絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

38 件中 1 - 38 件表示
カバー画像

小学生あるある!?

先日、完成後5年点検でお客様のところへ行ってきました。工事中、まだまだ小さかったお子様がもう小学生!すっかりお兄さんになっていました。そこで小学生あるある?なお家の話をうかがいました。公園にお友達と遊びに行ったお兄ちゃん。ただいまーー!と元気な声がして玄関に行ってみると元気なお友達を引き連れて帰ってきました・・・みーんな砂まみれ!そしてそのままリビングを通って手洗いへ。コロナ時代の子供たちなだけあって手洗いを徹底していてえらい!・・・しかし奥様砂まみれの手でソファも触るしおもちゃも触るし玄関で手洗ってからお家にあがれると良かったです・・・!      \やんちゃな!?/クスっと笑える小学生あるある!?でした。家族のこと たくさんたくさん考えてお家づくりしていると思いますそして子供の成長に合わせて必要なことが変わることもイメージしていきますでも成長を想像するのって難しい!そんな時にえ!大きくなるとそんなこともあるんだ!といったお家づくりに役立つかもしれない?!子育てあるあるも発信していきます。プラン決定のために優先順位をつける際、様々な情報があると順位をつけて行きやすいと思います。たくさん情報を仕入れ、実際の使い勝手をとにかく聞く!想定していなかった!をひとつでも減らすことは後悔ポイントを無くすひとつの方法です。後悔ポイントが無くなるように!お家づくりが楽しい時間になるように!何かお役にたてる情報が発信できれば幸いです最後までお読みいただきありがとうございました。
0
カバー画像

部屋の広さがわからない!?

部屋の大きさがわからない!そんな時にぜひ試して欲しいことがあります!それはいまのご自宅の部屋の大きさを測って計画中の平面図に書いてみることです。ざっくりで大丈夫です!計画中の平面図に縮尺1/100と書いてあれば図面中の1センチが実際は1メートルということです。実際の部屋が2.5メートル×4メートルなら図面には2.5センチ×4センチの四角を書いてみましょう!計画中の図面上で実際にいまいる部屋と並べて比べてみるとイメージしやすいと思います。※縮尺が1/50と書いてあると・・・図面中の2センチが実際の1メートルということです!また、いま住んでいる場所の窓の大きさも測ることをおすすめします。なんとなく図面で窓がここだなと思って眺める方も多いですが完成してから意外と窓が大きい!小さい!という声も耳にします。実際に見ている窓の大きさを想像しながら図面の窓の大きさを見てみると窓の大きさも想像できます。その他にも設置予定の家具家電の寸法を測って計画中の図面にレイアウトしてもらうのも部屋の広さを確認するのにとても有効です。設置予定のものが入るかどうかの検討もできますし家具や家電を部屋の中に配置したらどれくらいのスペースが残るかなどもわかります。・・・と部屋を測れ、窓を測れ、家具を測れ・・・となかなか大変な作業を求めてしまいましたが・・・完成後に後悔ポイントを無くすためにも!私はやっておいた方が良いことだと思っています。ただ、優先順位をつけるなら・大物家具家電・大きさ比較用の部屋(とりあえず1つでもOK)・引き出し収納などの小型家具・余力があれば窓(1つでもOK。比較ができれば良いのです)ぜひ試し
0
カバー画像

家づくりとは?!

マイホームの計画は自分の人生を考える時間です。_______________________大げさ!と感じた方もいらっしゃるかもしれません。間取りを考える際家族がどう使うか?と考えて行きますよね。そして5年後はどう使うか?どう使いたいか?10年後は?15年後は?と考えていくのです。その時にまた考えてなんとかすれば良い!もちろんそれも間違いではないと思いますがもし今、考えてみて対応できることがあるとしたら10年後20年後の自分の生活がちょっとだけ豊かになっている!そんな風に思うとマイホーム計画は自分の人生、パートナーの人生そして2人一緒の人生を見つめ直す時間になりそうです。10年後20年後に自分が笑って過ごしていそうな環境を実現できるといいですね。お家づくり、疲れて嫌になることもあるかもしれませんが家族と過ごす素敵な未来に直結しています。家づくりが楽しい時間となるように少しでもお役に立てる情報を発信できればと思います。
0
カバー画像

コンセント計画。お任せしちゃダメ!?

間取りがやっと決まった!次はコンセントの打ち合わせ。「コンセント計画?おまかせでいいです!」とおっしゃる方もいますが・・・待ってください!家づくりにおいて、コンセント計画はとても重要です。コンセントは毎日使うものです。だからこそコンセントが使いにくい場所にあると、毎日のように不満に感じてしまうのです。そんな後悔をしないためにコンセント計画はじっくり考えましょう。・・・と言っても、住んでみなければわからない!その通りです!だからコンセントは「ここにも欲しいかな、、、?」と迷ったらつけておきましょう!ちなみに我が家は、コンセント位置が想定外だったことがあります。それは・・・お掃除ロボの導入!でした。計画時は、コードレス掃除機にするつもりで掃除機の収納内に充電用のコンセントをつけて準備は万全!のはずでしたが・・・全く考えていなかったお掃除ロボを導入することになりました。充電スポットなどもちろん想定していなかったので不思議な場所で充電しているお掃除ロボ・・・収納内の高い位置に謎にあるコンセント・・・このような想定外なこともありますが後からコンセントを増設するとなると新築時とは違い7〜8万円程度かかることもあります。でも今なら1か所追加しても数千円でできることでしょう。だから迷うならつけておくことをおすすめします!また、一般的にはコンセントは床から30センチ程度の位置に付けられますがスマホやイヤホンなど小物類の充電用のコンセントは充電場所(カウンター上やベッドヘッドの上など)に合わせて高さを上げておくと使いやすいです。今のご自宅を見回してみてあ!これもコンセントいる!というもの探してみま
0
カバー画像

家づくりが楽しめないとき!?

