絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

145 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

【ミックスボイス☆独自開発☆オリジナル練習法】「ナエ(Nae)」を使って声区融合!!

【タイムテーブル】00:00 オープニング 02:00 紹介したい練習法はコレ!! 03:00 「N(ナ)」の発声ポイント 05:05 「E(エ)」の発声ポイント 07:15 「NaE」をキレイに繋げる(声区融合) 09:15 エンディング(まとめ)「歌」や「音楽」の動画配信では、 様々な角度から、色々なテーマでお届けをしておりますが、、、 「ミックスボイスの練習法を教えて欲しい!!」 やはり、このお声が今の所、一番多いです笑 練習パターンには「個人個人」に「アジャスト」が必要な為、 あまり「大衆向け」として配信するのは少々「筋違い」なのですが、、、。 私の苦労して練習してきた経験がありますので、 それらの「知識」や「知恵」が少しでもお役に立てるのであれば!! と言う事で、今回は 【私なりの独自開発メソッド!!】ミックスボイス練習を ご紹介したいと思います(^_^)b 【紹介したい練習法はコレ!!】 →「Nae(ナエ)」を使った発声練習!! 【「N(ナ)」の発声ポイント】 ・「(ん)ナ」という感じで「鼻腔共鳴」を意識 ・喉仏を下げ、喉を広げる意識 ・「声の鳴り」を意識 【「E(エ)」の発声ポイント】 ・口角を「横(後ろ)」へ引っ張る意識 →声帯のテンション(高音発声)がしやすくなります! 【「NaE」をキレイに繋げる(声区融合)】 「ナ」の発声フォームを崩さないように「エ」に繋げます! 上手く発声フォームが作れていれば、ここの時点で、、、 ・鼻腔共鳴 ・声帯テンション ・声帯閉鎖 これら「ミックスボイス」に必要な要項はすべて満たしているハズ!! 是非、感覚を掴むヒントに活用頂け
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス:独自開発!!オリジナル練習】リップロール(LR)&タングトリル(TT)を使って

【タイムテーブル】00:00 オープニング 01:01 ご紹介の背景 02:00 リップロール(LR)&タングトリル(TT)の効能 04:20 これぞ独自開発!!オリジナル練習 06:35 この練習の効果解説 09:10 エンディング(まとめ) 今回は「歌」のお話をしていると、 特に多くの質問を頂きます、、、 「ミックスボイスを習得する為の練習」のご紹介です(^_^)b ただ、この「練習法」と一言で言っても、 様々なものがありますし、 そこからヒントを得られるどうかは人それぞれ!(練習相性がある!) そんな中、特に「私自身がやってみて良かったもの」や 実際に今、まさに練習している方から好評を頂いたもの。 これらを優先的にピックアップして、 さらに「私なりの独自の開発!!笑」を加えました(。・ω・。) ※直感でわかりやすくするには、どうしたら良いか、、、考えて開発!!笑 そんな背景を胸に、ご紹介したいのがこちら!! 【リップロール(LR)&タングトリル(TT)を活用!!】 「ちょっと前置き」 正直、LRやTTそれ自体だけでは ミックスボイス習得には繋がりません。 「LR&TT。そもそもどんな目的でやるの?」 ・喉を開く事が出来る ・横隔膜を使ってブレスが出来る ・呼吸のコントロールが出来る →これは、つまり歌う為の理想な喉の状態!! そんな事から「歌う前のウォーミングアップ」に活用する方がほとんど。 ただ!! よくよくこの効能を見てみると、 「ミックスボイス」にも必須な要項を満たしているではありませんか(゚Д゚)!! じゃあ何が足りないのか・・・ それが「声帯の閉鎖」と「声帯のテ
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス経験者向け☆喚声点(パッサージョ)】コレを制する者は【歌】を制する⁉︎

【タイムテーブル】00:00 オープニング 00:42 喚声点とは? 03:00 最高音よりも難しい!? 05:05 パッサージョを制する!! 10:00 エンディング(まとめ) 今回は「私のミックスボイス体験談」と言う事で 動画&記事をお届けしたいと思います(*'ω'*) このテーマは、YOUTUBEコメントで頂いた「Yさん」から ヒントを頂きました(^^)/コメントありがとうございました♪ さて☆ 今回のお話は「ミックスボイス」ですが、ごめんなさい、、、内容としては 「すでにできる方」「発声した事ある方」向けのお話になるかもです(^^; ただ!もちろん、まだミックスができない方でも これからの練習のヒントにはなるかも!?しれませんので、 最後まで御覧頂けたら嬉しいです(^^)/ まず、本日の結論から☆ 「ミックスボイスの発声は、最高音よりも、喚声点の方が難しい!!」 と、言うものです(*'ω'*) ん? 喚声点? と言う方の為の「喚声点」について 少し触れておきたいと思います☆ 【喚声点とは??】 「地声」の限界音。 または地声から裏声へ切り替わる点(音)の事。 ちょー簡単に言うと、こんな感じです(^^; 喚声点って、いったいどの音なの? っという方の参考に、、、 (一般平均:喚声点) 男性の場合:mid2F~F# 女性の場合:hiA~hiB ※あくまで平均値です。(私独自の調査データ!笑) ※参考程度に、是非、楽器の音を鳴らしながら ご自身の喚声点をチェックしてみてください(^^)/ 【最高音よりも難しい!?】 んで!!その「喚声点」。 実は、それよりも音程の高い「最高音
0 500円
カバー画像

