絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

456 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

昭和の教育はもう昔話!今がアップデートの時!

こんにちはかずみん教授です本当にうまくいく人の特徴!結論!⭐️⭐️⭐️本当にうまくいっている人は昭和の指導をしていません!⭐️⭐️⭐️昭和の指導・昭和の教育昭和のやり方にしがみついている人はうまくいかない!教育だけでなく、普段の生活、仕事にも言えます。★昭和のやり方にしがみついてる人の特徴5選①「普通は〇〇」「常識的に考えると△△」が口ぐせ②ルール、規則通りに動く(臨機応変に動けない)③目の前の問題をよくすると言うより、マニュアル重視!(例)この手引きには〇〇と書いてあるから、この方法しかダメ!④私の言うことは絶対正しい!という考え⑤同調圧力!組織、和を乱すことは絶対ダメ!★昭和に受けた教育を子供にしてもうまくいかない理由 かずみん教授が小学校で担任をした時のクラスはよく言うと個性いっぱいの子が集まったクラスわるく言うと自分勝手で、気に入らないことがあると手足がでちゃう活発なクラス(活発なクラスは良い言い方ですね(^◇^;))今の私だったらワクワクしますがあの時の私はこーすべき!あーすべき!フツーはこうでしょ!これジョーシキ!自分が教育されたように四角の枠の中に丸や三角の形をギュギュギュッと詰める子どもの個性無視!自分が教育されたように四角の枠の中に丸や三角の形をギュギュギュッと詰めた結果どうなったのか。そりゃ〜◯や△の子たちは□の枠があっていないんだもん。飛び出ますよね。とにかく押さえつけて枠に入れる。力でねじ伏せる。小学生だからできました。その方が早い!ちなみに中学生だと押さえつけると、反発してくるので、とにかく自分の気持ちを素直に淡々と生徒へ話していました。同じ方法で小学
0
カバー画像

有言実行できない人へ。『不言実行』のススメ

昔の私は、目標をひたすら周りに宣言してました。で、全部失敗しました。 今は黙って黙々とやる「不言実行」で結構上手くいってます。不言実行で、英検1級もTOEIC980点も取れました。 “有言実行"は物凄く危険です。実行できなくなります。「不言実行」が1番です。今回はそんなお話です。 “有言実行"の死の罠3選 ①宣言だけで満足してしまう 高校生の時の私: TOEIC(初受験)で600点超えてやるぜ!! →家族に豪語した後、謎の「やってやった感」に包まれ全く勉強せず。 目標を達成して家族から賞賛を浴びる妄想に浸るだけで1日が終了。気がついたら試験当日。最初の10分で戦意喪失して塗り絵に励む。「努力(勉強)するぞ!」と口を動かして宣言するのと、実際に自分が努力するという行為は全く別物です。 当時の私はそれを知りませんでした。宣言して自分を追い詰めたら、努力できるカッコイイ自分が必ず(自動で)出て来る!と無意味に信じてました。 でも当然、「俺はこうするぜ!」と聞かれてもないのに周りに言いふらしても、その目標を達成する具体的手順・やる気が出ない時の対処法・モチベの保ち方が自分に自動インストールされる事はありませんよね。 当時の自分を振り返ると、TOEICで600点行くぜ!!と叫んで口や声帯を無意味に揺らしてる暇があるなら、英単語の一つでも覚えるなりリスニング問題を1問でも解いてみるなりすれば良かったんです。あちゃー。 ②"自己否定祭り"になるのがオチ 「目標宣言で満足→惨めに失敗」を繰り返すと、いよいよ自分の人格への影響が出てきます。 そう、“自己否定祭り"です。脳内で開催されます。 自分
0
カバー画像

「留学すれば英語ができる」という思考の危険性

留学しても英語力は上がりません。語学上達が目標なら、留学なんてもの一切不要なんです。でも留学関係の業者や大学での留学センターと呼ばれるような施設の関係者・教育者たち、そして日本政府も「留学すれば英語が出来るようになるよ!だからドンドン留学しようよ!!」と延々と声高に叫び続けています。なぜなら「語学習得に留学は一切不要」という事実にみんなが気付いてしまうと、彼らは金儲けが出来なくなるからです。だから彼らは「留学すれば英語がペラペラになれます思考」をあなたに埋め込ませるためにマジで必死です。さて、冷静に考えてみて下さい。ガラリと環境を変えたところで、実際に"自分が"努力(勉強)をしなければ、努力できるスゴイ自分なんて現れませんよね?英語が出来るようになりたいなら、単語や文法を理解する。参考書の英文を音読する。そしてこれらを習慣にしていく。これだけです。留学してアメリカやイギリスやカナダに行こうと、これをやらなきゃ英語が上達するわけありませんからね。なにより、単語の暗記も文法理解も音読も全て、日本の自分の部屋で出来ますよね?自分の部屋で単語の暗記も音読もまだ出来てないなら、異国の地でいきなり出来るようになる訳ありませんからね。「よし!今日から留学生活スタートだ!……で、何やればいいんだ?うーん…とりあえず寝よう。あっ通知来てるじゃん。タイムラインにぎやかだな~。それと…」こうなるのがオチですよね。忘れないでください。英語は、勉強をしたら、出来るようになるのです。”留学”をしたら、ではないんですよ。決して。100万も200万も払って何万もする大きなスーツケースを買って何時間も飛行機に乗
0
カバー画像

教育#いじめ#登校拒否#現在の子供達の様子

小学生・中学生・高校生・専門学校・社会人・現在まで娘の記録😀😉 小学校に入学したてはまだ気になる点はなかった。人間関係が分かり始めるのは担任の先生からだと私は思います。特に女の先生はひいきをする。先生の授業はノルマがあるらしく、すべての子供達に1年間に決まった量の授業をこなさないと行けないと聞いたことがある。早く言うと詰め込み授業。当然落ちこぼれと言われる子もいる。それぞれで理解力があるかの問題だと思います。小学生から塾通いの子は多かったですが、先生に気に入られないと小学生生活は苦しい物です。6年間は大変でしたね~。                                              中学生になってからも小学校の生徒に他の小学生も一緒になる点で悪い事が重なる。 子供同士の話で子供達も傷付く。面白半分で口にした事が後々トラウマになる事も有る。私自身も経験してきたのに大人になると忘れている。子供を持ち育てていると昔の自分が味わったことを思い出す。長女は登校拒否になった。朝起きて登校する時間になるが、靴を履くことが出来ずせかすと靴を履くが家から出ることが出来ない。出来ても一歩なかなか前には進まない。踏み切りで立ち止まることもあった。娘の心叫び声で「お腹が痛いから学校休む」という事が多くなりました。我が家では息子もいじめられました。2歳違いの弟(息子)が精神的追い詰められてトイレに行く事が出来なかった経験がありました。息子も相当辛い思いをしていました。娘の登校拒否になった時は担任の先生に相談に乗ってもらいました。担任の先生と相談の上で朝は私と登校する様にしました。
0
カバー画像

