絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

52 件中 1 - 52 件表示
カバー画像

#6[Alfred:6] 私の効率化していることの一つ

ファイル移動を素早く行うことについてお話します。フォントやイラストの素材や、お客さんからとかお友達からファイルを受け渡しなどで、ダウンロードして、しっかりフォルダーで管理されていれば問題がないのですが、よく、そのままダウンロードフォルダに置いたままにして、ファイル探しに時間を費やしたり、ダウンロードフォルダが溜まってしまって、自身のハードディスクの容量を圧迫させてはいませんでしょうか。そんなときに、素早く指定するフォルダにファイルを移動させる術をお知らせします。前準備まずは、前準備として、フォルダーサーチの範囲を確認します。外付けのデータストレージがある場合は、AlfredのDefault Resultsのところにいって、[Search Scope]に自身のMacにつながっている外付けストレージを追加しておきましょう。右下の+ ボタンから該当するストレージ、もしくは特定のフォルダを付け加えます。こちらができたら、Universal Actionsのメニューから、Selection HotKeyを自分の起動しやすいキーを設定します。私の場合は、Control と Shift と W という設定にしています。ファイル移動移動したいファイルを選択した状態で、上記のホットキーを押して、[move]と入力し、Tabキーを押して、指定のフォルダー名を入力します。ファイルをコピーして、ファイル移動書き出したファイルを、そのフォルダには置いておいて、別のフォルダにも移動させたいときなどは、copyを使って、ファイルの複製コピーを行います。まとめ目的のフォルダーをいちいち開いておくのって面倒なん
0
カバー画像

#5[Alfred:5] 私の効率化していることの一つ

システム関係のショートカットパソコンを使っていると、再起動やシャットダウンを日常に使います。いちいちマウスを握って、左上のリンゴマークから再起動やシャットダウン、スリープをするのもめんどくさくは、ありませんか。そんなときに、Alfredを使って、素早く実行することができます。シャットダウン:shut down再起動:restartスリープ:sleepその他のショートカットゴミ箱を空にする:emtアプリを終了する:q [アプリ名]すべてのアプリを終了する:qaアプリを強制終了する:fq [アプリ名]confirmは、確認メッセージを出すかどうかのチェックなので、必要であればチェックを入れて良いと思います。あと地味に便利なのが、音をミュートする:mです。これは、トグル状態にしてくれるので、音を出すときには、再度同じようにコントロールすると音が出るようになります。まとめ日常的に使うものを更に便利にさせてくれるものです。一度慣れてしまえば、手を動かさずに完了させてしまうので、手放せなくなります。いいなと思ったら是非取り入れてみてください。
0
カバー画像

IT導入を諦める前に、IT導入補助金を検討してみよう!

こんにちは。ITコーディネータのさとよです。小規模企業・個人事業主様に向けて各種ITサービス利用のご支援をしています。「ITシステムを自社の業務に導入したい!」「しかし、予算が足りない」そんな資金的な不安を抱える企業様・個人事業主様も多いと思います。そんな時検討すべきなのが「IT導入補助金」です。業務効率化や売り上げアップのために導入補助を目的とされる補助金です。ITの利活用推進を目的として国が支援してくれる制度です。各種申請枠には様々な要件がありますが、自社の導入しようとしているITツール・システムが補助金対象である可能性もあります。例えば先日ご紹介した自動化するためのRPA(Robotic Process Automation)は大手のサービスはライセンス料、導入費用など一定の資金が必要になります。そこを補助金で賄うことで自動化のためのソフトを導入することができます。例えば生産性向上事例として以下ご紹介します。ある製造・販売業の受注管理業務にRPAを導入したケースでは、従来Excel管理をしていた業務にRPAを導入したこで、手入力で発生していた転記や修正ミスを軽減し時間外削減に繋がりました。補助金を活用したことで導入ハードルを下げることができたそうです。(※1)もう一つご紹介します。ある会計事務所のケースでは、事業拡大に伴いオンプレミス型の顧客管理システムからクラウド型に移行しようと検討した際に補助金を活用できることを知り導入に踏み切ったそうです。補助金がなければ導入コストの負担は大変厳しかったそうですが、IT導入補助金を活用し、事業拡大のスピードを止めることなく事業を継続
0
カバー画像