【MIXVOICE完全版】RemakeVoiceMethod全5章

ボイストレーニングをしても「上達している実感がわかない」という感情は、誰もが経験することだと思います。だからこそまずはその概念を破壊しなければなりません。正しい理論で正しくトレーニングすれば、あなたの歌声はプロをも凌駕できます。たとえば以下の3点。①声の出しにくさが変わらない②音域が伸びない③ミックスボイスが習得できないこの中で本当の意味で上達していないとすれば①のみです。②と③が仮に叶っていないとしてもトレーニングを続けたことであなたの中の内喉頭筋は確実にバランスを変えています。②と③を目に見える形で体現し、歌唱に生かすレベルに持っていくにはある程度の成熟期間が必要だからです。(タイムラグがあると思った方がいい)たとえば①ミックスボイスは習得できていないが、ヘッドボイスの音域が上下に+5キー広がった。②チェストボイスの音域が+2キー上がった。それ以降は喉を締めずに裏声に切り替えれる。③以前歌いきれなかった歌が、楽に歌いきれるようになった。いずれもミックスボイスに必要な腹式呼吸、輪状甲状筋、声帯筋、甲状披裂筋などの状態が良好に変わったことで起こる発達過程での現象です。それらの発声で使われる筋肉をバランスの取れた状態で1つに結合するのがミックスボイスなので、それらのバランスやレベルを高めることができていれば紛れもない成長、上達といえるのです。といっても喉の中で何が起こっているのか⁉︎あなたが耳で聞いてそれを判断することはほぼ不可能だと思います。なのでそれを今回可能にしてもらうために編み出したのが今回の「声帯操作と上達公式」というMethodです。(↓ここから動画の内容へご集中くだ
0 10,000円
カバー画像

【他では絶対にない!?ミックスボイス練習法‼︎】それは「声を噛む!!」→「鼻腔共鳴」と「声帯閉鎖

【タイムテーブル】00:00 他では絶対にない!?ミックスボイス練習法 01:35 声を噛む練習①:鼻腔共鳴 05:10 声を噛む練習②:声帯閉鎖 08:40 エンディング(まとめ) 【他では絶対にない!?ミックスボイス練習法】 今回はですね、、、。 ちょ~とって置きの「ノウハウ」をですね、、、。 ちょこっとお教えしちゃおうかと思ってます(^^)/~~~シャキーン!! なんのノウハウかと言うと、 「歌」「ミックスボイス」ですね(^_^;) この動画ではお馴染みのシリーズ(話題)ですが笑 ただ!! 今回は、絶対に他では出ていないノウハウ!!(多分。笑) なぜなら、私が独自で考え編み出した練習法だからです(^_^)b 私自身、色々トネットや本、スクールで 歌について学び、練習を重ねて来ましたが、、、。 ある程度調べていくと・・・ 「なんか、みんな同じ事しか言わない(書いてない)」 「難しい専門用語が使われていて、直感で分らない」 「物知りにはなるけど、結局出来ないまま」 そんな痛い経験から「もっと分りやすく」 そして「歌にも応用しやすく」を考えた時、思いつきました(^_^)b その練習法とは、、、【声を噛む】です!!笑 ※練習内容は至って真面目です!! 【声を噛む練習①:鼻腔共鳴】 ・まず「あ~」と普通に発声します。 ・その声を「はむっ」と噛みます!笑 →この「はむっ」と声を噛んだ時「鼻腔共鳴」を強く感じませんか? 鼻腔共鳴の練習として、よく言われるのはハミング。 ただ、ハミングだと口を閉じたりするので、 歌に応用しにくい感覚があります。 その点、「声をはむっと噛む」練習は 発声を
0 500円
カバー画像

