絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

195 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

占い師さん、スピリチュアル系の方の為の集客方法【Kindle 本出版編】

こんばんは、占い師、スピリチュアル専門デザイナーの平井佳奈子です。前回は、イベント運用について話しましたので、今日は、Kindle(本出版)からの集客方法について話していきたいと思います。この記事は、占い師さんやスピリチュアルで活動されている方の、参考になればと思い記事を書いていきます。Kindle出版と聞くと、何だかハードルが高いように思えますが、Kindle出版は電子書籍として意外と簡単に配信できるようで、占い師が自身の経験や知識をまとめたものを出版することは、多くの人に手に取ってもらえて、ターゲットに役立つ情報を与えるので支持率や知名度も上がるので、注目されてる集客方法といわれてます。出版に向けて大事な事✅自分の経験や知識をわかりやすくまとめること。✅本の内容や表紙、タイトルなどもアピールポイントなのでしっかり決めること。✅noteやブログなどで記事を書くことに慣れること✅知識や経験を積み重ねる◉kindle出版のメリット✅誰でも手軽に始められる、出版費用がほとんどかからない✅印税収入が入ってくる✅SNSを使って広めることができる◉kindle出版のデメリット✅多くの本が出版されているので売れない可能性もある✅人によるが、評価などでモチベーションが左右されることも✅紙として手元に残らないどちらにせよ、本を出版するには、経験と知識が必要ですね。経験や知識がある程度ついてきた人やSNSでの拡散力がついている人には、おすすめの集客方法といえるとおもいます。最後に私のサービスでは・・今回話した電子書籍のカバーやSNSの投稿画像も制作しておりますので、よかったら覗いてみてくださいね
0
カバー画像

商業出版があなたにもたらすメリット

お世話になっているコンサルタントの方から「商業出版したい」という相談を受けています。とはいえ、この方はコンサルをテーマにしたビジネス書を10冊以上、商業出版しているのです。スポーツと同じでコーチがついてマンツーマンでやらないと得られないことが多すぎるのが商業出版です。この方は新たなサービスでの商業出版をねらっていて、今までのテーマと違うことへの解決方法を求めています。そこで私に相談というわけです。ごく一部の超売れっ子著者以外は印税で儲けようと思っても無理なのが今の出版業界の真実です。耳障りの良いことばかり言う出版プロデューサーは実際を知らないことを自慢げに話しているようにしか私には思えません。まだまだ紙の商業出版の信用度は高く、たとえ印税が少ない、さらにはプロデュース料を出版プロデューサーに払って商業出版を実現させるなんてことは珍しくも何ともありません。「自分のノウハウを何で金まで払って出すのか」と思う人もいるでしょう。その人が10万人以上のフォロワーがいれば出版社からオファーが来ると思います。そうでないなら、前述のような考えを変えなければ永久に浮上の可能性はないです。商業出版で得た信用は意外な波及効果をもたらすことも多々あります。経営者であれば地域の財界を中心に自分より立場がある経営者と親しくなれたり、講演依頼が舞い込んだり。今回のコンサルタントの方も新サービスをテーマにした商業出版を実現させて新規クライアントが増加すれば投資回収はあっという間です。商業出版を実現する理由を明確にする必要があります。
0
カバー画像

プロを目指す小説講座 その2.自分の個性を知り、弱みを克服する

第一回目は「自分の強みを見つける」ということで、記事を書きました。 最初はこちらから読んでいただいたほうが、 理解が深まるかと思います。 第二回目は「自分の個性を知り、弱みを克服する」です。「弱みを知る」ことは、実は自分自身の個性を知ることでもあります。 第一回目の最後にもちょっと書きましたが、 「強み」の裏には、「弱み」があります。 実は、「強み」と「弱み」はセットなんです。 「強み」を知り、自分自身の「よいところ」を 最大限に活かしていく、ということは、もちろん 大事なことなのですが、実はそれ以上に、 弱みを知り克服する、ということは大切だったりします。 特にプロを目指す方、投稿でなんとか賞を獲りたい方にとっては必須です。 長年、投稿しているけど芽が出ないとか、 同人誌を発行していても読者が増えない、 なんて人は、自分自身の「弱み」に着目してみる必要があります。 「長所だけ着目して、伸ばせばいい」とか、 「よいところだけ見るようにしよう」とか、口当たりのよいことを言いたい気持ちはあるのですが、投稿作を読んでいると、実際はほとんどの原稿が、「短所をどうにかすれば、ブレイクスルーしそうだな」 というところがあります。 つまり弱みを知っている人と、知らない人とでは、 書き方に雲泥の差が出る、ということです。 そしてそれは、投稿作でなくても、よりよい小説、 面白い小説、読者の心に残る小説を書くためにも、大切なことです。 あなたは、自分の作品の弱点、弱みを知っていますか? ひいては、自分自身の作品の「個性」を明確にわかっていますか? 知った上で書いているのなら、ぐんぐん上達していける
0 500円
カバー画像

