絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

43 件中 1 - 43 件表示
カバー画像

「俺の秘密基地」

【いざ柏へ】5歳の時幼稚園でやる勉強が嫌で母親に駄々をこねズル休みした。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪そしたら母親がいつもコッソリ友達と行ってる秘密のレストランにつれってってくれると言う。その場所はそごう柏店の回転する円盤の中らしい。俺はその円盤が少し怖かったけど中に入ってみたいという思いもありドキドキだった。柏に行くにはいつも各駅停車の千代田線を使ったε-(・д・`;)フゥ…当時三郷に住んでた俺は三郷駅から新松戸に出て柏方面電車に乗り換える柏方面に行く為には千代田線と常磐線があったが新松戸にだと特急の常磐線が停車せず各駅の千代田線で行くしかなかった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【おんぶより抱っこ】柏まで1時間位かけて到着すると母親の友達の「ちかちゃん」がいた。どうやら母親はちかちゃんも食事に呼んだらしい。ヾ(*´∀`*)ノちかちゃんはこの頃まだ独身で自由な時間が多く母親が遊びに行く時いつも一緒に来てた。俺はちかちゃんを見つけすぐに抱き付き抱っこしてもらった。ワーイ♪ヽ(*゚ェ゚*)ノ俺はおんぶより抱っこの方が好きだった。でも俺の母親はいつもおんぶばかりで全然抱っこしてくれなかった。なのですぐに抱っこしてくれるちかちゃんが好きだった。(((o(*゚▽゚*)o)))〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【ラロンド】そごうに到着して俺は外側から回転展望台を見たらショッカーの秘密基地みたいに怪しげなオーラを出しながら回ってた。俺は「あの秘密基地に突撃するのか」そう思って少し怖かった。アワワワワ(((゚д゚; )))ワワワワッそしてドキドキしながら回転展望台にエレベータ
0
カバー画像

今日の絵:おかあさんの温度

ずっと昔、あなたが世界を作り出す神様だった頃、あなたは忘れてしまったけれど、おかあさんはこうやってあなたをゆらゆらと眠らせてくれたのです。何もかも忘れてしまったけれど、心地よいまどろみに混ざり合ったなつかしさをあなたはずっと覚えているのです。
0
カバー画像

「母親の秘密基地」

【幼稚園学習】5歳の時三郷団地にある幼稚園の「天使幼稚園」に通ってた。この幼稚園は遊び以外にも勉強の時間があった。勉強内容は歴史上の人物の話や絵本の朗読や英語の勉強だった。歴史の勉強は絵が描いてある本を園児に見せて先生が説明をしていく。俺は歴史上の人物の事に興味が無くいつも眠くてウトウトしてしまった。((´-ω-`))ウトウト…でもこの歴史上の人物の勉強は先生に耳にタコができる位聞かされ強制的に覚えさせられる。特に何度も勉強させられたのは「一休さん」「ファーブル昆虫記」この2人の事をしつこく語られた。ε-(・д・`;)フゥ…〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【絵本の朗読】俺が楽しかった勉強は絵本の朗読だった。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°幼稚園の先生は俺の母親が読んでくれない絵本をたくさん読んでくれたので全部の本が新鮮だった。読んでくれた絵本は「桃太郎」「一寸法師」「大きなカブ」等それ以外にも全然有名でない絵本もたくさん読んでくれた。有名じゃない物で俺が凄くワクワクした本は「3匹のヤギ」と「バービーの隠れ家」この2つの絵本だった。この2冊の本は絵本を読んでくれてる時完全にその世界に入り込んでしまい妄想が暴走してしまう程。定番の絵本はお婆ちゃんがよく読んでくれてたので正直聞き飽きてたのだった。ヽ(゚`Д´゚)ノツマランそんな中全く知らない本を読んでくれると凄く新鮮で楽しい気分になれた。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【英語学習】英語の授業はなんと外人の先生が来てくれて我々園児に教えてくれた。英語を教える外人の先生は何故か夫婦で来てて2人で教える方法を取っていた。しか
0
カバー画像

#10 うりうりオーイェー♪ ✳︎絵本の紹介✳︎

はりねずみカフェのMochiです。本業は保育士。そして「今までの経験を活かし、何かできることはないか」とココナラで出品の準備をしております。さて、おすすめ絵本シリーズ 第二弾。今回も大人も子どもも楽しめる絵本。私の大好きなシリーズの紹介です。わにわにくん シリーズとにかくツッコミどころ満載。笑絵本にはオススメの年齢がありますが、このシリーズはどの年齢でも、何歳になっても楽しめます。年齢によってこの絵本の内容の捉え方が違うのも、読み聞かせをしていて楽しい瞬間です。ちなみにタイトルにある「うりうりオーイェー♪」はわにわにくんがお風呂に入り、シャワーをマイクにしノリノリで歌うという私の大好きな場面。野性のパワーを発揮しながら、マイペースに生活を満喫するわにわにくん。ワイルドでユーモラスな日常。私の理想とする生活です。
0
カバー画像

