絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

166 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

Mー1グランプリ2023スペシャルツアーに行ってきました!

たまにはよいかな、と趣味丸出しの記事を書いてみました(笑)M-1グランプリのツアーがあるの、ご存知の方はどれぐらいおられるでしょうか?いつからやっているのか、僕も定かではないのですが恒例になりつつあるイベントです。前年のMー1を盛り上げた錚々たるメンツが全国各地でライブをしてくれるという、地方のお笑いファンにはありがたすぎるイベントなのです。というわけで行って来たのですが…席遠い!前説中は写真を撮ってもよいとのことでしたのでありがたく撮らせて頂きましたが、画像のとおり。かなり早くチケットを確保していたんですけど2階席の上の上でしたね…。さすがに豪華メンバーということもあってなかなかの倍率なのか。ライブは藩飛礼(前説)⇒ ママタルト⇒ ドーナツピーナツ⇒ きしたかの⇒ くらげ⇒ シシガシラ⇒ ダンビラムーチョ⇒ カベポスター⇒ マユリカ⇒ さや香⇒ 令和ロマンと改めて見ても贅沢と思える共演を楽しめました!(抜けがあったらごめんなさい)ドーナツピーナツは生で見るの2回目でしたけど、前回も今回もトップクラスに面白かったです。M-1向きか分からないですが、舞台映えするというか安心して笑える技量と、赤ちゃんの泣き声などのハプニングを自然と笑いに変えられるセンスがすごいと思います。一番笑ったのはシシガシラですかね…お腹痛くなりました。ハゲネタって分かっているのに、なんと巧みなことか…コンプライアンス完全無視ですが、不思議と嫌な気持ちにならず笑ってしまいます。ダンビラムーチョはお客さんからお題をもらって即興でネタにするなど、さすがの達者ぶり!やっぱり面白い!令和ロマンはチャンピオンなのに、一
0
カバー画像

【購入者事例】”イエスマン”ココナラでの出会いが漫才を続ける力に!無いだろうと思っていた「漫才の家庭教師」をココナラで見つけた社会人漫才師

イエスマン元官僚芸人まつもとさんと、慶應OBのコメさんから成る、松竹芸能所属のお笑いコンビ。プロ1年目にしてM-1グランプリ3回戦進出。・ココナラを活用したもの○漫才・ものまねの指導・ココナラを選んだ理由○他では見つからなかったサービスがココナラにはあった○ストレスの無いプラットフォームで利用しやすい(インタビュイー:イエスマン松本さん)ココナラ活用の経緯:漫才師の夢を叶える社会人として歳を重ねる中で、自分なりの特徴を作り、他と差別化していかなければ生き残れないと考えるようになりました。差別化のためのひとつの方法として「知名度を上げる」ということを考え、あえて自分から最も遠いと思っていた「お笑い」の世界に挑戦することにしました。元々官僚の仕事をしていたため、「医者芸人」や「弁護士芸人」のように「○○芸人」としてやっていけるかな、と思ったのも芸人になろうと思ったきっかけのひとつです。ココナラご利用のきっかけ:「漫才の家庭教師」のような存在を求めて漫才師になるために、芸人を養成する学校に入ったのですが、自分では「ウケるだろう」と思ってネタを披露しても全く上手くいかずにスベッて失敗してしまうことが重なりました。学校は成績順にクラスが分けられるのですが、一番下のクラスになってしまい、どうしたものかと悩んでいました。学校以外のところで漫才を教えてもらったり、ネタを見てもらったりできる「漫才の家庭教師」のような存在を求めて、ネット上で検索してみたところ、ココナラがヒットしました。正直、見つからないだろうなと思っていたので、ココナラでまさに望んでいたサービスが見つかったときは「いるんだ!!」
0
カバー画像

