絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

28 件中 1 - 28 件表示
カバー画像

あなたの中の「部下プロファイル」毎日更新してますか?

こんにちは。 ”現役人事のコーチング”をやっていますアサマルです。 私の会社では、1on1ミーティングが導入されて、 2〜4週間に1回の頻度で、上司と部下が1on1を実施しています。 ハイペースで「対話」することになり、 マネジャーの方からよく聞く声があります。それは、 「長年一緒にやっているメンバーで、  お互いによく知っているから  1on1って言われても、今更そんなに話すことないんだよね〜」 というものです。 では、あなたはどれくらい部下のことを知っているでしょうか? 今日はそんなお話をしてみたいと思います。「よく知っている」ってどういう状態なんだろう?「部下をよく知っている」という時、頭ではどんなことを 思い浮かべているでしょうか? ・これまで仕事でどんなパフォーマンスを出しているか ・どんなところが強みか、弱みか これらは、部下の評価・査定をしているマネジャーの方は 一番よく理解されていると思います。 あるいは、長年に一緒に仕事をしていると、 プライベートに絡むようなエピソードを共有するケースも 自然と増えていきますね。 ・家族の構成はどうなっている?実家の所在地はどこ? ・プライベートで、どんな出来事があったか ・過去の酒宴での(多くは失敗の)エピソード など 私自身が、直接見聞きしてきた中では、 上司の人が、「あいつのことはよく知ってる」という時、 自分だけが知っている過去の面白エピソードを披露されることが 多いように感じます。 あいつは、若い時にこんなやつだったんだよ。 実はこんな失敗があってさ・・・ などと上司が話し、部下が「勘弁してくださいよ~」とじゃれ合う
0
カバー画像

🎬 モーリタニアン 黒塗りの記録 感想🗻ケヴィン編🗻

不都合な真実それは、今も昔も 検閲 対象今日うっかり、2回目観て来ちゃいましたッ😆🎶初めて観る時の緊張感は無ぃ2回目とあってより深く💘それぞれの登場人物の感情に触れられましたその分、2回目の感動は深かったです😇新たに感じる事も多々ある中もぅ一度見たかった、ナンシーとモハメドゥの絆を感じるsceneはじっくり行間を味わう事が出来💖大満足でした😍苦しい状況は 絆を強くする 今の世情にも見受けられますょネッ素敵な映画に出逢ぅと必ず、その監督の作品を知りたくなります直ぐに調べると、思ぃ出深い映画のtitleがありました❣️🎬 運命を分けたザイルこの映画も、公開を心待ちに映画館へ観に行ったのを思ぃ出しますケヴィンは 人間の極限の精神状態 を描く事に長けた監督だと思ぅこの2作品に 真の信頼関係 というか 真の絆 を見る事が出来ます👼✨このtimingで 9・11とグァンタナモ を舞台にした 実話 とは意味深過ぎる上にこちらは📸EU議会の記者会見での 黒塗りの書類‼️※ 爆チン製造企業と💉欧州連合との間で交わされた契約書との事検閲だらけの世の中ですネッ💦とはいぇこの動画は、見ていて拍手しちゃう内容なのでお勧めです😄✨Mayo97さんのRumble、もしくはTelegramでご覧頂けますょMayo97さん、いつも有難うございます😊💝
0
カバー画像

自称?無資格?心理カウンセラー・・・

なぜネット上に「野良カウンセラー」が跋扈するのか――自称可能な肩書が生む、メンタルヘルスの危険性 Yahoo!ニュース オリジナル 特集 10/28(木) 17:30配信 メンタルヘルス(心の健康状態)を扱う「心理カウンセラー」は、ネット上では無法状態になっている――。そう聞くと驚く人も多いのではないだろうか。そもそもメンタルヘルスに関わる資格としては、公的資格に準ずる臨床心理士や、国家資格の公認心理師があり、そのハードルは高い。それにもかかわらず、無資格のいわば「野良カウンセラー」が跋扈(ばっこ)するのは、法律上、「業務独占」ができないからだという。その「闇」を筑波大・原田隆之教授に聞いた。(Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部) 無資格の心理カウンセラーという「リスク」長く続くコロナ禍の中で、未来への不安に苛まれたとき、あなたならどうするだろうか? 家族や友人、恋人に話を聞いてもらえるならいいが、もしそれもできないほど孤立していたら――。 最近ネット上で多く目にするのが、そんな人々の気持ちを受けとめる「心理カウンセラー」だ。検索エンジンやSNSで調べてみれば、多くの心理カウンセラーが優しい笑顔で私たちを待っている。しかもコロナ禍になってからは、ZoomやLINEも活用して、オンラインで相談できるように工夫されている。 ところが、ひとくちに「心理カウンセラー」といっても、その実態は玉石混交。公的資格に準ずる「臨床心理士」や国家資格の「公認心理師」といった資格を取得していないケースも往々にしてある。特にネット上には「野良カウンセラー」ともいえる無資格の心理カウンセラーが
0
カバー画像

