絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

100 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ20「苦手な業務」

みなさん、こんばんわ^^ビジネスパーソン向けサービス提供中のeryncoです★前回のブログでは「ストレスに気付く」についてお伝えいたしました。今回は仕事を円滑に進めるコツ20段!「苦手な業務」についてお伝えしたいと思います♪みなさんは、苦手な業務ってありますか?私は、いわゆる”ルーティン作業”が苦手です。・アイデアがいらない・決めたれたことを忠実に再現する・黙々と淡々とこなしていく。。”ルーティン作業”にはそんな”静”の仕事の印象があり・・・頭をフル回転させる・アイデアをジャンジャン出す・ゴールに向かって突き進む!このような”動”の仕事が大好物な私は”ルーティン作業”をしていると段々と頭が痛くなってくるのですwしかし、”ルーティン作業”も時として対応する必要がありますよね。そんな時は、苦手な業務を楽しい業務へ切り替えるこんな意識で、あるゲームをしています。名付けて”効率化ゲーム”※ネーミングセンスのなさはご愛嬌ですw”アイデアがいらない単純な作業”から”アイデアを駆使した楽しい作業”に意識を切り替えるイメージです。「今日は30分で仕上げるぞ!!」という簡単な目標を立てて、・どうすれば、時間をかけずに作業ができる?・どうすれば、もっと簡単に作業ができる?こんなことを自問自答しながら、いかに効率を上げられるかゲーム感覚で作業をするようにしています。このゲームをし始めてから、・あれ?これって本当はもう必要なくない?・もっとこんな風にしたら良くなるかも?・あ!このツールを使えばもっと簡単にできるんだ!・あの部署に協力してもらえば、更に良いものが作れそう!などなど様々な発見ができるように
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ19「ストレスに気付く」

みなさん、お久しぶりです^^ビジネスパーソン向けサービス提供中のeryncoです★少し時間が空いてしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?私はこのお休み期間、自己スキルアップのため、様々な勉強をしておりました。ますますパワーアップしてサービス提供できればと思いますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします♪さてさて、前回までのブログでは「仕事を円滑に進めるためのコツ」をシリーズ化してお届けしておりました!マイペースな更新になってしまうかもしれませんが、続きを少しずつお伝えできればと思います♪▼前回ブログ:「不明点への対処法」今回は仕事を円滑に進めるコツ第19段!「ストレスに気付く」についてお伝えいたします♪仕事を進める上で、少なからずストレスを感じていらっしゃる方多いのではないでしょうか?「ストレスなんて感じない」「仕事が楽しい」と感じていらっしゃる方も精神的なストレスはないかもしれませんが、時間の拘束や業務負荷などで体はそれなりにストレスを感じていると思います。「仕事を円滑に進める」ためには、スキル的なものも大切ですが、最も大切なのは「ご自身の体」です。・精神的なストレス・肉体的なストレスどちらのストレスも「体の不調」としてサインが出てきます。そんなご自身の体のサイン、みなさんは敏感にキャッチできているでしょうか?「このくらいなら大丈夫」「少し疲れているだけ」こんなふうに体のサインを見逃してしまっていませんか?体の不調は「SOSのサイン」です。体からのSOSを感じられるのは、あなただけ。小さなSOSも見逃さず、適切な対処をしていきましょう!ではどのように対処
0
カバー画像

«各パーク!»ディズニーのファンタジーな世界観に浸れるおすすめレストラン#19

こんばんは!楠木詩織です^^*今日はディズニーランド・ディズニーシーで食べてる間も世界観に浸りたいならココ!というこどもも大人も喜ぶようなそれぞれのパーク内で世界観なら1位なんじゃないかというディズニー感あふれるファンタジーなレストランをご紹介してみたいと思います^^*どうぞお付き合いくださいましたら嬉しいです♬◎ディズニーランド編◎ファンタジーランド【クイーン・オブ・ハートのバンケットホール】◎ディズニーシー編◎マーメイドラグーン【セバスチャンのカリプソキッチン】それぞれこのレストランが私の【世界感的】オススメです!まず、ディズニーランドの【クイーン・オブ・ハートのバンケットホール】は”ふしぎの国のアリス”をテーマにしたレストランになっています。音楽も、・映画を見てきた方ならおなじみの音楽が可愛くアレンジされてメドレーになってかかっているし、・観ていなくて知らなくても楽しめるようなワクワクした音楽に、写真映えもする可愛い空間でごはんが食べられます(*´∀`*)*(※こちらはプライオリーシーティング制(事前予約制)でないレストラン。)こちらのレストランなのですが、大体のレストランはレジで注文して受け取ったりビュッフェスタイルのレストランが多い中で【バフェテリアサービス】という名の受け取り方をします。料理が流れに並んだ流れに沿い選びながらお皿を取っていくので大人でも子どもでも頭の中混乱しがちっ!!ディズニーの公式HP(アプリでなくHP!)からレストランを検索すると、メニュー一覧も観られるようになっています。このレストランは事前にどんなものがあるか軽くチェックをおすすめします^^*
0
カバー画像

【再掲載】新商品はいつ作る?〜PLC(プロダクトライフサイクル)の見極め方〜

こんにちは、ノジーです。皆さんは新しい商品の企画や作成はどのタイミングで考えますか?今回は商品企画・開発をするタイミングを図るための参考として、PLCについて書きたいと思います。うまくいけば競合より早いタイミングで主力商品を出せるかもしれません。ぜひご覧ください。PLCとは?PLCとはプロダクトライフサイクルの略であり商品または事業の成長を導入期・成長期・成熟期・衰退期に分解して段階分けしたものです。一般的にマーケティングの書籍やブログ等では「PLCはどういうものか」と言う内容しか書かれていませんが、重要なのは自社の主力商品が現在どの位置に置かれているかを知ることです。今回はその把握の仕方を記載したいと思います。PLCの測り方測り方は3つ程あると考えています。1つ目は商品の売上成長率で測る方法。当該商品の売上成長率が上昇傾向である内は、市場成長期及び市場成熟期と判断できます。しかし売上成長率にばらつきがあったり減少傾向のままであった場合、導入期や衰退期であると考えられるでしょう。2つ目は当該商品が身を置く市場の成長率で測る方法。当該商品が存在する市場の成長率をリサーチを行い、前年比や期間成長率を鑑みて把握します。ここで注意しなければならないことは、業界全体が伸びていても、市場(定義した市場。わからない場合はご連絡ください。)が成長していなければチャンスは少ないということです。3つ目はGoogleトレンド機能を使った測り方です。Googleトレンドでは、対象ワードの検索推移を見る事ができるので、過去5年計測で当該商品もしくはそれに近いワードのトレンド傾向を調べて把握できます。※直
0
カバー画像

