絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

19 件中 1 - 19 件表示
カバー画像

精神は自分でつくっていくもの

人には誰しも精神というものが存在します。 しかし、どういった精神を持っているかで人生が変わってしまいます。 だからこそ人は精神をつくっていけたらと思います。 小さい頃から経験したことや教育環境でも精神がつくられていきます。 良い環境で育ってきた人は良い精神を持っていることもありますが、その精神を放っておくと、鈍くなったり、弱くなったりしてしまいます。 特に挫折し、その挫折を乗り越えた経験のある人は精神が強いです。 また、艱難困苦している人も苦しいと思いますが、苦しいで終わらせるのではなく、その経験が今後に生きるということを分かって、立ち向かうことで精神は磨かれていきます。 私の座右の銘でもありますが、七転八起という言葉があります。 7度転んだとしても、8度起き上がるということです。 人はつまずいたり、転んだって良い。 それ以上多く、立ち上がれば、転んだことなど恥ずかしくもなく、惨めでもない。転んで放っておくと転んだままだから、進んでいけない。転ぶことを意識するくらいなら、転んでも良いからすぐに立ち上がることを考えよう。 そして、立ち上がったときに強くなれる。 このようにして自分を鼓舞してきました。 私の経験上、このように考えることで精神が磨かれていき、より良い考えを持つようになっていったのは事実です。 だからこそ、誰でも精神をつくっていけば、屈しない自分になっていくのではないかと思います。何となくつくるのと意識してつくるのでも変わってくるので、どうせつくるなら意識してつくっていった方が経験値が多く積まれるようになります。 そのような人が増えれば、より良い世の中になっていくのでは
0
カバー画像

努力は期待を裏切らない

人は誰しも努力なしに成功することを期待すると思います。しかし、努力なしに成功する人はきわめて少ないと思いますし、たとえ成功したとしてもそれは運であって、継続して成功することはないと思いますし、その人には深みがありません。それだけ努力することが大切になるということです。ただ努力すれば、結果に繋がるというわけではありません。すぐに結果に結びつかないことも多いと思います。しかし、努力したものはどこかで自分に返ってくるということは信じて、努力すれば自分では思いもよらないところで返ってくることもあります。惜しまず努力する姿は人に勇気を与えることもできます。努力せずに怠けて何にも得られないのと、努力という苦労は伴うけれど、それによって何かを得られるのではどちらが知恵のある行動でしょうか?もちろん後者だと思います。人は何も考えなければ、怠けてしまいます。それは怠けていた方が楽だからです。しかし、努力すること、つまり努力しようと考えて行なうことで、人は努力するようになっていきます。怠けたいという考えを努力することのメリットを分かって、努力する考えを持って自分を鼓舞することで努力が習慣になり、習慣が継続になり、継続が力になっていくのです。だから努力することはただ結果を得るというのではなく、結果を得るためにもがくことを通して、結果がついてくることもあるし、付随して考えや精神の強化や努力する体質をつくったりして、幾重にも有益になっていきます。そして努力する姿で、お互い鼓舞したり励まし合うことができたら、良い循環をもたらすのではないでしょうか。
0
カバー画像

幸せをずっと続ける方法

実は、「幸せ」も「呼吸」と同じで、 「吸ったら」「吐く」という2つのことを循環させるだけで、 「幸せ」は続いていきます。 その2つとは、 ・小さな幸せに気づくこと(感謝) ・人にちょっと優しくすること(愛) です。 「ありがとう」(感謝)で受取り、 「愛」を分かち合う。 この「幸せのひと呼吸」のサイクルを続けることで幸せは循環していきます。 自分にも優しく、人にも優しく、そしてずっと幸せに・・・ 「幸せな人」と「不幸な人」との違いは分かりますか? 幸せな人と不幸な人の違いは、たったひとつです。 どこに目がいくのか? ということ。 幸せな人は、幸せなところに目が行く。 不幸な人は、不幸なところに目が行く。 どこを見ているかで幸せが決まるのです。 つまり、 幸せは手に入れるものではなく、 「幸せを感じる心」を手に入れることが大切なんです。 幸せになりたい! 幸せはどこにある? と・・・ 「幸せ探し」をして「幸せを手に入れる」ことができるでしょうか??しあわせは意外なところにあります。 今、現在にあってあるものです。 実は、 幸せとは、なるものではなく、気づくもの。 幸せとは、なるものではなく、あるもの。 なんです。 「今のこの幸せ」に気づくことが 「幸せを手に入れる」ということです。 毎日の当たり前の生活の中に「しあわせはある」のに、 「幸せを感じる心」が鈍感になってくると気付かなくなるのです。 そうならないように、「幸せを感じる心」を育てていきましょう。 日々の生活で、「幸せを感じる心」を育てるためには、 毎日2つの質問に答えるだけです。 <小さな幸せに気づくこと(感謝)> 毎日
0
カバー画像

