家計・税金・ローン・保険の相談

FP・ライフプランの相談ならこちら。お金の貯め方・増やし方について、ファイナンシャルプランナーに相談したり、ベテランの知恵を借りることが出来ます。投資信託の選び方等、ライフプランに合わせた資産運用の相談もできます。

1,336 件中 1 - 40 件表示
1,336 件中 1 - 40

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

200種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

家計・税金・ローン・保険の相談の評価・感想

2021-05-05 21:25:00
男性
by 男性
住宅購入に踏み切って良いかどうかの検討の一助とすべく、ライフプランの作成をお願い致しました。 常に迅速にご対応くださり感激しております。また、安心して住宅購入できそうです。 この度は誠にありがとうございました。
2021-05-03 16:35:34
女性
by 女性
♪ .•*¨*•.¸¸♬✧♪ .*•.¸¸♬✧♪ .•*¨*•.¸¸♬✧♪ .•*¨*•.¸¸♬ 素晴らしい知恵と賢さにはいつも感服して おります♪ 今後もどうぞ宜しくお願いします。°ஐ..♡ ♪ .•*¨*•.¸¸♬✧♪ .*•.¸¸♬✧♪ .•*¨*•.¸¸♬✧♪ .•*¨*•.¸¸♬
2021-05-02 19:48:00
mitsuhiro0123
by mitsuhiro0123
家計のやりくりでモヤモヤしていたことがかなりスッキリしました。 資産運用とかではなく、あくまで予算管理がしたかったので、こちらにお願いして正解でした。 今後は立ててくださった予算範囲内でしっかり家系管理し、貯蓄もしていけそうです。 アドバイスも返信も早々にしていただけたことも、とても助かりました。 ありがとうございました!
2021-05-02 10:51:03
女性
by 女性
私の場合、複数の転職歴や結婚離婚歴から計算をしていただくとともに、見方がよく分からず放置してしまっていた「年金定期便」が出てきたので、その画像も送って一緒に見ていただきました。その結果、元夫の年金からの按分による支給で増える分など、定期便には載ってこない金額も足した、より正確な数字を知ることができたと思います。 また、これまでいまいち分かっていなかった初歩的な疑問も(沢山質問してしまいました、)わかりやすく答えていただき、かなりクリアになりました。 同じように年金についてよくわかっておらず不安に思っている方にぜひおすすめしたいなと思いました。
2021-05-02 10:21:48
mariko_0203
by mariko_0203
遅くなってすみません。 質問に丁寧に回答していただきありがとうございました。 保険のことが全くわからなかったのですが、こちらで教えていただいてとても参考になりました。 またわからないことがあったときはお願いします。

直近で購入されたサービス

「個別のライフプラン表を作成、エクセルで提供します by excelcf 」が購入されました。
「入力簡単!エクセル・ライフプラン表を提供します by excelcf 」が購入されました。

賃家計・税金・ローン・保険の相談カテゴリの概要

時代が目まぐるしく変化し、ひとびとのライフスタイルは変わっても、人生における大きい出費はやはり「住宅」や「教育」そして「老後」です。いわゆる三大出費と呼ばれるものは、変わっていません。

現状と将来のライフスタイルに関わってくる三大出費を賄っていくためには、家計のやりくりや税金の対策、住宅ローンや学資保険、生命保険などをどう考えるか、貯蓄や資産運用にどう取り組むかが課題です。

しかし、これらのお金に関することは専門家でなければよくわからないことも多く、知らないと損をすることもあります。

ココナラでは、あなたが家計の状態を改善したい時や、自分自身や配偶者の将来における年金のことがわからない時に専門家へ相談することができます。あるいは、年金を補うために資産運用を検討している時も、家計・税金・ローン・保険の相談サービスを依頼することが可能です。

具体的にどういったサービスがあるのかを挙げてみましょう。たとえば、家計改善のアドバイスやサポート、相談に乗ってもらえるサービスや年金に関するさまざまな疑問に答えてもらえるサービスがあります。あるいは、資産運用に関するアドバイスやサポートをしてくれるサービスなどがたくさん出品されています。

家計・税金・ローン・保険の相談をココナラで依頼するメリット

家計・税金・ローン・保険の相談サービスをココナラで依頼するメリットとしては、大きく4つです。

1つ目のメリットは、預金と年収から支出を「見える化」する方法を提供してくれることです。これは1級フイナンシャル・プランニング技能士の資格を持つフィナンシャル・プランナーである出品者などによって実現できます。家計をあまり把握できていない人にとって、おすすめできるサービスです。

