絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

心の「強さ」・「弱さ」とは?

うつ病、適応障害、不安障害、対人恐怖症。医師から診断を受けて治療をしている人から、「そうかもしれない」と不安を感じているひとまで様々です。辛さと向き合い自分を持て余し、どうしたらいいか苦しんでいる時に、『そんな病気になるのは心が弱いからだ』と言われたこと、ありますよね。心が弱いから、病気になるんでしょうか。心が強かったら、絶対にこうした病気とは無縁なのでしょうか。では、心の強さ・弱さって何でしょうか?結論から言うと、私は「強弱」は無い、大事なのは「柔軟性」だと考えています。心の強さとは?言葉から受けるイメージでは◆多少のことでは動じない◆どんな状況でも自信に満ちている◆失敗しても落ち込まない◆揺るがない意志を持っていて主張出来るなどの特徴を、持って生まれた人、のような印象を与えますしかし、こうした特徴を持った人が、本当にうつ病のような精神疾病や、心のストレスと無縁なのでしょうか。何があってもへこたれないように見えているだけで、他人から見えないところで必死で自分を励ましたり、一人でお酒を飲んで忘れようとしたりしているのかもしれません。又は自己暗示のように「自分はつよいから大丈夫だ」と言い聞かせていたり。いずれにしても、何かしらの対処をしているケースがほとんどではないでしょうか。更に言えば、自己流の対処で何とかしのげている、とも言えます。そしてある程度なら、どんな人でもやっている対処法です。心の弱さとは?強さとは反対の意味ですね。たとえば、◆些細なことで動揺したり落ち込んでしまう◆動揺したり落ち込む自分について悩んでしまう◆自分が不得意な状況だと、本来の実力が出せない◆人に「こうだ
0
カバー画像

今を生きるレジリエンス(シリーズvol.1)

今日は、ホリスティック医学協会発刊のホリスティックマガジンから 「レジリエンス」について、シリーズに分けてピックアップしてみたいと思います。 そもそも、レジリエンスとは何か。 端的に言えば、「本質に戻るちから」 もともと、「弾性、回復力、復元力」を意味する物理学用語でした。 東日本大震災後の2013年12月4日、「国土強靭化基本法案」が成立しました。正しくは、「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」、別名「ナショナル・レジリエンス」です。 防災・減災対策において今後さらに必要となるのが、ハード面の強化に加えて自助・共助を柱にしたソフト&ヒューマンウエアです。そこで重視されるのがレジリエンスなのです。 東京都市大学環境学部で教靭を執る枝廣淳子教授は著書『レジリエンスとは何か―何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる』の中で、レジリエンスの概念を「外的な衝撃にも、ぽきっと折れてしまわず、しなやかに立ち直る強さ」と記しています。枝廣教授によれば、このレジリエンスの概念は生態系の分野と心理学の分野でそれぞれ発展し、世界でその取り組みに関心が集まっているとのことでした。 「こころの強さ」とはなにか 2018年は一年を象徴する漢字に「災」が選ばれたほど、多くの自然災害に見舞われた年でした。ますますナショナル・レジリエンスの取り組みが加速することでしょう。一方で、心理学の分野、こころと健康においても近年、レジリエンスが注目されています。その背景には鬱を含め、ストレスによる不調を訴える人の増加があると言われています。 企業のメンタルヘルス対
0
カバー画像

ABC分析 〜レジリエンス〜

私は、もともと感情調整力が弱い特性がありました。プレッシャーのもとでは落ち着きを保てず、職場・家庭・友人などの人間関係において、最も大きなデメリットは「相手をうんざりさせる」ことでした。レジリエントな人(ストレス耐性の強い人)は、感情や注意力・行動をコントロール出来るスキルを活用しますが、従来の私はそれらのスキルが低く、人間関係の構築や維持に苦労することが多かったのです。適切な感情表出は、レジリエント(ストレスに強い)であることの一部です。しかし、感情を完全に隠し続けておくと、感情にとらわれることとなり、レジリエンス(ストレス耐性)の妨げとなります。いかにして自分の感情を調整すればよいのでしょうか。怒っているときには心を落ち着け、悲しいときには気分を高揚させ、不安な気持ちを静めるための多種多様なテクニックとは…。その方法にABC分析という方法があります。具体的な内容は、別途 ブログ記事として投稿しようと思います。
0
カバー画像

顧客対応は難しい。。強い心と対応力を身につけるために身につけるべきものは?