阿蘇ファームランド

熊本でGWと言えばここも訪れたい場所!「阿蘇ファームランド」!スパや宿泊施設、アスレチックにお買い物、お食事も出来る複合施設です!運動・食事・癒し・宿泊・体験・買物いっぺんに楽しめます!熊本ではGW以外でも定番の人気スポットで、デートといえば、一回くらいはみんな行っているスポットです。ベアたんはここにあるオルゴール屋さんとドクターフィッシュ体験のところが一番好きで、ゆっくり時間があるとよく行っています。中にある元気の森というアスレチックは何と1万平坪の自然の森や谷を活かして造られた大自然の中の運動装置で、シニアから子供まで楽しめるようになっています!キングスライダーという、ものすごく大きな滑り台があります。キングスライダーは別料金がかかりますが、ヘルメットや手袋や、滑るための麻袋などを貸し出してくれるので、手ぶらで行って楽しむことが出来ます。食事は地元阿蘇の、赤牛が楽しめるお店や、ビュッフェのお店もあります。赤牛が楽しめるお店はキノコのお店なので、キノコもたくさん楽しめます!お店は色々あるけれど、オススメなのは、阿蘇ミルクファーム。とっても大きいお店で、熊本の色々なものや、自慢のASOMILKで作ったものなどが揃っています。このお店ですっごく美味しいジェラートが食べれます!世界各国のチーズも扱ってます(*´ω`*)家族でもデートでも楽しめる施設なので、ぜひ訪れてみて!(*´ω`*)
0
カバー画像

チンゲン菜の栄養

チンゲン菜は中国原産の野菜の一つです。春と秋、両方に旬を迎えますが、春の旬は3から5月です。チンゲン菜の栄養・βカロテン体内で必要に応じてビタミンAになる、ビタミンの前駆体です。抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。髪や視力の維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。・カリウム細胞外液に多いナトリウムと相互に作用しながら、細胞の浸透圧を維持したりします。細胞に欠かせないミネラルです。・カルシウム生体内に最も多く存在するミネラルです。骨や歯などの硬組織に存在しますが、血液、筋肉、神経などの軟組織にもイオンや塩として存在する、とても大切なミネラルです。・ビタミンC毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きの他、日焼けを防ぐ作用や、病気に対する抵抗力を高める働きがあります。最近は抗酸化作用が注目され、がんや動脈硬化の予防や老化防止に役立つと言われています。・鉄赤血球の材料となり、全身に酸素を運ぶ役割を担うミネラルで、不足すると貧血などを起こします。 鉄は、細菌や植物、動物などあらゆる生物に必要であると言われています。なにか噂によるとチンゲン菜の食べ過ぎは身体によくないとか噂があるらしいですが、特にそういった話は聞きません……何事も過度がよくないだけです。チンゲン菜は火を通してもシャキッとしたその歯ごたえが人気です。チンゲン菜のスープ(2人分)・チンゲン菜 1枚・生姜 一かけ(チューブでもOK)・白ごま 小さじ2・鶏ガラスープの素 小さじ1・サラダ油 塩コショウ 適量1.チンゲン菜は葉と茎に切り分ける。茎は幅を半分程度に切り、長さも半分程度に
0
カバー画像

