ポスター・看板デザイン(官公庁・士業)

ポスターや看板デザインを依頼するならこちら。ポスターデザインや看板デザインの仕事を、実績のあるグラフィックデザイナーに依頼できます。DMでの見積もり・相談は無料です。

カテゴリタイプを選択

28 件中 1 - 28 件表示
28 件中 1 - 28

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

200種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

ポスター・看板デザインの評価・感想

2022-11-27 13:15:09
男性
by 男性
依頼するのは初めてだったのですが、依頼して本当に良かったと思っています。 対応は丁寧で早く、非常に満足のいく納品をしていただけました! 機会があればまた依頼させていただきたいと思います。 ありがとうございました。
2022-11-26 12:43:27
梅田敦子
by 梅田敦子
看板デザインとロゴ、QRコードのカッティングシートを作成して頂きました。 イメージ通りのデザインを作成して頂き、とても満足しています。 やりとりをしているうちに、デザインだけではなく、看板作成もできるという事で、アルミ複合看板を頼みました。 全部頼んでとても助かりました。 また、何か作成する時は、お世話になりたいです。
2022-11-25 15:26:49
女性
by 女性
ポスターをお願いしました。最初に伝えたイメージ通りのイラストを描いてくださいました。文字入れなどの細かな変更もすぐに着実に対応してくださり本当に助かりました。文章だけのやり取りですが言葉も優しく、イラストにもお人柄が現れているように感じます。最後まで安心してお任せすることができました。ありがとうございました。
2022-11-21 22:10:16
xchdエース
by xchdエース
今回も大変お世話になりました。 迅速に気持ち良く対応して頂いて、非常に良い物を作って頂きました。お願いして本当に良かったです。 こちらは、スムーズに対応出来ずに申し訳ありませんでした^_^ またお願いすることが120%あると思うので、その際にはまたよろしくお願い致します。 本当にありがとうございました。
2022-11-21 16:52:50
女性
by 女性
イベントで使う幕のデザインをお願いしました。 細かい要望にも快く対応していただけて感謝いたします。 初めての取引だったので、修正無制限だったところも心強かったです。 またデザインをお願いするときにはお声がけさせていただこうと思います。

直近で購入されたサービス

「旗、懸垂幕、横断幕、のぼりその他データ作ります by mieha 」が購入されました。

ポスター・看板デザインを依頼するならココナラ

お店の集客やイベント告知に役立つアイテムの代名詞である、ポスター・看板。ポスター・看板と聞いて、あなたはどのようなものをイメージするでしょうか。駅に貼ってある広告のポスターや、映画館に貼ってある作品のポスター、また、大学や就職転職イベントなどでよく目にする採用・求人ポスター。看板だと新店オープンの際に見かける方も多いのではないでしょうか。

ポスターは、複数の人の目に留まりやすいため、話題をつくるという面では効果てきめん。看板は、店舗の入り口上部に「お店の顔」として掲げるものや、歩道から見やすく設置して入店をうながすもの、移動可能で気軽に店頭に置けるスタンド型のものなど、用途によってさまざまです。看板はどれもお店のイメージを凝縮しているものなので、ひと目見ただけでどんなお店なのかがわかるようにする必要があります。このように、ポスターと看板はどちらも集客に役に立つ大切なツールですが、効果的なデザインを選ぶことでより集客力を高めることができます。

そんなポスター・看板の制作を検討しているあなたにおすすめしたいのがココナラ。ココナラなら、希望の予算・納期に見合う出品者が必ず見つかります。

<目次>
1:依頼する前に知っておきたい!ポスター・看板の基本
2:ポスターデザイン制作のコツって?
3:看板デザイン制作のポイント
4:より集客力がアップするポスター・看板デザインとは
5:ポスター・看板デザインをココナラで依頼するメリット
6:ポスター・看板デザイン依頼時のポイント、コツ

依頼する前に知っておきたい!ポスター・看板の基本

ポスター・看板デザインをココナラで依頼するメリットとしては大きく2つあります。

1.ポスターの用紙の種類
ポスターによく使われる代表的な用紙は、コート紙と呼ばれる光沢紙です。ポスターは壁に貼ったり、照明で照らすことが多いため、それに適したコート紙がよく使用されています。写真の表現が綺麗に再現される点など、色彩表現に適しているところが特徴です。一方で、コート紙は光に反射するので屋外用のポスターには不向きであると言われています。さらに価格が他の用紙に比べて高めで、鉛筆やペンなどで書き込みができないことから、コート紙よりも光沢感を抑えた用紙がマットコート紙を使用するケースも。写真よりも文字などの情報がメインのポスターの場合は、上質紙が使われます。コピー用紙と近い質感で、インキが滲んでしまうため、写真印刷には不向きと言われていますが、グラフィックや文字情報がメインのポスターではよく利用されています。

2.看板の設置場所
看板にはいくつかの種類があります。デザインはもちろん大切ですが、店舗の大きさや目的、設置場所によって使い分けるのがベストです。それに対応するような、形の違う看板がいくつかあるので、一覧でまとめてみました。