【漫才】「暴漢」

A:心配し過ぎかもしれないんだけどさ、   最近、街中で急に暴漢に襲われたらどうしようかな   って考えてるんだよね。 B:いやいや、全然心配し過ぎじゃないよ。   暴漢なんてどこにいるか分からないんだから。 A:そう言ってくれるとありがたいわ。   悪いんだけど、街中で急に暴漢に襲われた時の   シミュレーションさせてくれない? B:え?じゃあ俺が暴漢の役するってこと? A:うん、悪いけどやってくれない? B:いや、全然、むしろありがとう。   やろうやろう。 A:ありがとうって何? B:俺が暴漢として襲えばいいのね? A:え?うん。   じゃあここが夜の人気のない道だってことにして、   俺が歩いて来るから襲って来て。 B:分かった。 A:(歩いて来る。) B:(一緒に歩きながら声をかける。)   あ、こんにちはお兄さん、あの、ちょっと…… A:キャッチみたいになってるわ。   ちゃんと暴漢やってよ。 B:キャッチみたいになったらダメなの?   キャッチも路上で犯罪してるから暴漢と一緒だと思ってたけど。 A:……まあ、そういう意味ではキャッチも暴漢みたいなもんだけど。 B:暴漢ってどういうのだっけ? A:大声を出しながら真っ正面から向かって来るやつだよ。 B:大声を出しながら真っ正面から……?   ああ分かった、あれね。イメージできたわ。 A:分かった?じゃあもう一回やって。 A:(歩いて来る。) B:久しぶりー!! A:女子か!   久しぶりに友達に会った女子みたいになってるから。   確かに大声出しながら向かって来るけど。 B:ちゃんと大声出しながら行ったんだけどな。
0
カバー画像

物語 第七話 コミカル漫才風「新人」

今回のお話はコミカルなのを書いてみました。大阪弁の先輩と標準語の後輩のやりとりのお話です。                「新人」 先輩 大坂太郎(おおさか たろう)38歳 新人 東 京子(あずま きょうこ)23歳 太郎「おはようさん、今日から君のメンターの大坂やよろしく」 京子「おはようございます。 東 京子です。 宜しくお願い致します」 太郎「課長から、君は素直な子やと聞いてるで」 京子「素直さだけがとりえです」 太郎「そやな、素直が一番や! 今日は得意先に行くからな、俺の言う通りに    したらええわ」 京子「いよいよ外回りですね。楽しみです! 宜しくお願い致します」 太郎「嬉しそうやな。まっ気楽にな」 京子「もうワクワクしてます! 頑張ります!」    得意先に着く二人。太郎「着いたで。 俺の言う通りにな」 京子「わかりました」 太郎「まいど! ヤマト物産の大坂です」 京子「いつもどうも! ヤマト物産の大坂です」 太郎「大坂は俺や! すんません、この子、新人なもんで」 京子「大坂は貴方です! ごめんなさい、この子、新人なんです」    太郎は京子を見て首をかしげる。太郎「何言うてるん?」 京子「何をいわれてます?」 太郎「何を言われてます? ちがうがな!」 京子「何を言われてます? 違うでしょ!」    太郎は京子をにらみつける。太郎「コラコラ! ええ加減にしいや!」 京子「コレコレ! いい加減にしなさい!」 太郎「何がコレコレや!」 京子「何がコレコレですか!」 太郎「あのな~!」 京子「あのね~!」    太郎は真っ赤な顔で大声で怒鳴る。太郎「怒るで~!」 京子「怒
0
カバー画像

【漫才】「野球に例える」

A「よろしくお願いします」 B「お願いします」 A「最近さ、そろそろ結婚したいなと思ってるんだよね。」 B「そうなんだ。」 A「良い相手を見付けて、人生のバッテリーを組みたいなって思って。」 B「まあ分かるよ。」 A「どれ程離れた塁に進んでも、帰って来られるホームがあるって素晴らしいことだなって思って。」 B「それはそうだけだな。」 A「俺というピッチャーと、嫁というキャッチャーがさ、」 B「ん?」 A「会話のキャッチボールをするんだよ。」 B「ちょっと待て。」 A「何だよ?」 B「野球の例え多いな。」 A「え?」B「お前の話は野球の例えが多すぎる。バッテリーだのキャッチボールだの。」 A「別にいいだろ。野球が好きなんだよ。」 B「俺は別に好きじゃないから。」 A「でも言ってる意味は分かるだろ。俺誰でも知ってるような野球の単語しか使わないし。」 B「だとしても、わざわざ例える意味が分かんないんだよ。」 A「分かりやすいからに決まってんだろ。」 B「そうか?前から思ってたけど、野球の例えって的を得てないこと多いぞ?」 A「そんなことないだろ。ホームは家庭って意味だから、そこにいるキャッチャーは嫁、帰って来るランナーは旦那。な?頭にすっと入って来るだろ。」 B「なんで夫婦が同じチームにいないんだよ。」 A「え?」 B「帰って来た旦那をアウトしようと待ち構えている嫁って意味分かんないから。」 A「……時には喧嘩だってするだろ。だから敵同士なんだよ。でも本心で憎み合ってるわけじゃない。スポーツマンシップに則る野球も一緒。文句あるか?」B「さっき人生のバッテリーを組むって言ったじゃん。」
0
カバー画像