人生の本質や根本原則を学びましょう!

このブログを読んでるということは、 ・運を良くしたい ・自分らしく生きたい ・人間関係を良くしたい と思っていますよね。 運を良くするために、開運グッズを購入したり、 神社にお参りに行ったり、パワースポットに行って パワーをもらったりしたかもしれません。 自分らしく生きるために、自己啓発セミナーに参加したり、 自己啓発の本を読み漁るとか、占いでヒントを得たり、 運勢鑑定でアドバイスしてもらったかもしれません。 人間関係を良くするために、独学で、いろいろと学んで 実践したかもしれません。 でもこれらのことでは、 ・実践できない。 ・継続できない。 ・どうすればいいか分からない。 という理由で成果が上がらなかったのではないでしょうか? 独学で、いろんな知識を取り入れて試行錯誤しながらやってもても 成果を得るのは簡単ではありません。 なぜなら、単なる知識やスキルでは対症療法的なことしかできないので、 根本的な解決には至らないからです。 だからこそ、単なる知識やスキルではなく、時代や国を越えて通じる根本原則を学び、生涯に渡って生きるための指針となり土台となる考え方を自分のものにすべきです。人生の本質や大切にすべきものを知ることで、迷った時の判断基準が明確になるので自分に自信を持って決断できるようになります。独学で、自分を変えるよりも、人生の本質や根本原則を学びながら自分を変えて行くほうが、確実に変わっていくことができるので成果に繋がりやすいのです。独学で自分が変わっていくことは簡単ではありませんし、自分なりの一時的な対処しかできないことが多いです。なかなか成果の上がらない独学ではなく、
0
カバー画像

人生は等価交換の法則でできている?

人は人生で何に時間をかけ、真心を込めて生きるかで変わっていきます。 世の中には秩序とか法というものがあり、それらから外れなければ自由に生きることができます。 それを感じさせてくれるコンテンツも様々あります。 その中でも分かりやすいのが、鋼の錬金術師という漫画に表れています。 「人は何かを成し遂げたいのなら、それなりの代価を払わないといけない」というのが、この漫画の中でもずっとキーとなるものであり、それが錬金術の基本である等価交換の法則とされています。 漫画とはいえ、的を得た題材であると個人的には思います。 人生を生きる中で、やはり等価交換の法則と同じように、何かを得たいのであれば、努力や苦労などをしないと得られないということです。稀に努力など何もしていないのに得られる場合もありますが、それはたまたまとかまぐれにすぎないと思います。 何かを得るのに何もせず得られたところで、喜びに感じるでしょうか? たとえ喜びに感じたとしても、その喜びは瞬間にして消え去ります。 むしろ努力し、労苦して得たものにこそ愛着が湧き、喜びに感じると思います。 だからこそ何に想いを燃やして、心を込めて行なうかによって変わってきます。 自分が楽しく暮らせるようにしたい、また人を助けていきたいという思いは、どんな人でも少なからず持っていると思います。 しかし、何に投資し、何を得て生きるのかは人次第です。 物質的なものは得られても、一瞬です。 だから物質的なものに投資するよりかは、形にならない考えや精神といったものに投資した方が知恵のある生き方ができると思います。
0
カバー画像

自分の人生を見直し、本気の挑戦をする時は、今でしょ!!

