絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

50 件中 1 - 50 件表示
カバー画像

2月3日は節分 〜鬼に関する豆知識〜

もうすぐ節分です。節分とは『季節』を『分ける』ことを意味している二十四節気の『立春』となる2月4日の前日を指し、炒り大豆を撒く習慣があります。さて、その豆まきには何故鬼が出てくるのでしょう?一番メジャーなのは赤鬼のお面ですが、一応、鬼のお面には赤鬼、青鬼、黄鬼、緑鬼、黒鬼と5色の鬼のお面があります。中でも小さな子供が作るお面は、色とりどりで手作りの風合いがバラエティーに飛んでいて可愛いものですね。その5色の鬼には仏教の仏陀の五蓋(ごがい)という瞑想修行を邪魔する5つの煩悩という意味があり、それらの煩悩を取り払って心を穏やかに過ごしましょうという意味があったのですね。赤鬼は欲望を表す貪欲(とんよく)、青鬼は憎しみや怒りを表す、瞋恚(しんに)、黄鬼は後悔を表す掉挙(じょうこ)、緑鬼は心の活力が衰えやる気を失う惛沈(こんちん)、黒鬼は疑心や愚痴を示す疑(ぎ)を意味しています。そして、鬼のパンツはなぜ虎の模様なのでしょうか?今年は寅年ですが、鬼のパンツは干支に関係なく毎年虎の柄です。鬼の出入りする方角を『鬼門』(きもん)と言いますが、北東の方角を指しているそうです。十二支による方角を調べると北東は『丑』(うし)『寅』(とら)の丁度両方の中央を指しています。牛の角に寅柄のパンツの鬼の由来はそういうところから来ていたのですね!ご家庭や職場で豆まきをされる方もいらっしゃると思いますが、上記雑学が何かのお役に立てれば嬉しいです。今年もたくさんの福が来ますように!
0
カバー画像

修行

パチンコ、競輪、オンラインカジノは、少額で勝負して注ぎ込まなければ、たまにはやってもいい娯楽でしょう。FXに関しては金持ちの道楽です。miniコースなら何とかできるというものです。さて、当たり前かも知れませんが、レイキ、特殊祈願、内部表現書き換えを鍛錬しました。やらないと腕が落ちますからね。気功やヨガ以前に技術なので。自分も身につけたいという人がたまにいますが、無理だろうと思いますよ。企業秘密である施術内容を詳しく教えるわけにもいきません。私は地上最強かはわからないけど、施術に関して才能があるからです。あとは神から与えられた力ですからね。技術なので練習しないと腕が落ちます。F1レーサーは凄い技術ですが、練習は欠かせません。普通に運転できる人がF1レーサーにはなれないじゃないですか?そういう事です。IQに関しては病院で正式に測定したわけではありませんが、ネットやアプリで測定したら高かったです。電子出版やゲーム作成などができますから、賢い方なのでは?と言われています。ゲーム作成はUnityですが。1日中マントラを唱えて歩くなどの苦行はやめて、音源を聴きながら瞑想したりしています。苦行はあまりスピリチュアル能力と関係ないのでは?と思ってしまいます。ランニングエナジーなどの瞑想法があります。コブラや陰謀論は私は信じてません。苫米地さんは信じてます。苫米地さんの本を最近数冊読みました。100冊くらい読んだのではないかと思います。お釈迦様の脳科学など、苫米地仏教を勉強してます。仏教は元々、生まれ変わりはない、全ては縁起(関係性)でなりたっているという教えでした。永遠不滅の真我、アートマンを
0
カバー画像

「自利利他」とボランティア活動

 利他の活動【ボランティア】 2019年から始まった新型コロナ感染症拡大や 先年の強大な台風や想定外の水害などの自然災害で医療従事者の方々や多くのボランティアの人々が利他の活動しています。また一方では、最大の国難とも言えるこの時期に、 保身や自己中と思われる政治家や一部の国民の 利己的で自己中な心ない言行が絶えないことは残念です。 この様な未曾有の感染症や全ての災害救助活動では、 先ず【命】を最優先に取組むべきであると思います。 医療従事者の皆さんやボランティア活動を成さっている方々の心の奥底には日本人独自の心とも言える以下のようなこと(=心)があると思われます。仏教「四摂事(シショウジ)」 【以下、学びのメモより引用】 ボランティア活動を仏教の教えでは「四摂事(シショウジ)」と言います。 仏教でのボランティアの根本精神は、自らを生かし、 他者を生かすという「自利利他」のことを指しています。 この「自利利他」の心を日々持ち続けることは、社会人に限らずサービス業に従事する物にとっても、とても大切な心得であると思われます。この四つの実践法は、「布施・愛語・利行・同事」から解釈できます。 「布施」は、  一切の見返りを求めずに、自分ができる「もの」でも「心」でも、  惜しみなく他者に分け与えることを自然に何気なく行なうこと。 「愛語」は、  愛のある優しく温もりのある言葉を掛け続けること。 「利行」は、  己の身と口と心を使う実際的なエネルギーを発信する活動のこと。 「同事」は、  相手と同じ立場に成りきって、意識や目線を持ち  コラボレーション「協働」するパートナーシップのこと
0
カバー画像

キリスト教はどんな宗教?