ある落語家の思い上がった発言

ある高齢(80歳)の落語家が、以下のように語っていました。「日本語っていうのは日本の文化。その文化を1番、使っているのが、我々、噺家だと思いますよ。それも笑いに持っていっている。失礼ですけど、日本語を使わないで笑いを取っている芸能人の方が大勢いるじゃないですか。これも、言っちゃ失礼ですけど裸でお盆持って出てきて何が芸なんですか。私は違うと思うな。ああいうのを見て、面白いな、うまいなと思われちゃ困るんです。やっぱり日本の言葉を使って笑いを取るのが芸人であり、我々、噺家だと思いますよね。だから大いに日本人に聞いていただいて、日本語というものを、もっともっと理解していただきたい」どうですか。我田引水を絵にかいたような発言ですね。落語家の矜持から来た言葉なのでしょうが、完全に落語以外の演芸を馬鹿にしています。もともと、落語家は漫才その他を色物といって下に見ていたんですが、この人はそうした考えを今でももっているようです(実は、私も裸にお盆の芸は好きではありませんが、それは別の話です)。まず、日本語という日本の文化を1番使っているのが落語家というのは間違った自負心ですね。落語は、日本のある時期に、ごく一部の地域で使われていた話し方を受け継いだものです。それを日本全体を代表する言葉のように言うのはおかしい。この言葉は、現在では落語を演じる時以外には使えません。文化かも知れませんが、保護の対象になるような、要するに時代遅れなんですね。この落語家は「・・・ああいうのを見て、面白いな、うまいなと思われちゃ困るんです」といっています。しかし、面白いかどうかを決めるのは客でしょう。演者が押し付けるもの
0
カバー画像

チャットGPTと格闘した話。

OpenAIが提供する、チャットGPT。最近ニュースでも取り上げられていますよね。ある程度の会話や質疑応答、文章作成をこなすことができ、非常に便利なAIです。例えばこちらが「ココナラ電話相談で売れるにはどうすればいい?」と質問すると、私:どうしたらココナラ電話相談で売れる?こんな返事が返ってきます↓ありきたりな内容ではあるものの、言っていることは正しい。実際にやり込んだ者しか知らないような情報は出てきませんが、ちょっと調べれば分かるような表面的な内容なら、すぐに調べられます。しかしこのチャットGPT、他の使い方もできまして。例えば、話し方を指定することができます。ためしにお嬢様口調で天気予報をさせてみると、私:漫画でよくある、誇張されたイメージのお嬢様の口調で、明日の天気予報をしてください。こんな返事が。チャット:ほほう、明日の天気予報ですか?そちらの地域のお天気をお教えするのですね。 では、明日の天気はどうでしょうか?おおっ、まるで天空に輝く太陽が私たちを優しく包むかのような、素晴らしい晴天が期待できるようですわ!気温は昼間で30℃を超え、夜間も20℃以上の予想です。なので、軽めの装いでお出かけいただけると心地よいかと思いますわ。 ただし、太陽が強く輝くため、紫外線対策はしっかりと行いましょう。そして、突然の天候の変化に備えて、日傘や折りたたみ傘を持参することをお勧めしますわ。 それでは、明日は素晴らしいお天気に恵まれることを祈っておりますわ。 おもしろい。まるで「おーっほっほっほ!」と高笑いしそうな語り口調。こんな遊び方もできるんですよね。というわけで試しに、チャットG
0
カバー画像

ユーモアは世界共通か?

少し前にモジャモジャ頭の脳科学者が日本の笑いは政治風刺がないからレベルが低いといった発言をして話題になりました。芸人からものすごい反発を受け、いったんは謝罪したものの、すぐに同じ趣旨の主張を繰り返しています。それはいいとして、その時に少し考えたことがあります。基本的にユーモアは難しいということです。特に、外国のものはその国の人間だったら常識的な基本的知識の欠如と言葉の問題がありますから。件の脳科学者がどのくらい英語ができるかは知りませんが、おそらくネイティブと同じようには笑いを理解することは無理でしょう。外国の微妙なユーモアのジョークを理解できずにあんなことを口走っている可能性が高いと思います。もともと欧米人と日本人ではユーモア感覚がぜんぜん違います。映画でも、アクションものや犯罪もの、ホラーなんかは割りと共通性があるので、アメリカでヒットしたものは日本でも当たることが多いんですが、コメディ映画はほとんど駄目ですね。さらに云えば、アメリカと他の欧米諸国でもユーモア感覚はかなり違いますし、同じ英語圏でもイギリスなんかとも結構差があります。イギリス人はかなりひねくれているんですね。ブラックと言うか。いい例が有名な「モンティパイソン」です(しかし、知っている人は少ないだろうなあ)。アメリカ映画で云うと、チャップリン(彼自身はイギリス出身)なんかは動きが面白いから日本でも受けたんでしょう。後年は人情ものになりましたし。本当の意味でのドタバタ喜劇(スラップスィック)の典型であるマルクスブラザースの映画は日本ではあまり評価されていません。反対に「男はつらいよ」シリーズは欧米人にはなかなかわ
0
カバー画像