以前の私はお客様とのやりとりにいちいち傷ついていました。今も若干残っていますけど、・修正依頼→気に入らないって怒られている気がする・価格交渉→お前はもっと安いだろって言われている気がする・クレーム→才能がないって突きつけられている気がするこんな感じにいちいち刺々しく受け取ってしまって、「自分みたいな力不足に何の因果か依頼することになったお客さま、申し訳ないです。お許しください」みたいな。私は普通にしていればごくごく普通、決して面倒くさいタイプじゃないと思うんですが、心の中では、家庭や学校や社会から気が付かないうちにもらってしまっていたさまざまなブロックが育って根を張っていて、お給料以外のお金をもらうときにそれがそれがすごく出てきてしまったんです。これにはかなり苦しめられました。お金に関するブロックは、実際に副業や独立を果た仕事を始めてみないとなかなか表に出てこないものだと思います。さまざまなお客様の要望にお応えしていくには、ただ窓口を開いているだけではだめで、自分自身に向き合ってブロックを外す努力も必要だし、なによりコミュニケーションのスキルを身につける必要があります。今日は顧客対応力を身につけるために学んだことを紹介していきますね。ポジティブ心理学・レジリエンススキル私が最初に目から鱗が落ちたのはこれ。ポジティブ心理学は、心の病やダメージを治すものとしての心理学ではなく、人間が幸せになるにはどうしたらいいかを研究する心理学。ポジティブ心理学のさまざまなメソッドの中でも、私が助けられたのは「レジリエンス」ですね。日本語では強靭性、回復性という意味になり、傷ついても回復できる能力
0
カバー画像

長男長女の結婚。そして、長男の嫁という立場。

こんにちは。eye(あい)です。いかがお過ごしですか?今日は、長男長女の結婚と、「長男の嫁」という立場についてお話ししたいと思います。私の祖父母も、私の両親も、私も、長男長女の夫婦です。ということは、当然「長男の嫁」ということになります。私の場合は、きょうだいに男がいないため、結局のところ「長男の家庭も、長女の家庭も背負う存在」になりがちです。実際に背負っています。さらには、長男である夫は一人っ子であり、さらに発達障害もあるということで、何かあるとズシっとこの両肩に「長男の嫁」という重みがのしかかってきます。まぁ何とか明るく切り抜けたいとは思っていますが、看護や介護のことについてもいろいろありますね。そんなeye家は今、ワタワタしております。一家の大黒柱化しているワタシは、必死に稼がなくてはなりません。こんな状況で、よく潰れないで生きているなぁって自分でも感心します。きっと、私の中にレジリエンスが育ってきたのだろうと思います。そんな「レジリエンス」についての講義を明日、職場でやります。柳の枝のようにしなやかな心で、ストレスに対処する。とっても大事なコトですね。状況は困難。だからこそ、乗り越えたらきっと自分が成長する、はず。そう思って生きていれば、きっと重くのしかかる「長男の嫁」問題も乗り越えられるはず。今日も、明日も、明後日も、しなやかな心で生きていきたいものです。というわけで、今日もココナラ活動、頑張っていきたいです!私の相談は、アナタの強みやできているところを見いだして、その強みにチカラを持たせるような相談です。多分、終わった後はまたやってみようって気持ちになれるのではない
0
カバー画像

「受け入れる」と「あるがままに見る」

ありのままの自分を「今はこれでいい」と受け入れると自己肯定感が高まり、 何が起こってもしなやかに回復できる力=レジリエンス が身に付きます。 で、今回その 「今はこれでいいと受け入れる」の「受け入れる」ですが、それは別の言い方をすると ものごとを「今、あるがままに見る」ということです。 ×何でも好きになる ×あきらめる ×何でも積極的になる ×大目に見たり、あるがままで満足する ということではありません。 そして「あるがままに見る」ことができると どんなことが起こってもうまく対処できるようになります。 客観的にものごとをとらえるので正しい判断ができ、 自分に対する信頼感も生まれます。 なので 自分のいいところも 自分の悪いところもすべて ありのままの自分をこれでいい と受け入れられるようになるわけです。
0
カバー画像

