絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

48 件中 1 - 48 件表示
カバー画像

ヴォルトくんっていう猫

こんにちは。イラストレーターのみかづきんです。今回は私のアイコンにもなっている猫についてお話しします。名前はヴォルト。ぬいぐるみの男の子です。路地裏でボロボロになってもう生きている意味をなくした彼でしたが、ある日ティアルダというピンクの髪の女の子に命を救われます。彼女は不器用ながらも彼をチクチクと布で治してあげました。こんなに優しくしてもらったことがなかったヴォルトは彼女の元で暮らし始めるのでした。と、簡単なあらすじはこんな感じです。よくある話ですよね笑ヴォルトくんは何でも噛み砕いてしまうとても危険なぬいぐるみで有名でした。なので、もしかしたら自分は食べられてしまうと思い誰も近寄ろうとしなかったんですね。ティアルダは魔界に住んでいるので、いろんな種族を知っています。たまたま別の世界線へ来ていた彼女は彼のことを知りません。そこから2人の物語は始まるのでした。今後この2人の絵本やグッズなど作っていきたいと思っています。めっちゃ可愛いですしね!(親バカ)それでは♪
0
カバー画像

「どうやったら伝わるか」ではなく、顧客が聞きたい話をするから伝わる。

プレゼンテーションやセールス、マーケティング資料の骨格を作るとき、自分の主義主張をどう伝えるかではなく、顧客の立場で顧客が聞きたい話ができる、ということがとてもとても大切です。人間は「聞きたい話を聞く」のであって、そうじゃない話は、その場では聞いてはいるように見えるかもしれませんが、脳の中を素通りしています。まずは言葉から吟味しよう内容はもちろんですが、顧客の立ち位置からの言葉になっているかどうかも重要です。プレゼンテーションにおいては、顧客が頭の中で思い浮かべている言葉に対して適切な返答をしていく必要があります。例)✖️ ご要望にはできる限りお応えします⭕️ ○○についてお困りごとがございましたら、一度弊社にご相談ください「どんなご要望にもできる限りお応えします」は、あなたの立場から言葉であって、顧客の立場からの言葉ではありません。売る側が「できる限り」という時は、「依頼できるのか、相談だけでもしてみたい」と思っているお客さまにとって、「できる限り」は、「断られることもある」ということ、あるいは料金などのコストが嵩むことを意味します。それはお客さまにとって「聞きたい話」ではないんですね。「断るかもしれないけど、できるだけ努力する」前向きな方向性を伝えるだけでいいんですよ。ちょっとした違いの積み重ねが、お話を聞き続ける集中力につながります。小さなニュアンスの違いを軽視して「✖️」の言葉が続けてしまうと、顧客の興味や熱意を失うきっかけになってしまうことを覚えておいてください。顧客が聞きたい内容はなにか言葉に十分な注意を払うこと以上に重要なのが「内容」。起点となるのは見込み顧客が「
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ34:パーパス経営

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今日は「パーパス経営」について書きます。2021年を代表するビジネスワード「パーパス」、パーパス経営が世界中で注目されています。これには、次のような外部市場の変化が背景にあると言われています。 Ⅰ:顧客市場・・・倫理的な消費が台頭し、地球や社会に負をもたらす企業は市場から締め出される。 Ⅱ:人材市場・・・ミレニアル世代、Z世代といった若者たちは、「働きがい」を求め、いくら働き方改革を行っても、地球や社会に優しくない企業には、良い人材が集まらない。 Ⅲ:金融市場・・・ESG(経済・社会・ガバナンス)が投資や融資の基軸になっている。企業が社会的責任を果たしていることを評価しながら投資する「社会的責任投資(SRI)」という考えが前提にある。「パーパス」という言葉は「存在意義」と訳されます。 日本でも、英米で流行っている「パーパス経営」を導入して自らの「存在意義」を定義しようという動きが目立つていますが、英米とは前提となる状況がまるで違います。欧米の経営理論や戦略論を環境や文化・慣習が異なる日本に直接導入してもうまくいかないということは多分にあります。まずは、違いを明確にしておかなければなりません。1.日本のパーパスブーム、米英の動きとの違いは?  英国や米国では、2010年後半以降、株主至上主義への疑問を背景にパーパスを巡る議論が活発化しました。多くの企業で「社会的な価値を生み出すことが長期的な成長につながる」「従業員など他のステークホルダーの価値を重視すべきだ」と考えるようになってきたのです。  これまでは「株主とそれ以外のステークホ
0
カバー画像

友人からのリクエスト

「わたしは植物の葉っぱが好き。」遠くに住む友人から連絡があり、そのときにそう言っていたので、植物の絵をかくことにしました。わざわざ連絡をくれただけでもありがたいのに、絵の要望まで寄せてくれてとても嬉しく思いました。ちょうど部屋に ガジュマルの鉢植えがあり、張りのある元気な葉を伸ばしていたので、透明水彩でかき始めました。その友人は自宅の庭でガーデニングをしているのですが、思うがままに植えてきた結果、地味な印象の庭になっていったそうです。そして、よく考えてみたら、葉っぱの好みで植える植物を選んでいたことに気付いたとのこと。自身が好きなもの、何気なく選んでしまうものが、なぜ好きなのか、そして選んでしまうのかを、一度よく考えてみると新たな発見がありますよ。同時に、苦手なものや恐れを感じている物事についても、同じように考えてみると、新たな対処の仕方も見えてくるでしょう。今回は、友人とのわずかな言葉のやり取りから、彼女が自身で ”葉っぱ”が好きなことに気付いたことや、そこに至るストーリーを知ることができました。実際に絵をかいているときにも、いつものように、ひとりでかいているような感覚にはなりませんでした。今後も、相互間コミュニケーションの要素を作品作りに取り入れていきたいものです。それでは。
0
カバー画像

