短尺広告動画制作(Twitter)

広告動画の制作を依頼・相談するならこちら。ブランディング、販促、YouTube広告、商品・サービス紹介、アプリ紹介動画、動画バナーなど様々な用途の動画制作を気軽にお願いできます。映像の制作のノウハウがなくてお困りなら、ぜひこちらからお探しください。お見積りが気になっている方も必見です。DMでの相談・見積りは無料です。

65 件中 1 - 60 件表示
65 件中 1 - 60

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

短尺広告動画制作(Twitter)の評価・感想

2023-09-25 14:33:08
Online_Bio
by Online_Bio
少し、日程の遅れなどありましたが、誠意をもって遅れる事を謝罪いただき好感が持てました。 また、内容もしっかりとご依頼頂いた内容と合った動画を作成頂き、Amazon内での広告承認も取得できました。 また、ご依頼させていただきたいです。
2023-09-21 9:39:09
beautyclinicmaker
by beautyclinicmaker
とても迅速に、こちらの希望どおりのPVを作成していただけました。コミュニケーションも円滑で、スムーズな取引をいただきありがとうございました。ぜひ、うちの店舗撮影もお願いしたいと思います。おすすめしやすい方です!
2023-09-16 14:48:33
ONISHI TOMOTAKA
by ONISHI TOMOTAKA
こちらが無知で色々質問やお願いをさせてもらいましたが、親切にご対応していただきました。 作業も短期間で仕上げていただき、とても満足いくものを作成していただきました。 また機会があればお願いしようと思っております。 ありがとうございました。
2023-09-15 17:20:57
Zino FPGA LAND
by Zino FPGA LAND
リピートです。 今回も高品質な動画を作成していただき誠にありがとうございました。 いつも対応が早く丁寧で大変助かっております。 別の案件が出ましたら是非またお願いしたいです。 その際はどうぞよろしくお願いいたします。
2023-09-09 22:11:29
Kato Jun1
by Kato Jun1
初めてのやり取りでしたが、わかりやすく教えてくださいました。 短いPR動画を作って頂きましたが 対応や修正が早いのと、何より動画作成のセンスの良さに感動しました。 また引き続き制作依頼をさせて頂こうと思っています。

短尺動画の制作・編集の依頼はココナラ

得意なスキルを売り買いできる「ココナラ」では、さまざまな動画編集の技術を持ったクリエイターがサービスを出品しています。「自分で撮影した動画をかっこよく編集して欲しい」「おしゃれな結婚式ムービーを作りたい」「YouTubeで商品や会社のPR動画をアップしたい」などの希望に答えられるクリエイターが必ず見つかります。

ここからはココナラで動画編集サービスを依頼する際の手順や注意点、おすすめのクリエイターなども紹介していきます。動画編集の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

<目次>
1.短尺動画の制作・編集が必要なシーン3選
2.短尺動画の制作・編集をココナラで依頼するメリット
3.ココナラの短尺動画の制作・編集の相場は?
4.ココナラの短尺動画の制作・編集を依頼した人の口コミ
5.短尺動画の制作・編集をココナラで依頼する方法

短尺動画の制作・編集が必要なシーン3選

ココナラで動画編集の依頼をする理由は大きく分けて3つあります。ではどんな時にココナラが選ばれるのでしょうか?詳しく見てきましょう。

1.歓送迎会や結婚式などのイベント
歓送迎会や結婚式など、余興やプレゼントに使用されることが多いようです。これらのイベントは準備に手間がかかる反面、動画編集以外の出し物や準備で手が取られてしまいます。そのため、ココナラを利用して撮影した動画の編集を依頼する人が増えています。特に結婚式の余興向けの動画編集は人気で依頼できる出品者が多数いるのが特徴。歓送迎会や結婚式といったプライベート用の動画編集でも、気軽に作成依頼できるところがココナラが選ばれる理由と言えそうです。ちなみに、結婚式で流す動画、通称・ウェディングムービーには4つの種類があるってご存知でしたか?ここからは実際の披露宴の流れにそってご紹介します。

・披露宴開始時|オープニングムービー
オープニングムービーは、披露宴がスタートする時に流す映像のこと。ムービーが終わった直後にいよいよ新郎新婦の登場です。ムービーの時間は2~3分が目安。それ以上長いと、少し間延びした印象になってしまうので注意してください。内容は、がんばってゲストに楽しんでもらうために結婚式を準備を進めてきた様子を流すのが一般的だそう。