前回の話の続き。

嫁ぎ先に戻って! 家に帰ってきた時感じた事は、実家にいるよりは気分的に楽だと思えます。でも全てがいいとは言えません。実の母親に口うるさい小言を言われるよりはまだ他人の方が楽かもしれません。他人ならまだ諦めがつくのかなぁ~。 実の母親は血のつながりも有り、生きている限り忘れる事は無い。 今は母もなくなりこの怒りは薄れて行き今は思い出になっています。 言葉にする事が出来なかったのを思い、現在では心の中にある想いを文字にしています😃😄。 子供の成長期 忘れもしません。娘の1歳の誕生日に夫が急病になり入院と手術の繰り返しでした。子供は日を追うごとに成長していきます。店もあるので長女が3歳になって保育園に通う様になりました。お昼寝して4時にお迎えです。保育園に入る前に箸や茶碗の持ち方・トイレに靴を脱ぐ・履くから着替える等の特訓です。家での練習で特に大変だったのは靴を履くのが出来なかった事です。靴が履けるまで辛抱強く待つのですが、娘はすぐ泣きだします。😭その当時は主人の父親が店番を手伝いに来てくれていました(夫が病み上がりなので)。 孫も可愛がってくれるのはありがたいのですが、保育園までには少しでも多く自分で出来る様になって欲しく強い口調になって仕舞うと、お父さんの一言で「泣かさず。靴を履かしてやりなさい」と、わかるんだけどなぁ~。私も面倒だから履かした方がイライラしなくて楽なんだけどねぇ~😉  幼稚園に通い始めてるので親も娘も初めての経験です。連絡帳を配布されるのですが、その手帳には今日娘がした事に先生からの感想が書いてある。保護者会も有るし、個人面談も有る。個人面談の時に先生から言われ
0
カバー画像

現役教諭が直伝!小学校テスト指導の役立つ裏技3選!

こんにちは!教育研究所Piste Stories✈️(ピストストーリーズ)です✨今日は,「テストを実施する際に役立つ豆知識」ということで,私が実践してきた経験も踏まえてお話していきます‼️では,さっそくいきましょー👍✅第3位  ✨○○の間違いは減点しない!✨ 漢字で答えてほしいのに,ひらがなで書く子,いませんか❓小学校高学年になってくるとチラホラ。(♯漢字で書くの、面倒臭いもんっ😜)キチンと漢字で書けるようになって欲しいという教える側の思い,わかります🤗そのストイックさ,好きです🌟しかし,その強い思いが故に漢字間違いを減点していることが多いです‼️子どもたちは,そんな先生たちのアツい思いより「少しでも悪い点を取らないように」最善を尽くすものなのです😭なので「漢字,間違えて減点されるくらいなら,ひらがなで書くか😏」という思考に陥ってしまいます。(♯にさんかたんそ)(♯「に」くらいは漢字で書けよ😎笑) そこで‼️「漢字の間違いは減点しない‼️が、漢字の上に読み仮名書いている事が条件‼️」「ひらがなの解答は,減点する」の2つを提示しましょう。しかも,自分が書いた漢字が間違っていた場合,正しい漢字を横に書いて教えてくれるというスペシャルなサービスも付けましょう✨藁にもすがる思いで,漢字の解答率グンと上がります☝️(♯珍解答も爆増!🔥)✅第2位 ✨✨○○○にこだわらせる!✨✨テストは学習内容が定着しているかどうかを点数化して評価するものです。しかし,小学生が学校で普段行うテストに関しては,学年・組み・名前を適当に書かせてはダメです‼️自分の名前を丁寧に書けない人の解答はどうしても適当に採
0
カバー画像

クイズです

いきなりですが、クイズです。「ねぇ、なんで?」我が子にそう聞かれたら、あなたはどう答えますか?はじめて4児のママ 子育てプランナー ゆーこです♪さぁ、私の正解は…子どもに聞かれてもすぐに答えない‼️(笑)「どうしてだと思う?」と聞き返してみてください。そうすることで、なぜだろうと考えるようになり、子ども自身で考える力が身に付きます。おかげで娘は私に聞く前に考えるようになりました。ちなみに、職場の新人さんに教える時もコレ使うと考えるようになりますよ~。注意点すぐに答えないでばかりいると「どうせ教えてくれない…聞くことが悪いことなんだ…」新人にも「なんで教えてくれないの?意地悪!」となる恐れもあるので、一つの回答を言う。そして、他にはなんでだと思う?とたまに混ぜるようにすると、もっと良いかもしれません♪子育ては育児書通りにする必要はないと思っています。ブログは不定期で更新しています。反応良ければ喜びます‼️あなたの明日がより良いものになりますように♪
0
カバー画像

現代の子どもに必要な教育は、実は、○○○○教育だった!?〜子どもの気持ちのコントロールから考える現代の教育〜

こんにちは!9月に入り、たいぶ涼しくなってきました🍃みなさんいかがお過ごしでしょうか??毎日、子育てしていると、よく子どもに見られる行動として、・泣き喚く・癇癪を起こす・すぐ不安になる など感情の起伏が激しい様子が伺えると思います💡でも、こういった面を外出先などで見せられると、ちょっと困ってしまう…。気になるのは、周囲の目…👁‍🗨でも、そもそも、子どもって…。など、いろいろあると思いますが、今回は、そういった子どもの気持ちに関する面から、現代の子どもに必要な教育について考察していきたいと思います😃子どもの気持ちのコントロール面から見る、現代の子どもにフィットする教育とは!?一体、何なのでしょう??では、早速、ご覧ください↓↓↓(1) 子どもは気持ちのコントロールをしなきゃいけないの??子どもはすぐに「わぁー😫」とか「あー😭」とかなりますが、そもそも、子どもは気持ちのコントロールが苦手です💦これは、単純に脳の発達が追いついていないからです💡感情のコントロールには、脳が関係しているのですが、子どもの段階では、まだ、脳は発達しきっていません。なので、大人が子どもに気持ちのコントロールを求めても、そもそも無理がある😅これが、「大前提」となります💡しかしながら、この大前提が、社会や地域(いわゆる、周りの目)で共有されているかどうか。これって、実は、結構大きな問題で、時代が進むにつれて、子育てに関する寛容度は低くなっていた。・例えば、子どもが大泣きする。・例えば、子どもが楽しすぎて、はしゃぎまくる。これは、子どもにとっては、普通の行為で、発達学的にもなんら問題のなく、むしろ、必要なことなの
0 500円
カバー画像