「子が見る朝日」

【ガンプラ人気】7歳の時三郷団地に住んでた。この頃丁度ガンプラブームの真っ盛りでおもちゃ屋にガンプラが入荷するとスグに売り切れてしまってた。その為子供がコッソリ学校を早退してガンプラを買いに行ってるのが問題になってきた。そしてPTAがこの事をおもちゃ屋に報告して対策を練ってもらう事になった。(# ゚Д゚)プンスコこの対策としておもちゃ屋は入荷したガンプラの種類と数の整理券を配る方法だった。この整理券には前日入荷したガンプラの種類が書かれてて先に来た人順に選べる仕組み。しかしこの整理券を配る時間は学校に行く前の朝の5時30分だった。。゚(●'ω'o)゚。ムニャムニャ〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【気合の早起き】ある日俺はガンプラを買いに行くとおもちゃ屋から整理券制になったのでそれが無いと買えなくなったと聞く。しかしその整理券が配られるのは朝5:30分からとの事だった。俺は起床時間の6:00に起きるのでさえ眠すぎて非常に大変だった。・゚・(*ノДノ)・゚・ムニャムニャなのに朝5:30分から整理券が配られるなんて非常に酷な話だった。アワワワワ(((゚д゚; )))ワワワワッしかし俺は!ガンプラをどうしても買いたいので朝5:30分に間に合う様に朝5:00分に起きる覚悟を固めた!おもちゃ屋にガンプラが入荷する日は毎週水曜日の夜。そして木曜日の朝に整理券が配られその日に販売された。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【甘い考え】俺は木曜日の朝5:00に起きる為目覚ましをかける事にした。そして朝目覚ましが鳴り強引に起きておもちゃ屋に向かった!フゥε-_●/|_この時凄く眠
0
カバー画像

「神の雑草」

【三郷駅】5歳の時埼玉県の三郷団地に住んでいた。この頃の最寄り駅は三郷駅と言う所で今ある三郷団地のすぐそばの新三郷駅が無かった。三郷駅に行くにはバスをか車を使わないとかなり遠い距離になる。歩いて行くと片道30分位かかってしまい往復1時間もかかる。( ´Д`)=3 フゥでも三郷駅には百貨店の「ヨーカドー」があり江戸川土手もあった。その為我が家のリムジン初代「スズキアルト」で三郷駅によく出かけてた。そんなとある日曜日江戸川土手に遊びがてらヨモギを取りに行こうという事になる。(´∀`*)ウフフ〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【段ボール置き場】今の時代土手でヨモギを取るなんて不衛生だからそんな事しない。でも当時はヨモギや野イチゴや琵琶なども土手に行けば普通にあったのでみんな取りに来ていた。そして我々は駅前の駐車場に車を置きヨーカードーの段ボール置き場に向かう。この段ボール置き場は土手滑り様の段ボールがわざわざ分けて置かれてて非常に助かる地域密着サービスた。俺は毎回ここから土手滑り様の段ボールをありがたく調達して向かう。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪。そして俺は土手に到着すると早速土手滑りを始めた。よもぎ取り作業は嫌いなので母親に全部任せる事にしてた。(っ´▽`)っ))ヨロチク〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【自由落下】土手滑りするとき俺は自分の体重が軽くてうまく滑って行かない事を知っていた。なのでいつも2歳になる弟のヨッチを膝に乗せ重りの代わりにして滑ってた。ヾ(*´∀`*)ノこれは弟が1歳の時からやっててこの頃のヨッチは膝の上にのせても全然怖がらなかった。しかし2歳
0
カバー画像

