絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

59 件中 1 - 59 件表示
カバー画像

人は進化を続ける!新しいこと考えるとワク²するよね♬

告知・・・商品開発に向けて作戦会議中!!ココナラ★ブログのライブみたいじゃな(笑)ごきげんなaikoさんです!! ごきげんよう+aikoさんの構図が完成形ですね(*'▽')↑ なんで、こんなんになってるかと申しますと・・・ちょっと前に英語レッスン受けていまして。英語壊滅知識ゼロなaikoさんですが・・・1か月間「英文法」と向き合ってましたのよ。「SV  SVC SVO  SVOO SVOC」 5文型(≧▽≦)もち趣味のためなんだけどさ、ココナラブログでも熱く語りまくる名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(プロバスケ)の応援よん💛もうひとつの目的は・・・aikoさんはガチで「ライター」したいんですよね。書くコト好きなんです(≧▽≦)  ポっ♡で、異文化の言語に触れて基礎を学んで「自分の『書く』技術の向上!!」したかったんよ~。発想もいいでしょ。これぞ。aikoさんの真骨頂な好奇心の「ゾーン入り」ってやつね。そしてさ、やっぱりさ、aikoさんのブログに訪れた方々が「フフフっ」とか 「なんやねん!それ!」とか あとさ、時々ね「チョット為になる??話題」語ってみたりで・・・「そうなんだね~」って思ってもらえたりね。aikoさんのブログの先になんかお役に立てればいいなって思うんです。だからブログ書いてるときは『ココナラ登録会員全員のお顔 浮かびますのよ!!』↑↑↑↑↑ という「ライブ感覚」で一気に書いてます(/ω\)ブログ投稿をポチっと押すときには「構想」できてる状態です!原稿の仕事を頂いていた時も 掃除しながら~♫ 料理しながら~♪っていう感じで「脳内タイピング」していてパソコン💻開けたら「
0
カバー画像

確かな一歩をたくさんのココナラfriendさんに支えられて♡

ごきげんよう!のaikoです。← もはや合体しちゃってますね(笑)【ごきげんよう = aiko 】の図でございます。公式です!!皆様、覚えましょう~ね。ね。気持ちは自分が作り出しているから・・・aikoさんは「happy♡」を探し求めています(*‘ω‘ *)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、もっと大事なことは・・・「happy」にちゃんと気づけていますか??「happy」はやってくるものではなくて自分で見つけ出すことです💛 ♬「ヨカッタ」で人生、溢れているんですから♬とはいえ・・・しんどさの原因は外部から侵略してくるぞ!!梅雨ダルって症状はホントにあるのよね(>_<) aikoさんは「低気圧」苦手なのです。 頭痛ーるってアプリでチェックして対策しています。 怠けてる!とかではなく「身体症状」なので繊細なフィジカルの声に耳を傾けながら今日、できること一つできたのなら自分にご褒美しちゃいましょ!今朝ね。YouTubeで何気に「斎藤一人さん」出てきたのよね~「困ったことが起きてたら、  それは『困ったこと』ではなくて『学んでること』」って言ってました。ほほほーん!!確かに!!「確かに!」って思えたaikoさんの「感性」は「素直アンテナ」正常💛好奇心で突っ走っているような「暴走aikoさん??」に見えがち?かなと思っているんだけどね。←けっこう誤解を招きやすい傾向あり・・・「感性のかたまり」って自分では受け止めているのよ(*‘ω‘ *)→だから「多趣味と好奇心」が成立してるんだって思っています! どうかな?? あっているかしら?キツイこととかツ
0
カバー画像

男友達や同僚と付き合いたい!身近な人を本気で好きになった時にすべきアプローチの仕方とは?!【アラフィフ心理カウンセラー「うさぴょん」のココナラ電話相談

身近な男友達や同僚に恋心を抱くことは、特別な感情を持つきっかけになることが多いです。しかし、友達や同僚という関係から恋愛関係に発展させるのは簡単ではありません。身近な人を本気で好きになったときのアプローチ方法についてご紹介します。1. 自分の気持ちを確認するまずは、自分の気持ちをしっかりと確認しましょう。友達や同僚に対する気持ちが一時的なものではないか、自分自身に問いかけることが大切です。また、恋愛感情を持つことで仕事や友情にどのような影響があるかも考慮しましょう。2. 相手の気持ちをリサーチする次に、相手の気持ちをリサーチしましょう。相手が恋愛に対してどのような考えを持っているのか、また、自分に対してどのような感情を抱いているのかを探ることが大切です。これは、相手との会話や行動からヒントを得ることができます。3. フィーリングを共有する機会を増やす友達や同僚としての関係を深めるために、一緒に過ごす時間を増やしましょう。共通の趣味や関心事を共有することで、自然に距離が縮まります。また、プライベートな話題にも触れることで、お互いの内面を知るきっかけになります。4. 自分の魅力をアピールする自分自身の魅力をアピールすることも重要です。外見だけでなく、内面の魅力も意識して相手に伝えるようにしましょう。自分の得意なことや特技をアピールする場を設けると、相手にとっての新たな魅力として映ることがあります。5. 直接的なアプローチを試みるタイミングを見計らって、直接的なアプローチを試みましょう。例えば、二人きりの食事に誘ったり、少し特別なイベントに招待したりすることで、自分の気持ちを示すこと
0
カバー画像

