絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

121 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

人を動かす文章添削サービス|実績・リピーター多数

シンプル・イズ・ベスト。 簡潔にまとまった文章が成功につながります。 読みやすく、やさしい文章が金です。 ChatGPTなど、AI(人工知能)を利用した文章作成支援ツールも登場していますが、文章作成においては、まだまだAIでは越えられない壁が存在します。 文章には、それぞれの筆者が持つ個性が表れますが、AIは書き手の思いを汲み取って文章作成をすることはできません。 「人を動かす文章添削サービス」は、例えば、こんなあなたにオススメ ・文章の誤字脱字がないかをチェックしてほしい。 ・文章の表現をチェックしてほしい ・文のつなぎ方をチェックしてほしい ・伝わりやすい文章にしてほしい ・読みやすい文章にしてほしい ・文字数を規定の文字数に合わせてほしい ・合格、成功へ向け、やれるだけのことはやっておきたい ・諦めたくない ・本番に向け自身を持って臨みたい ・もっと良い文章にしたいけど、どう修正すれば良いかわからない ※上記以外でもお気軽にお問い合わせください。 たった一つの文章で、あなたの人生は大きく変わります。 大学受験。 就職活動。 手紙。 … 人生において、誰しも一度は、どうしても合格したい学校や企業などと出会うことがあります。 あるいは、どうせ会社や役所に勤めるなら、昇進・昇格したい、と考える人もいるでしょう。 「あの人の心を動かすにはどうすればよいのか?」 と頭を悩ませることもあるでしょう。 志望動機書や小論文、エントリーシートなど、人生の大事な局面で必ずといっていいほど、文章を書く機会にぶち当たります。 文章で肝心なのは、どのようなことが書かれているかと、どう書かれているか
0
カバー画像

離職理由(短期離職)の説明方法

これは、私が3つ目の病院に転職する際に、採用面接で聞かれた質問です。正確には、「なぜ、4ヶ月で辞めたんですか?うちに来てもまたすぐに辞めるのではないですか?」「あれ?なんでこんな短期間で辞めちゃったの」予想外の質問ではありませんでした。4ヶ月という短期離職の後の転職だったので、当然です。内心「あー、やっぱりきた。気まずいな」と思いながらも覚悟を決めて答えました。その次の転職でも、短期離職した病院の退職理由を聞かれました。3箇所目、4箇所目の病院の面接で、私がこの質問にどう答えて、採用されたのかをお伝えします。私は、新卒で慢性期病院に就職しました。そこはとても温かい雰囲気がある病院で、看護師同士の人間関係が良好なのはもちろんのこと、看護師全員が患者さんに優しい病院でした。私は、そこに就職できてとても幸せでした。3年間勤務した後、急性期病院への転職を決意。最初の5年の経験が大切だと看護部長が教えてくださったからです。慢性期の看護を5年やるのもいいなと思ったのですが、幅広い患者さんに対応できるようになりたいという思いが強かった私は、やはり急性期の看護も経験しておきたかったのです。転職活動に遅れをとってしまい焦っていた私は、当初の目的を忘れてしまい研修カリキュラムや看護レベルの高さではなく、人間関係が良いという条件に気を取られて、十分な情報がないまま転職してしまいました。転職先は、入職前の印象通り、人間関係は最高でした。前職の人間関係も良かったのですが、それ以上に温厚な方々が多く、平和な空気が流れていました。医師も全く偉そうではなく、フラットな関係でした。それだけに辞める時は、非常に心
0 500円
カバー画像

願書の添削サービスを利用するメリット

願書の添削サービスを利用する最大のメリットは、願書作成において必要とされる複数の技術やルールを学び、適用することができる点にあります。願書では、限られた文字数の中で自分の考えや子供の特性、家族の教育理念を効果的に伝える必要があります。この過程では、特定の手法やルール、情報の整理と提示の順序が重要となりますが、これらを熟知していない方にとっては、その全てを盛り込んだ願書を作成することは困難です。添削サービスを通じて、願書に込められた想いや教育理念を的確に表現する方法をお伝えします。さらに、提供されるフィードバックは、自己の考えや子供の性格、資質を深く反映することに役立ちます。これは、単に願書を書く技術を向上させるだけでなく、自身の教育に対する価値観や、志望校の教育理念との合致度を再評価する貴重な機会となります。願書の添削を受けることで、教育理念の整理から具体的な表現方法まで、全てのステップで専門的なアドバイスを得ることができます。このプロセスは、願書作成に限らず、面接時の受け答えにおいても極めて有益です。相手に自分の主張を明確に伝えるためのテクニックを学び、それを個々の状況に合わせてカスタマイズすることで、受験生やそのご家族がより自信を持って面接に臨めるようになります。願書の添削サービスを利用することは、単に願書が良くなるだけでなく、家族全体で教育に対する理解を深め、志望校との相性を確認し、面接における自己表現力を高めるための総合的なサポートを受けることを意味します。
0
カバー画像

超スーパーセール大好評につき出品停止中(残り3名)

前回のブログでもお話していますが、『先着10名限定』の超スーパーセールを開催中です。あまりの破格の金額&超絶アフターサポートにより、おかげ様で大好評となっています。一気にご購入いただいており、アフターサポートである画像作成、文章添削、7日間無料コンサルの対応が少し遅れが出る状態となってきました。そこで、クオリティ低下や無駄な待機期間を防ぐため、一時的に出品停止とさせていただきました。ここまで一気に流れが来るのは想定以上でした!!現在のご購入者様の納品が終わり次第、一人ずつ枠を解放して受付を再開したいと思います。現在予約待ちを含めると、残り3名となっております。お待たせしてしまいますが、予約は可能ですのでお早目にご連絡ください。
0
カバー画像

ブロンズ達成!

