絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

241 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

🇯🇵「自愛」って、食べられるの?

「先生、自愛が分かりません…」この言葉もまた、依頼主さまからよく聞く言葉「トップ3」に入るもの。読んで字のごとく「自分を愛すること」であり「自分を大切にすること」なのですが、これが分からないとは、どういうことなのか?今日はこの辺りをお話してみようかと。といいつつ、答えは非常にシンプルで、私から見ると「自傷行為」に近いことをやってらっしゃる方が多い印象です。たとえば、想像していただきたいのですが、目の前にナイフを持った人間がいて、あなたのことを滅多刺しにしてきます。あなたは「痛いなぁ、辛いなぁ」と言いながら、血をダラダラ流しています。しかし、あなたは逃げませんし、助けも求めません。「痛いなぁ、辛いなぁ」と言い続けながら、そのまま刺され続けています。・・・おかしいと思いませんか、この状況?しかし現実には、家庭で、職場で、プライベートで、こうやって、自分ことを傷つけてくる輩がいるのにも関わらず、自愛がわからない人ほど、原因となっている人や場所から、目には見えない「アロンアルファ」でもついてらっしゃるんですか? というくらい、離れようとしません。中には「でも、私がいなくなったら困るので…」と、おっしゃる方もいるので、縁起でもない例えで恐縮ですが、どこぞの大企業のCEOでもない限り、自分がいなくなっても世界はそれでも回ります、大丈夫です。iPhoneでお馴染み、アップル社のスティーブ・ジョブズが亡くなっても大丈夫なくらいですから、私たちくらいが急にいなくなったところで困る人なんて、たかだかしれてます。…と、考えればです。あなたのことを傷つける輩との「縁」なんて、バッサリ切ってしまったって
0
カバー画像

セックス前の下準備

セックスを楽しむために、みなさんはどんな工夫や努力をしていますか?当たり前ですがセックスは一人ではできません。自分と相手がいて成立する行為ですね。想像してみてほしいのですが、セックスはフィギュアスケートや社交ダンスなど、共同作業でするスポーツに似ています。これらのスポーツとセックスの共通点は、息を合わせることが大切ということです。相手と息を合わせるためには、まずはコミュニケーションが基本ですね。コミュニケーションが上手な人は、相手のことを知ろうとする意欲を持っています。自分の気持ちや状態を伝えることも大事ですが、相手がどう感じているのかやどんな価値観を持っているかを探ろうとする姿勢は必要不可欠です。セックスの前の会話でコミュニケーションが一方通行の人は、セックスでも同じように一方通行な欲望を押し付けてきます。一見すると良さそうにも見える盲点として、「自分がどう思われるか」(好かれようとしてばかりいる)という人も要注意です。これは相手に意識を向けているようで実は自分の保身ばかりしてる一方通行なコミュニケーションです。息を合わせたいという時、実際に会ってる時にできることもあります。それは文字通り「息(呼吸)を合わせる」ということです。やったことがない人は難しいのでは?と感じるかもしれませんが、相手の肩や胸元などをじっくり観察すると呼吸の早さやリズムを読み取ることができます。その相手の呼吸に合わせて自分自身も同じように呼吸してみましょう。そうすると不思議な一体感を体感することができます。もしも可能なら目と目を合わせてしばらく呼吸を合わせてみるだけでも、敏感な人は性感が刺激されるかもし
0
カバー画像

悪口や愚痴を言ってはいけないのか?

あなたは人の悪口を言ったり、愚痴や弱音を吐くことに抵抗はありますか?誰か他の人がそのような行為をしてるのを見ると、胸がザワザワしたり不快な気分になったりしますか?道徳的な考えで、人の悪口を言うのはよくないと私達は教育されます。誰かを強く批判したり汚い言葉を使うのはよくないことだと思っています。スピリチュアルな世界や、迷信でも、悪いことをすれば自分に返ってくるという考え方をよくします。いいことをすれば自分に巡りめぐって返ってくる。つまり、悪いことをすればそれも巡りめぐって自分に返ってくる。というような具合です。また、脳科学や心理学でも、愚痴や泣き言、弱音やマイナス発言は自分自身が聞いているので良くないと言われたりします。それはそうだろうと私も概ね同意見です。ですが本当に悪口や愚痴などは完全に悪なのでしょうか?嫌なことや腹が立つことは生きていれば必ず出くわします。程度の差はあれど、誰だって「畜生」と思うことの一つや二つはありますよね。こういうときに無理に自分をなだめて怒りを鎮める必要はないと私は思います。例えば誰も見ていない一人のときであれば、悪口を言ったり暴言を吐いても良いです。こんなこと言ったら最低だと自分で思うようなことでも、好きに呟けば良いです。例を挙げると、「死ね」や「クソ」などの暴言もいくらでも言って大丈夫です。「ムカつくんじゃババア!ドブに落ちて一生沈んでろクソが」と言ってもOKです。「キショいんじゃボケ、話しかけてくんなゴミカス」と言っても問題ありません。「みんな死ね!苦しんで全員死んじまえ!」と叫んでも良いです。誰かに向かって言ったり、相手に言うことはトラブルのも
0
カバー画像