日記「食卓ライブ」

【ビーフシチュー】一昨日母親がビーフシチューを作ってきてくれた。ヾ(*´∀`*)ノこれは以前母親が「何か食べたいものあれば作るよ~」そう言ってたので作ってもらった。しかし!このビーフシチューはビーフシチューじゃ無かった!俺が以前母親に伝えた注文は「牛肉が食べたいからビーフシチューとか作ってほしい~」こう伝えてみた。そして母親が持ってきたビーフシチューはなんと!肉が鳥のむね肉ジャマイカ!ギャァァァァァァー!∑(゚Д゚ノ)ノそこで俺は母親に「牛肉食べたいと言ったのに肉が牛肉じゃない~」そう苦情を申し立てた。そしたらこう言われてしまう。「何言ってるの!昔から我が家のビーフシチューは肉の鳥のむね肉でしょ!」と〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【鳥のむね肉仕様】確かにお金が無くて我が家のビーフシチューと言えば肉の鳥のむね肉使用だった。でも俺は確か「牛肉が食べたい」と伝えたはず。だからメインが牛肉でおまけがビーフシチューだったのだ。しかし母親はその真逆にとらえてしまいビーフシチューがメインになってたのだ。ショボ──(´・ω・`)──ンその事を母親に伝えると「それじゃ牛肉が食べられればビーフシチューでなくても良かったの?」こう言ってきた。なので俺は「牛肉が食べたいから何とか牛肉料理作ってよ~」そう伝えておいた。そして昨日母親が約束通り牛肉料理を持ってきてくれた!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【食欲我慢】母親が持ってきてくれた牛肉料理は牛肉のワイン煮込みだった!これは俺が大好物の料理でなんと!400gもある!*゚。+(n´v`n)+。゚* ワーィ
0
カバー画像

育児中のストレス発散法を紹介!

こんにちわ。Risuです(*^^*)「毎日家事・育児をこなして自分の時間がない。」そんなストレスフルな日々を送っていませんか?ストレスフルな状況が長期間続くとママの心・身体の健康にも影響してしまうので少しずつ発散しため込まない事がとても大切です。そこで、今回は「育児中のストレス発散法」をテーマにお話していきます。育児中のストレスの原因ホルモンバランスの乱れ慣れない育児睡眠不足・休養不足出産後はホルモンバランスの乱れる事でママ達は「精神的に不安定になりやすい状態」になります。そのため・ちょっとした事でイライラする・落ち込むと気持ちの波で心が疲れやすくなります。特に産後1カ月~3カ月は慣れない育児睡眠不足など様々な状況が重なり「産後うつ」になりやすい時期です。赤ちゃんだけでなくママの心身も大切に過ごす必要があります。では実際にママ達が実践しているストレス発散法を次にご紹介していきます(*^^*)好きな物を食べる&飲む多くのママ達が指示する方法がなんと「食事」。手軽で自宅でもできるストレス発散法です。甘い物や時にはジャンクフードなど自分へのご褒美として食べる方が多いようです。母乳栄養を進めている人は自分の食事について厳しくしがちですがそこまで気を張らなくてOK!週1回。1日1個などルールを決めて食べるのがおすすめです♪外出する・食事に行く・お散歩する・買い物に行く家だけでなく外の空気を吸う事も心身には大切な事です。赤ちゃんが外出できる月齢になったら、一緒にお散歩をしたり、お買い物にいってみましょう。もし、1人での外出の方が気楽に動けるのであれば、1日だけ旦那さんや身内に赤ちゃ
0
カバー画像

「母達遊戯」

【俺専用衣装】5歳の時幼稚園のお遊戯会で演技する「北風と太陽」の衣装を母親達が分担して作る事になった。俺の母親は太陽役5人の内3人分作り何とか仕上げた。*゚。+(n´v`n)+。゚* ワーィ♪太陽の衣装のデザインは同じ太陽役の衣装を作る人と大体こんな感じと決めたみたいで設計図に起こしてなかった。そんな衣装のデザインだからほとんど母親の想像で作った完全オリジナルの物が完成した。この衣装は首から下が全身黒タイツで前後全体を覆うポンチョ型の赤いマントを着る衣装だった。そのマントの長さは太ももまであって腕を動かしずらい。( ´Д`)=3 フゥしかしサイズは俺の体のサイズピッタリに合わせて凄く着心地が良かった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【違う衣装】翌日早速幼稚園に持って行きもう1人の衣装を作ってくれた人とデザイン合わせを行った。そしてお互いが見せた衣装はなんと!はっきり違う所があった!その場所は赤いマントの長さだった。( ゚Д゚)エエエエ!俺の母親の赤いマントは俺の太もも位まであるのに対しもう1人の人のマントの長さは胸位までしかない。しかしもう衣装を作り直してる時間もなくもうこの衣装でやるしかなかった。幼稚園の先生がこの衣装を見た時「全然違うじゃない!」そう言ってビックリしてた!ギャァァァァァァー!∑(゚Д゚ノ)ノこうなった原因は母親がもう1人の衣装を作る人と仲があまり良くなくて細かい打ち合わせをしなかったせい。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【知らない相手】以前俺は衣装を2人で作る事を母親から聞いてもう1人の母親の子と友達になりたいと言った事がある。前から俺は
0
カバー画像

「自分はダメだ」と落ち込むママへ!初めての育児で知ってほしい5つの心得!