そのExcel業務代行します。

サービス内容-まずは、ぜひ1度ご相談下さい- 【はじめに】 Excelでお困りごとは、ありませんか? もっと効率的にデータ整理・表やグラフ作成をしたい! 忙しくて、Excel作成に時間を割けない! など、Excelについて、ぜひご相談ください。 好きを仕事にして経験を積んできましたので、煩雑な作業をスッキリさせていただきます。 【メニュー】 ✔︎作業代行(データ集計・データ処理・グラフ化) ✔︎テンプレートの作成 ✔︎データ処理の自動化(VBA) ※学校の課題などの代行は、coconalaの規約上、 禁止となっておりますのでご了承ください。 【納品形式】 ✔︎Excelファイル 【納期について】 ✔︎原則、1週間以内には、納品させていただきます。 ✔︎データ処理の自動化(VBA)については、2週間以内には、納品させていただきます。 ※遅くなる場合は、事前にご連絡いたします。 【プライバシー保護】 ✔︎送付いただいたファイルは、正式な回答後、1週間ほどで削除いたします。 【ご依頼時のお願い】 ✔︎当日中の納品をご希望の場合、購入前に、ご相談をお願いいたします。 (ただし、土日のみ対応) ✔︎サンプルファイル等がございましたら、ご相談の際に送っていただけますよう お願いいたします。 ✔︎追加や修正が多い場合は、追加料金をいただく場合がございます。 ご不明な点がございましたら、購入前にDMにてお問い合わせください。
0
カバー画像

[Google Apps Script]GAS初回実行時の認証のやり方

Google Apps Script(GAS)で書いたコードを実行するためには、初回のみアカウントの認証が必要となります。この記事では認証に必要な手順を解説します。手順1:【権限を確認】初めてのGAS(function)を実行しようとすると認証が必要な場合、このアラートが表示されます。そこで、権限を確認をクリックして先に進んでください。手順2:【アカウントの選択】ご使用のアカウントを選択してください。選択したアカウントで権限を許可します。手順3:【詳細】詳細を選択すると左下に「[関数名](安全ではないページ)に移動」が表示されます。手順4:【安全ではないページに移動】安全なページに戻りたくなりますが、ここで戻ってしまうと認証は出来ません。安全ではないページに移動を選択してください。手順5:【許可】「[関数名]がGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されるので内容を確認して、許可を選択すると認証は完了です。【備考】手順1〜4で認証は完了ですが、スプレッドシート、フォーム、カレンダー、Gmail 等GASを利用するサービスが追加された場合は、その都度認証が必要となりますので、同じ手順で認証を行ってください。面倒な手作業の自動化・効率化をご検討中の方は下記ココナラのリンクよりお気軽にお問い合わせください。手作業での記録、PDF化、メール送信等はGoogleの公式サービスを使用する事で簡単に自動化・効率化することが出来ます。
0
カバー画像

ExcelVBAでの連続印刷

ExcelVBAでの業務効率化方法の一例を紹介します。業務において異なる印刷物を、1つ1つ別々で印刷する必要に迫られたことはありませんか?例えば請求書など宛先の「会社名」「人物名」や「金額」はたまた「住所」や「納品期限」など、1つ1つ変えて印刷するのは大変ですね。「ExcelVBAならこの作業を全部自動化できます。」下記、私が作成したものの機能と使い方です。Excelのシートの中身はこの様になっています。設定を行う「入力」シートと、印刷される「印刷」シートの2つ設定①まず印刷機の登録を行います。通常の印刷設定ではExcel起動するするたびに、デフォルトの印刷機に設定されますので、毎回同じ印刷機を使用したいための設定となります。設定② 印刷シートで変更される項目を表で入力します。 今回の例では「会社名」「名前」「請求額」「支払期日」という感じですね。 この4項目がそれぞれ出力されるセルの番地を「出力先セル」に入力します。 「会社名」が「B6」 「名前」が「B8」 「請求額」が「C12」 「支払期日」が「C14」 となっていますね。 次に、各項目の接頭語句と接尾語句を入力します。 「会社名」には接頭語句「株式会社」 「名前」には接尾語句「様」 がつくようになりますね。 設定が完了したら「連続印刷」ボタンを押して、自動的に連続で印刷が実行されます。紹介したExcelはあくまで連続印刷の雛形(ひながた)として紹介させていただきました。もっと複雑な設定、印刷物を連続印刷したいという依頼は出品にて受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。
0
カバー画像

Googleフォームを利用した画像整理プログラム

こんにちは。お手伝い屋ペンスケです。今日は、Googleフォームを利用したファイル整理プログラムについてお話していこうと思います。これはココナラでお仕事を始める以前に受注したお仕事なのですが、物販仕事をされている方から「外注スタッフさんのデータを整理してほしい」というお話をいただいて実際にお仕事をさせていただきました。もともとはラインで作業をされていたらしく、写真や商品データを1件ずつ打ち込んでもらっていたそうです。ご依頼者様は、ラインからのコピペがどうしても面倒だということで、「外注スタッフさんが使いやすくて、データ整理にも手間がかからない方法は