絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

195 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

第14話 『運』を上げるたった一つの最強の方法!

こんにちは。コンサルタントの藤枝です。諸事情でブログの更新が止まっておりました!楽しみにお待ちして頂いた皆様、本当に申し訳ありません汗今日はそんな読者様にだけひっそりと教える、超最強の運気を上げる方法をお教えいたします!!あまり口外なさらないように笑では、その方法とは……「何があっても「ラッキー(又はツイてる!)♪」と口にする事です!!」何だ、そんな事か。と、皆さんそう思ったでしょ?私も初めて聞いたときはそう思いましたwwwでも、言葉とは不思議なもので、口に出す事で本当にそうなってしまうのです。不幸な事があってもラッキー♪とかツイてる♪と口にするだけで100%運気が爆上がり間違いなしです!!まぁ、お金もかからないし特に手間もかかりませんし、やらないよりはやったほうがいいと思います。騙されたと思ってwwという事で、今日は言霊の力…じゃなかった、運気を上げる最強の方法でした。では、また不定期になるかもしれませんが…ww次回をお楽しみに♪じゃあまた!
0
カバー画像

相談を聴く人は【言の葉Cafe】

コンサルタントと話をする機会は割と多いです。 ランチをしながら、お互いの情報を共有して別の視点をとりこむことで、自身のクライアントにも新たなる発想の提案をすることも出来ます。 やはり、私に相談に来る段階で、かなり自分で悩んで迷って苦しんできています。 自分の視界だけでは、視えなかったものが、 他人の、まったく別の視点を加えて発想することで 案外近くに解決の糸口があったりします。 なので、コンサルタント業、相談業の方は是非、固定概念や常識などに囚われずに柔らかい頭を持って居てほしいと願います。 願いますが、やはりコンサルタントも人間。 知らず知らずのうちに自分の固定概念に縛られていたりします。 「こんなことで悩んでいる人がいます」 と、話を振ろうものなら いつもの調子で「こうすれば解決しません?」と すごく正論で責めてきます。 うわ・・・これが圧力か・・・と僕は思います。 そうやって「解決」することだけが全てなのでしょうか? その方法は、いままでに聞いたことのない新技術なのでしょうか? そんなことはありません。 「こうすれば解決する」なんて、正直コンサルタントの傲りだと思います。 「こうすれば」の、こうすればが出来ないで相談に来ている人もいるのです。 「そんな事、言ってないじゃん」 うん、言ってない。 言えない人もいるの。 全ての数字を出し、全ての条件を出し、その上で「はい、この問題を解いてください」とはいかないのが人なのだと思っています。 起き上がれない人に、起き上がれない理由があるけど、それが分からない人もいます。 企業コンサルタントをしていると、割と「明快な理由」を提示して
0
カバー画像

「自分らしい」生き方【言の葉Cafe】

「誰のために、何をするのか?」 ことビジネスではそれが抜けてしまいがちになります。 カッコいい用語も多く、なんとなく使ってみたい気持ちはよく分かります。 僕もローンチって言ってみたい。 ただ、昭和から平成を社会人として駆け抜けた世代は、つい「ローンチ」を「カーンチ」と言ってしまい、脳内で『ラブストーリーは突然に』が流れてしまうので使わない方が良いようです。 そう、やはりビジネスとラブストーリーとは密接な関係にあるのです。 (いま「何でやんっ!」と突っ込んだあなた、その感覚が正しいのです) さて、冗談はさておき(笑) やはり「ビジネスと割り切れ」という大義名分の前で「割り切り過ぎ」な側面は否めません。 合理的にバッサリと、マーケティングの方法論に押しとどめ、あとは雑多に切り捨てるのは好みません。だから僕は小規模な経営が好きなのでしょう。 セグメンテーションにターゲティング。 ポジショニングを定めてバリュープロポジションとする。 カッコいいけど、僕の仕事じゃないなって思っています。(誘われるけどね、ゴメンネ) 僕は、今やっている仕事が好きです。 僕のクライアント様は、他の企業やコンサルタントさんから断られてきた方がとても多いのです。もちろん、そうして断るのも経営判断としては正しいのです。 ただ、僕の理念は『BUILD A FAIRWORLD』 ちゃんと僕のプロフィールページのヘッダー写真にも書いていますよ? とても大変な、とても難しい案件がとても多いです。 だけど、難しいからと「嫌です」とは言わない。 そんな難しいことに克服しないと「自分らしい」生き方が出来ないのならば、 一緒に考
0
カバー画像

ココナラコンサルを利用する本当の利点とは?

ご存じの方も多いと思いますが、ココナラでは活動のアドバイスをしてくれるコンサルタントサービスも数多く出品されています。今回は、そんなコンサルタントサービスのひとつで、りく@ココナラ販売アシストさんが出品している「ココナラの閲覧数、販売数を上げるコンサルをします」を利用してみました!結論から言うと、今回サービスを利用して本当に良かったと思っています。具体的なアドバイス内容などについても紹介したいと思いますが、まずはなぜサービス利用に至ったのかから説明していきます。なぜ、コンサルタントサービスを利用したのか?私事で申し訳ないのですが、2022年9月時点で総販売件数は240件以上、プラチナランクは1年以上継続しています。副業としてはある程度の収入は確保できていましたので、そのまま活動を継続しても問題はありませんでした。しかし、より効率的に収入を確保するために利用に踏み切りました。具体的に目指したのは、下記2点です。 ・報酬単価の向上 ・新規顧客の開拓りくさんのサービスを選んだ理由数あるコンサルサービスの中から、りくさんの商品を選択した理由は下記のとおりです。①評価の高さ&評価内容みなさんもサービス購入時は必ずチェックすると思いますが、評価の高さとその内容が1番の決め手になりました。特に、利用者さんのコメントに感謝の気持ちが現れていたことが大きなポイントだったと思います。②サービス内容が明確&魅力的サービス内容が具体的に記載されていたこともポイントのひとつです。どのような流れでコンサルが実施されるのかが明確であり、自分に合わせた内容のアドバイスをもらえることが期待できました。③
0
カバー画像