こんにちわ。Risuです(*^^*)育児をやっていると、・なんでこんな事もできないの?・周りのママは上手にやっているのに。・私なんてママに向いていないと落ち込む事ってありますよね。初めての育児はママの「心と身体」「生活の環境」全てが過酷な状況だと思います。そんなママに向けて、ぜひ知ってほしい「育児をする上で5つの心得」をこれからお話しようと思います。記事を読んでもらえれば、・自分はダメじゃない・みんな同じ気持ちなんだとほんの少し心が軽くなるはずです(*^^*)このままほうっておくと「産後うつ」など育児が出来ないくらいボロボロの状態になる可能性もあります。そうならないためにも、ぜひゆっくりと読んでもらえたらありがたいです。では早速ですが「育児をする上で5つの心得」がこちらになります♪1.妊娠・出産・育児を乗り越えた。 それだけでママは十分えらい!女性はある程度の年齢になると・結婚・出産・育児それが普通だと思われています。この考え方に関して私はすごく疑問に感じます。その理由としては「出産」がママにとって命がけのイベントだから。【出産~出産後のママの状況】・腰が砕ける程の痛み (鼻からスイカとも言いますよね)・長い人だと10時間以上の陣痛・陣痛に耐えたのに結局帝王切開・分娩時に股が切れる・必要時切られる・多量の出血で貧血状態・出産後も傷やお腹の痛みに耐えるこの後に育児をするのがどれだけ過酷な事か。実際にやってみないと想像はできないはずです。しかも、妊娠の時点でも「つわり」もありますし「妊娠高血圧」「妊娠糖尿病」など妊娠により起こる病気も沢山あったはずです。妊娠・出産・育児をしているマ
0
カバー画像

「母親遊戯」

【お遊戯会】4歳の時幼稚園のお遊戯会で「北風と太陽」と言うのをやる事になった。「北風と太陽」とはイソップ童話の物語。あらすじはある時北風と太陽が力比べをする事になった。ヾ(*´∀`*)ノそこで北風と太陽どちらが旅人の上着を脱がせられるのか?と言う勝負をする事になった。まず北風が力いっぱい風を吹いて旅人の上着を吹き飛ばそうとした。( ´Д`)=3 フゥ-!しかし旅人は風が寒くて上着を飛ばされない様にしっかりと押さえてしまった。そして北風はその後も猛烈に風を吹いたけど結局旅人の服を脱がせる事ができず失敗に終わってしまった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【太陽役】次に太陽が旅人に向けて熱い日光をサンサンと照りつけた。ι(´Д`υ)アツィー☼☼☼☼すると旅人は猛烈な暑さに耐え切れず自分から上着を脱いでしまった!そしてこの勝負は太陽の大勝利となった!(((o(*゚▽゚*)o)))こんな物語を幼稚園のお遊戯会でやる事になる。役の決め方は先生が全部決めてしまい選択の余地が無かった。そして決められた俺の役は太陽の役だった。太陽の役と言っても1人じゃなく5人も太陽役がいた。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【衣装作り】そしてお遊戯会の衣装制作する事になるが幼稚園の先生の中に裁縫が出来る人が居なかった。今ならレンタルするのかもしれないけど当時そんな衣装のレンタルやなんて無く全部手作りしないとならない。そこで先生達は生徒の親たちを集め衣装を作ってくれる人を募った。アツマッテ~( ^∀^ )しかし親たちはあからさまに衣装作りを嫌がってる。(´・д・`)ヤダそれもそのはず普通お遊戯
0
カバー画像

親であること、子であること

 病院の待合室に続く通路で、大柄で屈強な男が老婆の手を引いて導いていた。老女は腰も深く曲がり歩くのも覚束ないが、黙々と男に従っていた。髪に白髪が混じり始めたこの大男と親子であろうか。 男は老女の歩幅に合わせ、目的地への道のりに少し苛立ちを抱えているようだった。ときおり老女に厳しく注意している。それは注意というより怒りに近いものだった。 その姿を傍で見ている身には、もう少し優しく言えないものかと嫌な光景を見た気分だ。しかし、その時の男の母親を見る目はどこか悲しげだった。ままならぬ老女への怒りではなく、年老いてしまった母への不合理な苛立ちと寂しさがあったかもしれない。 手を引かれる老女には、もう自分がこの子の手を引いた記憶はないだろう。今手を引いている息子にも、この母親に手を引かれ駄々をこねていた自分の姿も、記憶の隅にもないかもしれない。 恥かしいけれど、たまにはそんな自分と母親を思い出してみよう。 小さい頃、母親とつないだ手には、あたたかさがあった。何があろうと自分はここにいていいんだという安心感が得られた。子供にとって親は唯一のものだった。逃げ場と言えるかもしれない。 母親が老いた今、はたして自分は母親が安心感を得られる逃げ場となっているのだろうか。 親であること、子であることをたまには思い出したい。
0
カバー画像

