絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

72 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

気づいてる?『HSP』は短所じゃなくて長所です!

みなさん、はじめまして。 三色ねこ@上級心理カウンセラーと申します=^_^= 本日ココナラブログデビューです! 不慣れなため、至らない点も多々ございますが、どうぞ末永くよろしくお願いいたしますm(__)mさて、早速ですがみなさん。みなさんはHSPという言葉を聞いたことがありますか? 最近は色々なところで耳にします。 ココナラの中でもHSPさん向けのサービスがたくさんありますね。 そんなHSPとはどういう特徴を持った人のことを言うのでしょうか? 簡単にご説明しますね。 HSPとは、(Highly Sensitive Person ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で 「とても繊細な」とか「とても敏感な」気質を持った人のことを言います。 HSP気質を持った人は世の中に5人に1人の割合で存在していると言われています。 HSPは先天的なもの、つまり持って生まれた特性で、自己肯定感などのように後から変えていくことはできません。 HSPは病気とも違うので、お薬を飲んだり、通院したりというような治療もできません。 「あなたはHSPですね」というように病院では診断されることはあまり無いようです。ここであなたに質問です。あなたは普段、こんなことで苦しんでいませんか? ・いつも他人の言動に振り回されている ・なんでも引き受けてしまい、いっぱいいっぱいになっている ・マウントをとられやすい ・些細なことに反応して傷ついたり、落ち込んだりする ・他人の顔色(空気)を察知して、あれこれと動いて疲れてしまう ・物音に敏感でちょっと大きな音がすると、すぐにビックリしてしまう、など。これらはHSPさんの特
0
カバー画像

人って環境で変わるんですね❗️

普段温厚な人でも環境が変わるとあっという間に別人のようになる人っていますよね😅第三者からその話を聞いた時は信じれず、「えっ!そーなん?」って…思わず驚くような時もあったりします💧それが本当の姿なのか?それとも環境が変えてしまったのか?それは本人しか知ることはないでしょうし、もしかしたら本人も意識してないかもしれません🤔ただ、一歩離れて見ていると本当に僕らは環境に影響されているのがよくわかります😓例えば、周りの人がよく仕事ができる人たちばっかりだと、当然何も言うことはないから普通に自分も仕事ができますけど、周りの人の中に何度言っても同じ間違えをする人や同じ事を聞いてくる人、何事も人のせいにする人と一緒に仕事をしていると大概の人はイライラしてくるでしょうし、そうなると自分の気持ちにも余裕がなくなってきます😫最終的には自分も人が変わり、普段は普通でも周囲に影響を受け変わってしまうんだと思います☝️性格によってはTPOを考えずに怒鳴り散らす人もいるでしょう。そういう人達もきっと好きで怒っているんじゃないんだと思います😓普段は普通にしていられるけど、どーしても周りの人に影響を受けすぎる…😓どちらかというと繊細な人なのかもしれません🤔つまり、一人物静かに過ごしているといざ声を出した時に声が出にくいように、物的な環境だけでなく、人的な環境にも僕らは影響されるんだと気付かされました🙄
0
カバー画像

メンタル強い【図太くなる方法】HSPも繊細も性格を変えるには真似ることが大事

ここ数年、「図太い」とか「鈍感」とか、「繊細」とか「反応」という言葉をよく見ます。それだけ、メンタルを強くしたい、図太くなりたい、という人も多いのでしょう。 図太く生きたい、図太い性格に変わりたい。 そう思うまではいいのですが、そもそも「図太い人」はどういう人なのかという定義が人によって異なります。HSPや繊細な人、という言葉も同様です。 何をもって、どう言っているのでしょうか。 そして、あなたがなりたいのはどういう人なのでしょうか。 僕がコーチングでお伝えしているのは、現状を知り、目標を決め、行動を決めることです。 それをしないとどうなるかというと、「図太くなりたいけど、図太すぎて無神経と言われるのも怖い」という葛藤が生まれたりするんです。 だから、目標が必要なんです。それも、自分だけの目標です。今回は、図太くなる方法として配信しましたが、性格を変える方法も、考え方としては同じです。
0
カバー画像

HSPかも?繊細で、悩みやすい人へ

こんばんわ!関西姉さん♡さき です!ここ数年くらいから、【HSP】って言う名所が出てきたよな。(HSP=繊細、物事に対して敏感に感じやすい、人間関係疲れやすい、聴覚味覚などにも敏感など。)そんなHSPな人へ繊細で、敏感に感じやすい=それだけ人に、優しくも出来るってことやから。敏感に、色々と察知出来るってことやろ?てことは、人の気持ちもわかりやすいってことてことは、基本 人にも優しく出来るってことちゃうかな(*´ω`)♡。。後、色々感じやすいが故に直観力も、わりと優れてる人が多い。実は、さきもHSPやねん。HSPが故に、しんどくなったらさきが、話聞くから。(※ただし、「敏感に感じやすいが故に・・性のことも敏感に・・」とかは、禁止。~☆彡)
0
カバー画像

HSPさんは〇〇することが苦手だけれど、〇〇されるととっても嬉しい

自分のことは自分で決める誰も責任はとってくれないもんね。🧸当たり前のように自分に言い聞かせてきたことだけど、そのとけそうにない大切なネックレスを、いちど誰かにわたしてみてもいいかもしれないね。自分では思いつかなかった選択肢を、ときにだれかが与えてくれることもあるから。HSPさんは、ひとりでなんとかしようの想いで生きている。頼ってね、甘えてねと聞くだけでなんとも言えない嫌な気持ちになる。なんだか仮を作ってしまうような気がして苦しくなっちゃうんだよね。だったら、そのネックレスは貸してくれなくていいからあそこの美味しそうなアイスコーヒーを買ってきてくれないかな?わたしは向こうのクロワッサンを買ってくるから、一緒に食べよう🛍
0
カバー画像

当たるおもしろ5月9日から15日の運勢占い

昨日、ココナラがサーバーダウンしたのでログインできませんでした。先日、NHKマイルカップ最高でした。NHKマイルははずれたのですが、それ以外のレースがあたって廻らないお寿司に行けることになりました(*^▽^*)競馬初心者の人は軍資金千円ではじめて(3千円以上はやめたほうがいい)+利益が2千円から3千円だったら、競馬の帰りに牛繁や牛角や回転すしに行き、利益が5千円から1万円だったら、廻らないお寿司屋でコースとか、イタリアンのコースとかに行くって感覚でやるのがいいですよ。お給料全額つぎ込む人とかいるけど、危険だからそれは絶対にやめたほうがいいです!!!!1万円つかって、10万円になったら高級ホテルに宿泊するって人もいるけど、1万円あれば、1万円のコース料理たべたほうが良いと思うので、競馬は投資っていうよりも、千円を5千円や1万円位に増やす感覚でやったほうが当たりやすいし、楽しくゲーム感覚で続けられますよ。競馬で大きい金額を稼ぐには、穴馬とかを当てなきゃいけないから、難しくなるんですよ。たとえば1着が2番人気の馬2着が4番人気の馬3着が12番人気の馬だとします。この場合、1着と2着の馬は人気の馬なので、当てても配当金は低いけど、3着の馬は人気のない馬なので配当金が高いです。でも人気のない馬をあてるのは難しいですから、人気上位の馬の中から千円でかけたほうが当たりやすいです。例えば、5番人気の馬にたいして、この馬は絶対に3番以内には来ると思ったら複勝で千円でかけたら、あたれば、配当金は3倍の3千円位になって、+2千円の利益になります。でも100円しかかけてないとたったの300円になります
0
カバー画像