開かれる真価と進化の扉

「俺、就活やめるわぁ。」そう親に宣言してから2年が経過した。ここに来るまで本当に長かった気がする。いや、もしかしたらそう感じるだけなのかも。大学を卒業して企業に勤めるという一般的なレールから脱線し、全てを自分で切り開いていくと決めた、2019年7月1日を忘れない。社会に縛られるのではなく、『個人で価値を生み出して自由に生きていくんや』という新しい自分が誕生した瞬間だった。なんやかんやで今は文章を書いているけど、結局これが僕には合っているらしい。「ひたすら死ぬまで何かをやり続けろ!」と言われたら、おそらく文章を書き続けるだろう。だが、この答えはかなりの遠回りをして得たもので、その道のりは決して楽ではなかったのをよく覚えている。就活を辞めてすぐ、FXで食べていこうと思い勉強するも一瞬で挫折。ちょっと稼げたけど、ずっとこれをやり続けるのは無理やと感じたし、孤独感と虚無感が半端なかったから。次に手を出したのはプログラミング。少しは続いたけど、没頭するまでには至らなかった。同じ書くということでも、「コード」と「文章」では天と地ほどの差がある。1文字でも間違えるとすぐにエラーが出て、画面が僕に現実を突きつけるのだ。死ぬまでこのエラーと二人三脚をしていくのは、この時点で無理だと悟ったわけ。その後、親友と共にブログサイトを1から作るという活動もした。苦労しつつも何とかリリースまでこぎつけたが、問題はそこからやった。「自分の書きたいことや表現したいことが書けない・・・」Webサイトを上位表示させようと思ったら、Googleのルールに従い、形式に縛られた文章を書いていくことが求められる。さらに、需
0 2,000円
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ25:プロセスエコノミー

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今日は、「プロセスエコノミー」という考え方について書いていきます。企業において競争優位を確立することが最も重要な経営戦略となります。ポーターは競争優位を獲得するには、①コストリーダーシップ戦略 ②差別化戦略 ③フォーカス戦略(集中戦略)があるとしました。 しかし、今や商品やサービスで「差別化」するのが難しくなってきています。ヒット商品が出ればすぐに模倣され、飽きられるスピードもどんどん速くなっているのです。このように「差別化」が難しくなった時代に注目されているのが、「プロセスエコノミー」という考え方です。 1.プロセスエコノミーとは?  「プロセスエコノミー」というのは、「プロセスを共有するところがお金を稼ぐメインとなる」という考え方です。これまでのアウトプットエコノミーでは立ち行かなくなるということです。インターネットの普及や技術革新により、品質や機能がすぐにコピーされ、アウトプット(商品やサービス)では差別化ができなくなります。そうなると過当競争に陥り、安価や高品質だけでは稼げなくなってくるのです。  そうなったときに、プロセスには希少性があるので、「プロセスでも稼ぐ」ことを含めて考えていかなければならないという考え方がプロセスエコノミーです。  プロセスエコノミーーが紹介されるときに、よく例に挙げられるのが、アイドルグループNiziUを生み出したNizi Projectです。オーディションの過程というアイドルグループ結成のプロセス自体を番組として公開することで、デビュー曲「Make you Happy」は大ヒットしました。
0
カバー画像

【人が音楽「曲」を好きになるキッカケとは⁇】皆んなの声(データ)を集めて考察してみた(。・ω・。

【タイムテーブル】00:00 オープニング【人が音楽「曲」を好きになるキッカケとは⁇】 01:20 皆んなの声(データ)を集めて考察 05:20 「ストーリー×音楽」の力! 08:13 私が音楽「曲」を好きになる瞬間 10:34 エンディング(まとめ) 今回は「練習のコツ」のお話ではなく、 ちょっと視点を変えてお届けしたいと思います(^^)/~~~ お届けするテーマとしては・・・ 【人が音楽「曲」を好きになるキッカケとは⁇】です☆ 皆さん、お好きな曲・音楽はありますか(^^)?? そして、その曲はどうして好きになりましたか(^^)/~~~?? それぞれ「曲・音楽」を好きになる理由やキッカケは 色々だとは思いますが、、、 世の皆さんはどうでしょうか(。・ω・。)?? 今回はある研究データも参考にしながら、 「人が音楽を好きになるキッカケ」について考察してみたいと思います♪ 【皆んなの声(データ)を集めて考察】 「参考データ」 Asahiグループホールディングス ハピ研調べ 2012年 インターネット調査 全国20歳以上の男女 830人を対象 「質問:何をキッカケに曲を好きになりましたが?」 第一位:テレビや映画の挿入歌(46.3%) 第二位:テレビの歌番組(45.0%) 第三位:好きなアーティストだから(42.5%) 第四位:テレビCMのBGM(40.8%) 第五位:ラジオを聴いて(33.6%) データは2012年と少々昔のものなので、 たとえば「テレビ」は「Youtubu」や「Spotify」など 動画・音楽配信コンテンツと置き換えても良いかもしれません☆ 【「ストーリー×音楽
0 500円
カバー画像

