絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

76 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

【転職カルタ】きっかけはいつも人

こんにちはせいパパです。 私が転職エージェントでトップコンサルだった経験をクスっとしながら読めるように転職カルタを配信しています。記事を読んでみて面白ければ、お気に入りやフォローしてもらえるとうれしいです^^自分の周りにいる人にフォーカスしよう。結構人生ってわかりやすく決まってくるんですよね。①子どものころから料理が好き→専門学校調理師~→料理人→挫折→エンジニアor営業とか②親が公務員→自分も公務員を目指すとか③恩師が学校の先生→学校の先生を目指すとか結局のところ自分が触れてきた環境によって人生って決まります。皆さんのまわりにも上記のような方はいませんか?また、自分はどうか考えてみるのも面白いんじゃないでしょうか。さて、今回お話しする内容は、転職でどのように生かすかということにフォーカスしたいと思います。転職活動時に役立つ情報になっていますので、是非最後までお付き合いください。●環境の違いが強みになります。社風という言葉が世間で浸透しているように、組織風土は企業ごとに違うため、それを強みとしてお伝えしましょう。例えば、私は連続勤務が是とされる企業で勤めました。というとストレス耐性めちゃくちゃ高そうに聞こえてきますよね。入社半年で、新卒が2分の1になる企業で、役職者になりました。というだけでも、壮絶な環境を生き抜ける感じしませんか?環境論は人事も知らないことが多く、意外性を相手に印象付けられるのでおススメです。●職種別に推し出すコミュニティの内容を変えましょう。営業として入社したい場合→きらびやかな実績がある話をしましょう。全国大会優勝したよ!とか、生まれてから今までずっと続け
0
カバー画像

社内に両立支援の輪を広げるためには【仕事と育児・介護・病気】

育児や介護、病気など、人生で起こる様々なライフイベントと仕事の両立支援に取組む会社が増えています。ダイバーシティ&インクルージョンという言葉も一般的になってきましたが、両立支援の先にあるゴールは何なのか。「特定の誰かに対する取組みなんじゃないの?」「何で自分が他人を支援しないといけないの?」 両立支援の取組みを進めるとたまに聞こえてくるそうした声に負けるな!という応援の気持ちで、人事の実務家としての考えをまとめてみました。ライフイベントと仕事の両立に取組んでいる人、これから取組む人が、壁を突破しようとする時の参考になれば嬉しいです。【目次】 1.両立支援が「本人」にもたらす価値 2.両立支援が「周囲」にもたらす価値 3.両立支援が「組織」にもたらす価値 4.大企業だからできるんでしょ‥に逃げない1. 両立支援が「本人」にもたらす価値人は「自分の居場所はここだ」と思えた時に、最高のパフォーマンスを発揮します。育児や介護、病気の治療など、時間的な縛りが発生した時に、本人が不安に思うことは、「自分はここで働き続けられるのだろうか?」、「活躍し続けられるのだろうか?」ということです。両立支援は、その不安を払拭するための取組みです。そして実際にその身になって、「自分の居場所はここだ」と感じられた時、職場に対する帰属意識が生まれ、その本人は最高のパフォーマンスを発揮して長く組織に貢献してくれます。2. 両立支援が「周囲」にもたらす価値両立しながら働く人が身近にいると、周囲はいざ自分自身もそうなった時には、大丈夫だと思うことができます。そこにもたらされる価値は、この会社であれば自分も「働き続
0
カバー画像

人事配置

岸田内閣の顔ぶれが固まりましたね。全20閣僚中13人が初入閣になり、若手を起用する一方、「老壮青」のバンランスを重視したのが特徴です。総裁選で掲げた若手抜擢にこだわりつつ、実務能力に定評のある中堅・ベテランの登用、主流派閥への配慮を欠かさない手堅い人選で、岸田カラーをにじませました。財務省出身の若手政策通の小林鷹之氏を起用して、同時に二階派との融和を図る。牧島かれん氏、堀内詔子氏の初入閣。茂木外相、岸防衛相の再任。「子どもへの投資」重視の野田聖子氏の少子化相登用。手堅く現実的で、バランスのとれた配置のため、批判が出ません。野党も「自民党は変わらない」をただ叫んでいる。チームワーク重視の岸田さんらしい陣容ですが、若手/女性登用等のメリハリも効いています。俯瞰的に見て安定感のある人事ですね。 一般企業でも参考になるかもしれません。会社人事の基本的な流れは、採用→配置→目標設定→評価→育成→異動/昇進→退職。それぞれに人事の仕事があり、担当者がいます。制度/労政担当、異動/評価担当、採用/教育担当。人事配置は異動/評価担当ですが、人事部の担当者が決めるわけではありません。実際に決めるのはキーマンです。「組織は戦略に従う」(チャンドラー)のように、まず事業戦略があって、それを実現できる組織設計・人員編成を考える。キーマンとは経営陣はもちろん、対象となる組織の長などです。 優れたキーマンは、「目指すビジョン→現実的な目標設定→ビジョン・目標を達成するための戦略→戦略を実現するためのあるべき組織→組織を構成する人材の要件(能力/経験/スキル)」をしっかり連鎖させています。そして最後は適材適
0
カバー画像

