絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

51 件中 1 - 51 件表示
カバー画像

ボイトレで人間関係がうまくいく!?

どうも!Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回は「ボイトレで人間関係がうまくいく!?」をテーマにお話ししていきたいと思います。ではいきましょう!風が吹けば桶屋が儲かる的な話になりますが、あながちありえなくもないなと感じております。科学的根拠はないし、あくまで私の実感からくる感想でしかないんですが、ボイストレーニングを積み、発声が変わっていくと人間関係にもポジティブな変化があると思っています。「イケボになるから?」みたいな要素も少しはあるかも知れませんが、私が考える理由は別にあります。私はまず歌唱には「姿勢」が70点くらい占めると思っています。何をやるにしても姿勢は土台だと。姿勢が伴わない練習は効果がまず出にくいし、いわゆる支持筋がしっかり働かないので、無駄な力が入ったり、喉頭をしっかり支えることできない状態になってしまいます。姿勢は発声をやる上では命であり、やっとスタートラインに立った状態です。逆に言えば、普段姿勢がわるい人が、姿勢を正すだけでも腹圧がしっかりかかりやすくなるので、途端に声の出方に変化が出る方もいるのではないでしょうか?また、気持ちも姿勢から引っ張られることもあるので、ポジティブな考えになったり、単に人からの印象は「自信のある人」に映りやすいかと思います。そんなことで印象変わるか〜?と思うかも知れませんが、あくまで私の実感ですが、「そんなこと」で、人は「人が受ける印象は変わる」と思っています。人はかなり「見た目で判断している」と。信じるか信じな
0
カバー画像

発声練習をするときのオススメの環境は?

どうも!Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回は「発声練習をするときのオススメの環境は?」をテーマにお話ししていきたいと思います。ではいきましょう!まず、初めに絶対これは必須事項だという条件をお伝えします。それは、「躊躇なく声が出せる場所」で、必ずボイストレーニングを行って下さい。躊躇なく、「フルボリューム」で声が出せる環境がオススメです。理由としては、やはりどこか制御して歌う癖がついてしまうと、使わなくていい筋肉を使ってしまったりとか、シンプルに発声器官に効果的に負荷をかけれなくなることが理由です。ボイストレーニングは、いわば今までの偏った歌唱習慣を変え、「神経発達、筋肉の強化」が目的になってきます。ピンポイントにターゲット(負荷をかけたい部位)に効果的に負荷をかけていきたいのです。そうすると、最大限に声が出せることが絶対条件になってくるので、例えばご近所さんが気になる家はあまりオススメしません。できれば、スタジオや、カラオケルームなどが良いかと思われます。次の条件としては「鏡がある場所(真っ直ぐな壁がある)」がいいですね。私はかねてから私のボイストレーニングを受けてくださる方にお伝えしておりますが、「歌唱にとって姿勢は70点くらいを占める」とお伝えしております。その理由に関しては今回は割愛しますが、その理由もある為、姿勢を確認することは非常に重要なんです。できれば、身体全体がチェックでき、前からと横からが同時に見れたら最高です。鏡がなくとも、ボイストレーニ
0
カバー画像

この夏は、涼しいところで、声を磨こう!

上高地の河童橋って、ご存じですか?美しくて映像でもよく見かける場所です。昨年、ひょんなことから足を運びました!ミラクルボイスは、引き寄せボイス「あなたのボイストレーナー」のしずかです^^✨ いろんな所に行って、実際に見て、触れる、五感を使っている時にすごく生きてる実感を感じます。見たものを感じたことをあなたのいい声で伝えたくないでしょうか?声が良くなると起こるいいこと・自分の声が好きになる(嫌いだった人)・相手の話を聞くのが楽しくなる・人前で、あせらずは話せるようになる・人間関係が良くなる・安心感やゆとりが生まれるこんなボーイストレーニングがお得です!!★☆この暑い時期は、お家で声を磨きませんか?↓●先ずは単発レッスンからお試ししたい方は、こちら↓  
0
カバー画像

喉を締めて歌ってしまう方に知ってほしいこと。

どうも!Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回は「喉を締めて歌ってしまう方に知ってほしいこと。」をテーマにお話ししていきたいと思います。ではいきましょう!まずそもそも、何故歌うときに、喉を締めてしまうのか?を考えていきたいのですが、理由はいくつかあると思います。たとえば、既に習慣化され、癖になってしまっているとか、その癖がついた理由としては、「強く声を出したい」とかいう理由があったかも知れません。喉を締め上げると、なんだか声帯が強く締まっている感じがして、実際踏ん張っている感覚もあるので、なんとなく達成感も出るのでしょうか??もちろん、この喉を締めるという行為自体、必ずしも悪いということではありません。大切なのは、使い所。簡単に言えば、その声はあなたが本当に出したい声ですか?ということです。たとえば、地声だとあまり気にならないかも知れませんが、高域を裏声で綺麗に伸びやかに出したいのに、苦しくて、首を締められたような声になるなら、それは解決するべきかと思うのです。使い分けが大事になるかと思います。そもそもこの喉締めは根本的に何が起きているか??それは「鬱積(うっせき)」しているのです。いきんだりするときに、鬱積するのですが、この時に仮声帯という声帯の手前にある前庭ひだが近寄ります。このひだとひだが近寄ることで、喉締めが起きます。しかし、この仮声帯を開いたまま、声を出すことができると、喉締めは起きずに高音まで出せるようになるんですね。これは、かなりレベルの高いスキ
0
カバー画像