【テロップ=ツッコミ】理論

似鳥鶏さんの『推理大戦』を読んで、こういう話を書ける人ってすごいなぁ…っていつも思います。推理用AIが出てきたり、100%嘘を見抜く人がいたり、超高速の演算能力など、超能力のような特殊な異能を持った名探偵たちが集って謎を解いていく…というお話です。面白かった。さて、前回、漫才についてブログを書いてみましたが、その中で漫才の一つのシーンは、前フリ、ボケ、ツッコミでできていると言いました。そうやって考えたときに、動画の編集として何ができるかを考えると、ツッコミだな、という結論に至りました。例えば、動画を1人で撮影しているとしたら、ボケとツッコミの両方はできないわけです。いや、やれないこともないんですけど、ちょっと、うーん…寒い感じがしてしまいます(笑)ボケがない段階で動画でツッコミを撮影するのも難しいので、やっぱり出演者のボケに対して、テロップでツッコミを入れるのが最適解になるのでしょう。というわけで、今回はいくつか編集で使えそうなツッコミの種類について見てみましょう。否定ツッコミ王道のツッコミで、「なんでやねん!」というようなツッコミですね。たとえツッコミ足がブルブル震えてたなら「生まれたての子鹿か!」のように何か他のものに例えるツッコミです。例えたもののイラスト素材があればイメージしやすくなりますね。無視ツッコミボケに対して、何もしないツッコミですね。「…」というテロップだったり、映像にエフェクトを足して寒いように見せるのも好いかもしれません。一刀両断ツッコミボケを全否定するツッコミです。編集で好くあるのは、そこで映像を全カットしてしまう感じですかね!説明ツッコミボケの間違いを
0
カバー画像

漫才に学ぶ動画の構成

ようやくちょっと暖かくなってきて嬉しい、だいちゃんです。やっぱり暖かくないと頭が回らないですよね。本をじっくり読むのにもやっぱり暖かい方が読むスピードも早くていい感じです。さて、笑いを生み出すためには、やっぱりお笑いを勉強するのが一番だと思って、さいきん漫才関係の本を読んでみました。僕の読んだ本によると、笑いには「緊張と緩和」が重要ということです。この落差が大きければ大きいほど笑いにつながりやすいというわけですね。このとき、"緊張"とは前フリで、"緩和"がボケやオチになります。ここにさらに"フォロー"としてツッコミがあることで、漫才の1場面が描かれるようになるわけです。前フリとは、自分のキャラクターや状況がどのようなものになっているかです。その前フリとその後の状況に差があればあるほど、緊張と緩和の落差が大きくなります。例えば、クールなキャラがひどく慌てていると落差が大きくなりますよね。ただし、落差が大きすぎると、お客さんがボケについて来れない可能性が出てきます。そのため、漫才では、徐々に落差を大きくしていくように構成されています。はじめは現実にもありそうなボケを使ってから、だんだん”そんなことありえないでしょ!?”って感じのボケになっていくわけですね。これを、動画でどう活用したら好いのでしょうか?例えば、あなたの動画にまだ慣れていない新規の視聴者さんに向けて動画を作るときは、最初にあんまり突拍子もないことをしないほうが好いかもしれません。新規の方はまだあなたに対する好感度がほとんどない状態なので、「なんだこの人…?」と思われて、動画を閉じられてしまったらそこで関係が終わってしま
0
カバー画像