いつもの日常が失われ、生活もがらりと変わってきました。 今まで当たり前だった「いつもの生活」がどんなに幸せだったのか、 身に染みて気付く人も多いと思います。 いつになったらコロナが収束するのか??? 誰にも分からないことですが、下手をするとまた年を越すかもしれない。 今は、一寸先が見えない闇の時代に突入しています。 コロナウイルスがネズミ算式に増えるとどうなるか!? 例えば、 紙を2回折ると、4倍の厚さになります。 もし、50回折ればどれくらいの厚さになると思いますか? 「数十センチ?」 「7階建てのビル高さくらい?」 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 「太陽まで届く」 そうです。 50回は折れないのだけど。。 紙を折る作業を、人と人と接触に置き換えると、 今の危機的状況の大きさが良くわかります。 コロナウイルスが人との接触でネズミ算式に増えると、 どんでもないことになることは想像できます。 「人との接触8割減」を1か月続けると 理論的には、コロナは収束していく可能性はあるそうです。 でも、 そうでなければ、コロナ感染者はネズミ算式に増えて手に負えなくなることは予測できます。 完全に封鎖していないので、もう現在進行形でネズミ算式に増えているのかもしれないし。。 だとすると、そのうち自分も、家族も、身近な人もいずれはコロナに感染するだろう。 最後は、免疫力次第になる可能性は大です。 今は、
0
カバー画像

元航空自衛官がお伝えする除隊後の任務とやりがいと生きがいについて

こんにちは。元航空自衛官の熊埜御堂(くまのみどう)です。(空曹)昨日私の書いた有料のブログの無料公開記事を読んでもらえましたか?先日公開した有料ブログの「知恵をお金に!」と合わせてご一読いただければ幸いです。今日はその続きを書き、無料で公開します。ちなみに、公開部分は基本的なことです。とてもブログやYouTube、電子書籍ではお伝え出来ない、質の高い内容を読者さまへお届けします。今日は公開予定の「生き抜く知恵、元航空自衛官がお伝えします。」という趣旨の有料ブログの続きを一部無料で公開します。非常にシンプルにまとめています。基本的なことに意外と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、何でも基本が大事ですよ。私のブログを読んで、何か行動を起こしたい。情報発信をしたい。人生をより良くいきたい。そういうことを思っていただく、きっかけになればこの上ない喜びです。それでは今日もよろしくお願いいたします。お金を増やすだけでない。元航空自衛官が政治活動をしている武器とは? ここからが第1部の本題ですね。 お金を増やすこと。これは非常に大切なことです。 いろいろな活動を行うにはどうしてもお金がかかるのです。 市議会議員選挙の時も知り合いのお店に顔を出して投票を呼び掛けたり、私のブログを読んでもらうために大変な苦労がありました。 こうしたことはもちろん、ただでお店を利用できるはずもなく、普段以上に出費がかさみました。 ただ候補や議員を応援することが最終的な目標ではないのです。 大切なことは航空自衛官として国防に関する活動を行うことですが、なかなか周囲の理解を得られる内容ではないのです。 それは
0
カバー画像

あなたの心にやる気を入魂!自衛隊直伝の方法を伝授します。

こんにちは。元航空自衛官の熊埜御堂(くまのみどう)です。(空曹)今回は自衛隊で学んだやる気スイッチについてのお話です。やる気が出ない。なんとなくだるい。毎日に充実感がない。そんな方へ私が自衛隊で学んだ経験をお伝えします。どうか最後までご覧ください。私が自衛隊に入隊した時は19歳の時でした。専門学校を卒業後、航空自衛隊に入隊したのです。最初は国防のこととはよく分かっていなかったのですが、訓練を受けるうちに次第に心が変わっていきました。最初は山口県の防府市にある航空自衛隊南基地で航空教育隊の中で訓練を受けるのです。初めての団体生活に戸惑いも多くありました。訓練では私語は禁止。厳しい訓練が待っていたのです。朝は6時に起床して走ることから始まります。朝食を素早く終えると午前の科目が待っています。こうした生活が私の場合は4カ月も続いたのです。航空教育隊では新隊員に国防の基礎と部隊で働くときに必要な適性を判断します。私は後方支援要員と言ってもよい職種につくことになりました。正直、嬉しかったですね。それは日勤だったからです。通常の訓練等では夜勤や3交代の勤務ですが、通常の勤務は日勤になったのです。土日もしっかりとお休みを頂ける。そんな生活に心躍る日々でした。しかし、航空自衛官としての最初の任務は非常に厳しいものでした。臨時勤務で埼玉県、入間基地で訓練中にF-86Fという練習機が墜落した事件があったのです。この機体は第1世代型の戦闘機でアメリカ合衆国の開発した初めての全天候型の戦闘機でアメリカ空軍で使用されていました。
0 500円
カバー画像