相手の立場で考える営業 14回

1. 溢れる情報さて、経営者として会社を運営していると、新しいビジネスの情報が舞い込んできます。それは友人や知人からである場合もありますし、突然の営業の電話での場合もあります。社長やっていると本人の好き嫌いに関わらず多くの新規ビジネスの機会の選択を迫られるものです。そのような環境の中で、的確に良い情報を精査して、会社を正しい方向に導いでいくことが社長の仕事と言えるでしょう。2.結論まで長い。会社で仕事していると他社から営業の電話が1日3件から4件かかってきます。私も営業の仕事をしていますので、自分自身もアポイントのための営業の電話をかけることもあります。そのため、電話でアポイントをとる難しさは理解できます。他社からの営業の電話を受けて思うことは、極めて流暢にしかも自然にアポイントに繋げてしまう心地よい電話というものが一定数、存在します。一方で、このレベルで電話をかけてきてもまず成功はしないという低いレベルのものもあります。そのような時には、もう少し社長の心境を理解して電話をすれば、アポイントをとれる確率が上がると感じます。そのポイントは要点を捉えて数字を示すことです。社長は私も含めて多忙です。無駄な時間を過ごすことを非常に嫌います。経営者の立場で考えてみると、1+1=の答えのように問題が整理されていて判断するだけのような情報であればすぐに決断できます。しかし、大概の営業の電話は、「社長!、机の上にケーキが一つありまして、、、、、、」という感じで結論に辿り着くまでに話が長くてうんざりします。そして、やっと結論にたどり着いたら、自社には必要のない設備だったります。初めにケーキは要り
0
カバー画像

値下げをやめる 13回

1. 日本経済の衰退私が生まれたのはバブル期です。そしてしばらくするとバブルが弾けてしまいました。まさに就職氷河期世代であり、少し前までは失われた20年と言われ続け日本経済の不況をまともに受けた立場です。最近では20年どころか失われた30年と言われるようになっています。たまにネットなどの問題提起コーナーで議論される内容の一つに、”なぜ、それまでの華やかな発展とは反比例して我が日本は貧しい国に転落してしまったのか”があります。私如きが正確に答えることはできないです。しかし、日本に住んで感じるのは、都市部の高額な家賃を除けば低所得でもある程度充実した生活を過ごすことができることです。まさにこの30年間で生まれ育ってきた数々の庶民に優しいビジネスがあります。例えば100円ショップ、レンタルサービス、シェアリングなどです。活用すると意外と快適に過ごすことができます。2.安いものを売ろうとする店長さて、快適な生活は一旦置いておいて私は仕事でショップのオーナーや店長と話す機会が多いです。その中でいつも気になることがあります。それは安いものを売ろうとする考え方です。これの何が悪いかと思う人もいると思います。当然、消費者目線を大切にすることは商売において極めて重要です。しかし、私が主張したいのは高い=悪、安い=イコール善と考えるそのマインドです。前述の如く日本の不況は30年も続き高額のものは悪という習慣が消費者に埋め込まれています。その消費者としての自分のマインドを自分の店でも発揮して、他店の金額と比較して何もかも安くする行為が常態化しています。しかし、物事は立場により視点が180度転換します
0
カバー画像

夢を叶えるキーマン【言の葉Cafe】

見た目から言うと、僕は少々頼りなく見られます。 昔、勤めていた時も仕事が出来なさそうなタイプと思われ、一切期待されることはありませんでした。 どちらかと言うととぼけた顔しています。 それが良かったのか、伸び伸びと仕事をしてくることが出来ました。 日頃から、ほわっとした空気感(笑) キレッキレの会話をすることもなく、 対話もまったりムードで進みます。 大切にしているのは「結果」 「慌てて進めてコケるくらいなら、ちゃんと気を付けて歩く」ことを大切にしています。 それだけに、道を知る事はちゃんとします。 よくコンサルタントが集まると「社会情勢が・・」とか「2025年の」とか言ってます。 ハッキリと言うなれば僕にはどうでもいいです。 どんな情勢になろうとも、何が起ころうとも 「顧客を守る」 その為にできる事は 「身内で陰謀論をグダグダと言い合っている」ことではありません。 一人でも多く、顧客の言葉を聴くことです。 今月の支払いが困っている顧客を ゆっくりと眠れるようにする。 それが仕事です。 僕は、いつも手前にあることを大切にします。 昇給とかキャリアとか、言う前に顧客にお声がけをします。 僕は期待されません。 だから「偉い人」と一緒に写真を撮って悦に入ることもありません。 その間に、顧客と会話して、気温の変化とかあれば体調の心配をします。 困っていたら、一緒に逃げ道を考えます。 僕はいつもお客様の「共犯者」の気分でいます。 一緒に「悪だくみ」をするようにコンサルをします。 だから「ゆーりママと話しているとワクワクする」と言って頂けます。 ワクワクしたくて、僕を呼んで頂けます。 だって
0
カバー画像

元風俗店経営・刑務所収監・沖縄のユタとの出会い・臨死体験後、僧籍の方から顕教と密教を学んだ共感覚者の私の履歴書

私の主な経歴・先天性の共感覚者 (音楽や人の声に光が見えたり、匂いがしたり、感触があったり)  五感のバグらしいです。・相手の守護神的なものを感じ、形になって視えることもあります。  (たまにそれを表現として絵に描いたり、  聞こえてくるメロディーを編曲して、お代をいただいたりもしています。)・水商売経験(大阪で大手の売上NO.1だったキャストのマネージャー歴有)・昔に個人金融店経営歴(いわゆる闇です)・彫師(自宅にtattoo studio併設)・風俗店経営(ここで逮捕)・逮捕収監(風俗店の微罪で2年弱でしたが仮釈放を  多くいただく為に長期刑務所に服役)刑務所内では  仮釈放が一番もらえるが、毎日がもめ事トラブル勃発で  安心の日はないが、毎日入浴でき飯の量が一番多く、  運動会では必ず優勝する猛者揃いのサムライ工場に配役。  無事仮釈放を1/3いただける模範囚になる・出所後友人の勧めで、金プラチナ・貴金属・ブランドの  販売買取会社を手伝い、のちに会社経営、  のちに営業会社コンサルタントに就く・飲食店開業に携わり、後にそちらの方面の営業コンサルにも関わる・自宅にレコーディング部屋あり・交通事故で臨死体験を味わうが、  その時の出来事は夢なのか現実の出来事なのかいまだにわからない。  いくつかの質問があり「全を取るか個を取るか」的な事や、  この世の理の一部を垣間見たり・・・(ブログ内に別ページあり)・沖縄でTOP3といわれる「ユタ」の2人から、 人々を導く業を持っているのでそちらの方面で活動するべきだと説かれる・天然石の店の開業の傍らカウンセラーとしてお客様と接している
0
カバー画像

