絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

91 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

立場転換スキルー診断

コミュニケーション上の【立場転換診断項目】 ※自分自身の立場転換意識、 言動や態度について過去を振返り今後に生かす! 相手の立場に立って話し考える事は、もてなしや接客(接遇)力と人間的な魅力を向上させます。 (採点) 出来る=◎・やや(時々)出来る=〇・どちらとも言えない=△出来ていない=×・今後必要=◆ 1. 相手の能力を見定め、相手に合った話し方をしてきましたか? 2. どんな人間でも必ず良い処が有ると意識し 相手の良い処を見つける努力をしてきましたか? 3. その良い処を言葉にして伝えていますか? 4. 相手の聴く立場を考えた、注意なり指示をする癖をつけてきましたか? 5. 状況や物事、結果に対して、角度を変えて見てきましたか?  (いつも裏側から見ている人は、 正面から見る癖を付けることで同じことでも随分違って見えます) 6. 能力以上のことは求めないで、 少しでも予測上に出来たらきちんと認めてあげてきましたか? 7. 相手に対する会話の組み立て方を「認め」「褒め」「諭す」 の順で組み立ててきましたか? 8. 話す前に「飴と鞭」を使う比率を考えて話してきましたか? 9. 話す内容をいつも聞く側の気持ちで考えてきましたか? 10. 自分が言われたらどう思うかを考えてきましたか? 11. 日々自分自身を第三者の目で見る事を怠らないようにしてきましたか? 12. 相手と同じ目線で話してきましたか?(上からもの言わない) 13. 相手についての思考や行動に対する見方を、 色々な角度から見るようにしてきましたか? 14. 同じテーブル上で会話してきましたか? 15. 何故話すのか
0
カバー画像

立場転換の活動は「洞察力」「義務と責任」と「謙虚さ」

相手の立場で本気で思考する 日々の人との触合いで相手を思い遣る心と言うと、先ず相手のことを思うこと、そして相手の立場に立ち、その人になったつもりで言動や意識、物事を推し量り、行動する「立場転換」が想い浮かびます。この立場転換と即ち相手の身になって考え行動することは、 簡単なようで中々上手く出来ません。 若しも、自分だったらどう思考する意識を備えることは、 人間関係(コミュニケーション)を円滑にして行くためにも必ず身に付けておきたい意識です。 この意識は、相手に対し自らの感性が適正なのか、 自分の判断は間違っていないかを省みつつ、 ゆとりのある心と何故の心を持ち物事や相手の言動態度を、 冷静に診て相手の気持ちに寄り添うことが必要とされます。 例えば、贈り物(プレゼント)などを頂いた場合、 その人のプレゼントに秘められた気持ち(心)を察知することは出来ても、以外と疎かになりがちなのは、プレゼントをしてくれた人が、準備に要した時間(労力)を考え、察することです。 また、メールや手紙、様々な文章(教材・資料・文献など)を書かれた人の気持ちは、無意識の内にある程度は察することが出来ますが、想いや考えを文章に書き上げるまでに要した時間や労力まで推し量ることを忘れがちです。 例えば問い合わせなどのメールをした際に、 受け取りの返事=response (レス・電話・葉書・手紙等)を直ぐに頂ける人、 忘れた頃に返事(レス)をくれる人、全く無視する人など様々な人々がいます。 喩えそれが自らの意にそぐわない内容であったとしても、自らの意思(想い)を伝える返事は、人として怠ってはならない最低限の義務で
0
カバー画像

デボーション ~ 神の示す方向 7/7

You Version 聖書アプリからシェアします。信じる私はオクラホマ州に住んでいます。オクラホマ州では天候が劇的に、かつ非常に急速に変化することがあります。ある年の3月とても美しく晴れた春の日があり、最高気温は28度でした。ところがその翌日7センチの積雪がありました。さらに気候の劇的な変化としては竜巻に比べられるものはありません。嵐はどこからともなく現れて一瞬にして全てを巻き上げていきます。私たちの人生の中でも似たようなことは起こります。最近、息子のサッカーの試合で健康上の問題と闘っている女性と話しました。彼女はかつてどんなに神を求めて私たちの教会に通っていたかを説明してくれました。しかし何度もふりかかってくる治療の試練を経験するなかで、神がなぜそのような試練をゆるすのか と疑念がわいてきました。彼女は涙を流しながら強い口調で「信じることのできない神を どう礼拝できますか?」と質問しました。良くない状況のときでも、神は良いものと信じますか?この女性の質問は人生でもっとも大きな決断をする時心を打ちます。良くない状況の時でも、神は良いものと信じますか?痛みと課題に対する私たちの反応は私たちの未来を左右します。信仰は、何か、または誰か に対する信頼を必要とします。けれどもそれは人間が予測したり、理解できるものとは限りません。まさに何か、であり誰か、であるがために私たちは人生の中で恵み深い存在である神に対する反論できない、確たる証拠を欲しています。これは新しいものではありません。疑い深いトマスを覚えていますか?イエスが十字架上で死に、死からよみがえった後トマスはその証拠を見なければ
0
カバー画像

