名刺作成・各種カードデザイン(飲食)

おしゃれな名刺デザインの作成・各種カードデザインをプロのデザイナーに直接依頼できます。かっこいい、かわいい、シンプル、おしゃれなど名刺デザインのテイストを、あなたのリクエストに応じて相場よりもお得な価格から制作してくれます。テンプレートではないオリジナルな名刺デザインをお願いしたい方は必見です。

2,613 件中 1 - 60 件表示
2,613 件中 1 - 60

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

名刺作成・各種カードデザイン(飲食)の評価・感想

2024-02-18 12:12:21
匿名
by 匿名
この度は素敵な名刺を作っていただき、ありがとうございました。 イメージ通りの名刺が出来上がり、大変感謝しております。 春ごろにかけて、多くの方とお会いする予定になっていますので、新しい名刺をお渡しするのを楽しみにしています。 度重なる修正にも対応下さり、本当にありがとうございました。 また機会がありましたら、ぜひ利用させていただきます。
2024-02-15 22:31:23
女性
by 女性
初めて名刺のデザインを依頼したので不安がありましたが、他の方の評価の通り対応が丁寧で早く、デザインのイメージもこちらのざっくりとした言葉だけで読み取って頂きとても満足の名刺が出来嬉しかったです。ありがとうございました!
2024-02-14 18:42:29
五十嵐 瑞
by 五十嵐 瑞
店舗の引っ越しに伴い、ポイントカードと名刺兼用のカードを作成していただきました。 そして本日、印刷をお願いしていたカードが届きました! 要望を聞いていただいてサンプルをたくさん作って、選ばせてくださいました。 選んだあとに、仕上げていただくまでも、やり取りも仕上げていただくのもとてもスムーズでした。 どうもありがとうございます。 丁寧なのにスピーディで大変ありがたかったです。 イメージ通りのステキな名刺兼ポイントカードができて、とても嬉しいです。
2024-02-14 10:15:03
UndertheEdge
by UndertheEdge
抽象的なイメージしか伝えていないのに、とても素敵な名刺に仕上げていただきました。 弊社のアプリ内容も調べていただいたようで、名刺裏面にも記載していただきありがとうございます。 連絡もスムーズで対応もよく、今後も継続してお願いしたいです。
2024-02-13 20:27:06
yume_bonheur
by yume_bonheur
迅速かつ丁寧に仕事をしてくださり、納品までスピーディーに終わらせることができました。 急な変更にも対応してくださりありがとうございました! 初めてココナラを使用して分からないことばかりでしたが、丁寧に教えてくださり安心して任せることができました。

直近で購入されたサービス

「オプション料一切なし !名刺デザインいたします by dicek07 dicek07 」が購入されました。
「ロゴ無しでもOK!写真一枚で印象的な名刺が作れます by ticktockworks ticktockworks 」が購入されました。
「名刺など各種カードのデザインをします by babu touma babu touma 」が購入されました。
「オリジナル☆写真入り広報用名刺のデザイン制作承ます by Sakura card house Sakura card house 」が購入されました。
「オプション料一切なし !名刺デザインいたします by dicek07 dicek07 」が購入されました。
「専用出品となります by moni design moni design 」が購入されました。
「洗練された名刺・ショップカード作成します by shihoデザイン shihoデザイン 」が購入されました。
「洗練された名刺・ショップカード作成します by shihoデザイン shihoデザイン 」が購入されました。

ココナラでおしゃれな名刺デザインを依頼しよう!

ビジネスシーンで欠かせない名刺。せっかくなら、おしゃれで洗練されたデザインの名刺を渡したいですよね。ココナラを利用すれば、あなたの予算、スケジュールに合わせたオリジナルの名刺デザインの作成を依頼できます。


ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケット「ココナラ」。かっこいい、かわいい、シンプル、おしゃれなど名刺デザインのテイストを、あなたのリクエストに応じて相場よりもお得な価格から制作してくれます。テンプレートではない、オリジナルな名刺デザインをお願いしたい方は必見。名刺デザインはあなたの顔です。名刺デザインで会社・企業だけでなく個人でもアピールしましょう。ここからは、ココナラで名刺デザインの作成を依頼する時に役立つ情報をご紹介していきます!