お家づくりの時間を楽しめているでしょうか?私は設計事務所で勤務しながら建築カウンセリングとしてお客様のお話を伺う事業も行っています今回は実際にお話しをうかがったお客様のことを書こうと思います。家づくりが楽しめなくなりました。というお客様。不安な気持ちを抱えながらのお家づくりは楽しめるはずもなく不安がどんどん大きくなり打合せまでに考えておくべきことも考えられず・・・お家づくりが嫌だ、負担だ!と言うのです。・・・いまお家づくり真っ最中でわかるわかる!という方もいらっしゃるのではないでしょうかそんな時にすべきことは!①まず不安を誰かに話してみてください。 友人、親戚、同僚、誰でも良いのです。「モヤモヤしていることを話す」ことで何に不安を感じているかが明確になります。少し心が軽くなるかもしれません。②次に解決方法を考えていきましょう。そのためにご友人、同僚などマイホーム計画の経験者から情報収集します。・間取りの不安例えば2階の浴室はどうだった?子供部屋の大きさは?・他には細かいことも例えば、キッチンは自動水栓にした?太陽光は採用した?食洗機は?きっと皆さんも同じように考えて迷って決断してきたはず!たくさんの方から色々な考え方、そして実際使ってみてどうだった?ということを聞いてみることをおすすめします。あっと驚く方法があるかもしれません。③それでも解決しないこと、例えば間取りや建築の専門の知識が必要なことは建築会社の設計さんに聞いてみましょう。設計さんに聞くのがちょっと・・・という方はセカンドオピニオンを利用してみるも良いかもしれません。私たち設計はたくさんのお客様とお話してたくさんの考
0
カバー画像

家を建てた後にかかる費用①

こんにちは! 群馬県北群馬郡吉岡町の設計事務所「マイホームプラン設計室」の神場です。 当事務所は2022年7月に開業いたしました。 私は日々お客様に設計提案をしている一級建築士です。 約3年前に自宅を新築し、妻と子供(一人)で生活しております。 ちなみに住宅ローンは35年返済。(残り32年です) このままいくと、60歳代後半でようやく完済となります。(繰り上げ返済頑張ります!) さて今回は、家づくりを終え一区切りついた段階で必要となる「費用」をご紹介させていただきます。【毎年支払いが発生する固定資産税】固定資産税は、毎年1月1日時点において、土地、建物、償却資産を所有している方に、その固定資産の価格(評価額)をもとに算定される税額を納めていただく地方税です。 土地と建物それぞれの課税標準額(≒固定資産評価額※売買による購入価格とは異なります)に一定の税率を掛けて算出された金額を納めることとなります。 市町村により異なる可能性がございますが、私が住んでいる群馬県では、一般的に、1年分の「一括払い」もしくは年4回に分けた「分割払い」のどちらかで納めます。 支払方法も口座振替のほか、PayPay払いが選択できる場合もございます。【土地の固定資産税について】固定資産の評価額は土地の種類(地目)によって異なります。 そして評価額は3年ごとに見直されますので、税額に変更が生じる場合がございます。 さらに住宅用地の場合は、課税標準額(≒固定資産評価額)が1/3~1/6になる軽減制度もございますので、詳しくは固定資産をお持ちの市町村HPをご確認くださいませ。【建物の固定資産税について】建物の場
0
カバー画像

子育てママの間取り作りサポートでできること

こんにちは、ぴーもえです!私のブログに来ていただきありがとうございます٩( ᐛ )وこの記事では、間取り作りサポートでできることについて、より詳しくお伝えしたいと思います。まずはこれを読んでくれているあなた!毎日子育てお疲れ様です!子供は可愛いけど、子育ては大変ですよね😂子育て中の人が家づくりをはじめるのは、子供が成長していくのにいい環境を提供してあげたいという親心や、共働きを成立させるために家事育児を少しでも楽にしたいという気持ちがあるからでしょう。ですが、子育て中の家づくりでは本当に大変です。私自身も家づくりをいちからやった実体験からも仕事として関わってきた方を見ても心底そう思います。100%完璧な間取りはこの世にはありませんが、自分達家族にとってベストな間取りは存在します。それに近づくサポートをします。それでは具体的にどんなことができるか見ていきましょう😀図面から完成建物を想像するのは難しい!→図面と完成建物のギャップを埋めるお手伝いをします!はじめての図面、はじめての家づくり、紙の上に描かれた線から実物を想像できますか?難しいですよね😂だからこそ、想像してもらえるように図や写真をたくさん使って納得してもらえるまでとことん説明したいと思います。さらに子育て経験を活かして、実際に暮らし始めてからの子育てや家事をしていくにあたり・使いにくいポイント&改善案・リスクになりうる箇所を子育て目線でアドバイスしたいと思っています。夫婦での話し合い時間が足りない!→効率良く話せるよう要点をまとめます!子供がいると、面倒見ながらの打ち合わせで夫婦席について話し合うことが難しいです。先に夫
0
カバー画像

ほんとはみんな気づいてる…住宅ローンのために人生諦めてることを。

先日、住宅ローンの支払いが厳しくて売却しようか考えている、という相談を受けました。 まだ、そんなに築年数も経ってないのに… 「家」を建てるとなると、相当な借金を背負うことになります。 ましてや土地から購入して家を建てるとなると、場所によっては家2件建つくらいの総額になります。 それが、たとえばお給料が減ったり、倒産したり、転職したりで、ローンが払えなくなったら… 将来のライフステージで何が起こったとしても、自分の中で想定の範囲内だと思えるように、自分の将来を想像しておくことが大切です。 「それでも、あなたは家が必要ですか?」 待ち受ける現実を、しっかりイメージしましょう。30年後あなたの会社は存続してますか?ほとんどの人は長期で住宅ローンを組んで家を建てます。 少し前までは35年…今では40年も普通になってきてますね。 仮に30歳で40年返済で住宅ローンを組んだら、70歳まで返済していくことになります。 当然ですが、30年、40年先のことなんて、どうなるか誰も分かりません。 つまり長期の住宅ローンって「必ず70歳まで返済を続けれられる!」っていう根拠があるわけじゃなく 「なんとなく、これくらいならやっていけるかなー…」で、なんとなく借りるわけですw 金融機関の審査では前年の収入をみますけど、返済していくのは将来です。 ここで良く考えていただきたいのは 「あなたは、今の会社に生涯、勤める予定ですか?」 「30年後にあなたの会社は、まだありますか?」 そんなこと誰にもわかりませんww…でも、そこを理解することが大事です。 「どうなるかわからないけど、住宅ローンを組んで家を建ててる」
0
カバー画像