私のココナラの友人≪若者を被ったおじさん≫

今朝は『Checklist』を聴いていてお味噌汁をこぼしてしまった、まりさんです(^^;私ね、比較的ノリの良い曲が好きなんです(*´▽`*)♪音楽に合わせて体が感じるままに勝手に動いてしまう・・・(笑)だから、お味噌汁を分けているときにも体が動いて手元がブレ、こぼれてしまって・・・(^▽^;)母を助手席に乗せて運転しているときも音楽に合わせて体が動くから「コラッ!動くな!危ない!!」なんて言われたりしてます(^^;今日は私がココナラで親しくしている友人の中の一人、≪けーくん≫のブログを紹介しようと思います^^彼のブログを順を追って読んで頂ければ、彼がいかに複雑で色々なことを経験してきたか理解して頂けるかと。そんな彼だからこその価値観が表れたブログだな~って(*^^*)そして、このブログのこの≪スイミー≫の例えがすごく分かりやすくて❀すごくいい内容です^^ぜひ、読んでみて下さい。えーっと・・・。彼のブログを全部読んでいくと分かると思いますが、けーくんはかなり≪おっぱい好き≫(笑)!!男性の本音を見事に表現した彼の名言をここで紹介させて頂きます!笑っちゃいますよ(≧▽≦)!!Aから愛します。C-Dは美乳です。F以上だったら嬉しいです。そして、ドストレートな表現が多いため誤解されやすいのかな~なんて。本当のけーくんはすごく繊細でとっても優しい。この絵を見て頂けたら、それが伝わると思います^^けーくんとは、価値観や自然に関する話題が多いです^^そして、彼の趣味・嗜好・精神年齢を知るほどに「いや~、中身おじさんだなー!!」と(笑)けーくんの背中にはファスナーが付いていて、ピーッと下げたら
0
カバー画像

不安・過緊張・反芻を減らすと少し楽になるかも

こんにちは。体調やメンタル崩していませんか?気持ちの切り替えが苦手な方は、情報や人との関わりを一時遮断することで回避出来ることもあります。使命感が優先しても、気分が乗らない時は、サボる自分を許してください。理解してくれる人に話したり、SNSやブログ、日記を書くのもオススメです。ただ、衝動に任せて何でもSNSに書き込まないように、一旦手書きで書き出したりワンクッション置くと、後に後悔を減らせるメリットがあります。HSP・HSS型HSPに関して、他の方の声を聴いて深堀していくと、また新たな発見がありました。同じHSS型HSPでもそこは当てはまらないかな…性別によって違ったり。INFPとINFJという用語を初めて知ったけど、ここで当てはまる所もあるぞ?え?待って‼そこにADHDや鬱症状に似てたりすると、あれもこれもって背負ってパニックなまま病院に行ったら、滅茶苦茶たくさんの病名を付けられるんじゃ…。そこでまた調べ倒して途方に暮れる姿を想像した。本人は、わからない状態にまで下降すると、自分でも何が辛いのかがわからないから苦しいよね。頭の中で30周想像して出た自分の結論。そこまで自分に何個も病名みたいのつけなくていいんじゃないか…に至りました。だって、定型発達と呼ばれる人達でも、どれかしら当てはまるし、むしろ劣っている人なんて誰一人いないじゃん!逆に感受性豊かで優しいから傷つきやすい。ひとりひとり個性と才能が違うから、ギブアンドテイクの関係性が成り立つ。これを読んでくれた方の中で、「ほら、わかってくれないじゃん」「あなたにはわからないよ」って聞こえてきそうですが、当事者が知らない単語を調
0
カバー画像

気が付けばもうすぐ100名(*'ω'*)

ブログをお読みいただきありがとうございます。ココナラはまだまだ初心者ですが、気が付けばありがたいことにフォロワー様が91名。何万件とあるサービスの中から見つけていただき、さらにフォローまで…本当に嬉しいです( ;∀;)ココナラを始めてから(今もそうですが)、『私サービスは必要とされる日が来るのかな』とか『誰の目にも留まらないんじゃないかな』など心細いこともあります。なので、これまでご利用いただいた皆様にも見つけていただけたことが奇跡とご縁だと思っています。また、出品者様からも応援や労いのポジティブなメッセージが届くたびに、更に元気になる今日この頃です♪ありがとうございます。昔から人の話を聞くのが好きで、私自身も悪性腫瘍の頃は医療従事者をはじめいろんな人に話を聞いてもらって生きてきました(*^^*)心に一人でため込んでしまう方が楽になるように、できる限りここでお待ちしています!何気ない雑談でも、私にとっては貴重なお話になります。深いお話ももちろん傾聴させていただきます。ご縁が繋がりますように! もね
0
カバー画像

繊細さんのはなし

繊細な人とは、具体的にどんな人? アメリカの心理学者エイレン・アーロン博士が 提唱したHSPという概念がベースになっています。 最近では日本でも浸透し、HSPという言葉も定着 してきた感があります。 本日はそんな繊細さんについての話をしたいと思います。 こんなあなたは繊細さん 「職場で機嫌の悪い人がいると気になる」 「人と長時間一緒にいると疲れる」 「小さなミスに気づいて仕事に時間がかかる」 繊細さんは相手の感情やその場の雰囲気はもちろん、 光や音まで周りが気づかない小さな変化を感じ取ります。 その感じやすさは長らく、「気にしすぎ」「真面目すぎる」 など個人の性格によるものだと誤解されてきました。 しかし、エレイン・アーロン博士が行った調査により、 「生まれつき繊細な人」は5人に1人の割合で 存在する事が分かってきました。 あなたが持つ繊細さは"性格上の課題"ではなく "ただ、繊細に生まれついた"という気質。僕もそうなのですが、誰か機嫌の悪い人がいると 自分が怒られているわけでなくとも 態度や声のトーンだけで緊張してしまいます。 繊細さんは誰かの気持ちに気づかないように 自分を作り変えるのではなく 気づいた事に対する対処の仕方の方が大切です。 刺激から自分を守る工夫 人の感情や小さな音、わずかな光まで、様々な情報を 感じとるため、その分疲れやすい繊細さん。 大切なのは"感覚を鈍らせたり" "心を閉ざす"のではなくまずは刺激を物理的に防ぐ事です。 感覚を麻痺させるという事は "嫌いなものや痛いもの" は感じにくくなるけれど、同時に生きていくうえでの "喜びやときめきも感じづらく"
0
カバー画像