【閲覧注意!】知ってしまったら戻れない!言葉の三位一体「父音」で龍神様を降ろす

真の日本語は、母音+子音+「父音」(=三位一体)です。三位一体の言葉には、強力な力が宿ります。今回は、父音×龍体文字で龍神様を降ろすというお話です。 <タイムテーブル>0:00 言葉の三位一体「父音」とは? 18:54 あなただけの龍神様を降ろす「父音×龍体文字」   34:05 「私」だから自愛が出来ない ~和多志のススメぜひご覧ください!
0
カバー画像

わたしはわたしの人生に言い訳をしません

𝐽𝑒 𝑛'𝑎𝑖 𝑝𝑎𝑠 𝑑'𝑒𝑥𝑐𝑢𝑠𝑒𝑠 𝑑𝑎𝑛𝑠 𝑚𝑎 𝑣𝑖𝑒 “わたしはわたしの人生に言い訳しません” 𝐶𝑟𝑒𝑎𝑡𝑒𝑑 𝑏𝑦 𝑆𝑎𝑙𝑜𝑛 𝑑𝑒 𝑀𝑎𝑟𝑖𝑎 たとえ再び失敗しても 立ち上がれなくなりそうになっても わたしはなんて愚かなんだと 責めそうになっても 後ろを振り返る時間など必要なく “すべて”を抱きしめて前を向く ただ粛々と… 雨が降ったあとにしか見られない虹がある 涙で虹が霞むかもしれない だけどきっとその虹は これまでの人生で見た中で最も大きく美しい 𝑆𝑎𝑙𝑜𝑛 𝑑𝑒 𝑀𝑎𝑟𝑖𝑎|サロンドマリア では日々 あなたを愛するための言葉 “𝐿𝑜𝑣𝑒 𝐴𝑓𝑓𝑖𝑟𝑚𝑎𝑡𝑖𝑜𝑛” を紡いでいます “人生はわたしを愛する旅” でございます あなたの人生が “愛” と “喜び” に満ち溢れますように… あなたのお気に入りの言葉を いいね、保存して “心のお守り” として想い出してくださいね♡ アファメーションとは…? “なりたいわたし” を引き寄せるための自己宣言 何度も繰り返すことにより “潜在意識” に浸透させる方法 新規フォローそして𝐷𝑀を くださいましたお方に5%𝑂𝐹𝐹クーポン贈呈中
0
カバー画像

自分を好きになる方法

あなたは自分が好きでしょうか?YESと答えるならこのブログを読む必要はありません。ですがそうではないなら、自分を好きになる方法についてを今日は書きたいと思います。自己肯定感のお話をするとよく出てくるのが「自分を好きなる」とか「自愛」というワードです。「自分を好きになろう」と決心したところで急にそのようになれるわけではありませんよね。自分をついつい嫌ってしまったり認めることができない。こういったことは多くの人が抱えるお悩みです。自愛の方法というのはネットで調べたりSNSで検索すれば色々と見つかると思います。その中でも私が特におすすめしたいのは、自分を好きになりたいなら"人を認めたり好きになること"です。え?自分じゃなくて他人?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そうです、他人です。自分の良いところを書き出すとか、自分の欠点を長所に変換するとか、自分を褒めてあげるとか、そういったことも良いことだと思います。でもそういうことをしても効果がない場合はこのことをぜひ試して欲しいと思います。なぜなら自分にばかり意識を向けていてもうまくいかないからです。自分に厳しい人、自分を責める癖がある人は、他人に対しても同じように厳しい目で見ています。自分にするように他の人にも批判的になっていたりします。そしてそのように他人に接することで、他人もまた同じように自分を批判してくるだろうと内心感じてしまうのです。また、「他人を愛してない自分」が「他人から愛される」とは思えませんので、「自分は愛される価値がない」とも勝手に判断してしまいます。ですので、まずは人の良いところを見つけて褒める訓練から始めてみ
0
カバー画像

自己肯定感という呪い

私は相談を受ける中で「自己肯定感を上げようとすることをやめて下さい」とお伝えすることが多いです。え?なんで?と思われる方も多くいると思います。「自己肯定感が低いから生きづらいんだよ」という方は大勢います。それはその通りです。その考え方が間違いということではありません。ただ、"無理に自己肯定しようとする"というのをやめて下さい、という意味でお伝えしています。では無理な自己肯定とはなんでしょうか?ズバリ"自分を肯定しようとすること"全てです。これが自然的に苦もなくオートモードできる方は問題ありません。ですがそもそもそんな人は「自己肯定感が低い」ということで悩みません。「自己肯定感をあげよう」とする方の多くは、このタイプではなく、むしろ自分を肯定しようとすること自体に苦が生じるのです。例えば、遅刻してしまった時のことを例にします。"遅刻した"という事実に対して、後悔や罪悪感、自責の念を感じると思います。それが仕事であれば、こんなことをした自分の評価が下がるのではないか?と不安に襲われたり、友達との約束であれば、嫌われてしまったらどうしようという恐れを感じることもあるでしょう。このときに「自己肯定感をあげよう」としている人がやりがちなのが、これに対して無理矢理に前向きな解釈をしようとすることです。「遅刻しちゃったけど気にしないようにしよう!」「相手も怒ってないしこれは小さなことだ」と自分に言ってみたり、「遅刻なんかでいちいちこんなに落ち込んじゃだめだ」「自分に厳しい考えをやめなくちゃ」と思ってみたり。これらは一見するとポジティブな解釈を自分に入れているようにみえます。しかしながら実際そ
0
カバー画像