コンサルを始めるまでのストーリー①

初めまして、こんにちは^^幸せコンサルタントのYURIです。ブログでは、「YURIってどんな人?」「何をしている人なの?」が伝わるような内容を投稿していきますね。まずは、私自身がどんな人生を歩みどんな経緯でこの幸せコンサルタントという仕事を始めたのか、自己紹介がてら書いていこうと思います♪【20代半ばで念願のデザイン職に。最高の職場に巡り会えた、はずだった】私は幼い頃からお絵描きや工作などが好きで、高校生になる頃にはぼんやりと「デザイン関係の仕事がしたいな」とデザイナーという仕事を意識してはいました。その後すぐに「デザイナーになる!」という夢を見つけ、その道に突き進みます。新卒でのデザイン職就職は叶わなかったものの、紆余曲折を経て26歳の頃には「やりたいことは手をあげれば大概できる」という最高に楽しくて理想的なデザイン部署でインハウスデザイナーとして勤務していました。そうです、最高に楽しくて理想的な職場。誰もが探しているそんな仕事を私は見つけたはずでした。ところが入社後3ヶ月も経つ頃には、なぜか私は精神的に消耗し始めていました。会社に行くことが憂鬱になり、仕事から帰宅後理由もなく涙が溢れてきて一人でボロボロ涙を垂れ流していた夜もあったり。やがて私の頭には仕事を辞めるという選択肢がチラつき始めます。しかし、あくまで「チラつく」だけ。だってもしこの仕事を辞めたら…「お金どうするの?」「次の仕事見つかるの?」「また転職を重ねるの?」「自分が甘いだけなんじゃないの?」などなど、挙げようと思えばキリがないくらい心配事が浮かんできました。でもいくら悩んだところで、お金は増えないし仕事が見つ
0
カバー画像

はじめまして、シナリオライターあさづみおれんじです!

こんにちは、こんばんは。はじめまして、あさづみおれんじと申します!フリーのシナリオライターを細々とやっております。今回ココナラに登録したのは活動の幅を広げるためであり、様々な方のイマジネーションを知れたらなというのが理由です。ここでぼく、あさづみおれんじについて独り言を呟こうかなと思います。初めてシナリオを書き始めたのは小学校6年生くらいだったかな。当時、ぼくはゴッドイーターというゲームが大好きでした。ただ、その時は一作目しか出ていなくて幼かったぼくは物語にモヤモヤしていました。「リンドウ、どうなった!!!死んだってことでいいのか?生きてるのか?」もうそうなったら勉強には手が付きませんでしたね。笑結局、それなら自分で考えよう!、なんて意気揚々と妄想をはじめて、後日譚なんかを友達と集まって書き始めたのがキッカケでした。それから頭の中でありもしない妄想を連日繰り重ねていく内に高校生で、「あー、原作だったりシナリオライターだったりやりたいなぁ」という、曖昧な夢だけがふんわり浮かんできていました。もちろん漫画、ラノベ、ノベルゲーム、アニメなんかもよく見ます。そのなにかに自分が関われたらなとも思っていました。それがココナラに登録した理由にも繋がるわけですが。長々と書き連ねましたが、結論、僕は考えることが好きです、それを皆さまと共有していけたらなと思います。同じゲームやっていたから志向が合うかもとかでも構いません。メッセージなどで投げ掛けてもらえれば嬉しいです!サービスのご利用心待ちにしております。それでは、また!                     
0
カバー画像

"森の中のガゼボ"【ショートストーリー#3】

恋と愛。 恋は、落ちるもの。 愛は、育むもの。 恋は、胸の苦しさと痛み、焦がれるような激情を、甘い蜜のように感じる。 それはさながら甘いハチミツを舐めた時に喉がヒリヒリと焼け付くような。 愛は、安らぎと満ち足りた幸福の中で、恐れも不安も無く、ただ身をゆだねる。 それはさながら温かな毛布に包まれて眠りにつくような。 私は今、恋をしている。 「狂おしい」という言葉以外に、今の私を的確に表現できる言葉は無いというくらい。 どうしようもなく、恋をしている。 嗚呼、何故、恋とはこんなに苦しいものなのか。 愛は、あんなにも温かく心地良いものなのに。 お父様とお母様が決めた許婚は、隣国の王子で、よく私の王宮にも遊びに来ていた。 私よりも少し年上の王子は、とても優しくて、いつも青い湖のような静かな瞳で私を見守ってくれた。 私が欲しいと望んだものは、何でも与えてくれた。 私がしたいと願ったことは、何でも許してくれた。 王子の抱擁は温かく、ホッとするような、陽だまりのぬくもりを感じさせた。 しかし、私は落ちてしまったのだ。 恋に。 森の中で見つけた小さなガゼボ。 王宮の庭園にあるガゼボと比べれば、決して豪華ではないけれど、木漏れ日のスポットライトを浴びた森のガゼボは、私の目にとても幻想的に映った。 お父様の狩りに同行し森の中で牡鹿を追っていた時に、ひとりだけはぐれてしまい、深い森の奥に迷い込んでしまった私が辿り着いたのが森のガゼボだった。 その美しさに心奪われ、疲れを癒すために馬を繋ぎ、ガゼボの中で腰を下ろした。 そこで、貴方と出会ってしまったのは、運命の悪戯か、神様の意地悪か。 馬が人の気配を察
0
カバー画像

