コピーライティング(医療・健康)

コピーライティングを相場よりお得な価格から依頼することができます。社名や商品名のネーミング、人を惹き付ける面白いキャッチコピーを作成できます。英語やフランス語を使ったかっこいいお店のネーミングの制作や、自己PR用にキャッチフレーズ・コピーライティングを考えてくれるサービスも。キャッチコピーのセンスがないとお悩みの方、コピーライティングを頼みたい方は必見です。DMでの見積りや相談は無料です。料金が気になってキャッチコピー・ネーミングの制作依頼ができなかった方にもオススメです。

221 件中 1 - 40 件表示
221 件中 1 - 40

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

コピーライティング(医療・健康)の評価・感想

2024-02-22 12:04:55
松井一真
by 松井一真
今回はボディコピーのような形で文章のご提案を依頼させていただきました。何度も繰り返し修正や提案をしてくださって最終的に納得のいくものに仕上げてくださいました。自分一人では文章が長くなりがちで、スッキリまとめられなかったり、元の文章の型を変えられなかったりしましたが、出品者様は言葉を上手に引き算したり、文章の型を破って思い切って変えたりと、自分一人では思いつかないような言葉や文章をご提案してくださいました。何よりも、やり取りを通して一緒に作り上げていく感じもあって、とても楽しかったです。こちら側の意見も取り入れてくださってありがとうございました。またご利用させていただきたいと思います。
2024-02-22 8:51:40
雨おんな
by 雨おんな
この度はありがとうございました! 屋号のアイデアお願いしましたが、希望に合う大変素敵なアイデア提案していただきまきた!なかなか決まらず悩んでいたので、思い切ってお願いして良かったと思います。その他運気の方も合わせて見ていただけるので、大変心強い気持ちでいっぱいです。このまま使わせて頂こうと思います。この度は、ありがとうございました!
2024-02-22 5:12:25
女性
by 女性
情報の中から的確にこちらが伝えたいことを整理いただき、複数の方向性でコピー案をいただけました。ニュアンスやクライアントの意向なども丁寧にヒアリングされ、スムーズにお仕事が進められたと思います。また機会がありましたらぜひお願いしたいと思います!この度はありがとうございました!
2024-02-21 17:51:46
ayapia
by ayapia
とても丁寧に細やかにご配慮頂いて、途中で私がネーミングに迷走し始めて最初と違う方向に変えたくなった時にも、快く応じて下さり、いろいろ調べてご提案下さいました。 その過程で私の考えもまとまり始めたので、お願いして良かったです。 また何かの機会がありましたら、お願いしたいです。
2024-02-15 19:09:54
ろくたん
by ろくたん
ストリーマーです。 もともとゲームのログインIDを活動名にそのまま使っていた為、 この度、Vstreamerとしてデビューするにあたって どうにか正式名称(理由)を後付けできないかと思い、色々探していたところ サウティさんのページに辿り着きました。 素敵な提案を3つも頂き、ようやく自分の名前にも意味が生まれ、これからの活動が楽しみになりました! また、自分はこのように活動していくんだなって、キャラの輪郭がよりはっきりとしました。 同じようにIDのまま活動してきて、正式名称どうしよう?となっている方に本当におすすめです✨ 私のような一個人の依頼でも、丁寧に迅速に対応して下さり、本当に感謝しております。 ありがとうございました(*´꒳`*)♡

直近で購入されたサービス

「見込み客を行動させるステップメール作成します by セールスプロモーターはた セールスプロモーターはた 」が購入されました。

コピーライティングの相談・依頼はココナラ

商品やサービスのPR、自社のブランディングをする上で欠かせない「コピーライティング」。今や様々な媒体で必要とされることが多くなっています。Webサイトやランディングページ、メルマガなどが良い例です。特に近年ではコロナ拡大の影響により、オンラインで商品やサービスを紹介する機会も増えてきました。そのため、文章やフレーズで消費者の行動意欲を喚起するコピーライティングも重要視されているのです。

しかし、必要であることは分かっていても「どういった場面で活用できるか分からない!」「どこに依頼すれば良いか分からない!」と感じている方も多いでしょう。実際、コピーライティングは常日頃から多くの場所や媒体で見かけるため、活用されていることに気付いていないことがほとんどです。また、経営者や広告担当者でなければコピーライティングを頼む機会すら少ないため、依頼先を知ることも難しくなります。