【発表】和オポノポノ: あいさつのお返事は『うん。(運)』

【最新動画】和オポノポノのあいさつに対するおへんじ「うん。」について語ります。 前回に続き、「ライスワークとライトワーク」についても、みつがどのようにライトワークをしているか語っていますので、宇宙の法則「与えたものは得るもの」の具体例として参考にして下さい。 お話したいことがたくさんあって、テーマが3つになっていますが、実はすべては繋がっています。観ていただいた方の中で、一人でも響く方がいらしたら、それだけで嬉しいです。 どうぞご覧ください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
0
カバー画像

【祝!5周年】みつのお志事 ~あなたはどっち? ライスワークを「ライトワーク」にする働き方

ありがとう。「はい、和多志たちは、今、ここにいゐます。ワクワク♪」 「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」 「愛しあいます」「ありがとう」「そうか、そういうことか〜」 ※記事の冒頭と最後に記載されているこの言葉には、強力な浄化作用があります。全ての物事の”始め”と”終わり”に使えるので、一部表現が違います。最後もご覧ください。こんにちは、みつです。 久しぶりの投稿になります。 皆様のお陰様で、和オ・ポノポノは5年目を迎えることができました。ワクワク。実は昨年の12月18日より、特別養護老人ホームのデイケアの送迎のドライバーとして働いております。最初は週3のパートタイムでしたが、2月の後半からは週5日勤務することになり、お志事に順応した体力をつくるのに時間を要しておりました。 言い訳ですが、帰宅後はとグッタリして何も出来ないという状態でした。やっと身体が慣れてきた、何とか動画を撮る時間を持つことができるようになってきております。そんな状況で、約4ヶ月間ほどブログを放置しておりましたことをお詫び申し上げます。今回は、5周年のご報告と、新たな環境で働き始め、初めて体験する世界で学んでいることをシェアしていきたいと思います。 「はたらく」ということをテーマに物語りたいと思います。 ※ご報告※ 動画内でもお話をしておりますが、2023年10月20日より生活保護の受給者となっておりました。今回の就職とともに、給与収入、年金収入、みつとしてのコンテンツ収入など、収入を合算すると生活保護規定の金額を上回ることになり、生活保護の支給が終わる見込みとなりました。 これからは、自力で生活環
0
カバー画像

子宮に残る記憶

子宮は身体の中の神社と言われていて、会陰は鳥居膣は参道(産道)子宮はお宮と言われてます。実は神社は子宮をもとにつくられているというお話もあります。それが本当かどうかはさておき、それくらい子宮というのは大事な存在であり、いわばパワースポットです。目に見えない宇宙からのエネルギーを子宮はキャッチする器官で、子宮が活性化している女性は夢を叶えて豊かになっていくと言われています。じゃあ子宮のない男性は豊かになれないのか?というとそんなことはありません。そんな女性をパートナーに持った男性もその開運エネルギーをもらうことができます。そうです、セックスでです。でも子宮を活性化するって何?と思いますよね。まず基本中の基本は子宮を冷やさないことです。現代女性の多くが子宮が冷えてしまう生活をしています。食事や居住環境だけでなくストレスなども子宮の冷えに繋がります。腹巻を巻いたり、夏場でも薄着を避けたり、冷たいものを撮りすぎないように気をつけることが大切です。また、自分の本心を無視するような生き方をしていることも子宮の活性化の妨げになります。自分を嫌っていたり、自分を大切にすることが苦手な女性は子宮が固くとじて沈黙しています。子宮は感情を溜め込んでいるのです。そして子宮はセックスした相手を記憶しています。もっと詳しく言うと、セックスした相手のあらゆる情報を子宮に記憶しているのです。これは目に見えるものやその男性との思い出を残しているという意味ではありません。相手のエネルギーが残っているということです。それはその男性の考え方や在り方、抑圧した感情であるかもしれませんし、スピリチュアルレベルでの記憶です
0
カバー画像