【つぶやき】 研究・大学院(#46~50)「後輩」など

#50【他大学で実験をしてきました】2日前、別の大学へ出向いて実験を行いました。実験室で試験管やピペットを扱う実験MRIを活用する実験、高齢者への実験音楽家を対象とした運動アプローチ(今回)これまでいろんな視点から実験や研究をしているなと、ふと感じました。共通することは「確実に論文にすること」です。#49【科学論文数 日本の地位さらに低下】2022.8.10現場の研究者・大学教員・などの意見を踏まえて方向性を考えているのでしょうか。博士号を取得していない人たちだけで今後の方向性を決めていないと信じたいですが。#Yahooニュース#48【後輩】2022.8.6昔の研究室の後輩から相談がありました。「昔の先輩から、研究手法などを利用(搾取?)されそうで、どうしたらいいでしょう」と。10年来の先輩で、後輩は立ち振る舞いに苦労していましたが、共同研究したことないし後輩にはメリット0だったので「無理に関わる必要ないよ」と回答しました。#47【科研費】2022.8.4私は過去4回連続で科研費を獲得できたので、2年前、ステップアップとして基盤Bと萌芽に挑戦したら見事撃沈しました。1年前、基盤Cを獲得しました。2年連続で上の段階に挑戦するほど自信がありませんでしたが、どこかで『基盤Bと萌芽に出さなくて良かったのか?』と自問自答します。#46【論文掲載】2022.8.2OA掲載で15~20万円かかるとして、3年で約50万円。科研費を取得しても、結構な金額を掲載料で取られると再認識。直接経費は7割だし研究費用に充てる金額はかなり少なくなる。また、科研費が当たらないと掲載料がかかる論文発表の土俵に上
0
カバー画像

学校での「協力」は大事にすべき??〜性格心理学から見る本当の「協力」とは?〜

こんにちは!さて、9月に入りました!秋が近づいてきています🍁前回は、「誰もが感じるちょとした『学校での生き苦しさ』」を性格心理学の視点から分析してみました。性格心理学の視点から見るに、日本の公立学校では「偏った狭い範囲」での性格が求められていました💡だからこそ、みんな、なんか「ちょっと生き苦しいな…」と、感じている😣この生き苦しさは、不登校の子に限らずに、誰もが感じているものです。では、今回は、性格心理学から見る、学校における「協力」とは??これがテーマです💡学校ではよく「協力」が求められますよね?でも、なぜ、学校では「協力」が求められるのでしょうか??それには、戦後日本の時代背景が関係し、本当の「協力」というものが、歪められていた…。今回は、その分析を戦後の歴史と絡めて、性格心理学の視点から分析してみたいと思います😃💡では、早速、ご覧ください↓↓↓(1) 学校が「協力」を求める理由とは? 〜実は、約150年変わっていない日本の教育〜では、まず、時代の流れから見ていきましょう💡前回の記事で、公立学校には、「偏った狭い範囲」での性格が求められていることを分析しました。その「偏った狭い範囲」とは、①協調性…協力タイプ②外向性…外向タイプ③開放性…保守タイプ④誠実性…継続タイプ⑤神経症的傾向…メンタル強いタイプでした💡では、なぜこのような「偏った狭い範囲」になってしまったのか、というと…、時代的な背景が、かなり関係しています💡ここからは、もう少し、詳しく説明しますね💡現在の学校教育体制が固まり始めたのは、戦後。特に、高度経済成長期頃の話になります。このころ、日本は、
0 500円
カバー画像

独学で受験を成功させる!塾の費用は高過ぎです。

◯はじめに こんにちは!学習サポーターを始めたぺいぺい_です。タイトルにもある通り、独学で受験を成功させるためのサービスを出品しています。 もちろん、手取り足取り横に居て教えるわけではないため、「まったく自主学習ができない!勉強のやる気もない!」というお子様には向いていないサービスです。しかし、「勉強のやる気はある、受験勉強を独学で成功させたい!(塾は高いから、、)」という方にはとてもオススメできるサービスです。これから、なぜそのような子にこのサービスをオススメできるか、なぜこのサービスを出品しようと思ったのかについて、書いていきたいと思います。◯サービスを出品した理由 私は現在、個別指導塾の講師をしています。人に教えることは自分が中学生の頃から好きであり、現在もやりがいをもって臨むことができています。しかし、たまにもやもやしてしまうことが2つあります。その2つとは、1. 塾の費用が高すぎること。2. 独学でも成績を上げられそうな子が塾に来ていること。です。 まず、1に関して書いていきます。あるとき、塾は1コマだけで3500円ほどしていると塾長に聞き、衝撃を受けました。1日1コマ、週に3日通っているだけでも1ヶ月で45000円ほどします(その他サービスを含めて)。1年に換算すると50万円越え、2年間通ったとしたら100万円です。塾の費用は独学で勉強さえできればなくすことのできる支出です。私はこのお金を家族旅行やおいしい食べ物、嗜好品などに使った方がいいのではと思ってしまうことがあります。 次に、2に関して書いていきます。独学や集団塾より個別指導塾の方が合っている子には次のような
0
カバー画像

誰もが感じるちょっとした「学校で感じる生き苦しさ」の原因は?〜性格心理学の視点から分析してみた💡〜

こんにちは!夏休みが明けの8月末。毎年、この時期決まって「子どもの自殺防止」がテレビ等で報道されます。「生き苦しいなら、学校に行かないで」8月末にこのように報道されるのが、普通になってしまった現在…。もちろん、その要因には、様々な事情や背景があるわけですが、なぜ、こんなに学校は生き苦しくなってしまったのか?今回は、その要因を「性格心理学」の視点から説明していきたいと思います💡前回は、教育と心理学の関係について説明しましたが、教育と心理学は極めて密接な関係にあるんです!ですので、今回の記事は、不登校であるかないかに関わらず、すべての子どもやすべての大人が「ちょっとは感じている学校に対する違和感」。これを性格心理学的に説明していきたいと思います。よかったら、ぜひ、ご覧ください↓↓↓(1) 性格心理学とは何か? 〜 メタ分析「ビッグ5テスト」 〜学校教育の中では、なかなか聞き慣れない「性格心理学」💡実は、近年の教育心理学では、
子どもの性格や個性を把握するのに最も適していると考えられ、大学等で研究が進められています🌱今回はその中でも「Big5テスト」という世界的に有名な性格心理テストを扱います。「Big5テスト」は、「メタ分析」という「研究に研究を重ねた分析の仕方で出された研究」で、現段階で人間の性格に関して、一番真理に近い(ほぼ結論)だろうと言われています!では、「Big5テスト」とは、どのようなものなのでしょう??「Big5テスト」によると、
人間の性格は大きく5つのタイプに分かれていて、
それぞれの項目の振れ方やバランスによって性格が決まるようです💡では、その5つのタイプとは、
0 500円
カバー画像