どでかい山を乗り越えるには

人は人生を生きる上で、要所要所で自分に与えられた山を乗り越えないといけないときがあります。山というのは、傾斜があって登るときはしんどいものです。 それと同様に人生の山も登るときはしんどいことが多いです。 山を乗り越えると、一皮むけたように人は変化します。 それだけ山を乗り越えることが人にとって大切だということです。 簡単に乗り越えられる山もあれば、難しいものもあるかと思います。 山を乗り越えるために何が必要でしょうか? まずは知ることではないでしょうか。 そして、知ったのであれば乗り越えるために研究し、実際に行なうことだと思います。 行なうことなしに山を乗り越えることができません。 そして山というのは動きません。「動かざること山のごとし」という言葉があるようにどっしりと構えているわけです。 だから自分から挑戦して乗り越えない限りは、状況は変わらないということにもなります。 また、乗り越えられないと思って行なうのではなく、乗り越えられるという肯定的な考えを持って行なう方が乗り越えられる可能性は高くなっていきます。 だから乗り越えられることを希望に思って、行なうことによって山を乗り越えることができるようになります。 そうやって山に挑戦することで、立ち向かう勇気や度胸が養われていき、乗り越えることで自信に繋がっていきます。 山を乗り越えることに対して恐れることなく、立ち向かっていって自分の成長へとつなげていければ、より希望的な未来が待っているのではないでしょうか。
0
カバー画像

言葉による影響はすごい

人は言葉によって少なからず影響を受けることが多いです。 良い言葉には力を受けたり、感動したり、成長できたり、良い作用をもたらします。 悪い言葉には力を失ったり、失望したり、犯罪や事件に結びついたり、悪い作用をもたらします。 基本的に良い言葉は肯定的な言葉で、悪い言葉は否定的な言葉となります。 肯定的な言葉に共感する人は多いのではないでしょうか? 肯定的な言葉を発する、もしくは聞いたりすると脳が肯定的なものを受けて、肯定的な考えが生まれてきます。だから何事も肯定的に捉えるようになるわけです。 そして肯定的な考えを持った人は不思議と成功することが多いです。 ゴルフで有名なタイガー・ウッズも競った試合をするときには相手のパットをするときに外せと考えるのではなく、入れと考えるそうです。 そう考えることで自分のコンディションを保ち、試合の臨んでいるとのことです。 肯定的に考えることで、自分には分からなくても脳は力を受けて、喜んだり、モチベーションを高めたりすることができます。 だからどんな困難な状況であったとしても、それを否定的に考えるのではなく、自分の糧になると信じてより良い未来のために、肯定的に考えた方が自分のためになるということです。 これは簡単なことではありませんが、やっていく内に身についていくものです。 最近コウテイペンギンのコウペンちゃんというキャラクターも出てきていて、人々から共感を受けて支持されています。 これを見ても分かるように、人は肯定的なものを好む気質を持っています。 勿論、悲観的なものにも影響を受けたり、感動したりす
0
カバー画像