正しいECコンサルの選び方

結論から言います。情報を絞れるECコンサルを選んでください。私は自分をECコンサルとは思っていませんでした。ですがやっていることはECコンサルです。コンサルタントという響きがあまり好きではないので、そう名乗る事を躊躇していたのが事実です。なぜか?現在のインスタグラムがコンサルタントと名乗る人だらけで、あたかもECに出店すればすぐに成功するかのような情報が氾濫している。その中の一人だと思われたくないというのは要らぬプライドでしょうか?では、正しいECコンサルの選び方をお教えします。それはズバリ情報を絞ってくれる人です。つまり、この情報とこの情報だけ見ておいて下さいと言えるかどうか?指数もこの数字だけ追いかけてくださいと言えるかどうか?です。それって経験値なのか?2次情報なのか?例えば、SEOの情報なんて100%の情報はありません。googleの中の人ですら「~らしいよ」っていう2次情報をブログに書いているくらいですよね。それを読んで、「だったらこうじゃないか?」という3次情報で成り立っているという事を知っておくべきです。SEOについてはgoogle公式のコメント「専門家がユーザーに有益でオリジナルな情報を発信しましょう。」しか1次情報はない。但し、実際に狙ったキーワードで上位表示を取ることや、リライトしたことで表示上位が上がるなどの経験値があれば、それは1次情報ですよね。この違いが分かれば見ないでいい情報で8割方消えませんか? 新しい情報を吟味できるかどうか? ECの世界は差別化が出来るかどうか?で結果が大きく変わる世界です。新しい事を誰よりも早く試してみることが、大きく結果に結
0
カバー画像

「売れなくてもいい」と思えるものを創る【言の葉Cafe】

少し図々しい話をしますね。 僕は企画を創る時に、とても「偉そう」です(笑) と、言うのも企画を創る時は正直「これ売れなくてもいい」と思っています。 「売れなくてもいい企画?」と思われるかもしれませんが、もちろん一生懸命に最高のモノを創る努力はします。 ただ、それの方向性がズレていて 「正直、これが売れなかったら自分で運営したい」 と思うくらいのモノを創るようにしています。 むしろ売れなかったらラッキーって。 見る目の無い企業とは縁を切った方がいいですし、自分でこの企画を進めている方が良いのかもなんて思っています。 今までも、それほど自信のあるプランを創ります。 それだけの努力は必要です。 よく「ここまでしなくても」と言いますが、 もちろんしなくても大丈夫ですが、頑張ったら「もっと良くなる」のです。 そんなことを想いながら「自分がお客さんだったら絶対に欲しくなるもの」を開発します。 やはり、自分のいちばんのファンは自分であるべきです。 「自分の商品」を購入できないのであれば、売りようがありません。 「売れなくてもいい、自分で使うから」そう思えること、そう思えるものを創る事が大切です。コンサルにしても「自分で実践したことない」なんてナンセンスです。 自分が使ってみて、結果の出ていないものは売れません。 そうした事を見つめ直してみると、出品に足りなかったものが視えてきませんか?
0
カバー画像

「できない」人から離れよう【言の葉Cafe】

火曜日の夕方となりました。 今日も一日お疲れ様でした。 今日は中年独自の定期健診日でして、ミスターコレステロールのゆーりママもミドルエイジ・クライシスの繊細ハートを抱えて行って参りました。 幸いにも結果は良く、体重も落ちてHb値も正常値。 主治医のお説教も今日は無く「よく頑張ったね」と褒められました。 ・・・・・先生、ごめんね。 これ、頑張ってダイエットしたわけじゃなくて夏バテなの。 きっと秋にリバウンドするやつ。 #するなよ と、こんな僕なので人に対して「ダイエットしろ」とか「健康管理の在り方」なんて絶対に言えません。 いう資格は無いですし、言う口も無いです。 やはり自分でできないこと、 やっていない事を言うのは違うと思います。 よくコンサルタントでも、先輩から譲ってもらった教材でセミナーを進める人がいます。 誰かから買っただけの情報商材で、ただセールスをするだけの人がいます。 「はっ!」 逆に言えば、これは勝てるって思いました。 僕は10年くらい、100%実践証明です。 とにかく、自分で試行錯誤したことしか言いません。 こうしてココナラにいることもまた実践のひとつです。 実践して、結果を出したもの、 結果を出せなかったもの、 それらのデータの蓄積が僕の財産です。 そうした財産を持っているので「勝ち方」を知っています。 机上の空論でなく、 運任せでもない。 行動で、実際にできること。 そこに拘っています。 なので、大きな夢を持ってこられても その人が他の人から散々否定されてきたことでも、 「絶対に無理」と言われてきたことでも キチンとした戦略の元では実現可能であることを、僕は
0
カバー画像

「誰も分かってくれない」と感じたら読んで【言の葉Cafe】

人は、同じでないから面白いと感じます。 誰かとワイワイやるのが好きな人もいて、 僕のような静謐こそが居場所と感じる人もいる。 居場所ひとつで随分と違う。 同じ人でも、気分で変わることもあります。 ずっと好きだったテレビを急に見たくなくなったり、 YouTubeの登録していたチャンネルでも未視聴が増えてきたり。 あれだけ愛していたパートナーを、今日は憎悪の対象としてしまったり。 友人(だった)脚本家は、ある時期からやたらと「妻殺し」についての作品ばかり書くようになっていた。 それは何故かと聞くと「他に殺したいと思える人はいない」と淡々と答えた。 その時はその友人に対して少し怖いという感情を持ったものの、 後に僕自身が離婚で裁判所に長く通っていた時期はちょっと理解していた。 その考えも、今では否定するのでしょうね。 あのスピルバーグでも『未知との遭遇』は現在では絶対に撮れないと言います。 「家族を置いて勝手に宇宙に行くなんて、今の自分では考えられない」 自分も変わる。 もちろん、全てがそうではないのでしょう。 僕が原田知世さんに恋をしてから35年以上変わらぬ想いをしています。 10年以上ずっと面倒くさい相談ばかりもってくる友人もずっと好きです。 蕎麦も好きです。 餡子はこしあん派です。 白米があればそれで幸せです。 ただ、肉は好きでもカルビはきつくなっています。 ラーメンもそれほど食べなくなりました。 珈琲が無くては一行も文章を書けません。 変ることも多い。 そうした「変わる」と「変わらない」を合わせもっているのが【人】です。 そんな複雑なことなんて、きっと自分でだってわからないの
0
カバー画像