神から与えられるもの

こんにちは*^^*またまた湧き上がるままにシェアしますね。今日は、向き合った方の宝物をシェアしてくださいました。 神さまを全信頼している、ブラジル人の方とお付き合いしていたときのこと。 何をするときも、”神さまの思召すままに” その様に表現されていたようです。 どうしようもお金が無く困ったとき、その彼の隣を歩いていると 空から、なぜか1000円札だけど、 降ってくるのを見たり、 街中を歩いていても、ひらひら~っと届けられるのを何度も見たのだとか。 あり得ない・・・どこからか誰かが放っているのでは? と、あるとき、屋上にいるときに確認してもそういうものはなかったと。 神さまという存在は、全ての命、このスペースに現れる全てを 生み出してくださるものといっていいのか 場といっていいのか・・・ そういうものだと最近感じています。 私たち人もその中にいると感じていますが、 そこからは、私たちの意志超えて、 それそのものであればあるほど、 信頼と共に在るほどに、シェアしてくださったようなことも 起こりうるのかもしれないなと、感じさせていただけました。 でも、これは、人の想い超えてだと思うので それとして存在すること 何が現れるか、私たちの期待通りで現れるとは限らないという ”無我”な状態・・・ 全て委ねた上での、奇跡なんだろうな・・・と そこからの表現の壮大さに、深くときめきのような感覚に包まれたのでした。 それは、欲しいものを得たいというよりも、 全信頼していいんだという、再確認。 与えられたものに対して、これからも、ハートを開いて それそのものとして、現れるものに、向き合ってみたいなと
0
カバー画像

絆度=人間関係力チェック【50選/100】

人間関係力(絆度)を振返る為のチェックリストです。 1. 積極的に感謝の言葉をかけ、 感謝の心を以って他者と触合えましたか?2. 大切な人の大切を大切にする心を持ち、 態度、言葉使いに表現出来ましたか? 3. 礼儀と礼節を弁え他者と触合えましたか? 4. 謙虚な態度と謙虚な言葉使いが出来ましたか? 5. ポジティブンシンキングに心掛けられましたか? 6. 信念と志を持って触合うことが出来ましたか? 7. 素敵なこと嬉しいことを共有、共感出来ましたか? 8. 自らの感情を適時適切にコントロール出来ましたか? 9. 自分の煩悩や我欲を自制出来ましたか? 10. 大切な人を守る意識を持って接することが出来ましたか? (≒包容力を持つ) 11. 人間関係に臆病にならずに会話、行動出来ましたか? 12. 相手の精神状態、コンディションを表情や態度から 汲み取ることが出来ましたか? 13. 相手に役立つと思われる仕事以外の 話題や情報を提供出来ましたか? 14. 誰の話でも平等に素直に聞けましたか? 15. 人前でその場にいない人の陰口や噂話を しないように心掛けられましたか? 16. 言行一致するように心掛けられましたか? 17. 人の嫌がることを率先して行えましたか? 18. 勇気を持って接し、会話出来ましたか? 19. 自分の都合や其の場凌ぎをする目的で、 嘘をついたことがありませんでしたか? 20. 夫々の人と互いが理解し合おうとする心 を持って触合えましたか? 21. 自らの心を正直に伝えることが出来ましたか? (対象者別) 22. 場合によっては熱く語り(伝え) 時には、 優
0
カバー画像