問題に立ち向かう最善の方法

人はなぜ苦しむのかと考えたことは誰もがあると思います。  苦しむ理由は様々であると思いますが、一つの理由に考え、精神の働きが大きいところにあると思います。 考え、精神というものは誰かに与えられるところもありますが、自分でつくることが一番大きいです。そして、その精神の作り方次第で行動も左右されます。 昨今、価値観の多様性による様々な考え方ができてきており、選択肢を多く与えられてきています。しかし、その反面、精神的な病が増えてきているのが現状です。社会的のもパワーハラスメントなどの精神的苦痛を大きく見られるところがあるのですが、それだけ精神が生活に左右するということの現れではないでしょうか。それだけ精神が生きていく中で重要だということです。 何より精神は作り替えることが出来るというところが大きいです。 精神がぼやけていたら行動もぼやけてしまう。人の行動を見れば、ある程度はその人の精神の強弱が分かったりもします。 精神が強い人はどんな逆境に陥ったとしても諦めないし、弱い人はすぐに辞めてしまいます。精神は行動に影響を与え、結局は結果にも影響を与えるようになります。 だから、精神を鍛えれば鍛えるだけ得られるものも増えてくるということに繋がります。 何かを成すために精神がぶれてはそのことをやり遂げることが出来ません。精神がぶれないのが精神が強いということです。 歴史に語られる偉人たちがいますが、その人たちがなぜ凄いのか考えたことがあるでしょうか。やはりその分野にかける精神が強かったからです。かのコペルニクスも天動説が当たり前のように考えられていた世論に、地動説を唱
0
カバー画像

自分の価値を知ることの重要性

最近のニュースを見ていて思うのは、利便性が高まっている世の中なのに、なぜ心の貧しさが大きくなっているのだろうかと思います。 価値観の多様性が大きくなり過ぎで、選択肢の多い世の中になったから迷うというところもあるでしょうが、自分の価値性に気づけていないことによって心の貧しさが増し、最悪の場合は自殺となってしまうのではないかと考えています。 70億人以上いる世界で、自分と同じ個性を持った人は一人もいないということを知ることができれば、考えが変わるかもしれません。 特に日本で自殺が多い理由の一つに教育環境が関わっていると思います。欧米では個性を認められており、尊重される傾向にありますが、日本では個性よりも協調性が大切であると、教えられます。だから各々が持っている個性を殺してしまうことになってしまいます。それによって、自信がない人が多かったり、人と違うことをすることに躊躇いが生じるわけです。 ものは作るのには時間がかかります。しかし、壊すのは一瞬です。これと同じように人も育っていくのに時間がかかりますが、命をなくすのは一瞬です。自殺することで今まで時間をかけて育ってきたものが全て失われてしまうということです。 日本でも個性を出すことを尊重されれば、考え方が変わるかもしれませんね。自分の存在価値や生きがいを感じられないのは自分に自信を持てなかったり、協調性を重視する分、縛り付けてしまい、苦しくなってしまうなど様々に理由があると思います。 自分に価値があるということを分かることは大切です。これが分かれば、間違っても自殺しようとは簡単には考えないと思います。なるべく若
0
カバー画像

元自衛官が伝授!魂の授業です。あなたの心に入魂します。入隊編

こんにちは。元航空自衛官の水沢貴志です。今日も魂の授業を行います。今日は入隊編です。今日は入隊に関する内容です。私も今から20年くらい前に自衛隊に入隊しました。その理由は社会貢献がしたかったからです。そして教育を受けたかったからです。自衛隊では国が隊員に教育を与えてくれます。学歴が大卒でなくても生きていける知識と知恵が身につく。そう考えて入隊を決意しました。高校生の時でした。しかし、一年ほど就職浪人と言う形で公務員の専門学校で勉強をしました。本当に勉強しました。一日、ご飯を食べている時と電車で通勤と睡眠をとっている時以外はすべて自衛隊の試験の為に時間を使ったのです。そして見事に1っパン空曹候補学生と言う2年間で3等空曹になれるコースに合格することができました。自分でいうのも何ですが、本当に頑張りました。そこで、これから自衛隊に入隊したい。または家族や自分のお子様に入隊をと考えておられる方へぴったりの商品をご紹介します。2つ商品があります。よろしければご検討のほど、よろしくお願いいたします。今日も動画のご紹介です。「あなたと同じ自衛官になりました。」このお話は私も大好きでよく見ています。子供の時の思い出で自衛隊を志してくださり、将来が楽しみです。このお話はとても感動があります。自衛隊に入隊するしないに関わらずにぜひ、ご覧ください。これが今日の魂の授業でもあります。人生に生きがいを持てない。元気が出ない。そう言う方でもきっと感動や元気が出るはずです。もっと奥深い、ブログでは公開できないような内容をご希望の方は商品も販売しております。よろしければご検討のほど、よろしくお願いいたします
0
カバー画像