いい家を建てるために最初にやるべきこと!…建てた後に後悔したくない人へ

「どんな家に住みたいのか、自分で良く分からないんだよねー…」 先日、友人と仕事の話をしていて「住宅」の話になった時に、こんなことを言ってました。 たしかに、何かしら住むところがあれば、生きていけます。 インターネットでもお洒落なインテリア家具や雑貨なんていくらでも選べます。 それでコーディネートしてしまえば、壁の中がお金かかってる家かどうかなんて分からない…。 「家」に関しても、ハウスメーカー、工務店、個人でやってるとこまで、自分のライフスタイルや予算に合わせてたくさん選択肢があります。 でも、自分のライフスタイルや趣味に合わせて、自分の人生を豊かにできるのが「家」なんです。 いい家は「とりあえず買う」んじゃなくて、「選んで買う」んです。それでは自分で良く分からない、自分にとって「いい家」を探すにはどうしたらいいんでしょうか? 理想の家を考えるんじゃなくて、理想の生活を考える結論、家を選ぼうとするから、どんな家がいいか分からなくなるんです。 たまに入ってくる住宅会社のチラシ見て、自分にとっていい家かどうかなんて分からないですよね? そうしたらどうするか。 家を選ぼうとするんじゃなくて、どういう生活がしたいかイメージする… それからそれにマッチする家を選べばいいわけです。 私がハウスメーカーの営業をしていた時、お客様からよくこんな質問をされました。 「自分たちの予算で、どれくらいの家が建つんでしょうか?…」 「予算が厳しいので、こんな部屋をつくるのは難しいですよね?…」 せっかく楽しい家づくりなのに、皆さん我慢から入っちゃうんですよね… そりゃそうですよね、大きな買い物ですし心
0
カバー画像

ハウスメーカーの営業だった僕がおすすめする!

…いいお客様になるということいいお客様になる…これ、どういうことかというと営業マンに好かれるお客様になるということです。 「家を建てるなら、住宅のプロに任せたい!」 「プロ」と聞くと、営業や設計や、ハウスメーカー側だけの話に聞こえますが、実はお客様側も同じなんです。 例えば、飲食店なんかでもたまにありませんか? 「あー、いいよ!それ、サービスで!」 「これ、食べてみる!?」 定期的に顔を出す飲食店で、段々と仲良くなってきて、たまにサービスをしてくれるとか… 料理やお酒を出してくれたり。 さらには、 「アパート探してる子がいるんだけど探してもらえる?」 なんて言ってくれて、仕事の情報まで教えてくれたり。 こういう経験、横の繋がりが増えれば増えるほど、人間関係や毎日の生活が豊かになりますよね。それでは、いいお客様になるには、特別な何かをしなければいけないんでしょうか? きちんと挨拶するとか、忙しくなさそうなら自分から軽く話しかけてみるとか、愛嬌よく笑顔を見せるとか、ゴミをちゃんと捨てるとか、きちんと敬語や丁寧語を使うとか、せいぜいその程度なんじゃないでしょうか? 相手も人間なんで、されたら「嬉しいこと」と「嫌なこと」があります。 営業側だから、お客側だから、業者間でこっちが依頼してる側だから…ではなく。 相手の立場や状況がどうあれ、最低限の礼儀や「嬉しいこと」されたら嫌な気はしないです。 僕が営業マンだった頃、ものすごく聞き上手で、気が利いて優しいお客様がいました。 契約していただく前なのに、思わず僕の仕事の悩みを相談して聞いてもらったことがありました。 逆にお客様と仲良くなって、
0
カバー画像

幸せな家づくりのために・・・【第4章】

前回は、コストとデザインについて触れましたが、今回はもう少し掘り下げて優先順位(決め方、選び方)についてお伝えしたいと思います。 その前に、少し私がこの仕事を始めたきっかけについて書いておこうと思います。『住宅設備建材プランナー』という仕事は、私が勝手に命名したものなので、世の中ではまだ私一人しかいません(笑)なぜ、誰もやっていないことを仕事にしたいと思ったのかと言いますと、私のサラリーマン人生(24年)にそのきっかけがあります・・・。営業としてたくさんの工務店様、販売店様、エンドユーザー様と接する機会があった中で、現場で、よく言われた言葉・・・「こんなはずじゃなかった・・・」「最初に説明してほしかった・・・」「交換してほしい・・・」クレームや修理など、パターンは様々ですが共通していることは後悔している・・・ということ。メーカーの営業として、いい商品を提供したいという気持ちは常に持っていましたが、ユーザー様の予算や建設会社の都合で、「えっ、それ選ぶの?それでいいの?」と思うことも何度もあり、モヤモヤとした気持ちになったこともありました。上の画像にもあるように、後悔しない(失敗しない)ためには①とことんこだわる(最後まで自分で責任を持つ)②本質を見極める(その選択が自分に合っているか)この2つを意識すれば、後悔することはない?(少ない)でしょう♫具体的な例をいくつか・・・※吹き抜けが絶対にほしい⇒冬、暖房がまったく効かず光熱費が大変なことに・・・⇒でも、開放感のあるリビングを手に入れることはできたので後悔はしていない。※キッチンは対面にしたい⇒実際は物があふれてしまい、友達とか呼
0
カバー画像

幸せな家づくりのために・・・【第2章】

前回、住宅会社を選ぶ基準が5つあるとお伝えしましたが、少し詳しく私の考えを書いてみます。①人・・・まずは、人ですよね。。。営業マン、設計、現場監督、職人、などが自分と性格が合わなかったり、話しづらい、コミュニケーションがとれなければ家づくりはうまく進みません。その人と一緒に家づくりを進めたいと思えるかどうかをしっかりと見極めましょう。②品質・・・その会社の品質を確認しましょう。見積りや図面などの業務品質だけでなく、施工品質(モデルハウスや着工中の現場など)も確認するべきです。雑だなあとか汚いなあと思うところがいくつもあるようでは、あなたの理想とする家づくりを任せられる会社ではないかもしれません。③対応力・・・これは、住宅展示場でよく言われる方が多いです。問い合わせや要望に対してスピーディ・正確に回答してほしいものです。簡単な問い合わせや要望に対して時間がかかるようでしたら、その先が思いやられますよね。。。建売(分譲)では、細かい要望を聞いてもらうのは難しいかもしれませんが、一から建てる注文住宅においては、どこまで要望を聞いてくれる会社なのかという判断は重要になってきます。  ④性能・・・性能は価格とのバランスの話になるので難しいですが、断熱性能だけは、他の予算を削ってでも高くしておくことをおススメします。2030年には新築の平均でZEH(ゼロエネルギー住宅)を実現し、2050年にはカーボンニュートラル(温室効果ガスを実質ゼロに)という国の方向性がはっきりと出ています。今から10年後、20年後、30年後を考えると断熱性能だけはしっかりと考える必要があります。その基準、目安としてU
0
カバー画像

