絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

253 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

家族と仕事を同時に失った男の大逆転ストーリー

これは私の友人にリアルに起こった話である。関係者が読むとわかってしまうので登場人物などは変更してストーリーとして書いてみた。登場人物 ●トモヒロ 主人公 お人よしでマイペース。どこか頼りないが憎めない人柄 ●ヨシミ 妻 おっとりした性格。しかし冷徹な心を持つ2面性あり ●ヒロミ 妻の姉 チャキチャキした性格で、気性が荒く金遣いが荒い ●トシオ  トモヒロ の友人 高校の同級生。トモヒロがなんでも話せる良き相談相手●ミチコ 不動産会社の女社長 バツイチ子持ちでパートからメキメキと力をつけて持ち前のバイタリティで地元で不動産会社を設立 ストーリー 28年前・・・ 「ね~ね~トモ君、私たちって付き合ってるんよね。」 「そりゃ~・・・・つきあっとるやろ」 そんなゆる~い感じでトモとヨシミがつきあいだしたのは中学2年生の春。 その後、幾度かの離れてはくっつきを繰り返し、 25歳で晴れて結婚。 二人ともゆる~い性格でマイペース。 まわりの友人たちもこの二人の結婚は必然であり、 これから先もゆる~い感じで重なり続けると信じていた。 時は過ぎ•••• 「社長、オーナーから電話です。すぐに折り返し欲しらしいです。」 トモヒロは大学を卒業して入社した超ブラック会社S建設を15年務めて退職し、妻ヨシミの姉ヒロミがオーナーを務める業務用トラック販売会社の雇われ社長に就任していた。「プルルルル、プルルルル、カチャ、あっヒロミさんお電話もらってたみたいで。」 「トモ君さ、あなた会社のお金使ってるやろ?」 「社長として失格。首、首よ!」 「えっ?ちょっと待ってくださいよ。それどうゆうことですか?」 「どう
0
カバー画像

中学校生活9

父の七回忌も終わり、まず、最初の争点が「私をどうするか」だった。もちろん、誰一人手を挙げなかった。施設に行かせる話もあった。大人というものは勝手なもので、「施設」というと、人目が悪いだの、と文句を言い始める、けれど自分たちは引き取りたくない。そんな話し合いが行われた。私は、それを聞いている自分がすごく惨めに感じてきて「お母さんのところにいくよ」と心にもないことを言ってしまった。そして、その話は解決したのである。相続の件は、まだ猶予があったのだと思う。細かいことはあまり覚えていないが、解決するまでにいろんなことがあったので、それまでを書いていこうと思う。私は、母親のところで生活をするようになったのだが、「学校には行くな」「財産をよこせ」「家の掃除をしろ」「弟妹の面倒をみろ」と、押し付けてくるようになった。母親は何をしているかというと「パチンコ」だった。千円持ってはパチンコ…そして、テーブルの上には、300円が置いてある。それで子供らにご飯を食べさせろというのだ酷いときには100円や50円の時もあった。米もない…パンもロクに買えない金額だった。今のように100均があった時代ではないから食料で100円は到底できなかった。ご飯も買えず、豆腐のみで暮らした日もあった。インスタントラーメン1袋を2人で分けて食べさせたりした。私は、スープだけをもらい、気を紛らわした。それでも母親はパチンコはやめなかったそして、私が出かけるというと人が変わったように暴力を振るう。学校にも行けず、高校もどうなるかわからない…私は、母親がパチンコに行っている隙を見て唯一の友達に電話した。「助けて、家からでられない
0
カバー画像

ちなみに 私の経験上 復縁は、お勧めしませんね~

ちなみに 私の経験上 復縁は、お勧めしませんね~ 道後で めっちゃ努力して 努力して、努力して 歩み寄って 努力して 我慢して 我慢して ダメだった人と 生まれ変わったつもりで 復縁しても また 同じところで 引っかかるのよね あ~!!ここで、乗り越えられなかったんだ!! って思っても 次も、乗り越えられないんだよね 私が、乗り越えられても 相手は、ダメだったり 結局 ダメだよね~ そんな労力を使うより 次!!行った方がいい!! 復縁で また、寄りを戻すのは 別れてすぐとか 長年、時間が経ってからとか 相互のタイミングですね。 復縁鑑定をさせていただいて思うのは 【お互いの気持ちは、全然、別れていないよ!大丈夫!】 という時は イケイケ~!!ですが ぅ――――ん💦って時は 新しい出逢いを、お勧めします。 それは 独身同士であっても 不倫関係でも です。 おはようございます♡ 貴女とお話しできるのを 楽しみにお待ちしています♡ https://coconala.com/services/1921315 お気軽に、お電話くださいね♡ 恋愛の達人★霊感タロット占い鑑定士★魔美が ご相談に乗らせていただきます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
0
カバー画像

ココナラで二刀流!販売も購入もやってます(笑)