そこで本記事では、コピーライティングが必要とされる場面や依頼先について解説します。企業が事業活動で売上をあげていくためには、様々な文章や広告文の作成は避けて通れません。そのため、ぜひ下記の内容を参考に商品やサービスのPRを行ってくれるコピーライターを探しましょう。ココナラを使うメリットや見本となるコピーも紹介していますので、確認してみて下さい。

<目次>
1:コピーライティングとは?
2:コピーライティングが必要となるシーン
3:コピーライティングの依頼先とは?
4:ココナラでコピーライティングを依頼するメリット
5:ココナラでコピーライティングを依頼する方法

コピーライティングとは?

コピーライティングは、言葉や文章によって読者の購買・行動意欲を駆り立てる技術を指します。行動意欲を喚起させるためには、読者の気持ちを把握していなければなりません。したがって、コピーライティングには人間心理の深い理解が必要なのです。その上で読み手の心に刺さる言葉や文章を作成し、自社の商品やサービスのイメージアップを狙っていきます。

なお、コピーライティングの「コピー」は、「複写」や「模倣」のことではなく「広告文」の意味です。ただ文章を真似して書くわけではありませんので注意しましょう。また、「セールスコピーライティング」という言葉も最近良く使われますが、「コピーライティング」とは若干異なる意味で使われることがあります。それぞれ下記の様な特徴や定義がありますので覚えておきましょう。

・コピーライティング
主にイメージ付けなどで使われる文章を指すことが多いです。事例で言うと東海旅客鉄道の「そうだ 京都、行こう。」などが有名でしょう。比較的シンプルな言葉で、企業・サービスなどのイメージ付けを行うコピーです。直接的なPR文章ではなく抽象的な表現をしますので、イメージ向上や認知度アップといったブランディングの効果があります。「イメージコピー」と言われたりもします。

・セールスコピーライティング
セールスコピーライティングは、主にレスポンス広告(消費者から直接問い合わせや注文を受ける目的の広告)で書かれる文章を指します。そのため、より購入を促す表現や言葉が多く、文章自体も長いものになりやすい特徴があります。ダイレクトメールやランディングページなどで使われる文章ですので、ご覧になられたことがある方も多いのではないでしょうか。「セールスコピー」、「セールスライティング」などと呼ばれることもあります。

ライティングには様々な種類があり特徴も異なります。あらかじめニーズを具体化させて、どのライティングを頼みたいのか明確にしておきましょう。

コピーライティングが必要となるシーン

では、コピーライティングが必要となるのはどのような場面なのでしょうか。実際に使われやすい場面について解説していきます。また、商品のPRや販売促進に欠かせない「セールスコピー」が使われやすい場面も併せて説明しますので、どんなシーンで活用できるかチェックしてみて下さい。

<コピーライティング(イメージコピー)>

1:企業ブランディング目的
イメージコピーが必要とされる場面の一つとして、企業のブランディング目的のシーンがあります。世の中には多くの企業が存在することから、自社の「特徴」や「強み」を端的に分かりやすく伝えることは重要です。そのため、イメージコピーで簡潔に自社のイメージを持ってもらうのが効果的なのです。また、イメージコピーにはその他にも下記の様な種類があります。

・自社のマインドや想いを表現したイメージコピー
・顧客との関係構築をアピールするイメージコピー
・難しい事業内容を分かりやすく伝えるイメージコピー

ブランディング目的でコピーライティングを行う場合には、こうした種類があることを踏まえて内容を検討すると良いでしょう。想いを伝えたい時、顧客との関係性をPRしたい時、事業内容を伝えたい時、それぞれの目的に合わせてコピーを考えるのもおすすめです。分かりやすい例としては、下記の様なフレーズが挙げられます。