「空と風と100円」

【早起き】6歳の時の日曜日休日なのに寝坊せずいつも通り朝6時に起床してた。この頃はまだ土日休みが存在せず週1回日曜日だけが休みだった。その週1回だけの休みなのになぜ寝坊しないで朝6時に起きてたのかは深い訳があった。それは再放送のマジンガーZを見たい為。((o(*´∀`*)o))わくわく♪このマジンガーZの放送時間が朝6時から放送してた。(ΦωΦ)ふふふ・・・・チャンネルは「U」チャンネルと言う地方放送専用チャンネルで放送してた。この時住んでいた場所は埼玉県だから「テレビ埼玉」と言う放送局だった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【ブラウン管テレビ】この頃家にあったテレビは30型のブラウン管テレビ。チャンネルは今の様なリモコンなんてなく回転ダイヤル式のチャンネル。チャンネルの下には受信電波を設定するダイヤルがありこれでチャンネルの周波数を設定した。電源スイッチは音量ダイヤルと兼用でそのダイヤルを引っ張ると電源が入る。更に当時住んでいた三郷団地には最新設備のアンテナ線が部屋の中に通っていた。このアンテナ線のおかげで個別にテレビアンテナを用意せずテレビを普通に見る事が出来た。ヾ(*´∀`*)ノでも当時の俺は背が低くてテレビチャンネルが背伸びをしないと届かなかった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【開放感】俺は精いっぱい背を伸ばしてUチャンネルに変えて大好きなマジンガーZを見た。この時間は父親も母親も弟も寝てて家の中で起きているのが俺1人。(^ー^* )フフフ♪俺にとってこの静かな家の中の状態が世界に自分1人だけが存在してる気がして凄い開放感があった。この開放
0
カバー画像

思い出「最高の食パン」

【パンの朝食】6歳の時朝ご飯がお米からパンに変わった。その訳は俺と弟がお米よりパンが良いとわがままを言ったからだった。ヾ(≧Д≦)ノパンガイイ!母親もご飯を炊くよりパンを焼く方が手間が少なく何より安上がりだったのでわがままを聞いてくれた。何故我々兄弟がお米よりパンが良いと言い出したのかは喫茶店で食べた「バターロール」が凄く美味しかったからだった。当時母親はたまにママ友と喫茶店にお茶をしに行くその時つれってってもらいバターロールを食べさせてもらった。そのバターロールはこんがりと焼いてあった。それにバターを塗って食べてみたらもうほっぺが落ちるほど美味しい。(*´Д`)y-~~~ウマー!〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【食パン】俺は喫茶店で食べたバターロールのあの美味しさが忘れられなくて朝ご飯にパンを食べたいと言い出した。でも朝食に出てきたのはバターロールでなく食パンだった。(´・ω・`)ショボーンこのとき母親に「なんでバターロールじゃないの!」と文句を言ってみた。そうしたら「バターロールより食パンの方が安いから特売の時バターロールを買うよ」そう言われてしまった。当時手作りパン屋でパンを買ってたけど食パンの方が確かに安いが食パンって味気なくて好きじゃ無かった。この時売ってた食パンは50㎝の食パンが「500円」で買えた。ヾ(*´∀`*)ノパターロールは10個で「800円」と結構高い。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【好みの味】当時パターロールの値段が高くたまにしか食べられなかった。しかしパンが良いと言った以上食パンでも我慢しないとならない。(ノД`)シ
0
カバー画像

「入浴ダンス」

【タンスの浴衣】10歳の時引っ越してきたばかりでお風呂が製作中で入れず銭湯通いをする事になった。最初の数日は私服で銭湯に通ってた。しかしある時母親が浴衣をタンスの中から出してきた。そして母親が「これから銭湯に行く時だけ浴衣を着て行こう!」そう言われてしまった。俺はなんで浴衣に着替えるのか?不思議で仕方なかった。(。´・ω・)?この事を母親に尋ねると「銭湯に行く時は浴衣と決まってるの」そう答えていた。俺はよく解らない理由だけど仕方なく銭湯に行く時だけ浴衣に着替えて行く事にした。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【浴衣で銭湯】母親がタンスから出してきた浴衣は家族全員の分あった。そしてこの日から我々家族はわざわざ銭湯に行く時だけ浴衣に着替えて行く事になった。しかも下駄までちゃんと用意されてる。俺はなんで浴衣なのか父親にも聞いてみた。そうすると「新築に引っ越してお母さんはウキウキしてるんだ」そう言っていた。俺からすれば新しい学校に行くとこが不安で全然嬉しくなかった。しかし母親の嬉しい顔を見るとどうも以前いた三郷団地のしがらみから解放されたという喜びがあった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【ウキウキな親】引っ越しに関しては父親も通勤時間がなくなった嬉しさでウキウキしているようだ。((o(*´∀`*)o))♪我々家族はおばあちゃんの面倒を見る代わりに仕事場の2階に引っ越してきたから父親の通勤時間が0秒。このとき俺は「都合が良い事になって親たちは嬉しそうで良いな」そう感じてしまった。そんな両親を見て「これから新しい学校で俺は馴染む苦労があるのに気楽で良いな」そう思
0
カバー画像