【ミックスボイスのヒント!!】「〇○」と「〇○」を混ぜた発声練習で、習得(。・ω・。)b

【タイムテーブル】00:00 オープニング【ミックスボイスのヒント‼︎】 01:35 「い&え発声」×「サイレン練習」 03:20 この練習の「目的」と「メリット」 05:45 「変な声」を「歌声」へ 09:30 3つのSTEPまとめ 11:42 エンディング え~、、、今回もですね(。・ω・。) 歌の練習をされている方からの「お悩みの声」がありましたので、 ピックアップして皆さんと一緒に考えていきたいと思います☆ そのお悩みとは・・・ 【ミックスボイスのヒントを下さい‼︎】と言うもの(^_^;) この当たりのお悩み相談になると、 半ば「悲痛な叫び感!!」もあるような、、、笑 しかし、感覚やコツを掴むまでは 本当に苦労するのは、私も体験済み(´д`) 私の経験値やノウハウが 少しでも役立つなら!!と言う事で、 今回はこんな練習法をご紹介してみたいと思います(^^)/~~~ その練習とは、、、 【「い&え発声」×「サイレン練習」】です(^_^)b 「い&え発声」 ちょっと分りやすく説明すると、、、 口の形=「い」 発音 =「え」 こんな感じて「い」と「え」の間のような発声をします☆ 「サイレン練習」 地声の低音~裏声の高音までを 行ったり来たり、スムーズに高低音を繋げる練習です。 上記の「い&え発声」を使ってサイレン練習をするのが 今回ご紹介のおすすめ練習法です(。・ω・。) 【この練習の「目的」と「メリット」】 ミックスボイスで一番難しいのが 「地声」と「裏声」の発声フォームを混ぜる事。 これは言葉だけで聞くと本当に混乱するポイントです。 そこで「い&え発声」を使ってサイレン練
0 500円
カバー画像

【直感で分かるミックスボイス!】皆んなの声からも実証済み⁉︎「〇○を動かす!!」

【タイムテーブル】00:00 オープニング【直感で分かるミックスボイス‼︎】 01:05 具体的な練習法はコレ! 03:33 みんなの声がヒントに! 05:25 つま先立ち3つのメリット 09:15 エンディング(まとめ) 【直感で分かるミックスボイス‼︎】 今回は、こんなお悩みをピックアップしてみます(^_^) 「ミックスボイスのやり方、難しくて分りにくいです!!」 こんなお悩みというか、悲痛な叫びがありました笑 と。「笑」を入れてしまいましたが、その気持ち、 私はすごくよ~く分かるんです(゚Д゚) 声帯の話や、難しい専門用語が並ぶと、 練習する前に挫折するのも無理ないかな、と(。・ω・。) 【具体的な練習法はコレ!】 とにかく「直感」「感覚」で分かる方法はないか!? そう模索した結果、みつけた練習法がコレ!! 「高い声を出すと同時に、 足のつま先を立てる!!」 ※詳しい動きは動画で解説しています。 かなり見た目シュールで、 一見、ふざけた練習に見えますが、、、(゚_゚;) 私もすっかりお世話になった方法です☆ 【みんなの声がヒントに!】「足のつま先を立てる」もそうですが、 ミックスボイスができたケースには「下半身」を うまく使った方がよい!!そんな声が少なからずあります☆ 「たとえばこんな声、感覚を掴んだ!!」 ・スクワットをしている時 ・重いものを持上げる時 ・自転車をこいでいる時 いずれも「下半身」がキーワードになっています(。・ω・。) とは言え、どんな「メリット」があるのか? ちゃんと裏づけがないと信用できない!!笑 そんな方の為に、ちょっと真面目に解説してみます(
0 500円
カバー画像

【地声と裏声を繋げる‼︎】ミックスボイスには絶対に必須‼︎【〇〇練習を極める!!】

【タイムテーブル】00:00 オープニング【地声と裏声を繋げる‼︎】 00:56 「サイレン練習」のススメ!! 02:28 地声と裏声のバランスとは? 05:38 サイレン練習のコツ①:音程上昇の途中から「息漏れ」を混ぜる 08:05 サイレン練習のコツ②:声帯が「後ろ」へ引っ張られる感覚を持つ 10:52 エンディング(まとめ) 今回は「ミックスボイス」の練習をされている方より、 「何か!コツは!!ありませんか!?」 と、迫られてしまったので、少しコツのお話をさせて頂きます(^_^;) ミックスボイスってどうやって出すの?と言われた時に答えるものとして 「地声」と「裏声」の発声のフォームを混ぜる!!と言うお話をします☆ 、、、が。 「?ん??混ぜるってどういうことですか??」 と、なる場合が多いです(^_^;) なので更に、もう一言添えると、 【地声と裏声を繋げる‼︎】事☆ これを付け加えます(。・ω・。) 「ん?地声と裏声を繋げる???」 と、まだ混乱が払拭できない方も、もしかしたら いらっしゃるかもしれません(´д`) ※何を隠そう、練習時代の私が、ここまでの話しを聴いたとしても 多分、おそらく、メダパニ状態です(´д`) と言う事で、ここまでのお話で、、、 「地声」と「裏声」の発声フォームを混ぜる事!!とか。 「地声」と「裏声」を繋げる事!!とか。 なぞの呪文を唱えてきましたが笑 これらを一挙に体感・体験出来る練習があります(^^)/~~~ それが、、、!! 「サイレン練習」です!!※動画で実演しています☆ 簡単に言うと「低音~高音」までを「あ~↑↓」と 救急車などの「
0 500円
カバー画像

