絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

60 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

●私の日常、挑戦していること。

こんにちは、尾本広美です。インスタ、Facebook、 Twitterでは、 頻繁にこのネタを 投稿していますが(*^-^*) ブログでは、 あまりこの日常を、 投稿していませんね。 理由は特にありませんが… ちょうど2年前に、 テコンドーを再開しました。 今年7月で三年目!! 再開というのは、 20代の若い時に、 実は数年、 テコンドーを習っていた 時期がありました。 約20年後、 この年齢で復活!!! 身体が自由に動かないは、 新しいことを覚えたのに、 またすぐに忘れるは… 私にとって テコンドーは 本当に難しくて 習得がなかなかできない カテゴリーの一つです。 ですがだからこそ、 面白くて、 生きがいになっているのかもしれませんね☆ 8月の昇級審査に向けて、 日々挑戦をし続けています(*^-^*) そんな私の日常でした(笑) 大会とかも出て、 優勝もしてたりする(*^-^*) あなたが、 挑戦していることなどの 日常があったら、 是非、教えてください。分野は違えど、 何に頑張っていることを 共有できると 励みになります。
0
カバー画像

高齢者の2割が「生きがい持たず」。では、現役世代は?

こんなニュースが流れました。 高齢者の2割が「生きがい持たず」2022年版「高齢社会白書」皆さんはこのニュース、どう思いましたか? 私はこう思ったのです。 8割の人は「生きがいがある」のね。 多いな、と。 では、他の年代はどうなんだろう? 調べてみました。 年代別生きがい意識調査       引用:公益財団法人 年金シニアプラン総合研究機構青が、生きがいを「持っている」 オレンジ、グレー、黄色がそれぞれ「前は持っていたが今は持っていない」「持っていない」「わからない」です。 明確に「青=持っている」と答えた人の割合を見てみましょう。 多い順から 男性:70~74歳、60~64歳、65~69歳 女性:65~69歳、70~74歳、60~64歳 このレポート中でも、このように書かれています。 男性では 50 歳代後半から、女性では 60 歳以上から生きがいの保有状況が高くなっている。 高齢者のほうが生きがいあるんですね!! 現役世代の30%台から、60歳以上(男性は55歳以上)が、むしろ10ポイント以上も上がっています。 このヤフーニュース、間違いではない。 でもこれ、「確証バイアス」ですよね(笑)? では、ヤフーニュースの趣旨とは正反対の「高齢者のほうがなぜ生きがいがあるか?」について考えてみたいと思います(笑) なぜ高齢者のほうが生きがいがあるか(笑) ※データの対象が74歳までのため、ここでの高齢者は65歳~74歳までとします。 75歳以上の生きがいについては、また別の機会に書きたいと思います。 簡単に言うと、経済面ですよね。 「逃げ切り世代」と呼ばれるのが、明確に何歳か
0
カバー画像

生きがい探し

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。本日のテーマは、「生きがい」です。「大山さんの生きがいってなんですか?」最近、そんな質問を受けました。「生きがい・・・。なんでしょうね」自分が何のために生きているか。その指針となるべきもの。「目標とかはありますけどね。80歳までピンピンしてるっていう」今と同じぐらい走れて、筋肉もあって。素晴らしい余生を過ごすのが目標。「それは生きがいじゃないんですか?」「生きがいというよりは、当たり前にやらなきゃいけないことかもしれないです」そう考えると、生きがいっていうのは考えたことがないかもしれない。「ご自身の生きがいはなんですか?」目の前の男性にたずねてみる。「それが分からないから聞いたんですよ」彼は笑いながら答える。「でも、生きがいという言葉が出てきたってことは、最近何かそれについて考える事があったんじゃないですか?」「そうですね。この間、職場のみんなで話した時に趣味の話題になって」「はい」「趣味がないって言ったら、生きてる楽しみがないという話になったので」なるほど。「趣味はいつからないんですか?」「最初からですね」「最初?」「はい。なんかこれといって好きなものはないかもしれません」「へぇ~。休日は何をされるんですか?」「本を読んだりとか、DVDを見たり。あと、嫁とどっかに行ったりとか」「それは趣味じゃないんですか?」「はい。別にやらないと死んでしまうようなものではないので」「やらないと死ぬ?」「はい」あ、だから生きがいって事か。「まぁ、生きがいっていうと大きくなるので、まずは趣味から見つけましょうか」「はい」「
0
カバー画像

いきがい

よく「いきがいはありますか?」「いきがいを持った方がいい」と言われますが。あなたはいきがいがありますか?実はいきがいを持っている人のほうが長生きするということを研究している機関もあります。いきがいという言葉は、「ikigai」という言葉として、実は欧米にもよく知られている言葉だそうです。しかし、日本で一般的に言われているいきがいとはちょっと異なった見解で見られているようです。英ミドルセックス大学の教授に言われました。「デンマーク語のヒュッゲ(楽しい時間、居心地の良い空間)のような幸福感よりも、日本人のikigaiのような幸福感のほうが深くて素晴らしい」と。彼の話によると、ikigaiという日本語は「利他的に社会に貢献することを通して感じる幸福感」というニュアンスで欧米に伝わっているようです。このいきがい。ベアたん的には、もちろんあったほうがいいと思います。おそらく生活も豊かになるし、人生が彩りよく見えるかもしれません。でも、ベアたん的に、いきがいは無理して理由をつけて探さなくてもいいんじゃないかな、と思っています。まぁ、面接ではよく聞かれるので、対面接用としては用意しておいたほうが良いかもしれませんが。よく、世間的には「やりがい、いきがいがない人間は覇気がないダメ人間」と言われたりしますが、果たして本当にそうでしょうか?いきがいに囚われて、「~しなければならない」「~でなくてはならない」と思う生活は、返ってストレスのように感じます。いきがいを明確にしなくても、人は毎日、何らかのいきがいを見つけて生きています。辛い時悲しい時はそれが見えなくなってしまうことだって多々あります。でも
0
カバー画像