編集部からのニュースリリース001:4000兆円文庫のサービス紹介

まずオチと概要・編集/校閲/書籍化のプロを集めた編集サービスです。・きちんと現場歴のある人間が編集責任を負うレーベルだから、クオリティを保証できます。・値段が高い、ISBNってなに、なんで保証できるか、はまとめて要約回答すると出版業界長いことやってて、大手よりも安いけどプロが請けて世界中にOKされる書籍実績に出来る本が出せますよ、という品質保証込みの値段だから。・サービス内容は様々ですけど、気軽なものから重厚な作業まで請けられるので、まずは相談してみて。分かるから。・以下にはその内容があるので気になったら続きどうぞ。メッチャ自由な出版の手段の中で、弊編集部がやれること大小出版がある2024年、出版は自由な形を選べるようになっています。個人ですべて完結される方、レーベルを立ち上げる方、賞レースに参加される方などなど、その方向性も可能性も無数にあります。で、弊社というか私が編集サービスをスタートした理由は、「きちんといい仕事をするかどうか」だけでなく「編集するときは責任を持つものだよ」も込みで、サービス提供したいからです。来歴にも書きましたが、雑誌や書籍、web、創作系と資料系、記事系など色んなジャンルの文字/画像を扱う書籍コンテンツを実際にやっているので、それに応じたサービスが提供できれば、クオリティを担保できるなと。責任編集、編集責任という言葉は両方意味合いが違うのですが、これをちゃんと掲げているサービスが多数ではないな、ということで、プロですと言えるクオリティを約束できますし、校閲を経て出版したからには編集部がそれをOKしたので、きちんと問題があった場合、リカバリーなり対応し
0
カバー画像

本を出しました!2冊目は発達障害についてを予定しています。

タイトルのとおり、このたび本を出版いたしました。といってもkindle unlimitedでご自由に読んでくださいというぐらいのノリの本ではあるんですが…。あ、写真が横向きで見づらくてすみません。なぜ医療職である僕がJリーグの本を出したかというと…Jリーグの楽しさを多くの方に知ってもらいたい、というのはもちろんなのですがもう一つ理由があります。このあとに、本当に出版したい本が控えているからです。言い方は悪いかもですが、デビュー作は練習を兼ねて作らせて頂いたというのが正直なところです。あ、ちゃんと中身は全力で書いております!二冊目に予定している本命ですが、こちらは発達障害、グレーゾーンと呼ばれるお子さんを主な対象とした関わり方についての本となります。もともと、いつか僕の臨床の考えを本にしてみたいという思いはあったのですが、どうしても抵抗がありました…それは本の場合、出し手の意見が一方的になってしまうからです。僕の伝え方に問題があったり、そのお子さんや保護者の方には適さない考え方があったりした場合でも本ではフォローのしようがありません。ところが、このたびココナラというサービスと出会いました。本を読んで、疑問やさらに相談したいことがあれば作者である僕に直接連絡がとれる環境を見つけたのです。僕は専門職として、その保護者の方自身やお子さん自身と個別に、その方に適した情報を、適した言葉でお伝えしたいという思いがあります。これは本やyoutubeの動画などではできないことです。そして僕たち専門職の存在意義でもあると思っています。本をきっかけに、本ではできない相互のやりとりができれば本望と思い
0
カバー画像

【校正校閲ことのわ 実績紹介】その4

校正校閲ことのわが手がけた校正実績を紹介しております。 今回は2023.12.31にリリースされたkindle書籍のご紹介です!ぜひご興味があれば下記URLをコピーペーストしてお読みいただけるとうれしいです。 また、書籍などの文章校正にご興味のあるかたはメッセージより、ご相談くださいませ。著者:ライフコーチング ラング めぐみ 氏 タイトル:ドイツの中学校で働いてみた Ⅰ 基幹学校編 媒体:電子書籍/オンデマンド印刷(amazon kindle)販売URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B0CQLFJSBT?ref_=pe_93986420_775043100◎本の魅力や裏話をちょっぴりご紹介!!(販売サイトの書籍紹介を引用します) -------- ドイツの学校で教育支援スタッフとして働く著者の2冊目の作品が出来ました。 保育園で働いた経験に続いて、著者が3年間働いたドイツの中学校の様子をまとめました。 ドイツにおけるインクルーシブ教育の現在の一例がわかります。--------ドイツの教育については、日本との制度上の違いも大きく、短い各項を読み進めるなかで理解が深まりました。タイトルにある「基幹学校」というのが日本での中学校に該当し、その教育の全体像から教育支援の現場まで知識が得られる本です。個人的には職業制度として知られるドイツ発祥の「マイスター制度」のイメージから、どのような教育で伝統や文化、職業を守っていくのかに興味がありました。子ども時代にどんな教科を学び、どんな生活をされて成長していくのかという点が詳らかに書かれているので、たとえばこれ
0
カバー画像