【鳴りの良い声とは⁇】パワフルで抜けの良い声は確かに、ある!!「個人的感覚で、超絶解説‼︎笑」

【タイムテーブル】00:00 オープニング 01:15 鳴りの良い声とは? 02:20 鳴りの良い声の作り方(導入) 03:20 コツ①:とにかくリラックス 04:30 コツ②:「地声」をしっかり発声→倍音 06:53 コツ③:「台形」をイメージ 08:30 エンディング(まとめ) 「いい声だなぁ~」とか。 「いい歌を歌うねぇ~」など。 こんな賞賛の声が集まる【声】って何だろう?? そんな事を、ふと考えてみました(。・ω・。) 勿論、個々人「ココが好き」「アレが好き」はあると思うので、 一概には言えないとは思いますが。 あくまで私個人の感覚として思う事ですが、 「鳴りの良い声」で歌っている方を見かけると・・・うっとりしちゃいます(^^) 【鳴りの良い声とは?】 たとえば「パワフルな声」とか「良く響く声」とか、 さらには「抜けの良い声」など、、、。 これらに近しいニュアンスで使ったりするのが「鳴りの良い声」。 この「鳴り」には、特に「喉(声帯)」だけではなく、 「身体」「空間」の使い方も含まれている感じがあります☆ これ、「歌唱力UP」や「ミックスボイス習得」にも 大切なヒントがあるな~と思ったので、 私自身も練習で意識していたコツを勝手にシェアしたいと思います(^^)/~~~ 【鳴りの良い声の作り方(導入)】 細かく分けると色々あると思いますが、 大きく分けると「3つのコツ」が挙げられると思いました☆ コツ①:とにかくリラックス コツ②:「地声」をしっかり発声→倍音 コツ③:「台形」をイメージ 【コツ①:とにかくリラックス】 鳴りの良い声というのは、とにかく「良く響き」ます。 
0 500円
カバー画像

【その目標、そんなに高くない!?】ミックスボイスは【○○到達】までが勝負!!

【タイムテーブル】00:00 オープニング【その目標、そんなに高くない!?】 01:14 音域UPの成長曲線とは? 03:38 【体験談】鬼門は「hiA」でした 06:38 「地声/裏声」バランス感覚さえ身につけば 08:30 エンディング(まとめ) 歌の練習をしていると、、、 「あの音域まで、なんとか到達したい!!」 「keyは高いけど、あの曲を自由に歌えるようになりたい!!」 こんな事を感じる事も少なくないと思います(´д`) ※何を隠そう、私自身がそうでした笑 ただ実際に練習をしてみると、 その「音域目標」になかなか到達できない・・・。 そんな絶望感との戦いでもありました(゚Д゚) 今回はそんな私と同じような「不安」や「お悩み」を 抱えている方に向けてのお話です(。・ω・。) 【その目標、そんなに高くない!?】 実は、ミックスボイス、音域UPへの道は 「一本調」「直線」という訳ではありませんでした。 大枠で見たら「曲線」を描くようなイメージでした。 【音域UPの成長曲線とは?】 練習序盤=なかなか音域伸びず 練習中盤=ちょっとずつコツを掴み、成長の息吹を感じる!笑 練習終盤=一気に伸びる こんなイメージでした。 【体験談:鬼門は「hiA」でした】 音域UPの「成長曲線」は、最初は伸びにくく、 コツを掴んだ後半は一気に伸びた!!そんな体感があります。 では、その「コツ」を掴めたのはいつか?? それが「hiA(A4)」に到達した時でした。 「練習序盤~中盤」 mid2F → hiA =2~3年かかる。。。 「練習中盤~終盤」 hiA → hjC  =わずか半年程で到達!! 【
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス必須練習!!】「声帯閉鎖」で誘発しちゃう「喉締め」を解消する方法!!

