絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

宅建試験と夫婦愛のドラマ

宅建士、国家資格である宅地建物取引士になるための資格試験は年に1回、通常は10月の第3日曜日に行われます。今年の宅建試験は 10月17日(日)13時~15時(2時間)となりました。 あと、40日を切りました。きっと、受験なさる方は今頃猛勉強中でしょう! そう思っていたら、 昨夜と言うべきか今朝と言うべきか 01:36に ココナラで販売中の「宅建」合格法が売れたという知らせが入ったのです。 試験日迄39日、まさか、こんなに押し迫って、今から教材を購入する人はいないでしょう。そう思っていたので、はじめは「まさか!」と思いました。でも確かに売れています。 そして、トークルームに購入様からのメッセが入りました。 そのメッセを読んだ私は驚きました。 なんと、 ~~~~~ 旦那が宅地建物取引士の試験目指して頑張っています。 忙しい仕事の合間の寸暇を惜しんで1年間必死に努力している姿をずっと見てきました。 今年こそは!と意気込んでいる姿を見るにつけ、何か私に手伝えることはないのかと考えている時この教材を見つけました! よろしくお願い致します。 ~~~~~ と、書かれていたのです。 購入なさったのは受験するご本人ではなく、 奥様だったのです。 そして、1年間も勉強も頑張っておられたとのことですから、 参考書など、いろいろとお持ちのことでしょう。 それなのに、なんとか、努力するご主人の力になりたいと 私の教材をご購入くださった奥様のご主人に対する深い愛。私の目の前には、美しい夫婦愛のドラマが繰り広げられていました。私の教材がこのお二人のドラマの小道具の1つになるなんて、 何と素晴らしいことでしょ
0
カバー画像

宅建 勉強方法 (権利関係)

前のブログでは ”宅建業法” の勉強の仕方を簡単に説明してます!宅建は最初に配点が多い、業法を勉強してくださいね!!次に勉強するのは ”権利関係” です。ここは民法の理解力を問う問題で、あまり法関係の理解力が得意ではない人は、先に【法令上の制限】を勉強してください。ここのお勧めの勉強方法は動画(YouTube、DVD)での流し聞きです。特に私が聞いていたのは「宅建みやざき塾」です。YouTubeで調べればすぐに出てくるのでぜひ一度見てみてください!DVDは会社で購入してもらいそれをひたすら聞いていました。全3回ほど全体を聞き、過去問に取り組みました。権利関係はテキストの全体読みは必要なく、(読んでもおそらくだいたいは理解できない)何となく理解できてくるまで流し聞きをしてください。流し聞きしても当時不動産会社で勤めていた僕でも内容を理解するのは2回目以降じゃないとわかりませんでした。1回じゃわからないのは当たり前なので、1度聞いてわからないやと諦めるのをやめてください。何度も聞き流しをしていれば自然と民法の内容を理解できます。ただもう一度言いますが、記憶が得意な方は、権利関係より法令上の制限を先に勉強してください。
0
カバー画像

宅建 お勧め勉強法!

まずは試験の配点を見てましょう。今から戦う敵である”宅建”の中身を知らない限り進めません。【宅建配点】権利関係 14問宅建業法 20問法令上の制限 8問税金その他 8問合計50点 (合格点35~38点)配点を見てもらってもわかりますが、最初は宅建業法を重点的やりましょう。配点率が高いところからやるのが一番良いのは誰が考えてもわかるところでしょう。【宅建業法の勉強方法】 記憶力と日本語理解力が必要!最初はテキスト本を買い、全体の流れを頭に入れましょう。この際重要なのは、すべてを理解することは難しいので、全体像を何となく理解できるぐらいの理解力でいいと思います。ここで時間を使うのはもったいないです。テキストは最初に1度読みその後は問題を解くことに集中してください!お勧めのテキストなどは相談を送ってくれれば送ります!全体像を掴めたら、ひたすら過去問を解いてください。ここはテキストを買ってもいいですし、Googleで検索すれば過去問が出てきます。アプリでも無料で過去問が解けるものが多いです。宅建業法の過去問を解く→間違ったところをテキスト読み返す宅建業法の過去問を解く→間違ったところをテキスト読み返す宅建業法の過去問を解く→間違ったところをテキスト読み返す過去問はGoogleで検索、アプリで無料のものがいくらでもあります。これをずっと繰り返し、常時17点18点取れるようになれば次にいっていいと思います。約1ヵ月でこの水準になればベスト。【宅建業法特徴】記憶力が勝負一度問題を解いてもらえればわかりませんが、日本語を複雑にして、間違えさそうとさせる問題ばかり。何問も解いていると間違えさそう
0
カバー画像

宅建の受験を考えている方。ここから勝負の期間です!頑張りましょう!