・披露宴中盤|余興のムービー
余興のムービーには2つのパターンがあります。
- 余興を頼まれた友人や同僚が行うもの
- 恋人へサプライズとして行われるもの
新郎から新婦へのサプライズや、友人から新郎新婦へのサプライズとして使われることなどが多いです。ムービーは長くても10分以内に押えましょう。

・披露宴終了時|エンディングムービー
披露宴を締めくくる時に流すのがエンディングムービー。当日の結婚式の写真を撮って出しで使用することが多いです。ゲストの中にお子さんがいる場合、カメラを渡して撮ってもらった写真を使うのも面白いですよ。挙式や披露宴中に、お子さんが飽きない対策にもなります。また、参列してくれたゲストの名前を、映画のエンドクレジットのように流すのが人気。それに合わせてバラードなど、BGMの雰囲気を合わせるのが大切です。

・プロフィールムービー
プロフィールムービーとは、新郎新婦の生い立ちや馴れ初めを紹介する映像です。これは、2つの場面で使われます。
- 披露宴開始時、オープニングムービーの変わりとして
- お色直し後の再登場の際
家族への感謝を伝えたい。いつもお世話になっている友人や同僚にお礼を言いたい。など、ゲストへの思いを伝えたい時にプロフィールムービーはぴったり!新郎新婦の写真にプラスして、コメントを添えるのがおすすめです。

2.会社の宣伝や採用活動
ビジネスシーンでもココナラの動画編集は選ばれています。
会社の宣伝動画や採用動画で、素材はそろえたからあとはライバルと差別化したい……!という理由で、ココナラに作成を依頼をする企業も少なくありません。ココナラなら、個人利用だけではなく法人でも利用できるのも嬉しいポイントです。年々拡大する動画市場にあわせて、企業は動画での集客や採用に力を入れています。しかし予算の都合で制作会社に依頼できなかったり、短納期で融通が利きづらい場合にココナラが役立っているのです。また、企業PR動画を作る際には押さえておくべきポイントとコツがあります。

・PR動画には配信する目的と顧客の明確に
まず、動画のキモとなる部分を明確にするはもちろん、その時々・ターゲットにマッチした動画作成が求められます。上記の要素を満たしているPR動画は思いのほか少なく、差別化できるポイントでもあります。加えて、差別化することで人気の動画としても認知される可能性も上がるのです。また、動画に関わらず、マーケティングの基本中の基本としてPR動画には配信する目的と顧客の明確化が必須です。よくやりがちなのが、すべての視聴者に考慮したという名目で作られた当たり障りのない内容のPR動画。悪いことではないのですが、万人受けするものはそもそも存在しないと考えるべきでしょう。日本国内だけに限っても、万人受けを狙うとなれば約1.3億人の日本国民全員をターゲットにすることになります。当然ですが、全員をターゲットにすることなど到底不可能です。誰に何を伝えたいのかという明確なターゲットを決めなければ、見られることすらないPR動画になってしまいます。

・BGMや季節感に配慮する
年中発信できるPR動画ですがBGMをつけたり、季節感を加えたりするだけで視聴者の目に止まりやすくなります。コンセプトに合ったBGMの挿入は動画にメリハリを与え、視聴者を飽きさせなくします。季節感を盛り込むことで生まれる目新しさも注目度を上げるための工夫です。年中見られることが動画配信のメリットですが、時期によってどの動画に誘導したいかはSNSなどの運用次第でいくらでも変えることができます。月単位で変える必要はありませんが、PRしたい企業のサービスや製品の中にはシーズンものも少なくありません。動画に季節感を持たせることでサービスや製品のブランディング・購買意欲の向上を、時期を狙って作り出すことができるのです。

・動画の時間を考える
上手に運用すれば思いがけない集客に成功する可能性を秘めたPR動画ですが、動画の時間には要注意です。配信・拡散するプラットフォームによって多少の差異はあるものの、おおむね1分以内が適切とするのが一般的。動画マーケティング会社「Wistia」の調査によると、最後まで視聴するユーザーが50%台なのは1~2分まで。それ以上になると最後まで視聴するユーザーは徐々に減少しています。ユーザーがサクッと見ることができ、かつ内容のあるものに仕上げる必要があると言えるでしょう。