【タイムテーブル】00:00 オープニング【喉締めを解消する方法】 01:00 「声帯閉鎖」と「喉締め」 03:50 その混乱の原因と改善方法 05:50 ポイント①:口を大きく開ける 07:25 ポイント②:喉への意識は「0」に 09:20 ポイント③:「い」と「え」の間の発音 10:45 エンディング(まとめ) 【喉締めを解消する方法】 今回も「歌」「ミックスボイス」を練習されている方から 多くの質問を頂く内容をピックアップ!! そのお悩みに正面から立ち向かってみたいと思います(。・ω・。)☆ 多くの方が共通して悩む事というのは、 逆に、そこさえ乗り越えてしまえば、 「習得」「成長」のキッカケを掴めるハズ(^_^)b 是非、積極的にその「壁」へ切り込んでいきますっ(。・ω・。)シャキーン ~多くの方が悩む事とは?~ 【「声帯閉鎖」と「喉締め」】 「高い声」を「太く」発声しようとする場合、 「声帯閉鎖」と言われる、地声発声の時の喉のフォームを作ります。 んが!!そのつもりが、高い声でやると、 なんとな~く「う”う”う”~・・」「あ”あ”あ”~・・」と 苦しそうな声になってしまいますよね(´д`) あれが、実は「のど締め」をしてしまっている状態。 分りやすい例えで言うと、 水を出すホースのお腹の部分を潰してしまっている状態。 これだと、水の出が悪くなってしまいますね(^_^;) これが「喉締め」でも起きている、と言うことです。 ※ホースと水の例えを歌と比較すると。 ホース=喉 水  =声 【その混乱の原因と改善方法】 実は「声帯閉鎖」と「喉締め」と言うのは 動きとして「とても似
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス:練習効果の最大化】それなら「2type」を把握(´д`)「適性にあった声質を目指す」

【タイムテーブル】00:00 オープニング【練習効果の最大化のコツ】 00:50 ミックスボイスに種類があると思う訳 03:08 ズバリ!!「2タイプ」のミックスボイス 05:04 アーティスト一例 06:00 練習効果「最大化」のヒント!! 07:42 「好き」≓「適性」の現実 10:55 エンディング(まとめ) 【練習効果の最大化のコツ】 「歌」「ミックスボイス」の練習をしていて、 思う事があります。 それは・・・ 「あのアーティストのような、カッコイイ声になりたい!!」 そう思って練習に励む事も少なくないと思います。 これ自体は歌を始めるキッカケになっているかもしれませんし、 悪いことではない、と思うのですが、、、 ただ。 「好きな声」になれるかどうか、はまた別の話。 その理由は「好きなアーティスト」と「自分」は まった別の人間であり、別の声を持っているから。   【ミックスボイスに種類があると思う訳】 人それぞれ声(個性)が違うと言う事は「ミックスボイス」にも まったく別の個性が反映されるのでは??と思うのです(。・ω・。) 個性、人それぞれ。 これを言い出すと切りがないのですが、、、(^_^;) 少なくとも、ミックスボイスのタイプを大きく分けて 「2つ」に分けて考える事が出来そうです。 【ズバリ!!「2タイプ」のミックスボイス】 タイプ①:地声よりのミックスボイス(固め) タイプ②:裏声よりのミックスボイス(柔らかめ) →特に①の地声よりのミックスボイスは、 以前の動画でお話した「ベルティングボイス」とも 通じる部分があると思います。 【アーティスト一例】 タイプ①:
0 500円
カバー画像

【声帯閉鎖って結局、何??】とても多くの質問を頂くので、もう一度、詳しく!!(´д`)

【タイムテーブル】00:00 オープニング【声帯閉鎖って結局、何⁇】 00:50 声帯閉鎖の実演と比較 03:25 声帯閉鎖の「あり/ない」をコントロール 07:15 高い声で「声帯閉鎖」を再現!! 09:10 エンディング(まとめ) 【声帯閉鎖って結局、何⁇】 「ミックスボイス」には「声帯閉鎖」が必要だよ~!! と、言われてはいますが、、、 「結局、よくわからないままです(´д`)」 「言葉は知ってるけど、できない(´д`)」 「実際の歌になると、すっかり忘れてる笑」などなど 今回はこんな方に向けて、今一度!! じっくりと「実演」しながら「比較解説」してみたいと思います(^^)/~~~ ※以前「メッサ・ディ・ボーチェ」シリーズで お話していた内容と、ほぼ同じ内容です!!笑 既にご覧になった方は「復習」がてら☆ もう、その話しは理解したからいいよ!という方は しれ~っと違いう動画をご覧下さい(^_^;)笑 【声帯閉鎖の実演と比較】 ~まずは「地声」でチャレンジ~ 「声帯閉鎖:なし」 →「は~」とため息や、吐息のような感じになります。 「声帯閉鎖:あり」 →「あ~」と普段の地声や、より強い閉鎖だと「エッジボイス:あ”~」になります。 ※動画で実演しています☆ 【声帯閉鎖の「あり/ない」をコントロール】 一番大切なのは、声帯が「開いている」「閉じている」 この2つの違いを「喉」でしっかりと実感・体感する事!! 「トレーニングパターン」 「弱い地声」⇔「強い地声」 ぶっちゃけて「声帯閉鎖~」などと言う、 専門用語はいっさい覚える必要はない!と思ってます。 ※実際、私も練習時代、この言
0 500円
カバー画像