HSS型HSP・エンパスが綴る ~其の壱~ 

こんにちは。蓮の花healingと申します。HSS型HSP・エンパスの一人が綴っていきます。共感する箇所もひとりひとり違うと思うので悩んでいる誰かの参考になったら幸いです。今日、既に台風1号(マラカス)が発生したようです。何故か昔から台風にも興味があります。子供の想像力は素晴らしいです。「台風一過ってなに?台風の目ってどんなの?」「上陸ってどうやって?何で今回はそこを選んだの?」なんで?なんで?次から次へと浮かぶままに疑問を投げかかる。興味を抱いたら、周りが見えなくなる程の得体の知れない集中力を発揮する。飲食は後回し、時間は存在しなくなります。とことん調べ倒し、点と点が繋がって線になったら、燃え尽き症候群のような状態になる。そして興味が薄れる。好奇心旺盛なので既に次に興味を抱いたことに没頭している。もしくは何個も同時進行をしている。熱しやすく冷めやすい。自分のモチベーション次第大人数で行動するのは最低限でお願いしたい。家族や友人、パートナーであろうと、一日最低1回、一人の時間(空間)が取れないと息が詰まる。上記に当てはまる、もしくは「変わり者」「不思議な人」「着眼点が違う」「理解に苦しむ by家族」など幼少期から言われる方は繊細だったり、エンパスだったりします。ではどうすればいいか?他人にどう思われようが気にしない。これは生まれつきの個性と捉える。逆に人と違うって誉め言葉です。こんな性質を持っていると自分が認識出来たら、性質をある程度理解してくれる人がいると安心感がうまれます。エンパス共感覚で苦労すること例えば読んでいた漫画が実写化される情報が入ると、キャストを取り敢えず確認す
0
カバー画像

空には沢山のメッセージがある

最近は天気が不安定で寒暖差もあり、体調や気分がすぐれない人もいるかもしれません。空を見上げるのも理由はなく、寂しい、物思いにふけるだけでない。空が濁ってたり、鳥や雲など空で感じることがあります。なんかおかしいな…自分の感覚って大切なんです。日が昇り沈むのが当たり前だと思っていますか?去年あたりから太陽のエネルギーが強いと思い込んでいました。「思い込みを捨て思いつきを拾う」逆に太陽は弱くなり、太陽フレアが発生する頻度が増えているのではないか?テレビは殆ど見ないので、太陽フレアにふれている専門家がいるか存じ上げませんが、Twitterで「太陽フレア」「太陽嵐」「電磁波」にふれるとアクセス数がスバ抜けて増えます。専門的はことは分からないので、「宇宙天気予報」や「宇宙天気ニュース」を見ます。普通にネットで検索すると出てきます。太陽フレアのレベルが高くなると、通常の「頭痛体感」とは異なり、頭全体が割れそうな違和感を感じます。電磁波音を感じる方はわかるかと思います。四六時中、耳でなく頭の中で高音が聴こえます。経験から磁気強度になると、心臓が圧迫され痛いです。大体その日は中から強の地震が発生しています。近い日だと3/16地震直前に頭痛と心臓の圧迫感がありました。GPSの誤差、ネットやSNSが繋がりにくいなど、通信障害や停電が起こる場合もあります。電磁波は松果体にもダメージを与えるらしいので麻の布を被ったり、着衣やシーツなど麻にするのもオススメです。感覚が鋭いメリットもデメリットも上手く付き合うことで才能を活かせます。
0
カバー画像

いますぐ着替えておいで

あなたはどうしてそのワンピースを着ているの?あなたはどうしてその音楽を聴いているの?あの人がそのワンピースかわいいねっていってくれたから?あの人の車でかかっていた音楽だから?彼がこっちを見てくれて、ほめてくれたのに、どうしていつもため息ついているの?そうしているうちに、彼はあの子のところへ行ってしまったの?おかしいね。あの子はワンピース着てなかったのにね。もしかすると、彼の前では、心地いいあなたではいられなかったのかもしれないね。しんどかったよね。こんなに、こんなにも彼のために頑張ったのにね。👒ほらほら、一緒に新しい服でも買いに行こうよ。本当に着たい服をきて、聴きたい音楽を聴いて、大好きなことをいっぱいしよう。本当のあなたのきらめきを頼りにして、最高の彼はあなたのもとへ走ってくるよ。😊
0
カバー画像

⭐️文章のうしろにある 美しいものを感じる、ということ

⭐️文章のうしろにある 美しいものを感じる、ということ〜「イカの足2本分の文章」 昔、吉本ばななさんのエッセイで、 こんな感じの文章があった。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 文章を書くことというのは 例えばあなたの目の前を、 巨大なすごくキラキラして美しいイカが 泳ぎ去ろうとしている。 そして私はその姿を 必死で書き留めるのだけれども、 たった足2本しか書けなくて、 そのイカは泳ぎ去ってしまう。 そして不思議なことに、 このイカの足2本分の文章を読んで、 うしろにあった大きな美しいイカの姿を、 鮮明に思い浮かべることのできる人たちがいる。 正直に言うと、 私はそういう人のために、文章を書いている。 しかし、そうでない人に向けてだと、 私はまさに「イカの足2本分の文章」しか 提供できていないことになる。 だから、いつかは 「誰が見てもすごいイカ」な文章を書くのが、 私の夢です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ あのような文豪でもそうなのだから、 私の文章が「表現しきれて」なくても、仕方ないかも。(^_^)「ビジネスライティング」的には、不正解かもしれない。でも私も同じように思う。 私も、そういう人のために 文章を書いている。 ただ「写実的にしっかり書ける」っていうことより、その文の後ろにある 美しいものに耳をすませ、「しっかり感じられる」っていうことの方を、 私は大事にしたい。 その大きなすごいイカを捉えて、 「美しい」って感動できる心とか、 あとは、人のお話や文章の後ろにある、 泳ぎ去ってしまう何か巨大な美しいものを、 しっかり捉えられる感性を持った自分でいたい。
0
カバー画像