幸せな家づくりのために・・・【第1章】

 初めまして。住宅設備建材プランナーです♫ 住宅設備建材プランナーって何?と思われる方もいると思いますが、これから新築・リフォームを予定している方に住宅設備建材(バスルーム・キッチン・洗面・トイレ・窓・インテリア建材など)を最適な選択をしてもらいたいという願いを込めた私の仕事になります。 家を建てた後に、後悔や失敗を口にする人が多いのは、最初の入り口や進め方にどこか問題があるのかもしれません。住宅系のコンサルティングやコーディネーターは世の中にたくさんいますし、設計士やコーディネーターがいろいろとアドバイスしてくれれば、失敗はしないように思えますが・・・。 私は、ハウスメーカーでもなく工務店でもなく設計事務所でもない、中立的な立場で、お客様に本当に合った家づくりをしてほしいと願ってます。 住宅展示場でのお仕事もさせてもらっておりますが、住宅会社を選ぶ基準は①人②品質③対応力④性能⑤アフターサービスの5つだと思っております。もちろん価格は別途大切なことですが、価格を最優先してしまうとこの5つの基準が平等に判断できなくなってしまうのであえて抜いて考えてほしいと思います。詳しくは次回・・・・。ちょっと初回だから緊張して固くなりすぎてしまったので、次回からは砕けた感じでいきますね♪
0
カバー画像

国交省様へ、災害に遭いにくい街づくり家づくりを

 国交省様、本来各省庁は市民・国民の為に働くべきなので、退職後の行き先上 企業優先や政治家に振り回されず、スポンサーは国民と言う事を忘れずに仕事をして下さい。 ヒートアイランド現象とそれに伴う豪雨浸水は、都会などの超高層ビル・コンクリで埋め尽くすことでが高温になると共に雨水も吸収しにくく、それが影響していることは周知の事実。 高層ビルは火災になった時に救助しにくいと思う。 10階建てでは鳥が住み着くので、はしご車が届く範囲を最高階とし、それ以上高くさせないように例えば、建て直や解体費用を先に供託金として出させる。 緑地は敷地内だけではなくその建物のコンクリに火山灰、窓を減らし遮熱、屋上だけではなく壁面に苔や草木の生える火山岩、壁面緑地・風通り、浸水や災害時の水・発電などの対応義務化。平常時でもソーラーやビル風利用の小型風力などの発電設置義務化。 階が上がるごとに 増税というのは聞いたことがあるが、高層ビルを建て易くするのではなく逆に建て難くして、SDGsからみても少しでも高層化のヒートアイランド現象化を防ぐべきでは。 土石流・土砂崩れ・浸水・水没するような場所は「ハザードマップを見て注意してください」よりは住まないように注意・警告、増税と住みにくくするようにした方が良いのでは。 家を建てる際やリフォームで、1階~2階は貴重な物を置いたり寝室・居住にしないよう指導、今の家を直す場合でも2階3階に居住・寝室にして、1階は防水の柱を増やしてなるべく水に浸かっても大丈夫な物を置くように使う指導。 街開発も昔ながらの高層ビル群を夢見るのではなく、極力水没しない街づくり、盛土の崖より浸水す
0
カバー画像

住宅設計を始めたきっかけ

今回は第1回目ということで、私が家というものに興味を持ち、今なぜ住宅設計をしているかについて書いていこうと思います。  【目次】 展示場との出会い ゼミでの活動 ある言葉との出会い まず、きっかけは私が保育園に通っていた頃です。 昔、私の家族はほとんどお金がなく貧乏な暮らしを送っていました。 住んでいた家はワンルームのマンション、お風呂にシャワーはなく、トイレは和式でベランダに、脱衣室もないような処に住んでいました。 その頃、遊びに連れて行ってもらってた場所は住宅展示場でした。  展示場の方は家を購入する気もない私たち家族に笑顔で接して頂き、お菓子や風船などたくさんの物を頂いたのを今でも覚えています。 その時いつかこんな大きな家を、自分の力で作りたいと思うようになりました。 そのことをずっと念頭に置きながら、高校は私立の理系で学び、大学は建築の専攻に入学しました。 しかし、大学で建築業界の大変さをとても痛感しました。 建築学科は課題が多く、徹夜することも週に何度もありました。 そして、建築業界で働いてる方に話を聞いた際も、「建築業界は大変でお金もそんなにもらえないからよく考えて進路は選んだ方が良い」と言われたくらいです。 そんなこともあり、就職活動を行う時期である3回生の頃は就職活動をせず、自分のやりたいことを見つけるために大学院へ進学しました。 大学院では、実際の大手企業とゼミで1つの家を作り上げるプロジェクトに携わらせて頂きました。 その際に家づくりの楽しさを再認識しました。 また、その時に読んでいた本も、私に大きな影響を与えてくれました。その本では、ある家族のマイホームを
0
カバー画像

土地探しの際に気をつけたいことを建築士の視点でお伝えします

【土地を探しているときに気をつけたいことを建築士の視点でお伝えします】土地探しをする際に気をつけたいことについてお伝えします。ネット情報にはいろいろな土地探しの視点が書かれておりますのでここでは建築士の視点でお伝えします。まず、土地探しの際の媒体としては・新聞折込チラシなど紙媒体・インターネットで検索・不動産会社に依頼などがあると思いますが、その中で不動産会社についてお伝えします。不動産屋さんには種類があり、それぞれメリットがあります。・大手不動産会社:多くの物件情報を持っています・地元の不動産屋さん:地元の地主さんとのつながりも深く、独自の情報を持っていることもあります。大手不動産会社は知名度もあり、相談もしやすいと思いますが、地元の不動産屋さんは構えも古い場合もあり、なかなか入りにくいこともあると思います。そこで参考にしていただきたいのは、免許番号の数字です。〇〇県知事(〇)〇〇〇〇号とある中の( )の数字に着目してください。この数字は5年ごとに更新した数を示していますが、この数が大きいほど、古くから地元に根付いて不動産業を営んでいることを現しています。つまり(1)よりも(5)のほうが、永くその土地で不動産業を営んでいることがわかります。長く営むということは、一概には言えませんが地域のみなさまの信頼を得ている可能性が高いと言えるかもしれません。もう一つ、お伝えしたい件は、不動産を取り扱う方の多くは建築のことはあまり詳しく知りません。あくまで私のいままでの経験上ですし、全員が全員、建築に詳しくないとは言いませんが、多くの不動産屋さんは建築のことはあまり詳しくないことが多いです
0
カバー画像