【みんなの声をまとめました!!】ミックスボイス習得するまで「3人の例をご紹介」

【タイムテーブル】00:00 オープニング【みんなの声をまとめました】 01:18 一人目:10代女性の場合 04:08 二人目:30代男性の場合 07:10 三人目:女性主婦の場合 09:55 エンディング(まとめ) 【みんなの声をまとめました】 今回は、歌の練習をしている方にご協力を頂きまして、 「ミックスボイス習得するまでの体験談」を伺ってきました!! 勿論「歌の練習に終わりはない!!」というように、 現在も練習進行中ですが、スタート当初から現在まで成長があった訳です(。・ω・。) 特に・・・ 「どのくらい音域が伸びたか?」 「どれくらいの期間をかけたか?」 「ポイント(壁)はどこだったか?」 これらに焦点を置いて質問をしてきました(^^)/~~~ ご協力を頂いた方は「3名」の方々です☆ 皆さんの境遇に近い方がいらっしゃれば、 是非、練習の参考にして頂けたら嬉しいです♪ 【一人目:10代女性の場合】 音域の伸び:mid2F → hiA(A#) 練習の期間:1年くらい 「ポイント(特徴)」 高校性でバンドを組み、文化祭に向けて歌の練習をスタート。 「文化祭でカッコ良く歌いたい」と言う明確な目標があったのが、 練習の質を上げていたように感じます。 特に「ボカロ」など難易度の高い曲にも果敢に挑戦する方で、 歌の伸びはとても良かった印象です☆ 【二人目:30代男性の場合】 音域の伸び:mid2D → mid2F(F#) 練習の期間:2年くらい 「ポイント(特徴)」 会社のイベントで歌を披露する機会があったようで、 それに向けて練習をスタート。 友人同士でのカラオケでも歌唱力を自慢
0 500円
カバー画像

【適性keyを見極めるコツ】めっちゃ当たり前、の事を丁寧に話す動画(。・ω・。)☆

【タイムテーブル】00:00 オープニング【適性keyを見極めるコツ】 00:44 めっちゃ当たり前、の事。 02:58 3つのコツ(深掘り) 06:22 音域UPを狙う時のコツ 08:14 エンディング 【適性keyを見極めるコツ】 「歌」や「ミックスボイス」の練習をしていると、 ほとんどの方がぶつかる壁。 それが「このkeyは自分に合っているの?」と言う事。 これをハズしてしまうと、 「歌を歌として歌えない」という悲惨な事態が待ち受けています(´д`) こうなってしまうと「力み」や「締め付け」などの悪癖が付きやすく、 歌唱力UPは望めなくなってしまいます。(私の痛い経験談!泣) 【めっちゃ当たり前、の事】 自分の「適性key」はどこだろう? そんな時「誰でも出来る判断方法」があります。 それが・・・ 自分の歌を聞き返して「苦しそうでないか、否か。」 ※録音でも録画でもどちらでもOK! 単純に自分の歌を聞き返すだけですが、 思った以上に「人が感じるもの」は素直なものです(^_^;) 誰に教わった訳でもなく「なんか苦しそう~」とか、 「気持ち良く歌ってるな~」っていうのは、 聞いていて直感的に分るものです(。・ω・。) 【3つのコツ(深掘り)】 もう少し具体的に判断ポイントを掘り下げてみますと・・・! ①発音発声はスムーズか? →高すぎるkeyは発音が崩れやすいもの。 ※リズムも走りがちになり、言葉が早口になるのも keyが高すぎる兆候です。 ②歌い続けられるか、どうか? →フルコーラスで歌えるか?2曲目は歌えるか? 単純に無理なkeyで歌っていると、 2コーラス目すら思うよう
0
カバー画像

【続!メッサ・ディ・ボーチェ】こんな声がありました。。。「出来ない時の2つのおすすめ練習法」

【タイムテーブル】00:00 オープニング【続!メッサ・ディ・ボーチェ】 01:10 こんな声がありました。。。 03:44 まずは「地声」のみでtry!! 06:15 次に「裏声」のみでtry!! 08:13 「目的」練習のタネ明かし 10:10 エンディング 【続!メッサ・ディ・ボーチェ】 以前、動画で「ミックスボイス」のおすすめ練習として 紹介させて頂きました「メッサ・ディ・ボーチェ」。 効果的!!なのは本心でお伝えしましたが、 実際に練習してみると、、、 【こんな声がありました。。。】 「出来ない、、、(゚Д゚)!!」 実は、この「メッサ・ディ・ボーチェ」、 ミックスボイスが出来ないと、出来ません(^_^;) お、おい! ミックスボイスが出来ない人の為の、 出来るようになる為の練習じゃないんかい(゚Д゚)!? ・・・と言う突っ込みは、ごもっともです(^_^;) 効果的なのは間違いないですが、 「高難度」なのも間違いないです。 ・・・と言う事で。 「メッサ・ディ・ボーチェ」が出来ない方に向けて! 2つのおすすめ練習法、考えてきました(^^)/~~~ 【まずは「地声」のみでtry!!】 「弱い地声」→「強い地声」→「弱い地声」 ※音程は単一ですが、低音の無理のない音程でOKです(^_^)b スタートは「ため息交じり」の弱~い地声で。 強い地声は「力み」や「張り上げ」にはならない様に注意!! 【次に「裏声」のみでtry!!】 「弱い地声」→「強い地声」→「弱い地声」 ※音程は単一で、裏声のまま強弱をつけます。 スタートの「弱い裏声」はメッサ・ディ・ボーチェと同じですが、 強く
0 500円
カバー画像