ベアたんの出品オススメメニュー

昨日までご依頼のスタンプ画像を描いていました。今猫絵のセールもしているんですが、オススメしたいのはLINEスタンプの画像。ベアたんがスタンプ画像を作成しますので、ご自分で登録して使っていただくというものです。スタンプの登録の仕方がわからなければベアたんが教えることができますので、簡単に自分の好きなスタンプを作ることが出来ます。絵柄やタッチ、動物など、様々なものを選ぶことが出来ます。パソコンがないという方にはスマホで登録しやすいように描くことも出来ますので、ご注文の際におっしゃっていただければと思います。実際ご注文頂いた方は、毎日愛用されているとのお話を伺っています。毎日使うものだから、こだわりたいですね。出来上がったスタンプ画像をスタンプに登録する際に、有料で販売することを選ぶことが出来ますので、ご自分で販売することが可能です。売れても追加料金などはいただきません。ベアたんの今のイチオシメニューです!(*´ω`*)
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ18「不明点への対処法」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「スキルアップ法」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第18段!「不明点への対処法」についてお伝えいたします♪みなさんは、仕事で何か不明点があったとき・・どう対処されていますか?・ネットで調べる・過去の資料を確認する・分かるまで考える・誰かに聞くなどなど様々な対処方法があると思います。一番やってはいけないことは・・不明点をそのままにすること誰にだって知らないことや疑問点はありますよね。特に、新しい業務や新しい環境では不明点がたくさん出ることは当然のことだと思います。しかしながら、・聞くのが恥ずかしい・面倒くさい・今更聞けないなどの理由から不明点をそのままにして”知っているふり”や”分かっているふり”をしていると・・いずれどこかのタイミングで必ず綻びが出ます。そして、その綻びは大きな問題点として浮き彫りになることがほとんどです。なので、分からないことや疑問なことがあったら・・すぐに確認しましょう!!!!!まずは大原則、自分で調べてみることが必要ですが、自分で調べても分からなかったら、どんどん質問しましょう!!!職場では、みなさん忙しくされていると思うので、”質問できる雰囲気ではない”こともあるかもしれません・・そんな時は!!相手の都合を事前に確認して、予め時間を作ってもらうようにすると良いと思います^^不明点がたくさんあるときは、業務もなかなか円滑に進みません。なので、できるだけ早いタイミングで不明点を解消して知識をどんどんつけていきましょう!!分からないことがあったらすぐに確
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ17「スキルアップ法」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「言動に責任を持つ」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第17段!「スキルアップ法」についてお伝えいたします♪仕事を円滑に進めるためには、ご自身のスキルアップが一番の近道です!スキルアップをして、業務の質を上げれば、自然と仕事は円滑に進みます。では、スキルアップはどのようにすれば良いか。スキルアップのための勉強方法は・・自分に合っていれば何でも良いです!読んで字の如くですが・・自分が学びやすく、スキルアップが”少しでも”できるのであれば、勉強法は何でも良いのです!一昔前までは、ビジネス本やビジネス講義が主流でした。しかし今では、「ビジネス系のSNS」が発達していて、”YOUTUBE”や”Instagram”などで手軽にビジネススキルを学べるようになりましたよね。しかも無料!!なので、本を買ってまで・・高い講義を受けてまで・・そう思う方は是非お手軽なコンテンツを利用してみてください^^しかし!無料でお手軽な情報には落とし穴も。。SNSは素人の方(あまり知識がない方)も見よう見まねで投稿できるツールですから、”本当に正しい情報なのか”は疑う必要があります。情報の取捨選択して、自分のスキルに不足している正しい情報を得ることができれば、無料でも有料でもどちらでもOK♡自分のスタイルでスキルアップしていきましょ^^\最後にお知らせ★/”ココナラ最安値”の各種サービス大好評受付中です^^少しでも気になるサービスがありましたら、お気軽にメッセージいただけると嬉しいです♡あなたのビジネスライ
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ16「言動に責任を持つ」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです♪前回のブログでは、「効率を上げる〜その3〜」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第16段!「言動に責任を持つ」についてお伝えいたします♪業務を円滑に進めるコツとして、仕事仲間とのコミュニケーションが重要です。コミュニケーションを良好に保つためには、相手との信頼関係を築くこと。相手との信頼関係を築くためには、「日頃から自分の言動に責任を持つこと」がとっても大切です♪大袈裟なことではなく、あなたの”何気ない言動”で相手との信頼関係は強固なものにもなれば、脆くなることもあります。信頼関係を築くポイントは、相手の特性を考えて”相手に合った”コミュニケーションをとること。例えば、残業続きで疲れている同僚に対しての行動。同僚のAさんは・雑談をすることでリフレッシュできるタイプ同僚のBさんは・一人の時間でリフレッシュしたいタイプこの異なるタイプの2人に対して、あなたがとるべき行動は何でしょうか。”良かれと思って”Bさんに話しかけ、雑談で疲れを取ろうとしても・・Bさんはそういうタイプではないですから、リフレッシュどころか余計疲れさせてしまうかもしれませんね。このように、あなたの気遣いが必ずしも正しいわけではなく、「逆に迷惑になってしまうことがあるかもしれない」ということを十分に理解したうえで、相手への対応を考えましょう。人にはそれぞれの価値観が存在しています。機械と違って、人間には取り扱い説明書はついていませんから、相手のことをよく観察して「相手にとって何がベストなのかを考え、言動していくこと」これこそが良好
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ15「効率を上げる〜その3〜」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです♪前回のブログでは、「効率を上げる〜その2〜」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第14段!「効率を上げる〜その3〜」についてお伝えいたします♪<おさらい>効率を上げる方法:3パターン!①自動化で作業を減らす(前々回)②1つ1つの作業効率を上げる(前回)③誰かにお願いする本日は誰かにお願いするについてお伝えいたします!自動化して、苦手な作業も克服して、自分でできる範囲で業務効率を上げたけど・・それでも業務が追いつかない。そういったこともきっと起こっているのではないでしょうか。そんな時、みなさんどう対処されますか?とにかく必死に頑張る!これもとっても大切ですが、人の時間は平等に24時間しかないですから、どんなに頑張っても一人で対処が難しい場合があります。そんな時は迷わず誰かにお願いしましょう!・自分の業務を誰かにお願いするのは気が引ける・誰かを頼ることで、評価が下がってしまうのではないか・仕事ができない人って思われそう・なんか逃げている気がするなどなどマイナスに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは一切ありません!逆に、お願いすることができずに業務がスタックしてしまう方がよっぽどマイナスです。なので、躊躇せずにタイミングよくお願いすることを心がけましょう!お願いする時のポイントは、・明確に依頼内容を伝えること・丸投げしないこと・スキルレベルにあった依頼をすること特に「明確に依頼内容を伝えること」がとってもとっても重要です!”言わなくても分かるだろう”は絶対NG!!自分の想像通りに仕上
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ14「効率を上げる〜その2〜」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです♪前回のブログでは、「効率を上げる〜その1〜」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第14段!「効率を上げる〜その2〜」についてお伝えいたします♪<おさらい>効率を上げる方法:3パターン!①自動化で作業を減らす(前回)②1つ1つの作業効率を上げる③誰かにお願いする本日は1つ1つの作業効率を上げるについてお伝えいたします!みなさんは、ご自身の苦手な業務と得意な業務はありますか?得意な業務と苦手な業務ではかかる時間が大幅に違いますよね。。”得意な業務”は苦なく作業時間もかからずに対応でき、”苦手な業務”はそれに比べて時間もかかるのではないでしょうか?もうお気づきかもしれませんが・・効率を上げるために必要なことは苦手業務を攻略し作業時間を短縮させること!そのために苦手分野にとことん向き合い、訓練を重ねていきましょう!当然ですが、得意な業務と同じくらい苦手な業務も”苦なく効率よく”進められれば、自然と全体の効率も上がります^^いくつか苦手な業務がある方は、1つずつ苦手業務を克服していきましょう!克服する方法のオススメは・・得意な人にコツを聞きまくること!!!そして、その人のやり方を徹底的に真似してみることです♪人の成長過程では、「真似」は必要不可欠なもの★生まれたての赤ちゃんも、周りの人の真似をして成長いきますよね^^最初はうまくできなくても、すぐに上達しなくても大丈夫です!!自分のペースでコツコツと着実にスキルを磨いていきましょう♡中には、何回チャレンジしてもどうしても克服できない苦手な業務があるかもし