逢瀬 その25

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】 本文  翌朝、早めに出勤した神津は、昨日の、やり残し分の決算書類の整理に取りかかっていた。ふと腕時計を見ると、午前10時を回ってしいた。 本田部長からは、その後、何もメールが来ない。 メールがないことが却って、早くしろ(!)と、急かされているようなモノであった。背広のポケットから携帯電話を取り出すと、ティールームに足を運んだ。普段は取引相手の接待や、ちょっとした会議に使用するスペースであるため、決算期の今頃は空いている。美鈴に連絡を取らねばならないのだが、脇坂は、携帯電話を手にして考えていた。都合良く脇坂の携帯電話に、美鈴のコールナンバーと、メアドが入れられていたが・・それが、本当に美鈴のモノだという保証はあるのだろうか…。 仮に、美鈴のモノだとしても、 神津は、初めのうちは、電話で機械的に用件を済ませるよりも、話がスムーズに島崎に伝わることを確認できるまでは、直接、美鈴に会って用件を伝えたかった。考えあぐねた末に、 島崎のプロジェクトの件に関する当社の見解を伝えたい事と 直に会って、話がしたいこと。会う場所と時間は、昼食時間帯から少しずらして、 午後1時30分頃 目立たぬ場所として、 新橋の○○○○洋食店でどうか・・・ 来る時の装いは、目立たぬようにスーツにしてくれるように という、旨のメールをしたためた。 約束の某洋食店は、タンシチューで定評がある店であった。 神津は、メールを打ちながら、単に 仕事の連絡で会うはずなのに・・妙にウキウキしている自分に気がついていた。 メールを打って、数分後・・
0
カバー画像

逢瀬 その23

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】 本文  妙な興奮がさめやらぬまま、帰宅した神津は 頭を整理するために、一睡も出来ずに朝を迎えた。 出社するなり、 一番に、本田部長から社内メールで呼び出しが掛かった。 神津は、もう話が漏れたのかと疑いながら、 営業部長室のドアをノックした。 本田は 未だ、外套を着たままで、机上パソコンの社内メールをチェックしながら手招きで、神津を机の前に促す。オーバーコートを脱ぎながら 「昨日、島崎会長の道楽個展に行ってくれたのだな。」 と尋ねてきた。 「はい。思ったより、見事な技量の力作ばかりで、ご盛大な御様子でした。」 美鈴の水彩画を思い出しながら答えた。 「うむっ、その君が何故、美人女性と銀ブラしていたのかな。目撃した者が、ご注進してくれたぞ。未だ、眼が赤いようだが、鬼の居ぬ間の洗濯かな、女遊びも程々にな。」と茶化すように、イヤミ無くたたみかける。 神津は、しまったと思った・・。 美鈴と歩くことで、すっかり舞い上がってしまっていたが、通行人の中に、社内の者が居たに違いないのだ。これからは周囲にもっと気を配らねばと思い直した。 神津は深呼吸してから・・ 「実は、そのことについて重大なお話がございます。」 と、本田に詰め寄った。 神津の、ただならぬ気配を察した本田は、島崎からの個展の招待状に 一番信頼できる部下をよこしてくれとの、添え書きが有ったことを思い出し、やはりあの爺様は・・何か仕込んだな、と直感していた。「立ったままでは何だ…そこにかけたまえ。」 そう言って、カシミヤのオーバーコートと黒色のダブルの背広を
0
カバー画像

逢瀬 その19

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】 本文  島崎は先に立って、二笠会館の中華料理専門店に入る。 店の入り口に立っていた案内係の男は、島崎の顔を知っているらしく、 深く一礼すると 「いらっしゃいませ、ご案内いたします。」と言って、 円卓がひとつ置かれた部屋に、案内してくれた。 テーブルは6人位で、使えそうな大きさがあったが、 2人が入ると、他の椅子はすべて素速く片付けられた。 テーブルに運ばれた料理に、箸も付けずに、 お湯で割った老酒を一口飲み込んでから、島崎が話し出した。 「私が、何故君たちを三疋屋に追いやったか、何故政治家連中が、密談に使うこの料理店を選んだのか、よく考えながら聞いて欲しい。質問は、後でまとめて聞こう、いいかね。」神津が頷くのを、見極めてから、 「私の女狂いと絵道楽は、商敵を欺くための手段に過ぎんのだ。個展を開くのも表向きに、取引相手や政府の役人共と会うためでもある。君たちに長い間、あそこにいられては、そう言った連中の目に留まってしまい、先々、困ったことになる。早々と会長に退いたのも訳がある。皮肉なことに、一歩外に出てみると、社内の様子や他社の様子がかえって良く見える。君も知っていることと思うが、我が社は表向きは海底断層調査活動をしておる。その裏では、私の個人的指揮下で、密かに海底でのレアメタル鉱脈探査と同時に、採掘精錬の技術研究を始めた。レアメタルは、液晶や電子部品の貴重な原材料としてあるものは、もはや、金同等に貴重なモノになっているが、今のところ、採掘現場が限られており、各国がしのぎを削っておるのが現状だ。」島崎
0
カバー画像

逢瀬 その12

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】本文  神津は、大切な得意先の会長の申し出を、断るわけにはいかなかったし、 人妻とはいえ、この様な和服美女と、ご一緒できるのならと・・ 「承知いたしました。」 と、答えてしまっていた。 美鈴は、呆れたと言った表情で、義父と神津を見比べるが すぐに、神津のそばに歩み寄り、 「それじゃあ私、神津さんに思いっきりおねだりします。」 と言って、これ見よがしに神津の腕を取る。 身近に、着物に炊き込んだ香の薫りを感じて、 妻との出会い以後、忘れてしまっていたモノが、 神津の胸の奥で、うずき始めていた。 島崎は、勝手にしろ。と言った風情で、他の客の方に歩いて行く。 神津は、美鈴と共に、会場内を歩きながら気が付いた。 美鈴は、いつも神津の半歩ほど後ろを歩き、 話しかける度に、振り返らねばならない。 水彩画について尋ねると、 「父がつまらぬことを申し上げてしまい 申し訳ありません。」 詫びた後、 実父を失った寂しさから 幼い頃から義父のアトリエに入り浸りで 真似事で、絵筆を取っているうちに覚えたのだと言う。 題材はいつも、庭に咲く花々だった…と寂しく笑った。 油絵にすると、毒々しい程の色彩の花々が、 水彩の透明感によって、清楚に描き取られている。 非凡な才能だと思った。 仕事の打ち合わせまでの、時間つぶしの相手
0
カバー画像