💞感謝💞の表現伝達-感謝のひと言

感謝を表す(表す)ひと言 「有り難い」、「お陰様で」と言う 感謝のひと言は人を動かします、 そして自らの気分を良くします 。 様々な環境や人に生かされている現実、 相手在ってこその自分、即ち支え合う【人】の文字です。 円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、 先ず人を「認める」ことと、何事・何人にも 「感謝」を意識し、夫々を表現する謙虚な言行です。 その大切さを認識し、平らな気持ちと 謙虚な心で感謝の心を伝えることは【信頼の礎】です。 一般的に、「感謝」は相手に言葉やもの、 態度で伝えるだけものと考えがちですが、 その気持ちだけでは心の篭った感謝は 伝えることが簡単には出来ません。 先ず、自らの心に向かい 「嬉しい」「有り難い」「お陰様で」 と深く念じてこそ、自然に相手の心に通じ、 心に響く、真の感謝の表現が出来るのです。 よく相手が見えない電話で「ありがとうございます」と言いながらコックリしたり頭を下げている人を見かけます。その方は、実際に対面していない 目に見えない相手にでも 「心から感謝を伝えているんだなぁ」、 「素敵な感性を持っている人だなぁ」 と感心させられます。 この様な自然な姿形で「感謝の心」を「礼」と共に、 相手へ表現すること(≒愛他・利他心)を身に着けておくと 「有り難い」「お陰様」という意識は、不思議と伝わり、 リピーターやお店とスタッフのファンを作ります。 小さなことでも誰にでも平らに感謝し、 それを表わし伝える癖を付けることは、 その人の魅力的な人間力と豊かな心を育みます。
0
カバー画像

あいづちが下手で嫌われなくなる5つの魔法のワード

あいづち上手く使ってますか? 人間のコミュニケーションの8割を占める と言っても過言ではない と思われる あいづちですが 息をするように上手に使えないと、 共感してもらえない ⬇️ 信頼がない ⬇️ 話しててもつまらない ⬇️ 仲良くならない と相手に思われてしまって 彼女に発展しない 商談がうまくまとまらない みんなの輪に入っていけない 上司に好かれない などが発生します どうしたら会話をスムーズに キャッチボールしながら 相手の共感を引き出して さらに楽しく話し続けることができるのか? 『さしすせそ』です 共感を引き出す魔法の5つの🧙‍♀️言葉 『さしすせそ』 さ・・・さすが し・・・知らなかった す・・・すごいですね せ・・・センスありますね そ・・・そうなんですね 自分の話した話題に寄り添ってくれると 共感されたと感じて心が開きます モテ上手は聞き上手といいますが 質問責めで相手から聞きまくるだけでは進展しません ときに大袈裟に上記の『あいづち』をうって 相手がテンション高く話してるようなら さらに引き出します 同調して謙遜して褒めることにより 相手は このひとは共感してくれている 話してて楽しい 信頼できる となってその後の打診がとおりやすくなります このようなモテテクニックは 恋愛のみならず、ビジネスでも、人間関係でも通用します このようなモテテクニックを私のコンサルやコンテンツで販売しています
0
カバー画像

対人関係・おもてなしの礎 認める-其の3

 活動おもてなしの原点「認める」「認められる」 〇「認める」ステップ 観察する☞見つける☞認める☞信じる☞信頼する☞尊敬する  イ) 認められる→褒められる→信認される→    親しまれる→信頼される→尊敬される→表彰される ロ) 自分自身→肉親・親友→仲間→     周りの人→会社(組織) →社会 〇認める言動 1. 結果を具体的にとりあげ、ほめる。 2. 積極的に聴く。 3. 同意したら身振りで示す。 4. 意見を目の前でメモする。 5. どんな意見でも先ずは受け入れる。 6. 自分と違った意見でも歓迎する。 7. 感情を込めて表現する。 8. 助力を求める。  (いかに問題を解決するかについて意見を求める。) 9. あることが成され、それが良い結果を齎した時は、     その原因と結果を併せてほめる。 10.自らの誤りを素直に省みる。 11.他人と自分の心を受け入れる。 12.相手の考えを真面目に本気でとりあげる。 13.己の損得を考えず私心を持たず会話する。 14.平らに心掛け、感情的にならない。 15.当たり前のことでも、先ず褒める。 ・・・・・など。 〇認める「ひと言」-例 ◇「おはようございます」「お疲れ様です」など挨拶言葉の徹底 ◇いつも感謝の言葉「ありがとう」のひと言を添える。 ◇「はい」の返事は正対し、心を込めて。 ◇「○○さんなら、出来るよね」 ◇「是非○○さんに、お願いしたい」(○○さんに、是非お願いしたい) ◇「○○さんしかいない」 ◇「責任持つから、やってみたら」 ◇「好きなように、やっていいよ
0
カバー画像