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ13「効率を上げる〜その1〜」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「メールのポイント」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第13段!「効率を上げる〜その1〜」についてお伝えいたします♪仕事を円滑に進めるためには、「効率を上げる」ことが一番の近道です^^効率を上げる方法は3パターン!①自動化で作業を減らす②1つ1つの作業効率を上げる③誰かにお願いする本日は自動化で作業を減らすについてお伝えいたします!みなさんの業務の中で、自動化して作業を減らせるものはないですか?今は本当に便利な世の中ですから、様々な作業が自動化できるようになっています。例えば、・Excelの集計作業・メールの自動送信・PPT作成などなどちょっとインターネットで検索すれば、たくさんの解決策がヒットすると思います。あなたの仕事の中で、時間のかかる作業は何ですか?面倒だからとついつい後回しにしてしまう作業はないですか?そして、それは自動化できないものですか?まずはご自身の業務を棚卸しして、自動化できそうなものを見つけてみましょう!全てができなくても、ほんの一部分でも自動化できれば、大きな時間削減につながるかもしれません!毎日30分時間が短縮できれば、1週間で150分(30分×5日間)1ヶ月で600分(30分×20日間)1年で7,200分(30分×240日間)これだけの削減につながるのです!そして、あなたの部署に同じような業務で悩んでいる方がいれば・・その人数分だけ効率化ができ、どんどん削減できる時間が増えていきます!ちょっとしたアイデアで効率化できる業務は意外とたくさんあります。
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ12「メールのポイント」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「焦らない」についてお伝えいたしました!今回は、仕事を円滑に進めるコツ第12段!「メールのポイント」についてお伝えいたします♪みなさんは仕事をしている時、1日に一回は「メールでの連絡」をご対応されているのではないでしょうか?しかしながら、今はメールが当たり前になりすぎて、・お作法・注意点・ポイントなど詳しく教えてもらう機会が少ないのではないかと思います。そこで今回!改めて「メールの注意点」についてお伝えしたいなと考えました★ここから本題^^メールはとっても便利なツールですが、使い方を一歩間違えると相手との信頼関係が一気に崩れる可能性がある非常に難しいツールです・・・このことを理解して使っている人とそうでない人とでは、「仕事との円滑さ」「上げられる成果」は大きく異なってきます。メールは、相手の顔を直接みることはできません。さらにビジネスでは、絵文字や写真などを使って、感情を表現することもできません。つまり、相手の受け取り方によって、その文面の意図が変化してしまうのです。あなたの意図・意志とは関係なく、相手の受け取り方で印象が変わるって・・とっても怖いツールですよね。では、何が重要か。それは「相手の立場になって考えること」・相手の業務の習得度・相手の忙しさ・対応しているタスクの重要度・確認しやすい時間帯・求めている情報・情報は読みやすい分量かなどなど考え出すとキリがないですが、兎にも角にも相手の立場になって考え、配慮することがとっても重要なのです!みなさんは、相手のことを配慮したメールが送れています
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ11「焦らない」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「周りへの影響を考える」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第11段!「焦らない」についてお伝えいたします♪みなさんは、”理想の自分”ってありますか?例えば・・仕事を円滑に進められるようになりたい!成果を常に上げられるようになりたい!とか「こんな風だったらいいなぁ」「あの人みたいになりたいなぁ」など具体的なものから抽象的なもの、本気度も様々かもしれませんが・・一度は”理想の自分”を考えたことがあるのではないでしょうか?みなさんが考えた”理想の自分”なれるものなら、”お手軽に””できるだけ早く”近づきたいですよね^^でもこの考え、実は要注意なのです!それはなぜか。理想の自分になるためには、近道はなく、着実に1歩1歩進むしかないから。そして、その過程は途方もなく時間がかかります。世の中には、”手軽にスキルアップ!”などの謳い文句で広告しているビジネス講座などがたくさんありますが・・その講座を受けた人が”手軽に”理想のスキルアップができることはほとんどないのではないでしょうか。。(絶対に何らかの努力は必要ですよね)今の現実に不満や不安やもどかしさを感じているとき、ついつい結果を早く求めてしまいがちです。しかし・・”ちょっと知識をつけただけで””ちょっと行動しただけで”急に仕事ができるようになったり、急に仕事が円滑に進むようになったりはしないのです。。ではどう行動していけばよいか。①理想の自分と現実の自分の差を知る②差を埋めるための知識を得る③行動する④振り返る⑤改良してまた行動する
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ⑩「周りへの影響を考える」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「こだわりを捨てる」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第10弾!「周りへの影響を考える」についてお伝えいたします♪自分が与える周りへの影響度を考えたことはありますか?これは、業務に限ったことではありません。・行動・発言・態度なども含みます。行動・発言・態度は直接的に業務に結びつかないと思われがちですが・・円滑に業務を進める上では非常に重要な要素なのです!例えば、隣の席の人が椅子にだらしなく座り、やる気のなさそうな態度で、ずっとブツブツ文句を言いながら業務をしていたら・・あなたはどのように感じるでしょうか?きっと、いい気分になる方は少ないと思います。このように、・座る姿勢・パソコンを打つ仕草・言葉遣い・匂いこのような細かい言動1つ1つでも、周りの人に影響を与えているのです。そして、あなたの言動は気づかないうちに周りに伝染していきます。前向きな態度・ポジティブな言葉を常に使う人が集まる部署と後ろ向きな態度・ネガティな言葉を常に使う人が集まる部署があったとしら、どちらが円滑に業務を進められ、成果を上げることができるでしょうか?答えはもちろん前者!前向きな態度・ポジティブな言葉を使う部署ですよね。つまり、1人1人が周りに与える影響を考え、行動していくことが重要なのです!いきなり全員が変わることは難しいかもしれませんが・・あなたの意識が周りの方に変化を与えることができるかもしれません!ぜひ、良い循環を周りに広げてください^^明日からすぐに意識できる内容ですので、参考にしていただけると
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ⑨「こだわりを捨てる」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「フラットに考える」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第9弾!「こだわりを捨てる」についてお伝えいたします♪みなさんには大切にしている「こだわり」はありますか?・キリの良いところまで仕事をしたい・順序立てて物事を進めたい・与えられた仕事は何が何でもやりきりたい・メールは10分以内に返す・自分のペースを崩したくない・毎日12時までには寝たい・食事をするときには必ず野菜から!などなど大きいことから小さいことまで、人それぞれこだわりを持っているのではないでしょうか?私もたくさんのこだわりを抱えて生きてきました。ここでみなさんに質問です!「そのこだわり本当に必要ですか?」特に仕事に関するこだわりについて、改めて考えてもらいたいです。こだわり=プライドと言っても良いかもしれません。もしかしたら、あなたの「こだわり」が仕事を円滑に進めることの妨げになっているかもしれません。社会人生活が長くなってくると、色々な方々と出逢います。私が出会ってきた中で、いわゆる「仕事ができる人」は”こだわりを持っていない人”がほとんどでした。仕事ができる人(=成果を上げる人)の共通している特徴として、「出来事に対して柔軟に取り組めること」が挙げられます。「柔軟に取り組むこと」は一見簡単に見えますが、なかなかできることではありません。※柔軟に取り組むこと=自分の意志を持たず周りに流されることではありませんのでご注意を・過去の経験・さまざまな事例・自分のこだわり・固定概念など、さまざま要素に邪魔をされて、柔軟に