生きがいがあるのは〇〇があること。〇〇があるのは自己肯定感があがること。

「生きがいは何?」って聞かれたら、どう答えますか?私は、、、子どもの成長をみること?そりゃ、毎日必死に怒鳴り散らしながら育てて(笑)ふと俯瞰してみた時、子どもらの成長に気付いたらめちゃくちゃ嬉しいけど、、、生きがい??いや、なんか違和感。精神科や認知症の病棟で患者さんのために働くこと?もちろん、関わって笑顔がみられたり、こころが軽くなったって言われたり、うつや統合失調症、その他の症状の改善が見られたらとても嬉しいけど、、、う~ん、なんかそれもしっくりこない。大好きな音楽活動をしているとき?今できていないしな、、、楽しいけど、生きがいなんだろうか、、、?目標に向かってあそびも我慢して食べる時間も惜しんで頑張って頑張ってがんばってガンバって、、、(どんだけドMやねんww)や~~~っとクリアできた時!?…いやいやいや、ちゃうわ。 実は、大学の面接試験で、「生きがいを無くした人に対し、あなたはどうする?」って聞かれたのね。5人1グループでの面接で。私2番目の回答者。最初の子が、「私は、鉢に一緒にトマトの種を植えます。毎日一緒に水やりをして、それが成長するのを見て、生きがいに感じていけるようにサポートします」みたいなことを言ったんです!!え~っとかれこれ数十年前ww ←は大袈裟かな!?・・・いや、そ~でもない(゚Д゚;)もはや詳細曖昧ですが、ざっくりこんな感じ(笑)私ね、それ聞いて、んもぉ~!!!ナニこの子!!!凄すぎやん(´゚д゚`)次ワタシwwど~すりゃー------!!!!!あ~この子受かったわって思いました(笑)って思ってたんですよ(笑)そしたらね。面接官の先生、「あんたね、生き
0
カバー画像

結果が全て?いや、むしろプロセスが全て

プロセスを楽しめたら結果も相応におのずと良くなる。結果や成果が評価に繋がるので注目されがちだけど、それはあくまでプロセスから生じたものに過ぎない。意識は今、どこに向いてますか?結果も大切だけど、そこに至る今、目の前にあることにベストを尽くして積み上げていこう。結果を楽しみに。手応えややりがいを感じるには?結果に至るまでのプロセス、一つ一つのマイルストーンをやり抜き、それに手応えを感じる。そしてそれを楽しむ。これこそ仕事の醍醐味と思うんですよね。結果を出した時はもちろん嬉しい。さらにその過程も楽しみ味わい尽くす。結果ばかりを追っていては、楽しみは限られる。全てを味わい尽くそう。プロセスに強みが活用できなければ成果は出ない結果、成果ばかりに目を向けていると、自分の強みを発揮するタイミングを逃したりします。強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスでは、特にそれぞれのタイプが最も力を発揮できる局面、タイミングを重視します。結果ばかり見ていると、プロセスのどこが出番なのかを見逃しちゃうんですよね。
0
カバー画像

【ココナラドクターより】幸せを感じられないすべての者たちへ①

こんにちはココナラドクターです。写真、何に見えましたか?カリフラワー?ブロッコリー?答えは緑のカーネーションです。ヒトの見る目なんて正直いい加減なんです。2~3月にかけて、メンタルの悩み相談が増えてきました。ココナラは副業で、産業医と内科医をメインにやっています。最近電話サービスを始めました。女性のあるあるかっこいい人にきれいだと言われると、「キャー、嬉しい」そうでもない人にかわいいと言われると「うえー、まじ気持ち悪い」「髪の毛切ったんだね」も言えなくなったと嘆いている男性、結構います。気、つかいますねぇ。女性を非難したいわけでもなくて結局、判断基準なんていい加減なものなんです(^-^)まあ、これが人間の超いい加減な長所でもあります。どうせ生きていくしかないんだから、これを生かしましょう。次に続く。
0
カバー画像

占いはいくつから始めると良い?

仲のよさそうなご家族ですね。今日のお話はタイトルの通りです。運勢を良くしていくにはいつ頃から占いを使い始めたら良いのでしょうか?この考えは30代、40代と進むにつれ占いで説明されているこの世の中の力の法則により、悪い運気に引き摺り込もうとするマイナスの力に包まれていき、それを取り払ってからでないと運気の上昇が見込めないことから、運気上昇までに時間がかかることが心配されるための投げかけです。この占いでは皆さんの生年月日から人生の浮き沈みを読み解きそれに合わせて運気の上り調子の時に目一杯伸び、運気の下りの時期にはできるだけ運気を落とさずに維持をすることで、結果的に占いを使わない人よりできるだけ苦労なく運気を伸ばすことを目標としています。余談ですが、ある星を持った人は苦労をするから結果が出ると考えます。それは達成感を味わいたいために苦労をしたがるのですが努力のための「苦」はあっても要らぬ「苦労」はしない方がいいです。精神的に良くないですから。それより楽しく活動をしてどんどん伸びる方がプラスの力に包まれて伸びた後も安定します。話を元に戻しますが、生まれの年、月、日はそれぞれ皆さんに力を与えるもので、それぞれの星の持つ力の組み合わせによってあなたの運勢の波形が変わると考えて下さい。それぞれの年と月と日の力には影響する人生の期間があり、生まれ日の星のパワーは人生で8歳頃まで影響があるとされ幼年・少年期の運勢に影響をもたらします。そのためこの時期は乳歯と同じように運気は生え変わるような感覚ですのであまりこの頃からは占いを積極的に意識しなくても良いと私は考えています。その後16や18歳頃から青
0
カバー画像