1:そもそも名刺とは?その由来と必要な情報
2:名刺デザインの作成を依頼する時の料金相場
3:印象に残る名刺デザインの特徴
4:簡単5ステップ!ココナラで名刺デザインの作成を依頼
5:2023年のトレンド!人気の名刺デザイン

そもそも名刺とは?その由来と必要な情報

名刺は、名前や住所、所属・連絡先などを印刷した紙。日本で使用される名刺は、クレジットカードと同じくらいの大きさである「55×91mm」が標準サイズとなっています。名刺の主な役割は自己紹介。ビジネスシーンや交流の場で名刺を渡すことで、初対面の相手に自分の名前や住所、所属・連絡先などのプロフィール情報を伝えます。また、情報を伝える以外に、話のきっかけづくりにも利用されます。


そんな、ビジネスシーンや交流の場で欠かせない名刺。その紀元は諸説あるものの、一般的には中国が発祥とされています。以降、名刺文化はヨーロッパへと広がり、日本では19世紀始めの江戸時代から名刺が使われるようになったと言い伝えられています。江戸時代の日本において、名刺は和紙に墨で名前を書いた形状をしており、訪問先で相手が不在だった時に置いておくメッセージカードのような役割を果たしていました。その後、幕末に西洋から印刷技術が伝わったことをきっかけに、手書きから印刷されたものへと変化。当時の日本では、名前のほか家紋を印刷したデザインの名刺が多かったそう。明治時代になり、西洋諸国と外交が盛んになると、名刺は日本のビジネスシーンはもちろん社交界で重要なアイテムとして広がりを見せていきます。


現在では、個性的な名刺からビジネス定番シンプルな名刺。印刷用紙にこだわったり、昨今のテレワーク浸透によってWeb名刺にするなど、さまざまな名刺デザインのバリエーションが存在します。ですが、名刺相手に情報が伝わってこそのアイテム。名刺のデザインにかかわらず、絶対に載せるべき情報は現在では以下が一般的となっています。


・氏名(読みにくい名前には、振り仮名をふっておきましょう)
・会社名(会社のロゴなどを入れておくと一目で判断がつきやすいのでおすすめ)
・部署名・役職名(横書きの場合は氏名の左上、縦書きの場合は氏名の右上に)
・電話番号(必要であれば内線番号も記載しておきましょう)
・住所
・メールアドレス
・事業概要や実績がわかるHPのURLやQRコードなど


これらの情報は、名刺を受け取る側が後々名刺を見返した際に、載っていないと困るものばかりです。こちらの7つの情報は必ず入れるようにしましょう。


個人事業主として開業しているフリーランスの方は、屋号も記載しておきましょう。それと同時に自分がどんな仕事をしているのかを詳しく添えておくことが重要です。屋号だけで職種が分からない場合も多いので、書いておくと親切でしょう。ただし、個人事業主で「社長」と書くことはあまりおすすめしません。個人事業主のことを「ひとり社長」と呼ぶこともありますが、業態は法人ではなく自営業に過ぎません。信頼問題に直結する可能性もあるので、そのあたりの表現については慎重に!


また、テレワークが進み利用する方が増えているWeb名刺。Web名刺とは、紙ではなく電子化した名刺のことで、新しい働き方にマッチしたアイテムです。従来の紙名刺との違いはいくつかありますが、最大の特徴は情報量。Web名刺では紙ほど制限がなく大量の情報を載せることができるので、紙名刺よりも情報量が多くなります。情報の選抜は必要ですが、紙名刺よりも厳選しなくても済むのは大きなメリットです。


気になるにはWeb名刺の交換方法です。わざわざ相手に「後日郵送します!」なんて必要はありません。以下のいずれかの方法を使えば、Web名刺での名刺交換が終了します。


・メールでデータを送る
オンラインミーティングツールのチャット欄やメールに添付して送信します。画像データとして送る場合もあれば、URLで送る方法もあり、どの媒体でWeb名刺を作成したかで送信方法が変化する点だけ注意が必要です。データベースなので相手のパソコンやスマホに保存され、いつでも見返せるのがメリット。紙名刺にQRコードを添付して詳細を載せる方法と、感覚的には同じです。