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ⑧「フラットに考える」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「過信しない」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第8段!「フラットに考える」についてお伝えいたします♪何かを決める時・案件を進める時には大抵の場合、関係者が揃い会議を行いますよね。様々な年齢・社歴・経歴を持つ方々と一緒に意見を擦り合わせしながら進めていくことになると思いますが・・・「言いたいことがあるけど不安で発言できない」「○○さんがああ言ってるから、別の意見があるけど黙っておこう」など感じたことはないでしょうか?まだその業務を任されて間もないとき社歴が浅いときなどなど、そのように感じることもあると思います。そんなとき意識したいのは、「仕事に絶対的な正解はない」ということ。仕事は、その時・その案件・そのメンバー毎で正解は変わります。つまり「その時々で何が最適なのか」を考えることが非常に重要なのです。そして、社歴や職務歴が長い方が「最適」の正解を常に持っているとは限りません。その案件の本質を捉え、どうすれば効率良く、より成果を上げられるかをフラットに考えた時・・「こっちの方が成果を出せるかも?」と感じたら、どんどん意見を出していきましょう!もしかすると、意見が採用されないかもしれませんが・・あなたの意見で周りの考えが変わることがあるかもしれません!成果を出すことに、年齢・社歴・職歴は全く関係ありません!フラットな考えを持ち、「どうすれば成果を出せるか」を常に考えていれば、どんな案件でもうまく進んでいきます。社歴や経験が長い方も「自分の考えはフラットになっているか?」「最適な
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ⑦「過信しない」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「相手の状況を考える」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第7段!「過信しない」についてお伝えいたします♪仕事を進める中で誰かと意見がぶつかった経験、みなさん一度はあるのではないでしょうか。そんな時、どんな気持ちになるでしょうか?話が通じなくてイライラしたり・・相手のことが嫌いになったり・・否定された気がして落ち込んだり・・どちらかというと、マイナスな気持ちになることが多いのではないかと思います。誰かと衝突したときにマイナスな気持ちになる原因は・・自分が正しく、相手が間違っていると感じているから。”相手の意見が絶対に間違っている!”そこまで思っていなくても・・「自分が正しい」前提で物事を考えていると、相手から反対の意見が出たとき、マイナスな感情を抱くことがあります。果たして、自分の意見は本当に正しいのでしょうか?もしかすると、自分のことを”過信”しているかもしれません。「そんなことない!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが・・「無意識にそう考えてしまっているかも?」と冷静になれるかがとても重要なのです!自分を過信せず、謙虚な心を持っていると、無駄な衝突が起きずに円滑に物事を進めることができます!意見がぶつかるような場面だけでなく、普段から「過信していないか」を意識することで、自分の行動を変えることができますので、是非参考にしてみてくださいね^^\最後にお知らせ★/各種サービス大好評受付中です^^少しでも気になるサービスがありましたら、お気軽にメッセージいただけると嬉しいで
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ⑥「相手の状況を考える」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「本質を理解する」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第6段!「相手の状況を考える」についてお伝えいたします♪仕事をする上で、相手の状況を考え行動することは、非常に重要です。今は在宅ワークも多くなってきているので、相手の状況を把握するのは少し難しい状況ではありますが・・こんな時だからこそ十分に注意して行動するのが吉!!例えば、何かの確認をしたい時、相手の状況(予定)など考えずいきなり電話をしてしまったことはないでしょうか?慌てている時や、急ぎ確認が取りたい時などは特に電話で話した方が自分にとっては楽ですよね。しかし、ここで注意が必要です。特に電話は、時間を拘束することになりますので、相手の状況を確認しでた上でかけるのがマナー!”今電話できる状況なのか”共有されているカレンダーがあれば、事前に必ず確認しましょう!もし相手の状況がわからない場合は、メッセージなどで確認してみるのも良いですね♪少し回り道のように思いますが、ワンクッション入れた方が意外とスムーズに事が進むことが多いです^^電話だけでなく、メールや会議のタイミングなども相手の状況に合わせた対応ができるとなお良いですね♪相手が”忙しい人”であればあるほど、気を付けたいところ!(いわゆる”偉い人”は忙しい人がほとんどですよね)こういった気遣いは、意外とできていない人が多いので、周りと差をつけるポイントにもなりますよ♡「相手の状況を考えて行動する」ひとつひとつは本当に小さいことですが・・この積み重ねが相手との信頼関係を築くこ
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ⑤「本質を理解する」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「指摘と否定の捉え方」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第5段!「本質を理解する」についてお伝えいたします♪みなさんは仕事をする時、その業務の「本質」って考えたことありますか?^^業務ひとつひとつには「本質=本来の目的」があり、これを理解することが非常に重要です!本質を理解せずに仕事を進めると「ただの作業」となり、本来の目的を達成することが遠のいてしまいます。逆に、常に「本質」を意識して業務をすると、業務が円滑に進み、本来の目的を達成し、自然と高い成果を上げられるようになるのです!例えば、「データ集計」という業務があったとします。何も考えずに言われたことをただやるだけか。=依頼されたデータ集計だけ実行して終わり。それとも「本質」を理解して取り組み、言われたこと+アルファの価値を提供するか。=データ集計+本質(本来の目的)に沿い、 必要なデータを考え、 付随したデータも併せて提供する。 言わずもがなですが・・成果を上げられるのは、圧倒的に後者ですよね。ではどのように本質を理解すれば良いか。重要なことは、その業務について、よく考えることです。「データ集計」という作業1つとっても、考えるべきことはたくさんあります。例えば、・何に使うデータ?(資料?データ蓄積?)・何のために必要?(承認を得るため?報告するため?)・誰に対して使う?(上司?後輩?先輩?)・最終ゴールは?(果たすべきミッションは何?)などなど挙げたらキリがないくらいです。ここでのポイントは・・考えてもわからない場合は
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ④「指摘と否定の捉え方」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「失敗の考え方」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第4段!「指摘と否定の捉え方」についてお伝えいたします♪みなさん一度は、仕事で怒られた経験があるのではないでしょうか?誰でも怒られるのは嫌ですよね・・「なんで私だけ・・」「否定された」「わかってないな」などなどマイナスな気持ちになり、イライラされる方もいらっしゃると思います。イライラを抱えたまま仕事をすると普段しないミスをしてしまったり、仕事に集中できなかったり・・良いことは起こりません。ではなぜ、「なんで私だけ・・」「否定された」「わかってないな」といった感情を抱くのでしょうか?それは多くの場合、”事象へ対しての指摘”と”自己否定”をごちゃ混ぜに考えてしまっているから。特に、”仕事を一生懸命に頑張っている人”に多くみられる考え方です。「こんなに頑張っているのに」という思いが、自己否定と結び付けてしまうのです。怒った相手は、あなたを攻撃するために怒っているのではありません。つまり、あなたを否定しているのではないのです。仕事をする上では目標があり、それを達成するためにみなさん業務していますよね。怒っている側の人はそれなりの立場があり、目標達成に向けやるべきことをしているだけ!怒られること=「自己否定」と考えると、そこで思考が停止し、マイナスな感情しか生まれませんが、「必要なことを単に指摘されただけ」と考えると、前向きな考えが生まれてきませんか?そんなの当たり前じゃん!と思うかもしれませんが・・想定していないことや自分が気付いて
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ③「失敗の考え方」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「相手の立場を考える」についてお伝えいたしました!今回は、仕事を円滑に進めるコツ第3弾!「失敗の考え方」についてお伝えいたします♪仕事をしている中で、・大事なファイルを消してしまった・締め切りに間に合わなかった・プレゼンが上手くいかなかったなどなど大なり小なり1度は失敗をされた経験があるのではないでしょうか。「失敗」と聞くと、マイナスなイメージを持たれる方も多いと思いますが・・”失敗は成功の鍵”とはよく言ったもので、失敗には必ず学びがあります。そして、そこで立ち止まらなければ「失敗」は「失敗」ではなくなるのです。目指すべき目標に対して、何かしらの理由で達成できなかった時に、「失敗した・・」と落ち込みそこで諦めるか、「何が悪かったか」を分析して、次につなげるか。この姿勢の違い・考えの違いが仕事を円滑に進められるかどうかの分かれ道となるのです!起きてしまった失敗にフォーカスし、対処法を考えずに途方に暮れていたり、失敗したことを周りに報告しないまま、うやむやにしてしまったり・・こういった対処をしていると当然仕事は円滑に進まないですよね。起きてしまった失敗をすぐに報告し、リカバリするための対処法を考え、同じ失敗を起こさないための対策を検討する。そうすることで、失敗は”失敗”ではなくなり、”改善”変わるのです。起こってしまった過去を変えることはできませんが、未来は変えられる。失敗は誰にでもあることですから、それ自体が悪いわけではありません。過去にフォーカスし、その場で諦めるか、未来にフォーカスし、更なる業
0
カバー画像