【ミックスボイスのヒント】めちゃ独自の理論を展開!笑「前歯に声を当てる感覚」

【タイムテーブル】00:00 オープニング【ミックスボイスのヒント】 02:35 前歯の裏に声を当てる感覚 05:30 「歌唱力UPの肝」直感で分る事が理想 07:50 エンディング 【ミックスボイスのヒント】 今回も、歌について少し考えた事があります。 歌好きな皆さん、歌う時に、こんな事考えた事ありませんか? 「高い声の音抜けが悪いなぁ~。」 「鼻腔共鳴が大事なのは分るけど、歌っている時意識できない!!」 「もっと高い声に声量が欲しい!泣」 何を隠そう、これ、全部私自身の悩み(^_^;) これを克服する為に、日々頭を悩ませ試行錯誤しております☆ そんな中、「1つのヒント」が思いつきましたので、 今回はそれをシェアさせて頂きます(^^)/~~~ ~めちゃ独自の理論ですんません!笑~ 【前歯の裏に声を当てる感覚】 →ミックスボイスで上手く抜ける声が出ないな~。 こんな時。私が意識するのが、コレです。 「ちょっと細かく解説すると。」 ・声が「口の上蓋」を伝わるイメージ ・そのまま前歯の裏側に声が当たるイメージ すると「高い声」に抜けと響きが出て来る。 そんな感覚を、私は感じています(^_^)b 「実はこんなメリットがある」・鼻腔共鳴をキープしやすい!・頭部への響きを意識しやすい!・声を飛ばすイメージが持ちやすく、抜けの良い声になりやすい!【「歌唱力UPの肝」直感で分る事が理想】 私自身、オリジナル曲をガツガツ作って、 沢山録音、撮影して、動画配信をさせて頂いております(^_^;) そんな中で。 「なんか今日の歌は、抜けが悪いな~。」 「なんか、改善方法はないかな~。」 ただ・・・。
0 500円
カバー画像

【ミックスボイスと「舌」の関係】難しい発声の感覚のヒントの一つに!!

【タイムテーブル】00:00 オープニング【ミックスボイスと「舌」の関係】 01:40 「舌」の動き・位置3つのコツ 06:40 3つのコツの意味(まとめ) 07:53 エンディング 【ミックスボイスと「舌」の関係】 「ミックスボイス!!」と言うと、 発声の感覚や、練習法がど~~~~~しても「小難しく」なりがち(´д`) ※私もなるべく分りやすく!!と思いながら複雑にしているような。反省。動画でお伝えするからには、 もったいぶっても仕方なく、 「分りやすく」お伝えして「出来た!」っという人を 一人でも多く作りたい!!(お手伝いになれば!!) ・・・と言う事で、 今回は、少々視点を変えて。 「ミックスボイス」と「舌」の関係から 「感覚」や「コツ」のヒントを提示出来たらと思います(。・ω・。) 【「舌」の動き・位置3つのコツ】 ①「高い声」の時は「舌」を軽く「引く」感じ →高い声を発声する時は、「声帯のテンション(伸ばす)」が行なわれる訳ですが、 このテンションは「後ろ」へ引っ張る感覚があります。 このテンションの動きと連動して「舌」が軽く「後ろへ引く」感覚があります。 ②「太い声」の時は「舌」を軽く「くぼませる」感じ →太い声、つまり「声に厚み」や「パワフルさ」がある状態ですが、 この時、喉や口の奥は開き「響かせる」よう形作ります。 この喉や口を開く動きと「舌がくぼむ」動きは連動している感じです。 ③基本は「脱力」。あまり「舌」を意識し過ぎない!! →ここまで、舌についてあぁだ、こうだと述べてきましたが、、、 基本は「意識し過ぎない」事(´д`)!! ①と②で「軽く」と書き添えた
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス「3つの種類」】「実演」と、マスターする順序(推奨)

