絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

43 件中 1 - 43 件表示
カバー画像

41歳の娘の結婚に反対する母親の話

もう少しだけ、気になった人生相談を取り上げることにします。 少し前のことですが、電話人生相談へのとんでもない相談が話題になったことがあります。 簡単に言うと、「41歳の次女を付き合っている男性と別れさせるにはどうすればいい」との質問です。 その理由というのが、相手の男性が57歳で36歳の娘を筆頭に3人の子を持ち、デート代やお土産代だけでなく、次女が何かをねだると全部買ってくれる上に自分でお弁当まで作って来る。 これは世間の常識ではないから結婚しても上手くいくはずがない。 さらに、夫は77歳で、相手の男性は57歳だから介護の問題になった時に絶対に苦労する。 これに対して、回答者は、別れさせたい理由がネットで知り合った定年間近の子持ちであることを心配しているのなら分かるが、弁当を作って来たり、娘になんでも買い与えていることを問題にしているなら、それは、「女の嫉妬です」と答えました。 相談者は認めません。 その上、彼女は2人を別れさせるために手首を切って自殺しようとまでしています。 なかなか凄いでしょう。 普通だったら祝福すべきなのに、何がなんでも別れさせたいと考える。 これはやはり毒親でしょう。 こうした親の一つの特徴は、必ず「お前のためを思って言うんだよ」といった枕詞を付けることです。 しかし、実際は子供を自分の思うように動かしたいと考えているだけです。 そのためには手段を選ばない。 そして絶対に自分の非を認めません。 この相談のケースも相談者はまったく聞く耳を持たなかったようです。 ついでに、息子の結婚に反対する母親の話をしましょう。 最近は、大事な息子をどこの馬の骨かわからな
0
カバー画像

ヤキモチ

ヤキモチ今回の内容はヤキモチについて書いていきます。 前回嫉妬の話を書きましたが、今回は似たところがあります。 嫉妬もヤキモチも同様に相手の状況や状態から自分の反応が決まるといった受動的な部分があるのです。 また嫉妬とヤキモチを同じ意味で使うこともよくあります。 語源はいくつかあるようですが、妬く気持ちから、ヤキモチとなったという説がしっくりいくように感じます。 嫉妬とヤキモチの違いですが、一言で言えば重さでしょう。 嫉妬は自分より優れた者をうらやみねたむことと自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むことです。恋愛で言えば後者の意味になります。 一方ヤキモチは嫉妬に比べると、可愛げがある表現に使います。 例えば、あなたが次の日曜日に彼氏とデートの約束をしていたとします。 直前になり彼氏から 「仕事が入ったからまた今度な。」 との電話。 思い返してみると・・・ 最近一緒に食事をしていても彼は私の話にうわのそらだし携帯電話を気にしていたな~。 といったことが頭によぎり、彼は浮気をしているのではないかと不安になり彼氏に、 「浮気しているでしょ。」 と問い詰めるようなケースのことです。 この程度で終わるのであれば、ヤキモチですが、これがもっと行き過ぎ相手を恨み憎むことになれば嫉妬に変わっていくのです。 可愛げのあるヤキモチは相手のことが好きだから故、他の人に取られたくないという気持ちが強くなって起こっているのでしょう。 しかしヤキモチを妬く人は、実は自分の心の奥深くに浮気願望があるのです。 ヤキモチを妬かない人は、合コンに誘われて行ったとしても「私には彼がいるから」とその
0
カバー画像

嫉妬

嫉妬今回の内容は嫉妬について書いていきます。 嫉妬の特徴として、「下に見える人(もの)を見て悦に入る」と「上に見える人(もの)を見て反感を抱く」の2パターンがあるそうです。 どちらのパターンも相手がいて、その相手の状況や状態から自分の反応が決まるといった受動的な部分があります。 つまり嫉妬に苦しんでいるという人は自己の確立ができていないのかもしれません。 確かに人と比較するということは大事な一面でもあります。 例えばあなたは自分の顔を鏡で見たことがありますよね。 鏡に映った自分の顔は自分の顔ではありますが、本当の自分の顔ではありません。 鏡を通して見たものになるのです。 姿形であれば視覚的に映すことができるのですが、自分の性格や価値観といった視覚的以外のことは鏡に映すことはできないのです。 そこで自分の性格や価値観を知るために、他の人と比較をするということで改めて自分ということを見つめることができるようになるのです。 集団生活で大事な要素の一つでもありますよね。 人と比較することは自分を知り自己を確立していく上でも大事なことなのですが、嫉妬をすることでそのせっかく大事なことがマイナスになってしまってしまっているのです。 テレビで観た話ですが、ゴルフプレヤーのタイガーウッズ選手をご存知ですよね。 そのタイガーウッズ選手は優勝をかけたプレーオフで相手のパットを外せば優勝だった時、相手がパターを打った瞬間に心の中で「入れ!」と叫んだらしいです。 通常であれば、自分が勝ちたいわけですから「外せ!」と思いますよね。 そこで「外せ!」と考えてしまえば、その瞬間から「自分がマイナスの闘いを始
0
カバー画像

他人から嫉妬されるのは、実は幸せなこと?!