【強みや特徴を伝えるコピー】
・驚安の殿堂(ドン・キホーテ)
→驚くような安さであることを端的に伝える、自社の強みをアピールしたフレーズです。

・新製品が安い(ケーズデンキ)
→新製品が安いことをストレートに伝えるイメージコピーです。

・お、ねだん以上。(ニトリ)
→値段以上の価値がある商品を取り揃えているというアピールをしています。

【自社マインドを伝えるコピー】
・水と生きる(サントリー)
→商品を作るためには良い水が必要であるという想いをアピールしています。

・カラダにピース。(カルピス)
→健康をサポートするという自社のマインドを表現しています。

・The Power of Dreams(本田技研工業)
→夢を原動力にするという想いや意思を表しているフレーズです。

【関係構築を伝えるコピー】
・I’m lovin’ it(マクドナルド)
→多くの人々にとって寄り添える存在であることをアピールするフレーズです。

・マチのほっとステーション(ローソン)
→身近で安心できる場所を提供しているイメージが伝わるコピーです。

・お口の恋人(ロッテ)
→「恋人のように愛される企業でありたい」という想いが伝わるフレーズです。

【事業内容を分かりやすく伝えるコピー】
・窓を考える会社(YKKAP)
→「窓から快適な住まいについて考える会社」であるイメージを与えています。

・自然と健康を科学する(ツムラ)
→漢方や西洋医学で医療提供をしていく事業が思い浮かぶフレーズです。

・一瞬も一生も美しく(資生堂)
→マインドを伝えるとともに、自社の事業も分かりやすく表現しています。

2:商品のPR目的
商品のPRでもイメージコピーは作成されます。商品を上手くアピールするためには、なるべく簡潔に一言で言い表せる表現にすることが大事です。また、商品やサービスを利用すると「どのような状態になれるのか?」をすぐに理解できるフレーズが良いでしょう。消費者の購入を後押しするイメージコピーは売上にも大きく影響しますので、商品PR目的のコピーも企業ブランディングとは別で考えるのがおすすめです。事例としては下記の様なイメージコピーが有名でしょう。

・やめられない、とまらない!(かっぱえびせん:カルビー)
→「食べるのをやめられないほど美味しい」というイメージがわくコピーです。

・やっぱりイナバ、100人乗っても、大丈夫(イナバ物置)
→商品の耐久性をアピールするこのフレーズは、大ヒットのきっかけになりました。

・ピッカピカの一年生(小学館)
→光り輝く新品のランドセルをイメージできるコピーです。

3:採用のためのキャッチコピー
最近では採用のサイトなどでもイメージコピーが使われています。日本は特に少子高齢化にともなう労働力不足が深刻化していますので、いかにして人材を確保するかが重要です。そのため、学生や求職者の興味を惹きつけ、自社に興味を持ってもらうコピーの作成は必須と言えるでしょう。採用キャッチコピーも目的に合わせて表現や使う言葉を変える必要があります。ターゲットやイメージ付けしたい内容を検討し、自社に最適な採用コピーを作成してみましょう。事例としては下記の様なフレーズがあります。

・「社会や人の役に立つ」を仕事にする(良品計画)
→「人々の良い暮らしのために尽くす」という真摯な気持ちが伝わるフレーズです。

・一生、面白い仕事(吉本興業ホールディングス)
→お笑いという仕事の魅力が伝わる、ユーモアなイメージコピーです。

・世界中で「うまい!」を創ろう!(アサヒビール株式会社)
→笑顔を生み出し活躍できる人材を求める、シンプルな採用コピーです。

<セールスコピーライティング(セールスコピー)>

1:ランディングページ(LP)
セールスコピーが活用される場面として代表的なのが、商品購入を促すランディングページ(LP)です。自社で売り出す商品のメリットや恩恵(ベネフィット)を提示することで、消費者の購入意欲を駆り立てます。売り上げ向上のためには欠かせない媒体ですので、LPにセールスコピーは必須と言えるでしょう。

セールスコピーは、購入を促す(=つまりは人に行動してもらう)必要がありますので、人間心理についても理解していなければいけません。しかし、それだけではメリットやベネフィットは伝えられませんので、商品に関する知識も不可欠なのです。

また、商品にそもそも興味が薄いターゲットにアピールする文章では効果がありません。したがって、見込み客が好む情報や表現などを含めて、文章を作成していくことが大切です。

2:DMやチラシ
Web上だけでなく、普段目にするDM等の郵便物・チラシにもセールスコピーは使われます。こちらも商品の購入を促す内容や来店促進を目的とした文章が書かれます。紙面で送るDMやチラシは、記載できる情報にも限りがあるため、より内容を厳選してセールスコピーを書く必要があります。