不幸な人は、悪い面を見て文句を言い、何か自分が脅かされることはないか、いつも恐怖を抱いている!【アラフィフ心理カウンセラー「うさぴょん」のココナラ電話相談

不幸な人々は、常に悪い面を見て文句を言い、内なる恐怖に囚われる傾向があります。彼らの心理状態には、いくつかの興味深い側面があります。 まず、彼らは悪い面を見て文句を言う癖に陥りやすい傾向があります。何かがうまくいかなかったり、計画通りに進まなかったりすると、彼らはすぐに否定的な側面に目を向け、その原因を他人や状況のせいにすることがあります。この状態に陥ると、彼らはしばしば周囲の人々との関係を損ない、自己成長やポジティブな解決策を見逃すことになります。 また、彼らは常に恐れに囚われています。自分が脅かされることや失敗することを恐れ、その恐怖が彼らの行動や判断に影響を与えることがよくあります。この恐怖は、彼らの生活を支配し、新しいチャンスや経験を拒否することにつながる可能性があります。結果として、彼らは自分の可能性を最大限に発揮することができず、生活の質を低下させる可能性があります。 これらのパターンを打破するためには、不幸な人々が自己認識を高め、ポジティブな視点を養うことが重要です。過去の失敗や困難な状況に焦点を当てる代わりに、彼らは過去の経験から学び、成長する機会と捉えることができます。また、恐れに立ち向かうことで、彼らは新しい可能性を追求し、自信を築くことができます。 最後に、サポートシステムの重要性も見逃せません。不幸な人々は、ポジティブな影響を与え、彼らをサポートし、成長を促す人々との関係を築くことができます。家族や友人、専門家の支援を受けることで、彼らは自分自身と向き合い、ポジティブな変化を実現することができます。 結論として、不幸な人々は悪い面を見て文句を言い、恐怖に
0
カバー画像

あなたのやりたいことは「ココロの感度」を高めれば見つかる

たくさんの人たちがよく「自分のやりたいことがわからない」と悩んでいると思います。これはとても自然なことであり、所謂ライフステージやスタイルの変化によっても変わってくるものではあると思います。自分の感度のアンテナを高めるにはまずは、あなたが幼少期にやって楽しかったことや人からよくほめられた経験を思い出してみてください。私にとって教師であった祖父から誉められた経験はそんなに多くはありませんがよく好きな漫画のキャラクターを描いて上手だと誉められた経験があります。また幼い頃から動物と触れ合うことが好きで、振り返ってみると子供にも通じるとは思うのですが、共感したり相手の気持ちを察することが得意な方だと思います。これは必ずしも、「=職業」にはつながっていませんが、一つの「点」として道筋を立てるのに必要なことだと思っています。「これでお金を稼がなきゃいけない」というマインドに執着しすぎると、「本当にやりたいこと」が少しみづらくなってしまうのではないと思っています。あなたの仕事は「志事」」であり有限な時間を使って例えば「人の役に立つ」ということで信念を持って働くことができるのだと思います。まずは「今」に焦点を当てながら、自分が心地よいと感じる瞬間や感情を洗い流すことがおすすめです。その中で見えてくるものがあるのです。よく切羽詰まったように「じゃあXXしなくちゃ」と焦って不安な気持ちで取りつかれたままの人がいますがそれよりおすすめなのはやはり今(now)の状態に焦点を当ててみることです。前回の投稿で生きがいについての投稿を入れましたが、「働く」というのは勿論生活のためや社会のためというものもある
0
カバー画像

人生における豊かさとものの哀れとは

「ものの哀れ」とは、日本の伝統的な美意識の一つで、平安時代に成立した文学概念です。この言葉は、物事のはかなさや切なさ、一時的で移り変わる自然や人間関係の美しさに対する感情を表します。この概念は、特に日本の古典文学や芸術に深く根ざしており、日本特有の美意識を反映しています。 「ものの哀れ」の特徴は以下のように説明されます。 儚さの美: すべてのものは一時的で変わりゆくという認識。例えば、桜の花の美しさは、そのはかなさに由来しています。花が散る瞬間の美しさが「ものの哀れ」の核心をなしています。 共感と感受性: 人々が周囲の世界や他者の感情に深く共感し、それに対して感じる繊細な感情。これには、悲しみ、哀れみ、または愛おしさなどが含まれます。 季節の移ろいへの反応: 日本の四季の変化に対する敏感さも、「ものの哀れ」の一部です。季節の移り変わりを感じ、それを詠むことは、この美意識の表れです。 人生と自然の無常: 人生の無常や自然の変化に対する深い感じ入り。この世界の一切が常に変化し、永遠には続かないという観念。 「ものの哀れ」は、日本の文化や芸術において重要な位置を占めており、日本人の自然観や人生観に深く影響を与えています。この感情は、詩、物語、絵画、さらには日常生活の中でさまざまな形で表現されてきました。
0
カバー画像