あなたは自作自演の主人公

人はみんな本当は自分から愛されたいだけ。この言葉をきいてあなたは納得できるでしょうか?理想の自分を思い描いて努力したり、誰かに愛されたくて頑張ったり、誰しもそういうことは経験したことがあると思います。例をあげると、・親の期待に応えようと生きること・人から評価されるために努力すること・人に好かれようと頑張ることこれらは一見すると対象となる"相手"がいて、その相手に認められることが目的となっているように思います。ですが本当は相手ではなく、"自分"に愛されたいというのが真実です。・親の期待に応えようと生きること→親の期待に応えることのできる"自分"になることで自分を認めることができる。・人から評価されるために努力すること→人から評価されることで"自分"には価値があると感じられる。・人に好かれようと頑張ること→人に好かれる良い"自分"でいられることで自分を認めることができる。深層心理ではこのような仕組みになっており、そういう"自分"だったら自分を愛せるからそうなろうとするのです。これらの例を少し違う角度で言い換えると、・親の期待に応えられない自分になりたくない→親の期待を裏切ったらいけない。そんな自分になったら愛されないと思う。・人から良い評価をもらわなければいけない→悪い評価をつけられたら自分の価値が否定されると思う。・人から嫌われたくない→人に嫌われたら攻撃されたり仲間外れにされると思う。これらは真実ではありませんが、自分の中では世界の当たり前の真理のように思い込んでいる場合があります。そしてその思い込みから「そうなりたくない」と思っています。そうなってしまったら愛されないし、愛さ
0
カバー画像

現実逃避に気づかない罠

人生において本当に向き合う必要のあることは、いくら避けても必ずまた浮かび上がってきます。問題は形を変えてあなたのもとへ再びやってきます。まるで違う問題が起きているようで、全てのことは同じ根源からやってきているのです。人間関係のことでも恋愛でも仕事でも、エラーが起きる原因は同じということです。人生がパッとしないときや、苦しみの連続だとすれば、それは本当に向き合う必要のあることに向き合っていないからです。いつもいつも自分の外側に原因があり、それらのせいで自分が苦しめられていると感じている人は、それが自分の内側のあり方に原因があるとは考えません。ですが、この世界は本当はあなたが創り出している現実。苦しみも悲しみも自分で自分にプレゼントしているのです。そして自作自演の物語の主人公を生きています。いかなる考え方も生き方も自分自身の選択であり、それは親や他人があなたに強制したことではありません。もちろん子供時代には親の援助なしで生きていくことはできないので、親からの教えや受けた扱いを自分の中で採用して従うのは当然のことです。しかしあなたがもし成人した大人であるなら、ご自身の人生の責任は他でもないあなた自身にしかありません。これまでの人生で使い続けた思い込み、言い訳にしていた過去、自分にかけた制限、それらを手放す勇気を奮い立たせて再出発することは、あなたがそうすると決意した今この瞬間から可能です。うまくいかないやり方、本当には自分の利益にならない考え方はどんなものでしょうか。それをこの先の人生でも採用し続けることであなたは幸せになれますか?自分自身を変えることは痛みを伴ったり、非常に困難に感
0
カバー画像

あなたが欲しいものを相手も欲しい

人は皆、愛されたい理解されたいと思っています。それは当たり前のことですし、改めて言うほどのことじゃないと思う人もいるかもしれません。しかしながら、実生活にこれを落とし込んで客観的に判断できる人はそう多くありません。仕事であれば、上司への不平不満、同僚への不平不満、会社に対する不平不満。なにも不平不満を持つことがダメということではありません。ただ、あなたが上司や同僚に対してもっと〇〇して欲しいと思うとき、その根底には、「自分の気持ちをわかってほしい」という欲求が存在しています。恋愛であれば、恋人に対しての不平不満、パートナーに対する要求。もっと自分の寂しさを埋めてほしい。もっと自分のために時間を割いてほしい。もっと自分にお金をかけてほしい。これらの根底は「もっと愛されたい」(愛されていると実感できるような言動をしてほしい)という欲求です。ここで大事なことは、自分がそういった不平不満を持ってる時に、相手も同じようにあなたに対して思っているということです。自分が求めるばかりの状態に陥ってるときには、相手も同じように感じているということに気付くことができません。人間関係は奪うことばかり考えているとうまくいかないですが、与える意欲を持つことで一つ上のステップへ上がることができます。つまり、「理解されたい」なら「理解する」が先であり、「愛されたい」なら「愛する」ことが先ということです。「してもらってもないのになぜ自分がしなきゃいけないんだ」「先にこっちがやってあげるなんて損だ」「もし自分が先に与えたとしも相手が同じだけ返してくれなきゃ嫌だ」と感じる気持ちはよくわかります。でも考え方を変えて
0
カバー画像