歌唱力アップさせる為に、捨てるべき3つの思考。

どうも。Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回は「歌唱力アップさせる為に、捨てるべき3つの思考。」をテーマにお話ししていきたいと思います。ではいきましょう!まずは、「やり方を知れば上手くなるという思考。」これについてお話ししていこうと思います。案外、歌を歌うことについて「やり方」を知れば解決できると思っている方がいます。例えば声が出ないとか、高音が出ないとかの原因をやり方に問題があるからで、そこさえ変わればすぐに変わるという思考です。この考えを持っていると、すぐに結果が出ない際に、「やり方が違うからだ」と安易に結論づけてしまいます。もちろん、発声する時の気をつけてほしいポイント、意識したいポイントは存在するので、それをやり方といえばやり方です。ただ、それは「継続して効果的なトレーニングをする為の土台」みたいなものですので、「地道に継続していく」ことで、はじめてやり方に意味が出てきます。ずばり、持っていてほしい思考としては、「発声はトレーニングだ」ということです。筋トレも一緒だと思います。やり方を知った上で、そこからトレーニングを積み重ねるからこそ筋肉が養われていきます。歌のトレーニングも、発声器官の神経発達、筋肉の強化が大事であり、育つからこそ歌声が覚醒していきます。その道のりはやればやるだけ変わっていくものだと思います。もちろん充分な休養をとりながら、効果的に負荷をかけていく。それが大事な思考だと思います。5年、10年とトレーニングを積み重ねていく。この成長
0
カバー画像

歌唱時のブレスについて、私なりの考えをお伝えします。

どうも。Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回は「歌唱時のブレス」をテーマにお話ししていきたいと思います。ではいきましょう!まず、歌唱時におけるブレスは、「鼻呼吸がいいのか?口呼吸がいいのか?」がテーマにあがると思います。結構、議論されるポイントかと思います。早速、結論から申し上げまして、正直なところ「どっちがいいのかわからない。」というのが私の答えです。いきなり出鼻をくじかれた形になってしまいますが、現段階で明確にこうだと言えないのが正直なところです。実際、私ボイストレーニングに関する本、声楽本は過去に幾らか読みました。(今も勉強中です!)また、若い時には実際何人かのボイストレーニングを受けていました。しかし、どれを読んでも名言は避けているような印象を受けます。それどころか「どちらでもいい」と書かれていたり、「どっちも使っている」と書かれている本もあります。まだまだ研究の対象になるテーマなのかも知れませんね。実際、メジャーシンガーさんでも、口で呼吸する人もいれば、鼻で呼吸されている方もいらっしゃいます。その点からいってもどちらかが正しい、どちらかが間違いとはっきり言えないのかも知れません。確かに、どちらの呼吸にも良い点とそうでない点があります。まず口呼吸に関していえば、瞬時に息を取り込める、という良さがあります。アップテンポの曲で瞬間的に息を取り込む際に、適しているなと感じます。しかし、喉がすぐ乾いてしまうという問題も含んでいます。実際一曲通して、口呼吸を続
0
カバー画像

高い声が出ない方にまず知ってほしいこと。

どうも。Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回は「高い声が出ない方にまず知ってほしいこと。」をテーマにお話ししていきたいと思います。ではいきましょう!まず、最初に知ってほしいことは、「喉の可動域には限界がある。」ということです。喉というのは、喉頭のことで、男性でしたら、喉仏のある場所ですね。唾を飲んだりすると、喉頭が上に上がるかと思います。基本、普通に発声していると、高い音を発声するにつれて、喉は上に上がっていきます。でも、冒頭でお伝えしたとおり、可動域には限界がありますので、これ以上上がらないとなると、まるで首を絞められてるような詰まった声になってしまいます。いわゆる喉締めと言われるものです。これは、特定の人がなってしまうものではなく、「地声発声のまま高音まで上がっていくと誰でもそうなります。」なので、自分の喉がおかしいとか思う必要はありません。では、どのように高音を出すのか?理想としては、「喉頭を下げたまま発声していきたい」のです。そこで重要になってくるのが、「裏声」です。発声における「裏声」の重要性は高いのです。やや専門的な話をすると、声帯の前の部分に仮声帯と呼ばれる前庭ひだがあります。その部分が開くことで、喉締めのような詰まった音質はなくなります。ただ、「仮声帯を開こう!」と思っても、直接動かすことはできないので、声質を変えることで、間接的に動くよう促します。その声質が裏声ということです。かなりウィスパーな音質になるかと思います。この純化された綺麗な裏
0
カバー画像

歌が上手い人ほどシンプルに考える。

どうも。Salon Pomのしんごです。今回もボイストレーニングに関する情報を、私が今まで学んできたことをふまえ、私なりの解釈、表現でお伝えしていこうと思います。今回はテーマにあるように、「歌が上手い人ほどシンプルに考える。」ということについてお話ししていきたいと思います。これは普段ボイストレーナーのお仕事をしていて感じることなんですが、ご自身が感じる歌唱時におけるお悩みに関して、結構複雑に捉え、考えている方が多いなと気付かされます。もちろん、その方にとっての悩みの種であるわけですから、考えるのも仕方のないことだと思っています。そしてそんな方のために私がいるんだと使命を感じながら、日々ボイストレーニングを行っております。その上で、まず私がお伝えしたいことは「歌はシンプル」だということなんです。自分が歌唱時においてできないことがあった場合に、まず人が考えがちなのが、「まだできていないスキルがある」であったり、「まだ自分が知らないとっておきのコツ、方法がある。」と考えるのが一般的かと思います。もちろんそういった点もできない理由としては多分に含まれるかと思います。しかし、歌に関するお悩みの大半は、「しなくていいことをしている」ことが原因であることがほとんどです。つまりは、「何かを得る作業をしていくのではなく、捨てていく」ことで、一気によくなることがよくあります。本人からすれば、捨てることで良くなることはあまり手応えのないものなのかも知れません。実際、捨てていく作業をすると、声が楽に出せるようになっていくので、「こんなに簡単に出ていいものなのか?」となるのかもしれません。ただ、上手に歌
0
カバー画像