イラストの値段

これはあくまでも個人的な見解だということを前置きさせていただいた上で、実際のところどんなもんなんだと、そんな話をしようと思います。現場だと、すっごいざっくりと大きさは紙面で5cm角程度のカット1点¥3,000〜といったところです。記事の内容であるとかを反映したもの。専門的知識が必要であるとか、細かい作業が必要だとかだと内容に応じて若干の上下があります。簡単なアイコンであるとかだと単価は下がったりもします。それより大きなもの、15cm角程度となると¥6,000〜といったところでしょうか。内容もやや複雑になったり、要素が増えたりしますね。紙面いっぱい使うものだと¥15,000〜くらい。こういった金額は媒体や印刷する数量によっても違ってきます。例えば同じ紙面いっぱいに使うものでも、中面に使うのか表紙なのかでも金額は違ってきます。それは重要度の違いで、本の表紙などだと¥50,000〜といったところでしょうか。これらはかなりざっくりした見積もりですが、中面に使われるイラストと表紙になるイラストでは、それを描く下準備が違ってくるのが想像できるかと思います。中面ならその特集であるとかのひとかたまりを理解しなければいけないのに対して、表紙となると本全体、出版社の意図を意識しないといけません。同じ表紙でもパンフレットや機関紙などは通常の金額になることが多いです。広告業界と出版業界でも若干の違いがあります。広告は一度の発注で描くイラストの点数は多くはありませんが、書籍などだと少なくても数十、多ければ百を超えます。よって書籍だとロット扱いになることもあり、単価が若干安くなることもあります。また出版社
0
カバー画像

企画書の書き方 7 類書(売れているもの)

自分が書きたいことを読者ターゲット無視して本にしたい。 そう考える人は商業出版ではなく自費出版、同人誌の世界で行ってください。 今、私の原稿を読んでいる人は商業出版、つまり全国の書店で流通する本を出したい人のはずですよね。 あるいはkindleで電子書籍化を目指す人ですよね。 それもベストセラーとなって多くの人から注目されたいと思っているでしょう。 ここで大事なのは類書の調査です。 類書とは、自分が出そうとしているジャンル、テーマで書店で同じコーナー(棚といいます)に置かれている本のことです。 ここで大事なのは売れていない本を参考にしても意味がないということです。 売れている本を見つけて、それに付加価値をつけて、あなたの本を出せば売れそうな気がしませんか? これが類書を調べて、自分の本に生かすテクニックのひとつです。 紙の本でも電子書籍でも考え方は同じです。 売れている本はどれかを一般の人が調べる方法は、 ・紙の本であれば奥付(最後のページ。発行元や注意事項が書いてあるページです)の、「202〇年〇月〇日 第1刷発行」という記述がある下に202〇年〇月〇日 第6刷発行」とかあれば、売れていて重版(増刷)がかかって部数を伸ばしている証拠なので売れている本といえる ・Amazon総合ランキングが安定して2桁、少なくとも5000位内をキープ(ここが重要)している まずは、この2点の調査から始めましょう。 ※この項目は次回に続きます
0
カバー画像

「本を出したいけれど、何をしたらいいの?」とモヤっとした方へ

本を出したい人から相談を受けるときに頻繁に起きる話があります。 十分なキャリアと実績があるのですが、「講演会や集まりで話すのは得意なんですが、本の構成を考えるとなると何から始めていいのか、さっぱりわからない」という相談をよく受けます。 プロの編集者でも難関ともいえる部分ですので無理もないです。 少し前に、治療院を経営している方から相談を受けました。 「スマホから出る電磁波は人体に相当な悪影響を及ぼして健康にかかわる」という自説を商業出版したいという相談でした。 企画書の構成を読むと論文そのものという印象です。ちょっとこのままでは読む人はいるのだろうか?と思わざるを得ません。 ご本人とじっくり話してコンサルしていると、「寝るときにスマホにアラーム設定して枕の横に置いていませんんか?」と問いかけられました。 私はまさにやっていたので答えると、「絶対にそれ、やってはダメなんですよ!」と教えてくれました。 私が企画を考えるときに常に意識する「今の社会の動き、流行りとマッチしているか」に合致しているとピンときました。 「それ、メインテーマにしましょう。そういう人はうじゃうじゃいると思いませんか?」と言ったら、「目からうろこが落ちました」と納得してもらえました。 そうなると、論文が一般書に変わります。 『寝るときにスマホをベッドの横に置いてはいけない』(主婦の友社) というタイトルで商業出版して話題書となりました。 ・自分に知識やキャリア、知見があって書けること と ・それを知りたい人はどんな人か? 何を教えれば喜んでもらえるか? と ・それは今の日本で話題になっているか? なるようにどう
0
カバー画像