不動産業界で働くには必須の資格 宅建今週末で申込みも終わり、本格的に勉強していかないといけない時期です!お盆も計画的に勉強してください!戦略的に勉強をしていれば今からでも全然合格は目指せます!1年に1度しかない宅建の試験。また来年同じ試験を受けるのは考えたくもないでしょう。だからこそ、今こそ自分の中でルールを作って、自己規律を守り勉強を続けてください!平日は1時間半土日のどっちかはカフェにこもって5時間は勉強するなど1回で合格するためのルールを決めて進めてください。その上でこのブログでは、社会人として働きながらも合格した私の勉強法を教えます。また合格してから会社で6年、宅建の勉強を教える係になっています。(これはあまりやりたくない仕事ですが。笑)だからこそ今この時期にどれくらい点数を取っていれば合格するな、などの感覚はわかってます。独学でどれくらいやればいいかわからない人は、参考にしてもらえればと思います。次回以降私が実践していた勉強法を教えます!
0
カバー画像

幸せなマイホーム購入を実現するために

 はじめまして!【現役銀行員】兼【ファイナンシャルプランナー】のジェントル★ラビットと申します^^ 私のサービスでは、【全くの初心者が1から家探しを始めて、満足する住宅購入ができるまでをサポートする】をコンセプトにお届けします✨ 私のサービスを検討して頂いている方は、是非ご覧ください(^^) 住宅は人生で一番高い買い物私は以前、金融機関の【住宅ローン借換の専門部署】で働いていました。 借換の現場で多くのお客様と接する中で、気付いたことは【住宅ローンで後悔している方が本当に多い】ということです。 ✔️もっと金利が安いとこがあったのに・・・ ✔️この情報を住宅を買うときに知っておけばよかった・・・ 主な原因は【情報不足】です。 住宅購入は想像以上に忙しいです。 業者とのやりとりの中で、考えないといけない、決めないといけないことがたくさんあり、時間がいくらあっても足りません。 その中で、慣れない【住宅ローン】について業者に提携ローンを薦められ、多くの方は『なんとなく簡単だから』という理由で決断します。 業者が楽をするために決めたその住宅ローンは、本当にあなたに合っているのでしょうか? 仮に、3500万円の住宅を35年で住宅ローンを組むとき、金利1%と0.5%でどれくらい差が出ると思いますか? 🔴金利1.0%だと利息650万円 🔴金利0.5%だと利息316万円 たった0.5%でも300万円以上違いが出ます。 住宅ローンを学ぶ費用対効果は絶大です。 初めから計画を立てて情報を集めておけば、業者に振り回されることなく納得して進めることができます。 私の出品しているサービスでは、私がファイナ
0
カバー画像

不動産の創造 スマートテントハウス

環境国家となる日本、2021年3000兆円とも言われる環境投資が始まろうとしている。今後、環境不動産が促進されていくであろう。その第一弾、長期居住性を追求した太陽光発電やネット環境等を付帯設備としたスマートテントハウス構築中である。利用価値は非常に良い。セカンドハウス、アウトドア、テレワーク移住、秘密基地、新たな本宅移住生活、田舎暮らしなど 土地は空き地を無償譲渡(贈与契約にならないよう実質0円)にて入手。但し、テレワークで利用するときはインターネット利用電波受信可能な立地場所でなければならない。 Wi‐Fiさえあれば働ける人が増えている今、車中・テントで仕事をする人、なんだったら、そのまま車中やテントで暮らそうという人が出てきても不思議はない  スマートテントハウスは建築基準法上の建築確認は不要であるので、都市計画区域内の市街化区域・市街化調整区域・都市計画区域外問わず土地を選択できる。 テントという工作物ということで、ひとりですべてハウス構築でき、現場でテント住まいで楽しみながら捗どっている。スマートテントハウス構築費は20万円前後から30万前後の低費用で構築できるように設計している。尚、随時、新たに再構築もできる 一番の課題解決は、防犯・台風・防寒対応設置である。その課題を考察しながら進行中。  ・・・・・・・次回につづくはてなブログに投稿された「#新生活が捗る逸品」から優秀賞作品を発表! - 週刊はてなブログ    題目「不動産の創造 スマートテントハウス」投稿記事が『ウェルカムバック部門』に当選
0
カバー画像

宅地建物取引業法第35条の2の規定ってなに?

不動産を購入するときは、契約を締結する前に取引に関する事項や国土交通省令・内閣府令等で定める説明事項といった重要な事項を宅地建物取引業法に基づき宅地建物取引士から重要事項説明を受けることになります。 その重要事項説明書の冒頭には、「下記の不動産について、宅地建物取引業法第35条・同法第35条の2の規定に基づき、次のとおり説明します。この内容は重要ですから、十分理解されるようお願いします。」と書かれているのですが、この「同法第35条の2の規定」が何のこと指すの