人間の建設

文系的頭脳の歴史的天才と 理系的頭脳の歴史的天才による 雑談。「人間の建設」 小林秀雄×岡潔 新潮文庫 ***人間が新しい価値のあるものを生み出すという限りない驚異の秘密を 「情緒」という言葉で数学者の岡潔は示す。 「情緒」は創造の出発点となる。 具体的なモノゴトは  その情緒に導かれて流れるように生み出されていく。 ”意識”は ただ  邪魔をしなければいい。脳による創造性の出発点はひとつの「情緒」である。だとすれば 私たち人間は「情緒」を育み、耕し、抱くことに心を砕かなければならないだろう。 現代の混迷の中で 私たちは いかに 「情緒」を美しく耕すことが出来るのか。おススメの愛読書の1冊!ちょっと ヨレヨレになってきてしまったー。
0
カバー画像

sense of wonder

夏の数日 きまって海と山の近くで過ごします。 浜辺から森そして山頂へと続く大地に小屋をかります。ここへやってくると 電気とガスと水道のない生活がまっています。山の滋養をたくさんふくんだ伏流水を飲む。清流で身体を清める。夜は蝋燭を灯す。 拾い集めた薪をつかって火をおこす。3人の息子たちをそだてるにあたり時に荒ぶるこの大自然の恩恵を五感で感じる原体験を経験できるよう心がけました。おそらくそれは ありきたりの遊ばせかたではないでしょう。けれども 彼らが小さな赤ちゃんのときからはじめたこの冒険 自然への探索は とても楽しみでした。 夜更けに 明りをけした真っ暗な夜空にうかぶ満点の星々を いっしょに寝ころんで見上げてみたり。台風がすぎさったあとの公園へ出向き見たこともない昆虫や枝や葉っぱであふれるいつもと違う風景の公園で落ちたばかりのふかふかの葉っぱの布団にねころんでみたり。大きな大きなできたばかりの水たまりに…ばしゃーん!と飛びこんでみたり。いっしょに図書館へ行ってはあらゆる興味関心のある本をかりてきて布団の中でえらんだ好きな本を読んでみたり。物語の世界へぐーっと入りこみワクワクそわそわゾクゾクする姿がたまらなく愛おしかったです。彼らにとってはそれは夢の世界へのとびらとなる子守歌となっていたようです。自然の中を探索し感受性をはたらかせ宇宙の果てしない広さの中に心とからだをただよわせながらの時間と空間それらを経験し育ちゆくことは彼らの人生のどこかで  彼らの人間性に何かしらを与えてくれるだろうそう信じています。子どもたちの世界は いつも生き生きとして新鮮で美しく 驚きと感動にみちあふれて
0
カバー画像

「詩心」を育てる 

              作詩 北村敦私たちは どんなときに 喜びを感じるか? 自分自身の内部に 秘められたものが  外部に飛び出し 溢れ出したときだ 私たちは どんなときに 幸せを感じるか?  自分の表現したものが 人に喜ばれ 認められたときだ 私たちは なぜ 言葉で表現するのか? 相手に自分のことを分かってもらいたいからだ 私たちは なぜ  言葉で表現しなければならないのか? 言葉が 自分の思いを伝える 最も有効な手段であるからだ 私が なぜ 子どもたちに 詩を作らせるのか? それは子どもたちの「表現力」と「想像力」が  磨かれると思うからだ 私が なぜ 子どもたちに詩を作らせ 鑑賞させるのか? それは子どもたちの「繊細な精神」や「感性」が  養われると思うからだ 私は 「詩心」を持つ人を育てたい 私は 人の気持ちを自分事のように 想像することができる人を育てたいのだ 私が言う「詩心を持つ人」とは どんな人か? 毎日の生活の何気ない平凡な事象や出来事の中から  進んで喜びを見いだそうとする人なのだ 私が言う「詩心を持つ人」とは どんな人か? 幾何学的精神にとっては  ただの冷たい機械的な事物事象にも 生気と命を吹き込んでいける人のことなのだ 私は 子どもたちに 自分の気持ちを  自分の言葉で いきいきと表現させたいのだ 心の表層だけで 悲哀や楽しみを感じて 満足するだけの感性でなく 心の底から思いが 溢れ出すような  そんな 「詩心」を持った人間を育てたいのだ!
0
カバー画像

2026年『石で出来た大きな聖書』はいよいよ完成

『ガウディとサグラダ・ファミリア展』に行ってきました。誰もが知るスペイン建築家のアントニ・ガウディの代表作、未完の聖堂サグラダ・ファミリア。ガウディは設計図をあまり描かず、模型を重要視したと言われています。中でもフニクラ(無数の紐と錘で構成された逆さ吊り模型)という設計の手法には驚嘆の声を発したほど。美しい3次元の曲線はこのようにして生まれたのか・・・。見てみないと理解に苦しむ手法です。次々と紹介されるガウディの設計プロセスは独創性の極みと確信しました。彼の遺した数々の名言の中で、『世の中に新しい創造などない。あるのはただ発見である。』この言葉が印象に残りました。人間には新しいものを生み出すことはできない。全てのものは自然界に存在している。できることは誰も見つけていなかった発見のみで、その存在の新たな組み合わせを実現しただだけに過ぎない。自然の中にこそ最高の形があると言うガウディの信念。それは自然に対するとてつもない「畏敬の念」だと気づかされました。展示の終盤には、ガウディが現代を推し量り、怖れを知らない人間を戒めようとしたのか?とさえ思えてきました。ガウディの思想を想像し、次々と湧き起こる心の動きに、誰もが認めるサグラダファミリアは故に芸術なのだと思いました。73歳で亡くなったガウディは、サグラダファミリアに埋葬されています。いよいよ2026年(ガウディ没後100年)に『石で出来た大きな聖書』は完成と言われています。その姿を見たすべての人はどのように心揺さぶられるのだろうか?
0
カバー画像

