絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

26 件中 1 - 26 件表示
カバー画像

生き方を変えた5つの言葉-1

1.人を認める 🔴自他を受容れる-心身の活動⇒人として認める 🔲認めるステップ 💟心の原点-認知承認活動「認める」💟 私達は、他者に生かされ、認められながら日々生活をしています。 みんな他人に「認められたい」と思う気持ちは、 人間である以上多少なり持っています。 しかし、何人、何事に対しても「認められたい」「認めて欲しい」「認めさせる」などと言った「見返り」を望み求める意識の心身の活動は、 決して良い結果を生まないことが多いと思われます。 人に、「認められたい」と思うなら、 先ず、「認める」活動に専念すべきと思います。 例えば、挨拶。挨拶の語彙を知っていて、★誰にでもこちらから進んで挨拶する人。★認められたいから、こちらから挨拶する人。 ★その時の気分(感情)で、挨拶をする人。 ★好きな人・認めて欲しい人・  認めさせたい人だけに挨拶する人。 ★挨拶された人だけに返す人。 このように挨拶一つを取って見ても、 色んな認証の活動があります。 他人に「認められる」=承認欲求満足は、自他を「認める」活動の結果と捉える 「認めて貰いたい」や「認めさせたい」、 「自己アピール(顕示)」を意識し、 何らかの『見返りを求めたり、望んだり』する 言動や態度は「認められない」要素の一つとなると、 いつでも意識して置いた方が良いでしょう。 今の日本の社会で薄れつつある意識を表している 「美しい花は、己の綺麗さを知らず可憐に咲いている」 の語は、私達日本人の控えめで慎ましい心、 侘び寂びの心を表現している言葉です。 それは、日本の心とも言え「おもてなしの心」です。 五つの感覚&意識を以って他者を認め
0
カバー画像

■相続人調査は、どうして必要なのでしょうか?

相続人調査という言葉を聞いたことがあるでしょうか。相続人が誰なのかは、わかりきっている、調べる必要はないのでは? と思う人は多いかもしれません。 しかし、実際に調査をしてみると、自分の知らない相続人がいることが判明したということも、珍しくありません。 たとえば、被相続人が家族に内緒で子を認知していた、あるいは他人の子と養子縁組していた、先妻の子供がいた、というような場合です。 相続人の調査には、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍を取らないといけません。 実際には、被相続人の死亡時点の戸籍を取り寄せてから出生時点までさかのぼるのが、一般的な方法です。 つまり、被相続人の最後の本籍地で戸籍(除籍)謄本を取り、それをもとにそれまでの戸籍あるいは除籍謄本、改正原戸籍(書き換えられる前の元の戸籍)の謄本を、出生までさかのぼります。 本籍地が遠方の場合は、市区町村役場に郵送で請求することもできます。 ホームページから交付申請書をダウンロードして使えることができます。 手数料は、定額小為替で支払います。
0
カバー画像

認知再構成法

ネガティブな考えが頭の中に浮かんでしまうと、気分も体の反応もなんだかよくないですよね。例えば「学校で仲良しの数人の友人が○○に寄って行こうと話し合っていた。」こんな状況に出くわした時、瞬間的にパっと浮かんが思いは何ですか?「私は誘われないんだ」「仲間外れにされてる。」「私、嫌われている」とネガティブな想いが浮かんでしまいがちです。このネガティブな思い、考えは「焦り、悲しい、イライラ」などのネガティブな気分をもたらします。そこで認知再構成法です!そのパっと浮かんだ考えを裏付ける根拠は何ですか?・仲間が○○に寄って行こうと何人かで集まって話し合っていたが、私はその中に参加できていない。となります。これは確かに事実です。では次にその文を「しかし」「や「でも」で繋がるように、根拠を覆す反証を考えを出してみましょう。・ほかの仲良しな何人かもその中に参加はしていなかった。はい、これも事実ですね。この二つの事実を繋げてみると【仲間が○○に寄って行こうと何人かで集まって話し合っていたが、私はその中に参加できていない。でも、ほかの仲良しな何人かもその中に参加はしていなかった。】さて、この文面を読んでみて、あなたはどう感じましたか?・私だけ仲間外れにされたわけじゃないんだ。・そもそも仲間外れじゃないし。・たまたま数人が集まっていたらか、その場のノリで行こうという話になったんだろう。・もしかしたら、後で私にも声をかけてくるかもしれない。すると今まで感じていた「焦り、悲しい、イライラ」は幾分楽になっていますよね。認知を再構成したことにより、ネガティブだけが渦巻いていた思いが、バランスのとれた思いに変わ
0
カバー画像