ココナラを初めて約2ヶ月。おかげさまで今月はブロンズランクになりました(^-^)楽しくお仕事をさせていただいております。現在、承っているお仕事を完了すると来月は『ゴールドランク』になる予定です。数年前からフリーランスのデザイナーとして活動していましたが、ココナラでどれだけご依頼があるのか…?不安と期待でいっぱいでスタートしましたが、実際にお仕事をしてみるとクライアント様のマナーもよく、スムーズに実績を重ねることができました。今のところオール★5を頂いており、大変光栄に思っておりますm(__)m本業のダンサーという仕事柄か?普段は音楽や芸能関係のチラシを作ることが多いのですが、ココナラを通して様々な業種のデザインに携わることができました。そして予想外に?デザイン添削サービスにお問合せが多くありました。デザイン専門学校の講師をしていた私の経歴がお役に立っているようで嬉しく思います。デザインの基本的な理論や、目的に合わせたレイアウト、フォント、配色などをアドバイスしております。ここ数年は、Canvaなどスマホで簡単にデザインができるアプリがたくさん出ていますね!とりあえず作ったけれど…これでいいのか不安。という方が多いようです。講師、デザイナーの視点から、初心者の方でもレベルアップできる具体的なアドバイスをしています。文章だけでは伝わりにくいこともありますので、画像を使った具体的な修正提案をご提供しています。ご自身で修正されることを前提としたサービスなので、お手頃な価格設定にしています。なんとなく作ったけど、これでいいのかな?そんなお悩みにフォーカスしたサービスです。デザインはちょっ
0
カバー画像

お手紙・ファンレターの添削・作成サービス強化月間

こんにちは、3人の男の子のママの進撃のまみみと申します(*ノωノ)最近、有難いことに結婚式の友人代表スピーチの添削のお仕事や推しさんへのファンレターへのご相談などお手紙に関するお仕事が多いです。最近よく思うのですが人間って好きなものを見ると気持ちが高ぶって「萌え!」「尊い!」「好き!」「可愛い!」「かっこいい!」「すごい!」と語彙力が落ちていきますよね(笑)その勢いある気持ちを紐解いて美しい日本語にしていくのが私の仕事なのかなと思っております(n*´ω`*n)毎年贈っているお手紙も、一生に一度のお手紙も気持ちのこもったとても大切なお手紙ですよね♪あの人に伝えたい愛や感謝があるけどなかなか筆が進まない…。という方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください!大好きなあの人を喜ばせる素敵なお手紙を一緒に作りましょう♪
0
カバー画像

変わり続ける必要性?

「良く変われ」と言われますよね? 社会やお客様のニーズは変わり続ける、 最近変化の速度が速まっていますね。 売上を頂く企業は提供価値を変化させ続ける 必要性があります その変化を自組織に根付かせられるか? 経営者や管理職の🦾の見せどころ ダウンロードしてご自身の組織でお使いください😃
0
カバー画像

『人を動かす文章添削サービス』添削後のサンプル

文章添削のサンプルを記載するためにブログを作成しました。以下、ご覧ください。【添削のサンプル/添削例】 S N様 <添削前>---------------------------------- 自由な造形活動を通して子どもとママを笑顔に変えるアトリエ『カラフル』 子どもに大切な創造力と表現力、ママに大切な心のよりどころと子育ての学び、 アトリエでの自由な創作活動が子どもの考える力を育て、 インストラクターとのコミュニケーションがママの子育ての不安を安心と自信に変えていきます。 <添削後>---------------------------------- 自由な造形活動で、子どもとママを笑顔にするアトリエ『カラフル』 『カラフル』の自由な創作活動が、子どもの考える力や創造力を育くみます。 ママにとっても、子育てが学ぶことができ、心のよりどころとなるような空間を目指しています。 インストラクターとのコミュニケーションを通じて、子育ての不安を安心に変え、自信につなげていきます。━━━ T J様 <添削前>---------------------------------- 家事代行をご利用された経験のない方、またご利用するにあたって不安や抵抗がある方に、 まずは気軽に無料体験していただき、サービスへの理解を深めてもらうことを目的とした体験型コースです。 サマンサコンシェルジュでは、家事代行のメリットをより身近に感じていただけるよう、 サービスを生活に取り込んだお試しできる環境を整えました。 実践を積んだサマンサコンシェルジュの仕事ぶりには、きっと新しい発見があるはずです! お
0
カバー画像