新しいサービスを始めました。

こんにちは。元航空自衛官の水沢貴志です。新たに出品をしました。こちらはビデオチャットでの授業になります。お電話は料金がお高くなり、お財布が心配だよ。そう言う方向きのサービスです。他にはチャットサービスもあります。よろしければご検討のほどよろしくお願いいたします。お財布に余裕がある方やすぐに相談したい方はこちらの電話相談をご検討ください。自衛隊では戦史や航空機、日本史、世界史などを学ぶ機会があります。専門家と言うほどではありませんが、自衛隊に関係している多くの歴史を知らないと国防は勤まらないからですね。ちなみに私の原隊は関東の部隊でした。主に後方支援業務を任務としていました。一言でいうと兵站の任務ですが、意外と大変ですし、いろいろと忙しかったです。転勤や訓練で実家になかなか帰省できない年もあり、本当に自衛隊の方には今も感謝に気持ちで一杯ですね。自分が勤めていたと言うこともありますが、国防の大切さを多くの人にも知ってほしいと願っています。ここで面白い動画を見つけたのでご紹介です。太平洋戦争時のアニメ動画ですね。この動画だけでも先人の苦労と生きる目的が見つかるかもしれないです。真珠湾を攻撃したことについてはいろいろな意見がありますが、除隊しているので本音で言えますね。日本軍は立派に戦ったと私は考えています。その教えを受け継ぐためにも今も防衛について学んでいます。そんなこと関係ないじゃん!!そんなお叱りの声が聞こえてきそうですが、歴史を知ることや過去に学ぶことは非常に意味があり、奥深いものです。単純に善悪で判断することなく、大局を見て判断し、そして自分の人生に活かすことができるといいで
0
カバー画像

伝えたいこと

初めまして、大貫智也です。現在は、講演や個人のコンサルをする仕事をしています。社会人になる前の僕は・やりたいこともない・夢もない・大学受験も就活も周りがするからするいわゆる、金太郎飴みたいな人間でなんとなく生きてきました。つまらないですね。笑ただ、多くの人が僕と同じだと思います。しかし、どこかで自分は本当は誰よりもやる気がある。何かに夢中になりたい。と思っていました。社会人になり、僕は決めました。・なんとなく生きるのをやめよう・好きな仕事もないし、まずは今の仕事を好きになろうそうして、僕は今までの自分と決別することにしました。そうすると、今までのつまらない日々は一変していきました。別に自分の能力が格段に上がったわけではありません。なのに、自分にとって、プラスのことしか起こらないんです。会社に入社して、退社するまでの4年半がむしゃらに取り組みました。自分でも驚く結果を出しました。そこで、1番自分が重要だと思ったこと。どうしたらうまくいくか=やり方ではなく、「うまくいく人の考え方や生き方」を学び、行動し、継続すること。社会人になる前の自分のような人に届いて欲しい。やる気があるけど何か心にぽっかり穴が空いてる人がどんな考え方や生き方をすれば、毎日充実して楽しく生きられるか自分を認めて生きていけるかを発信していきます!最後までご覧頂きありがとうございます自己紹介ページに私の紹介を載せていますのでご覧ください。https://profile.coconala.com/users/my
0
カバー画像

人の傾向

今日は人の傾向について書きたいと思います。 人は楽に生きようとする傾向があります。つまり、もがきたくない、苦労するのは嫌だと思ってしまう傾向があるということです。 確かに苦しまずに生きることができたら、どれだけ楽でしょうか? しかし、楽は楽でもそれが何になるでしょうか? ある人の言葉に、人はもがいてこそ大傑作品を作ることができるとあります。 楽であれば、瞬間的には楽かもしれない。しかし、もがいて得たものは自分のものになり、残ります。それが自分を作ることになります。そして、貯まれば貯まるほど大傑作品を作ることができるということです。  この言葉を実感できるのはもがいてでもやってみたときに実感できるようになります。 もがくことは確かに苦しいと思います。しかし、作品を生むときは苦しいものです。楽に作品をが作られることはないと考えた方が妥当かと思います。もがいて作った作品は喜びに感じます。裏を返せば、楽であったもそれは瞬間的に過ぎない。瞬間的な喜びはすぐに消えて無くなってしまいます。 その瞬間的な喜びのために楽でいて、何もしないかもがいてでも何かを作り上げようとしてやることでは最初はあまり変わらないと思うかもしれませんが、最後までいったときに残るものが何倍にも変わるものがあります。 例えて言うと、何もしないでいる石はただの平凡な石で、動いている石は流れ星。 流れ星は美しいのではないでしょうか。それと同様に動いている人は美しいということです。もがいてでもやっている人は光り輝いているということです。 人の傾向として楽に生きたいというのは確かにあります。しか
0
カバー画像

幸せになる方法を一緒に考えませんか?

