絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

29 件中 1 - 29 件表示
カバー画像

やってしまった💦

ココナラブログ毎日更新するって、公言していたのに心配していた3日坊主を超えたと思ったら安心して、これですよ・・・。人間って本当に怠惰な生き物ですよね💦ブログやコラムを毎日投稿している人たちって、本当に根気強いし自制心が高くて尊敬しますwwまたここから、しっかり投稿していけるように頑張りたいですが、途切れたらごめんなさい🙇では気を取り直して、投稿していなかった期間の報告をしていきますね🍃時短休業明けの波?ではなぜ、期間が開いてしまったかというと、時短や休業の期間が終わり実はうれしいことに、自分の本業をしているお店にも人が来始め、職場でPCを開いている時間がなかなか取れなかったということと、お客さんに接客や一緒にお話をすることが多いのですが、人と話すのって結構エネルギー使うんですよね💦話を途切れさせないように、話しながらも別の話題を考えたり、相手が喜ぶ、笑ってくれる内容を考えたりと、なかなか脳内フル回転ですよwそれをしつつ、ドリンクやフードの準備をするんですから、私のちいさい頭では、いっぱいいっぱいでお客さんが帰った後は、充電切れで椅子でボーっとしていることが多かったので、閉店後もブログを更新する気力がなく、投稿することも頭からなくなっていました(´;ω;`)15000文字案件?!次に、投稿していなかった期間中、まったくPCを開いていなかったわけではなく、以前のブログで報告していた15000文字の案件の期限が着々と近づいていて、その作業でも頭のキャパがいっぱいいっぱいでした😿復帰一発目の案件で15000文字は私の文章力ではなかなか思うように進まず、文字数が伸びないことにも難儀してい
0
カバー画像

飲食関連ビジネス開業後のホームページ運用って何するの?

こんにちは、中小企業様、個人事業主の皆様向けに格安でホームページ制作を行なっているWeb制作専門のエヌポンプです。個人事業主向けに「ホームページ運用って何をすればいいの? どんなことを更新すれば良いの?」という疑問に対して、更新のポイントやコンテンツのネタについて連載中です。本日は飲食関連のビジネスを独立開業した個人事業主の方向けにホームページ運用のお話をしていこうと思います。今後、飲食関連のビジネスを始めてみたい! と考えている方も是非参考にしてみてください。個人事業主向け!ホームページ運用のポイント〈飲食関連ビジネス編〉ホームページ運用の原則として、業種やビジネス内容に問わず「定期的な更新」が求められます。新鮮な情報を提供することは顧客や閲覧者に対しての信頼を上げるだけでなく、検索エンジン(Googleなど)に対してホームページの質を維持していることをアピールし、検索結果に反映させるためにも必要不可欠なのです。上記のことは飲食関連のビジネスを始めた際にも勿論必須で、例えば以下のような項目はホームページ内の情報も常に更新していく必要があります。・提供中のメニューに変更や追加があった場合(料金や名前、イメージ写真など)・営業時間や休日、電話番号といった店の基本情報の変更・同業他社と差別化の為のコンテンツ制作や定期的な情報発信その他、コロナ感染予防対策に関する最新情報も随時更新します。例えば夜20時以降のアルコール提供の有無や、店内の換気や消毒に関する情報、来店する方に向けて予防して欲しいこと、テイクアウト等に関する情報などについてです。閲覧者に向けてコンテンツを更新するならどん
0
カバー画像

口コミ経営を実践していますか?LTV経営を目指し売上UPを目指しましょう。

いきなりですが、あなたへのコンサルティングを通して、私がご提供したいノウハウをご紹介します。それは口コミ経営です。これができるようになると、・あなたのお店が好きなお客さんが自動で集客される・リピート率が高く、単価も高くなるお客さんが集まる・広告宣伝費がより安くなる・良いレビューがつきやすくなり、新規流入も増える・生涯顧客単価が高くなりやすいそうなるとやがて、私からコンサルティングをされる必要性がなくなり、経営が非常に安定し、あなたの好きなお客さんが常に足を運んでくれるようになる。これを目指したいです。そうすれば、あなたは契約しなくてもいいですし、お金を払うこともないし、なんなら、ノウハウも全て教えているので、また自分で立て直すこともできます。誰にも依存をすることなく、経営をすることができるようになって欲しいんです。ちなみに、口コミほど強い信頼を持った広告はありません。大前提として、誰もが失敗をしたくないという気持ちが潜在的にあるかぎり、信頼できる友人や知人からの体験談は非常に重要な情報だからです。要は、自分が体験して失敗するリスクを0にして、価値を最大限受容することができるのです。だから、おすすめ情報を人は求めます。まさにノーリスク・ハイリターンな情報源なわけです。だから口コミへの信頼は揺るがないんです。ただ、そうした口コミを作為的に作り出すにはかなりの戦略が必要です。そして、その戦略の中には、ヒューマンスキルやUSPが必要になってきます。もちろん、それらの戦略はターゲットによって効果が違います。複雑に絡まり合う条件を調整して、効果的に実装していかないと、欲しい効果とは反対の評
0
カバー画像