「爆笑銭湯」

【未完成の風呂場】10歳の時新しい家に引っ越してきた。でも引っ越してきたばかりの時はまだお風呂場が完成してなかった。(;゚Д゚)そのおかげで2週間ほど毎日銭湯通いをしないとならなかった。でもこの時銭湯なんて滅多に行った事が無くあの大浴場に行ける事がすごく嬉しくてしょうがない。今までたまに銭湯に行く時はお婆ちゃん家に家族で泊まりに来た時だけだった。それ以外だと2歳の時住んでいた西川口のアパートが風呂無しだったから毎日銭湯に通っていたくらい。その為銭湯なんて凄く久しぶりの場所だった。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【銭湯の狭さ】久しぶりの銭湯に行くとお風呂が大きくて凄く嬉しい気分になった。この頃の銭湯はまだ番台が設置してあって番台の人が男風呂と女風呂の間にあり両方確認できる場所にあった。でもここに座っている人はいつもお婆ちゃんだったので誰も恥ずかしがってなかった。お風呂場に入るときちんと富士山の絵が描いてある。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°俺はこの富士山の絵を見てテレビで見た憧れの銭湯と同じでワクワクしてきた。そして木の椅子を取って好きな場所に座った。しかし桶にお湯を貯めて体にかけたら隣の人に飛び散ってしまう。[風呂]*ノ∇ノ)キャッ♪〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【暗黙のルール】この時「おとなしくお湯を浴びないと迷惑になる」と学んだ。この時お風呂場の大きさに開放感があったけど意外に周りに気を遣う事に気ずく。でも周りの人のお湯も結構俺に飛び散ってきたから「ある程度なら平気なんだ」と感じた。そして体と頭を洗い終わり湯船につかると結
0
カバー画像

「逆襲のヨッチ」

【立ち歩き】4歳の時俺に1歳半の弟がいた。弟の名前は義明だったから俺は「ヨッチ」と呼んでた。この頃のヨッチはやっとつかまり立ちが出来る程度。でも立つとすぐに倒れてハイハイしてしまう。ハイハイ_l⌒l0そんな状態だからある時母親がおもちゃ屋で「ベビーウォーカー」を買ってきた。そのベビーウォーカーは木製でタイヤが付いていて捕まって押すと前方についてる木彫りの犬が上下に動いた。俺はそのベビーウォーカーの犬の動きが好きでヨッチが歩く練習をしている時毎回木彫りの犬の動きを眺めてた。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【スグ倒れる】ヨッチはベビーウォーカにつかまり歩く練習をするとスグに倒れる。* ・・(o_ _)o ドテッ!そしてまたベビーウォーカにつかまり歩き始めるとまたスグに倒れる。そんな事を繰り返してヨッチが歩く練習をしてた。この時俺は「よくこんなに何度も倒れて痛くないもんだな~」と感心して見てた。ヨッチは数歩あるいてスグ倒れる。そしてまた数歩あるいてスグ倒れる。俺はヨッチのそんな姿を見てたらだんだんすごく面白くなってきた。(^ー^* )フフ♪〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【あんよ】ヨッチは立ち上がってベビーウォーカにつかまり数歩あるいてスグ倒れる。俺はそのヨッチの姿をみていたらだんだん凄く面白くなってきた。ヾ(≧▽≦)ノアハハハ!この時母親がヨッチの姿を見て「あんよがじょうず~ドッテ~ン」と声をかけて歩かせていた。俺もそれを真似してヨッチの歩く姿に対し「あんよがじょうず~ドッテ~ン」と声をかけていた。そしてその姿を見て大笑いしていた。'`,、 '`,、
0
カバー画像