家づくりで大切なこと

家づくりで大切なこと家を購入するにしましても、家を建てる際に大手ハウスメーカーや工務店、建築家に相談するにしましても、大切なことは、建築士の私からひと言だけ、伝えさせてください。価値観が同じ、または近いところと進めてください。色やカタチのデザイン(間取りや風合いなども含めて)、価格にしましても、自然素材や空気の大切さにしましても、価値観が同じ、または、近しい人私のところに相談に来られるお客様は、化学物質や電磁波に興味のある方が多いですが、あまりそれらのことに興味はなくても、私の空間の風合いが好みですとか、居心地に興味を持たれてお仕事をご一緒させていただくこともあります。大切にしている芯のようなものが、同じ方向を向いているということはとても大切なことと思います。これは表面だけのことではなく、2時間も話をさせていただきますとおおよそ方向性は判断できると思います。家づくりは一生にそう何度もあることではありません。まずはお互いの話し合いの中で、お互いの価値観の方向性を確認し合う。あえて相談しなくても見学会に参加した際に、話をしてみる程度でも良いと思います。価値観が違っていたら、ごめんなさいでよいのではないでしょうか?もう一つはご自身の感覚を大切にされてください。あれ?違うかな?と思ったら、この空間、なにか違和感があるな、という感覚を大切にされてください。そしてそのことを担当者にきちんとお伝えください。違和感に対してきちんと回答があり、それを心から納得できるかどうか、そのあたりの感覚もとても大切です。ぜひご自身の価値観、感覚を大切にされてください。
0
カバー画像

家を建てたい!まず、どうしたらいい?

そろそろ家を建てたいな、家を購入しようかな?と思ったときに、まずなにからはじめたらよいかわからないという質問をいただくことがあります。そもそも家を建てよう、家を購入しようと思うきっかけは様々ですが、みなさんはどのようなきっかけでしょう?・子どもが大きくなってきて、手狭になってきたから・親と同居を考えなくてはなどでしょうか?まず、お家を建てよう、購入しようと思ったときに思いつくのは、■購入するなら、ご近所の、または購入したい地域の建売の分譲販売を見に行く、カタログなどを取り寄せる■家を建てるなら、土地探しで不動産屋さんを訪れたることからはじめる■建替えや親の土地に家を建てるなど、既に土地がある場合は ハウスメーカーがよいか、工務店がよいか、設計事務所に依頼するか、 まずは展示場に行ったり、資料請求してみたりといった感じではないでしょうか?今回は、その中でも●ハウスメーカー●工務店●設計事務所の話をお伝えします。【ハウスメーカーのメリット】は何と言っても●独自のブランド力と安心感ではないでしょうか?・独自のブランド力といえば、全国どこでも同じ仕様、規格統一、 一定の品質、サービスなどもマニュアル化されていますので全国 どこでも同じサービスが受けられます。・全国展開していますので全国どこでもそれらのサービスが受けら れます。また住宅展示場などもありますので、気軽に実物に近い 物件をみて、体感して購入することができます。・安定した経営基盤によりアフターフォローも充実していることも 大きなメリットでしょう。・また住宅に使われる材料(建材といいます)や設備機器など、規 格を統一し大量生産、
0
カバー画像

食べ物も外国産よりも国産がいいよね?

早くて安くてうまい!〇〇の牛丼今日、お客さまとのお話の中で、「牛丼の〇〇の生姜とたまねぎは外国産なんだよね、これが国産だったらいいのにね」という話をいただきました。食べ物に関してはみなさん、漠然と感じていることですね「外国産よりも国産がいいよね」「国産でも農薬とか使っていない新鮮な地場野菜がいいよね」なぜ国産の方がよいのでしょう?なぜ農薬とか使っていない新鮮な地場野菜がいいのでしょう?お家も一緒なんです。お家に使われている木も外国産材や外国でつくられた建材が多く使われています。また食べ物の農薬と同じように、お家の中にも農薬が使われています。また食べ物の添加物と同じように化学物質が使われています。食べ物ならば、みなさん、そうだよね?と思うこと。お家も食べ物と同じなんです。食べ物は胃と腸で吸収されますが、お家の場合は空気として肺からカラダに影響を及ぼします。お家も国産がいいよね?お家も農薬などが使われていない自然な家がいいよね?食べ物と同じようにお家についても同じように考えてみませんか?
0
カバー画像

なぜか落ち着く、なぜか居心地がいいお家

私が設計したお家の見学会に参加いただいたご家族からいただいたお言葉です。そのお父さんは見学会の最中にいきなり涙を流されました。私は驚いて「お父さん、どうされましたか?」と尋ねた際にいただいたお言葉です。「実はうちの息子は自閉症なんです。いままで公園や遊園地などに連れて行っても笑顔で走り回ることはありませんでした。 でも一度だけ、山登りに連れて行ったときに、今日みたいに元気に走り回っていたんです。ひろさんの家は、きっと山に登った時と同じように気持ちの良い家なんですね」私はとてもうれしく思いました。なぜなら、私の目指しているお家は「子どもたちが笑顔になる家」だからです。また、私が設計したあるご家族は笑顔でこんなことを言っていました「友だちがなかなか帰ってくれないのよね?」うれしいような、ちょっと迷惑なような心持だったのでしょう。笑顔と苦笑いともとれる笑顔で、私の設計したお家のことをそのように評してくれました。たぶん、このように感じてくれていることには理由があります。それは家に使われている化学物質に極力配慮した「おいしい空気」だからかもしれません。
0
カバー画像