時間は💞思いやり💞「ものさし」 

「時間」にあなたの思いやり度が現れる 💕あなたの心が現れる「ものさし」 ➡🕐時間!人の心の中にある思い遣る心を計ることなど、 到底正確に計ることなど出来ませんが、  敢えてこの思い遣る心を計る目安とすれば、 それは、二度とない【時間】であると受け止めます。 また、このものさしの目盛には、 五常の義、信認度、感謝、尊敬、真摯さ、誠実さ などと言った心も表れます。 ※解説→五常の義 『大切な人』や『お客様』、『クライアント』を思う(想い)時間、その人と関わり合う時間、お互いが共有し過ごす大切なひと時の長短と言った、二度と無い【時間】を大切にすることであると思います。 例えば、大切な人と思っている恋人に当て嵌めてみれば、その恋人があなた自身の心や時間を占有するようになり、一緒に居られる時間を多く取るようになります。 また、 大切な取引相手やお客様との約束には、 必ず時間前に余裕をもって行きます。 お店に見える大切なお客様へはお店にお見え頂いた お客様り大切な時間の使い方を色々と考えて、 そのお客様に接し歓待する大切で僅かなひと時を 有意義に使えるように応対したり、サービス行為をします。 このように時間を大切に使うことは、 おもてなしの一期一会の精神に相通じます。 また、諸行無常と言われる過ぎ去った貴重な時間は決して取り戻すことが出来ませんから、 大切な人の為に関わり費やす時間の使い方を熟慮し行動したいものです。思い遣る心の【ものさし】、 即ち「時間」の大切さを常に自覚し、 大事に心掛けることは、大切な人への思い遣りの心を創るために必要な≪源≫でもあるのです。 この時間
0
カバー画像

生き抜く知識と知恵⇔感情・理性(診断)=識別判断力

感情と理性☑自己診断 感情も理性は子供と大人、新人とベテラン、心の器の大小・強弱、 高学歴の有無、生い立ち、生活環境(格差)、自分への関心度、 目標(夢)の有無、活動環境(心と職場)などに拠って個人差があります。 感情は【時・場・相性・性別・立場・常識(判断基準)・モラル】 などや経験度(≒年齢)によっても個人差が出易いと意識する。 一方、理性は特に【心の成熟度、立場(社会的・対象別)、自制力】の 意識や必要性の有無や大小に拠っても異なります。 ※以下の項目は一般的な項目として捉え選びました。 ☑理性の診断項目⇒(トリルとしても使えます) ※一般的に人は、各々の心の位置・器の大小が異なります。  拠って、今の自分に必要ない項目は [―]とすることをお勧めします。 ☑理性と感情診断  [ ]内は、有〇・無✖・どちらともいえない・?△で記入 1.[ ]社会人としてのコンプライアンスを理解認識している    (自らが置かれている地位や立場の   コンプライアンスを理解認識している) 2.[ ]日本独自の心の教え(武士道・侘び寂び・茶道)を理解している 3.[ ]自分の心と正直に向き合える(自心に嘘・言訳をしない) 4.[ ]自分の発した言葉の重さを認識し、責任が持てる 5.[ ]その場、その時の感情で(≒好き嫌い)人や相手と接しない 6.[ ]人としてのモラル(マナー・エチケット含)を備え持っている 7.[ ]人として正しい道(八正道)を以って、人や事象を捉えている 8.[ ]人は、総てが解り合えないことを互いに解り合う活動をしている 9.[ ]道理(人の道)を意識し生活している 1
0
カバー画像

自立心-信頼の礎=識別判断力

信頼の礎☛自立心自立心(自主・自発心)は、物事を行ったり、 判断する場合に命令を下されなくても出来る人間力です。 自立心(自主・自発心)には目標の選択、 その目標の達成過程の プロセス・手法と言う実用的な計画を建てることまで含まれています。 1.目標を明確に具体的に決定すること。       「私は達成したい」と抽象的に捉えないで、   具体的に6W3Hで目標達成を正確に述べることです。 2.目標達成のための実際的な計画をつくる。 ⇒目標チャレンジシート このシートはあなたの体験、仕事上の知識を 全て生かして計画の礎とするのです。3.自分自身の能力とあなたの計画に対し、強い信念を持つ。         この信念で、計画実施の、はっきり目標が  具体的に目に浮かぶようにすることです。 4.例え失敗しても、失敗を繰り返す度に   悲観ぜず、その気持ちを乗り越えるようにする。      仮に、何かの障害のため、ある計画がつまずいても   その時これなら出来る と言う確信を持てる別の計画を   練り直せるバイタリティを持つことです。 5.他人の言動に惑わされない。        人の生活に対し非難をしたり、   一所懸命に努力していることを、アレコレいう人は      多くあなたを悩ますかもしれませんが、   強い信念を持ち気に掛けないことです。 6.自分の活動には時間の制限はない。         目標達成をするため、成功のために必要な   あらゆる時間を惜しんではなりません。 7.一つの事に集中することを心掛ける。      雑念の多い乱雑な心では、考えや創造力を
0
カバー画像