shinjiのつぶやき日誌㉕

今日は絵描きの目が普段どういう感覚で日常の風景が見えてるかってお話。個人差はありますが、基本、私は絵描きモードと日常モードというのがある。絵描きモードのときは、日常の風景や物を見た時、それが一枚の絵に見える・・・・とかではない。例えば、黒いコップを見たとする。それはただのコップだなって思うのは普通なんだけど、私の目には黒いコップという認識をしない。言ってる意味が分からないと思うけど、私には黒色には見えない。知っている人は多いと思うけど、光には反射光というものが存在する。例えば、床がベージュの木材だとすると、ほんのわずかだか反射光によって黒いコップが黒ではないと分かる。更に近くに青色のカバンが置いてあるとすると、今度はそっち側の反射光で黒色ではなく若干青色が混ざる。極端に言うと、物体が可視できるのは光が当たっているからであって、光を通して人間の目は物体と認識している。これ、アインシュタイン先生の考えだっけ?違ったかも…。忘れた!まぁ極端に言えば光の構成で物体を認識するのが私の絵描きとしての目である。漫画を描いていた時、背景にトーン(漫画でちょっとグレーっぽく影を表現するやつ)ばかり貼っていて、気づいたら実際の背景の影が全部トーンに見えたことがある。これは某有名漫画家も言っていたけどホントにそうなる。影って光の当たる場所から遠ざかる程ぼけていくよね。そのボケ具合や、他の影との混ざり方等を見てたりする。もう一つの目は遠近感覚である。例えば、近くにあるものは彩度や形の正確さがくっきり見える(当たり前)だけど、遠くにあるものほど実際の色より色の彩度が薄くなる。これは遠くの山を見ると緑が薄
0
カバー画像

渡り鳥の行動は規律なのか習性なのか

昨年、越してきた今の住居は、ベランダでタバコを吸っています。私は5年程前にも、ここの近くに住んでいた経験があります。 雪解けが始まったころから多くの渡り鳥が鳴きながら飛んでいきます。 いつも思うのですが、先頭を頂点に三角形の陣形なのです。 どの群れも同じように飛んでいきます。 タバコを吸いながら、鳥の行動は空気抵抗か何かの理由があってのことなのかと考えさせられました。 一昨年まで住んでいた場所とは10キロメートル程しか離れていませんが、そこでは、こんなに多くの渡り鳥は見掛けませんでした。 5年程前までも、同じように多くの渡り鳥を見掛けていたので、今の住所地は渡り鳥の通過点なのだと気がつきました。 渡り鳥のなかに組織的な規律が定まっているのか、それとも持って生まれた習性なのかが気になるのです。 私たち人間にも習性はあると思いますが、度々、人間はその習性に逆らおうとしていると思います。 良いモノは良い、悪いモノは悪い。 人それぞれ良し悪しの基準は違うでしょうけど、良いモノでも悪いと言う場合や、悪いモノでも高い評価をするケースがあると思います。 それは習性ではなく、こんな社会で生きていかなければならない私たちが身を守るためのルールだと思うのです。 統一地方選挙が始まり、悪いモノと知っていても投票する人がいます。 それは、こんな社会で生きていかなければならない私たちが身を守るためのルールなのだと考えます。 また、悪いモノばかりだから投票しないという人もいるでしょう。 そういう人は習性を大切にしているように思います。 面倒くさいという感覚は習性ですよね…。さて、私が言いたいことは、習性だ
0
カバー画像

センスを磨く

いつもごらんくださりありがとうございます☆昨日は冬に逆戻りで霙交じりのお天気で寒かったww今日は打って変わっていいお天気でウォーキング時に春を感じました☆だいぶ春だった♡雪柳は咲き始めていたし梅の香りは漂い 心地よかったしレンギョウは芽が伸びていたしさくらのつぼみは茶色から黄緑色になっていた♡こんにちは、さくらです❀本日のテーマ「センスを磨く」について書いていきたいと思います。あなたはセンスってなんだと思いますか?人それぞれの内面にある感覚的なもので、感じ方、理解の仕方、あるいは表現の仕方に現われ出るもの。特に、ちょっとした行為や微妙な事柄についていう。ググってみたらこんな感じでした。「センス」とは、直感や感覚、感性などを駆使して、優れた判断や行動を行う能力のことを指します。人間の持つ「感覚」という能力を基盤にしており、繊細な感性や洞察力、直感力、判断力、発想力などを含みます。センスは、芸術やデザインなどのクリエイティブな分野だけでなく、スポーツやビジネスなど様々な分野で求められる能力です。例えば、音楽のセンスやファッションのセンス、商業的なセンス、運動センスなどがあります。ただし、センスという能力は、一般的には生まれつき持っているものと考えられていますが、訓練によって磨かれたり、環境や経験によって磨かれたりすることもあります。chatgptに聞いてみたら↑のようなお答えでした。ググったほうのお答えよりchatgptのほうが私は好きだなと感じました。それは”優れた判断や行動を行う能力のこと”という一文っが入っていたので。センスが良い、人は選び取る、入ってくる情報も全く変わってく
0
カバー画像

格言

天才は1%の霊感(インスピレーション)と99%の汗から成り立っている。 【解釈】生れつきの天才などいません。ちょっとした思いつきをもとに懸命な努力をしてそうなるのです。エジソン アメリカの発明家 出典-新聞インタビュー 梅個性(大物):https://coconala.com/blogs/2722005/228651 松個性(城) :https://coconala.com/blogs/2722005/228889 桜個性(人) :https://coconala.com/blogs/2722005/228829 リズム意味 :https://coconala.com/blogs/2722005/215858 1000円クーポン:https://coconala.com/invite/B5QXX3
0
カバー画像