お客さんに話しかけるのがうまい漫才師とヘタな漫才師の違い

劇場のお客さんの反応が全体的に重かったときに,和牛の川西さんが「いつもより客席に話しかけていた」というツイートをみました。「川西さんさすが!」と思いましたし,「そこに注目してツイートしたお客さんもさすが!」と思いました漫才師の中には,お客さんに話しかけるのがかなり苦手な人もいます。そのような人が(誰かにアドバイスされたのか)意識してお客さんに話しかけようとすると,結構わざとらしく話しかける形になってしまう場合があります川西さんは,これがものすごくうまい漫才師です。「お客さんの反応が重かったからいつもより客席に話しかける」という対応からも分かるように,お客さんの反応を見ながら,本気で話しかけているので「うまい」と感じます。これが苦手な人は,「台本のこの部分でお客さんに話しかける」と前もって決め,意識してそれをやるので,わざとらしくなってしまいます
0
カバー画像

和牛とかまいたちの「声」の話

和牛とかまいたちは,ボケの水田さんと山内さんのタイプがなんとなく似ていて,ツッコミの川西さんと濱家さんはめちゃくちゃ漫才がうまいという共通点があるので,この二組がネタを交換してやってみたら,どちらもかなりしっくりくるような気がします。どちらもみてみたいですそれと,さらにどうでもいい妄想ですが,コンビをシャッフルした漫才もみてみたいです。ただその場合,声の問題があるかもしれません。山内川西は結構声にクセがあるコンビで,水田濱家はそこまで声に特徴がないコンビになりそう・・・でもこの4人は全員,声が高すぎず低すぎず,聴き取りやすいしゃべり方をしていて,それでいて,4人のうち誰と誰の声が似ているというかんじでもないので,誰と組んでも聴きやすい漫才になりそうです(本当にどうでもいい妄想で申し訳ありません)
0
カバー画像

最初の"笑い"が起こるまでの時間

和牛の漫才は,「つかみがない」とか「最初の笑いが起こるまでの時間が長い」と言われることがあり,M-1の採点でもここがマイナス要素になったりもしていました競技漫才の場合は特に,最初の笑いが起こるまでの時間が長いと,緊張感や変な空気が生まれてしまいます。コントであれば,この緊張感も含めて「芝居」としてみることができるので,最初の笑いが起こるまでの結構長めの緊張感も楽しめたりしますが,漫才の場合はそれが減点対象になることもあります和牛のお二人は,コントの導入のような緊張感を作りたくてわざとそうしているわけではく,ネタの作り方が丁寧なだけだと思います。「嘘や矛盾が生じないように必要な情報をしっかりと入れる」という意味で丁寧持ち時間が長ければ,最初に丁寧に説明する部分でもボケる時間があるので,それがつかみになりますが,4分だとそういう時間的余裕がないため,結果的に「つかみがない」という状態になっただけなのだと思います
0
カバー画像

子供に対してものすごく子供扱いをしたしゃべり方をする大人ってどういう感覚なんですか?

Eテレの「わらたまドッカ〜ン」という子供の前でネタをやるという芸人にとってはなかなか大変な番組があります。和牛のお二人も何度か出ていますが,子供にも分かるようなネタ選びや工夫はしているものの,「しゃべり方は結構普通にやっている」という印象を受けました漫才だけでなく普段の生活でもそうですが,子供に対してものすごく子供扱いをしたしゃべり方をする大人がいますが,あれはあまりよくないと思います。漫才にしても,普段の会話にしても,子供は結構理解できます。子供にも分かるように表現を変えることと,子供扱いしたしゃべり方をするということは,別物だと思います子供に対してものすごく子供扱いをしたしゃべり方をする人って,どういう感覚でああいうしゃべり方をするんだろう?
0
カバー画像

進化し続ける和牛

和牛のように,M-1の予選で毎回違うネタをやったり,5年連続で出場した決勝でも毎回違うかんじのネタをやったりして,M-1でここまである意味"自由"に漫才をやり尽くしたコンビはほかにいないような気がしますただ,お二人にとっては4分という"超不自由"な中での最大限"自由"な漫才というかんじだったと思うので,これだけやれば,「4分の漫才でみせられるものはもう全部出せたからM-1は出ない」という決断をしたのもうなづけます4分の競技漫才というのは,漫才の世界のごくごく一部に過ぎません。和牛が得意とする長尺漫才でなら,潜在的な「みせられるもの」はまだまだたくさんあって,今でも進化し続けています。たぶん無限です・・・
0
カバー画像