【タイムテーブル】 00:00 オープニング【ミックスボイスの種類とは?」】 02:20 3種類のミックスボイス 06:06 マスターする順序(推奨) 08:50 エンディング 【ミックスボイスの種類とは?」】 歌の練習をしていると、ミックスボイスの練習をしていると、 「色々な歌声」がありますよね(。・ω・。)?? 一言に「ミックスボイス」と言っても、 「え?これがミックスボイスじゃないの?」 「いやいや!これがミックスボイスだよ!」 などなど 色々な意見が出てくるのも、無理はないかなとも思います。 しかし・・・間違いないのは それら全部「ミックスボイス」です(´д`)!! ※地声と裏声の発声が混合されていれば!後述しますが、ベースにミックスボイスがあって、 そこにさらに「地声感」「エッジ感」などを混ぜていたりするが為、 声に違いが感じる訳ですね(^_^;)多分。 ベースは同じミックスボイス。 違いは、、、 「キレイに抜ける声?」 「地声ましまし?」 「エッジをまぜまぜ?」 それをどう表現するか?だと思います(^_^)b 今回は、それらの違いを私なりに「3種類」に分けて 解説してみたいと思います(^^)/~~~ 【3種類のミックスボイス】 「ミックスボイス」 →「裏声」をベースにして、そこに太さ(地声感)を加える発声法。 裏声がベースになっているので、比較的「弱く感じる」かもしれません。 しかし「発声」としては「一番負担の少ない」もの。 「ベルティングボイス」 →ミックスボイスに比べて「地声感」を多めに混ぜたもの。 限りなく「地声」の「太さ」「厚み」「パワフルさ」を 高い音程で
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス習得なら、コレは絶対に抑えたい!!】「息の量」と「息の圧」

【タイムテーブル】 00:00 オープニング【ミックスボイスの息の量】 02:46 声帯のメカニズム 05:52 「声の太さの鍵」息の圧について 08:38 ちょっと深掘り解説 10:20 エンディング 「ミックスボイス」の練習でよくある悪いパターンがあります。 実は、コレ、昔の私もバッチリやってしまっていて、 案の定「歌」は安定せず、勿論、音域お伸びにく時期がありました(´д`) その悪いパターンというのが「強い息」で歌ってしまう事。 特に「高い声」「ミックスボイス」になると、 【ついつい強い息】で歌ってしまう事、あるあるだと感じます(^_^;) 【本日の結論】 「ミックスボイス」は「弱い息」で発声をする!! これが基本!!と言う事ですね(^_^)b 【声帯のメカニズム】 すご~く簡単な解説となってしまいますが(^_^;) 人の喉の中にある「声帯」と言うのは、 「息」が通る事で「声帯(両サイドのヒダ)」が振動して 声の元となる原音が出来ます。 この時「強い息」を送ってしまうと、 この「声帯」が上手く、キレイに振動出来ず 声が割れたり、酷い時は喉を痛めたりしてしまう訳です(´д`) 勿論、この「強い息」を使っている状態では ミックスボイスのような「声帯閉鎖(太さ)」「声帯テンション(高さ)」を 上手く行なう事も出来ず、音域も伸びない、と言う事ですね。。。 【「声の太さの鍵」息の圧について】 ただ。「弱い息」で~とは言ったものの。 どうしても、それだけでは「太さが足りない!!」と感じる時があるのも また、紛うことなき事実。 実は、これにはもう解説したいポイントがあります。 それが
0 500円
カバー画像

【意外と簡単?ミックスボイス○○練習!!】「裏声」×「エッジボイス」に苦戦している方は必見!!

【タイムテーブル】 00:00 オープニング【ミックスボイス○○練習】 01:00 「裏声」×「エッジボイス」はダメ? 03:33 【本日のメニュー】「裏声」×「喉仏を下げる」 05:33 エンディング(まとめ) 「ミックスボイス練習」をしていてよくあるお悩みがあります。 それが「高い声」に「太さ」がなかなか付けられない、と言うもの(´д`)。。。 ※まさにミックスボイスド直球、お悩みがそれそのもの!笑 そして、そんなお悩みを解決する為の方法に 「裏声」×「エッジボイス」を混ぜる!!と言う方法があります。 ただ。 「これをやってもイマイチよく分らない」 「逆にへんな声になって、歌えない!笑」 などなど 練習の効果が上手く掴めないパターンも確認しております(´д`) 【「裏声」×「エッジボイス」はダメ?】 結論から言うと「エッジボイス」は、 「発声」には繋げにくいです(´д`)エッジボイスは「声帯閉鎖」と言う「声の太さ」を付ける感覚を掴みやすいです。 ただ「エッジボイス」は「発音」「発声」には 繋げにくいもの、と言う難点があります。 「あ”あ”あ”~(貞子のような声!笑)」 これで「声帯閉鎖」は実感出来るとは思うのですが、 「あ”~」と言う声で歌う人はいないと思います(^_^;)笑 ここに「裏声」×「エッジボイス」の練習の限界があると感じています。 ~そこでご提案したいのが~ 【本日のメニュー】 「裏声」×「喉仏を下げる」 「裏声」スタートなのは一緒です。 違うのは、この後! 「裏声」の発声をしながら「喉仏を下げる」動きを加えます(^^)/~~~ これで上手くすれば「ミックスボイ