「希望」を持つと「レジリエンス」が高まる

いきなりですが、 レジリエンスとは、簡単に言うと「回復力」のことで、 心が折れることなく、状況に合わせて柔軟に対応して回復していく力 ということになります。 私のカウンセリングオフィスは マインドレジリエンス(Mind Resilience) という名前を付けましたが、 心をしなやかに回復させる力を養い、心を整える という意味を込めています。 私がカウンセリングで重きを置いていることはたくさんあります。 自己肯定感を高めることはもちろん重要な柱です。 ただ今回は別の柱にしている、 「希望」を見出してもらう ことについて少しお話ししたいと思います。 ■「希望」を持つには 希望とは、 将来に対する期待。また、明るい見通し。あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。という意味ですが、 希望についての研究をしている第一人者と言える、 リック・スナイダーは、 ゴールを概念化し、障害があってもゴールへ向かう道のりを見つけ、その道のりを歩み続けるためのモチベーションを保つ能力 と言っています。 なので、私流に解釈すると、 明るい見通しを持てば、ゴールを見据え、さまざまなルートを考えて、そこに向けて歩み続けていく力がわいてくる ということになります。 そうすると、ゴールの設定がカギとなりますが、 これをいかに自分で見出していくのかということになります。 そのためには、 小さな目標を達成して積み重ねるとゴールに到達する 小さな目標が「これならできそう」と思えるものにする ことが必要です。 この「これならできそう」と思える力、 そして、実際やってみようという気になる力が 「レジリエンス」と言
0
カバー画像

子どもの逆境後の成長に必要なものってなに?<レジリエンスとの違い>

2014年のアメリカの学術誌「American Journal of Orthopsychiatry」より子どもと青少年の心的外傷後の成長についての研究(1)が勉強になったのでメモ。▼こんなことを知りたい人向け・逆境後の成長に必要なものを知りたい・レジリエンスと何か関係があるの?・逆境後の成長にはどのようなアプローチがあるの? ※心的外傷を受けるような状況を逆境として文章書いてますのでご承知おきください。 ▼逆境後の成長に必要なものってなに?結論からいうと「意図的で建設的な熟考的プロセス」だそうです。 研究者はいいます。 こ成長はトラウマとその余波との闘いの結果として発展すると考えられており、トラウマそのものの経験だけではない。人は自分の新しい現実を理解し、何が起こったのか、そしてそれが今後の人生に与える影響を理解しようと努力することで成長すると考えられている。 つまり・どんな状態に本人が置かれていたのか・今本人が置かれている状況はどんなものなのか・今後の人生にどんな影響があるのか 過去と現在と未来の状況を建設的に解釈する工程が逆境後の成長には重要ですよってことですね。  特に幼い子どものトラウマへの反応、起こったことへの理解、対処のレパートリーは、養育者によって大きく影響されるそうなので、周りの大人がどのように関わるかも重要そうです。 ▼逆境後の成長(PTG)とレジリエンスの違い逆境後の反応としてポジティブな影響がある点では似てるようにも感じますが、概念的には全く違うものになります。 それぞれどのような概念かというと、 ▼PTGとは「トラウマの余波の中での葛藤の結果として、ポ
0
カバー画像

レジリエンスの高い人の特徴3選

レジリエンスとは日本語で回復力とか復元力という風に言われたりするわけなんですけれども、何からの回復かというと精神的な苦しみからの回復のことをいうんですね。イメージとしては、鋼のような強靭なメンタルではなく、柳のようなしなやかなメンタルです。このレジリエンスが高い人というのは、逆境から学び、以前よりも大きく成長していくわけなんですね。で今回はこのレジリエンスの高い人の特徴として3つにグッと絞って、お伝えしているので、この特徴を参考にしていただけると、皆さんもこのしなやかなメンタルを手に入れていくことができるのではないか?という風に思います。詳しくは動画でお伝えしているので、参考にしてみてくださいね。
0
カバー画像