講評ってどんなもの? その2

ココナラに出品しているサービスの「講評」について、前回に引き続き、具体例を出しつつ解説します。 小説の講評サービスは、基本的には、 「全体的な講評」「よい点」「改善点」 「修正アドバイス」に分けて講評しています。 一番大切な部分は「改善点」だと思うのですが、ここはかなり具体的に 書いてしまっているので、ちょっと抜き出すのが難しく、今回は大まかな修正アドバイスを重点的にお送りします。実際の「改善点」は、ページ数なども入れて、 どこをどのように直すべきか、もっと詳細にお伝えしています。 講評のほんの一部だけを抜粋でお送りします。 抜粋は、同じ方の作品ではなく、いろいろな方の講評から抜粋しております。 (※購入者の了承済み) <全体的な講評の具体例1> 設定やキャラクター、書こうとしているテーマや題材は、 BLの王道であり、読者受けしやすい、素晴らしいものだと思いました。 また、ストーリーも起承転結がしっかりしており、中編という短さの中で、 過不足なくエピソードが盛り込まれ、物語の展開も上手だと思いました。 特に山場の作り方が上手で、後半の怒濤の展開は見事だと感じました。 では、投稿して賞を獲るためには、何が足りなかったか。 それは作品全体の掘り下げだと思いました。 筆力、と言うこともできるのですが、物語自体のストーリーや設定は面白そうなのですが、 読後感は全体に浅い印象が残りました。 作品全体が淡々とした印象で、情感たっぷりな部分が少なく、 恋愛小説としても、主人公の成長物語としても、若干、物足りなさを感じました。 中編なので、あまり掘り下げすぎても長くなってしまうのですが、 それ
0
カバー画像

「制限」が面白さを作る

小説は人生と同じ。「制限」があるほど、燃え上がるんです。 小説における「制限」は、面白さを生み出します。 どういうことかというと、例えば恋愛でいうところの 「ロミジュリ効果」のようなものです。 普通の男女が好き合って、一緒になりました。 二人はとっても仲良し。終わり。 では、つまらないですよね? 惹かれ合う二人なのに、何らかの事情で、 一緒になることが許されない、 逢瀬を重ねることができない……のだとしたら、 そこに「制限」が生まれ、それが「恋愛の盛り上がり」を生み出します。 主人公はサッカーが大好き。 誰よりも練習して、プロサッカー選手になりました。終わり。 ……まぁ、その「練習」という部分に、どんな苦しいものが 入っていたのか、というドラマ性はありますが、 やはりこれでは物語として普通です。 でも、サッカー選手になるべく誰よりも練習を 積み重ねてきたのに、不治の病に犯されていたとしたら、どうでしょうか。 余命1年、それでもサッカー選手を目指していたら? ある時、異世界に飛んで、国を建国しなくてはならなくなった。 大変だったけど、なんとか建国できました。終わり。 今はやりの異世界転生ファンタジーでも、「大変だったけど」 の部分にドラマはあると思いますが、 その建国、30日以内にしないと、自分が死ぬとしたら? 建国すると、異世界で暮らすか、元の世界に戻るか選べるとしたら? ……このように、小説の物語や登場人物に制限を設けることで、 ストーリーに緊張感やリアリティを与えることができます。 その制限を乗り越えるための努力や、 その中での人間関係や感情の描写が、物語に深みを加えてくれ
0
カバー画像

【校正校閲ことのわ 実績紹介】その1

ココナラにて、校正校閲ことのわが手がけた校正実績はポートフォリオにて公開しておりましたが、ブログでも同時にご案内することとしました!第一弾は、昨年校正した案件です。書店流通されるとのことなので、ぜひご興味があればお手に取っていただけるとうれしいです!また、書籍などの文章校正にご興味のあるかたはいつでもメッセージより お問合せくださいませ。 著者:りゅうこころ氏(心理学士・小説家・会社経営者) タイトル:きみのとなり 媒体:単行本(書店流通) ◎本の魅力や裏話をちょっぴりご紹介!! デリケートなテーマをとても爽やかに、彼女たちの夢へ向かうエネルギーとともに描いています。昨年作業した原稿なのですが、素晴らしい物語が日の目をみるときを迎えて、祝福のきもちでいっぱいです! 校正作業として実施したことは、  ・物語の方向性や矛盾のチェック  ・差別的ニュアンスが含まれていないか  ・当事者への確認作業を踏まえた反映 など、少し混み入った内容となりました。 文字校正と併行してさらなるブラッシュアップで質を高められるよう注力したため、印象深い案件です。読者としての感想は、性的マイノリティのお話ではありますが、めまぐるしい展開の青春小説として、次を楽しみにわくわくしながらページをついめくってしまうテンポの良い作品だと思っております。優しい視点があふれている作品なので、まったくドロドロしていません。 LGBTQを支える立場(=アライというそうです。恥ずかしながら最近まで知りませんでした。)である著者のクラファンは9/1開始です。 ご活躍がうれしく、陰ながら応援しております!! 発売日:2023年
0
カバー画像

5時間4万文字の声配信をAIで書籍化したらどれだけかかる?