〈完全版〉原稿用紙の使い方 ~大学受験編~

小論文の添削指導をしていて、初回の方には必ずと言っていいほど説明するのが「原稿用紙の使い方」です。小学校から親しんでいる「縦書き」の原稿用紙の使い方であれば身についている方が多いのですが、「横書きの場合は何か縦書きとは違うルールがあるのか?」「要約でも冒頭の一マスは空けないといけないの?」など、大学受験の場になって初めて迷うことも多いと思います。この記事は、私が指導している方々にお伝えしていることを、視覚的にわかりやすくまとめています。※ここで記載しているルールは絶対的なものではなく、指導する先生によって異なる場合もあります。ただしこの記事のルールに従っていただいて、少なくとも入試の場で減点になることはないかと思います。横書き原稿用紙の使い方の基本大学受験や志望理由書などの出願書類では、多くの場合に横書きの解答用紙が用意されます。横書きの原稿用紙の使い方の基本をまずはおさえておきましょう。①:アルファベットや数字(2ケタ以上)は、2文字で1マス使う縦書きの場合は数字を漢数字に直しますが、横書きの場合は算用数字のままで書いても構いません。アルファベットや2ケタ以上の数字は、1マスにつき2文字を書くのが決まりです。②:記号は基本的に1マス使う句読点、かぎかっこなどの記号は、1つにつき1マス使うのが決まりです。なお、小論文では使ってよい記号と避けたほうが良い記号がありますので、下の内容も参考にしてください。〈使ってもよい記号〉、(読点)。(句点)「 」『 』(かぎかっこ・二重かぎかっこ)(  )(かっこ)・(中点)〈避けたほうが良い記号〉!(感嘆符)?(疑問符)…(三点リーダー)など
0
カバー画像

(287日目)学生とやり取りした記録(通常版)

毎日書き続けてきたブログですが、最近は2日おきにしてまして。毎日継続するのがツラくなったのか?と言われればあながち間違いではないかもです。文章のクオリティも下がってるよな〜なんて感じてたので自分に最適な投稿間隔に変えてみました。さてさて今日も心地よい1日が始まりましたね!話は変わりますが先日、24卒の学生に会社説明会したんですよ。この時期になるとエントリー数も減りますから参加者はなんと1名(女子)。さて、どうしたものか?と思案しました。私が困ったわけではなくて、企業の説明会に参加して1名しかいない状況・・・学生にとって決して居心地がいいものじゃない。なので、どうすれば彼女が緊張をほぐして『来てよかった!』と思ってくれるのだろうか・・・と思案しとったワケです。まぁどうせ一人だし、運営も二人体制でするつもりがパートナーも病欠しちゃったし『とことんフランクな雰囲気で行くべ!』ってことにしました。そして説明会開始の15分ほど前に彼女が到着。『実は今日の参加者は〇〇さん一人だけなんだよね。』『なので始まるまで雑談しよっか!』なんて感じでスタート。彼女は目をまんまるにしていました。そりゃそうだな。来てくれた彼女はもともと公務員試験を頑張っていました。しかし試験に落ちたみたいで民間企業の就活に切り替え。なので就活を始めたのもつい最近だったんですよ。そんな背景もあったのでアイスブレイクも兼ねて就活の状況を聞いたり、困ってること・焦ってることなどお悩み相談室を開催してみました。そんな感じで話しながら時間になったので会社説明を開始。いつもなら質疑時間は別に設けていますが今回は説明しながら合間合間で
0
カバー画像

小説と文章の添削・校正・執筆でプラチナランクに。

アッチシアと申します。 小説と文章の添削・校正サービスを始めて一年が経過し、七月から本格的にココナラでの活動に時間と労力をかけて取り組み始めました。新しく、小説や文章を執筆するサービスも展開しました。 その結果、八月一日付けでゴールドランク、そして九月一日付けでプラチナランクに昇格することができました! 皆様のおかげです。八月には、執筆のお仕事で長期契約を三件獲得することができました。今後、専業フリーランスライターとして生きていくため、さらに気を引き締めてココナラでのお仕事に取り組んでいきます!≪最後に≫ サービスの購入を考えてくださっている方へ。ぜひ私のサービスのレビューをご覧ください。添削・校正・執筆のレベルの高さを分かっていただけると思います。また、サービス購入に関して気になることがございましたら、いつでもお気軽にメッセージを送ってくださいね。待っています。
0
カバー画像