初めまして、ネガポジです。元々ネガティブなのですが、ポジティブに生きているので、ネガポジです。突然ですが、みなさん、一度きりの人生終わりを迎える時、どんな状態で居たいでしょうか?どんな人生だったと言いたいですか?この解を一緒に明確化して、明日からの方向性を見つけるのが私ネガポジです。今回は初回投稿なので、自己紹介をさせて頂きます。何かお悩み、ご不安があり、私の自己紹介を読んで信頼できそうであればお気軽にご連絡ください。私には、「人を活かす人間でありたい」、「一人でも多くの人に幸せにする」というポリシーがあります。このポリシーを仕事以外でも体現したいと考え、ココナラをはじめました。まず、私が上記ポリシーを持つ理由と背景を話します。私が「人を活かす人間でありたい」、「一人でも多くの人に幸せにする」というポリシーを持つ理由は、率直にそれが私の一番の喜びになるからです。自分の喜びになることを人に提供する、正直自分本位かもしれません。でも、そう思っています。なぜ人を幸せにしたら自分の喜びにつながるのか、ここは正直わかりません。自分の最もコアな価値観であり、思い返せば物心ついた頃から今までずっとそうです。人が幸せになって、それが自分の喜びにも繋がる。みんながハッピーになる。ずっとそういう目線で人と関わってきた私は、今まだ人生の若輩者かもしれませんが、人よりも幸せになる方法について考えてきましたし、自分の人生経験も合わせると、そのノウハウは年齢以上に持っていると自負しています。話がそれましたが、次に私のポリシーの背景をお伝えします。私のポリシーの背景となる起点は、小学生時代です。〜小六の時で
0
カバー画像

生きがいのある人生の作り方5Step

生きがいとは、・好きなこと・得意なこと・世界が求めるもの・お金になることの4つ点が重なるのことを言います。 優先順位は ①好きなこと(価値観) ②得意なこと(才能) ③世界が求めるもの ④お金になること4つの条件を満たせば生きがいになるということですが、重要なのは満たしていく順番。この順番で満たしていく必要があります。・好きなこと・得意なこと・世界が求めるもの・お金になることなぜこの順番か。お金にするには後でやり方を学べば良いのだけれど「好きなこと」「得意なこと」は後で学べないからです。人から求められていて、お金がたくさん稼げるとして自分がやってて楽しくないなら虚しいですよね。だからまずは「好きなこと」と「得意なこと」という自分視点から考えることが重要です。この4つの要素の途中に好きなことと得意なことを「強みに変える」というステップが入り以下の5つのステップで生きがいを作っていくことが出来ます。①自分が価値を感じることを明確にする(好きなこと)②才能を特定する(得意なこと)③「情熱」にスキルと知識を投資して「強み」に変える(投資)④「強み」を「世界が求めること」に近づけるために発信する(世界が求めるもの)⑤世界が求めることをお金に変えるために商品化する(お金になること)それでは5つのステップを順番に説明していきます。
0 500円
カバー画像

つぶやき心理学:なんでも頑張れる楽しみを作る

待ち遠しくなるほどの楽しみを持つ事は、苦難を乗り越える上でとても重要です。 身近な大切な人が目の前の壁に押し潰されそうになってるなら、それを乗り越えた時のご褒美を用意する励まし方もあります。 アドバイスをしたり綺麗な言葉を並べるだけよりずっと効果的です。 大きな楽しみが壁を越えた先にあれば、人は自ら意欲的になり、自発的に頑張れます。 何か手助けをしたいと思うなら、そんな方法もありますよ。
0
19 件中 1 - 19
有料ブログの投稿方法はこちら