平均10分を30本、300分の5時間分、4万文字を電子書籍化した実績公開!前にKindle読み放題+stand.fmによる感想配信が最強習慣だと言った。理由は、声はAIでそのままnote有料記事や動画化、書籍化で簡単に大量にマネタイズができるようになったからである。それは、2023年7月中旬に起きた革命である。気づいた賢いものは、chatGPT等のAIに触れて自分の「過去の資産」をどのように「不労所得」に変えるのか調べて行動する。気づいたけど忙しいものは、家族や仕事を優先して、余った時間の副業として数年後に結果が出て開花する。本気で動けるものは、今までの習慣や生活を全て捨てて、新しいことを優先に拾い直して全力で行動して失敗し続ける。この中でどれがこのAI革命の混乱を起きの来れるだろうか?という脅しを入れた後に、今月依頼を受けた「AIによる声から電子書籍化」の実績を語る。まず入力の素材。5分から15分の音声データずらーっと30個。KoeMillというWhisper系の無料文字起こしアプリを使って全部変換する。1つはおおよそ5分、グラボが悪い昔のPCでも10分ちょいで終わる。5分x30=150分。このKoeMillの良い所は、ただの文字化だけではなく、SRTの字幕ファイルであることだ。これにより、そのままYoutube動画に追加したり、PremiereProの動画編集でテロップ取り込が簡単にできるため、とても時短になる。もちろん、声の字幕=ミリ秒単位の範囲指定をなくした、単純文字だけ出力も可能だ。イメージ、ペイントソフトのレイヤー色々データと、1つにまとめたjpg画像みたいなものだ
0
カバー画像

【教養としての読書】岡倉天心「茶の本」①

大企業産業医、かつ内科専門医のココナラドクターです。 今回は茶道家の友人から勧められた「茶の本」をご紹介。【特徴】◎約100年前に、ニューヨークで”The book of tea"の名前で出版◎明治時代、美術運動の指導課・思想家である岡倉天心の著書◎日本文化の原点は、茶にあると説いた◎茶道の作法を説いた本ではない【おいたち】幕末に横浜で生まれた父の岡倉覚右衛門は外国人相手に生糸を売っていた商人であった6歳よりアメリカ人の先生が英語を教え、日本で最初のバイリンガルになる14歳で東京大学へ入学、アーネスト・フェノロサ教授に出会うフェノロサと奈良・京都の寺院を訪れた際、僧侶はおらず、仏像が破壊されていて、言葉を失う明治初期、天皇中心の社会では廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の方針で神道が正しく、仏像は破壊の対象となっていた大学卒業後、文部省に就職した際、政府に仏像復興計画を提案さらに東京芸術学校(現在の東京藝術大学)を設立日本芸術の保護だけでなく、横山大観や菱田春草など芸術家の育成に努めた当時の日本は脱亜入欧を目指し、西洋化が進んでいたため、天心は反発にあい、校長を辞することになる1904年、ボストン美術館の顧問に就任、東洋の美術品の収集に励んだ日本はそのころ日露戦争で勝利し、新渡戸稲造の武士道のヒットもあって日本は強い国であるイメージが定着したが「戦争に勝ったことだけで、文明国とされるのは腑に落ちない」と感じ、日本の平和的な文化を世界に広めようと”The book of tea"を出版した
0
カバー画像

The Miniature animal world_06

1998_F5_ill_cra_am_06 Animal world-Open close sign デジタルアート#06_かば動物の世界 オープン クローズ用 店舗サインのため制作したイラストです。こんにちは、わさびです。 今回は、かばのイラストを使ったカフェ/レストラン/雑貨屋さんで利用できるオープン クローズ 店舗用サイン看板です。こちらは、子供教材を取り扱っている出版関係の方からのリクエスト、数字を食べるカバのウエルカムボードです。【コンテンツ】 オープン/クローズ用 店舗 ロゴマーク、オリジナルサイン&コピーを入れてリバーシブルで使えるサインです。 イラスト製作、サインデザイン、コピー製作を合わせて製作いたしました。 オープン/クローズ用 店舗サインは、お客様に喜んでいただけるよう、お店の雰囲気、テーマ、コンセプトに合わせたウエルカムボードを製作できます。 つづく------------------------------------------------------------■ タイトル[The Miniature animal world] ■ イラストの種類は計12点 ■ イラスト / PC・Adobe Photoshop制作 ■ サイズ / 2000pixel×1600pixel 72dpi pixel/inch
0
カバー画像

はじめまして 出版の事なら何でも聞いてください

・自費出版ではなく書店に並ぶ商業出版がしたいけれど相談する人がいない ・出版デビューしたら自分はどうなるのか? 何を得るのか?を知りたい ・どうしたら出版デビューできるのか? ・出版をきっかけにブレイクしたい、自分ブランドを構築したい このようなモヤモヤを抱えている方は、ぜひ私にご相談ください。 私は、1992年に㈱講談社に入社し雑誌広告営業を中心に活躍。その後、㈱主婦の友社へ転職し女性向けファッション誌2誌で副編集長を歴任。 その後、書籍編集部へ異動し20年間で約300冊の書籍・ムックを編集しベストセラーも多数。編集長も歴任しています。同社退社後も編集者として活動中です。 私が編集した書籍がデビュー本で、その後に各方面で大活躍した著者も多数います。 ビジネス・自己啓発、占い、スピリチュアル、翻訳書全般、健康医学、趣味実用、生活実用、ドキュメンタリー(アントニオ猪木さんの闘病番組の書籍化など)、タレントエッセイ(高田純次さん、ジャガー横田さん、蝶野正洋さんなど多数)、心理学、筋トレ・ストレッチ、携帯小説、投資、LGBT、政治、サブカルチャー…。コミックと純文学以外はほぼすべてのジャンルで書籍編集経験があります。 ココナラでの同様のサービス出品者様とは経験、実績、スキルにおいて段違いに上だと思います。 他の出版社の編集者ともつながりを大事にしていますので、リアルな出版の今という目線でご相談に乗れます。
0
カバー画像