ロゴデザインについての蘊蓄(うんちく)その5

会社に縛られる事なくもっと楽しくもっと自由に働いてもらう為の手段としてデザインをお伝えしております。デザイン歴18年以上やって思うロゴデザインについて今回はロゴマークの本当の最終回、ロゴデザインが作られる本来の目的を私見ながら紹介させて頂きます。前回までのお話はこちらをロゴマークに必要なもの前回ブログ最後で似ているものが過去にある→パクリで悪。だからロゴマークは今までに無いものが必要なのだと。がしかし、自分の好きな芸能人が作ると誰もが見たことあるモチーフを使っていても→称賛の嵐(ヘッダーの画像にある通り発表されたロゴ案は誰もが過去見たことあるシェイプばかり)つまりロゴデザインに求められているものは「今まで見たことがないもの」では無いという事です。ではロゴマークには何が必要なのでしょうか?と締めくくりました。ロゴマークに必要なものを語る前に人の心理の部分のお話を。佐野さんのパクリ事件が社会に噴出した時に新たに現れたその時だけ専門家の芸能人(サッカーW杯でもよく現れますが)によって生み出されたロゴたちは称賛を得ました。これは私がデザイナーを続けて来て思うのですが誰もが自分に都合がよい基準を持っているその自分の基準に合わなければ否定しまいがちです。これはデザインの見た目の部分はラーメンと同じで最後は人の好みに左右され決して万人に受け入れられるものは無いのです。そして誰もそれは分かっていると口にするのです、、、がしかし多くのデザインを発注される立場の方は、いざ案件を発注すると万人に受け入れられるものは無いと言いながらも老若男女にターゲットに置きたがります。最初はペルソナを設定したにも関
0
カバー画像

飲食店オペレーションの種類

皆さんこんにちは。新倉です。いつも拙いブログを読んで下さる皆さんありがとうございます。今日は先日に続き「オペレーション」について書かせて頂こうと思います。飲食店におけるオペレーションについて、タスク別に整理していきましょう。店舗を一つのチームとして考えキッチンオペレーションフロアオペレーションバックヤードオペレーションの3つに分けて考えていきましょう。キッチンオペレーションとは、厨房内で作る料理の順番やストック食材の置き場所を工夫することで、調理作業をスピーディに効率化することです。フロアオペレーションは、お客様が飲食をするテーブル周りで注文を取ったり、配膳・下膳をしたりするフローを最適化することです。バックヤードオペレーションは、在庫管理や事務作業の効率化を指し、お店を回すうえで大変重要な役割を果たします。これらの3つのオペレーションは個別に捉えるのではなく、キッチン⇔フロア⇔バックヤードがすべて一通りにつながっているものと考え、体系的に管理することをおすすめします。広く体系的に捉えることで、それぞれの改善点が見えてきます。飲食店オペレーションの改善ポイント飲食店オペレーションにおける改善ポイントは、上記のキッチン、フロア、バックヤードのそれぞれのオペレーションをマニュアルに落とし込むことで見えてきます。マニュアル通りに進められていないことがあれば、そこが改善すべきポイントになりますので、まずはマニュアルとの照らし合わせを行ってください。キッチン、フロア、バックヤードのそれぞれにおける「よくある改善ポイント」について見ていきましょう。キッチンオペレーションの改善ポイントキッチ
0
カバー画像

飲食店オペレーションの重要性と3つの改善ポイント

皆さんこんにちは。新倉(シンクラ)です。 いつも拙いブログを読んで下さる皆さんありがとうございます。 一般的な飲食店を経営するうえで、オペレーションの最適化は重要な戦略です。 今日は、「オペレーション」について書いていきます。 飲食店において、ホールやキッチンで「誰がどの作業を、どんな手順でするか」を前もって決めておかなければ、現場をスムーズに回すことができません。 お客様を待たせすぎてしまったり、目に見えて手際が悪かったりすると、たちまち印象が悪くなってしまいますので、円滑なオペレーションの構築は必要不可欠といえるでしょう。この記事では、飲食店オペレーションにおけるマニュアルの重要性と、 3つの改善ポイントについて解説します。 飲食店オペレーションにおけるマニュアルの重要性 効率的な飲食店オペレーションの実現には、マニュアルの存在が重要になってきます。そんなマニュアル作りの重要性は、以下の3点に集約されます。 業務品質の担保 説明の標準化 スタッフ教育レベルの平準化 業務品質の担保 マニュアルを作成し作業を言語化することで、スタッフ間の認識のずれをなくし共通の理解を生み出すことができます。 それぞれが違う解釈をして、異なるやり方で作業を進めてしまうと、業務効率が下がるだけでなく、 接客や料理の質もその時々でバラバラになる危険性があります。 誰がやっても均質のサービスを提供することは、飲食店の安定経営には欠かせない要素です。 説明の標準化 オペレーションをマニュアルに落とし込み、文章や図式を通じて展開することで、 スタッフが何をどこまで理解したかを把握しやすくなります。 複数の
0