仕事で「忙しい!」は意義や目的の有無次第。

「人に負けないくらいの行動量、仕事量なんだけど手応えなくって。同じくらいバリバリ働いている人いるんだけど、その人はなんか楽しそうなんですよね。」忙しい=量の問題でなく心をなくすこと。量は同じでもその仕事に自分なりの意義ややりがいを感じているか、一方ただただ忙殺されているか。驚異的な仕事量も「忙しくない」忙しいとは、先も書いた通り仕事の量でなくそこに心があるかどうかということです。ビル・ゲイツもイーロン・マスクもジェフ・ベゾスも…と、どの成功者ももれなく伝説、逸話ありきの超ハードワーカーですが、とても充実した日々を過ごしているようです。そこにはそれぞれの目的や理想が見えます。自分なりの意義と目的あるか?これこそが仕事の魂とも言えるものかもしれませんね。目的が全ての行動に魂を吹き込むこちらは強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの強みの見える化フレームワーク「内的価値」。それぞれの要素を充実させるべく取り組んでいきますが、その頂点が「目的」。この目的があってこそそれぞれの取り組みに意味が生まれます。仕事でも普段の生活でも、そこに意味を見いだすことで手応え、やりがいが得られるようになるかもしれません。
0
カバー画像

人生の手応えは人生の責任を自分で背負うことから

「自分で言うのもなんですけど、周りの人の言うこととか常識とかに従って真面目に生きてきたんです。でも充実感とか手応えが全くなくて。」誰かでなく、自分で自分の問題と責任を所有してみる。自分の人生を背負うのは大変かもしれない。でも手応えと実感はこれまでにないものが得られるかも。本当の自立は自分で自分の責任を負うことから冒頭の話はマイルドな表現であるものの他責な生き方、あるいは「人生においての被害者」というスタンス。自分に起こる不利益はまわりのせい、人生は他人次第。自分の人生の責任を引き受けるのはパワーがいるけど、小さなことから背負っていくことでいつか自分の責任の範囲をカバーできるようになる。これが自立。人生の被害者から脱する事で可能性が広がる強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの自己分析のひとつに自分の社会的な立場、役割のレベルを示す「スペクトル」というものがあります。この一番最初のレベルが「被害者」というレベル、自分で自分の責任を負うことが難しい状態です。次のレベルに行くための課題として、自制、自責といったものが求められます。これらは誰にとっても人生においての共通の課題とも言えますが(もちろん私にとっても!)、課題をクリアすることで全く景色の違う次のレベルが見えてきます。こちらのサービスで今のあなたの状態、レベル、そして必要な課題が分かります。
0
カバー画像

どこまでもつづくと錯覚しちゃうのなんでだろう

ここを訪ねてくださったあなたとあなたの大切な人が 今日もあしたも心やすらかに穏やかな時間すごせますように、祈りをこめてつづります。じぶんのいのちも、大切な人のいのちもどこまでも続くと錯覚しそうになることありませんか?サイタはあります。やっぱりいまだにあると感じます。11年前の今日大切な人が犠牲になったときにもあらためてわかったつもりでいたはずなのにそれでもいまだにこの錯覚が起きます。そしてそのたびおもいます。だれもが例外なく100%の確率で生を全うする日が来る。疑いようもないその事実を忘れていはずないのに「今」を生きようとすることをついうっかり忘れてしまうことがある。それはどうしてなんだろう。答えのでない答えあわせはきっとこの先もつづくとおもう。それでも。答えがでないままでも。想像すること、想像し続けることだけはあきらめずに、なき友のあふれすぎるほどおっきくて太陽みたいなあの笑顔にまけないくらいのあったかい笑顔を、もっともっと循環させていきたい。 そのために今の自分の活動通してできることを続けていくこと、あらためて誓いを立てる日に私はします。 東京大空襲から77年のきのう。そして東日本大震災から11年の今日。今年の今日もまた、まもなく14時46分はきます。 「どう忘れないか」「何をあきらめないか」「じぶんの今をどう生きるのか」 今日だから、ではなくても日常として もしよかったらあなたもあなたの大切な人と笑顔増やす手がかりとして、あらためて話したり考えてみる時間、少しだけでもつくるきっかけとなっていたらなによりです。心やすらぐひとときでありますように祈りをこめて。*******
0
カバー画像