こんにちは!Luna☆saraです。大谷選手!MVPおめでとうございます!二刀流が高く評価されましたね☆実は私も、ココナラで占いの販売を行いながら、コンテンツや自分では行わない占術の鑑定を購入する、二刀流です。販売していて気が付いたのですが、購入の際、丁寧な対応をすることで、出品者への印象が良くなり、出品者側も購入してくださるかたに精一杯応えたいと思うものなんです。私も購入する際には、皆様を見習って出品者様への敬意を良好なお取引ができるような対応を心がける様になりました。「購入するんだから、こっちはお客様なのよ!!」みたいな対応をされたら誰でも嫌な気持ちになりますよね。逆に、丁寧な対応をしていただくと「わーこのかた神!!持てるものすべてで応えたい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°」となるわけで(笑)単純な私・・・お互いに気持ちの良いお取引をしたいですよね♡私Luna☆saraが気を付けている事・挨拶をする・忙しいかどうかわからないけど、「お忙しところ~」みたいな分は入れる・対応に感謝する・言葉遣いに気を付ける・スゴ~く長文になる場合は、余裕があれば改行して見やすくするかもです普通の事じゃん!!と思ったあなたは素敵なかたです!これからも変わらずにいてくださいね(^_-)-☆えーそんなもんなん?って思ったあなたは今日から実行してみてください!!なんなら、この下のサービスを購入して試してくれてもいいですよ、練習!練習!( ̄ー ̄)ニヤリ電話鑑定でも同じだと思います。私はやったことがありませんが、やはり頼む側も受ける側も最低限の礼儀とルールを守りたいですよね。円滑・円満なお取引には、コミュニケー
0
カバー画像

言葉のチョイスを間違ったウサギさん

みなさんはデートもした事ない人に結婚したいと言った事ありますか?今思えばかなり頭おかしかったなぁって(笑)友人にこの事を言ったら「やってんな~!」って言われちゃいました。ウサギさんイタイ奴(*_*)でも私はその時本心を言っただけなのです。将来二人が仲良く同じ空間にいる事が想像できちゃったから。それって俯瞰して見たら結婚しているように見えたから。イメージできる事は創造できると思っていたから。ライターなのに言葉のチョイス間違ったねあの時。きっと言われた方は怖かっただろうなぁ。なんだこいつって思っただろうなぁ。厳密に言えばウサギさんは結婚制度が好きではない。もう誰とも結婚したいと思わない。一人で自由にいたい。でも愛する人とは一緒に居たい。そう思っていただけなのです。今もそう思うしこれからも。愛する人に結婚したいと思う程好きだよと言いたかっただけ。でも愛しているとはどういう事なのか。好きとか、カッコいいとか、デートしたいとか、プレゼントが欲しいとか、そういった事ではない。もうそういった事は若い時にある程度経験してきた。自分が自分でいる事を認められる存在と一緒に居たいという感覚。この人と一緒ならダメな自分もまるっと認めてもらえるという安心感。この人と一緒ならダメな自分も許せるという感覚。私はその人と一緒に居る時の自分が好きだった。元気になれたしただ楽しかった。結婚とかって経済的な事が絡んでくるから純粋にその人が好きなのか分からなくなる。濁るというか曇るというか。経済的な事以外にも結婚するとプレッシャーに感じる事がある。結婚相手の家族親族を背負った重さ。この重さが苦手である。この重さなしに
0
カバー画像

中学校生活8

中学3年ともなると、高校進学の話で学校も盛り上がっていた。私はそもそも勉強はあまり得意な方ではなく、むしろ成績は下の方だった。小学校時代から、わからない所があって先生に聞いても無視されるような状態、父にいうと怒られる、塾でも先生には無視されていた。今のように気軽に調べられるようなものはなく、自分でも勉強は諦めていた。けれど、父は高校は「〇〇高校にいけ」と言われていた。そこの高校は、この辺の高校では結構レベルが高い高校だった。それ以外の高校は認めない、という考えの人だった。父は、仕事を点々としていた。祖母が亡くなってからは仕事はせず、ビジネス専門学校に通っていた。それからは、縫製工場、重機会社など。そんな中、先生が〇〇高校の体験入学に連れて行ってくれた。家からは、すごく離れた高校だった。当時はボロボロの校舎だったが、なんだか楽しそうだった。一緒に体験入学に行った生徒は私に話しかけてもくれた。同じ学校に話かけてくるのは、先生がいたからだと思う。同じ高校から私を含めても3人くらいしかいなかった。体験入学が終わり、母親の家に帰った。その数分後…電話がなった。私「もしもし…」母「あ、今帰ったの、急いであんたの家に来て!お父さん死んだ」????!!!え…死んだ?なぜ…どうして私は急いで自転車に乗った。どうか無事でありますように…もうこれ以上、だれも死なないで。私が家に着いた頃には、警察や近所の人でいっぱいだった。そこに父はいなかった。病院にいったのだと思った…が、誰の声か覚えていないが「縁側で首を吊った」と…。自殺…私は、「一人になっちゃった」とどこか冷静に現実を見ていた気がする。私は、家
0
カバー画像

中学校生活7

中学