3.SNSの収益化やファンづくり
YouTubeやTikTokをはじめとする動画コンテンツが日常に浸透し、それを収益目的で運用する人も増えてきました。ここでもココナラの動画編集が選ばれています。動画投稿は定期的に、一定の品質を保ってアップしなければなりません。個人が1日にできる量は限られているうえ、配信者には録画の手間もかかります。そのため、ココナラの動画編集サービスを使って、編集だけ依頼している配信者も多いのです。

・最近のトレンドは「切り抜き動画」
収益目的でTikTokなどの動画プラットフォームを運用する人の中でも、最近のトレンドは「切り抜き動画」。切り抜き動画とは、既に完成または公開されている動画のワンシーンをカットし、再編集した動画のことを指します。1本当たりの動画が長く、端的に内容を知りたい人も多いことに対応した動画です。実際に、切り抜き動画のように短くまとめた動画のほうが、もとになった動画よりも再生回数が多いことも!

・切り抜き動画はなぜトレンドに?
2021年に入ってから急増した切り抜き動画。そもそもなぜ、切り抜き動画はトレンドになったのでしょうか?Vtuberや、ゲームやe-sportsの実況配信を行うストリーマーなど、配信を主体として活動する人達が増えてきたことが、ブームの背景にあるといえます。ですが、切り抜き動画の違法性を理解せずに無闇に切り抜き動画を制作すると、思わぬ落とし穴も……!第三者による切り抜き動画の制作を黙認している配信者もいますが、必ず著作者、つまり動画の本家への許可取りしましょう!連絡はチャンネルから取れる場合があります。

・YouTubeショート動画の人気も!
ショート動画とは、60秒以内にまとめられた、文字どおり短編の動画のことです。縦型で、2021年7月ごろに追加されたYouTubeの新機能のひとつでもあります。視聴者ができることは、本編の動画と同じくコメントや評価で、動画の時間と向きが異なるだけです。わざわざ画面を拡大しなくても動画が全画面表示になるため、使い勝手も高いのがメリット。興味のない動画はスキップもできるので、本編動画よりもサクッと見れるという特徴もあります。YouTubeショート動画とよく似たものとしてTikTokやリールがあげられますが、それらには決定的な違いがあります。動画のターゲットに合わせて発信先が分けられるのでよく理解しておきましょう。

- ユーザー層はショート動画がもっとも広い
大きな違いは年齢層です。3種類のうちもっとも年齢層が広いのはショート動画です。母体であるYouTubeの利用者も年齢層が広く、老若男女問わず利用されています。ショート動画はYouTube内のコンテンツのひとつなので、同じように幅広い年齢層に見られる可能性があるのです。TikTok、リールよりも年齢層が広いため、ターゲットの明確化は重要な課題です。

- TikTokは若者中心のコンテンツがメイン
TikTokは、アプリそのものが動画再生コンテンツなので、そもそもの使い勝手が違います。また、TikTokは、ショート動画と比較すると利用している年齢層が低いという特徴があるのです。主な年齢層は10代であり、歌やダンスの流行を陰で支えています。最近では新商品の紹介もしていたりしますが、やはりターゲットは比較的若い人が中心。女子高生など、流行を作り出す世代に向けて発信するならTikTokがいいでしょう。

- リールはTikTokより年齢層が少し上
Instagramにも、類似のサービスとして「リール」があります。同じように60秒未満の縦向き動画ですが、こちらは気になる動画をタップしないと再生されません。また、Instagramの利用者も20~30代が中心で、TikTokやYouTubeよりもピンポイントになっています。InstagramはYouTubeやTikTokとは異なり、SNSなので自分の興味のあるものを選別して視聴可能。こういった違いが3本の類似の動画にはあるのです。

短尺動画の制作・編集をココナラで依頼するメリット

動画は撮影をして終りではありません。YouTubeに動画をアップしたり、公の場で公開するまでに避けては通れない「編集・加工」。自分で編集する時間もなかなかつくれない、または技術が足りなくて思うようなクオリティに仕上がらない方も多いことでしょう。そんな時は動画編集・加工をココナラで依頼してみてはいかがでしょうか。ここでは、動画編集を自分で行うのではなく、ココナラに依頼する時のメリットを3つご紹介いたします。

1.企画、撮影にもっと時間を費やすことができる
動画の尺にもよりますが、YouTube初心者の方は、動画の編集作業に6時間〜8時間程度かかってしまうことも。短時間の動画でも、長時間にわたる編集作業をしなくてはなりません。ココナラの出品者に依頼することで、編集時間を大幅にカットすることができます。編集する時間がなくなれば、動画の企画、撮影にもっと時間を費やすことができるので、動画の投稿頻度を高めることにもつながります。