パートナーとのセックスの向上

みなさんパートナーと良いセックスをしてますか?毎回満足いくようなセックスができていますか?定期的にセックスするような関係性でありながら、実は内容に不満があったり、納得してない部分があったりしていませんか。特に女性に多いのですが、本当はもっとしてほしいことがあるのに言えないということです。または、したくないこと(されたくないこと)があるのにそれが言えず、そのことが嫌でセックス自体を避けるようになり結果的にセックスレスになる場合もあります。男性でも、本当はやりたいことや性癖があるけど、好きな相手(パートナー)に軽蔑されたくなくて言えないという人も少なくありません。それが理由で浮気をしたり、風俗に行くような男性もいます。ですので、セックスをなんとなくでこなすことはオススメしません。定期的にセックスをする間柄であったとしても、お互いにきちんと感想を伝え合ったり細かいすり合わせをする時間を持つようにして下さい。そういうことをしたことがない、という人は、ぜひ今後はそういうことを習慣化するようにして下さい。初めは勇気がいるし恥ずかしいかもしれませんが、慣れていけば二人だけの特別な会話を楽しむことができます。また、相手が恥ずかしがってそういう話をしてくれないという場合には、まずは自分から具体的な感想を伝えたり、相手のことをもっと知りたいという気持ちを伝えるところから始めてみて下さい。どうしてもそれは難しいという人の場合は、性に対するブロックや何か思い込みがある可能性があります。異性に対しての不信感を持っていたり、自分が無価値観を抱えていたり、心にそれらを制限するものがあればパートナーシップにも
0
カバー画像

理解できないのは今の自分だから

あなたは他人からのアドバイスや意見を素直に受け入れることが難しい、と感じたことはありますか?たとえそれが尊敬する人や、憧れの人からの助言であったとしても、自分にとって耳が痛い内容であったり、理解できないと感じる場合にはすんなりと受け入れるのは難しいと思います。「なんでそんなこと言われなきゃいけないんだ」「全然私のことを理解せずに言ってきてる」「間違ったアドバイスだ」このように感じることもあると思います。人は愛情ゆえに厳しい意見を言うこともありますし、その人が良くなって欲しいと思って苦言を呈することもあります。自分が助言や意見をされたとき、あなたは素直にその言葉に耳を傾けることができますか?もしも言われたことが理解できない場合、それはあなた自身が今のあなたというレベルだからかもしれません。自分よりも色々な人生経験をしている人や、多くの知識や技術をもってる人は、今の自分が知らないことを知っています。今の自分では持つことができない視点で物事を見ることができます。今の自分よりも多くの見解を持っています。つまり、今の自分という枠の外側の助言や意見というのは、今の自分にとってはしっくりこないし違和感があるということです。だからと言ってその助言や意見が間違っているということではありません。自分が理解できないだけで、それは本当は自分にとって有益なものである可能性もあるのです。ですので、人からの助言や意見を受け入れるのが難しいと感じるときには、今の自分ではそうなんだ。ということを忘れないことが大事です。特に、尊敬する人、憧れの人、自分が叶えたい夢を実現している人の言葉をきくときにはこれを意識する
0
カバー画像

不安と恐れは正しい道

人生で新しいことに挑戦したり、大きな決断をしたりするとき、不安や恐れが湧き上がってくるときがありますね。時には人から、水を掛けられるような言葉をかけられることもあります。それは親や友人が、あなたを心配して言ってくる言葉かもしれません。誰かに何かを言われなくとも、「自分にできるだろうか?」「これは正しい道だろうか?」と疑心暗鬼になりネガティブな気分にもなります。私は人間としてこの地球に生まれた以上、自分自身の足で前に進むことでしか道は開けていかないと思っています。私は占いや引き寄せの法則などスピリチュアルなことが大好きですし、その理論やメソッドを信じていますが、それでも自分が何もしなければ、どんな良いこともミラクルも人生には起きないと思っています。行動することで現実にその結果が作用していくからです。祈ったり願ったりするだけで願いが叶ったりお金が入ってくるなら、全ての人達がきっとすでにそうしているはずです。何かに挑戦したり行動すること、それは自分で自分の人生ゲームのマス目を進めることです。人生ゲームを皆さんはやったことはありますか?(マリオパーティーでも良いです)サイコロを振ってマス目を進めてゴール地点を目指します。止まったマスによっては、休みになったり何かを失ったりハズレのマスもありますし、誰かとバトルになったり理不尽に持ち物を奪われたりもします。それでもマスを進めていくことでゴールにいつかは辿り着きます。"前に進む"ということは、リスクが伴うことです。だからこそ不安や恐れが湧き上がってきます。それを避けて前進することは難しいです。もしもあなたが何かを決断するときに不安や恐れが湧
0
カバー画像

後悔という毒

皆さんは何かを後悔をしたことはありますか?例えば、誰かに言ってしまった言葉や、やってしまった行為。自分の選択したことでネガティブな結果になってしまったこと。はたまた、過去に行動しなかったことで、後から「ああしておけば良かった」と思ったり。人は後悔をするとき、自分のことをとても責めてしまいます。自分自身のことだけならまだしも、誰かを傷付けてしまったり裏切ってしまったとしたら、尚更激しい後悔の念に襲われます。しかしながら、自分を責めていても利益に繋がることはありません。自分を責めてる状態のときは、そこで思考がストップしているので成長もありません。犯罪を犯してしまったり、誰かを傷付けた場合には十分にそのことを振り返る時間は必要です。ですが、自分を責めるのではなく、なぜそのような結果になってしまったのかをよく振り返り、原因となる自分の内側にある課題を見つめることが大事です。もしも間違った認識があったなら次回に同じミスをしないようにどう対策をするかまで考えて、誰かに謝る必要のあることであればきちんと償いを行うことです。また、自分が行動しなかったことや、なにかの選択を間違えて後悔しているとしたら、このように捉えて見て下さい。「常に自分は、その時のベストの選択をしている」と。そして、「自分に起きている現実は、全てが最高で最善の出来事である」と。後悔は決して先にするものではなく、何かの結果をもって自分の主観から起きる反応です。後悔が全くない人生を生きてる人は一人もいません。ですが、自分を責めることは自分にとって毒であること以上に、周りにとっても利益にならない行為だということを知って下さい。過度
0
カバー画像