人一倍繊細なひと~HSP~

みなさんはHSPとは何かご存知でしょうか?HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)、人一倍繊細な人を意味する言葉で、人の「気質」を表す名称です。HSPは、新生児のときから刺激に対し強い反応を示すと言われています。日本人の5人に1人が該当すると言われています。有名な方だとロンドンブーツの田村さん、元でんぱ組.incの最上さんなどがご自分がHSPであることを公表されていますね。HSPの人は感覚的な刺激に対して扁桃体の機能が過剰に働きがちで、HSPでない人に比べて、刺激に強く反応し、不安や恐怖を感じやすいことがわかっています。HSPのセルフチェック表は様々なサイトで公開されているため、割愛します。では、自分がHSPかも?と思った時に取りたい行動についてお話していきます。HSP・疲れないコツ1.HSPを理解するまずはHSPという気質を理解しましょう。自分にはどのような特徴があるのか、どのような時に生きづらさを感じているのかを理解すると対処しやすくなります。エッセイ本や体験談などを見ると理解が深まることもあります。2.不快なものから距離を取る刺激が強いと感じたら距離を取りましょう。光・匂い・音、様々なものが刺激になります。何もせずじっとする時間を取ることも効果的だと言われています。3.苦手な人と距離を取るHSPさんは、その気質から苦手な人と距離を取ることも苦手なことが多いですが、出来るだけ距離を置きましょう。誰かが近くにいると、その人のマイナスな感情をキャッチしてストレスを感じてしまうかもしれません。普段からパーソナルスペースを広めに
0
カバー画像

【HSP(繊細さん)は人間関係で深読みしてしまう】

HSP(繊細さん)は人間関係で深読みをしてしまいます。結果として、苦手な人が多いのです。それがトラウマとなって、1人の時間が多くなります。隠れ繊細さんが周囲の人たちに理解さない理由は人口比率があります。隠れ繊細さんは人口の6%と言われています。少ないです。でも、100人いたら6人ですし、血液型で言えば AB型は9%なので全く出会えないほど少なくないと思います。ところが、なかなか遭遇しなかったのではないでしょうか。それには、隠れ繊細さんのご自身の本音が隠されていてご自身にも見えてないことが影響しています。隠れ繊細さんは、繊細でありつつ好奇心旺盛で外に新たな情報を欲しがります。意気揚々と活動をしていても、外部からの刺激により簡単に心が折れてしまいます。意気消沈しているところを見られたくないため頑張って継続しますが本人は疲れとショックです。周囲の手前、簡単に止めると言えず自分の中で板挟みになります。こんな状況、あなたは当てはまりませんか?私のカウンセリングでは対人関係であったり自分に対しての「違和感」を明確にしてどうすれば「生きやすく」できるかその人に合ったアドバイスをさせて頂いております。
0
カバー画像

HSPについて思うこと。

悩み相談をしています「ゆきはな@こころのサロン」です。繊細で敏感で生きづらい。HSPさんによく言われることで、私のサービスにもこの表現を使っています。繊細で敏感 = 生きづらいでも、これだけではなくて。繊細で敏感 = 豊かに生きれるでもあるんですよね。人の気持ちや周囲の空気を感じることができるからこそ、人の気持ちを汲み、理解することができる。五感からの情報を受け取る力が強いからこそ、深く感動したり、クリエイティブな力に変えていくことができる。他にもいろいろ。。生きづらさが、豊かさに転じることがある。。無理にポジティブに考えたり、楽観的に捉える必要はないけれど生きづらさの原因だと思っていたものが豊かさの種である側面がある。そんなこともう知ってるよと言う方も多いかなと思うけど。知らなかった方やHSPのことをよく分からない方は、そういう事実があるということを知って欲しい。HSPさんにとって、社会や周囲に合わせていくのは自分へ強い負荷を課すことになる。だから、周りに合わすことを頑張るのはやめた方がいいのです。まずは、強い感受性と繊細さを持つ自分を分かってあげることが大事。それから、自分にあった生き方、考え方を見つけていく。豊かに生きる素質を生かす生き方。それを見つけて心地よく生きるは必ずできる。HSPは、心理学的な定義です。
0
カバー画像

HSPとわかってからやめたこと5選

こんにちは、koikeです。自分が強度のHSPとわかってから、生き方を再構築しています。その中でやめたことを5つ、理由も説明しながら紹介します。HSP=◯◯ではないにせよ、非HSPと強度HSPでは性質も感じ方も全然違うんです。全てを真似する必要はありませんが、あなたの性質にマッチしたものもあると思いますので、しっくりくるものは参考にし、取り入れてみてください。①無理な仕事(睡眠や遊びを削って仕事するようなこと)以前は「より多く仕事をするのが美徳」と考えてましたが、もう止めました。多くやっただけお金になるならまだ良いのですが、そうでもなかったのですね、よく考えてみると。なにより、それ以上に疲弊してましたし・・・よく「寝食を忘れて」とか「常に仕事のことを」という人もいますが、あれ嘘だと気づいたんです笑そういう人でも寝てるし、なんならデートしたりしてるわけですから。そして人生、仕事だけではありません。遊びも大事だし、楽しくなければ仕方ないでしょう。②真面目に生きること(必要以上に疲弊したり、空回りしたりするので)以前は、例えば仕事で問い合わせなどにも、一つ一つ時間をかけて丁寧に返したりしてました。ただ、世の中には「相手にする必要ない人」も多数いるんです。時間と労力、エネルギーを使ってもほとんどリターンがない事、人もいます。相手にする価値・意味のない相手に真面目に丁寧に接しても、疲れるだけで無駄だと気付いたので、あまり真面目に「だけ」やることはやめました。③無駄な分析(例えばルールを守れない人など)例えばゴミのポイ捨てなど、私からすれば全く理解できないことをする人もいます。あなたも、許
0
カバー画像

雑談:私はHSP?繊細すぎて疲れていませんか?