対人関係の原点「認める活動」-診断

〇認める意識と態度を振返る-認知診断(自己評価) -抜粋 【採点】出来る=3.時々=2.わずかに出来る1.出来ない=0. 1.こちらから自発的に声をかける。(  ) 2.ひと言の「はい」の返事をキチンと返す。(  ) 3.利己的な「かもしれない」の言葉は極力避ける。(  ) 4.共鳴、共感に心掛ける。(  ) 5.自ら積極的な心の感じるお辞儀、挨拶をする。(  ) 6.常々感謝の心を表わし伝える言動する。(  ) 7.誠心誠意を表わし示す態度をとる。(  ) 8.相手の意思を尊重する。(  ) 9.信用、信頼を表わす言動をする。(  ) 10.相手の目を見て会話する。(  )=アイ(愛)コンタクト 11.相手と同じ目線、同じテーブルで会話する。(  ) 12.相手の小さな変化を見逃さない。(  ) 13.常に冷静沈着に心掛ける。(  ) 14.相手の能力に合わせて会話する。(  ) 15.話すより聴く(聞く)ことに重点を置く。(  ) 16.相手の立場を会話の中から知るように努める。(  ) 17.相手の話の腰を折ったりはしない。(  ) 18.相手の心身の状態を察知した上で、適切な態度や言葉使いをする。(  ) 19.何故の心を持ち、相手の心理状態の心配りをする。(  ) 20.先ず肯定し、誤っていた時は諭す。(  ) 21.相手が誠意を感じる態度で接したり、話を聴いたりする。(  ) 22.相手の話に頷いたり相槌を打ったりしながら会話する。(  ) 23.相手が話し易く、聞き入れ易い雰囲気作りに気配りする。(  ) 24.見
0
カバー画像

対人関係・おもてなしの礎 認める-其の3

 活動おもてなしの原点「認める」「認められる」 〇「認める」ステップ 観察する☞見つける☞認める☞信じる☞信頼する☞尊敬する  イ) 認められる→褒められる→信認される→    親しまれる→信頼される→尊敬される→表彰される ロ) 自分自身→肉親・親友→仲間→     周りの人→会社(組織) →社会 〇認める言動 1. 結果を具体的にとりあげ、ほめる。 2. 積極的に聴く。 3. 同意したら身振りで示す。 4. 意見を目の前でメモする。 5. どんな意見でも先ずは受け入れる。 6. 自分と違った意見でも歓迎する。 7. 感情を込めて表現する。 8. 助力を求める。  (いかに問題を解決するかについて意見を求める。) 9. あることが成され、それが良い結果を齎した時は、     その原因と結果を併せてほめる。 10.自らの誤りを素直に省みる。 11.他人と自分の心を受け入れる。 12.相手の考えを真面目に本気でとりあげる。 13.己の損得を考えず私心を持たず会話する。 14.平らに心掛け、感情的にならない。 15.当たり前のことでも、先ず褒める。 ・・・・・など。 〇認める「ひと言」-例 ◇「おはようございます」「お疲れ様です」など挨拶言葉の徹底 ◇いつも感謝の言葉「ありがとう」のひと言を添える。 ◇「はい」の返事は正対し、心を込めて。 ◇「○○さんなら、出来るよね」 ◇「是非○○さんに、お願いしたい」(○○さんに、是非お願いしたい) ◇「○○さんしかいない」 ◇「責任持つから、やってみたら」 ◇「好きなように、やっていいよ
0
カバー画像

おもてなし・対人関係の礎【認める】-其の1

対人関係・おもてなしの原点「認める」=承認欲求満足 〇人間関係の原点「認める」 私達は、他者に生かされ、認められ 生かされながら日々生活をしています。 他人に「認められたい」と思う気持ちは、 人間である以上みんな多少なり持っています。 しかし、何人、何事に対しても 「認められたい」「認めて欲しい」「認めさせる」 などと言った 「見返り」を意識した活動は、 決して良い結果を生まないことが多いと思われます。 人に「認められたい」と思うなら、 先ず自分から「認める」活動に専念すべき、と思います。 例えば、挨拶。挨拶の語彙(心を押し開く)を知っていて、 ▶誰にでもこちらから進んで挨拶する人。 ▶認められたいから、こちらから挨拶する人。 ▶その時の気分(感情)で、挨拶をする人。 ▶好きな人、認めて欲しい人、認めさせたい人だけに挨拶する人。 ▶挨拶された人だけに返す人。 このように挨拶一つを取って見ても、 様々な「認める≒認証」活動があります。 他人に「認められる」ことは、「認める」ことの結果と捉え自分を「認めて貰いたい」や「認めさせたい」と言う気持ちや「アピール(顕示)」ばかりを意識し、自らが何らかの『見返りを求めたり、望んだり』する言動や態度は 結果として誰からも「認められない」要因・要素となると、心得て置いた方が良いでしょう。今の日本の社会で薄れつつある意識を表している 「美しい花は、己の綺麗さを  知らず可憐に咲いている」の語は、 私達日本人の控えめで慎ましい心や侘び寂びの心を表現している言葉です。 これは、まず相手を思いやる心であり、 日本の心とも言える
0
カバー画像

認知できる人=識別判断力

🔴「認められる人」=識別判断力   ~信用・信頼に繋がる活動~ 1. 清潔感があり、身嗜みが良い人2. 積極的に挨拶する人 3. 二、三人称意識で言動出来る