#17 教育活動 M社編

M社では経営企画室に所属していたと以前書きましたが、法務部も兼任していました。そこでは、社内ルールだけでなく、業界のルール、商品販売時のルールなど、守るべきルールについて、営業担当者等に説明を行う立場にありました。 具体的に言えば、医療機器、医薬品、毒物劇物を販売するときに必要な販売業許可に関連する薬機法や毒物劇物取扱法上のルール、医療機器を販売する時に守るべき、医療機器業公正競争規約、一般的な商売におけるルールとして、独占禁止法にある不公正な商取引などが挙げられます。これらのことを営業担当者等に対して一年間で教育することは、時間的に無理があるため、コンテンツを複数章に分けて、3年間で全ての章を受講できるようなスケジュールを組みました。そうすることで、3年間のうちに入社した社員に対しても、サイクリックに講義を受けることができます。 また管理職に対しては、部下へ指導するための知識の集積を目的として、さらに詳しく掘り下げた内容を講義していました。
0
カバー画像

現代の教育にはこの2つの学問が足りなかった!〜教育の混迷を抜け出すために🍃〜

こんにちは!夏休みが明け、いよいよ学校がスタートしようとしている最中ですが、みなさん、夏休みの子育ていかがだったでしょうか??・楽しい思い出がたくさんあった!・子どもと過ごす時間がいっぱいあって良かった!という一方で、・子どもの扱い方に戸惑った。・暴走しすぎて、上手いコントロール方法がわからなかった。ということもあると思います💡夏休みで改めて感じることになった「子育ての楽しさと難しさ」。教育学的には、そこにどのような要因があるのでしょう??今回は、その要因を、「教育と心理学の関係の歴史」を簡単に追いながら説明していきたいと思います💡きっと、「教育」の中身って、こんな風にできていたんだな!😲ということが分かるはず✨では、早速ご覧ください🙌↓↓↓(1) 教育学は「哲学」×「心理学」?? 🔎教育と心理学の関係は、教育学の歴史を紐解くと分かります💡18世紀ドイツの教育学者ヘルバルトは、それまでの「教育」を、「哲学」×「心理学」という図式で整理しました💡実際、子育てなどしてみると分かると思うのですが、「教育」って、何やらあやふやしてますよね😅このあやふやさは、それぞれが「唯一無二の存在」で生まれてきていて、なおかつ、唯一無二の存在に合わせた、「世界に一つだけの育て方」を、各人が見つけ出さなければならないから、なのですが、(つまり、正攻法がない)それだと、あまりにもあやふや過ぎるわけです💧じゃあ、何で整理するの?ってなった時に、「哲学」と「心理学」の観点から見てみよう!となったのが、ヘルバルトの「一般教育学」(1806)です。今から約200年前ですね💡これが学問上の「教育の初の体系化」と言
0 500円
カバー画像

「療育」の重要性と2つの分岐点/幼馴染が加害者家族という被害者になった日⑯

本日のテーマ:発達障害・境界知能・知的障害「療育」の重要性 ▷前回の記事から読む 「療育をはじめるなら1日でも1年でも早い方が良い」というのは、なんらかの凸凹を持つお子さんのいらっしゃる親御さんなら一度は耳にしたことがあると思います。 7~8年くらい前からでしょうか。積極的に療育を進めたいとお考えの親御さんが増えてきたと個人的には強く感じます。とても良い傾向だと思います。 矯正や更生に携わっているため、私も当然この分野に知識はありますし、連携をとってもいるため周囲には専門家が多いのですが、こちらのコラムの「幼馴染が加害者家族という被害者になった日④」の中で、 我が子を加害者にしないためのひとつとして――絶対ではないのだけれど――子どもの学校生活において見逃せないサインというものがある。それは「小学校2年生」と「10歳」の頃の2度訪れる。・この2つの分岐点を親が見逃さないこと・子どもにとって「本当に良い家庭環境」があること ※言葉足らずで誤解を招いたり、親世代を過剰に不安にさせたくはないので、詳細に関してはここでは伏せるこのように書きました。上記の「小学2年生」の時に ①学校の授業から遅れをとっているばあい ②クラスメートと"うまく"コミュニケーションがとれないばあい この2つを『目安に』一度、専門的に検査をうけてみられることを私自身はすすめることが多いのです。 私も2人の子を持つ親ですから「1歳半」や「3歳児」の健診の際に、腹を痛めて産んだ子の発達に揺らぎや遅れが見えると指摘をうけた際の親の気持ちは想像に難くありません。 ですので「その時に迷わず療育を選ばれていたら!」と強く言
0
カバー画像

子どもの嘘について考えてみた件

夏の天候は喜怒哀楽が激しいです⚡ 癒しを与える水。命を救う水。 でも急に表情を変え命の脅かすこともあるということを、 報道の映像を見るたびに改めて思い知らされます。 被害にあわれた地方の方々に、心よりお見舞い申し上げます。*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…夏休み真っただ中に「”宿題やった”と嘘をつく子供についての相談」に関してのネットの記事を読み、つい自分のことを振り返り、色々な思いが浮かびました。私は子供が小さい時から “嘘ついちゃだめよ” と言う事を伝えていました。でも、それは「人は嘘をつかずに生きていくことは不可能」が私の頭の中の前提でした。成長していく中で、嘘をつく場面は少しづつ出てくるだろう。自分を守るための嘘。人を守るための嘘。その場を取り繕うための嘘。「宿題やった」はそのうち、やっていない事が先生にバレて、結局はあとでやらなければならなくなるのかなと思います。自分に戻ってくる嘘になりそうです。人を守る為の嘘は、絶対にバレてはいけない、それを守るために嘘の上塗りをしなくてはならないかもしれません。嘘も方便。じょうずな嘘を使う事で、事がうまく運ぶ・・ひとつのコミュニケーションツールになるのかもしれません。私が“嘘ついちゃだめよ”と伝えてきたのは、今後嘘をつくときに、「少しだけひっかかりを感じてくれればそれで良い」と思ったからです。「その嘘を自分の中でどう処理できるか」だと思います。結局バレて作戦失敗になるのか?バレないけれど、罪悪感を抱えていくのか?ついた嘘で誰かが幸せになれたなら良しとするか?子どもが嘘をついている事を見抜いた時、その後
0
カバー画像

未成年犯罪の再犯率は1/3の増加傾向/幼馴染が加害者家族という被害者になった日⑭

▷▷▷前記事から読む 再犯率 令和4年情報・未成年犯罪者の再犯率は、1/3(増加傾向)。 ・成年犯罪者の1/2が再犯をおかしているというデータが最新である。 ・又、未成年犯罪者の特殊詐欺の再犯率は75%ととても高い。 未成年犯罪初犯年齢 尚、一般的にはあまり知られていない現実として少年犯罪の初犯年齢は「中学を卒業したばかりの15、16歳」が圧倒的に多いということ。 書きたいこと、伝えたいことは売るほどあるけれど今回は「再犯」に絞りたいと思う。 世間では「薬物犯罪」と「性犯罪」の再犯率が著しく高いと言われている。それを否定するつもりはないが、前述したように現在は少年犯罪の約30……厳密にいうと「ほぼ40%」が再犯に手を染めており、なかでもオレオレ詐欺などに代表される特殊詐欺の再犯率は75%と尋常ならざる事態である。このことは一般にはあまり知られておらず、情報の新陳代謝の滞りを感じる。 薬物犯罪と性犯罪の再犯率が高い理由は「適切な治療が必要」なのに、それがなされていないから。それに限ると言っていい。 この適切な治療というのが非常に重要になる。 これに関してはこのような文字情報だとどうしても偏りが出てしまうので、詳細はカウンセリングベースにさせていただきたいのけれど、書ける範囲で『誤解を恐れずに』書くと――。 ▶依存からきているもの▶「発達の凸凹」や「知能の遅れや歪み」からきているもの この2つをまずは「きちんと分けた上で」それぞれに適した専門的な治療や訓練が必要になる。これが再犯に繋げないために必要なアプローチの大前提なのだ。 しかし実際にこの大前提を踏まれていない、名ばかりの更生
0
カバー画像