ボランティアの募集

今夏、写真集発行の計画がありボランティアスタッフを募集します。 デザイン・ライター・構成等に興味のあるアマチュアな方のみの募集です。 ボランティアの為、ギャランティは発生しませんが写真集の制作スタッフとして名前が掲載されます。 今後、仕事としてやっていきたい方は営業アイテムとして使用出来ます。 写真・文書等はネットのフォーマットへ直接アップするタイプですのでデザイナーの方はそこらへんのスキルが必要とされます。 当方、初めての経験になり写真集の制作には詳しくありません。 逆に、デザイン・ライター・構成以外にこう言う役割も必要では?と言う提案がありましたらお教え願えたら幸いです。 初版4000部・8月中書店に並ぶ予定で進めたいと考えています。よろしくお願いします。
0
カバー画像

Kindle電子書籍のサポートを出版しました! でんでんコンバーター+Sigilで修正に強くて個人無料修正もできます!

でんでん+Sigil、無料で電子書籍を作る方法! テンプレコピペすればマクロで5分だからまず変換だけでもやってみようttps://note.com/sukidukinn/n/n9f224afb2c38noteで無料5分で作る書籍化方法を書いた。コッチにも同じモノを書いても面白くなさそうなので割愛する。↑この意味不明な文字列をごにょごにょすると、↓こうなる↓テンプレEPUB3データttps://66.gigafile.nu/0608-ca011f5dffbc96d7be23d5c1741d6d3ce↓サクラエディタの一括変換マクロS_ReplaceAll('([一-龠]+)\(([ぁ-んァ-ヶ]+?)\)', '<ruby>$1<rt>$2</rt></ruby>', 4); // 漢字(かんじ) S_ReplaceAll('[\||](.+?)《(.+?)》', '<ruby>$1<rt>$2</rt></ruby>', 4); // |漢字《かんじ》S_ReplaceAll('(http\S+)','<b><a href="$1">$1<\/a><\/b>\r\n\r\n', 4); // HTTPリンク S_ReplaceAll('<br>', '=======================================\r\n', 4); // 改ページS_ReDraw(0); // 再描画電子書籍を作って出品して
0
カバー画像

Will・ Can・ Must

~レモネードでも飲みながら🍋いづ~です。🎏GWがやってきました!…ということは、ココナラ出品1周年となります。ビジネス脳のない私が試行錯誤を重ね、自分の「Will・ Can・ Must」を整理し出品させていただきました。コールセンター勤務が終わってからとか、休みの日だけの短い待機にもかかわらず、何万もの出品の中から見つけていただき、お話しさせていただけた経験は本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです✨私自身、人とお話しする事は好きだし、話すと心が軽くなったり、気分が変わったり、表情筋を動かしたせいで、口角が上がった気がするし、お話しさせていただいた方も同じように感じていただければ嬉しいですし、プラスアルファ、モヤモヤ不安の解決のヒントになったり、マインドシフトできるきっかけになったり、誰かのお役に立てたらと思っています。そんな思いを今、本に書いています。6月末にアマゾンキンドルで出版予定です。テーマはざっくり言うと「しあわせ」です🍀出版に向けて進め方を教えていただいたり、ビジネスのことを教えていただいたり、同じ目標を持っている方と意見交換をしたり、そんな場から刺激をたくさんいただいてます。本を書くのも、ただやみくもに書けば良いっていうものではないんですね~テーマの決め方や企画書作成等初めてのことばかり・・・私にできるのかしら?🥺とんでもないチャレンジに飛び込んじゃったかな?😥と不安がなる日もありますが、「一冊目なんてみんなそんなものよ」と先輩方に励まされ、今回の著作を概ね書いてみた今、次はどうしようかな・・?と、次作を考える自分がいます。コールセンターでも学べる事が多いので、
0
カバー画像