小説と文章の添削・校正・執筆でゴールドランクに。

アッチシアと申します。 小説と文章の添削・校正サービスを始めて一年が経過し、七月から本格的にココナラでの活動に時間と労力をかけて取り組み始めました。新しく、小説や文章を執筆するサービスも展開しました。その結果、ありがたいことに八月一日付けでゴールドランクに昇格することができました! また、現在いただいている案件をクローズできれば、近いうちにプラチナランクにも昇格できそうです。私は自分の執筆・添削・校正能力に自信があります。長年培ってきた経験、実績があり、これまでにココナラでいただいた評価も全て最高評価です。しかし、サービスを求める方に実際に購入していただくためには、その能力を示す必要があります。一度買ってもらえれば分かるんだけど……ではだめ。その一度目を買ってもらうために、自分の力をアピールしなければなりません。そういった意味で、ランクが高いことはとても大きい信頼につながると思っています。きっと、これからはさらに多くの方にサービスを求めていただけるはず。私のサービスを、力を求めてくださった方の期待に応えるべく、今後もさらに気を引き締めてココナラでのお仕事に取り組んでいきます! 文章で生きていくために!≪最後に≫ サービスの購入を考えてくださっている方へ。ぜひ私のサービスのレビューをご覧ください。添削・校正・執筆のレベルの高さを分かっていただけると思います。また、サービス購入に関して聞きたいことがございましたら、いつでもお気軽にメッセージを送ってくださいね。待っています。
0
カバー画像

息子の10歳の誕生日に向けて手紙を書く

こんにちは!3人の男の子のママの進撃のまみみと申します(n*´ω`*n)先日、うちの三男が5歳の誕生日を迎えました。私は息子たちが5歳になるたびにやっていることがあります。それは、その子の良いところ・すごいところを100個書き出すことです。この作業をすると普段はついつい子どもの悪いところばかりに視線をフォーカスしがちなんですけどやっぱりうちの子って素敵なところが沢山あるなって改めて気付けるのでオススメです♡そして書き出した良いところ・すごいところを100個は10歳になったときのお手紙としてしたためます。5歳の時からすでに君にはこんなにたくさん良いところがあったよ。10歳にはどんなお兄さんになってるのか楽しみだな♡という感じで(*ノωノ)ちょっと昔は10歳のお祝いを小学校で二分の一成人式とか盛大にやっていたみたいなのですが、成人年齢が18歳に引き下げられたことにより今は学校ではやらないみたいなので個人的にやっています。タイムカプセル郵便という未来に手紙を送るサービスもあるのでそちらを利用するとサプライズになるかもしれませんね。もちろん庭に埋めるなどタイムカプセルをやるのも面白いかもしれません(*ノωノ)
0
カバー画像

ココナラで出品するなら、プロに文章作ってもらおう!?

こんにちは♪電話相談のココです☘️「お客様に選ばれるサービスを出品したいなら プロのライターさんに、お願いしよう」そんなことをどこかで耳にしたことはありませんか?私はあります笑始めたばかりの私はそこにわざわざお金をかけたりライターさんにお願いする手間を考えて「そ、そこまでするんだ…」と、尻込みした記憶がありますですが私も商品説明を書くのは面倒くさい…やりたくない(笑)作業です( ˊᵕˋ ;)私が個人的に苦手意識が強いだけですが…💦だけどこの商品はきっと、誰かのお役に立てるはず…そういう商品アイディアはありました(テストした中で、一番クリック率が高かったり…)これを私の拙い説明のせいで購入されないというのは、悲しいプロに頼むしかない!!という事で、本日早速プロの方にお願いしてきました!後日仕上がったらまた改めて紹介させていただきます♪打ち合わせとか面倒そうだな〜…なんて、考えがちな私ですが(笑)めっちゃ楽しかったです✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝プロに頼るって、大切だなぁと、改めて思いました☘️
0
カバー画像

添削サービスを始めて一年が経過しました。

アッチシアと申します。 小説と文章の添削・校正サービスを始めて、一年が経過しました。ここまでサービスを続けてこられたのは、私のサービスを求めてくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございます。添削指導後には、毎回あたたかいお言葉やレビューをいただけており、やりがいを感じています。お役に立てているようで、本当に嬉しいです。今後についてのお話です。二年目は、サービスの種類の増加や、執筆に関するブログの更新などを考えています。サービスの種類の増加に関して。これまでは皆様が書かれた作品を添削するというのが基本的なサービスでした。これからは「文章力を向上させたい」「純文学の基礎を学びたい」「純文学の新人賞で評価されるような作品が書きたい」といったことを考えている方のための講座を開いたり、電話での悩み相談を受け付けたりする予定です。これらの新サービスの内容については、皆様のご意見も取り入れたいと思っていますので、もし求めているサービスがございましたら、お気軽にコメントやメッセージを送付してくださいね。執筆に関するブログの更新に関して。こちらは私自身の事をより知っていただくためのブログにするつもりです。私の添削サービスは、実績を公表してはいるものの匿名での活動ということもあり、購入するのが不安という方もきっと多いと思います。私も初めて添削サービスを購入したときは不安だったのでよく分かります。そういった不安を解消していただくために、私の普段の活動内容や人となりを知っていただければと考えています。これからは稼働時間を増やして、さらに本格的に添削指導を行っていく予定です。一切妥協せずに真剣に
0
カバー画像

【二次創作編】文章添削ライトコースとじっくりコースは何が違う?