信頼(絆)度-診断【100選】より

信頼(絆)度を診断する=識別判断力要素コロナ禍で国民が自粛する中、国民からの政治家に対する信頼が問われています。 10年を迎えた東日本大震災に見舞われた2011年は 『絆』の一文字で表現されたように、私達日本人ひとり一人が私生活や職場での人との繋がりの大切さに気付かされ、「自分の為より、誰かの為に」と言った、 他者を思い遣る心(人間関係力) の大切さを改めて再認識させられた年でした。 現在の厳しい社会を生き抜く為、幸せに成れる心を育む為にも「絆」は大切です。 今までの自分自身を振返り、見直す為に人間関係力である信頼≒絆度の☑リストです。 💞信頼(絆)度チェックリスト-【100選】抜粋35項目1. 小さなことの積み重ねの信用と信頼があってこそ、 絆が出来ることを自覚認識していますか? 2. 先ず、相手を思い、思い遣りの 心と態度の伝達が出来ましたか? 3. 利他の心を意識して接することが出来ましたか? 4. 大切な人の大切を大切にする心を持ち、 態度、言葉使いに表現出来ましたか? 5. 相手の受け止め方を意識しながら会話、行動出来ましたか? 6. ポジティブンシンキングを心掛けられましたか? 7. 大切な人を守る意識を持って 接することが出来ましたか?(≒包容力を持つ) 8. 言葉の語彙を考えて会話出来ましたか? 9. 言葉の内容に合せた口調で話せましたか? 10. 人間関係に臆病にならずに会話、行動出来ましたか? 11. 自分の感情のコントロールが出来ましたか? 12. 相手の精神状態、コンディションを 表情や態度から汲み取ることが出来ましたか? 13.
0
カバー画像

心の境界線-当たり前と見返り=識別判断力

当たり前と見返りを求める心 一人の人間として、共に生活する仲間として大切にしたい心 人は、好かれたい、認められたい、愛されたい、信じてもらいたい、 信頼されたい、感謝されたい、このようなことは、多少に関わらず、 相対する人に何らか見返りを望み求めることの表れだと思います。▶人として相手にされたことに対し、 当たり前に返すべきことは見返りなのか? ▶人としての当たり前と応えるべきこと ≒見返りを求めること、の線引きは何処でするのか? ▶気遣いや思い遣りに応える活動は見返りか? ▶人として、社会人として挨拶して当たり前と言う意識  を持つことは見返りを求めることなのか? ▶冠婚葬祭や祝い事などと言った場に、立ち会うのが  当たり前と考えることは見返りを求めることなのか? ▶感謝や礼は、手段を考えて伝えるのが当たり前と思うことは 見返りを求めることになるのか? ▶自分の常識で、相手を無視せず応えることが、  当たり前と言うことは見返りを求め過ぎなのか?など、他人の言動や態度を自分の常識の「ものさし」で判断することがあります。 他者に親切やお世話をする時に、果たして見返りを期待しない方が良い。 他人から責められたくなければ、自分から他人を責めてはならない。 そう心(頭)で理解していても、実行することが出来ないのが人間です。 やはり、好きな人には、自分も好かれたいと考え願う、見返りを求めてしまうものです。 例えば、 自分のしたことで、人としての徳が積めた、 本当に良いことが出来たと思えれば、 何もその相手や周りからお礼を言われ、 賞賛されずとも自分自身が嬉しくなり満足出来ます。 人はきっ
0
カバー画像