ぼくの地球を守って

好きな漫画はかなりたくさんありますが、一番ではないけれど、好きな漫画「ぼくの地球を守って」。ベアたんちは中学校くらいまで、あまり漫画を読んではいけなくて、中学校に入ってからこっそり友達に借りたりして漫画を読み始めました。その数ある漫画の中にあったのがこの「ぼくの地球を守って」です。当時、例に漏れず中二病全開だったベアたんは、まずこの転生という設定に強く惹かれました。それまでほとんど花とゆめコミックスというのは読んだことがなくて、母が買っていた別マをこっそり読んだり、友達のお兄ちゃんの週刊ジャンプをこっそり読んだり、コロコロコミックスが大好きな友達の漫画を学校で読ませてもらったりしていたので、「転生」というものは衝撃でした。お話は高度な文明を持つ異星人(?)が地球人に転生して……というお話で、かなり感動系の泣けるお話になっています。ベアたんはこの漫画で、紫苑という漢字の読みを知り、しばらく自分のペンネームにするか悩んだりもしました。絵がとても繊細で綺麗な絵で、当時ゴリゴリの少年漫画(サンデーをよく読んでいた)を練習しようとしていたベアたんには、お姫様ばかり描いていた幼少期の自分の憧れと重なり、とても感動を覚えました。ネタバレになっちゃうので詳しいことは言えませんが、いわゆる少女漫画が苦手な人でも結構読み進めることが出来る物語だと思っています。ドラマCDなんていうのもありましたね……先日、片付けをしている最中に(よくある)ひっくり返して再度読んだのですが(友達が持ってた)今読んでも色褪せない漫画です。ベアたんのイラストはこちらから(*´ω`*)
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ②「相手の立場を考える」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「自分の価値観を疑う」についてお伝えいたしました!今回は仕事を円滑に進めるコツ第2弾!「相手の立場を考える」についてお伝えいたします♪会社という組織に所属していると、・上司・部下・先輩・後輩・同僚と様々な立場の方々と一緒に働くことになります。それぞれ、育った環境・経験・価値観が違う人々が集まり、仕事をしていく上では・・多かれ少なかれストレスを感じることもあるのではないでしょうか?上司や先輩に怒られたくない、部下や後輩に指示を出してもなかなか言うことを聞いてくれない・・などのお悩みを抱えている方もたくさんいらっしゃることと思います。少しでもストレスや悩みをなくし、仕事を円滑に進めるためには、「相手の立場を考える」この考えが非常に重要です!会社や組織に所属している場合、”目標”が与えられていることがほとんどかと思います。・実績を上げること・部下を育てること・業務を効率化すること・仕事でミスをしないことなど立場によって目標は様々ですが、与えられた立場の中で自分の役割を全うしてサラリーを得ていることはどの方も変わりのない”事実”です。威圧的なコミュニケーション取ってくる相手に対して、好意を抱いくことは難しいかもしれませんが、人にはそれぞれ立場があり、与えられた役割を全うしているこのことを頭におき、相手を理解する姿勢でいることで見える世界が圧倒的に変わります!仕事を円滑に進めるために相手の立場を考え、「どうすればWin-Winの関係が築けるか」ここに着目すると、建設的な解決策が見出せるようになり、円滑に仕
0
カバー画像