なぜ教育が大事なのか?子供の教育を考える

こんにちは。スピリチュアルヒーラーの沙耶美です。お子様の教育について悩む親御さんのご相談は少なくありません。毎日のように、どちらの学校がいいか、どういうことを学ばせたらいいか、というお悩みをいただきます。教育というのは大変に重要です。少しここで歴史のお話をします。ある一部の国では、反日を掲げています。しかし、台湾は日本は真の友人と、多くの台湾国民がいつも寄り添い助けてくれます。そして日本も台湾には支援の手を差し伸べる。こうして常に真の友人の関係を築いてきました。しかし過去をさかのぼれば、台湾は日本の植民地だった時代があるのです。今の私達は想像できませんが、ある日突然、違う国の軍隊や役人たちがどかどか、ずかずかっと入ってきて、知らない言葉で話しかけたり、まくしたて、しまいには自分たちの言葉を使わないように強要される。信じられますか?その苦しみと悔しさが!しかし、当時の日本では、台湾は初めての植民地で、何としても発展させたかった。当時の偉い人達は、日本の知恵と総力を結集して、台湾を発展させようと努力をしたのです。教育では、日本語を学ぶことを必須としましたが、日本人と台湾人が一緒に授業を受け、優秀であれば、民族問わず大学に行けるようにしました。その後日本は敗戦し、台湾には中国軍が入ってくるのですが、その時に台湾人たちが受けた辛い経験が、「日本の方がよかった、日本は台湾を良くしてくれた」という印象になり、今でも学校の教育の中で、日本は「真の友人」と教えてくれているのです。私たちの国の教育は、受験のためであって、思想のために教育という考え方がないように思います。私は昭和48年生まれですが
0
カバー画像

教育虐待する親と無関心な親の末路/幼馴染が加害者家族という被害者になった日⑫

随分前に担当した1人の少女とその家族、子ども達の精神を追いこむほど過剰に厳しく躾けたお母様の話の続きになります。 ▷▷▷前記事から読む警察から電話があった時、お母様はこのように仰ったそうです。 「ほら、あなたがあの子を甘やかすから」 「私はずっとあの子のためを思って躾けてきたのに」 あなたの責任だと指を突き付けられたお父様は「今は責任の所在は問題ではないだろう? 娘が警察に捕まったことの方が重要ではないのか?」と言葉を発することができなかったそうです。 その場にいた少女のごきょうだい達は、母親の責任転嫁と空気の読めない発言に開いた口がふさがらなかったといいます。 とくにお母様に気に入られていた"成績の大変良い長子"は「お母さんが追い詰めたんだよ、あの子が可哀想。お母さんは人で無しだ」と強い口調で言い捨てたそうです。 少女が出院してから、お母様を除いた家族全員で少女の更生をサポートしたと言います。お母様は家の中で少女の顔を見るたびに「恥知らず」「恩知らず」「一族の恥」等と罵るため、別居~離婚という形をとられました。 『教育虐待の加害者』であるお母様と家族が物理的に離れたことで家族は本来の在り方を取り戻し、少女自身は「更生」を、ご家族は「再生を」真っ直ぐに得るべく奮闘したそうです。 その甲斐もあり、少女は再犯に手を染めることなく20年が経ちました。 先日死刑執行されたKや、異常なまでに勉強を強いられ過干渉と束縛をされ続けた挙句に母親をめった刺しにして遺棄したK被告に共通するのは母親からの「教育虐待」と父親の「無関心・無関与・長期不在」。 教育虐待があるだけでも子どもの心と脳には歪
0
カバー画像

でき太くん三澤のひとりごと 投稿 その40

投稿 その40以前どこかのコラムで書いたことがあるかもしれませんが、私は「知っている」ということと、「できる❗️」ということは別ものだと考えております。たとえば、10問の問題を10分で100点満点というお子さんと、同じ問題10問を3分で100点満点をとるお子さんがいたとします。この場合、前者が「知っている」というレベルに到達したお子さんで、後者が「できる❗️」というレベルに到達したお子さんです。もう少し具体的な例でいえば、「割合」のようなちょっと考える必要があるようなテストを、30分で100点をとるお子さんと、10分で100点をとるお子さんとの間には、割合に対する理解、定着度にかなりの「差」があります。この場合は、前者が「知っている」というレベルで、後者が「できる❗️」というレベルに到達したお子さんといえます。おそらく前者のお子さんは、「う〜ん。。。」と考えながら、余白に図などを描いて解いている問題もあるかもしれません。運筆にも迷いや不安が出ているかもしれません。一方、後者のお子さんは、ほとんど悩むことなくスラスラと答えを書いている感じでしょう。割合のような「考えること」が要求されてくる問題を10分で仕上げるのですから、問題を読んだらすぐに内容がイメージ化でき、10分というのは問題を読む時間と計算の時間だけという感じでしょう。運筆にも自信があらわれ、スラスラスイスイ回答していることがイメージできます。一般的には「100点」という結果を見て「合格」と判断してしまうものですが、算数、数学においてしっかり実力を身につけていくには、どのくらいの時間をかけて仕上げたものなのか、プリント等
0
カバー画像