なお、DMやチラシはインターネットを使わない高齢者が見る傾向があります。そのため、購入を促したい商品等が高齢者向けであれば、DMやチラシを活用するのがおすすめです。セールスコピーを書く際は、明確で簡潔な文章を心掛け、テキストサイズにも気を付けてレイアウトを構成しましょう。

3:メルマガ
メルマガもセールスコピーが必要とされる媒体の一つです。特徴としては、商品やサービスに興味があってメルマガ登録した人が対象ですので、濃い見込み客にアプローチできる点があります。その点ではLPやDM・チラシと異なりますので、成約できる可能性も高くなります。

しかしながら、メルマガは多くの企業が送信しているため、送ったメールが埋もれて読まれない可能性があります。そのため、タイトルの付け方にも工夫を凝らし、購読者の興味を惹くような題名を作成しましょう。

また、メルマガでは購入ページにアクセスしやすいようにリンクを貼る、相手が開封してくれる時間に送信するといった行動も大事です。時間に関しては相手の属性や情報を知っておく必要がありますので、メルマガ登録者の情報はリサーチしておきましょう。

4:セミナーや講演会でのプレゼン・スピーチ
セミナーや講演会で行われるプレゼン・スピーチ等も、セールスコピーが必要とされる場面です。商品やサービスについて分かりやすく説明し、相手の購買意欲を掻き立てるような話し方をする必要があるためです。なお、プレゼンやスピーチも限られた時間内に行いますので、簡潔に伝える必要があります。事前に構成などはしっかりと練って、要領よく話せるようにしておきましょう。

コピーライティングの依頼先とは?

多くの事業活動で必要となるコピーライティングですが、外注する場合にはどのような依頼先があるのでしょうか?そこで、今度はコピーライティングの依頼先についてご説明します。主な依頼先としては下記の3つが挙げられます。それぞれの特徴やメリット・デメリットも記載していますので、コピーライティングの依頼を検討している場合は参考にしてみて下さい。

1:Web制作会社や広告制作会社
依頼先の一つ目はWeb制作会社や広告制作会社です。Web制作会社はランディングページの制作を行っていますので、サイト内のテキスト作成をライターに依頼することがあります。そのため、ホームページやLPのコピーライティングを頼みたい場合には相談してみると良いでしょう。また、広告制作会社にもテレビや新聞、ラジオやチラシなどの文章を書く広告コピーライターがいます。制作会社は規模もそれぞれ違いますが、大手になるほど料金も高くなるのが特徴です。

<メリット>
・デザインと一緒にコピーライティングも依頼できるケースが多い。
・実績のあるプロのライターが作成するのでクオリティが高い。
・広告の出し方や見せ方についても相談することが可能。
・広告効果の検証やブラッシュアップも依頼できる。
・効果のある最新の広告媒体についての情報を得られる。
・ディレクターもいるため納期が遅れる心配がほとんどない。

<デメリット>
・規模の大きい制作会社だと費用が高くなってしまう。
・広告運用を任せている場合だと、反応を細かく確認することが難しい。
・コピーライティングを外注している会社の場合、修正などに時間が掛かる場合もある。
・少額のライティング案件には対応していない場合もある。

2:個人事業主やフリーランスのコピーライター
個人事業主やフリーランスとして活動するコピーライターも依頼先の一つです。特徴としては、大手の制作会社と比べると安価で依頼できるケースが多くなっています。ただし、その分ライターごとに実力差は大きく異なるため、慎重に外注先は選ぶ必要があるでしょう。特にフリーランス相手では、契約書などを交わさない場合も多くあります。そのため、納期や記事内容についての取り決めをしっかりと行った上で、契約をするようにしましょう。

<メリット>
・大手の広告制作会社などに比べると安く依頼できる。
・ライター本人と連絡できるため、修正や訂正の連絡もスムーズに行える。
・単価の低いコピーライティングの依頼でも頼むことができる。
・急なスケジュール変更や細かい要望にも応じてくれる。

<デメリット>
・広告文や対応の質に関しては当たり外れがあるため、外注先は慎重に検討する必要がある。
・ライター本人の体調不良やトラブルで納期が遅れることもある。
・セキュリティ対策や情報管理を徹底していない場合もある。
・実績のあるライターを探すのが難しく、情報を探すのが手間である。
・広告運用についての相談はできない場合が多い。