思い出「透明・迷子」

【百貨店】9歳の時埼玉県の三郷団地に住んでいた。この頃三郷駅に「イトーヨーカドー」があった。このイトーヨーカドーは三郷市民にとって百貨店みたいな位置付け。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°なので高い買い物をする時はみんなイトーヨーカドーで買い物をした。しかもこのお店は欲しい物がない時取り寄せてくれて送ってくれる。ワーイ♪ヽ(*゚ェ゚*)ノまさに何でも買える三郷団地市民にとって夢の百貨店だった。でも三郷団地から三郷駅に行くには徒歩じゃ遠すぎて行けず車を使わないとならない。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【遊技場】ある日我々家族はイトーヨーカドーに買い物に行って来た。ここに来ると我々兄弟は真っ先に屋上につれってってもらう。それは屋上に遊技場があったからだった。+ (o゚・∀・) + ワクワクテカテカ +その遊技場にはなんと!無料で乗れるゴーカードがある!ワァ─o(´・∀・`)o─ィ♪我々兄弟は毎回それが目当てでイトーヨーカドーに行くのが凄く楽しみだった。いつも母親に屋上につれってってもらい我々がゴーカードで遊んでいる間母親が買い物を済ませてくる。そして1時間くらいすると母親が迎えに来てくれた。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【駄菓子】買い物が済むと屋上に母親が迎えに来て帰る時に必ず「綿菓子」を買ってくれた。\(^_^)/\(^_^)/その綿菓子は砂糖を真ん中に入れて自分で作るタイプの綿菓子機。しかも1回50円と安くその綿菓子機で母親が1回で我々兄弟2人分を作ってくれた。綿菓子の量は見るからに少なめだった。(´・ω・`)ショボーン(´・ω・`)ショボーンでも母親の綿菓
0
カバー画像

思い出「憧れと・目標」

【少ないお小遣い】8歳の時お小遣を毎月500円もらってた。この頃のクラスの子達はみんな1000円位もらっている。俺の家だけ他の子達より全然少ない。(´・ω・`)ショボーンこの事に非常に不満でよく母親に値上げ請求をしてたが全部却下されてしまう。(;д;)グスン仕方ないので俺はこの500円で我慢するしかなくいつもお金が欲しい欲が湧いていた。でも貯金を全然しなくてお小遣いをもらうとスグに全部使ってしまった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【たまるシール】俺のお小遣いの使い道は「ガンダムシール」だった。当時ガンダムシールの値段は4枚入りで20円。このシールを俺は毎週100円分5セット20枚買っていた。(ΦωΦ)ふふふ・・・・ガンダムシールを買う楽しみはなんと!当たりが出たらシールを張ってコレクションできるアルバムをもらう事が出来た!俺はこのアルバム欲しさに毎週欠かさずガンダムシールを買ってた。しかし全然アルバムが当たらずシールだけどんどんたまってく。しかも同じシールのダブりまでいらないのにどんどんたまって行く。(´Д`)アァァァ〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【アルバム】とある日俺はいつものようにシールを買ってその場で開けて当たりを確認してた。この時「今回も当たらないんだろうなぁ~」そう思い込んで完全に諦めていた。しかし毎週買っていた成果が出たのかとうとうアルバムが当たった!(ノ≧∀)ノわぁ~い♪俺は嬉しくてその場でスグにアルバムに変えてもらった!そして家に戻り大量に溜まったガンダムシールをアルバムに貼りまくった!(´∀`*)ウフフッアルバムは番号が振っ
0
カバー画像

母親の年齢における子育ての違い

現代は昔と違って、いわゆる『結婚適齢期』 というものが無くなっている?ように感じるので、お母さん方の年齢も非常にまちまちです。 昔、それこそ昭和の時代には『結婚適齢期』というものがありまして、まぁ20代前半~半ばくらいを言うでしょうか。なので20代後半にもなると、「あら、誰々さんちのナントカちゃん、まだお嫁に行ってないんですってよ」 みたいに噂されることもありました(笑) そして、30歳からの出産は、『高齢出産』と呼ばれていました。 現代では35歳~になりましたけどね。 ホント、今では40歳くらいで産む方も結構いて、保育園にお子さんを預けているお母さん方も、年齢に幅があります。 母親の年齢によって、子育てや子どもに違いはあるのかというと…。 環境や個人の性格による部分が大きいため、一概に若いお母さんだからとか、年齢が上のお母さんだからとかで、くくることができません。  「え~、なんだー」 って声が聞こえなくもない(笑)ので少しだけ私見を書きますと…。 ◆若いお母さん 長所→アクティブで前向き、一生懸命 短所→自分の都合を優先にしがち 若いママは明るく前向きで、子育てを頑張っているのが伝わってきます。 ちょっと勢いに任せてる部分も否めませんが、素直に話を聞けますし、 「じゃあ、こうしよう」 と工夫していこうとする姿勢が見えます。 しかし、子育て以外にやりたいことがたくさんあるようで、自分のやりたいことや都合を優先させてしまう部分もあります。 ◆若くない(←スミマセン)お母さん 長所→余裕をもって子育てできる 短所→子どもを甘やかしがち それなりの年齢のママは、心は勿論のこと、経済
0
カバー画像