嬉しいお声「仕事が舞い込む秘訣は、○○です」

ミラクルボイスは、引き寄せボイス「あなたのボイストレーナー」のしずかです^^声のレッスン&心の迷いやお悩みに寄り添います。やり方だけでなく、マインド(お気持ち)を大切にしたいと思っています。前置きが長くなりましたm(_ _)m先日レッスン生の方から、お聞きしたのですが、●レッスン生様:「いや〜、新しい仕事が増えまして^^ニコニコ♪」●私:     「えっ、どうされたんですか?」●レッスン生様:「実はね、〇〇の仕事、声がいいからって、         私が担当することになったんです」●私:     「すごい! おめでとうございます👏」 この方、ボイトレを受けていただいて、(事例の紹介の許可は、いただいてます) 声が良いからと新しく音声の吹き込みの仕事が回ってきたそうです。これまでは、リアルでしていた研修をネットで行うために声の吹き込みを依頼されたそうです。熱心に取り組んで下さっている方ですが、声が仕事につながり嬉しい事例です。これって、珍しいことではなく、こういうことは、よく起こります。ミラクルって素敵ですね✨✨もちろん、生徒さんの努力の賜物です。自分の声や話し方に興味のある方は、こちらのお試しレッスンは、いかがでしょう?いきなり話すのは、ちょっと…というシャイなあなたには、こんなサービスを作りました!チャットで、お話しすることもできます ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) もちろん、声や話し方以外のどんなことでも心を込めてお聞きします。最長6時間のチャットを楽しませていただきました。気軽に10分でも損は、しませんよ✨ご予約&思い立った時に言いたいことをはき出してみませんか (*^^*)
0
カバー画像

ボイストレーナーの選び方をお伝えします。

おはようございます。ボイストレーナーのしんごです。今日はあいにくの雨ですが、しっかり4時半に起きてランニングしてきました。(気持ち良い〜!!)早速ですが、タイトルにある通り、「ボイストレーナーの選び方」について、私なりの考えを記しておこうかと思います。歌をやりたい人はたくさんいるかと思います。本気で歌手を目指している方もいるかと思いますし、趣味でやりたいとか、最近では歌ってみた動画をあげたいからボイストレーニングをしたいという方も増えていますね。どのような動機にしても、やはりボイストレーナーさんとの出逢いは結構重要だと思っています。ボイストレーナーと一言でいっても、トレーナーとしてのレベルというか質は、結構バラバラです。ただ、歌っていたということでトレーナーをしている方もいますし、逆に声楽を学んでいたとか、音大を出てるとか、キャリアをストロングポイントとしている方もいます。ボイストレーナーという国家資格は今のとこありませんので、前述したすべての方がトレーナーをしてもいい状況です。だからいいんです。とは言え、受けるほうの気持ちとしては、なるべく効果的なレッスンを受けたいはずですよね。そこで私が今思う、ボイストレーナーを選ぶ時の基準をお話ししようと思います。それは、「実際に、そのボイストレーナーさんの歌声を聴いたことがありますか??」という基準です。もちろん、これが全てではないですが、一つ選ぶ基準の項目にこのふるいをかけてみて下さい。では、何故そのボイストレーナーさんの歌声を聴く必要があるか?ですが、答えは明確です。「そのボイストレーナーさんが出せない歌声は、絶対に人に伝えることが
0
カバー画像

みんなで、一緒に♪             

ミラクルボイスは、引き寄せボイス「あなたの心の声のボイストレーナー」のしずかです^^あなたは、本はお好きでしょうか?私は、毎日何かの本を読んでいます。その中には、いろんな人物が登場しするのですが…それぞれに、キャラクター(性格)に特徴があります。見た目(容姿)や行動も異なっていて面白いですよね!本を読んでいても、この人は、こんな声なんだろうか?と想像してしまいます。(オタクです笑)そのくらい、声によってキャラクターは、印象付けらるのです。逆を言えば、心地いい耳障りいい声だと、印象もそんな風になっていくとも言えるかもしれません。自分の声が嫌いって人は、とても多いです。その気持ちは、私自身がそうだったので、とてもよく分かります。人が自分をどう思おうがいいのですが…前よりも自分の声が好きになると、肯定感が上がると思いませんか?少し肯定できたら、自己重要感も高まってくると思います^^みんな一緒のようで、1人1人は、みんな全部違いますよね✨違いを磨いて、よりよくしたい♪そんなことにご興味ある方は、少し一緒にお話しませんか? 今日もホッと安心しつつ、有意義でミラクルな時間をお楽しみください  (*^^*)✨
0
カバー画像

泳いでみたーい

こんにちは✨あなたの声を艶と希望で輝かせる!ミラクルボイスのしずかです^^2022は、出版をさせていただきました。その本の中で、ミラクルボイスは、引き寄せボイスという言葉が生まれました✨このミラクルは、私のことではなくて今、読んでくれた、そして声を聞いてくれた「あなた!」がミラクルを引き起こすそういうことだと思います。いるだけで、引き寄せられる✨前置きが長くなりました(๑˃̵ᴗ˂̵)❣️『写真のような青い海に行ってみたい” 海に潜って、色とりどりのお魚とたわむれた〜い』そんな願いもあなたのいい声でささやいて、、つぶやいて、、、ドンドン実現していってくださいね😋✨運気、上げ上げに興味があるいいお声を作りたい方は、こんなレッスンも開催しています。声・話すことの悩みを解決したい方は、こちらをご覧くだだい✨✨優しく、楽しく寄り添います:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚
0
カバー画像

高い声を出すための全手順!えはら校長のロジカルボイトレ動画講座

えはら校長のロジカルボイトレ講座〜❶呼吸❷喉を開く❸声帯操作が「全て」丸わかり!生徒さんにしか明かしてなかった秘密の高音発声メソッド〜を初公開します。初めましてボイスリードという"高音発声"を専門としたボイトレスクールの校長をやってますえはらです。今回、これまで1万円以上するレッスン以外では決して明かしてこなかった僕が10年以上の歳月をかけて、【自らの音域を1オクターブ以上】上げ、多くの方の音域を開発してきた高音開発メソッドの"全手順"を動画にまとめました。お陰様で発売初日から大盛況で、公式ライン含めて沢山の方にご購入いただきました↓↓↓購入いただいた方から素敵なコメントもいただきました!↓↓↓でもまずは、「ちゃんと認めた人からじゃないと買いたくないよ!」と思われるかと思いますので僕の歌唱動画をご覧ください。↓↓↓勿忘/Awesome City ClubCITRUS/ Da-iCE僕のこと/Mrs.Green Appleこれを見て「微妙」「下手くそ」と思った方は、僕の動画もお役に立てないかと思いますので、そっと"戻る"ボタンを押してください。。。もし「いいじゃん!」って思ってくれた心の優しいあなたは、是非続きも読んでみてください。今回のコンテンツを購入してお役に立てる方は、こんな方です。↓↓↓✅高い声が出ない✅喉を閉めてしまう✅裏声が苦手✅喉が疲れて最後まで歌いきれない✅正しい呼吸法を知りたい✅喉を開く方法を知りたい✅声帯を自在に操る方法を知りたい✅ボイトレはやってみたいけど通うほどではない✅独学でも歌が上手くなりたいなどなど...言い出したらキリがないですが、要は「発声が上手
0 1,000円
カバー画像