早速ですが、あなたは以下の項目に何個当てはまりますか?・人混みや人の集まる場所にいるのが苦手・大きな物音や騒音には過剰に驚いてしまう・他人の怒鳴り声や金切り声を聞くと動悸が止まらない・ちょっとした生活音でも他人が出す音が気になる・テレビや音楽の音が少しでも大きいと不快な気持ちになる・物事を複雑に考えてしまい、なかなか決断が下せない・問題の解決策を導き出すのに何時間もかかってしまう・はじめの一歩を踏み出すまでがとにかく長い・事なかれ主義や考えなしに行動する人の心理が理解できない・深く考えすぎるせいで頭の中がぐちゃぐちゃになりやすい・職場や大人数の集まりに参加した後は、どっと疲れてしまう・友達と遊ぶだけでもかなりの体力・気力が必要・他人の感情がわかりすぎて気苦労が絶えない・その場の空気を察知すると、つい気を遣いすぎてしまう・他人のために自己犠牲をする自分に疲れる・フィクションのTVや映画であっても感情移入してしまう・残酷・暴力的な映像を観ると、数日間立ち直れないことがある・感情任せに怒られるとひどく落ち込み、具合が悪くなる・きつい冗談や「イジリ」に傷ついてしまうことが少なくない・誹謗中傷や皮肉を交えたSNSの投稿を見ると一日中気にしてしまう当てはまるものが10個以上あればHSPを疑う必要があります。HSP気質の人には「敏感で繊細すぎる」特徴があります。他人の感情に対してはもちろん、環境の変化や音にも過敏に反応しては、人一倍影響を受けてしまうのです。ではどのように過ごすのがHSPの気質の方にとって過ごしやすくなるのでしょうか?HSPの人は、他の人よりも多くの刺激や情報を受け取ります。
0
カバー画像

HSPさんが付き合ってはいけない人とは?

koikeですHSPさんは「付き合う人、友人関係」は慎重に選んだ方が良いです。なかなかこの性質を理解してくれない人もいれば、悪意を持ってる人も中にはいます。そのなかでも、この性質の人とは絶対に付き合ってはいけない、できるだけすぐに離れた方が良い人と、その理由について解説します。HSPさんが心穏やかに過ごすために、ぜひ参考にしてください。 HSPさんが付き合ってはいけない人とは、ナルシシスト(エナジーバンパイア) このナルシシストの特徴として ・なんでも人のせいにする、自分の非を認めない ・他人を支配・コントロールしようとする ・執拗に人の弱みをつく などがあります。(思い当たるような人はいませんか?) ある程度付き合わないとわかりにくいかも知れませんが、初対面や付き合いが浅いうちでも見分ける方法はあります。 それは、すぐに自分の話にすり替えること。 自然な流れで、ある程度自分の話をするのは誰でもあるでしょうが、あまりに多いと疑った方が良いかも知れません。 そして先述した ・なんでも人のせいにする、自分の非を認めない この傾向が見られたら、かなり危険人物ですので、できるだけすぐに離れることをお勧めします。実際どんな局面でも、少なくともあなただけが一方的に悪いということはありません。むしろ、あなたに非はないことも多いでしょう。 私自身そんな人を何人か知っています。ここでは詳しく書きませんが、まあ悲惨なものでした。こちらの自身もモチベーションも下がるし、精神的・肉体的に疲弊しまくってしまいます。 そしてもう一つ注意したい点は、初期段階では見抜きにくいことも多いこと。むしろ、このナルシ
0
カバー画像

HSPさんと非HSPさんの脳の違いとは?

こんにちは、yosuke koikeです。「HSP」が一般的にも少しずつ、知られるようになってきました。とはいえ「気にしすぎ」とか心ないことを言われたり「甘えだ!」などと理解しようとしない人も、残念ながらいます。しかし、事実、脳の活動やホルモン分泌で、HSPとそうでない人では明らかに違うのです。様々な調査や研究があるなかで、今回4つほど紹介します。脳の扁桃体が活発扁桃体は、危険察知などをします。扁桃体が生まれつき活発で、不安や恐怖を感じる神経回路も敏感です。「危ない!!」と察することは、生き残るために重要ですよね。ただ非HSPさんより「感じやすい」ため、様々な局面で疲れてしまうことも多いのです。ストレスホルモンなどの分泌量が多いノルアドレナリン(=ノルエピネフリン。神経の高ぶりで分泌される)、コルチゾール(ストレスホルモン)の分泌が多いことも研究で分かっています。ハーバード大学の心理学者、ジェローム・ケーガンによる研究です。敏感な子供に対する研究ですね。もう一つ、ミネソタ大学の心理学者、メーガン・ガンナーによると、やる気のないベビーシッターに預けられた敏感な赤ん坊の唾液には、より多くのコルチゾールが含まれていたとのこと。ミラーニューロンが活発ミラーニューロンとは、他人が何かをしたり感じたりしたことと、同じ反応が脳内で起こる神経細胞です。嬉しそうな人を見ると、こちらも嬉しくなることってありますよね。それがミラーニューロンの活動です。非HSPさんより、HSPさんはこのミラーニューロンが活発なのが研究によりわかっています。誰かが怒られてると、まるで自分自身が怒られてるように感じるのも
0
カバー画像

こどものころのはなし【HSP芽生期】

突然ですが、自分のこども時代が好きではない。今、曲がりなりにも大人になった自分が、子ども時代の自分を見るとイライラするでしょう。だからあまり思い出したくないし、その影響か実際ところどころ記憶が抜け落ちている気がします。小学校低学年の頃は引っ込み思案でした。学校でも毎日のように泣いていた気がします。周りの大人たちからは「神経質」と言われていました。神経質という言葉は小学校低学年の頃に覚えましたが、あくまで「短所」として理解されていました。高学年になると野球に夢中になりました。近所の年下の子たちを集めて勝手にチームを作って、駐車場だろうが人の家の庭だろうが構わず野球場にしました。恐ろしいくらい大人たちに迷惑をかけていましたが、一方で、引っ込み思案の男の子が腕白になったと喜ばれることもありました。自分が一番明るい時代だったかもしれません。中学に入り、もちろん部活動は野球部を選びます。ところが野球部という、絵に描いたような団体競技の世界が、眠っていた自分の繊細な神経を再び起こしてしまいます。結果論ですが、日々大人(監督)の罵声が飛び交う昭和~平成初期時代の熱血系運動部は、私の繊細な感受性にはいささか刺激が強すぎたということになります。やがて一つの失敗から急激に自分自身を猛烈に否定し始めるようになります。自分は周りの人よりも劣った存在。周りの人のようにうまく生きていくことができない。この思考が明確に芽生えたのはこのころです。厭世観を常に抱えて持っていました。自分ではグレてしまったとは思っていませんが、同級生や、周りの大人が自分をどういう目で見ているのか、強がりながらも多分内心びくびくして
0
カバー画像