不屈の力_レジリエンスのお話

失敗しても最後まであきらめずに挑戦する子供困難に直面してもそれを乗り越えられる子供その勇敢さはいったいどこからやってくるのでしょう?今回はレジリエンスのお話を紹介いたします。【レジリエンスとは】社会的ディスアドバンテージや、己に不利な状況において、そういった状況に自身のライフタスクを対応させる個人の能力と定義される。-wikipediaより要するに自身の逆境に対する抵抗力。不利な状況から立ち上がる力です。※レジリエンスの由来や詳細などはカオナビさんのサイトが分かりやすかったので、よかったらご参照ください。由来もおもしろいのですけど僕が興味あるのはそれをどうやって子供たちの支援に活かすかです。Journal of Pediatric Health Careによると(1)以下のものがレジリエンスの要因となるそうです。【レジリエンスの要因】・より高い認知能力・心理的なタフさ・自尊心・希望の感覚・他者への敬意・人生のコントロール感・サポートする人・サポートを受け入れる能力・良好な人間関係・趣味や創作活動ふむふむ。なるほど。確かに【自分ならできるという感覚】や【周りから助けてもらえる関係】、【なんとかなりそうという希望】があると立ち上がれそうな気がしますね。このレジリエンスは、ネガティブな人生経験を繰り返しうまく対処することで発達する可能性があるそうです。ちょうど感染症に対する免疫力と同じような感覚ですね。困難から立ち上がれば立ち上がるほど心のタフさは増していくということです。またレジリエンスの高い人によく見られる特性があるそうです。どんなものかというと・計画性・自己反省・自信・セルフコ
0
カバー画像

世界のエリートが注目!折れた心を回復させるレジリエンスとは

レジリエンスという言葉を聞いたことがありますか? 最近話題となっているバズワードです レジリエンスは再起力とも言います つまり、心が折れた時また回復できる力のことです! ここで注意したいのは、根性論ではないと言うことです それではこのレジリエンスが備わっている人の3つの特徴についてざっくり説明します 現実と向き合う まず第一に、現実を直視することです あぁ、現実ならちゃんと見てる と思いますよね? けれど人間どうしても現実から目を逸らしたくなります 嫌なことは考えたくなくて、なかったことにしちゃいますよね笑 しかしそれでは余計に不安やストレスも高くなるだけです 嫌なことに蓋をしてしまう一方で、 超絶ポジティブな思考も危険ですね 根っからのポジティブなら悪いことではないのですが、現実とかけ離れた空想は考え直したほうがいいです笑 自己啓発やスピリチュアル的な闇雲にポジティブになることはメンタル病んでしまうのでやめましょう! 人生の目的を持つ自分の人生は〜するためにある こういった理念や信念を持つとメンタルは安定します 自分の人生をどうしたいか、を考えてみましょう 人生どうすればいいかこっちが聞きたいわ! 特に目的とかねーよ! そう思うかもしれません けど僕は  自分の人生楽に生きたい(:3_ヽ)_ 少ない時間で仕事してお金に困らない生活をしたい 世の中社会が今よりもっと少ない労働時間でプライベートも充実するようにしたい こんな風に考えてます 心が折れた時、苦しい時は 自分が何のためにやっているのか、原点に立ち返ってみるといいですよ
0
カバー画像

