位3年目の1939年第二次世界大戦が勃発、元々ジョージ6世は王位継承の可能性がほぼないため、国王になるための教育も受けてなかった。状況が全く把握していないなかで国王となり、しかし、戦争中ちゃんと仕事を全うしました。自分が確かに口下手ですし、滑舌も悪いですが、イギリスのシンボルとして国民の士気を高めることが仕事だと。そのため、たとえドイツの空爆がいくら酷くても、ロンドンがいくら危ないだとしても必ず街に視察にできます。もし自分が空爆で犠牲となれればもっと国民の士気を高めるでしょう。ジョージ6世特殊な時期に国王となり、一所懸命仕事をした結果、生命も同時に消耗し、戦後まもなく崩御されてしまいました。1952年ジョージ6の長女エリザベスが即位、退位さ
0