できない人なのに出品するの?【言の葉Cafe】

昔から、放っといて欲しいと思う性格です。 特に仕事は。 あれこれと干渉されるのが苦手で、できたら「今日の仕事はこれをやっておいて」と放っておかれるのがベストです。 その方がクオリティには自信があります。 あれこれ干渉されながら創ると「これは僕の作品じゃない」ってなるので愛情をもって仕事が出来ません。 ほら、起業するしかない性格ですよね(笑) それにしても、人のことだとすごく干渉してくる人っていますよね。 「ここはこうしたらいい」 「何で、こうしないかな?」 「こうするのが常識だ」 ・・・・・・・・へっ? 「私だから使ってもらえるんだ」 ・・・・・・ん? 自分の事をさておいて、人の事に構ってくるっていうと、まるで面倒見が良いように聞こえますが、決してそんなことではなくただ言いたいだけ。 自分の意見を押し付けたいだけ。 自分の仕事をすればいいのに(;^ω^) 「意見を求めていないので口を挟まないでください」というプレートの制作をココナラに依頼したらいくらでやってくれるのだろう? 決まって、そうして他人の事に干渉する人って自分の仕事はクオリティが低い。 「コンサルタント気質だからね」なんて言うからコンサルタントの質が悪くなったと言われるんです(本気の抗議) ときどき「自分でできない事を人にやらせる」人のことを『コンサルタント』だという誤った認識があるのがとても不満です。 実践したことない人は黙っていなさいっ。 そんな訳で、毎日ひたすら実践するゆーりママ。 わりと「これは上手くいきません」という法則の発見に成功するわけですが(エジソン的言い回し)それでも、クライアントの事業が上手くいく
0
カバー画像

第13話 お金をたくさん稼ぐ世界で一番簡単な方法!

どうも、コンサルタントの藤枝です。今回はお金をたくさん稼ぐ一番簡単な方法!です。お金を稼ぐことは大変難しいです。ビジネスをしているとそう思うことも多々あると思います。ですが、それは間違いです!実は超簡単にお金を稼ぐ方法があります!しかも、本当に簡単です。それは「他人のためにお金を使う!」ことです。えっ!?どういうこと?って思いますよね?私もそう思います笑お金を集めたいのにお金を使う。一見矛盾しているように思いますけど、実はお金を集めるためにお金を使うというのは海外の超がつくお金持ちの間では常識です。仕組みは簡単!お金は誰かのために使うことで、使った以上に帰ってきます。つまり、お金がお金を連れて戻ってきます。どういうことなのか?それは私にもわかりません。誰にもわかりませんが、きっと重力のように世界の法則になっているのでしょう。ある意味、万有引力だと思います。お金には正しい使い方をすれば、ちゃんと引力が働いてお金を集めることができます。わかりやすい例で言えば元ZOZOタウンの社長、前澤さんとかもそうですね。周りの人が喜ぶためにお金を配る。そうすることで、お金を配った以上の金額が返ってきています。ですから皆さんも、ちょっとした事でいいので誰かのためにお金を使ってみてください。そうしたら必ず増えて戻ってくることが実感できると思います。では、今日はこのへんで。また次回お会いいたしましょう!では。
0
カバー画像

ヒットさせたいっ!【言の葉Cafe】

よく「参謀」と自分のポジションを書きますが、そういえば何時からだったのか、 子供の頃に占いで言われたことがきっかけだったのか、そんな記憶がうっすらとあります。 参謀になると才能を発揮すると言われたこともあります。 その言葉があったからか、何でも「副」と付くものに着任すると(副会長など)ものすごい力を発揮します。 余談ですが、俳優をしていたときに戦争を題材とした舞台で「参謀長」の役を演じたときが最大の大ヒットでした。 そんなわけなので、コンサルタントというポジションにはとてもハマります。 思考もそうなのか、お店などでも「こうしたら絶対にヒットする」とか考えるようになりました。本当に余計なお世話(笑) 基本的には黙っていますが、もちろん聞かれましたら全力でお答えします。 ココナラもそうですが、自分のことよりも他の人のサービスが気になっていることもあります。さっさと営業したらいいのに(;^ω^) おかげさまでホームページを通してのご依頼は最近とても増えて、オンラインの活用できる環境のおかげでご依頼の上限を上げることが出来ています。 そうしたこともクライアントに教えたいなぁーとか、 単発で終わってもいい仕事なのに「はい、これで後は頑張ってね」って言えなくて、 ずっと見守っていたいなんて思ったり。 世話好きなんですよね。 基本的に。 だから僕の本当の肩書は「ゆーりママ」なんですよね。
0
カバー画像

幸せを贈るために【言の葉Cafe】

お盆で日曜日、皆さまいかがお過ごしですか? ゆーりママです。 さて、ココナラを始めて一か月と少しが過ぎました。 おかげさまで、 こうして皆さまにブログを読んで頂けて幸せな毎日を過ごしています。 告白をいたしますと、僕は他のクラウドソーシングにも登録をして試行錯誤しています。 と、言うのも僕は演出家として、またそのスキルを使ってお仕事をさせていただいています。中でも「起業」を目指すクライアントには僕自身が負債を抱えての起業でしたので、妙に肩入れしています。 そうした方々の多くは、周りからの理解も少なく、資金も無く、本業をしながら頑張っていらっしゃる。 また人によっては、顔を出せない方もいらっしゃいます。 DVから逃げて、居場所など特定されないように派手な営業活動が出来ない方もいらっしゃいます。 そんな方の味方をしたいじゃないですかー( ´艸`) なので、こうしたクラウドソーシングのサービスを活用することをお勧めしたいのですが、そのためにはキチンと自分が知らないといけません。 出品を見ていても、たくさんの「ココナラ必勝法」があるようですが、それでは意味がありません。きちんと「無名」の存在が「チート技を一切使わずに」「生活を前提とした売り上げを上げる」ことが大切です。 それを、自信をもって「こうしていきましょう」(僕は常に「参謀」として寄り添うタイプです)と言えるようにならないといけないのです。 なので、先ずは自分で実践してみます。 だって、それが「あなたのいちばんの味方ゆーりママ」だから。おかげで「ココナラはこうしたメリットがあります」など提案することが出来ています(まだまだですが
0
カバー画像

第12話 Why?で誰でも年収1000万円!!