子どもを加害者にする夫婦仲・家庭環境/幼馴染が加害者家族という被害者になった日⑩

◀本日のテーマ▶ 夫婦仲が子どもに与える影響の本当のところ ▷▷▷前記事から読む未成年で犯罪をおかした者、大人になってから犯罪をおかした者。そして彼らの親御さん。彼らのごきょうだい。場合によっては、彼らの「育ての親(がわり)」の方々――。 1つの罪に対して少なくとも1人の加害者が「必ず」いる。 繋がりのある人達の数は(加害者側だけでも)少なからず1~2人はいらっしゃる。ですのでたった1人の意見に偏ることなく、真実にほど近い話を聞くことができる。 私を含む世間の「親たち」が思っている以上に、悪しき夫婦仲・家庭環境は子どもの心に影を落とします。 幼馴染が加害者家族という被害者になった日④の中でも書きましたが、子どもが『緊張を強いられない』家庭環境づくり――これはとてつもなく大きな影響を子どもに与えます。 そこには先日も書きましたように「教育虐待」も勿論含まれます。 ある日を境に家族ではない者、例えば『新しいお母さん』『お母さんの彼氏』が家にやってくるようになったという状態も、勿論、緊張を強いられる家庭環境にあたります。 そして最も身近なところにあるのが 「夫婦仲」「夫婦喧嘩」「仮面夫婦」「家庭内別居」。 家の中は本来「心が安らぐ場所」「落ち着く場所」「安心していい場所」「心身ともに傷つけられない場所」であるはずなのに、それが許されない、子どもに緊張を与えるのが両親のつくる空気です。 ・「自分を介して」両親が話す、といういびつな環境。 ・両親それぞれが自分に「相手の悪口や愚痴」をこぼす状況。 ・自分と父親、自分と母親など「会話が個別」なものばかり。 ・リビングの冷えた空気、両親のあい
0
カバー画像

女性が活躍できる職場を目指して

おはようございます。 今朝も5キロの散歩を行い、健康管理をしながら毎日いろんなことを心で整理して今日の元気につなげています。 さて、今日は女性が活躍できる職場を目指してということを書きたいと思います。 大学を卒業してから、外食の道に進み今日までやってきました。学生時代は誰の目に留まることもなく、日々普通の楽しい人生でした。とはいえ、リーダーになることもなく目立つこともなく普通の人生です。 でも、そんな自分が阪神大震災後に社会に出て、お店にきてくれるお客様のことを思って、もっとお客様に喜ばれることはないかと考えながら、このままの商品ではいけない。お店の周りの雑草はきれいに抜かないといけない、駅前や団地で餃子のサービス券を配ったり、すべて手作りのらーめん屋をさせてもらったり、わずか数店舗のうどん店を今や全国1位の800店舗以上のうどん屋にできたり、これらはそれぞれ経営者の考えに基づいているところが非常に大きいですが、私にとってはそれ以上に現場を切り盛りしてくれていた主婦のパートの方の力がもつとも大きかったです。ちょうど15年ほど前、3店舗の店長の時に統括店長という役職をいただき、姫路の店舗に初めて臨店にいったら、そこのパートの富田さん「通称 とみやん」に、『あんたの会社どうなっているの!!私ずっと休みなく働いて、こんなしんどいしごとないわ!! 人の募集もなんもせえへんやんの』と初対面での強烈なおしかり。話を聞くと3週間休みなしで、店長も休みなく働いて、それに対して会社は何もしてくれないということでした。実際、働いているのは店長とパートさん二人のみ。店長も一生懸命頑張っており、話を伺
0
カバー画像

育ちと素地を使う

私の父は文学と音楽が好きな人だった。私に本を読ませようとしていたし(でもからきしで漫画ばかりだった)ピアノもなんだかんだ10年以上は続けた。高卒で実家の北海道を出てから原付で南下して行き着いたのが広島だったらしく、私の母と再婚してからも職を転々として経済的に不安定で家庭的な人では全くなかったけれど、教育に関してはとても熱心だったので今、長男が小学生になって当時の自分を思い出されるたびにこうやって自分の子どもにひととおりアドバイスができるのは父のおかげだったのだとつくづく思う。消費者金融からの電話が鳴る中黙々と勉強をするような私自身の育った環境もだし、家庭や発育に事情のある子どもが一定数通う小・中学校に通っていたので高校以降に関わってきた人はいわゆる一般的な家庭かお育ちのいい人がほとんどで夫の家族や親戚もそうであるけれど、息子の通う学校にはワケありの家庭の子どもがいるようなのでそんなことを見聞きする度に敬遠したり批判する人たちに同意する気にはならない。ワケありの家庭は代々の連鎖も往々にしてあるのでそういう人に対して正論をぶつけることはむしろ野蛮じゃないだろうか。なんて思わされることもあったりしてそんなことを感じられるのも自分の生い立ちならではだと思うと私は見方を広げてくれる経験をたくさんさせてもらっていたのだ。悲しかった、つらかった、そんな記憶の多かった幼少期のことが目の前の世界を見るときに奥深さを持たせてくれている。
0
カバー画像

一つのことを徹底することで最高の機能集団になり利益集団になる。

おはようございます。今朝は、太陽はさんさんと降り注いでいますが、風があり、気持ちいい散策になりました。朝の散策では本当にたくさんの方がジョギングをしたり、散歩をしたり健康管理を大切にされています。 さて、今日はすべてができたらそりゃうまくいきますよ。でもそれができないから、できる方法を仕組化したお店や企業が成長するって話をさせていただきます。 例えば、AIと同じように過去のデータから、どのようなパターンがもっともすぐれているかを人とAIで比べたら、やはり記憶能力の差でどうしてもAIに人はかないません。まさに将棋の手を読むことなんかは、ほとんどの方がAIに負けてしまいます。一部の新たな手を作り上げるようなトップの方のみがAIと太刀打ちできるような世界です。 飲食店においても、他の企業においてもまさしくこれと同じことが起こっています。どうすればお客様が喜んでくれるか、それを目的、作業、方法、道具などを完璧に用意して、それを実践できたらそこで働く方々のパフォーマンスは最大化できます。でも現実的に人は、慣れた動きがあり、言葉一つとっても関西弁の方に標準語で話す練習をしても、なかなかうまくなるまで時間がかかります。レジで「〇〇なります」という言葉遣いに慣れている方に「○○です」と言い換えてもらうことも簡単ではありません。毎日毎日同じことの繰り返しで覚えた仕事を新たに変えていくことも非常に難しいです。 なので企業がもし、無尽蔵に教育にかける時間と費用を捻出できたら、それはある程度再現性のあるものになりますが、現実はその時間がなかったり、その教育に充てる人件費がマイナスになってしまったりと、
0
カバー画像

でき太くん三澤のひとりごと 投稿 その39

投稿 その39久しぶりに映画を観ました。気分転換のつもりで。映画のタイトルは、「そして父になる」です。これから観る方もいるかと思いますので、概略だけ説明しますと、仕事も家庭も順調で何不自由ない生活を送ってた会社員(私の好きな福山雅治)と、貧しいけれど愛情深い地方の電気屋さん(私の好きなリリーフランキー)に、ある日突然病院から連絡が入り、自分たちが6年間愛情をかけて育ててきた息子が、赤ん坊の時に取り違えられた子だと告げられるというものです。今回の映画を観てふと脳裏に浮かんだ言葉は「環境」です。人は「環境」の影響を必ず受けていると思います。大人になれば、ある程度自分で「環境」を調整して、自分にストレスがかからないようにすることもできますが、子どもは自分で「環境」を調整するほどの力がありませんから、私たち以上に「環境」に影響を受ける存在だと思います。お父さん、お母さんがイライラすることが多く、いつも「はやくしなさい!」と言われるような環境だと、子どもはいつも不安で落ち着きがなく、学業もあまりパッとしません。逆に、今回の映画の電気屋さんのように、しっかりと子どもに愛情を注いてくれる人がいる環境だと、子どもは安心して過ごしていくことができます。安心して過ごすことができると、子どもは物事に集中して取り組むことができるようになりますし、他の子のこともしっかり思いやれる子になっていきます。子どもが安心して生活できて、じっくり集中して物事に取り組むことができるようにするには、何が必要なのか。それをしっかり考えていくことがとても大切だと感じます。最近ではコロナの影響で全く訪問できなくなってしまいま
0
カバー画像