【平和と調和】自愛 ー 自 =「愛」 ~あなたをイヤシロチにする和オ・ポノポノ

和オポノポノをすることで、あなたが今どのような状態であったとしても、『問題は学ぶべき課題』になります。それが、”三位一体・四魂一霊で在る”ということです。その境地に至るとどうなるのか?お話します。
0
カバー画像

頑張る人へマイナスのススメ

より良い自分を目指して色々な勉強や努力をされてる人の中には、「いくらやっても現実があまり変わらない」という人もいます。そんな時にチェックしてほしいことを本日はお伝えします。勤勉な方や努力家な方が陥りがちなことです。講座を受けたり資格を取ったり、本を読んだりセミナーを受けたり、一見するととても勉強熱心で、どんどん理想の自分に近づいているように思います。実際、新しい知識や技術を身につけることは素晴らしいことです。ですがそれでもあまり目の前の現実が変わらず、今の自分には何が足りないのだろう?とまた新しい何かを始める....これではキリがありません。そういう時には、プラスではなくマイナスを考えてみる必要があります。「今の自分が不十分である」という発想のもと、勉強し続けて知識を増やしても、根底にあるものは"不足感"です。その不足感から努力をし続けてもいつまで経っても不安が消えることはありません。あなたは今あるものに目を向けることはできますか?今持ってる知識、技術、経験、お金、時間。それですでに十分だということを認められますか?今の自分で完璧であるということに気付いて下さい。情報を取り過ぎれば情報に振り回されます。勉強もし続ければ、自分より凄い人や上手な人が目に入ってきます。プラスすることばかり必死にやっていると、もっと何かをしなければ...という焦りの気持ちを感じてしまいます。今の自分でできることがあるし、今の自分だからこそ伝えられることもあるということに目を向けましょう。新しいチャレンジや勉強は良いことです。だけどそれを続けているのに苦しい状況が変わらないという人は、無闇に何かをプラス
0
カバー画像

依存から自立へ

最近SNSを見てると、様々な不平不満、愚痴、泣き言、弱音、悪口を目にします。その中で特に多く感じるのが、パートナーへの不平不満と愚痴です。ネガティブな情報は極力見ないに越したことはないですが、皆さんもSNSをやっていると、意図せず目に入ってきてしまうことが多いですよね。人間は、ポジティブな情報よりもネガティブな情報のほうに惹きつけられる習性があるので、そういったものを目にすると、ついつい全て読んでしまったり、さらにネガティブな記事を追ってしまったりします。パートナーへの不平不満の中で特に多いものは、浮気や不倫をされたサレ妻の人や、モラハラ夫を持つ女性の投稿です。パートナーに浮気をされて辛いお気持ちや、モラハラな扱いを受けることで自尊心が傷付いてしまうお気持ちはよくわかります。誰もそうなりたくてなってるわけではないはずです。ですが、そのような不当な扱いを受けながらもそのパートナーを手放せないのはなぜでしょうか。SNSに毎日不平不満と自分の不幸を垂れ流すことで本当に気持ちが晴れやかになっているのでしょうか。私は一人でも多くの女性が笑顔で過ごせる社会になってほしいと常に思います。女性が幸せになることで、男性も幸せになれると考えているからです。しかしながら、世の中には自己肯定感が低く生きづらさを抱えてる女性が溢れているのが現状です。表面的にはそんな感じがしなくとも、深層心理で自分を否定しており、無価値観の中で必死に生きてる女性は沢山います。そして悲しいことに、そんな女性がサレ妻やモラハラの被害者になってしまうのです。無価値観から自分を大切にしない男に依存してしまうという結果を選んでしま
0
カバー画像

未来を信じた先へ

今やってることがうまくいってない。人生つらいことばかり。いつも貧乏くじを引いている。どうして自分ばかりこんな不運なのか。どうして自分は他の人と同じように、平穏な人生じゃないのか。そう思ってくじけそうになったときでも、人生の時間は進み続けています。今は未来が良くなる保証もない。暗く冷たい孤独の中にいたとしても、自分の足で進み続けて下さい。目の前のやるべきことをコツコツ続けた先に、ようやく出口が見えてきます。投げ出しそうになっても、自分の人生をかわりに生きてくれる人はいません。やってらんねえよ!という日があっても大丈夫です。自分と向き合うことをひたむきに続けて下さい。もがいて泥臭く生きていくことが、いつか誰かの道しるべになるかもしれません。完璧になれない自分を認めましょう。欠点だらけの自分を、「ゆるせない」と思っていても、「ゆるしたい」という気持ちを忘れないで下さい。自分をゆるそうとする自分がいることを認めて下さい。そうしているうちに、そんなあなたをゆるし、認め、愛してくれる誰かに出会います。それは暗闇を進み続けた先での出会いでもあります。日々を諦めずにコツコツと生きていくことを応援しています。頑張ってきたあなたを労う、未来のあなたに会えますように。
0
カバー画像