真摯さ≒誠実さを理解し身に着ける=識別判断力

「真摯さ」とその類語  よく行政機関の記者会見などで使われる「真摯」に取り組みます。これは、どんな意味なのでしょうか?真摯さは、辞書によるとまじめで熱心なこと。また、そのさま【sincerity】とあります。決して軽く考えていない、真面目に取組むということを伝える時によく使います 漢字の「摯」は、<執+手>から「手で確りと持つこと」が字源とされています。 また、「摯」は「掴む、手厚い、行届く、誠(真)」などを意味します。 真摯とその類語の[使い方] 〔真摯〕真摯な態度で事に臨む・真摯に研究に取り組む 〔誠実〕誠実な人だ・誠実に働く 〔篤実〕(トクジツ)・篤実な人柄・温厚篤実な先人 〔忠実〕・任務を忠実に実行する・犬は飼い主に忠実だ 〔至誠〕・至誠あふれる言動・至誠天に通ず 真摯の類語の [使い分け] 【1】「誠実」は、 真心があって相手の気持ちなどを 裏切らないような場合に使う。 【2】「篤実」は、 人情に厚く、人に親切で誠意のあること。 【3】「真摯」は、 まじめで一生懸命なさま。 【4】「忠実」は、 言いつけ通り真面目に努めるさま。 【5】「至誠」は、 極めて誠実なこと、ひたすら誠実であること。 ▼誠実の反対語⇔不誠実・不実 ◆信実。真面目で嘘のないさま。 「信実を以って話す」 ◆篤厚(トッコウ)。熱し・敦。 人情にあつく誠実なこと。「篤厚の士」〇真摯さと誠実さ 真摯さ(真面目・正直)は、「誠実さ」と共通点が多くあります。 社会の中枢を成す人、政治家、事業家をはじめ人間関係を重んじるビジネスマンに何よりも大切なのは真摯さや真面目さと言った「誠実さ」ではないでしょうか。
0
カバー画像

誠実な人【誠実なの心と活動】=識別判断力

※1.※2.印で診断することも役立ちます。※1.理解認識度   [良=2./並=1./不足=0] ※2.感情・環境   [左右されない=2./やや左右される=1./左右される=0]【診断基準・採点】有る=〇.少し有る=△.無=×.一. 【  】心と言動に裏表がない 一. 【  】利他、愛他の心と活動が出来る 一. 【  】自己犠牲(奉仕)の精神を備え、行動する 一. 【  】真心を持って人や物事に対する 一. 【  】義務感と責任感を備えている 一. 【  】謙虚な姿勢態度と言葉使いが出来る 一. 【  】誰に対しても礼節を持って接する 一. 【  】心と身体の姿勢が正しい 一. 【  】話す内容に一貫性がある 一. 【  】言行(言動)一致がしている 一. 【  】報告・連絡がキチンと出来る 一. 【  】感謝の心を進んで伝えられる 一. 【  】正直である(嘘がない) 一. 【  】素直である 一. 【  】真面目である 一. 【  】真実を貫ける 一. 【  】その場凌ぎをしない 一. 【  】言い訳をしない 一. 【  】期待を決して裏切らない 一. 【  】相手に見返りを求め、望まない 一. 【  】相手によって、会話内容や態度を変えない 一. 【  】いつ誰に対しても変わらない挨拶ができる 一. 【  】約束した時間やどんな小さな約束でも、必ず守る 一. 【  】依頼されたことは間違いなく行う 一. 【  】小事を疎かにしないで、一所懸命行う(全力を尽くす) 一. 【  】正しい基準、判断力を備え持っている 一. 【  】相手を思いやるマナーを弁えている 一. 【 
0
カバー画像

💚誠実な人💓の10要素?=識別判断力

皆さんはこんな疑問を抱いたり、 質問を受けたりした時に、 どのように考え、どう答えますか? 私は、誠実さについて詳しく知る前は、 「言うことや態度に嘘や偽りがないこと、  真面目さかな?それと約束を守ることかな?」 程度しか答えられませんでした。 ところが、下記したような10項目を 予め知識として持っていると、 日々他者と触れ合いの多い仕事や日常生活で相手の言動や態度からその人の物事の捉え方や考え方など、 相手の人物像が見えて来るばかりか、 意識や考え方を推し量れるようなる、 など円滑な様々な対人関係構築に 大変役立つと知りました。 =識別判断力この「誠実さ」とは、 自分が正しいと信じていることや 相手への思いやり(利他心)の為に、 謙虚な真心と態度で他者と接し、 自分が確固とした「志」を備え、 同時に高い価値観を持ち生きることです。 それは、自分の他人に対する 素直で謙虚な態度や言動を、 先ず、自ら認め許し 一度受け入れることであり、 同時に、嘘偽りのない正直で 真心のある活動をすることです。 誠実な人の心は善良で、素直で 嘘偽りのない清らかな人生を 送るために役立ちます。 誠実な言葉と行動が一致、 即ち「言行一致」している時、 貴方に素晴らしい存在感が生まれます。 そしてそれは、 決して自分を騙して偽る ようなことはありません。 この「誠実さ」は【至誠】とも表され、謙虚で 「相手の信頼を、決して裏切らないこと」。 では、具体的に心身のどんな活動 のことを言うのでしょうか。 「誠実さ」について質問をされたら、 前記した「言うことや態度に嘘や偽りがない」 という程度は直ぐに答え
0
カバー画像