ガラスの果実

[リアル表紙絵]むかしむかしある所に世の中をなめていた若僧の絵描きがおりました、絵描きが18歳の頃、たまたま応募した絵が出版社の目にとまりイラストが新人賞に選ばれ、18歳という物珍しさなのか新聞や地方雑誌など色々なメディアでちやほやされました。その頃に描いた絵は戻ってこなかったので、もう見る事が出来ませんがエアーブラシを使って描いた、タイトル「灰皿缶」というたばこの灰皿代わりにした潰れた空き缶の絵です。『写真を撮っておけばよかった・・・』今でいうバズったというやつです。絵描きは、ちやほやされ「いい気」になっていましたそしていまだ!チャンス!!と動き始めたのでした。この頃は、まだパソコンというものはなく手書きの時代です。もちろんメールもSNSもありません。絵描きは電話帳にある出版社へ電話営業しましたがいい返事はもらえず、住所を聞きだしポートフォリオ片手に何社も出版社を回りました。しかし世の中はそんなに甘くはありませんでした。ほとんどが門前払い、受付を通れたのは、ほんの一握りでした。仕事はもらえず営業をはじめて3カ月頃、以前に回った小さな出版社から手紙が届きました、その会社の雑誌担当の方が会ってくれるというのです。そこで戴いた仕事が単行本の仕事、「ガラスの果実」というタイトルの単行本の扉絵でした。ここから絵描の人生が変わっていくのでした。つづく・・・pop art の作家活動しています。ご意見ご質問などありましたらお気軽にお問合せ下さい。R:GALLERY _Illustretion RL / 画・イラスト制作■ タイトル [A woman growing up with a gl
0
カバー画像

出版社が一番重視するのは、独自性!

あたりまえですが小説ではオリジナリティー、つまり個性がとても大事です。投稿作を読んでいると、みんなハンで押したようによくありがちな設定が多いのが現実です。 たとえば、最近ですとラノベで多いのは「転生もの」……。ちょっと前だと、中華風ファンタジー。よく出版されているので、書きやすいんでしょうね~。でも、よく考えてみてください。 みんなが書いているということは、よほどおもしろく、魅力的なキャラクターや話の展開がないと、突出することができないのです。これは例をあげると、ある商店街で、どこもかしこも靴屋さん……みたいな状況なんです。 よほど品揃えがいいとか、そこだけの魅力的な靴を売ってるなど、 特徴がないと買ってもらえない、お客さんの目にも止まらないってことなんです。 靴屋さんばっかりのところに、バッグ屋さんがあったらどうですか?それだけで目にとまるでしょう? もちろん、ここでいきなり「UFOもの」なんてのを書いても……興味は持ちますが、お客にはなりませんよね。独自性と言っても、読者が興味を惹かれるような要素は絶対不可欠です。それでもあえて人気のジャンル、設定で勝負する、というのであれば、それもいいと思います。やはり、情熱を持って書けるのが一番ですから。 でも、たくさん敵がいることを考えて、勝負できる「ネタ」を用意してくださいね。 この「ネタ」については、<作品の「売り」をはっきりさせよう>というお話で、後日書きたいと思います。だから、投稿作を出す時には、まず「設定」で勝負が決まってしまうということを肝に銘じておいてください。とても重要なことですよ。 また、投稿に限らずプロ作家において
0
カバー画像

Web出版を盛んに行なっています

ココナラブログでは外部リンクは貼れないのですが、自分で立ち上げた会社の方で、Web出版をしています。出版と言えば紙媒体での本の印刷ですが、とてもハードルが高いです。出版社がOKしなければなりません。普通の人がOKされるのは、なかなかありません。また、出版しても印税は5~10%。ほとんどが初版で終わります。自費出版などもありますが、お金をもらえるどころかこちらが払う方。下手すると大きなマイナスにすらなることがあります(悪質なところもたくさんあります)。こうした現状から自分でWeb出版をするようになりました。PDFさえあれば出版できます。簡単でした。ココナラでは有料ブログも配信しています。こうした有料ブログもお手軽で良いですね。いずれ、Web出版支援もしていこうと思っています。
0
カバー画像

まず「はしがき」を書いてみましょう

はしがき、まえがき、はじめに…色々な言い方がありますが、だいたい本の前の方に著者からのメッセージのページがありますね。ここには「この本はどんな本か」とか「こんな気持ちで書いた」とか「本を書いたきっかけ」などが書かれており、本の中でもっとも重要なパートでもあります。はしがきを読んでから本を買う人も多いでしょう。読者に「お金を出す価値があるか」を見定められる部分でもあり、ここがつまらないとその先を読んでもらえることはありません。私が本を書くときも一番気を遣う部分です。なかなかうまく書けずに頭を抱えることが多いですが、反対にはしがきが良く書けると一気にテンションがあがって本文にも身が入ります。あなたがまだ本を書いたことがなければ、まず「はしがき」だけでも先に書いてみませんか?それによって本の方向性が決まったり、今足りない材料が分かったり、どんな人に読んで欲しい本なのかが不思議と分かります。はしがきを書いているときは、できるだけ考えすぎないで、まずは心の赴くままに一度書いてみるのがおすすめです。意外と無意識に書いたものの中に、自分でも驚くような文章が入っていたりするものです。年末年始にお時間がある方は、是非やってみてください。ワードで概ね4~5ページくらいで十分です。
0
カバー画像