◇ あなたが街で、肩をぶつけられたら...。あなたが街を歩いてて、すれ違い様に肩をぶつけられたとします。その時、どんなリアクションになるでしょうか?「そんなの、文句言うに決まってるでしょ!」と怒る人がほとんどかもしれません。「やり返す!」という人もいるかもしれません。でも私は「嫉妬されてる!」と感じてしまうのです。勢いで倒れたり、アザになるくらいの強い痛みはイヤですけど、それほどの痛みでなければ「やった!」と感じるのです。別に私がドMだからという訳ではありません。こういう出来事はいわゆる「嫉妬」だと思うのです。どんな人でも嫉妬をしたことがあるはずです。私自身も嫉妬した経験はたくさんあります。その時のことを考えてみるとわかると思いますが「自分より評価されてて腹立つ!」とか「なんでアイツだけ上手くいってるんだよ!」という気持ちから、嫉妬の感情というのは生まれるのです。ということは、他人から敵意や嫉妬の感情を持たれるというのは、あなたのことを評価しているということなのです
0 500円
カバー画像

彼を縛る女性、彼を罠にかける女性

かなり前のことですが、ある女優が作った婚前契約書が話題になったことがあります。 その内容というのが、かなりとんでもないんですね。 ほんの一部だけ紹介しましょう。 「仕事と関係ないのに、女性とメールアドレスを交換したら離婚」 「トイレに行くたびに、必ずメール」「『愛の言葉』はメールの場合、コピー&ペーストしてはならず、ゼロから文字を打ち込む」こんな感じです。 もっと沢山あるんですが、大体お分かりになると思います。 自分勝手の極みとしか言えませんが、こんなことをする人は相手にしてもらうことばかり考えて、してあげることを考えないんですね。 大体、人の心をこんな契約なんかで縛ることができる思っているんでしょうか。 仮に契約で従わせたところで、そんなものは愛情とは言えません。 この女優は、この契約書を相手に見せる前にフラれてしまったと言っていましたが、当たり前でしょう。 しかし、ここまで酷くなくとも男性にいろいろの要求をする女性は結構います。 たとえば、ある女性は、一緒にいる時に、彼が他の女性を見たら、それだけで浮気だと主張していました。 馬鹿ですねえ。 男性が素敵な女性を見るのは自然な行動で、本能です。 言ってみれば、女性が可愛い猫を見るのと変わりません。 そんなことに焼き餅を焼いていたら、うざいと思われるだけです。 こんなことが積み重なって彼の心が冷えることは、覚えておいたほうがいいでしょう。 うざい女性で思い出しましたが、インターネットのサイトにある女性が彼氏を罠にかけた話が書いてありました。 簡単に言うと彼氏が浮気をしないか確かめるために、自分の女友達に頼んで食事に誘ってもらった
0
カバー画像

ん?!これって毒親? ⑤ 『大人になるのが許せない』

~心理カウンセラー セルフリスペクト~ 今回も、毒親のタイプについて考えてみましょう。 1. 攻撃型押しつけタイプ・・・「子どもの人生は私のもの」2. 過保護・過干渉タイプ・・・「あなたのため」3. 嫉妬タイプ・・・「大人になるのが許せない」4. 自己愛タイプ・・・「私のことが最優先」5. 隠れ自己愛タイプ・・・「私はなんて可哀そう」6. ネグレクト・無関心タイプ・・・「育児放棄」 7. 虐待タイプ・・・「子どもは奴隷・所有物」 8. 精神疾患や障害をかかえるタイプ 以上のタイプがあるかと思います。 あなたの毒親は、どのタイプですか?今回は、『嫉妬タイプ』 についてお話しましょう。 このタイプのキーワードは、「大人になるのが許せない」です。 (毒親の特徴) ●このタイプの親は女性に多く、娘の女性的な部分に対して嫉妬します。 ●娘の身体的・性的な成長や恋愛などの精神的な成長に対して、娘の自尊心を傷つける言動をします。 例えば、「色気づいて、このふしだら娘」など。 ●娘が成長し大人の女性に変貌していく