時代と感性

こんにちは皆様。年末ですがビビアンウェストウッドさんが亡くなってしまったそうです、ご冥福をお祈りします。このビビアンウエストウッドさんってデザイナーなんですが、パンクファッションで有名。たぶん、女性の解放って感じのパンクなファッションをデザインしていたのです。デザイナーで女性を解放させると言えば、ココシャネルが居るのですが、ココシャネルとは真逆のデザイン。ココシャネルは女性を解放するために、コルセットを止めて動きやすくしたのですが、ビビアンウエストウッドは思想の解放の為にもう一度コルセットを付けた人。時代が違うと人間の解放って違ってくる、基本的な善悪とかは変わらない筈だけど、細かい感性は反対に見える状況に成ったりする。時代と感性は難しい、時代で変わってしまうのだから。いつも、有難う御座います。
0
カバー画像

独りよがりでもいい!「一次情報」にこそ価値がある

昔はネットで調べ物といえば、YahooかGoogleの検索窓だけでした。SNSも含めたネット媒体の普及で、あまりにも情報が溢れ、自分では整理できずに判断がつかないことが多くなったように思います。情報の整理も他人まかせそうした中で、まとめ情報やランキング、おすすめ情報など、判断や選択を助けるコンテンツが定着してきています。とくに私たちに影響を与えるのが、レビュー情報です。ブログでも動画でも、未だ触れていないものやサービスに、先んじて触れた人たちの率直な意見や感想は、ものやサービスの作り手や売り手発信の情報とは、比較にならないほど説得力をもって私たちの心に飛び込んできます。実は感性や勘に頼っている一方で、さまざまに整理された情報を受けたとしても、それに100%依存した選択をしているかと言えば、そうでもなく、最後の決め手は自分の感性や勘でに頼っている面も無視できません。自身を振り返るとホントそうです。「後悔しない選択」というのは、結局、自分が決めているかどうかがポイントだと思います。選択や判断を他人に委ねすぎてしまうと、うまくいかなかった場合には、責任逃れや責任追及しか生まれてきません。それは極力避けたいですね。自分の体験と実感をそのままに自分の頭と心と体で感じたままの事実こそが「真実」であること。それを誰しもの本心が欲しているように思います。私から見れば、情報に振り回されてしまって、自分の判断や行動にその情報を活かせていない人がいわゆる「情報弱者」だと思うのです。モノも情報も、多ければいいというものではなく、むしろ必要最低限でいいように思います。自分の感性や勘を磨くために・いいもの
0
カバー画像

自分で経験するのが大事らしいですよ

こんにちは皆様。メモを読んでいると自分が何を調べていたのかな~何て思う時が有る、別にそのまま捨てても良いのですが、おおーこれ気になってたって言うのもある。VR、ARによる地域価値の発見、それにより社会との対話、共感が生まれる。今の時代VRだよなーと思っていたので、その旨を三女に伝えると、こう返された。「こんな時代だからこそ現実が目にしたものが良いんよ。」折しも三女がVRの仕事をしている時だった。「エ~、そんな仕事しているのに、VRでないと出来ないことあるでしょ。」と返す。「あのね、演劇とかで違う方向から見せるとか、行けない所を見せるとかは良いけど、自分の目で見るのには敵わないんだよ、服だって着て確認した方が良いでしょ。」と答えた。そうかー、扱っている人はそう考えるのだな、何となく納得してしまった。確かに見る自体はVRでもいいけどそれに付随する、匂いや触感は行かないと分からない。人間ってやはり感覚を総動員して生きているのだから、それだけで終わりには為らない者なのかも知れない。幾ら水槽の絵に餌をやっても、何処までいってもあの水の匂いや、目が離せない感覚は出来てこないんだろうな。社会に繋がるためにVRもARも必要になってゆくのかもしれない、それでも感覚や感性は自分で経験してこそ理解できるのかもしれない。いつも、有難う御座います。
0
カバー画像

世界の解像度を高める

こんにちは。毎日暑いですね…(-.-;)熱中症には気をつけたいものです。さて、最近読んだ本で面白いことが書いてあったのでひとつご紹介です。陶芸家のSHOWKOさんという方の「感性のある人が習慣にしていること」という本です。私はこちらを買い物途中に手に取ったのですが、ちょうど自分の欲しいものや服を選ぶのに苦労していたところに書店のPOPが目に留まりました。流行だったり、周りの反応を窺って選んだものは自分が本当に良いと思ったものですか?みたいな感じだった気がする…。今の情報社会、流されずにいることは簡単なことではなく誰しも無意識レベルで自分で選ぶことを疎かにしているんじゃないかとハッとさせられます。例えば、口コミを参考にして物やサービスにお金を払うのは誰でも当たり前のようにやっていることだと思います。それが悪いということではなく、溢れる物やサービスの中から条件に合うものを探す方法として効率的なんだとは思います。ただ一方でトレンドや他人の評価に左右されず、自分に合った服を着こなし、その人らしいインテリアや小物に囲まれ、自分だけの趣味や嗜みをもっている。常に自分らしい生き方がぶれていない人を羨ましく思ったことはないでしょうか。私は憧れます。すぐ人に影響されるので…笑そしてそんな人を見て思います。「センスのある人だな」「感性の鋭い人なんだな」そこで出てくるこの「感性」というもの。ものを作る人なら誰でも持っていたいと思うもの。いや、仕事に関係なく誰でも持てるものなら持ちたいですよね。「感性」と聞くと、生まれ持った「能力」や「才能」と感じませんか?自分にはセンスがないからとか、私はアーティス
0
カバー画像

「感性を磨く」ってどういうこと?