生きがいが見つからない!女性たちへ

NHKのあさイチという番組の中で特集がありました。子育てや仕事に追われる毎日を過ごし、子どもが独立した後生きがいを見つけられず、悩む女性(特に50代以降)が多くなっているそうです。人生100年時代、残りの50年をどう生きていくのか。これって半分の人生どう生きるのか、考えたら人生長くて不安になりますよね。やりたい事が見つからない何をやっても続かないでも、3日坊主も100回続けたら、続いているんですよね。女性は真面目な考えの方が多いのでやるからには続けられないとダメと考えてしまってやる前から行動に移せない方も多いと思われます。でも、続けられないことは悪い事はなくて何が自分の心がワクワクするのか、色々と試している所なんだと思います。試してたその時はワクワクしなくても後から「あれは楽しかったかも?」でもいいと思います。頭で考えていても、何も変わりません。やってみて分かる事は沢山あるし、その経験は全然無駄でもなくて必ず未来に活かせる事が出来ると思います。私もまさか、国家試験を受けるなんて思ってもいなかったまさか、キャリコンになりたいと思うなんて思ってもいなかったまさか、北海道に移住するなんて思ってもいなかったまさかの坂を登っては降りて、降りては登っての繰り返しです。だけど、自分で選んだ道ですから何の後悔もありません。やりたい事が見つからないという貴女へ時間がかかってもいい。一緒に探してみませんか?キャリコンサルタント×心理カウンセラーのMiyukiがお手伝いしますよ^^https://coconala.com/services/2168597
0
カバー画像

人生を味わい尽くすために。タイプによって足りないものって?

人を含め、生き物は心地よさ、気持ちよさを追い求めていくもの。人間はそれを理性でより広く、深くすることができるんだよね。気の向くまま、勢いのまま、衝動に乗って、それも気持ちよいだろう。理性はそれを阻むものでなく、感情と理性が調和することで人生はより深く味わい深いものになる。味わい深い人生に足りないものこれはタイプによって違いがあります。これは強みをフル活用する理論、ウェルスダイナミクスの自己分析タイプ一覧図。左が内向、右が外向と分かれています。このタイプによって価値観が真逆になります。そのため、味わい深い人生を求めるにあたり、必要なものが全く変わってくるんですよね。タイプによっての偏りを補完して人生を味わい尽くす衝動の赴くままに生きても何かを成し遂げた手応えが得られず虚しかったり。一方理性的に生きても自分が心から求めているものとの違和感を感じるかもしれない。やっぱり人生を味わい尽くすには両方大切。内向は理性、外向は衝動とタイプによって偏りがち。これを理解してうまく補完したいですよね。こちらのサービスでは自分が内向、外向どちらかが明確になり、より充実した人生に必要なものが分かります。
0
カバー画像

「自由とは責任の範囲である」責任を果たすことで人生が自分のものになる

コーチングで本質に「自由とは責任の範囲である」と気づくことで、救いより絶望を感じてしまう人がいます。長らくの他責体質でこれを受け止められない、受け入れられない場合、アレルギーのように反応する。これは本人次第で変える事ができるけど、良し悪しじゃなくこれこそ本人の選択なんですよね。真の自立は人生の責任を負うことウェルスダイナミクスには、社会的役割、立場、価値観、そして責任の範囲を示す「スペクトル」というレベルがあります。このスペクトルには各レベルにおいての課題が示されますが、ここでの大きなテーマが「責任を果たす」なんです。これが人生においての真の自立の第一歩。重たいように感じますが、これが確かなものになると、人生が自分のものになったような手応えが得られます。それが「自由」なんですよね。生き方は誰かに決めてもらうものではない生き方は本人の責任の範囲の趣味性なので、それに良し悪しはないんですよね。ただ、自由や変化を求めるならば代償が伴う。得られるものがあれば失わなければならないものがある。そしてそれを選ぶのは自分。この選択は誰にも委託できないんですよ。きっかけは他人からもたらされても、決めるのは自分。このサービスでは、自分の今の役割、立場において果たすべき課題が分かります。それをクリアしてこそ、人生の主役になる事が出来ます。
0
カバー画像

「仕事が楽しい!」と言ってる人はどんな人?

「仕事が楽しい」そう感じてる人は自分の役割と強みがリンクしてる人です。自分が担う役割に強みが発揮できるようになると、楽しさ、働きがいが段違いになります。逆にイマイチな人は強みをもてあましたり、くすぶらせている人。まずは自分の強み、得意なことがなんなのか明確に知る必要がありますね。ウェルスダイナミクスのテストがきっかけにコーチングで2021年の振り返りをしていたとき、「強み、弱みが明確になって今の仕事とリンクした。そしたら楽しくなったんですよね。」クライアントさんがこんなことをおっしゃってました。去年ウェルスダイナミクスの自己分析、特性診断のテストを受けて、その結果を活かす取り組みを一年間やりました。実はコーチング当初、仕事にいまいちモチベーションが湧かない、楽しさを感じない、って状態だったんです。それが一年でこんなに変わりました。私としても感無量です。こういった声は、ウェルスダイナミクスのテストを受けた方から多数いただいています。仕事に強みが発揮できるようになると、楽しさはもちろん、成果も上がるようになります。楽しみながら結果が出せるということです。そうなると仕事が楽しくなるんですよね。自分の強みがなんなのか理解し、力が発揮できる領域を知れば百戦危うからず。あとそう、同じく弱み、苦手を知りそれを回避するのも大切。強み、弱み、そういった自分の個性、特性を知り仕事とリンクするきっかけにこちらのテストが役立ちます。
0
カバー画像

