絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

51 件中 1 - 51 件表示
カバー画像

長生きは良い事なのか

介護をしていて定期的にぶつかる悩みがタイトルになります90歳を超えた方に言われることが多いのですが体が不自由になって好きな時に好きなことも出来ないやりたい事も無くなった伴侶も亡くなり一人になってしまったそんな中で長生きしてもね今、高齢者と言われる方々は戦時中を乗り越えた人ばかりでがむしゃらに生きてきたそのような人にとって、人の手を借りなきゃいけない状況は情けないと思う事が多いみたいですそのような方に、今から生きる意味を見つけてもらうのは容易ではなく、いつも悪戦苦闘しています私たちやご家族様は長生きを望むので、出来る限りしっかり食事もして水分を取って欲しいと思うけどご本人様は望んでいないなかなかに線引きの難しい問題ですきっと正しい答えはないんだろうなと思いながら日々働いています
0
カバー画像

100歳まで健康でいたいなら歯周病の治療をしよう

今年の冬はヒートテックのインナーに助けられたタチバナシ❀です私事ですが去年の冬に母親が倒れ 介護が始まりました現在母親はすっかり元気になり家の中の手すりを掴まれば 自分の事は自分で出来る状態まで 回復しました医師も驚く回復ぶりで 何故だろう?と検査した所 四肢に全く血管の詰まりがない事が 分かったそうです母親の年齢ではなかなかない 良好な血管の状態だそうです別人のカルテと間違えたか?と年齢を2度見したと言われました幸い大事に至らずしかも血管状態が良好とは! それもこれも 母親の日頃からの地道な 体とお口のケアが功を奏したのかな特に歯磨きや歯科定期検診を 頑張ってきたからだろうな と思いました歯周病菌は認知症 糖尿病 動脈硬化…様々な病気を悪化させる要因になるという事が最近明らかになってきました歯周病は慢性疾患なので 歯磨きが不十分だったり プロによる歯周病の管理などが 行き届いていないと 年齢を重ねるほどに重症化します歯周病の進行に伴って 全身疾患を引き起こす また悪化させる事になります 私が歯科衛生士になって直ぐに行ったのが母親への口腔衛生指導です歯ブラシやデンタルフロス歯間ブラシ等を用いて 歯垢を除去する事です手が覚えるまで 習慣化するまで 根気強く母親は頑張りました私も肉親なので 容赦なくビシビシ教えました(笑) 健康な体作りの  大きな部分を占めている お口のケアの方法を 何とか体得して欲しかったのです母親は私より真面目なので毎日の徹底的な歯磨きと 歯科クリニックでの定期検診は 欠かしたことがありませんお気に入りの歯科医師を ご指名して通っています(笑) 数本は抜歯しま
0
カバー画像

この先どうなるか想像できない人や理解できない人と、理解できる人。

健康よりも大切にしたいこと歳を重ねても健康でありたいとは恐らく誰もが願うことです。 健康であるからこそ人生を楽しめる。 生きる上で最も軽視してはいけないのは健康であることです。 そうは言っても、目の前に悩み事や処理しなければいけない事柄が舞い込んでくると、健康への意識はそっちのけとなり、 身体を労ることよりも悩み事や処理しなければいけない事柄が第一優先となる方もいます。 わかっちゃいるけど目の前のことに追われてしまいます。それとは別に、 目の前の問題が理解できず自分の身体を労れない方もいます。 私が今月より勤務している薬局の患者様です。 慢性腎不全の独り暮らしの80代の男性で、 以前より腎機能の検査データの値が悪く、かかりつけの薬局である薬剤師さんがいつ死んでしまうのか心配だと非常に気にしていました。 今月の検査データで腎機能の値が透析レベルとなりましたが、来月の検査データを待って透析治療を始めるか判断するとのドクターの説明があったようです。 患者様は以前より透析はしないと仰っているようで、かといって食事療法に消極的なので、薬剤師さんや私の前任の管理栄養士さんが食事について説明しても、年齢的なことや男性で独り暮らしということからもなかなか全てを理解するには難しく、実行するにも難しいようでした。 時々一緒に薬局へ来られるという長女さんが今回来られお話したところ、 長女さんもお父様の病気に対する認識に乏しく、「そんなにたいへんなんですね」「そういえば時々胸が苦しいとか言ってない?」「でも毎朝パン屋さんのパンを食べていて楽しみなんですよ」と笑顔でかる~い感じで仰ります。 命の危険があ
0
カバー画像