よくある歌声でのお悩み。

どうも。Salon Pomのしんごです。ボイストレーナーをしてます。今日は普段ボイストレーニングを実施してよく聞かれる歌声でのお悩みについて話したいと思います。「歌うこと」に関して、もちろん人によって悩みは様々ではあるんですが、基本的には似通っていて、みんな同じような悩みを持っていたりします。たとえば、「高い音が出ない」であったり、「大きい声が出ない」とか「息が続かない」とかもあります。これらは、全て個人差はあれど、改善はできます。理由としては、この悩みの種になっている原因は決して「才能」ではないからです。的確にトレーニングを重ねることで、改善できる問題なんです。「歌うこと」自体、本当はかなりシンプルで、本来あるべき姿で歌唱すればほとんど問題は解決できます。話しが少しそれますが、私サッカーが好きでよく観るんですが、今ヴィッセル神戸に所属しているイニエスタ選手を知ってますか?もともと世界最高峰のクラブバルセロナで長年レギュラーで活躍していた選手なんですが、この選手は「世界一サッカーを簡単そうにプレーする。」といわれている選手なんです。あたかも観ている人が「サッカーてこんな簡単なんだ」と思うほどにシンプルにプレーするんです。私はサッカーを幼少期からしていた経験があるからある程度わかるんですが、簡単にプレーできる理由は「基礎がしっかりしている」ためなんです。土台となるスキルが誤魔化しなく積み上げられているからこそ、シンプルなプレーができるんですね。これは歌も同じだと思います。一見派手にみえるスキルがカッコ良くみえるし、一気にうまくなった気がするので、例えばビブラートをやってみたり、メ
0
カバー画像

何故Salon Pomと名付けたか??

どうも。Salon Pomのしんごです。ボイストレーナーをしてます。今回は、初めてブログを載せますので、屋号である「Salon Pom」について話したいと思います。直訳するとSalonは応接間や客間みたいな意味です。Pomは、「Power of Music」の略です。ボイストレーニングというと、どこかスポーティーで、ジムでのトレーニング感があるな〜と思っているんですが、自分の中では、ピンポイントに表現してくれてないんです。もちろん、ボイストレーニングには筋トレの要素はあります。いや多分にあります。ですが、私が1番強調したいのは、「歌声はメンテナンスなんだ」ということ。発声器官を強化していくことは当然なのですが、そもそも何故強化が必要か?ですよね。それは現代人の発声器官は衰退しているからなんです。簡潔に話しますが、現代人の発声器官は歌唱時に必要な力を失ってしまっている為、強化が必要になるんです。そう考えたとき、もともとなかったものを手に入れるのではなく、もともとあった姿に戻るというイメージがフィットします。そうなると、「それってメンテナンスだよな?」と、自分の中で腑に落ちているのです。美容のためにエステに行く人がいるように、発声にもエステがいる。発声もメンテナンスしていけば、どんどん綺麗になるし、突き詰めていけば身体全体をメンテナンスしていくことになります。それを、ご依頼者様に丁寧にご提案して、おもてなししていきたい、その人に寄り添った形でご提案していきたいという思いからこの名前をつけました。ボイストレーニングは、抽象的で良ければ、大衆相手に伝えることはできるかも知れません。しか
0
カバー画像

ボイストレーニング♪✨ 

こんにちは✨癒しのボイストレーナーのしずかです。嬉しいことがありまして、感謝のセールをさせていただきます^^日頃、みなさまにご利用いただいておりますボイストレーニング(話し方・ボイトレ)の商品がココナラさんのオンラインレッスン・アドバイス部門で第一位になりました!(おすすめユーザー 第一位15,215人中)本当にありがとうございます✨私も知らなくてお客様が教えてくださいました。●自分の声が好きになった●人前で話しても大丈夫と思えるようになった●優しい声で話せる、声が変わったと言ってくださる方が増えてきてホントに嬉しい限りです。苦しい悩みを「できないをできるに変える」お手伝いをさせていただいています。1人1人のお客様の丁寧に寄り添ったサービスを目指しています。本来の声を出して、人生を楽しく進めたい方を応援したいです。ご興味ある方は、どうぞこちらのページへご訪問くださいませ✨
0
カバー画像

一瞬で「いい声を出す方法」は、ありますか?   

開運⭐️ボイストレーニング講師のしずかです✨おかげさまで、この5月にプラチナランクに昇格させていただきました。ありがとうございます。●いい声になりたい●響く通る声を出したい●優しい話し方をしたい日頃からこんなお声をよく耳にします。電話相談をこれからはじめたい!という方からも聞かれることがあります。そこで今回は、さらに「あなたの声を一瞬で、よくする方法」をお伝えします。何だか怪しそうですね:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。けれども、行きます!それは、「姿勢を正すことです」「えっ、それだけ〜」と思われたかも知れません。「背筋を伸ばして胸を張る」それだけでも声の出方は、全然違ってきます!ぜひ、実際に試して実感されてください✨もちろん、これ以外にも声をよくする方法は、沢山あります。ご興味のあるからは、下記からご確認ください!↓↓ただ今、5月はじまりのキャンペーン中です。男女ともに楽しくご参加いただける、マンツーマンのレッスンです♪
0
カバー画像