ローズとヒヤシンス現象

和牛が「ローズとヒヤシンス」というネタをやると,「劇場のファンも,ネット上のファンも,かなり湧く」という現象が起こります。このネタはある程度の尺がないとできないので,結果的に時々しか披露されないのではないかというのが私の予想ですが,そういうレア感もあって湧きますでもこれは,レアであるかどうか以前に,このネタが名作だからこその反応だと思います。有名な漫才師であればだいたい代表的なネタはあるものですが,「ローズとヒヤシンス」はたぶん一般的にはそこまで有名ではなく,それでいて,ファンの間では大大大名作で,「いつか生でみたいと思っているファンが大勢いる」という珍しいケースです多くの漫才師の代表作は,鉄板であると同時に,何回もみている人には飽きられてしまうこともありますが,和牛のように完成度の高いネタをいくつも大切に育て続けると,こういう現象が起こるのだと思います
0
カバー画像

和牛はなぜM-1の予選で毎回違うネタができたのか

予選のネタもYouTubeでどんどん公開されるようになってきているM1グランプリ。みる側からするとうれしいですが,演者側は,「知名度が上がっていい」という気持ちと,「ネタバレするから勘弁してくれ」という気持ち,両方あるのではないかと思います和牛のように,予選で全部違うネタをやるようなコンビであれば全然問題ないですが,M-1で勝負できるネタが1,2本しかないコンビにとっては結構きついです和牛がなぜ毎回違うネタをできたのかというと,M-1のためにネタを作っているわけではなく,日頃からネタを育て続けていたからです。それを何年もずっとやってきたからです「予選のネタも公開される」というシステムによって,和牛のようにネタを育てるコンビが増えるのであれば,それはとてもいいことだと思います
0
カバー画像

和牛の漫才コントはめちゃくちゃ正統派

最近はそういう印象も薄れてきたかもしれませんが,和牛は(特にM-1で)漫才コントをすることが多く,しかも,川西さんが役に入ったままツッコむという独特のスタイルゆえに,「正統派ではない」とか,「漫才じゃない」とまで言われたりもしましたその後,もっと漫才じゃないっぽい漫才がどんどん登場したので,今はもう和牛の漫才を「漫才じゃない」と言う人はかなり減ったような印象を受けますが,実際には,「漫才じゃない」どころか,めちゃくちゃ正統派漫才だと思います。なぜなら和牛の漫才コントは,凄まじい漫才の掛け合いだからですしかも,役に入ったままの漫才の掛け合いを,まったく不自然さを感じさせることなくこなすというかなり高度なことをやっています。「あんなのただのコント」と思っている方はぜひ,二人の掛け合いに注目してみてください!
0
カバー画像

動画でみてもあまり飽きないタイプの漫才とは?

漫才には,同じネタでも「何回もみたい」と思えるものもたくさんありますが,そうは言っても,動画で"まったく同じネタ"を何回もみていると,結構すぐに飽きてきてしまうことがあります漫才の場合,"同じネタ"と言っても,実際には演じるたびに変化するので飽きませんが,動画の場合は当然ながら"まったく同じネタ"をみることになるので,飽きます(「全然飽きない」という方もたまにおられますが・・・)ところが,動画でみてもあまり飽きないタイプのネタがあります。それは,アドリブ満載のネタです。例えば,「スマホ劇場」で披露された和牛の「カツ丼の歌」というネタはまさにそれです最近はYouTubeに漫才をアップする漫才師も増えてきましたが,「何回もみたい」と思うのはこういうアドリブ満載のネタなので,完璧な漫才をアップすることを目指すよりも,同じネタでもいろんなアドリブを入れているいろんなバージョンをどんどんアップしたほうがいいのではないかと思います和牛のお二人も,そんなかんじでYouTubeに漫才アップしてくれないかな〜
0
カバー画像

漫才での"へりくつ"は爽快?

和牛の漫才の水田さんのヘリつくがものすごく苦手という方もいらっしゃると思いますが,「共感を覚える」という方ももちろんいます。とんでもないへりくつもたくさん言っていますが,「よーく考えてみると水田さんが言ってることのほうが"普通"」というようなことも結構言っていたりします例えば,「服屋の店員が苦手」というネタでは,実際にいそうな店員を川西さんが演じていて,店員界では普通でも,よーく考えてみると変な言い方を,水田さんが容赦ないへりくつ,もしくは正論でガンガンぶった斬るので,「服屋の店員のああいう言い方は変だし嫌だ」と思っている人にとっては,あのへりくつがむしろ爽快だったりします正直,私もああいう言い方をする服屋の店員さんはかなり苦手です・・・
0
カバー画像