逢瀬 その10

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】本文  美鈴が、物思いに耽っている間に、 床の間の電話が鳴っていた。 先程の仲居の声で、 「ご夕食のお飲み物は如何致しますか」との問い合わせであった。 神津は、湯上がりにビールを飲みたがるが、 じきに熱燗に切り替わることを、私は知っている。 部屋の冷蔵庫に、ビールの中瓶が有ったので、 自分も飲みたい気分に誘われ、地酒の熱燗を頼むことにした。  いつもより 早めの午後6時に退社した神津は、銀座5丁目の画廊に向かった。 歩いても行ける距離なので、ラッシュの地下鉄を避けて、 慣れないデータ処理で、疲れた頭をビル風に冷やしながら・・ しだれ柳の並木道を30分ほど歩き、外堀通りに面した画廊に、辿り着いた。 裸婦の形をした真鍮の取っ手を引いて、画廊に足を踏み入れる。 入り口脇にしつらえられた受付で記帳し、本田の名刺と祝儀差し出すと、 受付の男は、帳面の社名と本田の名刺を見るや慌てて 「会長をお呼びしますか」 と尋ねるが、 少し、会長直筆の絵を鑑賞させて頂きたいと申し出ると、 「ありがとうございます。会長にお伝えいたしておきます」と慇懃に礼をした。 大理石の落ち着いた室内に、歩を進めながら、 壁に目をやると、油絵による風景画や裸婦像に混じって 数点の水彩の花の絵が、透明な清涼感を放って散見される。 油絵の持つ独特の威圧感が、水彩画によって薄められているか
0
カバー画像

逢瀬 その2

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】 本文 私が窮屈なスーツを脱いで、浴衣に着替えようとすると、 君はまるで、いつもそうしているように、 わたしの足下に跪き、私が脱ぎ捨てたものを手に取り、 皺を伸ばして、ハンガーに掛けて衣装棚に吊す。 私の長風呂の癖を知っている君は 「部屋の鍵は私が持ちますね。」 と、私を促す。 それではと、部屋の入り口へ向かい掛けたところへ 先程の仲居が慌てたように、宿帳を持って入ってきた。 先程一緒に持ってくるはずだったのが、 他の部屋の、お客のところに回っていたのだという。 座卓に移って、仲居が宿帳を広げ、記帳ののためにページをめくっている中に 一瞬見覚えのある名前が見えたような気がした。 が・・ 詮索してはいけないことである。 私は「桔梗」と書かれた真新しいページに、 部屋に備え付けの、ボーペンで記帳した。 その時になって初めて、部屋の名が「桔梗」であったことに気付く。 私は、今日は少し動揺している様だ…。 私は万一に備えて、 宿帳には本当の住所と、氏名を記帳することにしている。 住所 東京都世田谷区太子堂・・・・ 氏名「神津 良亮(こうづ よしあき)」妻「美鈴(みれい)」 職業 会社員 自宅電話番号 03 3487 **** 記帳しながら、君の顔をそっと伺う 君は、素知らぬ風を装いながら、 妻「美鈴」の文字を見た瞬間 少し上気したよ
0
カバー画像

逢瀬

※(21) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】本文 数時間前 暑さに噎(む)せ返る都会の喧噪と 煩わしさから逃げるように 君と駅で待ち合わせ、東北新幹線に飛び乗った。 急な連絡にも拘わらず、君は紺絣の着物姿で現れた。 澄み切った空に、既に秋の気配が漂い始めた山間の駅で、新幹線から降りる。 タクシー運転手に勧められて 山門のような門構えの温泉旅館に、足を踏み入れた。 間口の広い玄関では 一見というのに、愛想の良い仲居に迎え入れられる。 南側の大通りに面した、ホテルの別館という建て前になっていた。 「元々はこちらが本館だったんですよ…。 でも最近の家族連れのお客様は、ご家族のレジャー目的で お見えになる方が多い様で…、 こちらとしても、ホテルの方が色々と都合がよいモノですから、 今じゃホテルの方が賑わっています。」 仲居は言い訳めいた説明をしたながら 六畳と八畳二間続きで、落ち着いた佇まいの日本間へ案内する。 簡単に館内の施設を説明しながら、茶を入れると 差し出した心付けを受け取らずに 二人の雰囲気を察したように、仲居は引き下がった。 私は手持ちぶさたに縁側の籐椅子に腰掛けて 改めて君を見つめる…。 君は、私の視線を感じた様に 「少し汗をかいた様です。汗を流してきますね。」 言いながら、立ち上がり浴衣とタオルを手に取ると 「貴男はどうなさるの…。」 と私に問いかけてくる。 「んっ、
0
カバー画像