【1分解説】仕事を円滑に進めるコツ①「自分の価値観を疑う」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回まで、資料作成前準備のコツを連絡でお伝えいたしました!今回のブログからは、「仕事を円滑に進めるコツ」についてお伝えしていきたいと思います♪仕事が上手く進まない・・もっと円滑に仕事を進めたい・・こんなお悩みを持っている方、必見です♡記念すべき第1弾は・・「自分の価値観を疑うこと」についてお伝えいたします!みなさんは普段様々な方と関わりながら仕事をされていますよね^^個人事業主の方もお客様やお取引先との関わりあいは必ずあると思います!仕事を円滑に進めていくには、相手とのコミュニケーションが非常に重要です。その際に気をつけたいのが、「自分の価値観を疑う」こと。言い換えると、自分の”当然”が相手の”当然”ではないことをよく理解してコミュニケーションをする、ということです!例えば、誰かに仕事を依頼するとき。「15時までにデータ入力をしてください」という依頼内容でも、依頼を出した相手によって成果物の精度が異なった経験、ありませんか?その原因は、人それぞれの異なった価値観で依頼内容を理解し、対応しているから。Aさんは「ダブルチェックまで完了するのが当然」という価値観を持っていて、Bさんは「とにかく時間内に提出すれば良い」という価値観を持っていた場合、同じデータ入力でも精度が異なる成果物が提出されるのは容易に想像ができますよね。もしあなたが”ダブルチェックまで終わらせるのが当然”と思っていたとしたら、「Bさんは怠惰だ!」と思うかもしれません。しかし、「15時までにデータ入力をしてください」という依頼しかしていないのだとしたら
0
カバー画像

【まとめ】資料前準備のコツ(全8ステップ)

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回までのブログで、8回に渡り資料作成前の準備のコツについてお伝えいたしました!流れを確認していただきやすいように、内容をまとめてご紹介いたします♪資料作成をスピーディーに、精度高く仕上げるコツは・・なんといっても前準備!!是非参考にしてみてくださいね♡STEP①:目的を決めるSTEP②:相手を考えるSTEP③:プレゼン場面を考えるSTEP④:資料種類を考えるSTEP⑤:時間を決めるSTEP⑥:情報を整理するSTEP⑦:本質を見極める⑧下書きをする少し遠回りのように思いますが・・この8STEPをクリアすることがワンランク上の資料作成への近道になります♪急がば回れ!騙されたと思って、一度試してみてください^^\最後にお知らせ★/各種サービス大好評受付中です♩少しでも気になるサービスがありましたら、お気軽にメッセージいただけると嬉しいです♡あなたのビジネスライフがHAPPYなものでありますように**.。*ではまた次回❤︎
0
カバー画像

【1分解説】資料前準備のコツ⑧「下書きをする」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「本質を見極める」についてお伝えいたしました!今回は資料前準備のコツ第8弾!「下書きをする」について解説いたします!これまで、「前準備のコツ」として7つのステップをご紹介してきました。①資料の目的②伝える相手③プレゼン場面④資料の種類⑤時間⑥情報整理⑦本質を見極める①〜⑦つのステップを完了したら、十分に情報の整理ができてきたと思います^^これが最後のステップ!PPTやKeynoteの作成に取り掛かる前に「下書き」を行いましょう♪下書きの行い方は、色々と方法があると思いますが・・ノートなどの紙に書くことをオススメします!1スライドに記載する情報は?全体の構成は?これらを事前に整理することにより、PPTやKeynoteへの落とし込みがより簡単になります。画像は下書きのイメージです。これは手書きではないですが、このようなイメージでノートに記載してみてください!各スライドで何を記載するか簡単に記載して、・全体の流れに違和感がないか、・どのような流れがベストなのかを検討します。納得のいく流れになったら、いよいよPPT・Keynoteで実際の資料作成スタートです!資料作成のコツについては、過去のブログでご紹介しておりますので、是非合わせてご確認ください^^\最後にお知らせ★/各種サービス大好評受付中です♩少しでも気になるサービスがありましたら、お気軽にメッセージいただけると嬉しいです♡あなたのビジネスライフがHAPPYなものでありますように**.。*ではまた次回❤︎
0
カバー画像

【1分解説】資料前準備のコツ⑦「本質を見極める」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「情報の整理法」についてお伝えいたしました!今回は、資料前準備のコツ第7弾!「本質を見極める」について解説いたします♪これまで、「前準備のコツ」として6つのステップをご紹介してきました。①資料の目的②伝える相手③プレゼン場面④資料の種類⑤時間⑥情報整理ここまでくると、資料の方向性・内容がほぼ決まってくると思います。では次に何をすべきか。それは・・「本質を見極めること」目的・相手・場面・種類・時間・情報にブレがないか今一度確認するステップです!作業を進めていくうちに、当初の目的からブレてしまうことがあります。手段が目的にすり替えられてしまったり、情報を整理していくうちに情報過多になり、伝えたいことを見失ったり・・意外とよくある事象です。身近な例で説明すると、「信号を守りましょう」というキーワード。「信号を守る本当の目的(本質)」はなんでしょうか?単に信号を守ること?それとも事故をなくすこと?どちらも目的に見えますが、本当の目的(=本質)ではないですよね。このキーワードの本質は、「命を守ること」です。しかし、世の中では「信号を守ること」=目的のような語られ方をすることもあると思います。これは大げさな例ですが、作業を進めるうちに、本質的なことが見失われて、いつしか手段が目的のようにリードされてしまうことがあります。こうならないように資料作成に移る前に「本質は何か」をきちんと確認するようにしましょう!資料完成間近になって、「あれ?」とならないためにも資料作成効率を上げるためにも非常に有効な手段ですので、
0
カバー画像