2つ目のメリットは、あなたの住宅ローンを借換えする場合の相談にのってもらえることです。これに関しては、独立開業していてさまざまな案件をこなしてきたフィナンシャルプランナーである出品者などが対応してくれます。住宅ローンの負担がきついと感じる人にとって、おすすめです。

3つ目のメリットは、あなたが加入している各種保険の見直しの相談に乗ってもらえることです。こちらは、現役でライフコンサルタントをしている、各種保険に詳しいフィナンシャルプランナーである出品者などに依頼することができます。このサービスは、加入している保険が今のままで良いのかと疑問を持っている人にとって、おすすめできます。

4つ目のメリットは、あなたが相続を受ける場合に、税金対策の相談に乗ってもらえることです。これは、行政書士や宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなどの複数の資格を持つ出品者などによって提供されます。このサービスは、相続を受けることになって税金対策に迷っている人にとっておすすめできるといえるでしょう。

加入するなら知っておこう4つの生命保険の違い

将来の安心のためや、貯蓄などのさまざまな意味を持つ生命保険。これを大きく分けると、以下の4種類になります。

・死亡保険
・生存保険
・生死混合保険
・それ以外の生命保険

これらの4種類の生命保険の内容と違いを、わかりやすく解説しいきましょう。

【死亡保険】

これは被保険者が死亡、あるいは高度障害になったときなどに保険金が支払われます。その中でも、定期保険と終身保険に分けられます。

前者は保障の期間が決められていて、期間が満了して生きていた場合は、保険金は支払われません。掛けた保険料も戻らない「掛け捨て保険」です。その分掛け金は安く、保障は多く得られるのが特徴です。/p>

後者は保険期間が一生涯となり、死亡したら必ず保険金が支払われる貯蓄的な性質があります。

【生存保険】

これは被保険者が、保険期間を過ぎて生きていた場合に保険金が支払われる、個人年金保険や学資保険のような商品です。学資保険は学費の準備、個人年金保険は老後資金というように目的が明確な商品といえます。

【生死混合保険】

これは死亡保険と生存保険がミックスされた保険です。被保険者が保険期間の最中に死亡や高度障害になったときに死亡保険金が支払われ、保険期間が満了して生存していると満期保険金が支払われます。

代表的なものは「養老保険」で、死亡時の保険金と満期で生存時の保険金とが同額になります。

【それ以外の生命保険】

生命保険には、死亡以外の事故を対象として、生存中に起こり得るリスクに備えるものがあります。医療保険やがん保険などがありって、本来死亡保険の特約であった保障が単独商品となって、多岐にわたるリスクに備えられるようになったものです。

家計・税金・ローン・保険の相談依頼時のポイント、コツ

ココナラで家計・税金・ローン・保険の相談サービスを依頼する際のポイントを紹介します。

まず、家計の状態を改善するための相談は、家計簿などの収支がわかる表や金額の根拠の説明できるレシートなどを用意しましょう。また、あなたの持つ世間的な優位性(たとえば会社役員であるとか)、現在と過去の貯金額の比較などができる資料があれば、なおよいです。出品者にとって、多くの角度からの情報がある方が、より有効なアドバイスが可能だからです。

また、住宅ローンの相談であれば、現在の住宅ローン計画表などの詳細が書かれた資料があるほうがよいでしょう。具体的な情報があれば、現実的な解決案が導かれやすいです。

ほかには、相続に関する相談の場合などは、相続に関して具体的にどのようなことを知りたいのか、あなたの状況も合わせて情報を提供しておく方がよいでしょう。相続は非常に複雑で、事実関係ひとつ違ってもアドバイスが違ってくるからです。

たとえば自筆証書遺言が出てきたが、どうしてよいかわからない場合や、遺言書を作成したいがどのように作成したらよいのかなどの具体的な項目を伝えましょう。

最後に、保険の見直しの相談サービスは個人を特定するほどではなくとも、ある程度具体的な情報を提供する方がよいでしょう。保険はさまざまな要素が絡んでくるので、可能な限りリアルな条件があったほうが、よりよい見直しプランを提案してもらえるからです。

閉じる

関連カテゴリ一覧