・名刺管理ツールで交換する
特定の名刺管理ツールを導入していれば、それを使って名刺交換も可能です。DX化促進の関係で、名刺管理ツールの数は増えており、導入している個人や企業も多いでしょう。もらった名刺の管理も簡単にできるため、急速に利用者が拡大しています。使用している分には大きなデメリットはないものの、導入までにコストがかかってしまいます。しかし、社内のペーパーレス化の動きもあって、今後名刺もペーパーレス化の動きが促進させられる可能性は否定できません。この機会に導入してみてもいいでしょう。


・ZOOMなどの背景を活用する
まず、ユニークな方法としては、オンラインミーティングの背景に設定してしまう方法があります。型破りな方法と思われがちですが、実際にこの手法を採用している企業や個人もいます。オンラインミーティング中に必要な情報が隠れないようにする点、別途交換が必要なのは手間ではあるでしょう。しかし、背景に名刺があるというインパクトは、見慣れない人からすれば絶大!名前と顔がミーティング中に表示されているので、紙の名刺よりも覚えてもらいやすいのもメリットです。

おしゃれな名刺デザインの作成を依頼する時の料金相場

名刺デザインの作成依頼を検討されている方は、どれだけの料金がかかるのか気になる方も多いでしょう。名刺デザインの作成を依頼する時の料金相場は、印刷料とデザイン料の合計で変わっていきます。ここではまず、そんな名刺の印刷料金とデザイン料について詳しくご紹介していきます。


・名刺の印刷料
名刺の印刷料は、白黒(モノクロ)かカラーにするのか、紙の質にはどの程度こだわるのか、印刷枚数はどうするかなどで決まっていきます。一般的な印刷料としては、白黒の片面のもので100枚で1,000円~2,000円が相場です。また、印刷枚数が増えれば増えるほど、金額は上がりますが、1枚単価の印刷量は安くなる価格設定にしている業者が多いです。なお、印刷料のそれぞれの相場は以下になります。


白黒(モノクロ)片面:1,000円~2,000円
白黒(モノクロ)両面:1,500円~5,000円
カラー片面:1,500円~6,000円
両面(表面カラー/裏面白黒):2,000円~7,000円
カラー両面:4,000円~8000円
※1セット(100枚)の料金相場


印刷の料金相場に大きな差があるのは、どんな「紙」を使用するのかだけでなく、納期にも左右されるため。たとえば、白黒(モノクロ)片面発注し、納期は1週間となれば1,000円で済みますが、1日~2日で欲しい場合は短納期扱いとなり、料金が倍の2,000円になります。


・デザイン料
名刺を制作する際、デザイン料が費用の大部分を占めているといっても過言ではありません。一般的には、3,000円~30,000円ほどですが、有名デザイナーなどに依頼をすると10万円〜かかる場合もあります。また、印刷業者があらかじめ用意しているデザインテンプレートを使用すれば、デザイン料は3,000円未満、または無料になるケースが多いです。一から制作を依頼するとしても、シンプルなデザインであれば、相場は3,000円~6,000円程度になります。


・高い名刺ってどんなもの?
名刺は会社員、フリーランスともにビジネスシーンで自分をアピールするために欠かせないアイテムの一つです。とはいえ、毎日たくさんの名刺をもらう社会人なら一度もらった名刺を覚えてもらうことは至難の業。でも、できれば相手の印象に残りやすいデザインにしたい!と考える方も多いでしょう。しかし、先ほどもお伝えした通り、こだわりがあればあるほど印刷やデザインなどのコストがかかります。どれだけデザインをシンプルにしても特殊加工された用紙にこだわったり、英語表記といった特殊な印字をする場合は、高くなることを覚えておきましょう。


印象に残る名刺デザインの特徴

ビジネスシーンで必須となる名刺。ですが、人の顔や名前と名刺を紐付けるのは容易なことではありません。引き出しを整理したら、「この人誰だっけ?」と思う名刺が見つかった経験がある方も多いはず。では、渡した相手にインパクトを与え、印象に残すためにはどのような工夫をすれば良いのでしょうか。