HSPの自己肯定感について

自己肯定感と言う言葉は最近ちょっと流行ってますよね。HSPを表す言葉としても「自己肯定感の低さ」があります。すごく簡単に言うと「自分の評価が低い」「自分は他の人より劣る」「自分は何をやってもダメな人間」など、自分のすべてを低く見積もること。私も小さいころから「自分は他の人と比べると神経質ですぐ泣いたり怒ったり激しい」とか、クラスのかわいい女の子をいとも簡単にゲットする男子を見て「自分とは違う生き物だ」とか、社会に出たら周りの人みんなが自分より仕事できるように見えてしまう。というより、こんな場面でこんな仕事の仕方しかできない自分をみじめに思ってしまいます。そうなると、例えば何か一つのことで褒められても「いや、そんなことはない」とか「機嫌をとっているだけだ」とか、疑心暗鬼になり、素直になれません。せっかく認められたのにもったいないですね。そのような「自己肯定感の低さ」を、私自身はどう克服したのでしょうか。とは言いつつも別に克服したつもりはありません。「長い付き合いだ、まあお前も飲め」という具合に共に生きています。私の場合は、結果論として、他の人よりも公私とも様々な場数を経てきたことから、地に足の着いた人生を送れるようになりました。送れるようになった?いや、そう思い込むようにした(笑)   周りの人と比べて落ち込みそうになったら「あの人より自分のほうがはるかにいばらの道を歩いてきた。だから胸を張れ」と言い聞かせています。こういうことは「思ったが勝ち」です。HSPの皆様は、自己肯定感が低いことを「みじめだ」とかとらえる必要はありません。自己肯定感が高い人よりもよっぽどかわいげがある。そ
0
カバー画像

LINEとHSPの相性とは

LINEと言うツールは非常に便利です。一言だけでも言葉や思いを伝えられます。メールの時代はそれなりの文章を考える必要がありました。良い悪いはべつとして「は?」とか「え?」とか「うん」だけでも気軽に送ることができます。といいいつつも私はそういう使い方はしません。一方でデメリットも当然生じます。仲良くなった人とLINE交換するものの、LINEのペースが合わないとその関係に不具合が生まれます。何かメッセージを送ったとしても、相手が寝ているかもしれないし仕事中かもしれない。それでも待ちきれずに「おーい」とか「起きてるー?」とか立て続けにメッセージを送る人がいます。こういう行為をする人の心理はなかなか理解しがたい。というよりも、本当にこういう人がいるんだとびっくりします。メッセージ交換が気軽になった分、相手の反応を「待つ」ことができなくなっているのでしょう。また、「既読」というシステムがさらに繊細な人々の心を揺さぶることとなります。それでも私はLINEは1対1のコミュニケーションとしては、実に有効的と思いいます。文字で感情を伝えられなければ、スタンプという方法もある。HSP気質の人にとっても比較的取り入れやすいツールではないでしょうか。ところが、LINEの機能の一つ「グループLINE」となると話が変わってきます。神経の使いどころが増えるだけでなく、直接相対するケースと違い、相手の表情や雰囲気が全く見えない状況で複数の人を相手にコミュニケーションをとるのは、正直しんどいことこの上ない。私はあえてグループLINE苦手と公言し、会話には消極的にかかわることで、余計な神経を作用させないよう努めて
0
カバー画像

気にしすぎて疲れるHSPは本当に楽しめているのか?

本題の疑問を持たれることが結構多い。仲の良い友人からも不思議に思われたことがありますが、HSPである私は、どんなにワクワクドキドキする素敵なイベントでも、終わった後は倒れこむほどに疲れ切る。ほどほどに楽しむことができれば良いのですが、気を遣うわ、周りと歩調を合わせようとするわ、空気を読むわ、様々な場面で自分のお皿以上のデザートを持ってしまいます。それではイベントは本当に楽しかったのか?苦痛ではなかったのか?答えは一つ。よほど元から嫌なイベントでなければ楽しいもちろんです。書店で販売されている「HSP」の本の中にこういった場面が書かれていました。ある日、とある女の子が、職場の同僚みんなと飲むことになり、「今日はパーっとやろう!」と大いに盛り上がる。女の子自身も飲み会の最中先輩と楽しく会話したり、自然体で溶け込んでいる。飲み会終わり、みんなと別れた後の一人の帰り道、「楽しかったなー」とつぶやきながら帰宅の途につく。しかし自宅に入ったとたんに「でも、疲れた・・」とベッドにバタンキューとなる。非常にわかりやすいエピソードですね。 HSPは、楽しい催しでもつらい催しでも関係なく神経フル回転となります。だからこそ、どんなに楽しかった時間を過ごせても、終わったあとは使い切った神経がガス欠を起こしバタンキュー(この表現少し古いけど、HSPの疲れ切った状況を表すのにぴったりなので頻回に使用します)となります。非HSPの人たちに誤解してほしくないのは、疲れ切って「バタンキュー」でも、「疲れさせてごめん」「迷惑だったかな」等思わないでほしい。迷惑だなんてとんでもない。HSPとしては、楽しかった、また
0
カバー画像

HSPにとっての「普通」とは

最近教えてもらったとあるサイトのHSP診断があり、結果はとのこと。相変わらずの結果です。HSPは障害や病気ではないので、世の中の誰かが作成したこういう診断サイトのこういう数字にとらわれすぎることは何もプラスにはなりません。ただ、「自分の特性に合わせて」この一文には結構深い意味が隠されています。社会には「普通」とか「一般常識」という言う物差しが存在します。そして、日ごろのコミュニケーションにおいても「そんなの当たり前でしょ」「普通はこうでしょ」「それは常識だよ」みたいな言葉が飛び交います。考えてると、普通って何?ということ。世の中の「普通」が自分にとっても「普通」とは限りません。その「普通」だって、時代ごとに全く異なる価値観に変化します。私は、別に世の中の「普通」に自分を合わせなきゃいけない理由はないと思います。 HSPは、自分自身の気質が周りの人と比べ「ずれ」があることに早くから気づいてしまう。そして「自分はおかしいのではないか」と要因を「自分の内面」に向けてしまいます。何を基準に「自分はおかしい」と思うのでしょうか。よくある相談で「自分は普通じゃない」「普通はこうすることが自分はできない」と、無意識に世間の「普通」を基準にしてしまうのです。まず、自分自身の気質を「自分だけの基準の”普通”」にすることです。普通と言うのは十人十色であり、全人類共通の物差しではありません。私は相談者には「普通~でしょ」と言う言葉は決して使いません。まず自分自身がその基準の「普通」には当てはまらないからです。そして、相談者の「普通」はその本人しかわからないことです。「私は普通じゃない非常識な人間だ」
0
カバー画像