家の断熱

家を建てるにあたり、家の性能というのはかなり重要です。 工務店を選ぶ際は特に2つの項目を重要視します。 それは「構造」と「断熱」の2項目です。 今回は、この断熱についてです。 断熱性能はQ値とC値という数値で、比較することができます。 簡単にこの2つを説明すると、 Q値は家の断熱性能を数値に表したもので、 値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。 次にC値とは、家の気密性能を表す数値となります。 こちらも数値の小さいほうが、気密性能が高くなります。 Q値は次世代省エネ基準として2.7以下の数値にするように 規定されていますが、次世代省エネルギー基準といっても 何年も前に決められた数値なので、次世代省エネ基準は クリアして当たり前になってきます。 「うちは次世代省エネ基準をクリアしています」という工務店は、 別にすごい基準を超えている訳ではなく、最低限クリアしないと いけない当たり前の基準を超えているという認識を持ってもらえば 大丈夫です。 Q値は関東から西の温暖な地域であれば、 2.0以下が一つの基準となってきます。 それよりも寒い地域であれば、もっと低い数値にする必要があります。 ただ、Q値というのは極端な話、窓を無くしていけば 数値が良くなっていきますし、小さい家ほど数値が悪くなるという 欠点もあります。 そのため、これからは「外皮計算」と呼ばれるものや 「一次エネルギー消費量」という数値に置き換えられるようになって おり、性能にこだわった工務店はすでにQ値でなく外皮計算の数値を 出すこともあるので注意が必要です。
0
カバー画像

敷地調査についての解説をします

敷地調査は、家を建てるとき、忘れてはならない重要な事前準備となります。 実は、適正な見積もりを出してもらうことや最適な間取りなどを計画するには、大変重要となるのです。 敷地調査は、法的に必ず行わなければならないものではありません。 しかし、調査を行うことで色々と分かる事が多くあります。 家を建てる前に敷地調査をしっかり実施しておかないと、想定外の費用が発生する事もあるのです。 また、希望通りの住まいが建てられなくなる場合もあります。 敷地調査とは、何をするのでしょうか? 敷地調査では、敷地の面積や形状、方位、高低差、道路の状況、隣接家屋の状況、街並、法規制などを調査します。 この調査は、家を建てる予定敷地の現況調査となり、家を建てる方がその敷地を把握するために行うことを目的とする調査です。 したがって、仮の調査となりますので、現況の敷地調査で測量した敷地図を不動産の登記や売買目的には使用することは出来ません。 では、具体的に敷地調査はどのようなことをするのか説明していきます。 1)敷地の形状や周辺の現況調査 ①間口や奥行きの寸法を現況測量します。 ■現況測量の為、登記された敷地面積と異なる場合があります。 例えば、その敷地に接道する道路が4mに満たない場合は、後退が必要となります。 その場合、後退した敷地面積を測量します。 当然、登記しているその敷地面積と異なる場合がでてきます。 ■境界杭の確認を行ないます。 境界杭が無い場合や、境界が不明確
0
カバー画像

ウォークスルー クローゼットのすすめ

家づくりで、間取りを考える時に、 頭を悩ませる収納についてです。 収納の大きさや位置をどうするか、 どこに何を収納するのか 色々と悩んで決められない。 結局、間取りのスペースに、はめ込んで となります。 そんなとき、行き止まりのウォークインクローゼットではなく、 ウォークスルークローゼットも考えてみてはいかがでしょうか? 場所的には、玄関とリビングをつなぐ空間に作ると、 パントリーになり、 買い物して帰った時に、その空間に、食材なんかも整理出来ます。 リビングとランドリー室との間に設置すると、洗濯した後の衣類を そのまま整理することもでき、その空間をDENとして ユーティリティスペースとすれば家事をする空間にもなります。 おすすめは、夫婦の寝室と子供部屋の間に、 ウォークスルークローゼットを設けることで、 家族の服を整理する共有スペースが生まれます。 向こうに抜けられるウォーク〈スルー〉クローゼットは 〈回遊型〉の家づくりにも大活躍するアイディアです。 ウォークインークローゼットのような、 行き止まりがないことで、 生活にストレスがなくなり、 人はもちろん空気の通りもよくなり快適になります。 また、スルータイプは常に目に触れるおかげで 『とりあえずしまっておこう』が減り、 モノが増えづらいのもうれしいポイントではないでしょうか。 そうすることで、家族みんなが、片づけ上手になれます。 但し、毎日の動きやコミュニケーションを左右するので、 寝室と子ども部屋、寝室と書斎など、 どの部屋と部屋を結ぶかはとても重要となります。
0
カバー画像

間取りのプランニングの仕方

家づくりを始める時に、まず間取りをどうしようかとなります。 そんなときは、どんな家に住みたいかをイメージして、プランを考えることから始めます。 実際に間取りを作成してもらうのに、イメージを作成者が理解しやすくなるのです。 今回は、手順を説明します。 手順① 希望を共有する 家族の希望を、箇条書きにメモしていきます。 家族ぞれぞれの希望があるはずです。 それを整理する必要があり、家族の希望を共有することが出来るのです。 重要なのは、それを希望する理由や目的も書き添えることです。 この理由や目的により間取りに大きく影響することもあるからです。 手順② イメージを具体的に 言葉だけでは、人によって連想するイメージが違ってきます。 写真があればイメージを共有しやすくなります。 方法としては、スクラップブックに、カタログや雑誌、ネットなどからの 写真を貼りつけておくと、視覚的に分かりやすくなります。 手順③ 動線を考える 手順①と手順②を、間取りの制作者に伝えると、間取りが作成されます。 手順③としては、実際に、生活動線をイメージします。 平面図だけでは、分かりにくいので、実際に間取りに、生活動線をイメージして 書き込んでいきます。 できれば、その次に来客された方の動線も考えておくと、実際に生活した時の イメージが出来やすくなります。 手順④ 見え方を考える 次に、見え方を考えていきましょう。 例えば、キッチンにいる時のリビングや居室の見え方や、来訪された方が玄関ドアから 家の中の見え方、外から、室内の見え方、その逆で室内から外の見え方など いろいろな場所からの目
0
カバー画像