膣の締め付けについて

フェムテックという言葉が最近よく聞かれるようになりました。フェムテックとは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた言葉で、女性特有の健康やお悩みをテクノロジーで解決改善していく製品やサービスのことです。本屋さんに行けば、膣ケアや膣トレなどの本が並んでいたり、ネットでも女性向けにそういった情報発信をしている記事をたくさん見ることができます。女性向けのセルフプレジャーの商品(アダルトグッズ)も、可愛くておしゃれなものが現在は販売されています。私はそういった社会の流れや、女性自身が自分の身体のことを知って大切にすることは良いことと思っています。ご自身の女性器やその快楽の追求に興味を持つことは、より良いセックスライフにつながるので是非もっと広まっていけば良いなと考えています。ですがセックスにおいて、膣の締まりが重要だと誤解している女性も中にはいるので今回は膣圧についてのお話です。一般的に、膣の締まりがいいほうが挿入したときに男性が気持ち良いと思われてますね。裏を返せば、「膣圧がゆるいと気持ちよくなってもらえない」という概念を持っている女性が多いということです。これにより、膣の締まりを鍛える膣トレというものも流行っています。でも実際のセックスで、男性がそこをそこまで重要視しているか?というと、そうとも限らないのです。逆に「膣の締まりが強すぎて痛い」と感じてる男性も少なくありません。しかし男性はそういうときにそれを口に出すことはほぼありません。良かれと思って膣を締める女性と、痛いけど痛いと言い出しにくい男性....なんだか心も身体もすれ違ってますね。(もち
0
カバー画像

やる気がでない時期には

どんなことでも、やる気がでないときがあります。言葉を変えるとモチベーションが下がるという状態です。よく「モチベーションを上げよう」とか「モチベーションを保つ」と言ったりしますよね。これは一見すると良いことのように思います。やる気(モチベーション)があれば頑張れると考えられているからです。ですが、それはちょっと違います。私達の脳は、私たちが"変わろう"とするとき、命の危険だと察知して変わらないように保とうとする作用があります。どういうこと?と言いますと、脳は"変化する"ということに対して抵抗するシステムがあるということです。しかも、たとえそれがポジティブな変化であってもです。脳は私達の意志とは別に、現状維持するように働くということです。脳にとってはそのほうが安全だと判断するためです。ですので、モチベーションが高い状態というのは、脳が変わらないとわかっているので抵抗していないということです。三日坊主でやめるだろうとか、変化することはないだろうと脳が分かっているのでモチベーションを高いままにしているのです。(脳に人格があるみたいな書き方ですが、そういうイメージをするとわかりやすいかもしれません)逆にいえば、やる気が出ない(モチベーションが低い)状態のときは、脳が変化を察知して抵抗していると言えます。ですから、「やる気が出ないときは自分は変われる手前にきているんだ。」と思うと良いです。そして諦めずにコツコツと目の前のことに取り組みましょう。"やる気がでない自分"を過度に責めずに、そういう時期にいるんだと思って淡々と過ごすことをオススメします。仕事でも夢でも、やる気が出ないときがあります
0
カバー画像

自分を幸せにする覚悟

皆さんは自分の人生を生きていますか?この質問をされて、「当たり前だろ」と思う方も多いですよね。私は自分の人生を生きるとは、自分で自分を幸せにするために生きるということだと思っています。生きていると嫌なことも辛いことも沢山あります。思いがけない不運や不慮の事故に巻き込まれるときもあります。自分だけが他の人よりも不幸だと感じるときもあります。そう思うことはダメなことではありません。でも、自分のことは自分でしか幸せにできないのです。つまり裏を返せば、自分のことを不幸にできるのも自分だけということです。誰かや何かがあなたの幸不幸を決定してるわけではなく、それらを通してあなたが自分に幸不幸のレッテルを貼っているだけです。今どんな状況であろうと幸せになることも不幸になることも、あなた自身が選択している感情でしかありません。そんなこと言ったって、感情はコントロールできないんだからしょうがないだろ!と思うかもしれません。それもその通りです。私は無理にポジティブになろうとすることはオススメしてません。本当はつらいのにそれを無視して前向きになろうと頑張ると、余計につらさが長引いたり、かえって悪化してしまうこともあります。前向きになれないときは一旦はそのしんどい感情を味わい切ってみるほうが良いときもあります。ただ気をつけていただきたいことは、つらい状況のときにも「誰も自分を不幸にすることはできないし、誰も自分を幸せにすることはできない。それができるのは自分自身だけだ。」ということを忘れないことです。目の前の事実を変えることはできないですが、それに対するあなたの解釈は自由に変えることはできるということ
0
カバー画像