3:C to C プラットフォームのコピーライター(ココナラ、クラウドワークスなど)
前述した2つの依頼先以外ですと、ココナラやクラウドワークスといったC to Cプラットフォームで活動するコピーライターも候補の一つです。こうしたクラウドソーシングサイトなどのライターも、大手制作会社と比べると安くライティングを引き受けてくれます。また、依頼したい内容や予算に合わせて、最適なコピーライターを簡単に探し出せる点も大きなメリットでしょう。ただし、こちらもライターの実力はそれぞれ違いますので、執筆実績などを十分確認してから選ぶことが大切です。

<メリット>
・制作会社と比べると安くコピーライティングを依頼できる場合が多い。
・複雑な依頼や難しい要望でも柔軟に対応してくれる可能性がある。
・こちらの予算や内容に合った最適なコピーライターを見つけやすい。
・全国の優秀なコピーライターに執筆を依頼できる。
・絞り込みや検索機能を使えば、数多くのライターの比較や検討が行いやすい。

<デメリット>
・ライターの実力に大きな差があるため、慎重に選ぶ必要がある。
・クオリティは制作会社のプロのライターと比べると劣ることが多い。
・納期管理やセキュリティ管理などができていないライターもいる。
・サイト利用手数料や紹介料などの費用が生じる。
・デザイン制作や広告運用などを含めて、広告制作全般をまとめて依頼できない。

ココナラでコピーライティングを依頼するメリット

コピーライティングを頼む場合、様々な外注先が候補として挙げられましたが、ココナラで執筆を依頼するメリットはあるのでしょうか?主なメリットとしては下記の様な点があります。

メリット1:数多くの出品者がいるため最適なライターを見つけられる!
ココナラには金融・法律・医療・エンタメ・グルメ・レジャーなど、様々なジャンルのライティングに特化したライターが数多くいます。そのため、依頼したい分野に合ったライターを見つけやすいのが大きなメリットでしょう。また、少額では数千円程度から依頼可能ですので、予算制限がある方でもコピーライティングを頼みやすい点が長所となります。内容別ではホームページやランディングページ、メルマガの文章だけでなく、屋号や商品名のネーミング、プロフィールやパンフレットの作成依頼もできます。

メリット2:検索や絞り込みが簡単で比較・検討もしやすい!
さらに、ココナラではカテゴリ別やキーワードでの出品者・サービス検索が可能です。自力でネット検索からフリーランスのコピーライターや制作会社を探すと非常に手間です。比較や検討を行う時も、いちいちサイトを移動して見なければいけません。しかし、ココナラであれば特定の条件で絞り込めば、一覧でサービスを比較できますので検討もしやすいです。また、他のクラウドソーシングサイトと比べて出品者の情報が詳しく掲載されていますので、慎重に依頼先を選びたい方にもおすすめです。

メリット3:実績のあるライターに頼めるので安心!
C to C プラットフォームで依頼するデメリットとして、制作会社に比べるとクオリティでは劣ると記載しました。しかし、ココナラには実績のあるコピーライターも数多く在籍していますので、優れたコピーを書いて欲しい方にも安心です。マーケティングやコンサルティングの経験が豊富な方や、広告会社に勤務経験のある方も大勢います。また、セールスライター講師としての活躍や小説・エッセイで受賞経歴のある方もいますので、実績を重視してサービスを選びたい場合にもココナラは最適です。

<ココナラとは?>
ココナラは個人の得意なスキルを売り買いできるスキルマーケットサイトです。200種類を超える豊富なサービスから欲しいものを購入することが可能です。

1:比較してお得
Webサイト制作やPR動画制作、アプリ開発や悩み相談・コーチングなど、幅広いジャンルから欲しいサービスを購入できます。キーワード検索やカテゴリ検索で簡単に比較可能ですので、お得なサービスを見つけやすいメリットがあります。

2:オンラインで完結
メールやチャット、ビデオ通話によるやり取りが基本ですので、時間や場所を問わず連絡が取れます。オンラインで取引は完結しますので、対面で話す手間や時間が省けます。

3:安心・安全
ココナラのサポート運営は365日体制ですので、万が一のトラブルがあっても安心です。サービスが提供されないといった事態もないため、安全に取引を行うことができます。