キャリア形成に関して

みなさんどうも亀鷹です。今日はタイトルに関して…少し自分の考えを書こうかなと思います。キャリア形成に関して。特に私の場合、中学高校と真面目に勉強をしていた訳でもなく、遊び惚けていた部類です。にも関わらず、「何故自分がしたいことをカタチにしていて、仕事にも繋げることができているのか。」についてお話します。きっかけはほんの些細な日常生活にある。私がキャリアコンサルタントの資格を取得したのは、元々キャリコンみたいな職に就きたいと思ったわけではありません。※私のnoteを見ていただけると、人生の振返りをしているのでどういう生き方をしているのか、その時にどの様な感情を抱いていたのかなど、詳細を書いていますのでそちらをご覧ください。目次に関して、私の原点は「中学校2年生のとある水曜日」でした。何気ない学生生活を送っていたのですが、たまたま出た現代社会の授業で「同い年くらいの黒人女性がごみ箱を漁っている写真」を見ました。その時は「汚いなこいつ」と思うだけでしたが、その日帰宅してアニメを見ようとTVを点けた時にNHKで「サハラ砂漠が南下していきている」という映像が一瞬流れました。その後、小学校3年生から修行している少林寺拳法の練習に行き、講話を聞いたのですが「人は支え合っていかなければならない」という内容でした。「なぜ同じ人間にも関わらず、生まれた場所が違うだけでこんなにも格差があるのか。」これが、今の私がいる原点となります。それから…に関しては、是非noteで私の名前を検索してみてください。笑私が言いたかったことは、何気ない日常生活の中で得ている情報が、未来の自分を創る。「人生の転機」にはド
0
カバー画像

【人事が語る】強いチームと個人をつくるための7つの学び

人事を14年、経営を1年やってきて何を学んだか、学びをまとめてみました。何か一つでも読んでくれた方の参考になったらうれしいです。【目次】1.強い「個人」であるために2.強い「組織」であるために3.強い「人事」であるために1.強い「個人」であるために「自立して、自律する」:どう生きたいかを決める。自分で自分をリードする。:プロになるためには、1万時間の練習が必要。自分が決めたことは続く。他人に決められたことは続かない。「経験に勝る学びなし」:70%は経験から、20%は人から、10%は研修から学ぶ。:コンフォートゾーンを出る。2.強い「組織」であるために「ベクトルを強く太く」:役職員の足並みをそろえる。:ベクトルがそろっているからこそ、意見が違っても、一つになれる。「ここが私の居場所」:ここが好き、ここが自分の居場所と思った時、人は大きな力を発揮する。:エンゲージメントを高める。「開く、混ざる、試す」:同質性は必ず企業を滅ぼす。:特定の勝ちパターンに適応しすぎると、逆に適応力を失う。:新たな状況の出現に備えて、実験を怠らない。:火を見るよりも明らかな実験結果だけが、既存勢力からの抵抗を無力化できる。3.強い「人事」であるために 「人事を経営のボトルネックにしない」:社長より先を読み、質・量ともに足りる人材を先手で揃える。:課長人材ではなく、社長人材をつくる。:いつでも自分が社長をやるくらいのつもりで人事をやる。「人で勝つ」:最大の資産はヒト。:モノ・カネは有限。ヒトは無限。上司・同僚の言葉一つで、ヤル気が変わり、アウトプットは飛躍する。:社員は普通の人。普通の人たちの活力をいかに引
0
カバー画像

書道を経験してよかったこと

書に関する出品をはじめました。自分が書に関することをブログに記してみたいな、と思いました。1) 子どもに書道をさせたほうがいい?私は普段、人事の仕事をしているため、多くの方の入社書類を目を通すことが多いです。また、役所などに提出する書類は、まだまだ手書きが残っているためか、字がキレイということは 少し得をするんだな と、三十路を過ぎたころから考えるようになりました。これからの時代、手書きという文化はさらに衰退していくかもしれませんが完全に手書きゼロの時代が来たら考えが変わるかもしれませんが、当面は息子には字をキレイに書く練習はさせたいな、と思ってます。ちなみにまだ4歳なので、自分の名前が書けるようになるまでにはもうちょっとです。2) 書道の授業は? 私は母が習字の先生をやっており、母の影響で5~15歳ぐらいまで筆で字を書いていました。墨の臭いもきついし、授業が日曜日だったので「テレビを見たいな~」なんて思うこともしばしば。お正月やイベントで書き初めや大きな紙に大きな筆で、いやいやひたすら書いてたと記憶があります。書道の授業はこんな感じです。 学年ごとに決められた文字を書きます。たいてい季節に関係した単語・言葉だった記憶があります。夏だったら「太陽」とか、そんな感じです。低い長テーブルで、座布団の上に子供たちがちょこんと正座して、半紙に書いていきます。各自、ひたすら同じ字を書いて、自分の中でいい字が書けたら先生に見せに行く方式です。たいてい何度もダメだしをもらいに行きます。OKがでたら、赤い墨で ”はなまる” をもらいます。完成した企画書を上司に見せに行って、詰められる雰囲気に似
0