うつ病を経験し、たくさんのことが目に入ってくるようになりました。

極端に痩せてきた人や、イラつきが続いてい る人、顔が常に暗い人などを見た時に放って おけない気持ちになるのは何だろうかと最近 感じていました。 要らぬお節介にならないようにと注意はして いますが、何かできることはないかと気にな って仕方なかったりすることがよくあります。 先日その理由についてハッとして人に話した ところ、なるほどーと納得してもらえました。 私を含め、長く療養生活が続いたり苦しむ病 気を患った人や犯罪被害に遭った人など、イ ンパクトの大きい出来事を経験した人が、通 常の生活に戻った後、支援や救済、普及活動 などに急に目覚めるといったことはよくある ことだと思います。 それは何故なのかと考えると多分、当事者が 自分達の行動を振り返った時、点が線になる 感覚を持つようになるからではないかと思い ました。 最近よく、精神的に追い詰められたと思われ る犯人によってとんでもない事件が起こりま すが、犯人全員に生まれつき疾患があった訳 ではなく。当たり前ですが、いきなり始点の 健常→終点の精神異常となる訳ではないんで すよね。 周りからは突然精神的に錯乱して暴力的にな ったように見えても、その状態に至るまでに 幾つもプロセスがあったと想像します。(犯 罪を憎む気持ちに変わりはありませんが) うつ病を経験してから、悪条件が重なりそれ まで保っていたバランスが壊れ、こんな風に 追い詰められるのは意外と簡単で、この苦し みやフラストレーションが外に発散されるこ とも、容易に想像できるようになりました。 本当に誰にでも起こりうることです。顔に生気がない人、人に会うといつも
0
カバー画像

脳のリミットを外すための手取り早い方法

確かアメリカの実験だったと思うのですが、陸上をやっている大学生を全米中から1000人規模で集め、「頭蓋骨に響くように」叫んでから走った学生と叫ばずに走った学生のタイムを比べました。すると、ほとんどの学生が、叫んでから走ったタイムの方が速かったそうです。このことから「頭蓋骨に響くように叫ぶと、脳のリミットが外れる」ことが推測されています。よく考えてみれば、オリンピックで自分の競技前に声を出している選手はよくいます。ヨガでも頭蓋骨に響くように声を出すワークがあります。また以前、テレビ番組である若手女性タレントが「嫌なことがあると、枕に顔をうずめて思い切り叫びます」と語っていたことがありました。そういえば、駅で口論している人たちも大声で叫んでますね(笑)。自分で抑圧していることがあって、もしそれに苦しんでいたら、枕や好きなぬいぐるみに顔をうずめて叫んでみても良いかも、です。
0
カバー画像

【負けるな!】馬鹿にされてもやり遂げろ

今朝嬉しいことがありました。「ほっぺさん、なんか痩せましたね!」体重はピーク時の−7キロですが慎重に対する平均体重よりは全然ありますw嬉しいんですが、もう半年以上継続している習慣で痩せたので私としては当たり前なことです。嬉しいけどね。ダイエットの話題になると「何で痩せたのー?」なんて会話に必ずなりますが、結構引かれます。でもそれは最初からやってきたわけではなく、これよりはこっちの方がマシ、くらいの気持ちで少しずつやってきたことばかりです。もう少し頑張ろう、もう少し頑張ろう、その積み上げで痩せてきました。なので全くと言っていいほど苦労せず我慢しているわけでもなく、大変な思いをするわけでもなく取り組んできました。大前提として・長く続けられること・東京での生活が不規則・短時間でできることがダイエットの条件でした。それまでもランニングしてみたり、キックボクシングをしてみたりで瞬間的に痩せたことはありました。でも忙しくなるとその習慣が途絶え、また元に戻ります。東京での活は繁閑の差が大きく、一時期は毎日終電が3週間続くほどでした。現在やっているダイエットは・リーンゲインズ・HIIT・毎日1万歩のウォーキングのみです。運動時間にして1日1時間もありません。ましてはウォーキングは通勤を兼ねているので実質の運動は毎日6分です。リーンゲインズは毎日の食事を8時間に修める方法です。あとはカロリー計算・食事の記録くらいです。これもやり始めた時は馬鹿にされました。「またダイエットしてるの?」「それで痩せるん?」「食べないと痩せないよ」馬鹿にされているとは少し違うかもしれないですが、否定の言葉はたくさんあ
0
カバー画像

レジリエンス

さかむけ すり傷 切り傷とか予期してなかったケガも ほっといたら 治るちょっとしんどかったら 自分にやさしく絆創膏を 貼ってあげよう我慢できるか 耐えられないかまず気づくことが大切あとは時間が 治してくれる小さな傷のうちは ともに 歩いていける
0
15 件中 1 - 15
有料ブログの投稿方法はこちら