【ココナラPRO認定♪】話し方レッスン☆サービス説明

こんばんは^^ボイストレーナーのKanonです。先日ココナラさんにてPRO認定を頂きました☺『話し方レッスン』のジャンルでは初だそうです。ありがとうございます!【対応可能なもの】・声の出し方を整える(楽に声を出す/声の通り)・声のつまり・引っ掛かり改善・吃音緩和・呼吸改善・話し方を整える(スピーチ/プレゼン/)・声優基礎 ※呼吸・発声・滑舌私の自宅に機材がない為、歌レッスンには対応しておりません。(歌声分析は可能です。ご相談ください)声が年々低くなる・こもるアニメ声をなおしたい声に関してコンプレックスがあるアナウンサーのようなキレイな話し方をしたい全て対応可能です♪うまくいかないものには全て原因があります。原因をまずは知ってください。          【現在ご予約頂けるサービス】ありがたい事に定期的に受講される方がかなり増えております。定期枠に空きがほとんどございません。現在ですと、空き枠に合わせてご予約頂く以下のコースのみ対応可能です!声や話し方に悩む全ての方に対応しております。※発声障害・構音障害の方はお申込み前にご相談ください。 当サービスにてレッスンの実績がございます。30分・・声・話し方分析/改善トレーニングの説明60分・・上記に加え実践レッスン(オプション)オプションにて以下も利用可能です!・録音添削(レッスン前に講師が貴方の声を添削します)・自宅トレーニング内容をトークルームに送付 ※レッスン時は口頭説明のみ・貴方専用の動画を撮影し添付します ※ギガファイル便を使用します。吃音に悩む方に向けてのコースです。60分レッスン対応が多い中で、当サービスは30分と短時間
0
カバー画像

【たった7日間でトーク力が上がる】テレアポ&商談に使える魔法のトレーニング

これは、私が前職である株式会社リクルートに在籍していた際、メンバー(部下)に必ず1度はやって頂いたテレアポや商談の成功率が上がる表現率UPのトレーニング方法です。リクルートのマニュアルではなく、私のオリジナル教育法です。ですが、リクルートのマニュアルにはないだけで、実はアナウンサーや芸人の卵の方なら、知っている方は知っているトレーニング方法なのです。私は、リクルートに入る前、芸能界の仕事が多かったことから良くしっており、私自身もよくやっていました。このトレーニング効果は以下の通りです。・発音が良くなる・発声が良くなる・声が聞き取ってもらいやすくなる・口角が上がるこのような効果が生まれると、テレアポや商談では以下の効果に繋がります。・電話越しの声が聞きやすくなる・相手が受ける印象が明るくなる・こもるような声は出なくなる・噛まなくなる正直、ロープレや資料準備に時間をかける前に自分磨きをした方が良い方も多いでしょう。有料にさせて頂いたのは、やるやらないで明確に差が出ることがわかっているからです。ただ、この練習方法をすでに知っている方もいらっしゃいます。この数年で1度、アナウンサーが出るバラエティで紹介されたのを私は見ました。また、正しいタイトルをネットで検索すれば、複数出てきます。本記事では、その内容を書いてある画像を添付しますが、画像内にある情報は、Google検索すれば、文字が大きいバージョンがあったりもします。どのバージョンで見てもらっても問題ありません。となると、この記事を書いている私も不安になります。有料情報なのに、知っていたからお金返して!と言われかねないことです。お金を
0 500円
カバー画像

幸運を引き寄せる話し方!② 本の音読(耳で聞けます)

0
カバー画像

自分を知る辛さ

Estillマスターティーチャーへの道のりですが、昨年筆記と実技を突破して以降あまりお話ししていませんでしたが、第二フェーズに入って地道に進めております。第二フェーズは、ティーチングをしている様を EMCIと呼ばれる上級資格の先生方に見て頂いて合否・アドバイスを頂くものです。私は日本語でティーチングして、それ録画したものに英語字幕をつけて見てもらっているのですが、まぁこの作業が辛いのです。字幕をつける作業は時間はかかりますが、まぁただの作業です。辛いのは、“なんでこんな余計な事を言ってしまったんだ”とか”そこの説明が足りないからポカンとしているじゃないか”とかそんな自分に失望する事です。教えるスキルに関する事だけならまだしも、“そこで笑ったらバカにしているみたいではないか”とか自分の人間的なスキルの低さも見えて穴にも入りたくなるような気持ちなのです。自分の声を録音して聴くのが嫌だという人がよくいますが(かつて私もそうでした)まさにこんな気持ちなのだろうと思います。実はこの話には続きがあり、この苦痛を受け続けて数ヶ月、最近段々慣れてきた事に気がつきました!もちろん、“ここはこうするべきだった”という学びもありますし、時々穴に入りたくなるような気持ちになる時もあるのですが、客観的に見られるようになってきました。今後はフェーズ2のティーチングだけでなく、通常のレッスンもレコーディングさせて頂いて自分の成長につなげていこうと思っているのでご協力頂けると幸いです。そして、録音・録画が苦手な皆さんに一言「慣れるからやってください」
0
カバー画像

[ボイトレ]レッスンのお申し込みを迷って方へ

体験レッスンのでは、生徒さんから詳しく「声のお悩み」や「どうなりたいか」を細かくうかがっています。その内容は、他人からの評価で傷ついている方もいらっしゃれば、ご自分の声を聞いて違和感が気になるがどうしていいのかわからない、改善しようと練習してもうまくいかないなどさまざまです。「人から指摘された」「自分のここが悩みだ」「こんな風になりたい」皆様、声の大切さを理解されていらっしゃるのが、とてもよくわかります。この仕事をする前は、声関連のプロ以外で、声に真剣に向き合う人なんて、日本人にはいないんじゃないかなと勝手に思っていました。でも、実際にボイストレーナーという仕事についてからは、プロの方よりも会社員の方、主婦、アルバイターなど、声のプロとは違う職種の生徒さんのほうがずっと多く、私が考えているよりも声について真剣に考えていらっしゃる方は多いのだと気づきました。コロナ禍で日本中が混沌としている中、国のトップの方々の喋り方を聞いた時、がっかりしたといった声をよく聞きました。舌ったらずや、伝える気のないボソボソ喋り。これが国の代表かと思うと本当に恥ずかしいと…それだけ「声」「発声」「滑舌」というものは大切な要素だと皆さんわかっていらっしゃるのですねぇ。同じように、ご自分が感じる声の違和感は、相手も感じているかもしれません。そうなると相手は違和感ばかりが気になって、何を言っているのか聞いてなかった…なんてこともありえます。営業の方、接客業の方は困ってしまいますよね。お客様にわかりやすくご案内したい聞き返されるのはもう嫌だ!違和感が気になって喋る自信がないetc…軽く相談してみるつもりで、ボ
0
カバー画像