こんにちは。 いつも文章添削サービスをご利用いただきありがとうございます。 おかげさまで、意外にも多くのお客様にご利用いただき、長く続けることができています。自分自身、文章に向き合う良いきっかけにもなっており、大変ありがたいです。 さて今回の記事はタイトルそのものずばり。 【二次創作編】文章添削ライトコースとじっくりコースは何が違う?おすすめしたい人はどんな人?というお話です。何度か別の記事でも触れていますが、実はこのサービス、8割くらいは「二次創作」のご依頼なのです。 「一次創作」と「二次創作」は基本的に、お客様のご質問の傾向も、文章の傾向も、依頼に至ったお悩みの傾向も、かなり違います。 ですので、今回は「二次創作」の方に向けて、 文章添削コースのライトコースとじっくりコース、どういう時に、どういう人におすすめなの? ということを短くまとめてみたいと思います。 もしもご依頼を迷っている二次創作者の方がいて、この記事に書かれている内容が何かのきっかけになれば幸いです。 ではサクッとまとめていきます。 文章添削ライトコースはこういう時におすすめ! ・今!この小説の形こそを整えたい! ピク〇ブなどの投稿サイトにあげる小説を、さっと添削・校正してほしい!という人にはライトコースがおすすめです。 ・本にする、または企画に出すので、とにかく第三者の校正がほしい これも上記と同じような理由ですが、ライトコースはこういう「とにかくこの小説の完成度を上げたい!」という時に、素早く受け渡しができる可能性が高いプランなので、こういったケースの方にはじっくりコースよりラ
0
カバー画像

(143日目)添削活動−2。

今日は昨日のブログで書いたES添削の続きってことで。私が相談を受けるときは一方的には押しつけません。必ず相手に問いかけて受け止めを聞きます。なぜなら「本人が助言をどう受け止めたか」を言語化しなければ定着できないと思うからです。加えてそれを行う意味は↓も含みます。👉 常に緊張感を持って話を聞いてもらう👉 一方的な講義スタイルで飽きてしまわないように👉 耳にした意見や言葉に対して 『自分ならどう思うか』を常に考えるクセをつける相談してくる子たちは素直だし、ときに自分の意見を発信してくれます。だからやりがいもあるんですけど。そういう姿勢を見ているとよりバックアップしたくなるってもんです。おとといのES添削で出してもらった下書き。それを見ていて思ったことがあります。書きたいことは分かるんだけど内容が頭に入ってこない・・・。別に書いている内容が悪いワケじゃないし、アピールポイントも悪くはないんです。しかし何かが足りない!で、何が足りないか?を考えて読んでたんですがふと思ったんですよ。『ストーリーになってない』ってことに。選考の場って初対面じゃないですか。ってことは相手は自分のことを知らないワケで。では知ってもらうために、「自分がどういう人間か」を文章で表さないといけませんよね。ただその文章をですねネットに転がっているテンプレに沿って書いてもまったく思いが伝わってこないんです。ってかその人が見えてこない。その人の背景が想像できない。ってことは相手に『伝わっていない』ってことなんです。だから私はESを書くときにストーリー化こそが重要って思うんです。例えを出すと、ドラマをいきなり途中回からみて
0
カバー画像

奨学金選考の小論文のコツ!【文字数/経済状況/テンプレート】

この時期は奨学金選考で悩む学生さんが多いのではないでしょうか? 学校の先生や教授、友達に頼る訳にもいかず、一人苦しんでいませんか?そんな悩める学生さんに向けて! 今回はよくいただくご質問を基に、奨学金選考のための小論文のコツを伝授しようと思います。 【文字数はどの程度?】 文字数が400字であればその9割、360字程度は埋めましょう! と、そんなテンプレのセリフをよく耳にしますが、埋めるという時点で選考には受かりません。 そもそも、本気で奨学金を狙いにくる学生があなたの他にも何万人といます。 その本気の小論文が300字程度なワケがありません。 むしろ、400字という限られた文字数の中でどのように自己表現をするべきかと頭を悩ませているのです。 つまり、必要字数は「あなたが表現したいことを最大化できる字数」と考えておきましょう。 無理して400字ギリギリにしていることも、採点者はお見通しなのですから。 【経済状況を表現すべき?】 これに関しては「NO!だけど、、、」です。 小論文のテーマが「あなたの経済状況」であればもちろん表現すべきなのですが、そうでない場合は、経済状況を表現するのは文字数の無駄です。 「大学で学びたいこと」というテーマで「妹の高校進学に伴い、、父の休職に伴い、、」という話をしてしまうと、「結局あなたが大学で学びたいことって何なの!?」と思われてしまいます。しかし!テーマを通して最終的に「だからこそ私はあなたから奨学金を借りたいんです!」と表明する必要はあります。 ではどのように表明するのか? それはズバリ「奨学金財団のホームページ」に記載されています。 ・品行
0
カバー画像