・レイアウトを揃える
名刺の文字レイアウトは一定の形に揃えるのが基本。文字情報を揃えることで、スッキリした印象を与えます。一般的には「左揃え」にそろえるタイプが多いですが、独自性を出すためにあえて「右揃え」にするのもあり。 企業や氏名を右にそろえることで、合理的なイメージになります。中央揃えは上品なイメージを持たせてくれますが、文字量のバランスが悪いと、落ち着かない印象を持たれる可能性があります。意図がない限りは中央揃えは避けたほうがいいでしょう。


・名前を大きくする
名刺をデザインする上で大事なのは、どこを目立たせたいかです。一般的には名前を覚えてもらうために、「氏名」を目立たせたい方が多いと思いますので、氏名の部分を大きくして目立たせるようにしましょう。また、逆に名前を小さくするとクールな雰囲気になります。印象的に見せたい方はわざと小さめにするのもアリ。


・フォントにこだわる
名刺だけに限らず、書籍や資料、ホームページなどでもフォント選びは大切。“読みやすさ”がなによりも大切ですが、業種や与えたい印象に応じて、名前や会社名を印象づけるようなフォントを選んでいきましょう。ここでは、それぞれのフォントを特徴を解説していきます。


1:明朝体
名刺だけでなく、ビジネス資料などにも使われる書体です。横線が細く、縦線が太いという特徴があり、文字としてバランスが取れています。知的さや真面目さ、繊細で上品な印象を与えます。


2:ゴシック体
横線と縦線の太さが均等で、遠くからでも読みやすい書体です。ぱっと目に入りやすいため、名前や会社名などを印象づけやすい特徴があります。面白さや楽しさなど、親しみやすさを感じさせるゴシック体は太さによっても印象が変わります。太字は元気で力強く信頼できる印象、細字はシャープで女性らしい印象です。


3:行書体
筆で描いたような手書き感が印象的な書体です。繊細で品が良い印象、楷書体よりもやわらかい印象を与えます。和を感じるフォントで、伝統を重んじる姿勢を表現することができるでしょう。


4:ポップ体
丸みがあって、明朝体やゴシック体に比べてやわらかさのある書体です。太さが均一で、ひらがなに丸みを帯びているのが特徴的。優しく、親しみやすい印象を与えます。


・似顔絵やロゴをプラス
視覚的にインパクトを与えるのは、やっぱりイラスト。自分の似顔絵を載せていれば、名前だけでなく顔を覚えてもらえる可能性が高まります。表情やテイストを工夫することで、自分がどんな人間かを表現することもできますよね。また、会社のロゴやイメージキャラクターなどを載せてみても◎。相手方に会社名と自分自身も印象づけることができ、ビジネスチャンスも広がるのではないでしょうか。


・余白を目立たせる
シンプルな名刺で重要なのが余白です。名刺にさまざまな情報を入れたい気持ちはわかるのですが、ビッシリしすぎる名刺は圧迫感を与えてしまい、敬遠されてしまいます。「ビジネス名刺」ではわりとあることですが、情報量が多いと全体が曖昧な印象になり、伝えたい部分が記憶に残らない可能性も。余白をしっかり取ることで、情報のメリハリやグループ分けがつけやすくなるため、文字などを並べるだけでなく、余白も考えてデザインするようにしましょう。


・珍しい紙質にする
これは、名刺交換する際、手で触れた時の感触にインパクトを与える作戦です。一般的な名刺は表面が滑らかなマット紙がほとんどですが、同じ大きさでも、変わった材質だと存在感を示すことができますよね。例えば、厚みがあるとしっかりとした印象や信頼を感じさせる反面、かさばってしまう可能性があります。薄いとスタイリッシュでスマートな印象を与える反面、折れやすかったり、頼りない印象を与えてしまう可能性もあります。厚みや質感などの観点から、与えたい印象に合わせた用紙選びを行いましょう。それぞれの用紙の特徴は以下の通りです。


1:マット紙
一般的な名刺に多く使われる用紙です。表面に艶消しのコーティングがされているため、光沢をおさえ、落ち着いた上品な印象を与えることができます。


2:上質紙
表面に加工塗料が塗られていないため、艶が少なく、少々厚手。写真や色ベタの印刷にはあまり適しませんが、落ち着いた発色で、上品な印象を与えることができます。