紡ぐべき思い 完

※(16) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】[本文]  膝の、湿った土を払い、父親は立ち上がる。  妻に手を貸し、ベン チに腰を降ろした。 深い溜息の後 「ここには、よく三人で来ました。 あの滑り台やブランコで遊ぶ孝輔を思い出します。 休日には、このベンチでお弁当を食べたりも 」 妻が声をあげて泣き、 父親はその度、妻の肩を抱き寄せ背をさすった。 「あの日も 母の葬儀の後、ここの公園に来ました。 季節外れの雪にはしゃぐ孝輔を 妻が諌める為に、その話しをしてたんです」 男は黙って聞いていた。 傍らには少年 その小さな手は強く握りられ 哀しみに耐えている様だった。 「ママ… パパ… ごめんね。」 少年は、大声をあげて泣いた。 しかし その声は両親には届かない。 男が静かに
0 500円
カバー画像

紡ぐべき思い5

※(16) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】[本文] 孝輔の母親は、泣き腫らしたその双眸で 男を睨みつけていた。 父親はそんな妻を抱きしめ すがる様に やはり男を見ていた。 しかし 男は表情を変えずに 「孝輔君が待っています。 ご一緒して頂きたいのですが 」 父親が問う。 「どこへ?」 男はそれに答えず立ち上がり、 静かな眼差しを二人に向けたまま 「行きましょう。 孝輔君を救う為に」 !! 「こ 孝輔を救う?」 男に促されるまま 父親は車を走らせた。 母親は、助手席から 窓の外を、虚ろな目で眺めていた。 後部座席 シートに深く身を沈めた男は、 小さく溜息をつく。 そして 孝輔に告げた言葉を思い出していた。
0 500円
カバー画像

紡ぐべき思い2

※(16) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。 【短編集(シリーズ)より】 [本文] 12月 【街外れの高台にある展望公園】 頂上へと続く石畳の階段には、うっすらと雪が積もっている。 日も陰る夕暮れに この季節には不釣り合いな薄着の少年が一人 膝を抱えベンチに座っていた。 その少年の傍らに いつの間にか、一人の男が現れた。 黒いワークブーツにアーミーコート ニット帽を目深に被った出で立ちの その男が不意に、 「どうして、家には帰らないのかな?」 遠くに見下ろす街の方を見ながら そう言った‥。 少年は、驚いた様子で男を見上げた。 男はまた、 少年を見るでもなく口をひらいた。 「いつからここに?」 少年は恐る恐る‥男に聞いてみた。 「僕に…‥聞いてるの?」 「…。」 「おじさんは 僕がわかるの!」 男は少し困った風に、額の辺りを二三度掻いた。 そして 「孝輔君 だね?」 そう言い 初めて少年の方を見た。 「だれ? おじさんはだれなの!」 「君のお父さんの友達かな」 瞳に一杯の涙を溜めた少年が 男のその一言で、せきを切った様に泣き出した。 日は沈み 公園に頼りなく点る街灯が二人を照らし 長く長く 男の影だけを白い雪に伸ばしていた 続く
0
カバー画像

紡ぐべき思い

※(16) 過去に掲載したものを、改正して再投稿。【短編集(シリーズ)より】[本文] その男がこの家を訪れたのは 二度目だった。 疲れ切った顔の 主が男を出迎える 。 「お手数をかけてすみません」 か細い声で言う 男は静かに頭をさげた。 【真新し仏壇の前】 主の妻は憔悴し 天井を見つめたまま何事かを呟いていた。 主が男に問う 「本当に孝輔はここに居ないのでしょうか? 妻は何度も孝輔を見たと‥ 最近では私も孝輔を身近に感じる事さえあるのですが」 男はそれに答えず 仏壇の前に座り ポケットから取り出した香を焚いた。 紫色の煙が立ち昇り 部屋の中を不思議な香りが満たしていく…。 仏壇に手を合わせていた男が 主の方に向き直り、 やっと口を開く。 「ここに孝輔君は居ません」 その声に妻が激しく反応した。 「嘘よ! 居るわ!今もここに居るのよ!」 男に飛び掛かりそうな妻を、主が素早く抱き止める。 「落ち着いて下さい」 決して大きくはないが 凛とした男の声が響く 真っ直ぐに二人を見つめ 「落ち着いて下さい」 もう一度男が言う。 凛とした 心に響く声が二人を制した。 この家の一人息子である孝輔は、9歳でこの世を去っていた。 小児がん その病名が医師から両親に告げられ
0
カバー画像

孤高の花Ⅵ

※⑻ 過去に掲載したものを、改正して再投稿。【短編集(シリーズ)より】和美が 典子から 喫茶店に 呼ばれた日 金沢は深い雪だった… 辺り一面の 銀世界の中 白いバックスキンに 同色の 毛皮がついた ブ‐ツを履き 優しい色合いの 毛糸の ジャケットを着込み 和美は 車を 運転し 待ち合わせの 店に着いた。 約束の時間には 早過ぎたと 思ったが 店内にはもう典子がいた。 典子の 美しい 横顔は やはり洋一に 似ていた。 だが 洋一を 陽とすれば 典子は 陰…だろうか フッと そんな事を思いながら 和美は 典子に 笑顔で呼びかけ 席に座った。 「和美さん…兄(ニィ)の 本当に好きな人は誰か知ってる?」 余りにも 緒突な典子からの 問い掛けだった。 『え?!』
0 500円
カバー画像

孤高の花Ⅳ

※⑻ 過去に掲載したものを、改正して再投稿。【短編集(シリーズ)より】私が 初めて 洋一に会ったのは あの痛ましい 妹の事件から 3年程経った頃だった。 季節は冬で 街はクリスマスム‐ド一色に 彩られ 商店街には 暖かで幸せそうな恋人達や まるで 恋人達を 祝福するかの様に 赤や黄色 緑の電飾で サンタクロースや クリスマスツリ‐などの カラフルな ディスプレイで 溢れていた。 夜8時 最後の クライアントが 帰り 私も 帰りの 身支度をしていた。 昼食をとれなかったので 空腹だったが 帰りに デパートの地下で お惣菜を買おうかな…と ぼんやりと 考えていた。 そんな時だった…。 ノックと同時に 突然 男が ドアを開けた。 カウンセリングを して欲しい と言うのだった。
0 500円
カバー画像