この世で最強の資産は「頭脳」

Google、Apple、Facebook、マイクロソフト、マクドナルド、スターバックス、ラルフローレン、GAP、Netflix、オラクル、ハーゲンダッツ、ゴールドマン・サックス。これらの世界的企業を創設した起業家たちはユダヤ系出身者です。また、アルベルト・アインシュタインやダニエル・カーネマンなど、ノーベル賞受賞者の約20%はユダヤ人が占めています。なぜユダヤ人は優秀な人が多いのでしょうか?昔、ユダヤ人は権力者によって迫害を受け続けてきました。手元にある土地や財産は全て没収され、国外追放されることもありました。こうした状況の中、やがて、ユダヤ人は頭の中にある「頭脳」に投資するようになりました。形ある資産は奪われてしまう恐れがありますが、頭の中にある知恵は誰からも奪われる心配がありません。自分の知能や子どもへの教育に資産を注ぎ込み、数々の偉大な成果をあげて、次第に社会的地位を高めていきました。この事から分かる通り、この世で最強の資産は「頭脳」です。頭脳を磨くサービスがここにあります。
0
カバー画像

教育虐待がつくる心と脳の歪み/幼馴染が加害者家族という被害者になった日⑦

◀本日のテーマ▶ 教育虐待がつくる心の歪みの根深さ。 ▷▷▷前記事から読む  私が子どもの頃、世間の目は“片親家庭の子”に冷たかった。 有難いことなのか…うちの親は幸いにしてそういったことを絶対に口にしなかった。 しかし、「シンママ家庭の子」や「団地に住んでいる子」と遊んではいけないと我が子に言い聞かせるよそのお母さん達の声を、実際に耳にしたことは幾度となくある。 親からそのように言われた子は明確な理由もわからぬまま、シンママ家庭の子や団地に住んでいる子を避けるようになる。そうなると1人また1人と彼らを避け、彼らは多数派から孤立していく。 子どもは寂しいままではいられないから、孤立した者同士で集まる。そうして出来上がるのが「ヤンキーグループ」だった。そうなると件の親たちは決まって言うのだ。 「やっぱり片親の子は」 「やっぱり団地に住んでいるような子は」と。 一体だれがそういう孤立を作ったのだ?子どもながらに私はそう思っていた。いつしか大人になり矯正心理・スクールカウンセラーとして多くの子ども達や、罪に手を染めてしまった者達に接してきました。 あくまでも私が見てきた『数千人の親子』が対象ですけれども――なんらかの理由でシングル家庭で育った子達と、教育虐待をうけて育った子達、心の歪みが大きく根深いのは圧倒的に後者でした。 前者は親が“不在の寂しさを埋めるために”仲間を募り仲間と群れ暴走行為に走ることはあれど、ある期間を過ぎるとそこから卒業し、『同じ畑』を歩いてきた諸先輩方との出会いが精神的な成長を促してくれることも少なくありませんでした。 とはいえ横道には何度もそれるため、俯瞰で見
0
カバー画像

あなたの魂は本当はまぶしく輝いています👼✨

あなたは、お風呂に入るか、入れてもらってますでしょうか(*゚▽゚*) もしも、そうだとしたら、 あなたは、自分の汚れを落としてさっぱりすることができるチャンスに恵まれている、 ものすごく幸せ者ですね( ´ ▽ ` )ノ✨ こんにちは、 神様はあなたをいつも愛し続けていることを伝えたい、 小さなまるい虹です(●^o^●)🌈 今日は、ちょっと長くなりますが、 お付き合いくださるとうれしいです(*゚▽゚*) 先日、十数年ぶりに友達に会ったのですが、 その友達から聞いた話が、 本当に私の心を打って、 とても感動したので、 あなたにも伝えたい、と思って書かせていただきますね( ´ ▽ ` )ノ♪ 自分になんか自信がないな、って方にとって、 新しい視点になればな、と思って書かせていただきます(^^) 友達が小学3年生の頃の担任の先生が、 その年で、定年で最後の学年だったそうです。 そして、その先生がいつもおっしゃっていたことは、 先生は偉いんではない、と。 先生は、みんなよりも長く生きているから、 ただ、みんなよりも知ってることがいっぱいある、と。 ただそれを伝えてるだけです、と。 そして、それがみんなの役に立つことだから、 伝えてるだけです、と。 人間に、この人は偉いとか、 上下関係とかはないんだ、と。 ただ、自分が得意なこと、苦手なことというのがあって、 その得意なことを伝えているだけなんです、と。 だから、先生がいろんなことを知ってるからと言って、 偉いんではないんだよ、と。 私は、そう言えるこの先生は、本当に素晴らしい方だと思いました。 そして、私の友達が住んでいた地域には、 親御
0
カバー画像

でき太くん三澤のひとりごと 投稿 その38

投稿 その38先日学習相談を受けました。現在小学5年生のお子さんをお持ちのお母さまからのご相談でした。ご相談の内容は「このまま公立小学校に通わせていて、基礎学力はしっかり身につくのか」というものでした。現在公立学校は「子どもたちの主体的な学び」を提供するために、話し合いで課題解決への道を考えさせたり、アクティブラーニングを取り入れたり、タブレットやロイロノートを活用したりと、さまざまな取り組みを始めております。私はこのような取り組みについては賛成で、子どもたちが楽しくなるようなことはどんどん積極的に取り入れていけばよいと思っています。ただそれには「準備」が必要だと思っております。この「準備」ぬきに取り入れていくと、授業についていけずに今まで以上にストレスを感じるようになるお子さんや、逆に授業がつまらなすぎて「あくび」がでてしまうというお子さんも出てきます。私から見て、そのお子さんが通われている学校ではその「準備」がしっかりできているようには思えませんでしたので、今回ご相談にきたお母さんが「このままで大丈夫なのか?」という不安をいただくのも当然のことだと思いました。とはいえ学校の先生も多忙で、そのような中で私のいう「準備」をするのは大変なことだと思いますし、教員が不足しているということも先日ニュースで取り上げられておりました。今、公教育は多くの問題を抱えながら、何とか理想に向かって進もうとしているという感じなのかもしれません。では、こういう状況下で私たちはどうすれば良いのでしょうか。私はまず、子どもの学習課題などを各ご家庭が主体的に考えていくことが必要だと思います。だれかにすべて
0
カバー画像