今、求められる識別判断力₋解説

💚社会のグローバル化に      追いつけない人心💚★時代と共に様変わりする 「人間模様」と「判断基準現代社会の【個性的識別判断力】を身に着ける❕※これは体験度や学習度、人間力の個人差があります。日本の社会環境は少子高齢化社会に入り、ビジュアル化(見える化)と情報化が進む一方 心の育成が追い付かず、「人らしさ」「心」と言った目に映らないバーチャルな人間力が 軽視される社会環境になりつつある。 その一方で、自心と真摯に向き合う心の活動を大切にする人も多くなり、 それを日々の生活や自分の持つ個性や能力向上に生かす人も増加して来ている。彼らは自分軸(器)に合わせた瞬時に適応出来る識別判断力がある。アスリートやプロスポーツ、エンターテナー、著名人は取組みをして結果を出している。しかし、テレビニュース番組などのコメンテーターの中には、この識別判断力不足で解説やコメントしている人も少なくない。結果的に報道の信頼性に欠けてしまうことになる。 例えば、 ★この人は、信用・信頼出来る人だろうか? ★お互いが認め合う言行や態度をしているだろうか? ★自らの言葉は認めることを適切に表しているか? ★感情移入をしていないだろうか? ★どのように伝えたら相手を認めることになるのか? ★相手の言葉使いは自分を認めているか? ★どんなことが相手を認める言葉、態度なのか? と言ったことを判断する意識=識別、選択判断・決断する力の育成が必要である。 そのために、自ら様々な教材の選択や先達から体験や知識を学び、また、仲間や友人と 話し合ったり、自ら想定(想像)したり、得られた結果を知識や知恵として得る。 人間力理
0
カバー画像

未来創造@カードリーディングKimi

未来創造@開運カードリーディングのKimiが、カードを通して宇宙からのメッセージを毎日お届けします。✨9月3日(金)カードからのメッセージ✨今日という日があなたにとって ステキな1日になりますよう❣ 今日のカードは 『Ten of Water』です。 このカードには、 ”満ち足り実り多い家庭生活” ”信頼できる関係” などのを表しています。 新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言及び 関連ニュースが連日報道 される中多くのみなさんは、 不自由、不便、不満を抱えて いらっしゃるのではありませんか。 緊急事態宣言でこれまで効果がどの程度のあったのか検証が必要な時期に来ているようにも思います。また、TVニュースの報道だけでなく個人が世界中の報道を見て判断をすることも大切な事です。こんな時だからこそ、科学的な根拠に 基づいた情報を共有することも大事です。無いものや、出来ないことに 意識を向けるのではなく あるもの、出来ることに 意識を向けるように しましょう。 あなたには安心と満足を 与えてくれる家庭があり、 親しい人々との間には 素晴らしい調和があるのでは ないでしょうか。 気の合う仲間や、 コミュニティに入り お互いに助け合うことも 出来ます。 コミュニティには、オンラインで 繋がることもできます。 近所でなければならない。 直接会えなければならない ということはありません。 オンラインで楽しい会話を したり、情報交換をしたり 出来るのではないでしょうか。 あなたの 人間関係の結びつきは強く、 信頼できるものです。 あなたは、 恵まれ愛されていると 感じるでしょう。 あなたの家庭や
0
カバー画像