セックスした相手を勲章にする男

最近YouTuberがセックスした女性をリスト化してメモに残していたものがネットに流出して話題になってますね。私はそのYouTuberの方の動画を観たこともないですし、その人自身の人柄も知りません。なのでその方の人格については触れませんが、セックスした女性を勲章のように捉える男性について今日は話したいと思います。以前にも書きましたが、セックスは経験人数やどんな相手とやったかは重要ではありません。セックスした人数や相手を自分の功績のように捉える男性は、コンプレックスと劣等感が強い男性です。学生時代に恋愛経験が乏しく男性としての自信が持てずに成人していたり、自分の欠点に劣等感を強く持ってる男性が、後天的にお金持ちになったり有名人になったりして女性からモテたりするとそういう現象が起きます。しかしながら、根本のコンプレックスと劣等感がそれで解消されるわけではないので、「もっと沢山したい」「もっと価値のある(ように思える)女性とセックスしたい」という渇望感が満たされることはありません。セックスで自己価値を埋めようとしてもそれは無意味だからです。セックスの本質とはかなりズレてしまっていますので、それがエスカレートすればいずれ身を滅ぼしますし、虚しさだけが残ることになるでしょう。これは男性に限ったお話ではありません。女性も、セックスと自己価値を結びつけて捉えてる人が少なくありません。セックスを求められる自分は女性として魅力があるとか、求められない自分は女性として価値がない、という幻想に囚われて苦しんでいる女性もいると思います。男性でも女性でも、セックスで自己価値を測るのはやめましょう。裸にな
0
カバー画像

「自分を愛す」がわからない人へ

私達は自分をありのまま受け入れるということが苦手です。自分の良いところや優しいところや立派なところを好きと思うのは比較的簡単です。ですが、自分の悪いところや情けないところや欠点を受け入れるのは簡単にできないと感じませんか?よく自己啓発本や巷のコーチングやカウンセリングでは「自分を愛そう」ということが謳われています。私も昔、自分を愛したくて愛したくて色々な本を読み漁りセミナーに行ったりセッションを受けたりカウンセリングやコーチングを受けたり手当たり次第あらゆることを試しました。占いも30人以上の占い師さんに会ったし、数万円する怪しいヒーリングや催眠療法も受けたりしました(笑)それで何か劇的に変わったかと言えばそんなことはありませんでした。「自分を愛そうって言われても、それができないから悩んでるんだよ」と思ってましたし、本に書かれてることは実際にやってるし言われたこともちゃんと試してるのに何かしっくりこない.....。そんな状態を数年間過ごしました。自分を愛すとは、自分を否定しないことです。あなたにもし、心から愛する大好きで大切な人がいたとしたら、その人に対してどんな風に接しますか?きっと常にその人を気にかけてあげて、体調が悪そうなら休ませてあげたいと思うし、元気がないなら優しい言葉かけをしたり相談に乗ってあげたいと思いますよね。その人が「こんな自分はダメなんだ...」と言ったら、「そんなことないよ。今のあなたが大好きなんだよ」って伝えてあげますよね。失敗をして落ち込んでいたら「誰にだってそういう時もあるよ。大丈夫だよ。」と励ましてあげるし、「自分は醜い」と嘆いていたら「あなたは魅
0
カバー画像

自愛とはなにか【潜在意識 引き寄せ】

自愛とは文字通り自分を愛する、大切にするという意味ですが、これは今まで外に向けていた意識を内に向けていくと言ってもよいです。なぜかというと私達は無意識に外部からの刺激によって自分を責めてしまう傾向があるからです。なぜ刺激を受けてしまうのか。バシャールに言わせれば、自分の中にあるネガティブな部分が共鳴しているからだと言います。 これを他人に置き換えると分かりやすいですが、例えばあなたの知人が誰かの悪口を言っていた時、少しでもその誰かを非難する気持ちがあれば同意してしまうでしょう。これと同様に誰かの悪口や行動によってあなたの中に自分を非難するものがあれば、共鳴し、無意識のうちに同意してしまう。 ただこれはプログラムのようなもので外部からの刺激により、あなたの内に持っているものから自動的に反応させられているに過ぎません。 ですので、自分の内にあるネガティブを外していくことが重要と言われているんですね。 ではこの外し方についてですが、"津留晃一さんのM2テクニック"や"並木良和さんの統合ワーク"でしたり、私が以前書いたものでも良いのですが、このワークを行っていくとなぜ外れるのかというと、自分の内に持っていたネガティブが本来自分のものではなかったと気づけるからなんですね。 多くの場合このネガティブと一体化してしまい、このネガティブを自分の一部だと錯覚してしまう。これを気づかせることにより、感情のゲームから抜けることができます。 ネガティブを外し続けると何が起こるかというと、あなたがこれまでネガティブとしていた状況に対し、心が動かなくなります。心が動かなくなるということはネガティブな感情の
0