ボイトレ フィーバー期と停滞期

子供の身長が一気に伸びる時と緩やかな時期があるように、ボイトレにも一気に上手になるフィーバー期と成長が緩やかな停滞期があります。常にフィーバー期でいられたらすごい上手になるんじゃない?と思われるかもしれませんが、私は停滞期も必要な時期だと思っています。もしかしたら世界的な歌手は常にフィーバー期で成長してきたのかもしれませんが常人には計り知れないところです。今日はそんな”常人”のためのフィーバー期、停滞期のそれぞれの過ごし方などについて書いていきます。◉フィーバー期フィーバー期は、レッスンを受ける、余計な力みや正しい体の使い方に気づく、新しい試みをしてみる等によって引き起こされます。ダラダラ歌ってるだけではフィーバー期は起きないと思っています。ちなみに今私は9月頃からフィーバー期が続いています。日々歌い方を更新しているので『今日はすごい歌いやすかった』なんて思って歌って翌日冷静になって聴いてみたらヒョロヒョロな声だったりします。つまり、このフィーバー期は捉え方を変えると『不安定な時期』とも言えます。なので、フィーバー状態に甘んじず、常に厳しく自分をチェックする必要があります。私はこのフィーバー期には1曲は課題曲をこなしつつ、あとはカラオケボックス状態でで色んな歌を歌います。新しい感覚で色んな曲に挑戦してみる事で、”こんな声出るんだ!”とか”歌いやすい!”という発見や、感覚を定着させる狙いがあります。◉停滞期このフィーバー期がひと段落すると停滞期に入ります。フィーバー期で”なんとなく”掴んだ感覚を確実なものにする時期だと思っています。今まで使った事のない筋肉を使った時、いきなりピン
0
カバー画像

[ボイトレ]ボイストレーナー若水鶏稲子のご紹介

ボイストレーナーの若水鶏 稲子(わかみずどり いねこ)です。ちょっと長ったらしいので「いねこ先生」と生徒さんからは呼ばれています(^ ^)ココナラ以外では、声優養成所に通っている子、俳優の卵、現役ナレーター、現役声優さん、会社員さんなどなど、色々な職種の方にボイストレーニングを担当していますが、私自身はナレーターでもあります。TV/CM/ラジオ/Web etc・・・いろいろな分野でナレーションを担当しています。子供向けの教材ナレーション・企業PR動画・車内アナウンスが得意です。ナレーションだけでなく、声優・俳優・イベントMC・ブライダルMCも経験があります。ストレートナレーションを得意としているナレーターです。書かれている原稿内容をわかりやすくお伝えします。経歴は・・・18歳で高校卒業と同時に声優養成所と短大と一緒に通いまして、声優事務所に所属。現在はフリーです。他社との業務提携もありますが、基本的には個人事業主でナレーション・ボイトレを請け負っております(ココナラとは別名でナレーション活動をしています)ボイストレーナーになったきっかけは・・・滑舌が悪く、喉声で、すぐに声が潰れてしまっていたからです。色々なボイストレーナーの方に教えをいただき、自分でも研究し、現在は体調不良以外で声の不調を感じることはほぼなくなりました。そんな自分の経験と知識をシェアすることで、同じ悩みをもつ方をサポートしたい!という気持ちからボイストレーナーになりました。ボイストレーナーとしての知識は、トレーナー養成講座の受講と自身のボイストレーニング経験と独学から成り立っています。私にボイストレーナーとして
0
カバー画像

フォトエッセイ “ 夢を育てるために大切な20のこと。”

夢を叶えるボイストレーナー平谷雄輝です!よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

自分の声と歌いたい歌

ここ数年で気づいた事なのですが、私は”声”が好きです。歌も好きだし、音楽も好きですが、究極的にはやはり”声”そのものが好きなのです。なので、声の種類にこだわりはあれど、音楽のジャンルに関しては割と雑食です。ピアノからの逃避によりはじめたクラシックのオペラからはじめて、ジャズに心惹かれ、今は R&Bや J-pop 等も歌います。そんな私ですが、やっぱりこういう音楽が好き、というのは一応ありますが、なかなかそこに自分の声をフィットさせられていないと感じていました。クラシックでは声の種類によって歌える曲がある程度決まっていて、私は軽い声だったので可憐な少女役などの歌ばかり歌っていました。その時から、自分の歌いたい歌と自分の声の相違を感じていました。ジャズを歌っていた時はしゃがれた低い声に憧れていたので自分の声がクリーンすぎるように感じ、今はビヨンセみたいな太い声に憧れつつも、そうはなれない現実を受け入れています。ずっと長い事自分の声と歌いたい歌の相違を感じていましたが、最近声を調整出来るようになった事もあり、やっと歌いたい!と自分の声がマッチする瞬間が出てきました。私のところでレッスンを受けてくださっている方にも、曲を選ぶ時に”この曲が好き、歌いたい”という思いで選ぶ方と、”この曲はうまく歌えそう、自分の声に合っている”という基準で選んでいる方がいます。どちらが正解というのはないですが、自分の可能性を狭めて欲しくないな、と思っています。例えば、好きな曲を選んでいる人は、声の傾向をまとめてみた方が身につくようになるかもしれないし、合っているという基準で選んでいる人は、まだまだ自
0
カバー画像