信頼=信頼関係の構築

『信頼関係』の構築は、互いに心を備え持った人と認めた上で、 1. 「互いの小さな信用の積み重ねによって築かれること。」 2. 「警戒心を持たず、心を開いていること。」 3. 「互いが無条件、かつ一方的に信用していること。」 4. 「一方的な思いやりが双方向に生れた状態のこと。」 5. 「信頼関係は慎重に作るべきこと。」 6. 「けじめと節度を持つこと。」 7. 「場合によっては甘え合えること。」 8. 「お互いの心や態度を受け入れていること。」 9. 「相手の言動の結果が予測出来る範囲内にあること。」 10. 「互いが自ら指差すこと。」 11. 「互いの意識、思考、物事の捉え方や判断  と異なることでも許せること。」 12. 「お互いが許し合えること。」 13. 「互いに依存し合うところに根差していること。」 14. 「互いに我慢や自制すること。」 15. 「お互い関係を感情の刃で絆を切り、絶つことが出来ること。」 16. 「優しさだけでは、信頼の絆は作り得ないこと。」 17. 「対象の人が、こちらが信じていることに反する結果を  選択しても裏切りとは言えないこと。」18. 「信頼関係の成立は、信じたのは自らの責任であると言い切れること。」 19. 「絶対に裏切られることはないと確信を持てること。」 20. 「信用と信頼は、互いに切り離すことが出来ないこと。」 他にも、信頼構築の要素は様々なことがあります。 お互いが認め合い受け入れ、相手を思い遣り、誠実な態度と心、感謝の心を持ち、表現し伝達することは「信頼」関係を構築し、「絆」を創り上げる為に無くてはなりません。 <辞書
0
カバー画像

信頼出来る人👈識別判断力

A.信頼出来る人 1. 築くのは大変な時間と労力を要するが、 一瞬にして失うと自覚している人。 2. 仕事と人に対する熱い情熱を持っている人「和」と「礼」 3. 揺るぎない志と信念を備えている人。 4. 誰に対しても平等で人を人として認められる人。 5. 小さな信用の積み重ねが大きな信用となり、 信頼が生まれると自覚出来る人。 6. 「信頼の絆」創りに、思い遣り、 おもてなしの心は不可欠だと理解している人。 7. 大切な人の“大切な〇〇〇を”大切に出来る人。 8. いつ誰にでも感謝の心の表現、伝達が常に出来る人。 9. 誠実、謙虚で受容の心を備え持てる人。 10. 優れた感性を持ち、共感出来る人。 11. 立場転換意識で、触合う他者を見守れる人。 12. 奉仕の精神で何事も行える人。(何事に対しても見返りを求めない.計算しない言動をする人) 13. 豊かな知恵と確固たる信念を持ち、現実に行動出来る人。 14. 周りの人々に安心感を与えられる人。 15. 常に自分を省み、陰日なたなく自己啓発出来る。 (己を磨く) 16. 「幸せ」や「利」を分け合える人。 (利他・分度)  17. 自らの意識、行動と態度を指させる人。 18. 自らの感情や煩悩を自制出来る人。  (我慢や自制が出来る人。) 19. 自らの言動に自己顕示(利己意識)が 無いかを省み自制出来る 20. 真摯に先達の意見を傾聴し、 他者に受けた情けを心に刻める人。 21. 信頼は、互いに人と認めた上で成り立つと認識する人。 22. 互いが無条件、かつ一方的に信用し、 場合によっては心を開き甘え合える人。 23. 相手の言
0
カバー画像

信頼の識別判断力👈≪信頼度≫を見極める

実体験から得た人間力「信頼」の識別判断力=ジャッジメント「識別判断力」は倫理的(コンプライアンス)判断力とリアルとバーチャルの心の基礎体力=EQ(思いやり・感謝・誠実・信頼・謙虚・寛容など)スキルと経験を含む人間的判断力を言います。言い換えると心眼、洞察力を用いた人・事象を適切に判断する力とも言えます。今の日本人に最も必要な人的要素(スキル?)。良し悪し、善悪、適時適切な対処・対応・応対、状況判断、人物判断、目標設定などの判断力。現代社会は個人主体の環境になり 人と人の繋がりが希薄なって来ています。 人としての幸せで心豊かに生活するために私達一人ひとりは、「信頼」の「絆」を深め、確りと築いて行かなければなりません。信用は文字の示す通り、信用は信じて用いると書き、 信頼は無私の心で信じ、頼ると書きます。 信頼は小さな信用の積み重ねが大きな信用となり、そこで初めて信頼が生まれるのです。「絆」の源とも言える信用、信頼は 共に築くまでには大変な努力や時間を要しますが、失ったり、消えてしまうのはホンの一瞬で無になり、場合によっては繋がりを断つ結果になりかねません。 信用の源は、自分の日々の陰日なたの無い努力精進と私心無い相手への思いやりの心とその言動です。その結果として信頼や絆が生まれてくるのです。 即ち、信用は、「信頼の礎」「信頼の原点」と言えるのです。 そして信用は信頼のプロセスの一つであり、信頼はその結果で生まれます。 信用と信頼は魅力や感謝、感動、感銘などと同様に、触合う相手に対し、こちらから見返りや代償を求めたり、望んだり、こちらから期待することではありません。 日々の努力
0
カバー画像

信頼 2