孤高の花Ⅲ

※⑻ 過去に掲載したものを、改正して再投稿。【短編集(シリーズ)より】洋一と和美は 誰もが 祝福する様な 仲睦まじく お似合いの カップルに 見えた。 しかし 大学を卒業と 同時に 洋一は東京に 上京し 和美は市内に 残った事から 多くの友人達も ただ 驚いた。 別れた…との 噂も広まり その理由は 誰しもが 噂を したものだった・・・。 和美は その後も 健気に 実家の家業を 手伝い 洋一の事は 親しい友人にも 口に出す事は 無かった…。 だが勿論 当の本人である  2人には 分かっていた事だった。 和美は ある重大な事で つい 洋一を 問い詰め過ぎて 几帳面で 真面目な洋一を 追い込んでしまったのだ。 洋一の 心の変化に気がついて 和美は 2人の仲を 修復しようと 懸命に成ったが ただの徒労に 終わった。 洋一の心は 戻って来なかった… それは プライドの高い 和美を 打ちのめすには 充分な出来事だったのだろう …… 妹の葬儀から 1年半が 過ぎ去ろうと していた。
0 500円
カバー画像

孤高の花Ⅱ

※⑻ 過去に掲載したものを、改正して再投稿。【短編集(シリーズ)より】あれから 洋一の 時間は 止まったままだった… 何もかもが モノクロの 世界に存在し 両親の顔でさえ スロ‐モ‐ションの様に 何の感情も無く 心を持たない・・・ ただの 無機質な 物質で 映像の様に 見えていた 妹 典子の葬儀は 故郷 金沢市で 親しかった者のみで 執り行われた。 暫くの間 逢ってはいなかったが 洋一の恋人 和美も 列席していた。 洋一の様子は 誰もが分かる位に 衰弱している様に見えた。 兄妹の母親も あれから 歩くのさえ・・ つらそうだった。 和美は大学で 洋一と知り合い 明るく現代的な 女性だった。 髪は惜しげもなく 断髪にし 広い額と 涼やかな瞳は 誰にも 「出来る女」を 容易に想像 させた。 東京に職を決めた 洋一と違い 和美は この金沢を 離れられなかった。 実家は 金沢市内では有名な 老舗料亭だったのだ。 2人が恋人同士なのは 周りが皆 認め 結婚は時間の 問題と思われた が いきなり 洋一が東京に 就職して 周りを唖然と させたものだった・・。 今も和美は 消え入りそうな 洋一を気遣い そばに付いていたが 洋一には その和美の 存在さえ まるで 目に入らない様に 見えた…
0 500円
カバー画像

孤高の花Ⅰ

※⑻ 過去に掲載したものを、改正して再投稿。【短編集(シリーズ)より】いつもの様に 爽やかな 朝だった。 5月の風は 肌に心地よかった。 マンションの 南に面した窓を 洋一は 大きく開いた。 東京近郊の このマンションは 都内までJRの快速を使えば 40分程で着き マンション周辺には緑も多く 家賃も そんなには高額では無い事から 子育て中の 若い夫婦や 単身赴任の働き盛りのサラリーマン 老後を送る夫婦などに人気の 物件だった。 周辺には ス‐パ‐マ‐ケットなどの 店舗も充実して 街全体が 新しく 明るく生き生きとしていた。 洋一は 今朝も街は 活動している事を まるで 確かめるかの様に 身を乗り出して 辺りを見回してから 部屋に座っている 妹 典子に目をやった。 長い艶やかな髪を 淡いベ‐ジュ色の髪飾りで 纏(まと)め その髪止めには 同じベ‐ジュ色の 光る石が 数個付いている。 その石に 朝の陽射しが 反射して クロス貼りの壁に 小さな光る 水玉模様を 無数に 遊ばせていた。 壁に沿わせて 置いた 家具の上には 小さなポトスの 鉢があり そのポトスの葉 一枚一枚の 上にも 光の水玉は 弾む様に 反射している。 透き通る様な 白い肌に 白のロングブラウスを着た
0
カバー画像

人の心を動かすストーリーテリング

皆さんはストーリーテリングという言葉を聞いたことがありますか?最近ビジネスでも活用されていますストーリーテリングとは説得方法の一つで、相手の心を動かすのに事実や情報だけでなく、物語にすることで、分かりやすく心に響かせ、人に行動させることですプレゼンテーションや営業で話すとき、淡々とした事実だけを並べても恐らく聞き手は退屈で印象に残りにくいでしょうしかしストーリー・物語であれば人間の記憶に残りやすいのです例えば1度見た映画や漫画などは覚えているかもしれませんが、最近読んだ本とか情報は忘れていることありませんか?これは人間が物語が印象に残りやすく、好きだからですはるか昔から僕たち人類は物語を伝承してきましたよねどこの国でも神話は独自にありますね。日本だとイザナミ・イザナギの神とか西洋ではゼウスなど、神話は数え切れないくらいあります昔話の桃太郎や寓話などの教訓もストーリーで語り継がれていますこのストーリーの強さがビジネスでも注目されているのです今回はこのストーリーテリングの技法を一つご紹介しますまずストーリーテリングに必要なのは、自分の理念を共感してもらうことですこれは「自分の仕事にでお客様に、世の中にこうなって欲しい」と思うことです「いや自分にはそんな綺麗ごと合わないわ」そう思いますよね、分かります!笑しかし漫画ワンピースとか少年ジャンプなんかはよく考えてみれば綺麗事のオンパレードですよね笑けど世界的にも人気で僕たちは共感・感動してますよね?人間は誰しも心のどこかで「いい人でいたい」という欲求があるので、理念や仕事の意義を見出して誰かの役に立ちたいと思うものです世の中の成功者はスト
0
カバー画像