ココナラでコピーライティングを依頼する方法

1:ココナラからサービスや出品者を探す
ココナラからサービスや出品者を探す場合、まずは検索ボックスやカテゴリの中から欲しいサービスを選択します。「サービスを探す」から選ぶのであれば、表示されたジャンルの中から「ライティング・翻訳」を選択、その後は「コピーライティング」を選びましょう。次に「出品者を探す」から選ぶ場合、表示された職種の一覧から「ライター」を選択します。そして「キャッチコピー・ネーミング」のカテゴリがありますので、その中から「コピーライティング」を選びましょう。キーワード検索から探す場合には、「コピーライター」「コピーライティング」といったワードで直接検索をします。

なお、コピーライティングを依頼する時には、下記のような情報・資料を準備しておきましょう。

<キャッチコピーの依頼の場合>
・どの商品 or サービスのコピー作成を依頼したいか
・商品 or サービスの特徴や魅力
・キャッチコピーから狙いたい効果や期待すること
・キャッチコピーから伝えたい想い
・希望する納期や予算、字数
・購入層やターゲット層
・キャッチコピーの雰囲気やテイスト(「クール系」、「オシャレ系」など)
・他社と差別化できるようなメリット
・掲載予定の媒体(例:HP、ランディングページ、DM など)
・商品やサービスの詳細が分かるパンフレット、資料など
・納品方法

上記はキャッチコピーで必要な情報等ですが、セールスコピーでも基本的には同様の情報や資料を準備しておくと良いでしょう。

2:サービスを購入する
カテゴリ検索やキーワード検索から欲しいサービスを見つけたら、出品者とメッセージで連絡を取ります。前述した情報や資料などを提供し、購入の相談をしてみて下さい。条件面などで合意すれば購入手続きを行い、各種クレジットカードや振り込み、電子マネー等で決済を行います。

3:出品者へ依頼
購入後はトークルームと呼ばれるページ内でやり取りを行います。必要な資料等は送信し、改めて要望やコピー内容に関してのすり合わせを行いましょう。

<コピペOK!依頼文のテンプレ>

コピーライティングを依頼する場合には、下記のテンプレートを利用すると便利です。適宜文章などは変えて依頼文を作成してみて下さい。

———————————————
(例)ホワイトニング歯磨き粉のコピーライティング

お世話になっております。
弊社は歯のホワイトニングを専門に行う歯科クリニック「〇〇ホワイトニング」です。
この度、弊社から新商品を出すことになりましたので、
そのキャッチコピーの作成をご依頼したいと考えメッセージ致しました。

概要は以下のとおりです。

●対象商品
弊社の新商品歯磨き粉「〇〇プレミアムホワイトニング+」

●商品の特徴やメリット
・刺激が控えめなので不快感がない
・初回購入の方には全額返金できる保証があり
・歯周病を予防する成分「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」も配合
・歯肉を傷める研磨剤や発泡剤は不使用
・柑橘系の香りで爽快感も抜群
・大手歯科クリニック「〇〇デンタル」の△△院長も推薦

●その他詳細
【掲載予定の媒体】ランディングページやDMなど
【ターゲット】歯の着色汚れが気になる20代、30代の女性
【納期】〇月〇日
【文字数】20字~30字で、10案ほど頂きたいです。
【予算】50,000円
【その他】
成分表や特徴、価格などが掛かれた資料は別途PDFにて送信いたします。
写真も掲載された資料ですのでイメージもわくと思います。
納品に関してはWordファイルやtxtファイルで大丈夫です。

よろしくお願い致します。
———————————————

4:正式な納品を確認する
制作されたコピーをデータなどで受け取った後は、「正式な納品」を出品者から送ってもらいます。
内容に不備などがあれば、「差し戻し」を行い修正依頼してみましょう。
特に問題がなければ「承諾」を選択し、評価入力画面へ移行します。

5:評価を入力する
「正式な納品」を承諾した後は、購入したサービスの評価を行います。
5段階評価で評価を行い、コメント入力もして感想も入れます。
匿名での評価も可能ですので、名前を公開したくない方も安心です。

ココナラでは、上記のステップでコピーライティングの依頼ができます。クーポンも定期的にもらえますので、サービス購入時には活用してみて下さい!

閉じる
カテゴリから探す