どうも、こんにちわ!コンサルタントの藤枝です。今日はちょっと釣りのようなタイトルになってしまいました(苦笑)「Why?で誰でも年収1000万円!!」です。低年収の方に聞くと、多くの人が裕福だと答える年収の目安が1000万円位です。確かに大台を超えると稼いでる!って感じがしますよね。そこで、本日のタイトルになります。まずWhy?ってどういうこと?って思っている方も多いと思います。どんな仕事でも常に疑問を持つことが業務の改善につながります。長年働いていると気づかないけど、新人さんは「あれ?なんでこんな効率の悪いやり方するんだろう?」って思うことも多いと思います。お盆も間近でちょうどいいと思うので、この例えにしようと思います。私は常々考えていることがあるんですが、お墓ってあるじゃないですか?あれって、なんで墓地に作るんでしょう?墓地って家から遠い場所にあるし、管理費かかるし凄く不便だと思うんです。デメリットしかないと思うんですけど、なぜやらないのかなって思うことがあって、それが、家の敷地に作ればいいのに。って思うんですけど、どうですか?細かく調べてないから法律的な物に引っかかるのかもしれませんが、家の敷地にあればお墓に眠っているご先祖様も安心だと思うし、毎日お墓参りできるし、良い事しかないと思いませんか?他にも山ほどありますが、ここでは割愛させていただきます笑という感じで、常に常識を疑い全ての事象に疑問を持ちましょう。すると、年収1000万円なんてあっさり飛び越えてしまうほどの仕事で起業することができます。この常に頭に?を置いておくだけで、世界が全く違って見えます。この方法を知ってい
0
カバー画像

どうせ、僕なんて・・・【言の葉Cafe】

おかえりなさい。 「まぁ、僕なんて」 と、言うと 「ネガティブな事を言うな」と叱られそうですが、 そう言いたくなることは多々ありますよ。 ご紹介を受けてはじめましてのクライアントの所に行きますと、もうそこにいるのはネガティブに染まり切った方であることが多いです。 もう、どよーん(;^ω^) 多くの方が「まだ何とかなる」と様々なコンサルタントを渡り歩き、セミナーを受講して、起業塾に通い、その時点で自己投資額がとんでもない額に上っていて。 もうにっちもさっちもいかなくなっている所に 「だったら面白い人紹介するよ」と僕をご紹介くださいます。 お会いしても、その時点で彷徨い続けたセミナージプシー。 もう疲れ切っていて、誰の言葉も耳に入らない状態です。 まだ紹介の場に来ているだけでもめっけもの。 僕の最初の仕事は、たくさん「傾聴」することから始まります。 セミナージプシーになるのは、起業セミナーなどに参加してモチベーションだけを上げて「実際に何をするか?」という道筋が見えていないからです。だから彷徨うのです。 「やりたいこと」をたくさん挙げる。それはとても楽しいです。 楽しいからやってしまう。 で、たくさんあるから、どれから手を付けて良いのか分からない。 その気持ちよく分かります。 僕はよく寝る前にAmazon primeで何か映画を観ようとしますが、とてもたくさんあるので迷いすぎてメニュー画面を見たまま寝落ちしています。 充電を減らしたまま。モバイルバッテリーは必須です。 キチンと整理して「この順番で行きましょう」と提案することが大切です。 目的地が複数過ぎて「はい、出発」と言われても
0
カバー画像

第11話 後悔の正体

どうも、こんにちは。コンサルタントの藤枝です。今日のテーマは「後悔の正体」です。皆さんはどんなときに後悔しますか?私はよくもう少し早く動ければなぁと後悔することがあります。身軽に動ければ、こなせる仕事や家事、遊びももっとたくさんできるのにと思います。休みの日の時間配分はかなりざるです笑溜まってる読んでない本を午前中に読んで午後から遊びに行こうと決めていても、本が面白くてついつい夕方まで読んでしまい、出かけずに休みが終わるなんてこともよくあります(猛省)話が激しくそれましたが、この後悔とは一体なんなのでしょう。きっと後悔とは人生をより良くしていくために人間のみが備える本能ではないかと思います。人生は思っているよりも短いです。もしかしたら明日、事故で人生が終わってしまうこともあります。もしあなたが来年までの命だとしたら、やり残したことはありませんか?こんな仕事したかったなぁとかこんな所へ行きたかったなぁとかあれば、一旦どんなメモ帳やノートでもいいので書き出してみてください。それはあなたの「死ぬまでにやりたい事リスト」です。そして、冷静になってそのリストを見てみてください。なぜその紙に書いたことを、今すぐやらないのですか?さっきも言いましたが、人生は思っているよりも短いです。やりたい事を我慢している時間的余裕はありません!今すぐリストを実行することを強くオススメします。では、今日はこの辺で。次回をお楽しみに♪
0
カバー画像

第10話 欲しい情報を手に入れる方法

どうも、コンサルタントの藤枝です。今回のテーマは「欲しい情報を手に入れる方法」です。アンテナをはるということは欲しい情報を求め続けるということです。例えば、誰しも子供のころにセミを探しにいったことがあると思います(偏見)そのとき、セミを見つけようと探すのは木の幹や枝ですよね?木や幹を目を凝らして捜し続け、鳴き声がするほうへ目を向けますよね。それが欲しい情報(セミ)を見つけるためにアンテナをはって情報(居る場所や音のする方)を探し続けるということです。もしあなたが年収1000万円を目指していたとしましょう。いつも行っている書店に、アンテナをはっていない状態で入って行き、なんとなく本棚を見つめます。その状態では欲しい情報(年収1000万円になるための)は見つけられないでしょう。しかし、アンテナをはっている状態で書店へ行くとどうなるか。まずお店に入ります。そして、迷わずビジネス書や起業や副業、もしかしたら資格のコーナーへ行くかもしれません。これがさっきの例で言うとセミの居る場所です。そして、ある程度本棚を見回すと、不意にとても気になる本が目に飛び込んできます。これは不思議なのですが、ちゃんとアンテナがはれていると、自分の欲しい情報が目に止まるようになってきます。これは「目つけ」といい、よく使われる方法としては「目の付け所が良い」とかに使われます。目が育つとも言い、職人さんが「目つきがよくなってきた」なんていいますね。話がそれましたが、人間は欲しいものがありそれに向けてアンテナをはれば手に入るということです。ぜひ皆さんもアンテナをはってみて書店などに行ってみてくださいね。きっとアンテナ
0
カバー画像

念願の2店舗目オープン!そのリスクと課題!

音声のみの配信です。1店舗目を成功させるより難しとされる2店舗目の経営。そこに出てくる障害とはどんな物なのか?毎日お店で働く人、独立開業を目指す人、お店を経営してる人のための仕込み中、準備中に聴き流すラジオ番組です。お店の日常の話、食材やお酒の話、経営のアレコレを発信。営業時間外を豊かな時間に!リクエストもお待ちしています。
0
カバー画像

ラジオ開店準備中! 円安で外国人環境客が押し寄せる。今から準備だ!