こころ と からだ はつながっている

『ちいさな癒しの世界』をお届けする、セラピストのyura♪です。心が弱っている時は、身体が助けてあげればいい身体が弱っている時は、心が助けてあげればいい合気道を始めた十数年前に、師範がおっしゃった言葉「ほんとにそーだなー」と感じました。でも、当時の私は、心を助けてあげられるエネルギーが身体になかった。心が悲鳴をあげているのを無視し続けて、そのサインが身体に出てくるような状態。身体の症状として出さないと、私が自分をいたわってあげなかったから。(あの頃は、ほんとにごめんね・・・)私の身体は既に、私の心を支えるのに必死だった。。。その状態では、心と身体がお互いに助け合うのはむずかしい・・・師範の言葉を心に留めながらも、無理し続けていると、度々やってくる大きなダメージや、強制終了的な不調。どうやったら、心と身体がお互いに助け合えるのか?その方法がわからない!そんな時、「こころは食べるものでできている」と知ったのです。心・感情は、臓器の状態とつながっていて、その臓器を強化する食べものを食べれば、心も元気になっていく!なんと!そうだったのか!確かに、子供の頃、腎臓がちゃんと機能していなかった時の私の性格は、『腎』が弱っている特徴と一致している!あの性格は、私が悪いわけではなく、腎臓が弱っていたからだったの!?感情=本来の性格ではない。とゆーことは、食べるもので性格が変わると言っても過言ではないのでは!?希望の光が射しました。そして、とにかく、食べるものを変えよう!と思い、実践したのです。簡単に言うと、取り入れたのは・五色(緑・赤・黄・白・黒)の食材・重ね煮・玄米食難しいことや手間がかかるこ
0
カバー画像

眠れないHSP

ショートスリーパーという人がいます。その名の通り、短い睡眠で全く問題なく日中も活動できる人のこと。なぜか最近流行りなのでしょうか?よく耳にするようになりました。私は日頃よりできるだけ寝るようにしています。やはり日中に心を酷使していることを自覚しているからです。昔はよくやった「睡眠を削って」を今は避けることにしています。とにかく睡眠時間だけは何としても確保する。HSPは朝起きてから夜寝るまでの間、特に誰かと空間を共にしている時間、心はすさまじい労働をしています。例えば、「頭痛がするくらい気にしすぎる」「目がしょぼしょぼするくらい気を遣う」「脳みそが暴発しそうなくらい考える」「疲労ピークの夕方から夜にかけて脳内反省会を行う」これらはHSPが日常的に行っている重労働です。私はよく、「納得するまで気を遣え」「割り切れるまで考え抜け」等助言することがあります。投げやりなアドバイスではなく、気遣わなくてよいよ・考えすぎだよ、という助言は正直全く響かないのです。それならば思う存分考え抜け、その代わり、終わったらできる限り心と体を休ませてあげて。そういうことです。そのためには、やはり睡眠時間の確保はとても大切ですね。以前のコラムでも書きましたが、HSPは病気ではありませんが、もし上記の理由で「眠れなくなる」などの状態になったならば、場合によっては心療内科を受診し、服薬を始めたほうが良いかもしれない。そのくらいHSPにとって睡眠は重要です。『眠れる森の美女』昔の人は良く言ったものです。眠るという行動は実は美しい。人一倍大事にしましょう。
0
カバー画像

すべてのHSPが同じではない

様々な記事やSNSの投稿を読んでいると、同じHSPでも「ずいぶん自分とは違うなあ」と思うことがあります。それは当たり前のことで、基本的にHSPは病気でも障害でもないので、十人十色になるのは当然と言えば当然。ここ1~2年でHSPという気質もかなり社会に浸透されつつあり、芸能人などがこぞって「自分もHSPだ」と公表するようになってきました。しかしながら、世の中が言う「HSPとはこういうものだ」という概念にとらわれすぎないでほしい。状態や考え方感じ方はバラバラでも、そこに「生きづらさ」を感じているならば「こういうものだ」という概念などどうでもいいことなのです。例えば、私の場合、どうしても複数人で会ったり、出かけることに関しては苦手です。言うまでもなく「気を遣いすぎ」て疲れ果ててしまうから。自分はこれはHSPの最たる特徴だと思っていましたが、ここ最近「HSP同士での交流会」をしたり、「旅行」に行ったりと、いわゆるHSPサークルが流行っていると聞きます。これについては以前のコラムでも触れましたが、それはそれでとても良いことだと思います。しかし、自分軸で考えた場合、とても難しい環境をあえて作ることに対する懸念を感じてしまいます。私だったら、同じHSPだとしても、長い時間グループで一緒に過ごしたり行動したりすることは避けたいので、時間を決めて1対1で語り合いたい。今はそういう気持ちです。少し不安なのが、私と同じ考え方のHSPは他にもいると思いますが。その人たちが「自分はこういう会に参加できない」という思いから自己肯定感が著しく下がることです。繰り返しますが、同じHSPだとしても人それぞれです
0
カバー画像

話を広げることの難しさ【HSPの弱点】

会話を広げる内向型のひとにとっては苦手なことかもしれません。かくいう私も。たとえ仲が良い友人でも、「会話が不自然に途切れる」時には一瞬の緊張感が走ります。それが初対面の人であればなおさらです。会話を広げることはコミュニケーション技術の大切なポイントです。そのため、社会には「世間話」とか「社交辞令」というテクニックがあります。こういったビジネス的な会話にはある種「しらじらしさ」を承知したうえで発する必要があります。HSPの人が持つ「誠実さ」は、そのしらじらしさに耐えられない場合があります。そのため、相手を喜ばせようとしたり、相手に好かれようと奮闘し、疲れ果ててしまうのです。かつ、その結果たるもの「グダグダ」になってしまったと激しく後悔するのが常。話を広げる。確かに一つの「売り込み」になるのかもしれませんが、無理に会話を繕うよりも、ありのままの誠実さを醸し出していたほうが何倍もマシです。私が心掛けているのは・「挨拶をしっかりする」・「言葉で表せない気遣いを心掛ける」などです。後者は多少場数を踏めば、自然と気づき、動けることだし、話を広げるよりもずっと自然にふるまうことができるはず。苦手なところを無理に繕うよりも、自分自身ができることを精一杯示す、これがコミュニケーションの大事なところです。胸を張っていましょう。
0
カバー画像

HSP流「群れない」生き方

「グループ」HSPにとってはあまり良い思い出にはならないキーワードです。私も中学・高校の頃はこの「グループ」というものに非常に気を遣いました。当然、それぞれのクラスにはいくつかの「グループ」があり、どこに所属しているかによって、なんとなくその人自身のステイタスも変わるような錯覚を覚えてしまいます。考えてみればどうでもよいことですね。周りがどう評価するよりも、自分自身がそのグループに所属して「落ち着く」かどうかのほうがよほど大切です。かつて、プロ野球で天才バッターと言われた元広島東洋カープの前田智徳選手は、他の生徒とはつるまず、暇さえあれば一人釣りを楽しんだといいます。また、あの世界のイチロー選手の中学時代は、友達と「連れション」することを嫌い、時間があるときは「盆栽」の趣味にはまっていたと言います。こういった話は得てしてオヒレハヒレがつくものではあり、実話かどうかは別として、このような生き方はとてもシンプルで素敵です。今、自分は決して群れることなく社会という「クラス」を生きています。そのほうがなんらかの「グループ」に所属しているよりも何百倍も「自分らしくいられる」のです。私が少年の頃からインスピレーションを感じ、大人になった今でもあこがれてやまない「スナフキン」はまさに「群れない生き方」の象徴です。自分らしく「居られ」ているかそれを基準に、「今いる場所」の評価をしてみましょう。
0
カバー画像