良かれと思って…でもそれ、人生の主導権を奪われてます。

他人の評価に応えることで、人生の主導権を奪われてませんか?評価に応えることは大切だけど、それを人生の中心にしちゃいけません。あくまで人生の主役、中心は自分です。日々努力、頑張ってもイマイチ手応え、満足感がなかったら…他人の人生の舞台の脇役になってるかもしれないから恐いですよね。他人の評価中心になると自分が他人色に染まる他人の評価、期待に応えることが中心になると、自分の価値である強みもそれに対応するようなものになっていきます。これはウェルスダイナミクスの理論のひとつ、強みを見える化するフレームワーク「内的価値」の図です。この6つの要素は自分を構成する、言わばあなたそのものです。ワークの中でこの要素を自分、他人の立場から採点するんですが…他人の評価中心になると、他人からの採点ばかり高くなってしまいます。他人色に染まっているとも言えます。自己評価が低い結果になるんですね。それは、相手の期待に応えるべく本来の自分が求めてないものを忙しく集めた結果です。一生懸命取り組んでも報われないんですよね。自分が人生の主役、これをホームポジションにしたいものですよね。こちらのサービスでは、自分の価値、強みのみならず、今回テーマとした「人生の主導権」についても見えてきます。
0
カバー画像

人生をつまらなくする思考習慣「もう知ってるから」

「もう知ってるから」これが人生の可能性を損失するとしたら…自分の変化に伴って同じ情報でもその価値が変わるんです。これってとても大切。一度読んだ本でも、前に聞いた話でも、その時々で価値が変わるということ。だから折に触れて前に読んだ本を読み返してみると、全く違う気付きが得られたり。私はそんなことがけっこうあります。自分が知らないと言うことを知っている「無知の知」はこの可能性を生み出すんですよね。無知からの知的好奇心と理性の調和が人生を豊かにする単にですね「何も知らない」って楽しいんですよね。子どもの頃のような目にするもの、耳にするもの、いつも全て新鮮な感覚。そして大人はこういった知的好奇心、感性と理性を両立、調和できるんです。ちなみに私のコーチングでは、この感性と理性の調和は中心となるテーマだったりします。でも気質、タイプによって感情、理性どっちかに偏りがち。自分はどっちのタイプか、心当たりありますか?それを踏まえて、両方いいとこ取りできれば日々楽しく過ごせるはずですよ。
0
カバー画像

「働きがい」を感じるための仕事のしかた

楽器の奏者で「プロ」であるか「アマ」であるかの判断基準は何ですか?Quoraでこんな質問が投稿されていました。その回答が今回のテーマの答えになると感じシェアしたいと思います。これは、働きがいが得られる働く姿勢についてのお話です。サラリーマンでもフリーランスでも大切な仕事に対する姿勢プロフェッショナルに求められることはクライアントの要求をそれ以上の水準で叶えること前述した質問についての回答です。このゴルゴ13の一幕を添えて(その回答から画像は引用させていただきました)。働きがいというのは、自己満足でなく、相手ありきだと思っています。それはサラリーマンでも一緒です。フリーランスになると、それがそのまま対価として帰ってきますよね。相手の求めに対して、こちらができる限りを尽くし、あとはその仕事に対しての評価を委ねるしかない。そして、幸いにして相手も自分も喜ぶ結果になったら、それが働きがいを味わう、感じることになるんじゃないでしょうか。「好きなことをして生きていく」これは昨今よく見かける言葉ですね。素晴らしいと思うし、私もそうしていきたい理想です。ただですね、とても大切なのは…自分の好きなこと、利だけの追求は一時的な満足感は得られるかも知れない。でもそれは、持続可能な働きがい、生きがいといったものは得られない儚いものです。プロフェッショナルに求められることはクライアントの要求をそれ以上の水準で叶えること自分の理想、目的も大切だけど、やっぱり相手ありき。これはビジネス、マーケティングの成功についても同じことが言えると思うんですよね。
0
カバー画像

達成感の罠にハマって迷走している人

なにかを成し遂げた、達成したときの手応え、爽快感は一時的なものであれば成果の有無問わず得られます。ただそれは、持続可能な充実感ではないのです。なにかを成し遂げたと思っていても形にならない、何も残さない取り組み、作業の達成感、高揚感は一時的にしか味わえなかったりします。常になにかを求め余裕と満足感がなく迷走している人と、日々充実感と喜びを感じているひとの違いはなんでしょうか?持続可能な充実感は目的ありき目的、理想、ありたい姿など達成する、成し遂げるゴールが明確でないこと。迷走の原因はこれです。どこまでいったら完了、完成なのか?それを成し遂げたらどうなるのか?これらが明確じゃないので成果が曖昧なんですよね。やった感だけが得られる。本質的な働きがい、生きがい感につながる手応え、やりがいといったもの。それらは、自分が成し遂げたものがどのような影響を及ぼすか確認できることが必要なんです。何かに取り組む前に、なぜそれをやるのか?(Why)そしてそれを更に掘り下げどうありたいからやるのか?(BigWhy-Being)これを明確にするのに9割の力を注ぐと良いでしょう。その後に続くPlan(計画)、Do(実行)はおのずと決まります。「こんなの当たり前!」と言われそうですが、ここをしっかりセットアップできてることって、実は少なかったりします。その場その場の達成感は感じるものの、日々虚しさも感じる…そんな時には「自分がどこに向かっているのか?」確認してみて下さいね!
0
カバー画像

誰にでも良い人、好かれる人になりたいですか?