音声のみのコンテンツです!毎日お店で働く人、独立開業を目指す人、お店を経営してる人のための仕込み中、準備中に聴き流すラジオ番組です。お店の日常の話、食材やお酒の話、経営のアレコレを発信。営業時間外を豊かな時間に!リクエストもお待ちしています。
0
カバー画像

第9話 お金を稼ぐということの本質とは?

どうも、コンサルタントの藤枝です。今回はお金を稼ぐことの本質です。本来仕事とは働くことを言い、働くとは「傍楽」と言います。つまり、傍を楽にする=働く(仕事をする)ということです。つまり、自分以外を楽にすることを働くといいます。(諸説あります笑)あと、もう1つお金を稼ぐことの本質として、誰かから「ありがとう」と言ってもらうということです。ありがとうという言葉は、魔法の言葉です。どんなに大変な仕事でもその一言で全部が帳消しになり、疲れが吹き飛びます!ですから、もし利益が上がっていない、またはこれから事業を始める方は「ありがとう」を集めるところからはじめるといいかもしれません。ありがとうが沢山集った先にはきっと沢山のお金が待っていると思います。さて、今日はこの辺で。次回もお楽しみに♪
0
カバー画像

第7話 ビジネスに必要なのは速さ?

どうも、コンサルタントの藤枝です。さて、今日のテーマは「ビジネスに必要なのは速さ?」です。ビジネスにおいてもっとも必要なのはスピードである!と、某経済学者さんもおっしゃってましたが、まさにそのとおりだと思います。ビジネスとスピード、何の関連性も内容な気がしますが、実はとても密接な関係があります。まず、仕事にスピードがないとどうなるのか、から考えていきましょう。例えば、とても凄いアイディアが思い浮かんで新商品にして発売しよう!と思ったとき、もしスピードがなかったらあなたの新商品のアイディアは、誰かに特許申請されてしまうかもしれません。そうなれば、あなたが自社から発売し年間数百億円を売り上げたであろう新商品は、ライバル企業にそっくりそのまま奪われてしまい、莫大な利益を得る機会を永遠に失ってしまうことでしょう。例えば、お客様からご依頼をいただき、そのご依頼になかなか対応しなかった場合、競合他社にその依頼を持ち込んでしまうかもしれません。お客様のメール1つにしても届いたら即返信することをオススメします。メールを読んで、内容が急ぎじゃない内容だったから、時間が空いたときに返信しよう。なんて思ってたらうっかり失念し、かわなくていいお客様のお怒りを買ってしまう可能性もあります。とにかく、何においてもスピードはなくてはならないものだということです。あ、乗り物の運転のときは例外ですよ?笑今回はこのへんで。では、次回をお楽しみに♪
0
カバー画像

第6話 世界中の大富豪が大切にしているものとは?

どうも!コンサルタントの藤枝です。今日の話題は「世界中の大富豪が大切にしているもの」です。皆さんは、世界中のお金持ちが何を大切にしていると思います?家族?お金?約束?地位?見栄?もちろんどれも大切ですが、特に大切にしているものは…実はコレなんです!!『時間(健康)』世界中のお金持ちが欲してやまないもの、それが時間です。時間は誰にも平等で有限です。平等というのは語弊がありますが、有限というのは間違いありません。大富豪は使い切れないほどのお金を持っています。それこそ、人生何百回も働かずに悠々自適に遊んで暮らせるほどに。ですが、そんなにお金があっても買えないものが時間です。その時間を最大限に有効活用するためには、健康が必要になります。ですから、お金持ちは運動が好きです。泳いだり走ったりジムに行ったり。時間を大切にしているがゆえに健康でいるために時間を使う。なんだか不思議な感じというか、変な感じですね笑ということで、今回は「お金で買えないのは時間」ということでした。では、次回をお楽しみに♪
0
カバー画像

第5話 夢が叶い人生が楽しくなるたった1つの方法!

どうもこんにちは。日本一の変なコンサルタントでもあり、ライフアドバイザーでもある私が今回お話しするのは、人生が楽しくなるたった一つの方法です。生きていくうえで、どうしても何かしらの悩みが出てきます。それは、私生活であったり仕事関係であったり、様々な悩みが出てきますが、その多くは実は大したことではありません!相談してくださるお客様で多いのはお金の問題です。お金は生きていくうえでとても大切です!そんなこと、言われなくてもわかってますよね笑ですが、もちろん大切なのですが、別になくても生きていけます笑お金がない時はどうしても頭の中身を9割ほどお金が渦巻いてますけど、よく考えてください。お金がなくても命まではなくならない。そうなんです。この日本でお金が0円でも命がなくなることはないのです。だからもっと気楽に考えて生きましょう。そうすることで、悩みから開放され人生はもっともっと楽しくなります。次も多い相談ですが、職場の悩みに関する相談です。人間関係がうまくいかない!上司とそりが合わない!という相談をしていただきますが、答えは簡単。先ほどのように頭と心を軽くすればいいので、答えはこうなります。新しい仕事を探せばいい。仕事なんて世界に何十万職、何百万職もあります。その中から自分に合う仕事を探せばいいのですから楽勝でしょう。もしその中になければ自分で仕事を作ればいいのです。人生はとっても素敵な事ばかりです!もっと自分を自由にして人生を楽しみましょう♪そういった人生を楽しく過ごす方法や人生を楽に生きるコツをお教えしておりますので、ぜひぜひご依頼ください!あと、こんなことについて話してほしいというテ
0
カバー画像

演出家がビジネスの世界で何してるの?【言の葉Cafe】

知ってしまえばなんてことないけど、知らないと怖い事ってありますね。 チラリと見える白い影がとても怖く感じた子供のころ、後にカーテンだと知るとなんてことないです。 あの時とても怖く感じた彼女の視線が、照れ隠しだったことを知ると愛おしさも感じますね(笑) そんなことで世界はいっぱいです。 知らないから怖い。 言葉が通じないから異人を恐れていた時代、未知のものを恐れていた時代。 いまも、それは続いています。 たとえば日本人の半分くらいにとってテクノロジーがそうなのではありませんか? 僕は地方創生などのプロデュースをすることもありますが、その際に地域の人々に説明するときにネット系のことを言っても理解してくれません。しようともしてくれません。 「はぁ、らいんって何な」「ふぇーすぶっくてろん知らんた」「なんば言いよっとな」 と、こんな感じです。 令和の話をしてますよ? でも、そんなおじさんも競馬はネットです(笑) 興味ある、無しではこんなに差があります。 そんな状態なので、未だに「お金」の話は「悪人のこと」みたいなイメージがあります。 クラウドファンディングもコロナ禍のころから一般的に使われていると思いきや、未だに「やりたいことがあるなら、自分の金でしろ」という人がいます。 令和の話をしています。 そんな状態の中で、デジタル方面のビジネスを進めている人たちの間では「わからない人は置いておいて」という風潮と、地方の方々の「怪しい事ばかりやりやがって」という想いとの分離が酷くなっていると思います。 「知ればいいし、知らせればいい」と思うのですが、それでは進化のスピードが遅くなってしまう。 あれ
0
カバー画像