【1分解説】資料前準備のコツ⑥「情報を整理する」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「時間を決める」についてお伝えいたしました!今回は資料前準備のコツ第6弾!「情報を整理する」について解説いたします♪相手により伝わりやすく、資料を作成するために「情報を整理すること」は特に重要です。いざ資料を作成しよう!となっても、「どのように情報をまとめれば良いか」迷うことはないでしょうか?・伝えたいことがありすぎる・どのように情報を組み立てて良いかわからない・資料の流れはどうしたらいい?などのお悩みをよく耳にします。これまでご紹介した5つのステップでおおよその方向性は見えてきたと思います。<5つのステップおさらい>①資料の目的②伝える相手③プレゼン場面④資料の種類⑤時間を決めるでは具体的に、どのように構成を作れば良いか。色々方法はありますが、今回はフレームワークを利用した情報の整理方法についてお伝えいたします!それは「PREP法」です♪有名なフレームワークなので、聞いたことがある方も多いかもしれません。<PREP法>・Point(結論)・Reason(理由)・Example(具体例)・Point(結論)上記それぞれの頭文字をとって、名付けられています。PREP法を使うことで、誰でも簡単に「簡潔かつ説得力のある内容」を組み立てることができますので、ぜひ活用してみてください♡イメージしやすいように、例を使って解説いたします!<組み立て例>※「自己紹介の資料作成」を想定P:結論(私は誰なのか)R:理由(なぜこのサービスを提供しているのか)E:具体例(具体的なサービスの評価)P:結論(最後のまとめ)
0
カバー画像

【1分解説】資料前準備のコツ⑤「時間を決める」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回のブログでは、「資料の種類を考える」についてお伝えいたしました。今回は資料前準備のコツ第5弾!「時間を決める」について解説いたします♪①資料の目的②伝える相手③プレゼン場面④資料の種類これまでにお伝えした上記4点が決まったら、次に決めるのは「時間」です。伝えたい内容は、どの程度時間を要するものなのか。事前に試算してみましょう!15分?30分?60分?①で決めた目的を達成するために②で決めた相手に十分な理解を得るために時間はどの程度必要ですか?また、プレゼン内容についての議論は必要ですか?質疑応答の時間は必要ですか?この辺りのことを事前に想定し、必要な時間を試算してみてください^^まだ資料を作成していない段階なので、大まかなもので構いません。例えば、その案件に対しての「相手」の理解度が不十分な場合・・内容を丁寧に説明する必要がありますよね。プレゼン内容について数多くの質問があるかもしれません。こういった場合は、15分では短いのは容易に想像できると思います。しかしながら、相手がとても忙しい人の場合、30分も時間が取れないかもしれません。このように、プレゼンに必要な時間と相手がさける時間が必ずしもイコールとは限りません。・プレゼンの最適な時間を考えること・相手の状況を考えることは「時間を決める」際にとても重要な要素ですので、事前に確認をするようにしましょう!ではなぜ、時間の目安を先に決めなければならないか。それは、この後の工程の「資料の構成(枚数)」を考えることにつながるからです。プレゼンの際は、1スライドあたりお
0
カバー画像

【1分解説】資料前準備のコツ④「資料種類を考える」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncodす★前回は「プレゼン場面を考える」についてお伝えいたしました!今回は資料前準備のコツ第4弾!「適切な資料の種類を考える」について解説いたします♪・資料の目的・伝える相手・プレゼン場面の確認が終わったら・・次に考えることは、「資料の種類」です!資料の中身を「どのように作り込んでいくか」これを考えることで、より伝わりやすい資料を作ることができます!例えば、・目的:新サービスの共有・人:全社員・手段:資料展開のみ(プレゼンなし)このような状況の場合、要点だけ記載した資料を展開しても、伝えるべき情報が伝わらないですよね。逆に、・目的:実績の報告・人:会社幹部・手段:プレゼンこのような状況の場合に、文字だらけの資料を準備してもパッとみて理解してもらうことは難しいです。つまり、目的・人・手段に合わせた資料は何かを考え、準備することが重要ということ!展開資料(プレゼンなし)とプレゼン資料の作り方については、過去ブログにて解説しておりますので確認してみてくださいね^^\最後にお知らせ★/各種サービス大好評受付中です♩少しでも気になるサービスがありましたら、お気軽にメッセージいただけると嬉しいです♡あなたのビジネスライフがHAPPYなものでありますように**.。*ではまた次回❤︎
0
カバー画像

【1分解説】資料前準備のコツ③「プレゼン場面を考える」

みなさん、こんばんわ^^資料作成サービス提供中のeryncoです★前回は、「誰に向けた資料なのかを考える」についてお伝えいたしました!今回は資料前準備のコツ第3弾!「プレゼン場面を考える」について解説いたします♪働く環境がめまぐるしく変化する中で、プレゼンする場面も大きく変化したのではないでしょうか。一昔前までは、紙での資料配布や臨場でのプレゼンが主流でしたが・・現在では、ZoomなどのWeb会議でのプレゼンも多くなったことと思います。ではここで質問です!みなさんはプレゼン場面(会議形態)に合わせて「資料の構成(見せ方)」を変えられているでしょうか?もちろん、「Yes!」の方もいらっしゃると思いますが・・ほとんどの方が意識されていないのではないかと思います。・紙の資料・投影資料・Web会議資料それぞれのメリット・デメリットは、以下の通りです!紙の資料メリット・手元に資料がある・聞き手のタイミングで情報を見ることができる・熱量が伝わりやすいデメリット・話し手への注意が逸れることがある(先に読み進められてしまう可能性あり)・説明時、指し示しができない・直前の修正がしづらい投影資料/Web資料※性質が似ているため、まとめて記載メリット・説明時指し示しができる・話し手に集中してもらえる・(臨場の場合)熱量が伝わりやすいデメリット・話し手のペースで進められる(ページ戻り、先送りができない)・細かい字は見えづらい・画面の大きさ、彩度に影響を受けやすい・接続不具合が起こりやすい代表的なものは、こんなところでしょうか。資料作成の前に、列挙したデメリットへの対策を考え、資料に反映することで、より
0