好きな食べ物は「地鶏」「イカの塩辛」「メロン」が好きなむらいちです。 嫌いな食べ物は「酢の物」「甘酒」ぐらいでしょうか。お酒は嗜む程度ですが、お酒のおつまみは基本大好きです。 今回のテーマは『「感性を磨く」ってどういうこと?』です。 人の内面を表現する時に、たまに 「感性が鋭い(豊かな)人」(想像力が豊か、天才肌、ミステリアス、共感能力が高い) 「感性が鈍い(乏しい)人」(あの人は理解しがたい、難しい人、表現力が乏しい) と表現することがありますよね。 どうせなら、感性が鋭い人、豊かな感性を持つ“かっこ良く見える人”“キレイに見える人”になりたいですよね? 私もそう思い、調べてみたのですが、感性とは 「物事を心に深く感じ取る働き」 と出てきました。 これはどういうことかと言いますと、 ◯絵を見て「これはどういう感情で描いたのだろう?」 ◯音楽を聞いて「これはどういうメッセージを伝えたいのだろう?」 ◯文章を読んで「なぜ、この人はこんな事を言うのだろう?」 など 「物事を深く掘り下げる、深く感じることができる感覚」 であり、これが 「感性を磨くこと」 なのではないでしょうか? (感性を深く感じ取るその“幅を広げること”が「感性を磨くこと」なのかも知れませんね) そして、この物事を「なぜ?」「どうして?」と深く掘り下げていくトレーニングを少しずつしていくことが、 「コミュニケーションをする上での共感能力をアップさせる取り組み」 「会話の相手の気持ちを汲み取る能力」 「より深く考えている姿がカッコよく、キレイに見える」 につながっていくと予想できます。 もちろん、ずっとそんなことをす
0
カバー画像

惑星

こんばんは。LAMPLIGHTER(ランプライター)という屋号でタロット占いを中心としたサービスを提供しております。タロット占い師のRachel(レイチェル)と申します。一瞬でもブログに立ち寄って下さり本当にありがとうございます。第22回のブログは「惑星」をテーマに投稿します。最近本格的に西洋占星術の勉強を始めました。商品にするほどの知識はないので少しずつタロットリーディングの参考材料として取り入れていきたいと思います。占星術の書籍を読む際によく流す音楽があります。Gustav Holst(グスタヴ・ホルスト)の組曲「惑星」です(単純)。勉強を始めてから聴きたくなってYouTubeで動画を探していましたら、サムネイルの指揮者さんの動画を見つけました。Susanna Malkki(スザンナ マルッキ)というスウェーデン出身の女性指揮者です。この方の組曲惑星の火星は音楽も指揮者も好戦的でカッコ良いので、興味があれば検索してみて下さい(^_^)ホルストの組曲惑星は火星と木星が有名ですが私は土星も好きです。各惑星の占星術的な象徴を管弦楽で表現していてギリシャ神話を見ているようで圧巻です。(学生時代に吹奏楽をかじっていただけなので、音楽知識はほぼありませんのでご容赦くだい)年を取ると涙もろくなると言いますが、私は30代に入ってから芸術・クリエイティブ作品に触れると泣きそうになります。いや、泣いております。兵庫県立近代美術館で行われたコシノジュンコ展を観た時、スペインでガウディ作品群を観た時、映画、アート、アニメ、音楽・・・「これを人が造り上げたのかー!」と思うと、想像力の無限大さとそれを
0
カバー画像

人間関係について

こんにちは(*^^*)お悩み相談、カウンセリングをさせて頂いていますまさこ☆です今日は人間関係について書いてみようと思いますあの有名な著書「嫌われる勇気」のアドラー昔の偉い心理学者の方です。その、アドラーは「人の悩みの全ては人間関係だ」と唱えています。何の悩みも全て人間関係に結び付く悩みなのだそうです。この春、新社会人、進学、進級・・・でまた新しい人間関係を築いていく季節です。そんな方々にエールをこめて、新しく人間関係を築いていく際のコツをお伝えします。周りに馴染めなくても、すぐに仲良く慣れなくても焦らない事、落ち込まない事。焦って色んな人に自分をアピールしても、相手がどう受け取るかは解りません落ち込んで、くらーい顔をしてても、誰も相手にしてくれないどころか離れていきますまずは、これだけやっておきましょう私は、ここに仕事(勉強)をしにきてるんだから、それをまず頑張ろうと意識をそっちに持っていきましょうそして、いつも上機嫌で明るくいる事。一生懸命にすべき事をしながらも、笑顔で上機嫌で、何ならその場を楽しんでいる。自分が、それをするって難しく感じますよねでもー--よーく考えてみて下さいあなただったら、そういう人と仲良くなりたいと思いませんか?そうです、あなたが、そういう人になってると、自然と周りからこういう人と仲良くなりたいと思われますそして、同じような人が集まってきます引き寄せの法則です(*^^*)新生活のスタートを切る皆様、頑張りましょー無理はせずに(*^^*)辛くなったら、いつでも頼ってくださいね。応援してます(*^^*)
0
カバー画像