起業を成功させるためのたった一つの方法

どうも、日本一変なコンサルタントの藤枝です笑さて、今回は「起業を成功させるためのたった一つの方法」です。起業をしたい人には10万円を払っても知りたい情報かもしれませんが、今回は読者の皆様に無料でお伝えします。よく考えると大したことではないのですが、なかなか気づかないことがあると思うので、参考になれば幸いです。まずは、起業するには資金が必要となりますが、その費用は本当に必要か?ということを考え直さねばなりません。どのくらいの収入があるか、売り上げはどのくらい上がるのかまったくわからない状態で次々に費用つぎ込むのは無謀です。もちろん、資産が潤沢であればかまいませんが、そうでない場合はもう一度かかる経費の見直しをすることをオススメします。次に、職種や業種です。これは起業に一番重要なのですが、起業したい皆様は、どのような仕事でどのように稼ぎたいかはっきりとしたビジョンがあると思います。そのお仕事は「人間の欲望を埋める事ができるのか?」という事をもう一度考えてみてください。あなたのお仕事で欲望を埋めることができるのならその事業は成功します。たとえば、オシャレな服がほしいけど、高くて買えない!↓ユニクロ遠くの人と手紙のやり取りしたいけど、届くまでに時間がかかる!↓インターネット(メール)という感じで人間の欲望を叶えられれば、その事業は必ず成功します。今回お伝えしたかったことは2点。初期費用はなるべくかけない!欲望を埋める事業は成功する!迷ったときはこの二つを思い出していただければ幸いです。次回は、コンサルトでありライフアドバイザー(ティーチングコーチ)でもある私が教える「成功し人生が楽しく
0
カバー画像

コンサルタントが最も大事にしていること

当然ながら、コンサルタントの仕事ってクライアントが抱えている悩みを解決をすることですよね。ただ、問題解決って具体的に・何を・どのように・進めていけばいいのか?これからコンサルタントとしてのキャリアを目指している方や、まだ社歴の浅い見習いコンサルタントの方が最初に直面する悩みだと思います。いわゆる、「バリューの出し方が分からない問題」です。本屋に行けば問題解決やロジカルシンキングに関する書籍は山ほどたくさんありますが、これらはあくまで体系化しているお作法であって、実際に実務で活用する場合は、学んだ知識をどのように活用すればいいのか、それっぽく型にはめてみたけどso what?(だから何?)、なかなか思うように進まない、って思われている方が結構多いのではないかと感じます。実際、僕も事業会社からコンサルティング業界に転職して、はじめて関わった戦略案件でひたすら本を読み漁りましたが、、、でどうしようってなり、思考停止してしまい思うようにバリューが出せない状況に陥りました。ただし、経験を重ねるうちに少しずつコンサルタントとしてバリューの出し方を、実体験を元に考えが整理できてきました。そこで今回は、クライアントにバリューを出すために、コンサルタントが最も大事にしていることは?この点について、解説していきたいと思います。そもそも問題解決に決まった方程式は存在しないいきなり梯子を外すような感じですが、コンサルタントとしてキャリアを積んでいくにあたって、まず認識しておくべきことは、必ずしも画一的な答えはないということです。巷に様々なフレームワークは存在しますが、重要な抜け漏れをなくすためのツール
0
カバー画像

論点の見極めが重要な理由

「論点」ってどう捉えてますか?特に、コンサルティングの仕事をしていると頻繁に行き来する言葉だと思いますが、スタッフと会話している印象として、浅く捉えられている感じが否めません。ささっと論点を整理してMECEで綺麗な論点を整理してもらうものの、「それって重要な論点なのか・・・?」という不安が残ります。ここがズレるとプロジェクト全体に大きく影響します。筋の「良い論点」とか「悪い論点」という言い方もありますよね。何が良い論点のポイントなのでしょうか。このスタート位置がズレると、無駄な作業も増え、チームのパフォーマンスが著しく低下します。逆に、正確に捉えることができれば最短距離で全力で力を注ぐことができるので、格段にパフォーマンスが上がります。今回は、意外と知られていない論点の意味について、僕なりの私見で解説していきたいと思います。そもそも論点って何?まず、論点って言葉は使い勝手がいいですが、言葉の定義はあってますでしょうか?グーグルで検索すると、「議論の中心となる問題点。」と出てきます。当たり前ですが、議論する必要の無いことや、問題として認識していないことは、論点と定義できないということを、理解しておく必要があると思います。僕の感覚では、冒頭に説明した「MECEで綺麗な論点の整理」の違和感はここから出てきてます。「本当に答えるべき問い」は何なのか?これが論点となります。コンサルティング会社のプロジェクトマネージャーは、この論点を元に、アウトプットをイメージして、検討アプローチの設計、タスクへの分解を整理してから、スタッフに作業依頼をするという流れになります。スタート起点になる論点が、
0
カバー画像

コンサルティングファームの研修制度は?

最近、コンサルティングファームでは、これまでのサービスからより広範なサービスへ幅を広げたり、デジタルテクノロジーを活用して最新トレンドを導入したり、色々と差別化のために取り入れていますが、差別化の本質は人材の質です。即戦略として良い人材を入社させることも重要ですが、ポテンシャルのある若い人材に対して丁寧に育成することにも力を入れています。一昔前までは、優秀な人材を残すためにUp or Outで振るいにかけるような企業体質がありましたが、今ではほとんどないのではないでしょうか。不確実性が高く複雑化している企業の問題解決に向けて、様々なスキルや価値観の人材を取り入れて、それぞれ良いところを伸ばしていくことに、重点を置かれているように感じます。しっかりと教育して、中長期的にリーダーとして活躍できる人材育成に力を入れています。この傾向は、どのファームでも同じことが言えるのではないでしょうか。そこで今回は、僕の所属している大手グローバルファームの場合ですが、研修制度について解説していきたいと思います。研修制度の概要主に、研修制度は以下6つのタイプに分けられると考えられます。入社時研修新卒で入社したコンサルタントの卵に対して、ハードスキルとマインドセットの研修を実施しています。具体的には、コンサルタントとしての基礎スキルとなる、ロジカルシンキング・構造化、議事録の作成、エクセルを活用したモデル作成、スライド作成とそのお作法など、これ以外にも様々なベーススキルがありますが、丁寧なプログラムを用意しています。マインド面に関しても、社会人としての心得やコンサルタントとしての立ち振る舞いなど、充実
0
カバー画像