私自身は聖書やコーランも読みますが、仏教徒です。コーランは差別を無くすためにバランスを取るために読んでます。日本ではイスラム教は、豚肉を食べないとか、決まった時間にお祈りするという程度の認識だと思うんですよね。聖書入門くらいは読んでも、イスラム教はわからないという人が多いと思います。仏教で有名な教えに因果応報というのがありますが、ブッダ自身はカルマの法則や生まれ変わりを否定したそうです。カルマの法則を信じると、馬鹿に生まれたのは自己責任、病気に生まれたのは自己責任、貧乏に生まれたのは自己責任ということになってしまうからです。日本には因果応報が自然と根付いてるので、それもキリスト教が受け入れられない原因です。キリスト教ではイエスの十字架のあがないを信じれば、悪人でも天国に行けます。ここまでは親鸞の念仏と一緒なのですが。イエスを信じない限り、どんな善人でも地獄に行きます。これが日本人には受け入れ難い、カルト的な教えなんですよね。しかも一神教です。日本は元々多神教の国なので、キリストも神様が一人増えていいじゃないか?という感覚なんです。なので、神様、仏様、キリスト様などと祈る人もいるんですね。キリスト教と日蓮宗の違いは、日蓮宗は日蓮宗以外は一切認めないので、積極的に攻撃します。キリスト教は人間の自由意思を認めます。クリスマスは皆さん祝ったと思うのですが、キリスト教については知らなかったのではないでしょうか?キリスト教の良いところは、神の無条件の愛です。心や容姿が醜くても、能力が劣っていても、悪人でも、全てを愛されています。
0
カバー画像

11年のうつ病を大嫌いだった仏教で脱却しうつ経験を苦しい人の役に立てながら生きている話

こんにちは!コキリです。この記事では、自己紹介として、 20代の10年間をうつ地獄に落ちて仕事7回やめた寺育ちの私が 子どもの頃嫌いだった仏教に出会い直して脱うつし自らのうつ経験を苦しい人の役に立てて生きるようになった過程をお話します。苦しい ばかりで埋まってしまった心に隙間を作り、希望が入って来るプロセスをお見せ出来たらと思います。 うつ病という苦しい経験を、同じうつで苦しむ人の役に立てることで自らも幸せになっていくということについてもお話します。 仏教って聞くと、怪しい怖い勧誘されそう難しそうと思う方もいると思いますが、怪しくて難しい仏教ではなく仏教って脱うつに役立つんだというのをお伝えしています。私自身、実家がお寺なので、子どものころには強制的に正座をさせられたりお経を読まされたりして反感を抱いていたので、特にはじめは仏教に拒否反応を示しました。 だけど脱うつした今では、 仏教って特別なものじゃなく私たちの生活に根付いてるんだ。 そもそも仏教が何なのか分かっていなかったけど苦しみを取り除く考え方のことだったんだ。辛い修行ではなく仏教の教えがうつの心をラクにしてくれるんだと思っています。 仏教って変な勧誘されそう。 もうお経や正座は勘弁して。辛い修行もいや。 仏教でほんとうにうつから脱出できるの? と疑っていた私が、 どんな葛藤を経て、仏教での脱うつ街道を歩み始めたのか? 10年ものうつ地獄で仕事も7回辞めてもう治らないと諦めていた状態から、具体的にどうやって最終的には11年に及んだうつ病から脱却し、自らのうつ経験を役立てることで生きがいを見つけるに至ったのか?この過程を物
0
カバー画像

サービス業に関わる皆様へ

サービス業従事者としての自覚 1.サービスの語源を知る サービスの語源は、ラテン語のSERVETUS(セルヴィタス・サーバス)「奴隷」です。 サービスは、この「奴隷」の語源の通り、サービスを受ける側、即ちお客様が主であり、お客様に接客サービスを提供する側が従となります。 従って、サービスは、「主従関係」が明確にされているのです。 「お客様は神様」の文言は、この主従関係を顕著に表わしている言葉です。 2.ありがとうの原義を知る(辞書検索-語源由来辞典)🔲有り難う/有難う/ありがとうの由来・語源 ありがとうとは、感謝の気持ちを表す言葉。感動詞的にも用いる。 ありがとうは、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形 「有り難く(ありがたく)」がウ音便化した語である。 「有り難し」は、「有ること」が「難い(かたい)」という意味で、 本来は「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味を表した。 『枕草子』の「ありがたきもの」では、「この世にあるのが難しい」という意味。 詰り、「過ごしにくい」といった意味でも用いられている。 中世になり、【仏の慈悲など貴重で得難いものを自分は得ている】というところから、 「ありがとう」は宗教的な感謝の気持ちを言うようになり、近世以降、感謝の意味として一般にも広がった。 また、お釈迦様の教え【盲亀浮木の譬え】の解説の如く、『有ることが難しい』と言う教えが由来とされる。 ✴ありがとうの類語・言い換え ありがたい/嬉しい限りです/光栄です/感謝いたします/御礼申し上げます/おおきに/どうも/あざっす/かたじけない/恩に着ます/恩に着る/恐れ入ります/すみません/す