3:光沢紙
表面に艶や光沢があり、発色が鮮やか。にじみが少ないため、写真やイラストを入れたい方におすすめです。しっかりとした厚みがあり、高級感を演出できます。


4:クラフト紙
原料の木を感じさせる、自然な風合いが特徴。自然体で温かみがある印象を与えることができます。


5:和紙
薄くとも強度があり、長持ちするのが特徴。独特の風情や高級感が感じられます。


6:フィルム紙
艶や光沢があり、透明感がある素材。素材自体が紙ではないため、個性的な印象を与えることができます。


フリーランスの場合は、企業に属していないぶん、デザインも内容も自由自在。反面、注意しないと振り返ってもらない名刺だったり、何が書いてあるかわからない名刺になってしまいます。ここからは、フリーランスの名刺デザインの注意ポイントを解説していきます。


・個性的すぎるのはNG
組織に属していれば、ある程度テンプレートが決まっていたり、書式が同じだったりする場合も少なくありません。しかし、個人で作るとあまりにも派手すぎたり、逆に独特すぎたりするとかえって逆効果になる可能性もあるのです。名刺は相手に「自分はどんなことをしているか」を知らせるもの。デザインも大事ですが、一番大切なのは見やすさと情報の拾いやすさです。特別な意図がない限りはあまり派手すぎるデザインにするのはよくないでしょう。


・情報の取捨選択を
個人でビジネスを行っているフリーランスは、手広くビジネスをしていると書くことが異常に増えてしまうことも…。一番強調したい肩書きや、今後注力したいビジネスと直結するような情報を取捨選択して名刺に載せましょう。

簡単5ステップ!ココナラで名刺デザインの作成を依頼

名刺の発祥や特徴、料金相場、そして印象に残る名刺デザインの特徴についてご紹介してきましが、どんなに頑張っても、自分で名刺デザインを考えるのは至難の技...。そんなときは、名刺デザインの依頼ができるココナラがおすすめです。ココナラで名刺デザインの作成を依頼すると以下のようなメリットがあります。


・あらかじめ金額が決まっている
名刺デザイン会社などに依頼をすると、デザイナーやデザインによって金額がバラバラで、予算額がなかなか決まらないこともあります。しかし、ココナラは名刺デザインの作成サービスを出品している方がすでに値段を設定しています。 事前に金額が決まっているため、自分の予算に合わせて選ぶことが可能です。


・気軽に要望がいえる
ココナラではサービスの出品者とのチャット機能が搭載されています。デザイン会社だとなかなか自分の要望が通らなかったりすることも多いですが、ココナラではチャットを通じて、気軽に要望を言えるのもメリットです。もちろん、要望の内容によっては追加料金が発生する可能性はありますが、自分の予算を伝えつつ、どんな要望を出したいのか出品者と相談してみるのもいいでしょう。


・修正依頼も可能
自分が依頼したデザインを名刺にしてみたら、想像と少し違う出来だった…なんて場合もあるかもしれません。デザイン会社などでは納品後の修正依頼は不可ということも。ココナラでは、サービスによって、デザインを名刺にした後も修正依頼をお願いすることができます。ただし、修正回数が3回、4回と数が多くなると、追加で費用がかかる可能性があるため、なるべく1回で修正を終わらせるように、どこをどう修正してほしいのか詳細を伝えるようにしましょう。


・理想通りの名刺デザインを作成してくれる出品者に出会える!
ココナラにはたくさんの出品者がいます。その出品者ごとに特徴や特性は変わってくるため、自分好みのお気に入りの出品者を見つけることができます。もし、名刺作成やデザインの依頼をして、その方が気に入ったら「お気に入り登録」をしておくと、次に別のデザインなどの依頼するときも、すぐにお気に入りの出品者に依頼ができます。


ここからはココナラで名刺デザインの作成を依頼する時の、購入から、決済までの取引の流れを説明します。


1:ココナラで依頼する人を探す
ココナラで、検索ボックスやカテゴリから検索。まずは名刺デザインの作成を依頼する人(出品者)を探しましょう!出品者を選ぶポイントは以下の3つ。


・価格は予算内におさまるか
デザイナーを選ぶときは、名刺デザインの価格が予算におさまるかどうかに着目しましょう。ココナラの名刺デザインは、2,000円~10,000円ほどのリーズナブルな価格帯が多い傾向です。価格が安いサービスはデータのみの納品であることが多く、その後自分で印刷する必要があるので気を付けてくださいね。