・壁面看(ビル壁面 / ガラス面)
置き場所が必要なく、ビルの壁にも取り付けられる

・自立看板(店舗前 / 店舗までの通り道)
材質はスチールやアルミなので傷みにくい埋立型

・突き出し看板(店舗上の壁面 / 専用の支柱)
壁面から少し突き出した形状をしており、場所を伝える

・スタンド看板(店舗出入口前 / 立ち入り禁止区域)
移動式で収納もできる小型看板

・プレート看板(店舗壁面 / ビル壁面)
・ガラス面出力シート(店舗のガラス壁面 / ガラスドア)
ガラスにシートを張るだけなので費用が安い

・特殊成型看板(設置場所は用途による)
イメージに合わせた四角形、円形以外の看板

・テント看板・垂れ幕看板(店舗前上部 / 店舗壁面)
雨除け・日よけ効果があったり、つけ外しが簡単

特定の場所に看板を1つ設置するのが一般的。また、店舗の大きさや形状によって適切な看板のサイズは異なります。大きければ大きいほど目立つのは間違いないのですが、大きければ何でもOKと言うわけではありません。参考にすべきは店舗の広さです。店舗の広さに合わせて看板を作れば、通行人が入口を見失ったり、ひと目につかないといった問題はなくなります。あくまでも大切なのは宣伝効果。看板だけ目立つようにしても意味がないことを覚えておきましょう。

デザイナーのプロフィールページには、過去に制作した実績がいくつか掲載されていますので、イメージに合ったものを探してみましょう。

ポスターデザイン制作のコツって?

ポスターは一目で情報を伝えて、見る人の興味を引きつけなければなりません。そのため「見やすい」ことは、効果的なポスターを作るための基本中の基本。まずはポスター制作の基本として、見やすさを重視した作成のコツをご紹介します。

1.ポスターを制作する目的をはっきり決めておく
ポスター制作を始める前に「なぜポスターを作るのか」「そのポスターを見た人にどう感じて、何を思ってほしいのか」など、目的をはっきり決めておきましょう。目的ごとに効果的なデザインやレイアウト、キャッチコピーは変わります。デザインや見た目のカッコよさばかりが先行してしまうと、ポスターが完成したときに「何を伝えたいポスターなのかわからない」という結果になることも。一般的にポスターを作る目的には、下記のようなものがあげられます。v
<ポスターを作る目的>
・商品の「販売」
・イベントやお店への「集客」
・イベントやお店のオープンなどの「告知」
・商品やお店、ブランドの「認知拡大」

2.伝えたいことを箇条書きにメモしてみる
いきなりデザインを始めるのではなく、最初に決めたポスター制作の目的から、掲載すべき内容を箇条書きにしていきます。このとき、優先順位をつけながら書き出すと、デザインやレイアウトを行うときに情報の取捨選択が効率的になります。優先順位がはっきりしていれば「この情報を1番目立つように掲載しよう」「この情報はポスターに載せる必要はないかな」など、制作がスムーズに進みます。

3.メリハリをしっかりつけてレイアウト、デザインしていく
レイアウトやデザインは、2で箇条書きにした情報の優先順位に沿って決めていきましょう。例えばイベントのポスターなら、最も重要な「イベントのタイトル」は1番大きく目立つようにレイアウトします。

もちろんタイトルを目立たせることは、誰でもピンとくるでしょう。しかしそれ以外の情報をどの位置に、どのくらいの大きさで追加していくのかが重要になります。イベントタイトルの次に優先順位が高い「日程」や「開催場所」などは、タイトルの次に大きく目立つように配置しましょう。必ず伝えたいこと(伝えないと目的が達成できない情報)は大きく、それ以外の情報は欲張らずに小さく載せるなど、メリハリをつけたレイアウトやデザインが重要です。

看板デザイン制作のポイント

看板はイメージカラーやコンセプトが大事。よりおしゃれな看板にしたいのなら、店舗や会社のイメージカラーやコンセプトを明確にしましょう。店舗の内装や雰囲気に合わせてもいいですし、何か大切にしている素材や品質の色を採用してもいいでしょう。雰囲気に合わせた字体選びも、同時に考えておくとベストです。パッと見てその店舗や会社の雰囲気が伝わることが、看板にとって一番大事な役割なのです。

1.店舗の情報を整理して活かすものを選ぶ
看板は、おしゃれなデザインであれば人目を惹きます。しかし、おしゃれなだけでは看板本来が持つ役割が果たせません。必要最低限の情報を盛り込み、その店がどんなところなのかがわかるようにしなければならないのです。店舗の情報だけではなく、ロゴやイメージ写真を盛り込んでもいいでしょう。看板を目にした人が「ここは○○屋なんだな!」とわかってもらえるようなデザインを心がけることが重要です。

2.情報の詰め込みすぎはNG
ただし、何でもかんでも盛り込んでしまうのはよくありません。看板は、言い換えればキャッチコピーのようなもので、情報盛りだくさんでは何も伝わらなくなってしまいます。載せる情報を厳選しておくのがベストです。お客さんがどの情報を欲しているのかを、しっかりと考えておくといいでしょう。そうすれば、自然と看板に載せるべき最低限の情報が決まっていきますよ。

より集客力がアップするポスター・看板デザインとは?

ポスターや看板は集客に役に立つツールですが、より効果的に集客するために、デザインのどういった点に気を付ければよいのでしょうか。ポスター、看板それぞれの特徴を見ていきましょう。