      歌う時に意識したいこと Vol.3

前回は「楽器(身体)の息の通し方」ということで身体がより自然体で呼吸するコツをまとめました。落とし込めてきましたか?独学で上達を目指す場合チェックしてくれる人がいないので肩が動いていないかお腹の動きと呼吸の結びつきを自分自身でしっかり見ながら・感じながら取り組んでおいてくださいね◎それでは今回は今の自分の状態をメモしてもらいと思います。下の発声ピアノ音源動画に合わせて「は」でロングトーン→8拍声を伸ばして発声してみてください。(上行のみ)※カウントが鳴り始めて3拍目でお腹を凹ませて息を出し切って(吐いて)4拍目でお腹を膨らませる(吸う)しっかり息を吐ききれていたら、もう吸うしかなくなります。無理に?膨らませるというよりはお腹が元の状態(自然な状態)に戻るくらいの感じで。そして、8拍のロングトーンを始めましょう。声を伸ばしている間はゆっくりな深呼吸の息を吐いていくとき(お腹を凹ませて息をどんどん外へ送っていく)を意識して声を伸ばせば伸ばすほど身体がリラックスしてくのを感じましょう。(うまく伝わっているでしょうか><)さて、Vol.2の息づかいに声を乗せてもらいましたがうまく息と身体の動きは合いましたか?吸う息の時に肩は動きませんでしたか?お腹は動いていますか?息づかいと身体の動きがうまく結びついていない場合はまずこれがうまく結びつくように意識しましょう!息づかいと身体の結びつきが実感できている場合◼︎声質が変わってないか→何分秒で変わったか◼︎最後まで通れたか→何分秒まで発声できたかをチェック・メモしておきましょう。【メモ例】「声質が変わったけど最後まで通れた」「声質が◯分◯秒で
0
カバー画像

よく考えたらおかしいとわかることなのに・・・

こんばんは!!昨日は更新出来ませんでした~というよりも・・・怠りました(^^♪そう、夜中まで米国の様子をうかがっていて、またまた夜更かし~なんの問題もなく決行されてましたね~もちろんそのせいで不安を感じる時間がちょっと伸びてしまいましたが、前にも言いました通り、(長くなれば)おそらく3月にははっきりすることを前提にやるべきことをやっていきます!!そう、それはなるべく時間をかけずに歌がうまくなる方法・・・つまり『イメージング唱法』を公に公開することです。それが昨日の出来事でちょっと伸びたという訳です(笑)ま、この話は今は分からなくてもいいですので~いずれわかる時が来ると思います!!さて、前回の続きですが・・・『歌がうまくなる為の真逆の思考』を出品するにあたり、その大まかな考え方は前回述べました。そう、常識をまず疑う事がとても大事という話でしたね~(^^♪では具体的に見て行きましょう!!例えばボイトレで必ずやっていることって何でしょう?すぐ浮かぶのは、やはりイメージとして、その大枠・・・つまりピアノを使っての音階練習でしょう。これはボイトレでは当たり前だと思っていますよね??でも・・・それを何故やっているのでしょうか?それは本当に必要でしょうか?こうやって疑うのです(笑)私の場合は周りに凄いと言われている敏腕プロボーカリストがたくさんいた為、早く気付くことが出来ました。大まかに言えば、その方たちは「ほとんボイトレに通っていなかった」という真実です。ま、中には喉を壊した時、少しだけ通った方もいましたが、ほぼなんの役にも立たなかったと聞いています。それは何故でしょう?どうして役に立たな
0
カバー画像

⑤歌詞が聞き取りやすくなる、ボイストレーニング!

カラオケで歌った自分の歌を聞き返した時、「歌詞がはっきり発音できてない。」と、感じる事、ありませんか??歌において歌詞って重要で、これは私の持論なんですけど、『歌詞をみなくても歌詞が伝わる歌』これってすごく大事だなぁって思うんです。歌詞を見ないとなんて歌ってるのかわからない・・・そんなんじゃまだまだだぜ!!!(何キャラ)と思うわけなんです。今日は、歌詞がはっきりと相手に伝わるボイトレのうちの1つをこちらで伝授したいと思います^^母音を大事に!!伝授・・・と言っても、裏技的なものではないのですが、確実にあなたの歌唱力をUPさせる方法が・・・『母音』で歌を歌う事。です。よく、舞台でお芝居をする演者や声優が滑舌練習をしていますよね。「あめんぼあかいな〜〜〜」みたいなやつ。歌手にも、滑舌練習そのものってもちろん重要だし、歌詞を相手に伝える、届けるという意味では演者と一緒でめっちゃ大事なんですが・・・一日二日で成せるものではないですよね・・・でも、少しでもカラオケ前にこっそりボイトレをして上手く歌いたい!という方も多くいらっしゃると思うので、それを伝授します!その方法とは・・・『母音』でワンコーラス歌ってみる事。あなたの好きな歌を、全て母音だけで歌ってみましょう!LiSAの紅蓮華を例にあげると・・・「強くなれる理由を知った」↓「うおうあえういうーをいいあ」という感じ!小さな「っ」は、実際の歌で、「しぃた〜」と歌っているので、「いいあ」になります!小さな「っ」を一音として歌わない曲では、「いっあ」としましょう!くっつきの「を」は、「お」にはせず「を」のままで!平仮名で母音を書き出さないと歌
0
カバー画像

④メリハリの無い歌声に色をつける、簡単な方法を伝授!

あなたは、自分の歌を聞き返したとき、「なんだか一本調子だなぁ〜」とか・・・「歌手みたいにメリハリがつけられないなぁ〜」なんて思った事、ありませんか??歌手と自分の歌にはどんな違いがあるんだろう。なぜ、歌手の歌はあんなにも伝わってくるのに、自分の歌はつまらないんだろう。実はこの悩み、歌う時に少し心がけるだけで、あなたの歌が見違えるほど素敵に変化するんです!今日は、そんな簡単にできる歌唱力UP術をお伝えいたしますね^^【メリハリをつけるには】あなたの好きな歌手を思い出してみてください。かなりはっきりと言葉が伝わってきませんか?歌詞が鮮明に聞こえてきませんか?(中には歌い方がハキハキしていない特徴の歌手もいるのでなんともですが・・・苦笑)滑舌がいいからじゃないの??発声のボイトレをたくさんしてるからじゃない??と思った方もいると思いますが、実は、あなたにでもできるちょっとしたテクニックがあったんです!それは、『言葉の頭にアクセントをつけるように歌う』という事。言葉の頭というのは、例えば、米津玄師さんのLemonでいうと・・・「ゆめならばどれほどよかったでしょう」↓「ゆ」めならば「ど」れほど「よ」かった「で」しょうというかんじ。小学生の頃に国語の授業で習った、文節の頭と一緒です。「 」で囲われた文字にアクセントをつけるように、歌の中で、その文字を大事に、感覚としては少し長めに歌ってあげるようなイメージです。このテクニックを使ってみると、あなたの歌は素敵に変化するはずですよ!^^まずは、あなたの好きな歌で、この方法を実践してみてくださいね!本日のトレーニングのもっと詳しい解説と、歌唱力U
0
カバー画像

③口を大きく開けて歌いましょう!は、間違い!?