【恋愛ドリップ小説】本日のコーヒー。ショートで。〜百合と恋の花咲く場所で〜

何故、アノ娘は俺に出勤予定を教えたのか?来てくだサインだろうか?俺は馬鹿田大学…。どうしたものか。(本文抜粋)◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆「本日のコーヒー。ショートで。」と告げる前にアノ娘は既にレジを打ち、レジの液晶部には “290” の数字…。「レシートは捨てて貰って良いですか?」そんな、何気ない毎日の出来事ー。◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆mixiから生まれた「恋愛ドリップ小説」が待望の電子書籍としてリリース。数多くの「百合の同志」が書籍化を待ち望んだ「恋愛ドリップ小説」が電子書籍として登場!・本屋には売ってない電子書籍書き下ろし作品。・ストーリー小説なので、サクッと読めます。===========================逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。そして俺はアノ娘と…。タリーズでの甘酸っぱい青春の恋愛ストーリー。堅苦しくない文章でどんどん読み進めることができる。読み終わる頃には、なんだか優しい気持ちになれる電子書籍。こんな恋がしたい方はTULLY'Sへ。===========================★こんな方にピッタリのおススメ書籍です!・スタバよりもタリーズコーヒー派の方・毎日、カフェやタリーズに通われている方・タリーズコーヒーをもっと楽しみたい方・店員さんとの会話術を学びたい方・気になる店員さんに声をかけたい方・ショップの何気ない雰囲気を味わいたい方・新感覚の恋愛小説を読んでみたい方・とにかく読みやすい小説がお好みな方・読み
0 500円
カバー画像

【あかまるころころこーろころ】いったいなにになるのかな?

あかまる ころころ こーろころあかまるへんしんしたくってあるひ、ぽーんととびだした(本文抜粋)◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆豊かな発想力と、柔らかな絵の世界観をどうぞお楽しみください。ちいさなお子様の読み聞かせや寝かしつけにもピッタリです。◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆★こんな方にピッタリのおススメ書籍です!・ことばが形や色がお好きな方・スッキリした気持ちになりたい方・人やモノやカタチに優しくなりたい方・とにかく読みやすい絵本がお好みな方・読み終えた後にホッと癒されてみたい方・本が苦手な方でも読み進めやすい絵本です癒され世界観がギュッとつまっています。◆◇◆◇◆◇ キャラクター絵本 ◇◆◇◆◇◆あかまる ころころ こーろころいったいなにになるのかな?(キャラクターブックシリーズ)◆◇◆◇◆ 本文より一部抜粋 ◆◇◆◇◆あか まる ころころあかまるへんしんしたくってあるひ、ぽーんととびだしたあかまる ころころ むこうからぼうとはっぱがやってきたいったい なにに なるのかなまっかな りんごに なりましたあかまる ころころ むこうからみどりのほしがやってきたいったい なにに なるのかなまんまる とまとに なりましたあかまる ころころ むこうからしろいさんかくやってきたいったい なにに なるのかなおにぎりの すっぱい うめになりましたあかまる ころころ むこうからぼうとあかまる やってきたいったい なにに なるのかなかわいい さくらんぼに なりましたあかまる ころころ むこうから
0 500円
カバー画像

【パンダくんのココア】冬のさむいさむーいある日のお話。

冬のさむいさむーいある日。みんながパンダくんの家にあそびに来ました(本文抜粋)◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆バクくんとペンギンさんゾウさんとアリクイさんがパンダくんの家にあそびに来ました。ぐびぐびぐびぐびぐびぐびぷはぁ❤︎ココアの魅力と、癒されキャラ達の世界観をどうぞお楽しみください。◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆★こんな方にピッタリのおススメ書籍です!・コーヒーよりもココア派の方・ココアをもっと楽しみたい方・パンダの飼い方がわからない方・バクの気持ちを汲みとりたい方・ペンギンの行動パターンを見極めたい方・とにかく読みやすい絵本がお好みな方・読み終えた後にホッと癒されてみたい方・これからペットにゾウを飼育してみたい方・現在すでにペットにアリクイを飼われている方動物たちの癒され世界観がギュッとつまっています。◆◇◆◇◆◇ キャラクター絵本 ◇◆◇◆◇◆パンダくんのココア冬のさむいさむーいある日のお話(キャラクターブックシリーズ)◆◇◆◇◆ 本文より一部抜粋 ◆◇◆◇◆冬のさむいさむーいある日みんながパンダくんの家にあそびに来ました「いらっしゃい 寒かったでしょう?」「はい、あったかーいココアだよ」「わーいパンダくん、ありがとう」「ココア大すき❤︎」ととびついたのはバクくんごくごくごくごくごくごくぷはぁ「あまくておいしいよね❤︎」とペンギンさんこっこっこっこっこっこっぷはぁ「あったまりますなぁ」とゾウさんずずずずずずぷはぁ「ボクももらうね」とアリクイさんちろちろちろちろちろち
0 500円