絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

24 件中 1 - 24 件表示
カバー画像

命式が教えてくれる「自分に向いている事」通変星・十二運星

自分には何が向いているのか知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。鑑定をご希望の方はこちら↓↓↓
0
カバー画像

自己分析すれば人生が変わる

新学期・新年度は新しい環境に入ったり、新しい人を受け入れるシーズンですね。公的な環境だけでなく、気分的にも新しく何かを始めたくなって、未知の環境に飛び込む人も多いでしょう。そんな時につきものなのが「自己紹介」。人に自分を知ってもらうためには、まずは自分が自分を知らなくてはいけません。自己分析です。分析する中で出てくるのが、長所(強み)と短所(弱み)です。長所を探すのは意外と難しく、短所を探すのは自分と向き合うことなので辛い。ただ、しっかり自己分析出来るようになると、自然と人生そのものが変わってきます。①自分を分析するいきなり「長所は?短所は?」と考え始めると漏れが出ます。まずは自分の「特徴」を全部出してみましょう。・早起き/夜に強い・片付けが好き/散らかっていても平気・趣味は読書/歩くのが好きなど。いいか悪いかは考えず、ただひたすら書き出してみましょう。書きだしたら、その全てを自分なりの基準で「〇/×」に分けていきます。自分が「〇」に入れたものは「長所」自分が「×」に入れたものは「短所」どちらにも入れようがないものが出てきますが、それはまた別で取っておきましょう。②長所と短所は入れ替わる<①>で分別した長所・短所ですが、実は簡単にひっくり返ります。例)早起き→夜はすぐ眠くなる、夜に強い→早起きが苦手のように。ひっくり返るポイントは「状況/環境」です。仕事上ではプラス要素でも、プライベート(家庭・友人な関係)ではマイナスに働いたり、その逆もまた然りです。<①>で〇にも×にも入らなかった要素は、もっと状況/環境の影響を受けます。自分にとって重要と思われる状況/環境に置いた時、その要
0
カバー画像

貴方の長所を聞かれたら~他人の評価を当てにしよう

 面接で答えに困る質問の第1位「貴方の長所は何ですか?」 こう聞かれて上手く答えらえる人はいいんですけど、やっぱ自分の長所を言うのって恥ずかしいですよね。 たいそうなこと言ったら自惚れているとか自意識過剰とか思われそうだし、かといってどこまで謙遜したらいいのか分かんない… こういうときは、「(自分ではどうか分からないけど)よく人にはこういわれます」「○○していたら尊敬する誰々さんから褒められたことがあります」と他人から褒められたエピソード、それで得したエピソードを語りましょう。 複数の人から同じことを褒められた場合、それは間違いなく貴方の長所です。背が高い、足が早い、視力がいい…といった身体的特徴でも、プレゼンが上手い、記憶力がいい、絵が上手…といった能力的なことでも、よく気が利く、立ち直りが早い、粘り強い…といったメンタル的なことでもなんでもいいので、他人から褒められたことを思い出して下さい。 自分の尊敬する人や目上の人から褒められた場合、それは客観的事実なので堂々と語ってください。 他人の評価なので、自意識過剰とか謙遜とか気にすることありません。恥ずかしがらずに堂々と自分の長所を語りましょう。 以上、長所を聞かれて困ったときは、他人から褒められたときのエピソードで面接を乗り切ろう、というお話しでした。 ちなみに短所を聞かれた場合、本当に自分のダメな部分を語るのはNG。短所は長所の裏返しなので、自分では長所だと思っていることを「○○すぎて~」とかいう言い回しに代えて話せばOKです。 
0
カバー画像