タイトルの問い、私でも迷わず「ハイ!」と答えるでしょう。でもそれって、自分独自の役割、生き方を全うしているのでしょうか?今日のテーマはその疑問についてです。万人受けは自分の生き方を損ねる生き方…生き様、在り方、とか。「どんなに良い人間でも、きちんと頑張っていれば、誰かの物語では悪役になる」この言葉は、Quoraの投稿で見つけたものです。その瞬間、うなりました。これって真理ですよね。それぞれの国、地域、またコミュニティなどの環境、文化、歴史、教育。そんな多様な価値観の中で、誰にでも好かれる良い人であることは難しいのではないでしょうか。良し悪しは立場によって異なるから、自分の役割を貫くことでどうしてもぶつかるんですよね。これはエゴを押し通す、といった単純なものじゃなくて。もっと本質、根幹とも言える存在意義、人それぞれ独自の人生の役割についてです。自分独自の道を歩むにあたり、誰かにとっての悪役、また嫌われることもあるでしょう。同じ道を歩めない人もいる。でもそれは自分だけのかけがえのない人生の役割を全うした証。迷わず前へ。
0
カバー画像

運の良さ、思いのまま!?運のマネジメントの方法

運って他力本願?主体的、計画的にコントロールし、その流れを生み出すことができるとしたら?今日はそんな「運のマネジメント」のお話です。そもそも「運」ってなに?これは私の私見、持論です。「運」・進展、はかどる・動く、はこぶ・巡るそんな意味があります。運って文字通り運ばれるものなんですよね。その流れが良いことを「運が良い」って言うイメージです。運のマネジメント「LUCK」「L」ocation(場所)=強みが発揮でき求められる場所で「U」nderstanding(理解)=何をすべきか理解し「C」onnections(人脈)=共創できる人と繋がり「K」nowledge(知識)=役に立てる知識、経験、実績があることここからが本題です。そう、これは運を良くする、自分に関わる事象の流れを良くするフレームワークです。今のあなたは、□自分の強み、才能、本領が発揮できるポジションにいますか?□その場所での行動、取り組み、なにに選択、集中すべきか決まってますか?□自分の強みが役立つ相手、自分の弱みを補完する相手はいますか?□他者評価で価値(役立つ)に相当する知識、経験、実績がありますか?これらの明確に答えられれば運は巡っていることでしょう。そして、それはもっと良くできるかもしれません。このフレームワークの要素でモヤモヤする、あるいは足りてないと感じるものがあなたの運の流れを止めているボトルネック。そのポイントをより良くしていくことで、あなたの運は良くなっていくはずです。運は他力本願でなく、主体的に良くしていくことができます。
0
カバー画像

「毎日ごきげんな人」のストレスをため込まない方法とは?

なにもしなくても疲れてしまい、なにもできない…そんな鬱々とした日々を送っている方には考え方のクセ、習慣があります。一方、毎日ごきげんに過ごしている人にも同じく考え方のクセ、習慣が。ストレスとうまくつきあい、日々ごきげんな人の思考習慣は?それがの今回テーマです。人の悩みのほとんどは人間関係そんな風にもいわれてます。人は社会性の生き物。他の人からの影響で悩み、ストレスを抱えるのはイメージしやすい。では、そんな人間関係のストレス、どうしたら良いんでしょうか?ごきげんな人は切り替え上手ごきげんな人は切り替えがうまい。仕事の時間を越えて、家に仕事、またその人間関係持ち込まないのです。人は直接、物理的に会うだけでなく、思い浮かべたり考えたりする、頭に登場するだけであったのと同様の影響を受けるようです。(脳は現実と想像を区別しない)もし苦手な人、嫌な人がいれば特にです。家に帰ってからもその人のことを考えていたら、その人とずっと一緒にいるのと同じ。仕事して必要な、最低限の時間以外、嫌な人を頭から追い出してしまいましょう。関わらなくて良いに越したことはないのです。ホームポジションである家に職場の人間関係を持ち込まない。心を許し安心できる安全域を守るための心がけ。ごきげんな人はしっかり切り替えています。私のフィットネスクラブ時代の経験フィットネスクラブ社員時代、けっこう消耗した苦い思い出があります(^_^;)トレーニングマシンの使い方が荒い方がいて、もちろんそういう方には正しい使い方をお願いしに行きます。でも、まったく聞いてくれないだけでなく、怒られてしまう…しかもその方、毎日来るんです。もう戦い
0
カバー画像

何を選択する?

「今日は何をするか?」「今日は何を食べるか?」「どんな服を着ていくか?」これらの質問は自分で決めることができます。ただ、そこに自分以外の人がいるとどうですか?「あなたはどんな人生を選択しますか?」この質問も自分で決めることができます。そうは言っても、周りを見渡せば、家族もいれば、パートナーや友人それに同僚や上司、協力者やライバルもいます。自分で決めても、それが周りにどんな影響を与えるか?どんな反応されるか?はたまた、決めたことが本当にできるのか?そんな考えが頭をよぎります。それでも、自分で決めることを選択するのか?そして、自分が望むことを選択できるのか?自分で決めたい。自分が望む選択をしたい。選択できることを気付かせてくれたコーチング。コーチングを体験する。これも選択です。
0
カバー画像

「幸せになれない人」の原因、意識が高い人ほど幸せになれない?

