絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

159 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

ピンチはチャンス!うっかりミスの多い私のチャンスのつかみ方!

「あー、やっちゃったー!」という感じのミスが多めの私。なんとなく、過去を振り返ってみたら、自分のしてしまったミスが、最終的にいい方法に進んでいることばかりだと言うことが判明!!はじめに、今回、言いたいことの結論から言うと、何かを間違えてしまったり、人に迷惑をかけてしまったりしたら、しっかりと自分のしてしまったことを受け止めて、反省して、対応すれば、大抵のことは何とかなる!そして、ハッピーエンドに持っていける可能性高し!ってこと^^私の個人的な、一番最近の失敗経験は、去年、フリーダイビングの生徒さんのアクションカメラを壊してしっまったこと、、フリーダイビングの、海での講習時に、自分のアクションカメラを持参していた生徒さん。せっかくなので、水中写真&動画撮影を撮るよーってオファー。ハウジングを付けていなかった彼のカメラは、10メートル防水。潜る前にしっかりカメラについても確認して、いざ講習開始!順調に講習が進み、後のテクニックチェックの為にも、いろいろな動画も撮影。そして、、いつもハウジング付きのカメラを使っている私は、ついうっかり、15メートルまでカメラと一緒に潜ってしまった、、しかも数回。結果、カメラは動かなくなってしまい(涙)翌日から、いろんな海を観光する予定だった彼にとって、大事なカメラ。今、必要なカメラを、私の不注意で壊してしまいました。生徒さんは、とても優しくおおらかで、「気にしなくていいよー」と終始言ってくれていましたが、私は、とにかく、申し訳なさと、やっちまったーという感覚におそわれ、、とは言え、今できるお詫びをするしかない、と、謝りまくるのと同時に、1、い
0
カバー画像

人生のレールを降りた時【退職・転職失敗・起業】を振り返ります

私の挫折経験から、今も挑戦中のことについてお話します。
0
カバー画像

『指摘して未然に防いだ失敗』 と 『体験させた失敗』

部下が自ら考えこうしたいと持ってきた提案。「致命傷にはならないものの、これは失敗するだろうな」と思ったとき、どうしていますか?①その場で指摘して失敗を未然に防ぐか。或いは、②部下が考えたことだから、そのまま進めてもらうか。①を何度も繰り返していると、部下は、「上司を頼るのが当たり前。そのために上司がいる。」と思うようになり、それが刷り込まれていきます。そうすると、「どうせ上司が指摘してくれるから。指摘がなかったら見過ごした上司が悪い」と考え、(甘えが出て)完成度を極限まで高めて持っていこうとはしなくなります。一方、②は、責任が部下自身の身に降りかかるという危機意識が芽生え、真剣に詰めてくるようになります。つまり、長い目で見れば②の方が部下は伸びます。ついつい指摘して失敗を未然に防いでしまいがちですが、可能な限り②でいきたいと思います。失敗を覚悟して部下に任せる上司でありたいものです。最後まで読んでいただきありがとうございます。このことから、少しでも新たな気づきや考える上でのヒントに繋がることがありましたら幸いです。
0
カバー画像

罪悪感をなくす

生きているうちに誰しもが 一度は抱くであろう ”罪悪感” 「あぁ、またやってしまった・・・」 「あの時、ああしてれば・・・」「私のせいでこのプロジェクトは 失敗に終わってしまった。」 などの罪悪感は私たちを苦しめて 幸せを感じる事を許してくれません。 本日はそんな”罪悪感”に ついて話していこうと思います。 「愛」があるから罪悪感が沸く 私たちは罪悪感があると、自分を罰し、 自分が幸せになれないような道を ”無意識”に選択してしまいます。 そうした罪悪感のさらに 裏側には大きな「愛」が存在します。 子供の事を愛しているからこそ 子供に罪悪感を覚えます。 パートナーを愛しているからこそ、 ふがいない自分を罰しようとします。 人が大好きだから人間関係のトラブルを 自分のせいだと感じてしまいます。 罪悪感の裏側にある、「愛」に意識を向けることで 私たちは自分を肯定し、許し、そして ずいぶんと生きやすくなります。 罪悪感は幸せの邪魔をする 心理学の格言に 「もしあなたが今、幸せを感じられないので あれば、あなたは自分を許していない」 というものがあります。 つまりあなたが今、幸せでないのは 理由はともかくとして 罪悪感を覚え、自分が幸せを感じる事を 許せていないという事を表しています。 罪悪感という感情は 「自分が悪い」「自分のせいだ」 という明らかなものから 潜在意識の奥に潜んで自分を 罰するように動くものまで様々な形態をとります。 潜在意識の奥深くに眠る、罪悪感は 気づくにくいです。 幸せを感じる事ができないという方は 「私には罪悪感が潜んでいるのかも?」 という視点を持ってみて下
0
カバー画像

”無駄な経験”なんて一つもない。

あの経験は無駄ではない。自分にとって必要だった。自分が悩んだこと、経験したことに無駄なことなんて一つもない。多くの人が一度とは言わず悩んだことがあるだろう。たくさん傷ついた過去がある人は、その分、他人の気持ちがわかってあげられる優しい人になっているだろう。たくさん涙を流した人は、その分、笑顔が素敵な人になっているだろう。たくさん後悔をした人は、当たり前に起きていることが一番大切だと理解をし、今を大切に生きているだろう。たくさん失敗をしている人は、それだけ前に進んでいるだろう。自分の人格というのは、楽しかったことや成功したことだけではなくつらかった経験、失敗や挫折した事からできている。”あの時の経験があったから今の自分がある””あの経験”というのは、その時の自分にとっては耐え難いことだったはず。このままでいいのか。未来が見えない。やらかしてしまった。人生終わったな。でもその経験を経て今の自分がある。その経験が今の自分をつくっているのなら、人生に無駄なことなんて一つもない。つらい経験をたくさんしている人の方が他人の気持ちもよく理解し、優しくて魅力的な人。だから、深刻に考える必要はない。今までも何とかなってきたから大丈夫。『 あなたは一年前の自分の悩みを覚えていますか? 』この言葉を言われて、きっと、その時のことを明確に覚えている人は少ないはず。 その時は何かに悩んでいて、でも今は…、 あれ悩んでたかな?その時は深刻に悩んでいても人間は一年経てば、忘れる生き物です。大丈夫。人生最後の日からしたら、今悩んでいることすべては”懐かしい思い出”になる。でも泣くことは悪いことじゃないから、た
0
カバー画像

久しぶりにやらかしました( ゚ロ゚)❗❗

寝る時だけパンツタイプのオムツのここちゃん🎵 朝方☀️、お腹🍼が空いたみたいで ここちゃんが泣いていました😭 ママは、眠気と戦いながら😪 オムツをかえて、ミルク🍼をあげ ここちゃんを寝かし付けて ママも寝ました😪💤💤 ここちゃんいつもより早く起き 遊び始めました😅 ママ “もう少し寝ようよ🎵” とここちゃんを捕まえると背中が 濡れてる😱 やってしまった((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 普段でも動いてオムツ換えが大変なのに うんちゃん💩が肌着にべったり ついていました😩💧 ここちゃんは、遊びモードε=(ノ・∀・)ツ⤴️⤴️ ママは、必死に押さえて💨 体をきれいにして、オムツをかえ、着替えさせましたo(T△T=T△T)o✨ 寝ぼけていたので😪 オムツをかえる時に 前後を逆にはかせてしまったのが原因みたいです😫 朝から大変でした😖
0