・制作実績
デザイナーの実績も必ず見ておきたいポイントの一つです。過去作成した名刺のサンプルやデザイン案を見て、クオリティや自分のイメージと合致するか確認しましょう。


・修正回数の有無
名刺デザインは、1回のやり取りで納得できるものが出てくるとは限りません。デザイナーは何回修正の対応をしてくれるか、回数も事前に見ておきましょう。


2:サービスを購入する
名刺デザインの作成を依頼する人(出品者)を決めたら、出品者のサービスをクレジットカード等で事前に決済をします。


3:依頼する サービス後、トークルームと呼ばれるチャットスペースが利用できます。そこで依頼内容を出品者に伝えます。


4:正式な納品を確認する ​​出品者から、正式な納品(名刺デザイン)が送られます。送られてきた納品物を確認し「承諾/差し戻し」を選択してください。


5:評価を入力する 購入したサービスの感想・評価を入力します。評価コメントと5段階評価の一部(総合評価のみ)は公開されます。


とっても簡単な5ステップ。ココナラでは、新規会員登録(無料)で300円割引クーポンをプレゼント中。ぜひこの機会にご利用してみてくださいね!

<ココナラとは?>
ココナラとは、ビジネスからプライベート利用まで「知識・スキル」を気軽に売り買いすることができる日本最大級のスキルマーケットです。専門のプロが集結していることから、悩みをすぐに解決することもできます。

1:さまざまなサービスを比較できる
ココナラは、200種類以上のカテゴリからサービスを簡単に比較することができます。納品形式〜デザインジャンルなどの細かな提供方法も比較することができ、プロフィールの情報と評価からも比較することで、サービスをお得に利用することが可能です。

2:時間に縛られず、オンラインで完結
サービス提供や細かなやり取りまで、全てオンライン上で済ますことができます。また、サービス形式も「テキスト・ビデオチャット・電話・コンテンツ」と幅広い対応ができるため、時間や場所を気にせずに利用することが可能です。

3:365日サポートで安心・安全
初めてココナラを利用する方の不安要素となる「お金のやり取り」は、購入・販売まで全てココナラが仲介するため、安心して利用することができます。また、何かトラブルがあった際にも365日運営でのサポートを利用することが可能です。

<ココナラの購入者ができること>
1:出品サービスの購入
200種類以上の出品サービスを比較しながら、自分の悩みに沿ったサービスを購入することができます。購入時の決済手段は、以下の通りです。

・クレジットカード
・キャリア決済
・コンビニ決済
・電子マネー(Bit Cashのみ)
・銀行振込
・こんど払い(1ヶ月分お支払いを翌月に)
・ポイント(1ポイント1円)
・ココナラコイン
・請求書払い(Paid)
・Apple Pay

2:見積り依頼
出品者のプロフィールやサービス情報をもとに、自分が依頼したい内容と比較しながら購入前にメッセージで見積もり依頼やカスタマイズ相談をすることができます。細かなすり合わせの打ち合わせのほかにも、イメージの錯誤を購入前に防ぐことができるため、気になる点がある場合は相談するようにしましょう。

3:提案を募集する
出品されているサービスを見ても、自分が欲しい内容が見つからないときや探す手間を省きたいときには、仕事の依頼内容を投稿することができます。投稿期限も選択することができ、仕事の依頼内容を細かく書くほど自分に合った提案をもらうことが可能です。また、購入者側がフォローできる場合には「初心者OK」などを選択することで、より多くの提案を貰えることも…。

4:ブログ・記事の閲覧と購入
ココナラブログでは、出品者の方の知識や動画・音声などのコンテンツを見ることで、商品サービスの魅力を知ることができます。また、出品者が書いている記事を参考にすることで人柄もイメージすることができ、サービス購入を検討することも可能です。

2023年のトレンド!人気のおしゃれ名刺デザイン

ビジネスシーンでは欠かせない、社会人にとって大切な名刺。自分自身の名を刺す相手には、良い印象を与えるに越したことはありません。そのためにこだわりたいのは、やはり名刺のデザイン。最後に、人気の名刺デザインについて、それぞれが与える印象も含めてご紹介して行きます。