2月(如月)ですね

今日から2月…春がだんだんと近づいているのを感じますね。さて、2月は節分があります。「鬼はそとー!!」「副はうちー!」と、私も子供のころは豆まきをやったもんです。そういえば恵方巻もすっかり定着しましたね。恵方巻きと言えば、恵方を向いて食べるのが通例ですよね。今年の恵方は北北西だそうです。ところでいつから恵方巻って食べるようになったんだろうか??調べてみると、恵方巻が定着してきたのは1990年頃からだそうです。関西では昔から恵方の方角にある神社へお参りをする習慣があり、福を呼び込む方向である恵方と結びつけて太巻き寿司を「恵方巻き」と名付けコンビニやスーパーで販売したのが始まりなのだそう。なるほど!ある意味、バレンタインデーに近いものを感じる(違うか笑)今年も無病息災を祈って良い節分を過ごしたいと思います。
0
カバー画像

1月の音楽療法プログラム

さてさて、一月も中旬となり施設でのアクティビティも始まってきました。ここでは私が行っている音楽療法ネタを書いていこうと思います。1月は恒例の「独楽回し」でスタート!準備運動と歌唱活動を行った後にメインテーマの″独楽回し″独楽はよく子供のころあ正月に回して遊んだものです。また独楽 は「よく回る」ものであることから、金がまわる、運がまわるなどの語呂合わせとして 運気上昇や金運上昇、商売繁盛などの縁起物 として親しまれてきました。独楽が真っすぐ芯が通っているかたちに「意志を貫く」「独り立ちする」といった意味を込めたためと言われているんだそうです。独楽回しで、みなさまの健康長寿と施設の繁栄を祈願し今年も良いスタートが切れました。さてさて、今年はどんな一年になるかワクワクドキドキです♪●1月プログラム 「お正月アクティビティ:独楽回し」参加者:27名スタッフ:2名セッションの目的:心身のリフレッシュと脳の活性化セッションの方法:独楽回しによる視空間認知能力の維持セッションの狙い:独楽を実際に触れて過去の遊びを思い出し(回想法)昔の           記憶を刺激し脳の活性化につなげ認知症予防につなげる。【内容】準備運動歌唱活動(お正月、1月1日、富士山、雪山讃歌、スキー)独楽回し(スタッフ参加:2人)歌唱活動(星影のワルツ、津軽海峡冬景色、川の流れのように)まとめ終わり
0
カバー画像

高年齢労働者とは

・高年齢労働者とは 日本はずいぶん前から少子高齢化社会と言われていますが、最近、「高年齢労働者」という言葉をよく耳にしませんか? 「高齢者」とは何歳以上をいうかは統一的なものはありません。 高年齢者、高齢者、中高年など類似の言葉がありますが、法令や行政においてもそれぞれで年齢を決めているようです。 例えば、高年齢者等の雇用の安定に関する法では、高年齢者は55歳以上、中高年齢者を45歳以上としています。高齢者の医療制度では65歳以上75歳未満を前期高齢者、75歳以上を長寿(後期高齢者)としています。 さて、ここでは「高年齢労働者」の労働災害についてお話しします。 高年齢労働者は、 災害発生率が若年労働者に比べて高くなっており、年齢階層別の年千人率をみると、50歳代では30歳代の1.5倍となっています。 また、高年齢労働者は、若年労働者に比べて被災した場合にその程度が重くなるという傾向があります。 みなさんの職場ではどうでしょうか。高年齢労働者の方は多くなっていませんか? 業種によって募集しても若い方の応募がない、派遣社員の方も同様という職場も多いのではないでしょうか。 そういった現状では、高年齢労働者の労働災害が増加することはある意味避けられないのかも知れません。 ・高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン そういった状況を改善すべく、厚労省では、「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」を策定しています。また、オンラインセミナーも定期的に行っています。 そのガイドラインには「高年齢労働者」の特徴について以下の通り説明されています。 一般に、豊富な知識と経験を持
0