【ほのぼの日記通信♡第577号】添削を受ける楽しさ♡

おはようございます♡みなさん、いかがお過ごしでしょう♡今日も、お仕事や、家事、がんばりましょうね♡今朝は起きてからすぐに散歩しましたがとっても良い天気✨どこも青空で綺麗な空気が流れてきます♡*写真はイメージです見上げてみたら、月様が見えました✨朝に見る月すごく新鮮です✨きっと良いことあるって言ってくれてるのかな♡そうだと嬉しいけどね*写真はイメージです本業は閑散期に入ってあんまり依頼がない状態。1時間に一個作業があるかどうかのレベルです(笑)こういうときは複業ですね✨(内緒だけど今はクライアントワークを進めてます✨*写真はイメージですクライアントワークは執筆記事をガンガン進めてFBをもらいました✨最近は褒められることが多いかもですね☺️先月から継続案件になっているクライアントさんからも「とても良い!」と信頼をいただいています評価をいただくと気持ちも暖かくなりますよね✨*写真はイメージですWEBライターのスクールにも通っていて今は日本語添削をじっくり受けています✨超厳しくってお願いしているので細かく添削をされている最中✨かなり勉強になっています✨やっぱり優秀な講師さんから添削を受けると本当に楽しいですね✨今後も続けよう☺️*写真はイメージですちょっと部屋を見渡すと私自身、何か捨てるものはないかを考えちゃいます本当はねミニマリスト的な考えが好きだから部屋を片付けたいって思う今日も何か捨てようかな✨*写真はイメージです片付けや仕事まえにコーヒーで一息✨心や体を落ち着かせます✨ふぅー✨良い感じ☺️*写真はイメージですさて、本日もお仕事です✨本業は閑散期なのでクライアントワークをがんばり
0
カバー画像

「全部直す」のは簡単だけど、×です。

ライトノベル作家・専門学校現役講師のひびき遊です。小説の添削指導をしているとき、教える側から見ると「全部ダメ」な場合がたまにあります。正直――「すべて書き直す」くらいの方がよい、というケースですね。ところがそういう指示は、ひびきはあえて避けています。なぜか。……すべて直した「例文」のようなものは、私の方で作成可能です。しかし、それはもう「ひびきの文章」であって、指導を乞う「書き手自身の文章」とはまるで別モノだからですね。小説を書いている人は基本的に、「自分の伝えたいことがある」タイプです。指導側が行うのはあくまで「でも、その書き方では伝わってないよ?」という箇所の指摘に留まるべき――と私は考えています。そうなると、「書き手の個性をどこまで残すか」という難しい話になってきます。これがちゃんとわからないと、「すべて書き直すべき」という指導をしがちなんですよね。――それが「完璧な正解」ならば、創作は苦労しません。小説のスタイルは、確かに「こういうポイントを押さえておけば、効果的に組み上げることができる」という技術があります。ひびきがレクチャーするのも、そこになります。(※どういう理屈で組まれているのかがわかれば、再現性が高く、誰にでもできるわけです)しかし、その技術をちゃんと「書き手独自の文章とミックスできるか」……ここがとても大切です!そうやってできあがったものは、もともとの書き手の文章とは、少し違っているはずです。でも、全部が入れ替わったわけじゃない。ちゃんと「どこを変えて、どこを残すか」を、自分で判断して作り上げた、「書き手独自の新しい文章」になっているはずです。――長年、多く
0
カバー画像

感想屋、こわくない

今回はご依頼に際してのご不安を少しでも取り除ければ…という思いで記事を書かせていただきます。実際にいただいたお声と、それにお答えする回答形式でご覧ください!Q.実力不足で感想屋さんを困らせてしまうかも…褒めるところがなければ無理して褒めなくてもいいのでキャンセルしてください。A.当方はどんなご作品でもよいところを見つけられるプロだと自負しております!単に技術云々ではなく、その人にしか書けないご作品が必ずあります。当方とは生きてこられた環境も、積み重ねてきた経験も、見てきた景色も全部ちがうあなたです。たとえ同じ題材で書いても、まったくちがう感性で書かれるもの。あなたに書ける物語が私には書けません。それらはすべて尊敬の対象として見ております。そこから「褒め」「驚き」「気付き」なんかを、愉しんでもらえるような形にして「感想」を作っていきます。まずは読ませてください。良いところを必ず見つけます。自信をもっていただけるように、心を込めてお話します。Q.モチベーションを上げたくて別の感想屋さんにお願いしたが、酷評されて逆にモチベーションが下がった経験があります…。A.これ、意外と多いです。ご依頼者様と感想屋さんにも相性があるのだと思います。しかしモチベーションを上げていただこうとやっている活動で逆にモチベーションを下げてしまっては本末転倒なので、当サービスではこういう結果だけにはならないように細心の注意を払って納品物をお作りしております。感想はもちろん肯定意見のみで、特に力を入れた場所とかこだわっている場所などを見つけられるようにじっくりとお読みいたします。問題が起こりやすいのはアドバイス
0
カバー画像

2023年も科学のお仕事頑張ります!