家づくり 間取りをどうしたらいいか お悩みの方に

家づくりを始める時に、まず間取りをどうしようかとなります。 そんなときは、どんな家に住みたいかをイメージして、プランを考えることから始めます。 実際に間取りを作成してもらうのに、イメージを作成者が理解しやすくなるのです。 今回は、手順を説明します。 手順① 希望を共有する  家族の希望を、箇条書きにメモしていきます。  家族ぞれぞれの希望があるはずです。  それを整理する必要があり、家族の希望を共有することが出来るのです。  重要なのは、それを希望する理由や目的も書き添えることです。  この理由や目的により間取りに大きく影響することもあるからです。 手順② イメージを具体的に  言葉だけでは、人によって連想するイメージが違ってきます。  写真があればイメージを共有しやすくなります。  方法としては、スクラップブックに、カタログや雑誌、ネットなどからの  写真を貼りつけておくと、視覚的に分かりやすくなります。 手順③ 動線を考える  手順①と手順②を、間取りの制作者に伝えると、間取りが作成されます。  手順③としては、実際に、生活動線をイメージします。  平面図だけでは、分かりにくいので、実際に間取りに、生活動線をイメージして  書き込んでいきます。    できれば、その次に来客された方の動線も考えておくと、実際に生活した時の  イメージが出来やすくなります。  手順④ 見え方を考える  次に、見え方を考えていきましょう。  例えば、キッチンにいる時のリビングや居室の見え方や、来訪された方が玄関ドアから  家の中の見え方、外から、室内の見え方、その逆で室内か
0
カバー画像

ウォークスルー クローゼット

家づくりで、間取りを考える時に、 頭を悩ませる収納についてです。 収納の大きさや位置をどうするか、 どこに何を収納するのか 色々と悩んで決められない。 結局、間取りのスペースに、はめ込んで となります。 そんなとき、行き止まりのウォークインクローゼットではなく、 ウォークスルークローゼットも考えてみてはいかがでしょうか? 場所的には、玄関とリビングをつなぐ空間に作ると、 パントリーになり、 買い物して帰った時に、その空間に、食材なんかも整理出来ます。 リビングとランドリー室との間に設置すると、洗濯した後の衣類を そのまま整理することもでき、その空間をDENとして ユーティリティスペースとすれば家事をする空間にもなります。 おすすめは、夫婦の寝室と子供部屋の間に、 ウォークスルークローゼットを設けることで、 家族の服を整理する共有スペースが生まれます。 向こうに抜けられるウォーク〈スルー〉クローゼットは 〈回遊型〉の家づくりにも大活躍するアイディアです。 ウォークインークローゼットのような、 行き止まりがないことで、 生活にストレスがなくなり、 人はもちろん空気の通りもよくなり快適になります。 また、スルータイプは常に目に触れるおかげで 『とりあえずしまっておこう』が減り、 モノが増えづらいのもうれしいポイントではないでしょうか。 そうすることで、家族みんなが、片づけ上手になれます。 但し、毎日の動きやコミュニケーションを左右するので、 寝室と子ども部屋、寝室と書斎など、 どの部屋と部屋を結ぶかはとても重要となります。
0
カバー画像

リフォーム業者の選び方と工事費について

リフォーム業界は、小規模な事業のリフォーム業者には 免許が不要ですので、 実は、誰でも参入が可能な業界なんです。  そして、リフォームは、明確な定価というものがありません。 提供されるものが『工事』という形のないものなので、 相場よりも高く費用をとる業者も少なくありません。 それを防ぐために、複数のリフォーム会社から 見積もりを出してもらいましょう。 但し、職人の力量で、日当(人件費)が違います。 少し高くても腕の立つ職人さんを多く抱えてる会社は、 後々の施工トラブルも少ないのも事実です。 そして、リフォーム会社によっても得意とする工事が違います。 水廻りの工事や壁紙など、一部の施工に特化している会社、 デザイン性を売りにしている会社など、 それぞれの特色に合わせて依頼することも需要となります。 そこで、複数の会社から見積もりをもらう際は、 希望の条件や内容の基準を設けることが重要です。 そうすることで、比較しやすくなります。 業者の中には、まだまだ、“工事一式”のどんぶり勘定で 見積もりを出すところが多く、 そういう見積もりではなく、詳細を明記してほしいと 事前に伝えておくことも後々の行き違いを防ぐことが出来ます。  さらに、工事の後のアフターがしっかりしているかも 判断材料にしてくださいね。 最後に、お客様の方で、過剰な値引きをされる方がおられますが、 それは、間違いです。 リフォーム会社の利益まで削ってしまうと、 手抜き工事につながりかねません。 例えば、クロスですが、 ホルムアルデヒドという有害物質を含む 基準値ギリギ
0
カバー画像

住宅建築コーディネーターとは

中立な住まい相談員”と言われる「住宅建築コーディネーター」は、厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会より、認定を受けた資格です。 家づくり(住宅建築)は、実に様々な分野が絡み合い、何も知らないお客様にとって住まいを取得するまでのプロセスは、非常に複雑かつ不透明です。そのため、多くの人は工務店やハウスメーカーの担当者に「お任せ」で、手に入れやすい取得方法を選択することとなり、目で見てわかるような客観的価値(設備の機能や構造の性能)だけで、その住まいを購入するか?どうかの判断基準になっているのが現状です。 車や洋服とは異なり、一生をかけて支払っていくような高価な買い物である家づくりにも関わらず、内容をよくわからないまま安易に購入するのは非常にもったいないことです。その人にとって、本当に良い住まいを取得するためには、その人が住まいに何を求め、その要望を叶えるためにはどんな家づくりの方法が良いかを、お客様自身が判断できるようにする必要があります。そこで生まれたのが、“中立な住まい相談員”の「住宅建築コーディネーター」です。
0
カバー画像