「幸福を追求すること。これこそが不幸になる主な原因である」エリック・ホッファーこの言葉を聞いてどう感じましたか?幸福を追い求めるほど、次から次へと不足を生み出していく。これはどこまで続くのか?どこかにある何かじゃなくて、いまある確かなものを味わい、満足する。この感覚を磨いていくことが本質的な幸福の追求かな、と思うんです。「ドラッグの問題が始まったのは俺が成功したのがきっかけ」ちょうどのこの記事のアイディアが浮かんだタイミングで、Quoraでこの言葉を目にしました。Mac Millerという天才的なラッパーの言葉です。この言葉を紹介いただいた方が添えていた成功者ほど「成功してる状態が当たり前」という認知が形成されると、色々と辛いことはあるんだろうなあって思ってこちらも今回の言葉を良く言い表してるな、と感じたものです。そしてこれは、Mac Millerなど成功者、著名人でなく、私たちにとっても普遍的なテーマじゃないかと。新たな可能性を切り開くためのチャレンジ、取り組みは素晴らしい。そこで得られるものも幸福に繋がるものだと思います。ただ、無理なく持続可能な「幸福体質」になるには…「足るを知る」今あるもの、状態と向き合い、そこに手応えと満足を感じられる感性が大切なんじゃないかとも思うんですよね。
0
カバー画像

幸せのヒケツ、アインシュタインが教えます

「穏やかで質素に暮らしたほうが、出世しようと始終あくせくしているより、幸福をもたらします」アインシュタインのメモが15億円で落札されたって話題ですよね。以前にもこういったことがあって、2018年の神についての持論を記したメモが約3億2000万円。そして今回のものは2017年、幸福な生活を送る秘訣に関するメモです。これは約1億8000万円で落札されています。冒頭の言葉はそのメモに記されているもの。1922年(大正11年)、いまから99年も前のものなんですよね、このメモ。だけど、今の時代にこそ、じゃないかと思うんです、この言葉。新しい時代の幸福論これまでの世の中は、生産性や効率を重視し、ムダを排除することを追究してきました。それがここ数年、自分らしさとか心地よさ、生きがいなどの幸福観が価値観として求められるようになった気がします。これまでムダとされてきたものが贅沢なものに。特にコロナ渦以降、ライフスタイル、価値観が変容し、急速に広がったように感じます。そこで冒頭のアインシュタインの言葉。出世、地位、名誉、お金、財産…こういったいわゆる地位財を無限に追い求めていくのに疲れ果てた方が多いのかもしれません。そして自分なりの心地よさ、楽しさ、喜び、幸福観、非地位財を求めるように。ちなみに私もコロナ渦以降価値観、人生観は大きく変わり、このアインシュタインの言葉にはとても共感します。(古代ギリシャ時代の哲学者、エピクロスという人がいるんですが、同じような考え方で私はそれを理想としています。)あなたは日々なにを求めていますか?日々の取り組みはどこに繋がっていきますか?今と未来に思いをはせた時、そ
0
カバー画像

「愛される人」に必ずなれる方法

「君が受け取る愛は、君が与える愛に等しい」(結局あなたが得る愛は、あなたが与える愛の量に等しい)これはビートルズ「ジ・エンド」という曲の歌詞です。愛される人になる方法、それは愛されたければ愛すること。…は?…ここでこのブログを去る方もいると思いますが(^_^;)もうちょっとお付き合い下さいね。愛は動詞7つの習慣で夫婦仲が冷えた男性のエピソードがあります。冒頭を読んで、あなたはこの男性のような気分になっていることでしょう。著者のスティーブン・コヴィーさんが講演をしていたところ、参加していた男性が出てきて夫婦仲についての不安を吐露します。「私は妻を愛していないと思うし、妻も私を愛していないと思います、どうしたらよいのでしょうか?」この問いに対しコヴィーさんは、「奥さんを愛することです。」…は?と男性はなるわけです。意味が分かりません、このアドバイス。ここでコヴィーさんは「愛は動詞なのです」と。愛は気持ちとか感情のイメージがありますよね。でも愛は具体的な行動である、と。あなたが愛されてないと感じていたら、誰かに対して愛のアクション(奉仕する、助けになる、寄り添う、話を聞く、共感する、理解する…)をとったか自問してみて下さい。あと大切なのは…愛を求めるというテーマと矛盾するようですが、見返り、損得求めた時点でそれは愛ではないですよ!無償の愛を注ぎ続けた結果、あなた自身が愛される体質になる。最後にオードリー・ヘップバーンの言葉で締めさせていただきます。「愛は行動なの」
0
カバー画像

「毎日に手応え、生きがいを感じてる人」の特徴は?

今回のテーマについてそのものズバリ、「生きがいについて」著者の神谷 美恵子さんの見解を用いてお話ししていきます。まず、人生の手応えや生きがいについて考える時、1.自分の生存は何かのため、またはだれかのために必要であるか。2.自分固有の生きて行く目標は何か。あるとすれば、それに忠実に生きているか。このような問いかけがなされるのではないかと神谷美恵子さんは言っています。そして人が最も生きがいを感じるのは、「自分がしたいと思うこと(やりたいこと)と義務(やるべきこと)とが一致したとき」であり、上記の問い1と2が一致した場合である、とうことです。この調和が崩れることは生きがい感はおろか、自分は何者なのか、何のために生きているのか、といった、いわゆるアイデンティティーを見失い、人は心身の健康を損ないます。毎日に手応え、生きがいを感じてる人はどんな人?「生きがい感」を一番感じているのは、使命感に生きている人です。これは、自分の存在意義を見出し、その役割を全うするための活動に日々取り組んでいる人、とも言えるでしょう。このような使命感に生きる人にとっては、たとえ使命半ばで倒れたとしても人生を全うした手応えを感じられるのではないでしょうか。それは、本質的かつ自分が正しいと信じた道を歩み貫いたからこそ。一方、そういった生きがい感を損なう人はどんな人でしょうか?それは先程述べたこととは逆に、やりたいこと、やるべきこと、いずれとも向き合うことなく日々過ごしているような人。言わば、自分に対して誠実でない、嘘をつく、正対しない…自分に対して合わせる顔も無いような人。何となく忙しく過ごして自分の本心、本質か
0
カバー画像

「好きなことで生きてる人」の最高峰!?