信頼関係

信頼関係今回の内容は信頼関係について書いていきます。 信頼関係という言葉を良く使ったり、また耳にすることもあると思います。 信頼関係とは我々の生活で欠かすことができない「大切なもの」です。 例えば、あなたが子供を持つ親なら子供との信頼関係、恋人や配偶者がいる人であればその大切な人との信頼関係、また友達との信頼関係も必要になってきます。 また仕事においては、上司と部下の信頼関係、またお客様との信頼関係とさまざまな場所・場面において信頼関係は必要になってきます。 その大事な信頼関係を勘違いしている人が非常に多いのが現状ではないでしょうか。 新聞などの見出しでもみたことがあるのですが、「信頼を勝ち得る」とか「信頼関係を勝ち取る」といった表現がしばしば見受けられます。 ここで考え直して欲しいことは信頼関係というのはそもそもどのような状態なのかということです。 心理学用語では、信頼関係はラポールと言われます。ラポールとはフランス語で架け橋という意味です。 つまり信頼関係とは、相手を受け止め、相手とのあいだに心と心が通じ合えるような架け橋を創ることではないでしょうか。 では信頼関係を「勝つ」といった表現は正しいのでしょうか。 勝つということはどちらかが優位に立つということです。 そう、どちらかから一方的に相手から無理矢理手に入れようとする感じがしますよね。 信頼関係とは相手から一方的に無理矢理手に入れることが本当に出来るものなのでしょうか? あなたも理解されているでしょうがそんなことは当然無理なのです。 信頼関係とは相手のことを考え、そしてより理解してあげることにより、相手が気持ち良く感じ
0
カバー画像

メンバーに現実を語る。全てはそこから始まる。

僕はかつて、事業の見通し、難しい問題、各メンバーの現状レベルなど、厳しいことを言うとメンバーのモチベーションが下がるかもしれないし、聞かれてもいないのに暗い話は伝えない方がいいと思って、必要がない限りこちらからは語らなかった時期があります。そうするとどうなるか。リーダーとメンバーとの間に壁ができます。それはそうですよね。メンバーからしてみたら、「何で言ってくれないんだろう。結局、自分達は信用されてないってことか」と思います。かといって、毎日暗いことばかり言って苦虫を嚙み潰したような顔をしていたらチーム内の雰囲気が悪くなるだけです。そんな時は、厳しいことを話した後に、「だからこう考えてこうしていこう!」という方向性(道筋)を大きな声で明るく語るようにしています。厳しいから大変だと考えるのか、厳しいからやりがいがあると考えるのか。状況が厳しければ厳しいほど乗り越えたときの達成感が大きくなります。また、そんな時こそ、みんなで同じ方向に向かって活動するため、一体感が生まれます。まずは厳しい現実をありのまま、変に飾ることなく全て本音で語る。強いチームづくりはそこから始まるのかもしれません。最後まで読んでいただきありがとうございます。このことから、少しでも新たな気づきや考える上でのヒントに繋がることがありましたら幸いです。
0
カバー画像

自己信頼感

自己信頼感今回の内容は自己信頼感について書いていきます。 いくら夢や目標があったとしても、自分の力を信頼することができず「そうなりたいな」と考えているだけの人になっていませんか。 そういった人に必要なものはまず、自分の力を信じることにあるのです。 自己信頼感が高い人というのは、自分のことを有能で価値ある存在だと誇りを持つことが出来る人です。 それに対して、自己信頼感が低い人というのは、その逆で自分のことを有能だと思えず、価値のない存在として考えている人です。 自己信頼感が低ければ、新しい仕事にチャレンジするといった場合、諦めたり、躊躇したりすることになります。 なぜなら自分の力に自信がないので、できるわけないと決めつけてしまうのです。 そしてうまくいかないことがあれば、いつまでも悩み、自分で解決できる力があるにもかかわらず、常に誰かに頼り助けてもらうのを待っているのです。 また人に頼ることばかりしていますので、うまくいかない理由を自分の中で深く考えないため、同じ過ちを繰り返し、最後には「自分にはできない」とか「無理だ」といったことを言うのです。 逆に自己信頼感が高い人というのは、新しいことにどんなことでも次々とチャレンジしていきます。 しかしながら次々とチャレンジしても、成功することばかりではありません。 自己信頼感が高い人は、仮に成功しなかったとしても、自分の悪かったところを素直に受け入れて反省し、次に活かすことができるのです。 自己信頼感は、つい無意識に出る言葉にも表れてきます。 自己信頼感の低い人は常に、否定的な言葉が多く、自分に対してもまた周囲の人にも否定的になっていき
0
カバー画像