小学生の頃、音楽の先生がよく言っていた、「口を大きく開けて歌いましょう〜〜」これって実は、間違いだってこと知ってましたか??「こぶしひとつ入るくらい大きく〜!」とか、「口は横じゃなく、縦に開いて〜〜!」とか。音楽の時間、誰もが聞いたことのあるフレーズではないでしょうか?もちろん、合唱コンクールの時に、歌に自信が無い生徒に口を開けさせて大きな声で歌わせるためにはこのフレーズって大事なんだと思います。口を開けることで、表情筋も豊になり、声色も明るくなりますからね。しかし・・・実際の歌唱において重要になってくるのは、口を大きく開けることではなく、声を集めることなんです!【歌唱に大きなお口は必要なし!】大きな口を開いて歌う歌手もたくさんいますが、逆に女性演歌歌手などは、小さい口でしとやかに歌っているイメージありませんか?でも、小さい口の開きでも歌唱力は抜群にありますよね?!その例をみても、口の開き具合=歌唱力の高さではないんです。^^大事なのは、どんな口の形をしていても、音を真ん中に集めるということなんです!大きな口でも、小さな口でも、声の大きさをほぼ一緒に統一することで、歌が安定してきますよ!本日お伝えするトレーニングをカラオケ前に意識するだけでも格段にマイクのりの良い声になること間違いなしですよ!【ちょっとの工夫で歌唱力UP!】①大きく口を開き、「あーー」と声を出す。②「あーー」の声の大きさを保ちながら、口を少しずつすぼめ小さくしていく③小さい口から再び大きく口を開く。上の工程で、口の大きさを変えるたびに、声の大きさが変化してしまう人は、普段歌を歌う時に、口の開きに頼っている証拠で
0
カバー画像

「魔法の声」のつくり方(その1)

この世で魔法と呼べるものがあるとすれば「言葉」です。その言葉を表すことが出来るのは…① 声 ② 文字 ③ 音 ④ 手足 ⑤ 目 ⑥気 です。「言葉」には二種類あって「創造を喚起する言葉」と「破壊を招く言葉」神様とつながる言葉と、悪魔を呼び起こす言葉の二種類です。言葉の使い方で…人格、品位、運気、未来がわかります。マザー・テレサ女史の名言…思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。 「声」は「思考と言葉」を最も高速広宣できる魔法です。慈悲と創造のために「声」を使おうと決めた人は…時空を超越した、光の存在となります。90歳を超えても、この声を更に進化できるボイトレ!是非、興味をもって下さい。
0
カバー画像

レッスン動画できました!

以下サービスにてレッスン動画を公開しております♪ココナラさんではビデオチャットでのレッスンになりますが、内容や雰囲気などご参考にしていただければ幸いです^^**ご予約・お問い合わせお待ちしております♪
0
カバー画像

腹筋を鍛え始めました

どうも、声優のマツブーです。声量をなるべく長く持続させる方法を模索して、たどり着いたのはズバリ腹筋を鍛える事。なんだかすごく当たり障りのない方法を言っているのですが、これがとても重要だと今さらながら気が付きました。というわけで、最近はメルカリで購入した腹筋ローラーで毎朝無理のない程度に腹筋を鍛える事にしています。使ってみた感想ですが、これが想像以上にきつい。最初の頃は本当につらかった。膝を伸ばした後に身体が元の場所に戻せなかったんですよ。社会人になってから碌に運動してこなかったツケがこんな形で回ってくるとは・・・。とはいえ、せっかくやり始めたのだからルーティン化に向けて今後とも地道に続けていきたいと思います。
0
カバー画像

【希望者には無料添削サービス付き!】声や話し方のポイント解説!ボイストレーニングの基礎!

最初にまずはブログをご覧頂いた皆さんありがとうございます!ボイストレーナーのKanonです。現在は司会・アナウンス業・ボイストレーナーをしています。声に関わる仕事を始めて十数年。あっという間でした。正社員として会社員をしていた時期もあり役職についていた為、面接等も行った経験があります。正社員退職後はボイストレーニングレッスンを受けながら歌の活動をしたり、司会業や声優(商業ボイスドラマに出演!)メディア出演の機会も頂いたり・・と本当にたくさんの経験ができたと思っています。今まで経験した事を全て自分の糧として何かに悩んでいる方にこれから夢や目標に向かって頑張りたいと思う方にボイストレーニングというものを通して力になりたいと考えています。ボイストレーニングは続けてこそ効果を発揮するものです。トレーナーについてレッスンを受けていくのが一番だとは思いますがなかなか時間がとれない受講する事に抵抗がある・・という事もありますよね。元々生徒さんから『Kanon先生のメソッドを販売してほしい』という声も頂いていました。そこで今回ブログ販売という形で販売する事に致しました。価格は1500円と決して安い金額ではありませんが希望者にはご自身で録音をしたデータを送って頂き簡単な添削&改善アドバイスをサービスさせて頂きます。是非ご利用ください^^なお、この記事は学生さんや一般職の方を対象にしております。喉声の話等は声優を目指している方のニュアンスづけには当てはまりません。参考程度にして頂くか、詳しくはお問合せくださいね^^声の出し方に悩んでいる人は多い皆さんは自分の声が好きですか?好きな人、嫌いな人自信を
0 1,500円
カバー画像

ギター、ピアノ、ベース、ドラム、DTM、作曲、ボイストレーニングなどのレッスンを行っています!

初めは、無料お試し時間無制限レッスンをご用意しておりますので、これを受けてから、その後の事はお任せいたします、また、楽曲のレコーディングやオリジナル曲の作曲作詞も行っています。
0
カバー画像