「僕の中ではM-1チャンピオンになってる」

オール巨人さんは和牛のことを,「僕の中ではM-1チャンピオンになってる」と言っておられますが,最近の若い方の中には,オール巨人さんが凄まじい掛け合いをする現役の漫才師であることをご存じない方ももしかしたらいるかもしれません。「M-1の審査員でしか見たことがない」という方は,オール阪神・巨人の漫才,絶対にみたほうがいいです!それだけでなく,巨人さんといえば「漫才愛」が半端ないです。若手のネタもよくみていて,古い考えで新しいものを否定するようなことはせず,むしろ,評価できるものはどんどん評価するし,「自分の笑いの感覚が絶対に正しい」などとは思っていない,そういう方なのだと思いますそんな巨人さんの「僕の中ではM-1チャンピオンになってる」という言葉には,ものすごく重みがあります
0
カバー画像

漫才の"一期一会感"

「ライブ」というのはみな一期一会ですが,漫才の,そして,その中でも和牛のネタの"一期一会感"は半端ないです例えば歌であれば,歌い方が違うとか,アレンジが違うとか,そのライブならではの楽しみ方がありますが,そうは言っても,まるで違う曲にしてしまうということはそこまでありませんし,「原曲通りにやってほしい」と思うお客さんもいたりします漫才の場合は,知ってるネタなのにアドリブで別のネタみたいなっても全然大丈夫ですし,そのほうが喜ばれることもあります。「元ネタの台本通りにやってほしい」と思う人も,そんなにはいません。ものすごく自由です和牛の漫才は元ネタがカッチリしているので,アドリブを入れるとそれが余計に際立ち,"一期一会感"がすごいです
0
カバー画像

最終的にはどっちが強い?

ダウンタウンの松本さんが「優勝しなくてもオモロイやつには必ず陽があたる」と言っていましたが,和牛のお二人の場合は,M-1で3年連続準優勝というもしかしたら優勝するよりも難しいかもしれないことを成し遂げているので,陽があたるのは当然だと思いますテレビではそれほどみないので「陽あたってないでしょ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが,漫才ではめちゃくちゃ陽があたっています「漫才メインで陽があたる」というのも相当難しいことだと思いますが,テレビで陽があたっていないと一般的にはそこまで評価されないという風潮がいまだにあるような気がしますテレビで売れるより,漫才メインで売れたほうが,最終的には強いような気がするのですが・・・
0
カバー画像

「横山やすし・西川きよし」という伝説的な漫才師

1年前の今日,西川きよしさんが漫才師として初めて #文化功労者 に選出され,その記者会見で,「これからは,千鳥とか和牛,ミキの二人とか,そういう若い方々が新しい時代の笑い,漫才の形を作っていくと思うんです。今後は若手にも,また続いてもらいたい」とおしゃっていました最近の若い方は,「西川きよしさん」と言われても,あまりピンとこないかもしれません。関西に住んでいない方は余計に。西川きよしさんといえば,「横山やすし・西川きよし」という昭和を代表する伝説的な漫才師です。一般的にはやすしさんのことを「天才漫才師」と言う方が多いですが,私はきよしさんのほうがより天才ではないかと思っています。どちらにしても,とにかく凄まじい掛け合いの漫才をするコンビでしたやすきよ漫才を知らない方にはぜひ一度みていただきたいです!
0
カバー画像

アンタッチャブルと和牛の「漫才コント」はどう違う?

和牛は台本通りのガッチガチの漫才コントをしていると思っている方がいまだにいらっしゃるのは,やはりM-1での和牛の漫才のイメージが強いからだと思いますガッチガチとは正反対の漫才コントをするコンビといえば,アンタッチャブル が代表的だと思いますが,アンタッチャブルのお二人の場合は,台本は箇条書きのようなかんじで,あとはアドリブでやるので,そもそもガッチガチにはなり得ないスタイルです一方,和牛のお二人の場合は,台本ほ存在していないもののネタはかなりカッチリと作り込まれていて,M-1のようにネタ時間があまりないときはカッチリと演じ,劇場など時間に余裕があるときはそれをアドリブ満載で演じたりしますどっちのほうが「いい」とか「すごい」とかそういうものではなく,それぞれのスタイルがあり,みる側の好みもあります。ただ,M-1での和牛の漫才しかみたことがない方には,それとはまったく違うスタイルの劇場などでの和牛の漫才もぜひみてほしいなぁと思います
0
カバー画像