【つぶやき】 研究・大学院(#36~40)「大学教員のキャリア」など

#40【大学教員のキャリア】私は学部卒→大学院進学で、これが標準的と思ってました。今、大学教員で色んな方をみると、私のキャリア以外で大学教員になっている方が予想以上に多いと感じます。新卒採用の企業とは異なり、大学教員のキャリアはかなり多様です。大学教員に興味のある方はぜひご相談ください。#39【論文掲載料】研究成果を論文として公表することは重要です。理系では、論文にすることで研究が完結すると言っても過言ではありません。ただ、掲載できるかの審査(査読)以外に、雑誌社が設定する掲載料が高騰し続けてます。自分の研究費が潤沢でないと掲載料が捻出できず、研究力に支障が出ます。#38【スロトレ】研究者は自分の研究にこだわりをもつものです。今も「スロトレで鍛え直す」との記事を見ますが、筋収縮を維持し、ゆっくりと動作を反復し続けるのは、かなりテクニックが必要です。また、スロー動作で鍛えた筋が、転倒防止などの咄嗟の素早い動きに対応できるのか?と疑問があります。日本経済新聞 2022.7.17 Gooday #37【アカデミックの推薦状】学部生(卒):奨学金、大学院入試など院生:奨学金、就職など教授などに推薦状を依頼する場面があります。0から書くのは依頼された側の負担なので、ある程度は依頼する側で自己推薦文を書き、たたき台にしてもらう方が依頼状を書いてもらいやすくなります。#36【研究テーマ】留学生で、文系大学院へ進学を考えている人からご相談。「本当は自国をテーマに研究したいけど、お国の事情があって難しい。そのため別のテーマにしたいので…」とのこと。研究アイディアが制限されない自身を振り返り、「恵
0
カバー画像

子供たちに伝えることを伝えるためには【言の葉Cafe深夜営業】

地域の青少年のためのキャンペーンを、まったくやる気のない状態でなんとなく話があったのですが、僕としては「受けたことは全力で」がモットーなので、頼まれてもいないキャンペーンを仕掛けています(;^ω^) 町内会では青少年の非行防止のために夜の見回りをするのですが、いくつもの問題を抱えています。 町内会の年寄りばかりで見回りしていても、実際に非行少年たちに出くわしたらどう対処できるのか?基本的に「うるせぇ!ジジイ」で話は終わります。 また本気で遊びに行くなら都心部に行きます。割と近いので。 そもそもそうした夜回りをする少年たちの気持ちをどれくらい推し量っているのか? なんとなく毎年やっているから・・・という消極的で空疎な理由では子供たちに失礼です。 何故、子供たちは夜遊びをするのでしょう?とりあえず他に面白いことが無いからです。 「ダメよ、ダメダメ」と少し前に流行ったギャグでしかないのでは、何を言われても知りません。 ゲームをしてはいけない、と言われても根拠もないし、それ以上の娯楽の提案もできない大人には何も言えません。 「ゲームばかりしてないで勉強しなさい」は、現在のIT系の求人を視ていると説得力が欠片もありません。むしろ大人がしっかりと学べよと言われても仕方ありません。 きちんと話を聴くことが出来ないのでは、何を言っても聴くことはありません。 大人だって、自分の話を聴かない人の話を聴くわけはありません。 もう一つ嫌いなのは、大人が「子供に寄り添ってやってます」的な態度です。 「お前たちの気持ちはよくわかる」 これ、腹が立ちません? これは大人になっても良くあるのですが、なんちゃっ
0
カバー画像

お金の教育をしたほうが良いこどもとは?

最近の幼稚園・幼児保育施設では「お金の教育」がカリキュラムにあります。下の子供の幼児園を経営する会長が発行した印刷物の中で書いていたのですが、その自分がされたお金の教育のエピソードに、ちょっと仰天したのでシェアしようと思います。あらすじは、こんな感じです。この会長が子供の時、好きなラジオ番組が始まる時間に限って、自分の祖父がタバコを買いに行けと言います。毎日毎日、聞きたいラジオ番組を諦めてタバコ屋に走る。祖父からお駄賃はもらえるものの、聞きたい番組は終わっている。そんな日々を繰り返し、また頼まれる。どうしよう。と考えた会長。ある日、「おい、タバコかってきてくれよ」と祖父に言われた時、会長は、「買ってあるよ」とタバコを祖父に渡します。 つまりお駄賃を貯めて、あらかじめタバコを買っておいたんですね。そしてお金を受け取り、悠々とラジオを聴くことができた。それをみた祖父が「そうだ。金で時間を買うんだ。よくやった。」と褒めてくれた。そうやって、昔は子供にお金の知恵を授けていたのだ、というお話です。ほ〜!!wすごいな!って思うと同時に、この会長はもともと賢い子供だったんだなぁ〜と思いました。多分同じことをされて、同じように学べる子供って一握りだと思います。(頼んでもタバコを買いに行かなくなるだけかな。)  そして、この会長、お金の管理ができているかをはかるために、新入社員の面接時に借金があるかどうかを聞くのだそう。自己管理の一環としてきちんとお金の管理ができているのかどうかを重視するので、奨学金であっても借金しているなんて言語道断、というような内容が書かれていました。ピカチュウパートナーは
0
カバー画像

でき太くん三澤のひとりごと 投稿 その37

投稿 その37こんにちは、三澤です。小学生の間だけ学習指導を担当させていただいたお子さんから、先だって東京工業大学に無事合格しましたというメールがきました。小学校の間の数年間だけの担当にもかかわらず、このようなメールがいただけるというのはとてもうれしいものです。このメールを読んだときにふと思ったことは、算数、数学という教科は「自分のちから」をどれだけ使ったかによって、成長度合が変わるということです。今回メールをくれたお子さんは、「自分のちから」でよく考え、「自分のちから」で問題解決をして、すぐにわからなかった問題や、ミスした問題など「自分のちから」で復習をして、「自分のちから」を徹底して使っていました。中学数学となってくると、どれだけ「自分のちから」で考えることができたかが、小学校のとき以上に成長度合を左右します。たとえば、三角形の合同条件について教えることはできても、その中身を本当に納得できるところまで考えるのは学習者本人です。なぜ三角形は、2辺とその間の角がそれぞれ等しいと合同になるのか。このことを授業で説明し、教えることはできても、それを学習者が納得できるところまで「自分のちから」を使って考えないと、この知識は定着しません。どれだけ「自分のちから」を使って考えたか、そして納得できたのか。そのひとつ一つの「納得」の積み重ねが成長につながっていく。数学はそういう教科だと思います。このようなお話をすると、「先生、そうおっしゃいますけど、うちの子は塾で教えてもらうようになって、数学がよくわかるようになったと言っていますけど。。。」と言われることがあります。確かに教え方の上手な先生
0
カバー画像

僕がいなくなったら悲しい?

はじめまして。見に来てくれてありが