【シンプル系】
社会人として最も持ちやすく、簡単におしゃれ感を演出できる王道のシンプル系。名刺のデザインをあえてシンプルにして、印刷する素材で個性を出す方も増えているようです。また、シンプルならではの余白を活かしたデザインは名前を強調させてくれる効果も◎


こんな方におすすめ...
・フリーランスとして活動している方
・名前を目立たせたい方
・ペンネーム等を持っているライターや作家の方


【モノトーン系】
できるビジネスマンとして印象付けたいなら、大人なデザインのモノトーン系がおすすめ。取引先や商談相手に、落ち着いていて洗練された印象を与えることができます。


こんな方におすすめ...
・金融や人材関連会社の方
・規則が厳しい会社の方
・相手から信頼感を得たい方


【モノトーン系】
できるビジネスマンとして印象付けたいなら、大人なデザインのモノトーン系がおすすめ。取引先や商談相手に、落ち着いていて洗練された印象を与えることができます。


【ポップ系】
女性の方やクリエイター系の職業の方にピッタリなのが、ポップでキャッチーなデザイン。 活発でコミュニケーションが得意な印象を、相手に伝えられるでしょう。名刺入れに入れてるだけでも、何だか仕事のやる気が湧いてきそうですよね。


こんな方におすすめ...
・名刺交換で自分を印象付けたい方
・自分の個性をアピールしたい方


名刺作成・名刺デザインカテゴリの概要

名刺は、名前や住所、所属・連絡先などを印刷した紙。日本で使用される名刺は、クレジットカードと同じくらいの大きさである「55×91mm」が標準サイズとなっています。名刺の主な役割は自己紹介。ビジネスシーンや交流の場で名刺を渡すことで、初対面の相手に自分の名前や住所、所属・連絡先などのプロフィール情報を伝えます。また、情報を伝える以外に、話のきっかけづくりにも利用されます。

そんな、ビジネスシーンや交流の場で欠かせない名刺。その紀元は諸説あるものの、一般的には中国が発祥とされています。以降、名刺文化はヨーロッパへと広がり、日本では19世紀始めの江戸時代から名刺が使われるようになったと言い伝えられています。江戸時代の日本において、名刺は和紙に墨で名前を書いた形状をしており、訪問先で相手が不在だった時に置いておくメッセージカードのような役割を果たしていました。その後、幕末に西洋から印刷技術が伝わったことをきっかけに、手書きから印刷されたものへと変化。当時の日本では、名前のほか家紋を印刷したデザインの名刺が多かったそう。明治時代になり、西洋諸国と外交が盛んになると、名刺は日本のビジネスシーンはもちろん社交界で重要なアイテムとして広がりを見せていきます。

現在では、個性的な名刺からビジネス定番シンプルな名刺。印刷用紙にこだわったり、昨今のテレワーク浸透によってWeb名刺にするなど、さまざまな名刺デザインのバリエーションが存在します。ですが、名刺相手に情報が伝わってこそのアイテム。名刺のデザインにかかわらず、絶対に載せるべき情報は現在では以下が一般的となっています。

・氏名(読みにくい名前には、振り仮名をふっておきましょう)
・会社名(会社のロゴなどを入れておくと一目で判断がつきやすいのでおすすめ)
・部署名・役職名(横書きの場合は氏名の左上、縦書きの場合は氏名の右上に)
・電話番号(必要であれば内線番号も記載しておきましょう)
・住所
・メールアドレス
・事業概要や実績がわかるHPのURLやQRコードなど

これらの情報は、名刺を受け取る側が後々名刺を見返した際に、載っていないと困るものばかりです。こちらの7つの情報は必ず入れるようにしましょう。

個人事業主として開業しているフリーランスの方は、屋号も記載しておきましょう。それと同時に自分がどんな仕事をしているのかを詳しく添えておくことが重要です。屋号だけで職種が分からない場合も多いので、書いておくと親切でしょう。ただし、個人事業主で「社長」と書くことはあまりおすすめしません。個人事業主のことを「ひとり社長」と呼ぶこともありますが、業態は法人ではなく自営業に過ぎません。信頼問題に直結する可能性もあるので、そのあたりの表現については慎重に!