思い出「2択の死闘」

【最新ワープロ】9歳の時我が家にワープロがやってきた。ヾ(*´∀`*)ノこのワープロはキャノンの最新技術が詰まったワードプロセッサーだった。そのワープロは「キャノン α100」と言うワープロ。このワープロはパソコンと違いワープロ専用機。ブラウン管モニターとフロッピーディスクを入れる場所が一体化している。そして専用キーボードとプリンターが付いていた。(o'∀'))フムフムプリンターも今の物と違いフィルム写真と同じ方式で文字を印刷するインクリボンという物を使ってた。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【文章革命】俺はこのワープロが珍しくて当時すごくお気に入りだった。(≧▽≦)パソコンがあったけどパソコンだとゲームをするかプログラムを打つ事しか使い道がない。しかしワープロは日本語の文字を入力して文章が書ける!(*ノ≧∀)ノ俺は今まで文章を書くのは全部手書きで書いていた。そんな中キーボードで文字を入力すれば手書きより遥かに上手な字で文章が書ける事に感動してしまった。当時日本語入力媒体がワープロしか無い時代だった。そんな時代のワープロはパソコンよりはるかに画期的なテクノロジーだった。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【2択アドベンチャー】俺はこのワープロが珍しくて毎日のように使っていた。しかし俺は文章を書く事がこの頃から苦手だった。なので適当に文字を打って遊ぶしかなかった。(´・ω・`)ショボーンでもある時学校で正解か不正解の2択で進むアドベンチャー本が流行っていた。この本はページを読み進めていくと2択の問題が出る。そこで間違うとそのアドベンチャーが失敗になった。( *・
0
カバー画像

思い出「届かぬ思い」

【ガラガラメリー】1歳の時のうっすらとした記憶。この頃は高島平団地に住んでいた。この頃の俺はあかちゃん用ベッドに寝かされていた。スヤスヤ( ´ー`)そのベッドの横には赤い小さな傘かがありそこから赤と黄色の造花がたくさんぶら下がってる物があった。名前は「ガラガラメリー」と言いそれを回転させるとぶら下がっている花々が回る物だった。俺はこのガラガラメリーが回り出すと凄く楽しい気分になって嬉しい気持ちが込み上げてきた。でも母親はこのガラガラメリーをたまにしか回してくれなかった。(;д;)グスン〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【ストレス】俺はガラガラメリーが回転する時の喜びを直感的な感覚で味わっていた。でも母親はなかなかガラガラメリーを回してくれない。(# ゚Д゚)y-~イライラその事に俺は赤ん坊ながらにストレスを感じていた。しかしこの頃まだ言葉が話せず自分の意思を伝える事が出来なかった。そんな気持ちの中たまにガラガラメリーを回してくれるとものすごく嬉しくてたまらない。そのせいで全然眠る事が出来ずずっとガラガラメリーを眺めていた。(´・ω・`)ショボーンもしかしたら母親はガラガラメリーを回すと寝ないからあまり回してくれなかったのかもしれない。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【届かないひも】俺は自分の気が向いた時にガラガラメリーを全然回してくれないからだんだんイライラしてきてしまった。しかしまだ言葉も話せず自分で起き上がる事も出来ずどうする事も出来なかった。俺は何度かガラガラメリーを回してくれる内に真ん中のひもを引っ張れば回るとなんとなくの感覚で理解
0
カバー画像

【あなたは何を求めてる?】

 「他者の存在を認知している」、つまり、  「あなたがそこにいることを私は知って  います」、という意味の「ストローク」。  人は人の中でしか生きられない生き物で  あるが故に否定的ストロークで心的問題  が蓄積しても「ストローク」への欲求は  喪失せず求め続ける(ストロークの法則)  とされるが、身体的(肌の触れ合い)・  非言語的(表情・動作)・言語的(言葉)  という3種類の「ストローク」の中から、  相手が求めている「ストローク」を選び、  それに応じた接し方をすることは難しい。 ────────────────────  大の大人でも自分の気持ちや考えを正確  に伝えることのままならない人は多いが、  適切な手段を持たず立場も弱い子供なら  尚更だ。以前、私が入っているLINE  グループでも現実に起こっている問題と  して対策が話し合われたことがあったが、  親の関わりが不足していたり、関わり方  に問題がある場合、子供は、他者に暴言  を吐いたり乱暴な態度を取ることで心の  中にある満たされない何かを周囲の人に  分ってほしいというサインを出してい