あけましておめでとうございます。2023年になりました。2022年は自分の会社を作ったという新しい挑戦の年でした。簿記の資格をとったり、ココナラも始めたりととにかく新しいこと尽くし。非常に体力を使う年でした。今年は新しく始めたことを軌道に乗せて飛躍させる年だと思っています。大晦日ですが、現在取引中の下記の仕事を1件納品しました。こちらの科学記事の作成についても相変わらず人気です。現在1件のお仕事をいただいています。気になるお仕事がありましたらご依頼ください。お見積もりはお気軽にしてくださって結構です。。もちろん、本業である大学の研究と教育も頑張る年。コロナは治ったので、正月明けからバリバリ仕事をしていきたいと考えています。
0
カバー画像

会社もココナラも始めた2022年。

ココナラを始めて半年。おかげさまでプラチナランクに到達しました。昨日も下記のご依頼をいただきました。ココナラでの仕事は、本業(准教授)ではなく、会社としてやっています。とはいえ、会社は私の一人会社なので、同じことなのですが。。今年は、自分で起業も達成した記念すべき年でした。初めてみるとやはりそれはとても大変なものでした。しかし、「いつかやってみたいけれど、なかなか・・」とモヤモヤし続けるよりは、やってみてとてもスッキリした感じです。起業には多くの人が興味があるようなので、話の依頼もいろいろありました。来年もすでに入っています。ココナラで出した、申請書の添削サービスも、なかなか人気でした。今も見積もりを出しているところです。業界全体が良い方向に行くことを願っています。激動の2022年もあっという間に終わり。来年も新しい挑戦ができたと胸を張って言えるようにしたいと思います。みなさまも大変お疲れ様でした。コロナが流行っていますが、どうかお気をつけください。それでは、良いお年をお迎えください。
0
カバー画像

年齢の割に若くみられる人

婚活あるある話プロフィールの自己PR欄に 年齢の割に若くみられることがよくあります と自分で書いている人を今日も見つけましたハッキリ言って え?そうですか? と思える人がほとんどです  老けてもみえませんが 大抵の人は年相応にしか見えません 残念なことに その発言があるがために ちょっとイタイ人 というイメージがついてきます自己PR欄でアピールするところは もっと他にあります若く見えるかどうかは 自分で言うより 見る人の判断に任せましょう自己PR文では 目には見えないあなたの内面の魅力を 具体的にエピソードを交えて書くと 読む人がグッとくる文章になりますよもしイタイ人になってるけどどう表現したらいいか、解らないってひとは↓せっかくのあなたの魅力異性のこころに刻み込もう
0
カバー画像

1週間が終了。ココナラの人はこれからが勝負?!

金曜日。今週はとても忙しい日々でした。自分の担当の学生実習は終わり、これからはレポート添削。講義もだいぶ終盤に入り、いよいよ冬の時期になってきました(大学教員はこれからが卒業や入試関連で忙しのですが)。週末に入りますが、デスクワークはあります。学生や博士研究員たちの投稿論文を添削する必要があります。さらに週末なので、ココナラのお仕事。副業としてやっている人は、週末などの休みこそココナラの仕事をする時間になるのではないかと思います。最近は下記のサービスが売れていて、学術論文検索はついに二桁に乗りました。今のペースで受注すれば、プラチナランクはしばらく継続すると思いますが、頑張って週末もお仕事をしたいと思います。
0
カバー画像

採点・丸つけの仕方

子どもの勉強をみるときに、採点や丸つけはどうされていますか? 〇や✖、△や✔など使って、書き込んでいる方がほとんどだと思います。 バツやチェックが入っていた時、ガーンと落ち込んだりしていませんか? 私が子どもの頃は、嫌な気持ちになってやる気がなくなっていました。 くもん(公文)では、(教室にもよるかもしれませんが)全問正解なら大きな丸と100点と書かれて返却されます。間違っていた時は、バツやチェックはされません。先生から、「ここは間違っているからもう一回やってみよう!」と声をかけられます。 これは、子どもの気持ちをとても理解した促し方だと思います。 大きな丸と100点の文字を見たとき、誰もが嬉しくなります♫ そして、次も頑張ろう!と勉強に励むことができます。 我が家の場合、丸付けをするときは全問正解になったときに、「はなまる」をつけるようにしています^^ これは、私が幼いころ嬉しかった記憶があるからです。 これも効果は絶大です!!勝手に『花丸効果』と呼んでいます^^ 子どもたちは喜んでプリントを解いて持ってきます♪ 「はなまる」をたまに太陽っぽくしてみたり、カタツムリ風にしてみても嬉しいようです。 小さい子向けでしょ?と思われる方もいるかもしれませんが、満点のプリントは誰もが嬉しいものです。全ての子ども達に効果があると思います。 毎回やるのは大変だと思います。たまに気づいたらやってあげてください。 勉強することが苦痛で嫌な記憶になるのではなく、嬉しい達成感のある記憶にさせてあげたいですね。
0
カバー画像