独立コンサルタントが失敗する理由

コンサルティングの仕事は、大きな資産を抱えずにサービス提供できるので独立起業しやすいと思います。最近では、ビジネスマッチングのプラットフォームもいくつかありますので、フリーランスとして活躍しやすい環境も整ってきています。僕の周りでも独立する人や挑戦しようとする人はいますが、うまくいっている人と失敗する人が明確に分かれている印象を持っています。そこで今回は、独立コンサルタントが失敗する理由について、解説したいと思います。独立で失敗する理由失敗を解説する上で、重要なポイントとしては、これまで勤めていた会社の機能を活用してクライアントバリューを提供していたものが、個人に置き換わった時に同様のバリューを出すことができるか、ここが重要だと考えます。逆に、この差分が小さければ小さいほど、失敗するリスクは少なくなると思われます。ぜひ、参考にしてみてください。実力を過信しすぎている大手コンサルティングファームで働いていると、若くして責任ある仕事を任せられたり、クライアントから感謝されるシーンも増え、コンサルタントとして自信がつくことも多くなってくるかと思います。自信をつけていく分にはいいことだと思いますが、一方で、危険なのは自分の実力を過信しすぎることにあり、客観的に実力を測ることが必要になると思います。世の中にはコンサルタントとして優秀なスタッフやマネージャーは大勢存在します。コンサルティングサービスという無形のサービスだからこそ、見えにくいですが、クライアントの抱える問題に対してインパクトのあるバリューを出せているのか、それがなぜできているのか、たまたまなのか、自分の力なのか、それとも他者
0
カバー画像

パートナーの役割と責任

コンサルティングファームでは、一般的に「パートナー」がもっとも高い上位役職として位置付けられています。クライアントの問題解決を行うことがコンサルタントとしても求められています。これは、会社全体として取り組むことですが、基本的にマネージャーが現場責任者とされ、パートナーはプロジェクト全体の責任者になります。しかし、パートナーの仕事はプロジェクト責任者というだけではありません。特に、コンサルタント未経験の方だとパートナーの仕事内容がなかなか見えにくいと思います。なぜファームの役員のことをパートナーと呼ぶのか?そもそもパートナーとは何か?今回はパートナーの仕事内容、役割責任について解説したいと思います。パートナーとは「パートナー」はコンサルタントとしてのキャリアパスの最終地点と位置付けられています。事業会社でいう執行役員とほぼ同義と考えられて良いと思います。そもそも「パートナー」という呼び方は、パートナーシップという会社の組織形態から来ています。つまり、パートナーはコンサルタントであると同時に、ファームの共同経営者を担っています。パートナーシップの組織形態は、コンサルティングファーム以外に、法律事務所や会計事務所といったプロフェッショナルな職業の人がよく作る会社形態です。特徴としては、パートナーと呼ばれる責任者が2人以上で共同で事業を行い、その利益を分け合います。株式会社と違って株主は存在しません。パートナーが株主のような位置付けになっています。ファームの経営に共同で参加して、共同で経営責任を取ります。また、ファームが儲かれば利益をパートナーの中で分配できる仕組みになっています。逆に
0
カバー画像

コンサルタントに求められるマインドセット

最近コンサルティングファームに入社する若手コンサルタントは、業務時間外とか隙間時間に本を読んだり研修を受けたり、自己啓発に積極的で大変関心してしまいます。これらもちろん重要ですが、学習の方向性がハードスキルの磨き込みに向かいがちで、マインド面に対しては疎かになっているように感じています。コンサルタントとしてキャリアをスタートされるのであれば、プロフェッショナルファームの一員として、間違いなく「マインド」を鍛えることが第一歩となり、非常に重要です。これまでに染み付いてきた在り方や考え方を、仕事に合わせて変えていくことは簡単ではありませんが、常に意識すべき視点を有しているだけでも、行動に大きな変化を生み出せると考えます。そこで今回は、僕が過去に培ってきた経験からコンサルタントの「心構え」を体系的に言語化してみました。個人的な経験から、スキルを磨くより、マインドを鍛えた方が仕事にハリが出て、仕事のパフォーマンスが格段に上がると考えています。ジュニアスタッフは入社してから「バリューの出し方がわからない」という状況に誰もが陥ると思いますが、マインドが整っていれば今何をやるべきか、「軸」をしっかりと形成できますので余計なストレスは無くなると考えます。しっかりと意識しながら仕事に取り組むことができれば、誰でもコンサルタントとしての土台を早期に築くことができると思います。それでは、解説をはじめたいと思います。プロフェッショナルマインドが必要な理由まず、コンサルティングファームで仕事をするのであれば、誰もが「プロフェッショナル」を意識しなければなりません。コンサルタントになってのらりくらりとそこ
0
カバー画像

コンサルティングファームで身につくスキルとは

コンサルティングファームに入社する目的として、ビジネスパーソンとして活躍したい、スキルを高めていきたい、という動機の方が多いのではないでしょうか。僕は、将来的に何か自分で事業をやりたいと考え、ベースとなる経営スキルを強化していきたいと考えたことが、転職しようとしたきっかけでした。実際入社してみてから、入社前にイメージしていたスキルと入社後に気がついたスキルがありました。非常に学びの幅が広がる仕事だと感じています。そこで、今回はコンサルティングファームで獲得できるスキルについて、いくつかの視点から解説したいと思います。入社する前に描いていたスキル入社前にはいわゆるハードスキルを身に付けたいと考えており、以下3つの習得を想定していました。論理的思考力深く考えること、ロジカルに考えること、思考力を高めることはコンサルタントとしての仕事では必要不可欠で、習得したいと考えていました。実際に、毎回のプロジェクトでクライアントの期待値を超えるため、考えを繰り返しアップデートすることは非常に重要なサイクルとして体現できます。特に、思考の型(考える型)を真似しながら習得でき、活用できるシーンが多いことは思考力強化の環境として恵まれています。リサーチ・分析スキルクイックにリサーチと分析を行える能力を身に付けたいと考えていました。プロジェクトでは、リサーチにより情報を集め、集めた情報から比較・分析を行い、クライアントに対する意味合いを出す、この流れはトライアンドエラーを繰り返しますので、スキル向上に役立ちます。情報収集のリサーチツールはどのようなものがあり、どのツールを使えばファクト集めに