早起きは三文の徳

\ ご覧いただきありがとうございます / タイトルとは打って変わって、たくさん寝てました。。。一日そういう日があると生活リズムがズレちゃうので気を付けないといけませんね。。 そういえば、三文って今で言う現代の100円ちょっとくらいの価値らしいです❕知ってましたか? 昔から『三文とは・・・』と疑問でしたがお菓子が買えるくらいのお得になるみたいです。1日では小さいですが、1ヶ月で3,000円、1年で36,000円と思うと大きいですよね❕ 何事も継続と積み重ねは大きいな、と思いました。 話がずれましたが、私もありがたい事にたくさんの画像作成の依頼を頂けるので作成スピードやデザインの想像力、デザインの幅や出来ることがどんどん向上していると自分で思えるようになって来ました。感性を豊かにしていけるのは嬉しい事ですね。 自己満足ではいけないので、喜んで頂ける様な物が作りたいですし、これからもスキルアップしていけるよう精進していきます‼︎ もちろん、WEB制作の方も頑張ります!ですが色々とデザインについて悩み中です。。 では、本日も頑張りましょう♪
0
カバー画像

きれいにしたからしあわせになるのではなく、感性を磨ききれいにしたいからしあわせになるのだ。

いつもご覧くださりありがとうございます☆甥っ子が就職しました。ホテルマンになります。彼は英語力もあるし、ほんとうにいい子なの。私は甥っ子が大好き。そのホテルのカレーが絶品なのだそう。今度泊まりに行くからね♡ お泊りに行きたい、さくらです❀さて今日のテーマは「きれいにしたからしあわせになるのではなく、感性を磨き、きれいにしたいからしあわせになるのだ。」について書いていきたいと思います。最近よく考えることなのだけど。ゴミ箱がゴミであふれてしまっている人がいました。wwwなんできれいにしたくないのだろう。気にしてほしい。毎日業務の終わりに捨てればいいのに。そして「トイレ掃除」をするとしあわせになれる、金運が上がるとか聞きますね。最初はしあわせや金運のために掃除するのもいいかもしれません。でもこの考え方は、矢印が反対向き。ゴミ箱もトイレも。部屋も。きれいにしたい感性を持ち”きれいにが当たり前”だから当然に金運もしあわせももれなくついてくるの。ということをいっぱいのゴミ箱から感じました。でも、まずは金運やしあわせのためにでもいいのでゴミ箱を毎日空にし、トイレをきれいにしてみましょう。そのうち。きれいな状態がいい状態という感性が育ち後戻りできなくなります。今日も人生最高の一日。ではまた!
0
カバー画像

「人生息苦しく感じる原因」は、脳の使い方にあった!

こんにちは、さらです♪はじめて、ココナラさんでブログを書いています(^^)私は、傾聴歴25年、ずーっと人と向き合う仕事をしてきました。とにかく人とコミュニケーション取るのが好き、新しいことへのチャレンジが好き、なぜなら、そのチャレンジの過程や、その先にいろんなタイプの人と出会うのが好きだから、そんな人間です。それで、ツアコンやったり、訪問販売したり、長いこと人と関わる仕事をしてきました。それなのに、、、ネット・ビジネスでラクして稼ごうと思ったんですよね(;'∀')「4つの自由を手にい入れろ!」っていうキャッチフレーズにやられました。時間の自由、経済的自由、精神の自由、仲間の自由。パソコン一台で稼げて、場所を選ばずに旅行しながら暮らせる。・・・憧れました笑それで、高額塾入ったり、ネットで仕組みづくりをやったり、ブログを書いたり、頑張っていました。でも、確かにいいかもしれないけど、それは、私が本当に望んでいることじゃぁなかったのかもしれません(;'∀')そう思い出したのは、なんでこんなに手が止まるんだろう、やることは見えているのに、進められないんだろうと自分を見つめた時でした。頭でいろいろ考えて、考えすぎて、もはや自分の感情とか気持ちが、わからない状態、思考もとっちらかっている、でも焦っている状態でした。。。もうヘトヘトになって相談したり、思考の整理整頓をいろいろ試みたら、右脳と左脳のバランスが全然取れていないんだってことがわかりました。(本当は、右脳が女性性、左脳が男性性、という考え方は間違えだそうですが、わかりやすいので、そんな風に捉えています。)考えてみれば今のこの世の中、社
0
カバー画像

【幸せとは何か】うつ病が家族を変えていく。

2022年1月私たちは、大家族(夫・妻・長女・長男・次男・三男※妊娠中)です。私たちのように、家族でうつ病を抱えるパートナーをお持ちの方は多くいると思います。その中で、病気がきっかけで家族の関係・生活・接し方など多くのことが変わっていくことがわかりました。下記に私の実体験を少しまとめました。共感いただける方いましたら幸いです。《変わっていく。》最初に異変があったのは5年前の冬でした。妻が長女を出産し、3人で暮らし始めて1年が経過しようとしていたころです。私は、仕事で平日の昼間は家にいない状態で、妻と長女で過ごしていることがほとんどの状態でした。1人目の子供で不安なことが多くあったでしょう。少しずつ妻が落ち込んでいくのがわかりました。そのうちに、夜に一人で散歩など行くようになり、少しずつ悩みの相談を受けることもなくなりました。私は、悩みを打ち明けてくれない状況を少し気楽にとらえていたのかもしれません。土日は私が仕事が休みで、なるべく出かけるように心がけていました。出かけているときは、妻の心も明るくなり笑顔も多く会話も多くなっていることは感じていました。また、なるべく生活に変化を取り入れるようにしていたつもりでした。そんな中、仕事の都合で転勤のタイミングがあり、知り合いのいない土地に引っ越すことになりました。(大きなターニングポイントとなります)引っ越した先で、新しい生活が始まります。そこでも、なるべく休日や帰宅後に少しずつでも自宅内に変化を入れようと皆で努力しました。家具のレイアウトを定期的に変えたり、週末はドライブに泊りがけで出かけたり、好きな温泉なども沢山行きました。ですが、
0
カバー画像