Quoraに「「こいつ、すごいわ!」って人はいますか?」という質問が出ていました。その回答がタイトルの人をイメージさせるのでシェアさせて下さいね。好きなこと、興味、関心、情熱を追究するのにストイック、そしてそれがライフワークになっている人ですね。スゴすぎなので、私はこの人の1/10くらいを目指そうと思っています(^_^;)作家の荒俣宏さんこの方、以前から気にしていました。ココに書き切れないくらいの功績がある方です。そして今回のQuora。Quoraにどんなことが書いてあったかというと…博物学への興味から「世界大百科事典」の翻訳にも関わり、自身も「世界大博物図鑑」シリーズを執筆、そもそもの博物学への興味と古書の収集癖が高じて本だけで1億4千万円の借金を背負うというイカレっぷり探究っぷりがマネ出来ないレベルですね(^_^;)しかも、その借金を帝都物語のヒットで得た印税で一括返済し、さらに残った分はこれまた1年で本だけで使い切ったという恐ろしいことをサラッと言っています。と、またやってるワケです。こんなエピソードも。珍品、名品、資料収集のために素人時代から世界中のオークションに参加しており、その費用を賄うために10年間のサラリーマン時代を1着のスーツだけで乗り切り、1日1食のインスタントラーメンだった時期もあった。探究のためのこのストイックさ。ここまではできない。だけど、好きなことで生きていく、ってのはこういうことだと見せつけられました。先に書いた通り、マネ出来るレベルではないのですが、少なくとも好きなことで生きていく姿勢を見習うことはできます。私はこれを読んでモチベーションがグッと
0
カバー画像

無理をしないで生きるって思って無理していたね

こんにちは。タロットをやっておりますmini ampです。タロットリーディングはかれこれ20年以上なんだかんだとやっておりました。最初は本当に中二病というか笑、ファンタジーや自分の知らない世界に飛んでいきたい、といった夢願望から興味を持ったのです。カードのもつたくさんの意味を勉強したり、神秘的なスプレッドをたくさん試したり、そんな時間は本当に楽しかったし、空想好きだった私の心を満たしてくれるものでした。何度も何度も同じことを占ってみたりして……。やればやるほどカードの暗示することを覚えていきました。もっとも、だれか他者を占ったことなどなく、もっぱら自分一人で没頭していたのですが……。しかし、大人になるにつれ、私の中のファンタジーはどんどん消耗していきました。ドラえもんはいない。魔法はない。アニメは嘘。うーん。多分私みたいな夢見がちな子供のままの大人ってきっと少なかったかもしれないですね。もちろん私も年を重ね経験を積むにつれ、子供のころのようなアニメや映画のような非現実的な世界が「ない」と、きちんと認識できていました。大人になるにつれて私にとって空想とはファンタジーとは偶然とはそしてタロットとはなぜ私は、根拠のない異世界や、タロットに、こんなにも惹かれたのか?それは別に危ない思考が強まっていたからではなく笑楽しくて、前に向けるきっかけになって、しかも面白いからでした。長くなりそう~~続きはまた次回に!!
0
カバー画像

「理想の自分」を探し続けて見つからない人へ

「人生は自分探しではない。自分を創造すること、それが人生だ」ジョージ・バーナード・ショー旅に出たり、勉強会、交流会に参加したり、新しいことを始めてみたり…なにか特別な体験などで自分探しを試みる。理想の自分はどこかにいるのかもしれない、どこかでなれるのかもしれない…なにかきっかけがあれば…でも見つからないんですよね。そう、理想の自分は探すのでなく一から自分で創る、創造するものだから。理想の自分を描いてそれを実現していく。これこそ人生そのものじゃないでしょうか。主体的に理想の自分、なりたい自分を作り上げていく。これほど人生に充実を感じさせるものもないのではないかと思います。「自分を創造すること」で気をつけたいことなりたい自分になること、自己実現こそ人生の目的。そう言っても過言ではないかもしれません。でも気をつけたいのは、それを追究するあまり孤立してしまうこと。自分の創造は、社会と繋がりのある形で取り組んでいきたいものです。孤立とは全く違うものだと思ってます。自分ひとりだけの満足(自己満足)、手応えは、限定的なものです。(それはそれで素晴らしいけど)人間は社会性を生存戦略とする生き物なので、特性が外向的であろうが、内向的であろうが、誰かとの関わりによって自分自身の価値を見出すところも少なからずあります。本質的は自分探しとは、自分の能力、強みを見出し、役立てることじゃないでしょうか?まず自分の持つ強み、才能、得意なこと(もれなく誰にでもあります)を見つけ、それを育て、活かす。そんな「理想の自分を創造すること」皆さんと一緒にやっていければと思います。
0