マイホーム検討 工務店 VS ハウスメーカー

皆様こんにちはー!本日も早速本題に入っていきたいと思います。ここで1つ質問です。「注文住宅って何から始めたら良いかわからない」そんな事を思いながら、時間だけが過ぎていませんか?そんなあなたに、今回の記事をご覧なりましたら1つの指針ができる事を私は嬉しく思います。結論から言いますと、お客様の価値観次第です!笑これで終えてしまうと、身もふたもない話になりますので、もう少し深ぼっていきます。工務店とハウスメーカーの違いは、大きく3つと考えています。①充実した保証②ブランド力③倒産リスク①充実した保証私自身、この差が一番お客様にとっての違いであり値段の差と考えています。工務店が保証が全くないかと言えば、そんな事はありません。ただ、ほとんどが品確法に定められた最低期間10年を何とか守っている感覚です。対して、メーカーはどうか?これも各社の商品規格にバラツキがありますが長いとこで30年保証もございます。※30年保証にするには、条件が多い場合もありますので確認必要です。完成したばかりの家は、工務店もメーカーも変わらずキレイであるにも関わらず年が経つにつれての劣化の速度が段違いです。人間の肌と同じですね…。色々話しましたが、重要な点は以下です。保証されているには、それだけ壊れないという自信があるということです。工務店で建てた場合、後にかかる費用をメーカーの場合は先払いしている感覚が分かりやすいと思います。(※その技が使えるのも低金利である今だからこそです。5−60代以降の方からすると出にくい発想です。)ここで次の要因②ブランド力にどこまで重点置くかが大事になります。②ブランド力上記の話を仮に鵜
0
カバー画像

若い人でも家賃並みで家が建てられるというCMをみて

若い人でも家賃並みで家が建てられる、というCMをみました。若い人たちがそのCMをみて、魅力的に感じることは確かでしょう。若い人たちの心をぐっとつかむ、うまいCMだなーと、正直思います。しかし建築士の私からひと言だけ言わせてもらえれば、【その家でなくてもほとんどの家が建てられるのではないかな?】【家賃っていくら払ってるのかな?】ということです。そこで、みなさんが支払っている金額はおいくらくらいでしょう?まず、現在の日本の年収の中央値(平均ではありません)は370万円といわれています。世帯所得の中央値は437万円(2018年)です。もちろん、これよりも個人の年収、世帯所得が多い方、少ない方、いると思います。家賃はどうでしょう?凡そ、世帯所得、個人の年収どちらかの20%以内には抑えたいと考える人が多いそうです。そう考えますと370万円÷12か月×0.2=6.17万円/月437万円÷12か月×0.2=7.28万円/月 程度でしょうか?一方、1都3県の3LDKの家賃相場は17.5万円と言われています。築年数の古い物件や2LDKですと12万円程度と言われています。もちろん郊外へ行けば、もう少し低廉な賃貸物件もあろうかと思います。ここで実際の所得や収入と家賃との間に開きがあること、はまず一目瞭然ですね。もちろん世帯所得が437万円よりも多ければ、この開きは小さくなります。ここで、ローンシミュレーションというサイトをみてみましょう。世帯所得7.28万円で、いくら借りられるでしょう??現在の金利は銀行によって違いはありますが、仮に1.55%として計算しますと2358万円の借り入れが可能と出てきま
0
カバー画像

住まいづくりの知恵袋(ご挨拶)

心機一転ブログを始めることにしました(^^♪ 昨年6月いっぱいでサラリーマンを卒業し、早一年が経過しようとしています。 この1年、これまでやりたくても時間の制限等でできなかったことを思いっきり楽しませていただきました。 直近の3か月ほどは、世界的な感染症の影響で出歩くことができなかったので、深く自分を見つめる時間を持つことができました。 そろそろのんびりするのも退屈してきたので、何か新しいことを始めようと思ったとき、これまでの人生で最も多く時間を使ってきた、住宅関係のお仕事で得た経験やノウハウが、世の中の方々のお役に立つのではないかと思い、今はやりのオンラインで情報発信していこうと思いましてブログを開始することにしました。 これまで約30年間、住まい関連の仕事に、様々な業種業態で携わってきて思うのが、お客様の立場に立った時に情報が少なすぎるということ。 情報を取ろうと思った時に、客観的に自分たち家族に合った情報を選択したいと思っても、その手段がどこにもないので、お客様の立場からの家づくりってむつかしいだろうなあって思ってきました。 事業者から見ると、そこが付け入るチャンスなんですが。。。(笑) まあ、これまでの罪滅ぼしではないですが、皆さんが知りたい家づくりのノウハウや、業界の裏事情などどんどん書いていきたいと思いますので乞うご期待!!
0
カバー画像

ココナラブログサービスがスタートしましたね。

ココナラを始めて1年半が過ぎました。建築士として実際にお客様と家づくりをしながら学んだこと・スキルを誰かのために役立てたい、と思ったところが始まりでした。もし自分が家づくりをするなら?「そもそも何からしたらいいかわからない」「家って身近だけど家づくりは身近じゃない」「なんかよくわからない世界」こんな考えが浮かぶと思います。でも、誰かの意見を聞くことで、見えてくる事。知識があるだけで、家族にとって納得できる選択ができる事。は、たくさんあります。自分自身が何を望んでいるのかがはっきりしてくる事もあります。そんなところに役立つように、ココナラでサービスを出品しています。サービスは随時増えたり減ったり変わったりしていきますが、気になるなぁ、と思ったところは「お気に入り」登録しておくと、後で見返せるので、是非登録してみてくださいね。
0
カバー画像

カーポートの裏技

0
カバー画像

サッシの断熱性

家の中で、窓際が寒いと感じた事はないでしょうか。昔の住宅ではガラスがシングルのガラスとなってる為、窓自体に断熱性能がありません。現在では、窓の多くが複層ガラスとなり、ガラスとガラスの間に空気層を設ける事で、断熱性を向上させた製品が多いです。結局のところ、内外の温度差が生じてしまう場合に、結露が多く発生しする為、窓際が寒いのは嫌だという方は、家づくりや賃貸を借りたりする際は、ガラスが複層になっているかの確認をするのも一つの手段かもしれません。
0
カバー画像

お話ししてくださる方大募集

今日は私の得意分野をお伝えします♪〇スイーツ(食べる&作る♡)〇料理(食べる&作る♡)〇旅行(韓国大好きです)〇恋愛・結婚〇家づくり(現在すべり台のあるお家計画中)〇妊活(2年間不妊外来に通っていた経験あり)〇子育て(現在生後2か月の娘がいます)〇家族(義実家で暮らしてます)〇名探偵コナン(映画はまだ身に行けてない><) です!少しでも興味ある項目あれば一緒にお話ししませんか?お待ちしています^^
0
カバー画像

ここまでわかった!木の家のよ