本を出すなら売れる「春」がおすすめ

今私は、2月刊行の本(ビジネス書)と3月刊行の本(子育て本)に携わっています。2月の方は見直し段階に入っていますが、3月のほうはまだ何もできていなくて焦っています…。どうなるんだろ…。3月の発売を目指すなら、12月いっぱいには脱稿(原稿が書きあがっていること)までもっていくのが理想です。なぜ3月を目指すかというと、この時期は本が売れるためです。新生活にあたり、新しいことを始めたいと考える人が多かったり、就職や進学のお祝いとして贈る需要があるからかもしれません。春だけではなく、夏休みや年末など長期の休みの前も本は売れます。反対に、秋はあまり売れないと言われています。季節ものの本はもちろん、その時期に合わせて出さないと売れません。例えば手帳を夏頃出しても買う人はあまりいないでしょう。自分の本が一番売れそうな時期から逆算して持ち込みを集中して行ったり、原稿を準備したりするのもよいですね。ただし、年末は出版社も忙しくなるため(他業種と同じように年末進行となり、印刷所や編集プロダクションなどが休みに入る都合で予定が前倒しになります)、せっかくよい企画を持ち込んでも相手にしてもらえないでしょう。
0
カバー画像

一番出版しやすい人

「一番出版に結びつきやすいのはどんな人か」と聞かれたら、やはり本をすでに出して「売れている」人です。同じ人ばかりが、同じような内容の本ばかり出しているなあ…とあなたも感じたことがあるのではないでしょうか。売れている人はすでに「売れている」という明確な証拠があるので、出版社も安心してgoを出せるのです。(また売れるとはもちろん限りませんが)二番目に出版しやすいのは、初めて出版する人です。出版社はいつもダイヤの原石を探しています。爆発的に売れる資質を秘めている可能性のある新人作家は、編集者ならだれもが求めています。反対に、出版に結びつきづらいのは一度本を出したけど全然売れなかった人です。出版社に企画書を持って行っても渋い顔をされることが多いです。(もちろん二作目以降でおおいに売れる人もいるので希望を捨てる必要はありません)初めて本を出す人は、一冊目を何が何でも大ヒットさせる!ベストセラーにする!という気合が必要です。来年こそは絶対にベストセラー作家としてデビューしてくださいね。発売は春がおすすめなので、今から是非行動してみてください。
0
カバー画像

【特典残3日】「文頭を一文字下げる」なんて知らなくてもイイ

文章の基本ルールに「段落が変わったら文頭を一文字分下げる」というものがあります。文章のルールとしては超基本なのですが、「いや、そんなの全然知らなかった」という作家さんにも何人か会いました。(一応小学校で習いますけどねw)正直、そのような基本的な文章のルールなんて気にしなくてもいいのです。なぜって、ワードのテキストのまま出版するのではなく、DTP(デスクトップパブリッシング。本の体裁に文章を整えること)するときに一括で直せるのですから…。そんなことよりももっと根本的な文章のコツを知っておいたほうが、あとから「全部直し」とか、「文章のクオリティが低いからやはり出版の話はナシで…」いうことを防げます。編集者目線でこれだけは知っておいて欲しい「文章のコツ」をまとめた2000字のテキスト(PDF)を無料で配布しています。以下の商品を購入していただいた方にプレゼントします。11月いっぱいの特典となりますので、あと3日で配布終了です。(終了といいつつ期限延長などはしません。買ってくださった方に申し訳ないので…)
0
カバー画像

あと5日で「文章のコツ」特典消滅です…

今月いっぱい、上記の商品をお買い求めいただいた方には「文章のコツ」PDFファイルをプレゼントしています。2000文字程度の短いテキストですが、我ながら大事なことが詰まっていると思っています。期日が過ぎたら配布終了のち、有料化するかどうか考えますが、無料で取得していただけるのはこれが最後です。私は過去に書籍のライターだけではなく、webライター、コピーライター、PRライターなど様々な人に師事してきました。(お金も大量につぎ込みました…)そのため、このテキストは本の執筆にとどまらず、ブログやコピーライティング、広告制作などあらゆる場面に使えるものだと思います。年末で何かと多忙だと思いますので、今手に入れていただき、年明けにゆっくりお読みいただくのもおすすめです。
0
カバー画像

電子書籍出版代行[TIM出版]~電子書籍に「奥付」は必要!?

今日は、奥付について書いてみたいと思います。紙の本には当然、「奥付」がついていますが、電子書籍の場合はどうでしょうか?実は、電子書籍の場合は、ほとんどが付けられていません。奥付がついている書籍は、紙出版の書籍をデジタル化したものが多いです。もともと、奥付は出版社や発行日などを明らかにするもので、電子書籍では、Amazon自体が、出版している形ですので、無くてもいいということになります。もちろん、奥付があったほうがいいという方は付けても問題ありません。ただ、amazon電子出版で、収入をつくりたい方は、その制作時間を、別の出版本やすでに出版している本のブラッシュアップなどに使った方が有効だと思います。それでは、また。――――――――――――――――――――― ブログ更新中!|実績公開中| https://coconala.com/blogs/2100037 ―――――――――――――――――――――
0
カバー画像

電子書籍出版代行[TIM出版]~読まれやすい本を出版するには?

今回は、反応率のよい本を出版するにはどうすればよいかを書いていきたいと思います。まずは、電子書籍はどのように読まれているかですが、一番多いのは、