♪真っ直ぐな感性という希望

♪凄く気になってしまって以来、今も頭を離れない、こんなお話があります。小学校低学年の国語の授業中、次のような筆記テストが出題されたそうです。 (問)次の日にちを漢字で書きましょう。 * いちがつさんじゅういちにち * さんがつよっか * ごがつじゅうくにち みなさんは正しく書けますか? ★ ネット上より拝借 おふざけ 柔軟な頭の運動 どう解釈しますか?そしてここからが重要なポイント。 以下の回答、アナタが採点者なら、正解 / 不正解、どっち?* いちがつさんじゅういちにち → 二月一日 * さんがつよっか → 三月五日 * ごがつじゅうくにち → 五月二十日 『次の日にち(※この解釈)』 が 『漢字』 で 『正しく』 綴られています。 ( ^-^ ) 子どもたちの真っ直ぐで斬新な感性、何人たりとも奪うなかれ! 或 頁生(ある ぺじお) #332 / 4903.
0
カバー画像

多様性の時代

こんにちは皆様。世界では金継ぎがブームになっているらしい。金継ぎとは、欠けた食器類を漆で継ぎ、金などの金属粉で装飾を施して仕上げる日本の伝統的な修繕方法です。金継ぎの始まりは室町時代頃だと言われていて、輸入されていた陶磁器は非常に高価、割れてしまったりしては勿体ない。漆技術で補修し使い続ける金継ぎという技法で修復したのが始まりらしいです。傷を隠すのではなく修復して、尚更美しくして愛でようと考えたのが、哲学として世界に受け入れられたのかも知れない。話は変わるが義足のモデルさんもいるらしい、ハイヒールでランウェイを歩くつもりだそうで、その気概は目を見張るものが有る。多様性の時代になって、完璧と言われるものだけが美しいと言われる時代は終わってしまった自分もきっとこれまでの感性で、受け入れるものとそうでないものを勝手に区別しているのかも知れない。危ない。しなやかな感性と言うが、しなやかでいるのは勉強する時間を取らなければいけない。生活で目いっぱいの人はそれが出来ない、忙しい時代殆どの人がそうじゃ無いのかな。時たまで良いから自分を見つめて感性の見直しに入った方が良いかも知れない、それはとても難しいのだけれど。金継ぎみたいに継ぎ接ぎして、それが元の物よりももっと良くなっているのを見るのはきっと楽しいのだ。これからも感性を磨かねばと思った今日である。いつも、有難う御座います。
0
カバー画像

早起きは三文の徳

\ ご覧いただきありがとうございます! /Reina Design代表のWebデザイナーの長岡怜奈と申します😊タイトルとは打って変わって、たくさん寝ておりました←一日そういう日があると生活リズムがズレて来ちゃうので気を付けないと💦そういえば、三文って今で言う現代の100円ちょっとくらいの価値らしいですよ😲あ、知ってましたか?笑昔から『三文とは・・・』と疑問でしたがお菓子が買えるくらいのお得なんですね😌1日では小さいですが、1ヶ月で3,000円、1年で36,000円と思うと大きいですよね(°_°)笑何事も継続と積み重ねは大きいな、と思います!話がずれましたが、私もありがたい事にほぼ毎日画像作成の依頼を頂けるので作成スピードやデザインの想像力、デザインの幅や出来ることがどんどん向上していると自分で思えるようになって来ました٩( 'ω' )و←ぇ感性を豊かにしていけるのは嬉しいですね♪自己満足ではいけないので、喜んで頂ける様な物が作りたいですし、これからもスキルアップしていけるよう精進して参ります!😊笑もちろん、WEB制作の方も頑張ります!が、色々とデザインについて悩み中です😅←では、本日も頑張りましょう♪
0
カバー画像

感性って何だろう??

辞書で調べると 1 物事を心に深く感じ取る働き。感受性。 ムムムム?物事を心で捉える力かな???? 岡本太郎さんが、抽象的だけど参考になるお言葉を本に残されているのでご紹介させていただきます。 「感性をみがくというのはおかしいと思うんだ。 感性というのは、誰にでも、瞬間にわき起こるものだ。 感性だけ鋭くして、みがきたいと思ってもだめだね。 自分自身をいろいろな条件にぶっつけることによって、 はじめて自分全体の何かに燃えあがり、広がるものが感性だよ。」 だそうです。ムムム。動かないとだめってことが・・・ 動いて何かを感じるのが感性か!すごいな、岡本太郎さんの絵も好きだけど、人間力もすごいですね。俺もガンバルゾ!ここからは宣伝。かわいいイラスト書いてます。使ってちょ。
0
カバー画像

#2.ちいさいころからディズニーな家族でした

わたしの育った家庭は物心ついたときからもうディズニーのパークには年に数回訪れる家族で、年パスほどでもないものの、幼いなりにパークの全体を把握していました*中学生の時に初めて家族外で遊びにいって以来どんなあつまりでパークに行っても、ありがたいことにだいたいみんなの意見をまとめながら『先導』させていただいてます(笑)ショーパレ派、アトラク派などの言葉がありますがわたしは分かれるならばアトラク派寄りなのかもしれませんが時間が合えばショーもパレードも立ち止まります!でも、、、その2つならば圧倒的にアトラクのほうが、経験値はあります。笑ちいさなころ、家族と行っていたときは私 と 弟の【年子姉弟】で【女子わたし