<リストカットは○○>

記事
学び
お疲れ様です。

リストカットは○○という部分について
お話しさせて下さい。

受け持ちの方でリストカットをしてしまう事例を
たくさんみてきました。

病院に入院して治療をしても
退院後の生活状況が変わらなければ
またリストカットをしてしまう可能性があります。


学校の先生方から
“校内で生徒がリストカットをすることがあります”
という相談も受けたことがありました。

私)先生方はそういった生徒さんがいたらどう対応してますか?

先生方)それは、もちろん、制止してでもやめさせます!

私)確かに、身体を傷つける行為を心配されるお気持ちは
分かるのですが、それではその子との信頼関係は崩れませんか?

先生方)???

私)どうして傷をつけているか?そこの理解はどうですか?

先生方)ストレスがたまったり、イライラするからですかね?

私)もちろん、その理由もあります。
でもそれが一番ではないです。

一番の理由は
{言語化出来ないことがあって辛いから、
寄り添ってくれる人がいないからなど
子どもたちの“心の叫び”がリストカットですよ}

無理矢理リストカットをやめさせても、
ほかの自傷行為に及ぶことは想定内です。

制止するのではなく、
「傷を付けてしまうくらい辛いこと、分かってあげられなくて
ごめんね。」と寄り添ってみてはどうでしょう?

必ずその時に
「でも、先生はあなたが傷ついてしまうととても心が痛いんだ。
だから学校では傷をつけないって約束してもらえる?
辛い時は先生がたくさん時間を作ってお話しきくからね。」と
声掛けすると徐々に減っていきます。

すぐに回数が減るものではないので、長い目で見守りが必要ですよ。


上記のように、
場所が学校であれば先生方の理解を促し
ご家庭内であれば親御さんに対応方法をお伝えしています。

リストカットは
<心の叫び>
と、私は認識しています。

行ってしまう行為を責めるのではなく
行った後の対応として
・傾聴的な態度
・寄り添うこと
そこがキーワードになってきますね。

もちろん傷口の治療も必要です。

助かる方が少しでも増えたらブログの意味もあるのかな?
と考えています。
(今回はリストカットに焦点を当てましたが
自傷行為全般に共通する対応方法になります)

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談をしてみたいと思った方、サービス内容を是非ご覧ください。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す