「にわかファン」をバカにする人は「本当のファン」ではない

和牛をアイドル的に応援するファンを批判する方もいらっしゃいます。漫才の最中に迷惑をかけるような応援の仕方をする場合には,親切丁寧に漫才をみる際のマナーをお伝えしたほうがいいと思いますが,ファンになる最初のきっかけは人それぞれで,どんな形でもありだと思いますにわかファンについてもそうです。にわかをバカにする人もいますが,最初は誰もがにわかです。ただ好きになった時期が違うだけです。早くファンになった人はむしろ,にわかファンが本当のファンになってくれるような接し方をしたほうがいいと思いますにわかファンをバカにする人は,「自分は本当のファンではありません」と公言しているようなものだと思います。芸人にとって不利益となるようなことをしているわけですから
0
カバー画像

"正論"も漫才になり得る

「『どうしたらいいの?』 じゃなくて『どうしたいの?』」は,M-1 2015でも披露された和牛の「結婚式を抜け出す」というネタの中に出てくるセリフですが,このネタは「へりくつ漫才」ではなく「正論漫才」と呼ばれたりもしていますボケが非常識なことを言うことによって漫才が成立するのが普通の形ですが,このネタは,「結婚式を抜け出す」という実際にやるとすればかなり非常識な花嫁に対してひたすら「正論」を言うことがボケになるという珍しい形の漫才です「結婚式を抜け出す」という映画やドラマではありがちな設定なのに,それを実際にやるとなると非常識すぎるという構図を利用することによって成立しています水田さんの場合は「へりくつ」でしたが,その人が持つ独特の感覚を存分に活かして漫才を作ると,独特のネタができると思います
0
カバー画像

コントをわざわざ「漫才」としてやる意味

和牛の「お会計でどっちが払うか」という漫才コントは,「ただのコントじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが,あれは漫才でやるからこそおもしろいネタだと思います「どっちが払うかでもめる」というのは実際にもよくある話で,ネタでも「本当にありそうだな」と思うようなセリフがたくさん出てきます。このようなネタをコントでやるとかなり平凡なネタになってしまいますが,漫才コントであれば,漫才独特のテンポのいい掛け合いでみせることができるので,ネタとしてものすごくみやすくなり,おもしろくなります和牛の漫才コントはこのネタに限らず「掛け合い」に注目しながらみると,コントではなく漫才としてやる意味がよく分かると思います
0
カバー画像

「相方の川西さんについて」

2020年10月21日芸人リモートーク水田信二テレビのイメージよりは根暗。楽屋の端っこで一人で静かにゲームをやっているのが好き「お互いに嫌な思いすることはないな」という間柄じゃないとご飯に誘わない。それはぼくも一緒相方も頑固なほう。ネタでも仕事でも,自分が「正しい」と思っているところから外れると絶対に譲らない話し合いがヒートアップして,まわりからしたら「喧嘩やんけ」みたいなのはしょっちゅうある。「マジで解散したい」みたいになることはないコンビは一番の唯一の味方だからそんなに言うことはないが,強いて言えば,いっぱいいっぱい笑ってほしい。テレビとかラジオで,10のうち1くらいのボケだったら2くらい笑ってほしい。そのほうがぼくも乗る。ただ,やりすぎると甘やかすことになるから,相方はその辺も考えていると思う
0
カバー画像

漫才に対する熱量のバランス

漫才に対する熱量が二人とも同じくらいあると本当に死ぬまで漫才をしてくれる可能性が高いということが,おぼん・こぼんのお二人の件で証明されたような気がします。もちろん,「熱量さえあればなんとかなる」というわけではなく,ほかにも様々な要素が関係していますが,その中でも,漫才を続けるうえで二人が「同じ熱量を持つ」というのはものすごく大切な要素だと思います和牛のお二人にも,漫才に対する熱量が二人とも同じくらいあるというのを強く感じます。どちらかの熱量が上回るとバランスが崩れてしまいますが,和牛の漫才はいつも二人が対等で,協力し合いながら戦い合い,戦い合いながら協力し合っているあのかんじが,みていて清々しいです
0
カバー画像

和牛川西さんの変化

和牛の漫才の昔と今を比べると,水田さんはそこまで大きく変わっていませんが,川西さんは相当変わりましたね昔は今もよりもかなり声を張っていて,「『漫才師とはこうあるべき,ツッコミとはこうあるべき』というイメージでやっていたのかな」という印象を受けます川西さんが大きく変化する「タイミング」や「きっかけ」が何かあったのか,それとも少しずつ少しずつ変わっていったのかは分かりませんが,水田さんのへりくつを漫才でやり出したことも関係があるような気がします。水田さんの「素」が漫才に出れば出るほど,川西さんも「素」が出るようになったのではないかと・・・この予想が当たっているかどうは分かりませんが,漫才に「素」が反映されるようになると,ものすごくおもしろくなります
0