自己肯定感が低いな(;´д`)と思ったら

大丈夫♡自己肯定感が低くても、その事自体は大丈夫なんです✨大事なのは【低いと、どういう影響があるか】を知っているかどうかです(^-^)♡自己肯定感が低いために起こりやすくなる事の1つは、『他人との境界線が曖昧になる』です。ん?なにソレ(・・?)と思う方もいらっしゃるかな?と思うのでご説明しますね。例えば、こんな事はありませんか?他人から理不尽にひどい事を言われた時に、『これはこの人の問題なんだな』とは思えずに、どんな相手に対しても『言われる自分が悪いんだ』と感じてしまって、その後も、その出来事や不快な感じが頭の中をグルグルする。。。別の人から優しく『気にしなくていいんだよ』とアドバイスをもらって頭ではわかっているんだけど、気持ちはスッキリしない。。。どころか凹みまくる。。。↑過去の私ですね(^◇^;)自己肯定感が低いと、他人との境界線が曖昧になり、相手に簡単に侵入させてしまったり、意識できないまま自分が相手の領域に侵入してしまって、相手の問題を自分の問題として抱える事があります。そうなると、本来は相手の問題なので、こちらが解決することは出来ないため、グルグル思考が続き、疲れます。。。↑これも過去の私です(´;ω;`) この心の仕組みを知っていて、ネガティブな出来事が起きたその瞬間から意識出来るようになると、他人との境界線が曖昧なままでもグルグルのしんどい時間が減らせますよ♪今日も寒いですね。暖かくしてお過ごしくださいね(*´︶`*)♡
0
カバー画像

HSPにおけるフラッシュバックとの闘い

フラッシュバックは私も日常茶飯事です。これは結構厄介なもので、突然脳裏に浮かび上がり、もう過ぎ去ったはずの過去の記憶が再びものすごい勢いで心を真っ黒に染めようとしてしまいます。過去の記憶を特に丁寧に編み上げるHSP気質の持ち主にとって、フラッシュバックはかなりのダメージを受けることがあります。下手すれば数日立ち直れないことも。あまり極端に体調を崩すようであれば、当然医師の助けも必要ですが、多くはそこまでいかなくとも、じりじりと感情をむしばんでしまう。いわゆる「どよーん」としてしまうのです。これには特効薬はありません。ただ、ある程度ダメージを和らげる習慣はあります。例えば、私であれば、フラッシュバックで過去の強烈なトラウマがよみがえってしまったときは、できるだけ早く安全基地へ戻り、心を落ちつかせつつ、「そういう悪夢のような状況を乗り越えて今があるじゃないか」と、自分に言い聞かせるようにしています。そして、今自分が安全基地にいるという思いをしっかりと胸に刻むこと。 過去は過去。それは変えられません。でも今自分が立っているのは「過去」ではなく「今」です。今、そして「これから」に目を向けていくこと。これは、効果抜群の対策と言うよりは「習慣」になります。とにかく意識を本能的にそちらへ向けていく習慣です。皆それぞれにフラッシュバック対策はあるのかと思います。ただ一つ、強調しますが、今は「過去」ではありません。今は「今」です。
0
カバー画像

自己評価が低い【HSPとナルシスト】

私自身、昔から自分のことが嫌いでした。そう思う時は、確実に「誰か」と自分を比較しているとき。例えばクラスの人気者や、勉強1番のやつ、運動部で活躍しているやつ、女の子にモテモテのやつ、様々な人と自分をわざわざ同じ土俵に上げて比較してしまうのです。かつ、自分の普段のふるまいなどを無意味に振り返り、「なぜあんな態度をとるのだろう」とか「どうしてあそこでああできなかったのか」等、自分へのダメ出しを繰り返してしまいます。HSP気質の人に良く言われる「自己肯定感の低さ」もっと簡単に言うと「自分が嫌い」「自分の評価が悪い」みたいなところでしょうか。考えてみれば、自分のことが好きでしょうがない人は「ナルシスト」と呼ばれ、一種の「変人」扱いをされています。ナルシストが変人かどうかが問題ではなく、それならば自分のことが嫌いと言うのは、ある意味「クール」で「客観的」な生き方をしていると考えられます。さて、私はナルシストを馬鹿にできません。というのは、ナルシストの生き方はなんだかんだで建設的であるからです。自分のことが好きだから、自分を大切にする。自分を着飾るのも、自分をほめたたえるのも、すべてが理にかなっている。HSPの気質で苦しんでいる人にかける言葉がそのままここでも使われていることに気づかれるかと思います。ナルシストになれと言っているわけではありませんが、彼ら彼女らの生き方には、自己評価が低いHSP気質の人たちのヒントが隠されているのかもしれません。けれど、なかなかこういった「イメージ」と言うのは覆すのは難しい。それならば、人生の一部ちょっだけナルシストを取り入れてみましょう。というよりも、間違
0
カバー画像

HSP同士か否か【HSPに見る結婚相手の選び方】

女性からの相談が多いこともあり、夫婦関係について考えを書きます。例えば「夫が非HSPのHSP妻」や、「HSP同士」等様々な組み合わせがあり、それぞれにメリットデメリットがあるようです。わかりやすく言うと、「繊細同士・細かいところによく気づく者同士」とか「気にしすぎな奥様と何も気にしないご主人」みたいな具合。特に「HSPと非HSPの組み合わせ」による弊害の声が多いですね。といいつつも、世の中の7~8割が非HSPなのでHSP当事者にとってはこれは珍しいことではありません。私個人的にはHSP同士のほうが、何も言わずともお互いを深く理解しあっているからおすすめですが、恋愛感情と気質はまた別物です。良くよせられる不満としては「自分がどれだけつらい気持ちでいるか、疲れているかを非HSPの夫が全くわかってくれない」というもの。確かに、これは結婚相手のみならず、日常的な人間関係にもかかわることです。例えば上司と部下であったり、親子であったり、友達同士であったりとすべてに当てはまる図式です。ただ、夫婦となるとまた関係の密接度はケタ違いとなります。基本的には、「HSPのことを非HSPに理解させることは困難」という原則をもとに、「わかってほしい」ではなく、わかり合えない部分を認識しながら、役割分担をするという方法が理想です。役割分担と言うのは、「あなたお風呂掃除・私料理」という役割ではなく、「細かいところは私が調整し、思い切るところは旦那が表に出る」というようなところです。たとえが極端かもしれないが、かつての戦国の世の中での「武闘派」と「戦略派」の業務分担のようなこと。それはともかく、「わかってよ」
0