人と違うってすばらしい。

こんにちは、HSP繊細さん専門カウンセラー いしヰ ゆみこ です。みなさんは、人と自分が違うことに違和感や恐怖心を抱いたことありますか??ちなみに私は、、、幼いころから周りとちょっと違うところがあったようでよくいじられたりしていました(;^ω^)昔はそれがいけないことで恥ずべき事と思い込んでいて周りと溶け込めるように自分を隠し、性格を変えてでも周囲に馴染むよう自分を偽っていました。それ以上に、周りからはみ出るのが怖かったんです。。。理由は、またいつ叩かれるかわからなかったから。でも今になって思うのはその隠していた性格は自分の長所だった。ということ(._.)、結局、今までその長所を隠して続けてこの世界は生きずらい。。とずっと思って生きてきました(´;ω;`)今回私が言いたいことはみんな違ってもちろん良いし、人と違うということはきっと、あなたの ”長所” であるということです( ˘ω˘ )♡ものごとには色々な見方がある。一方から見たら長所でなくても違う方面から見たら絶対に長所になります^^*だから、、、人と違うことを恐れないで..♡「違う」ということは、いけないわけでも、自分が劣ってるわけじゃない。あなたの「個性」「魅力」だってこと。是非、自身をもってくださいね(*´ω`*)!明日もあなたの新しい魅力が花開き見つけられますように…✨
0
カバー画像

自分の強みを再認識しよう

自己紹介や面接などで「あなたの強み・長所を教えてください」と言われるとほぼ皆固まりますよね。私もです。強み(長所)って何でしょう?福祉・心理学用語に「ストレングス」というものがあります。直訳すると「強さ、力(体力、能力、精神力)」という意味ですが、更に広げて・病気や苦しかったこと、社会経験からの学び・その人の素質、特性、長所(ユーモア、想像力、洞察力、忠誠心、自立心、想像力など)・毎日の生活から得た気づき・その人の持つスキル(料理、掃除、読書、楽器を弾く、運動するなど)・今まで壁を乗り越えてきたことへの自信・対人関係、その人の周辺の環境(「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ」 中央法規)などが含まれます。たくさんあります。もっと簡単に言うと、普通に生活している自分が、無意識に使っている力やスキル、過ごしている環境の中に「強み」と言えるものがたくさん隠れているのです。それをあえて「強み」として意識することで、出来ることが増えていきます。事例で見ていきましょう。<事例>Aさん(男性、40代)大学時代はサークルの部長として部員をまとめ、他大学との折衝も積極的に行い、サークルの活動範囲を広げた。卒業後就職したが、不況のためノルマ達成が難しく、上司との折り合いも悪かったため退社。その後さまざまな職種・業種を転々とするうちにうつ病を発症。その後は家族と同居しながらほとんど一日中家にいる。外出は自分の必需品の購入、車のメンテナンス、町内会の担当業務をこなす時のみ。この太字がこの人の強みと言えます。・大学時代…学歴が大卒・部長…人の上に立った経験がある・積極的…自ら率先して動くことが出来てい
0
カバー画像

【短所しかないはホント?】長所が見つかりにく1つの理由!

「自分には長所なんてないよ。」 こんな風に自分の長所が見つからずに悩んでいませんか? ニュースサイトSirabeeが、全国10〜60代の男女1,721名を対象に「自分の長所がすぐに言える」か調査したところ、全体の29.5%が「Yes」と答えたとのこと。 つまり、全体の70.5%の人は「自分の長所がすぐに言えない」ということになります。 「短所はすぐ言えるんだけど、長所が出てこないんだよなあ。」 このように短所なら言えるといった方も多いと思います。 そこで、今回の記事では長所が見つかりにくい理由を解説していきたいと思います。 結論としては、 長所は無意識でしているクセなようなものだから、自分では気づきにくいのです。 解説していきます。 長所とは まず、長所とは何かを考えてみましょう。 よく長所を「字がうまい」や「走るのが速い」と考えてしまいがちですが、長所はそういった身に付けたスキルではなく、無意識のうちにやっているクセのようなものです。「ついつい○○してしまう」 「自然と○○することができる」 この○○に当てはまるようなことです。 例えば、 「人の気持ちを想像する」 「他に効率良い方法がないか考える」 「部屋の隅々のホコリが気になる」 こういったものです。 パッと思いつきますか? 長所は気づきにくい 難しいと思った方、難しいのも当然です。 長所はついつい無意識でしていることだから、自分ではごく当たり前のこと。なので、長所って気づきにくいのです。 長所は短所 また、長所は短所にもなります。逆に短所は長所にもなります。 例えば「作業をすると夢中になり周りが見えない」という人がいたと