勘違いをしない【言の葉Cafe】

仕事柄、とても「ダメだし」をすることが多いです。 演出家は、例えば作品や、広告であれば商品の本質を把握して物語を創造し トーン&マナーを構築していきます。 なのでトーン&マナーから反れていると、全体のバランスを崩してしまうので 調整が必要になってきますので、パフォーマーに「お願い」をすることが仕事です。 それを多くの方が勘違いをします。 「指示を出す」ことで自分が偉いと勘違いして、とても横柄な言い方をする人がいます。 正直に言いますが、日頃温厚な僕ですがパワハラに関してはキレます。 ブチ切れます。 「パワハラ上司を追い詰めて泣かせるゆーり」で知られていました。 演出家は、偉いわけではありません。 もっといえば、社長も大統領であっても 「偉い」なんてありません。 ただの職業・職種です。 勘違いしてはいけません。 指示は「お願い」でなくてはなりません。 しっかりと意図を伝え、相互理解を構築する場です。 そのためには「何故、こうしなくてはならないのか?」をキチンと説明しなくてはなりません。 でたらめに「んー、違うんだよ」なんてCMディレクターみたいなことを(すみません、今ある特定の人物の顔が浮かんでいます)言ってはプロ失格です。 キチンと理由を説明して、理解を得る。それから一緒につくるもの。 これは僕がコンサルティングをするときでも同じです。 クライアントの話を聴く すっごく聴く 職務の範疇を越えても聴く。 だって、そこにヒントがあるかもしれない。 じっくりと聴く。 ちゃんと聴いていけば、相手の「想い」を理解すれば、 頭ごなしの指示なんて出せるはずがありません。 それを「こうしろ」な
0
カバー画像

2回添削が、類似サービスとの大きな差です。

ライトノベル作家・専門学校現役講師のひびき遊です。 新たな評価をいくつかいただきました。幸いなことに好評で、5.0を維持しております。ご利用ありがとうございました。↑↑↑私の小説添削サービスですが、「A4二ページほどの課題執筆に取り組んでもらう」というものです。こちらを1度添削し――見つかったアラを指摘どおりに直してもらい、再度提出。2度目の添削で、本当にうまく直せたかどうかを確認しています。そのため「自分の成長が比較してわかる」内容になっており、それが好評の秘訣のようです。私自身が「こういう添削をしてもらわないと、成長が実感できない」と思ったので、そのようにしているだけですが……!さて、ココナラでの他の類似サービスはどうでしょう?当たり障りのない言葉を、コピペで貼り付けられていませんか?ふわっとした一般論が語られるだけで、「具体的にここの箇所をどう直せばいいの?」となってませんか?もちろん、「いい感想だけもらいたい」「厳しい意見は聞きたくない」――そういう需要もあるでしょう。ひびきの方では、「ダメなところはダメと指摘。ただしその理由と、改善方法をレクチャー。一部分はひびきが、書き手の文体に寄せたサンプル文章を執筆」「よいところ・書き手の個性はちゃんと褒める。もちろん、なぜよいのかという理屈も提示」くらいをやっています。……ひびきは、いわゆる「天才型」のプロ作家ではありません。自ら専門学校で学んでデビューした、凡人→秀才型です。なので「凡人がどこを鍛えれば、プロレベルになれるか」がわかっています。私の文章は、理屈で組んでいます。そのため指導者には向いているようです。真剣に「小説
0
カバー画像

『正しいブログ記事』を学ぶ添削&改善点のご提案サービス開始

こんにちは。現役ブロガーであり、Webサイト「OnePCLife」でブログ運営ノウハウ発信中のMuu(むー)と申します。この度、『正しいブログ記事』を学べるブログ記事の添削&改善点のご提案サービスを開始しました。「なぜこのサービスを開始したのか?」「どんなことに役立つのか?」ちょっとご紹介していきたいと思います。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■『正しい答え』が分かりやすい問題■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■「1+1」という算数の問題には「2」という『正しい答え』があります。これは誰から教わっても同じ答えです。学校の先生から教わってもいいですし、家族や友人などでもいいですし、総理大臣や大統領からでもいいです。自分でネットを使って調べたとしてもすぐに『正しい答え』にたどり着けます。そして、「3」と答える人がいたら間違いであり、「2」が正しい答えであると教えることが出来ます。また、「作者の気持ちを答えよ」というような曖昧そうな国語の問題にも用意された『正しい答え』があります。そして、答え合わせなどでその『正しい答え』を知ることが出来ます。このような『正しい答え』が分かりやすい問題は誰から教わってもいいですし、自分で調べて解決することも容易です。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 『正しい答え』が分かりづらいブログ記事作成■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 「ブログ記事が人に読まれない」「検索結果で上位に表示されない」などブログ記事に関する問題は『正しい答え』が分かりづらいです
0
カバー画像

立教大学大学院人工知能科学研究科・社会人入試の合格報告をいただきました!

こんにちは、かとうです。先日、立教大学大学院人工知能科学研究科・社会人入試の合格報告をいただきました。応募時に提出するエッセイの添削と、二次試験で必要とされるプレゼンテーション課題の内容・質疑応答対策を行いました。入試には学力試験もありますので、合格という結果はご本人様の努力と実力によるところが大きいです。私はご本人の経験や意欲を最大限大学側にアピールできるように、不足していた観点を含めてエッセイ内容のブラッシュアップなどに協力させていただきました。特にエッセイについては、かなりボリューミーなフィードバックをさせていただきましたが、しっかり受け止めて真摯に書き直しに取り組んでくださったことが高評価につながったと考えております。ご入学後のご活躍をお祈りしております!<ご利用いただいたサービス>
0