また、テレワークが進み利用する方が増えているWeb名刺。Web名刺とは、紙ではなく電子化した名刺のことで、新しい働き方にマッチしたアイテムです。従来の紙名刺との違いはいくつかありますが、最大の特徴は情報量。Web名刺では紙ほど制限がなく大量の情報を載せることができるので、紙名刺よりも情報量が多くなります。情報の選抜は必要ですが、紙名刺よりも厳選しなくても済むのは大きなメリットです。

1:名刺作成・名刺デザインをココナラで依頼するメリット
名刺の発祥や特徴、料金相場、そして印象に残る名刺デザインの特徴についてご紹介してきましが、どんなに頑張っても、自分で名刺デザインを考えるのは至難の技...。そんなときは、名刺デザインの依頼ができるココナラがおすすめです。ココナラで名刺デザインの作成を依頼すると以下のようなメリットがあります。

・あらかじめ金額が決まっている
名刺デザイン会社などに依頼をすると、デザイナーやデザインによって金額がバラバラで、予算額がなかなか決まらないこともあります。しかし、ココナラは名刺デザインの作成サービスを出品している方がすでに値段を設定しています。 事前に金額が決まっているため、自分の予算に合わせて選ぶことが可能です。

・気軽に要望がいえる
ココナラではサービスの出品者とのチャット機能が搭載されています。デザイン会社だとなかなか自分の要望が通らなかったりすることも多いですが、ココナラではチャットを通じて、気軽に要望を言えるのもメリットです。もちろん、要望の内容によっては追加料金が発生する可能性はありますが、自分の予算を伝えつつ、どんな要望を出したいのか出品者と相談してみるのもいいでしょう。

・修正依頼も可能
自分が依頼したデザインを名刺にしてみたら、想像と少し違う出来だった…なんて場合もあるかもしれません。デザイン会社などでは納品後の修正依頼は不可ということも。ココナラでは、サービスによって、デザインを名刺にした後も修正依頼をお願いすることができます。ただし、修正回数が3回、4回と数が多くなると、追加で費用がかかる可能性があるため、なるべく1回で修正を終わらせるように、どこをどう修正してほしいのか詳細を伝えるようにしましょう。

・理想通りの名刺デザインを作成してくれる出品者に出会える!
ココナラにはたくさんの出品者がいます。その出品者ごとに特徴や特性は変わってくるため、自分好みのお気に入りの出品者を見つけることができます。もし、名刺作成やデザインの依頼をして、その方が気に入ったら「お気に入り登録」をしておくと、次に別のデザインなどの依頼するときも、すぐにお気に入りの出品者に依頼ができます。

2:印象に残る名刺に必須の要素とは?

・似顔絵やロゴをプラス
視覚的にインパクトを与えるのは、やっぱりイラスト。自分の似顔絵を載せていれば、名前だけでなく顔を覚えてもらえる可能性が高まります。表情やテイストを工夫することで、自分がどんな人間かを表現することもできますよね。また、会社のロゴやイメージキャラクターなどを載せてみても◎。相手方に会社名と自分自身も印象づけることができ、ビジネスチャンスも広がるのではないでしょうか。

・余白を目立たせる
シンプルな名刺で重要なのが余白です。名刺にさまざまな情報を入れたい気持ちはわかるのですが、ビッシリしすぎる名刺は圧迫感を与えてしまい、敬遠されてしまいます。「ビジネス名刺」ではわりとあることですが、情報量が多いと全体が曖昧な印象になり、伝えたい部分が記憶に残らない可能性も。余白をしっかり取ることで、情報のメリハリやグループ分けがつけやすくなるため、文字などを並べるだけでなく、余白も考えてデザインするようにしましょう。

・珍しい紙質にする
これは、名刺交換する際、手で触れた時の感触にインパクトを与える作戦です。一般的な名刺は表面が滑らかなマット紙がほとんどですが、同じ大きさでも、変わった材質だと存在感を示すことができますよね。例えば、厚みがあるとしっかりとした印象や信頼を感じさせる反面、かさばってしまう可能性があります。薄いとスタイリッシュでスマートな印象を与える反面、折れやすかったり、頼りない印象を与えてしまう可能性もあります。厚みや質感などの観点から、与えたい印象に合わせた用紙選びを行いましょう。

閉じる
カテゴリから探す