2.希望に沿った高品質な動画に仕上がる
ココナラの出品者に依頼をすると、どういった動画に仕上げたいのいのかという打ち合わせが発生することも。出品者の経歴は様々ですが、長年動画制作に携わり、数多くの実績を持つ方もいます。そういった方々からは、打ち合わせで動画作成だけでなく、あなたの動画の質と再生回数が増えるための改善策を学ぶことができます。経験豊富なクリエイターさんの動画編集によって、あなたの動画の幅もきっと広がるはず。

3.予算に合わせて依頼できる
自分では真似できないようなクオリティの高い動画を制作してくれるココナラの出品者たち。きっと値段が高いのでは?と思いますよね。ココナラでは、編集内容にもよりますが、あなたの予算に合わせて動画編集を依頼することができるんです。また、ココナラでは出品者の実績や利用者さんの口コミを見ることができるので、安心して動画編集を依頼することができます。ジャンル問わず、自分に合った動画編集者さんを見つけることができる点も嬉しいポイント

ココナラの短尺動画の制作・編集の相場は?

ココナラの動画編集・加工のサービスを出品しているクリエイターは、動画制作の専門家からフリーランス、特技を生かした副業と、さまざまです。出品されているサービス内容もクリエイターによって異なり、特に動画編集の場合は動画の長さによって作業時間が異なるため、料金もリーズナブルなものから高額なものまでかなり幅があります。安い場合は5,000円前後から出品されていますが、高い場合は30万円程度の費用がかかることも。最も多くの数が出品されている価格帯は、1万円~5万円となります。あらかじめ構成が決まっていて指定された枚数の写真を送るだけで作成可能な結婚式ムービーなどは比較的低予算ですし、オリジナルの商品PR動画や動画撮影まで丸投げするケースなどの料金は高額です。

<決済はココナラが間に入るため安心>
ココナラは出品者と直接依頼のやり取りを行うシステムですが、支払いに関しては直接お金のやり取りが発生するわけではなく、ココナラが間に入ります。個人間の不要なトラブルが避けられる点は、安心できるポイントなのではないでしょうか。基本的に前払い制となっていますが、まずは見積もり依頼をして、金額と内容に納得してからの購入が可能です。

<どのような編集を依頼できるの?>
ココナラで出品されている動画編集サービスの主な内容は、以下の通りです。

* カット作業
* テロップ・字幕挿入
* 色調調整
* 効果音・BGMの挿入
* エフェクトの挿入
* 素材の挿入
* モザイク加工
* レタッチ

出品者によって対応可能な内容は異なります。対応可能な内容についてはサービス詳細ページに記載されていますので、チェックしてみてください。詳細ページで確認できない細かいリクエストなどがある場合は、気になる出品者に相談してみてはいかがでしょうか。ココナラ の会員登録は無料で、登録すると出品者への事前問い合わせなども可能となります。

ココナラの短尺動画の制作・編集を依頼した人の口コミ

ココナラの動画編集には、さまざまな口コミが寄せられています。良いものもあれば、残念ながら悪いものもありますが、リスク回避の方法がありますのであわせて紹介していきます。実際に見ていきましょう。

<良い口コミ> ココナラの動画編集に寄せられる良い口コミは、主に次のものがありました。

* 出来上がった動画の質が高い
* 価格が良心的
* 短納期で仕上げてくれた
特に多いのは価格と納期の2点。制作会社のように大人数で編集しない分、時間も大幅にカットできるようです。また、それ以外には「カンタンなストーリーボードを渡しただけで完璧に仕上げてくれた」などの声も。値段がリーズナブルだから依頼するのが怖いという考えはしなくてもよさそうですね。

<悪い口コミ>
ただ、一方でたまに悪い口コミも見受けます。

* 返信が遅い
* クオリティに難がある

ココナラは、フリーランスはもちろんのこと、本業の傍らで出品している人も少なくありません。そのため返信の早さにはクリエイターでばらつきがあるのは仕方がないと言えるでしょう。クオリティに関しては依頼する側とクリエイター側の意思疎通が不十分だった可能性もあるかもしれません。
クオリティを求めるのであれば、事前に出品者ページの評価・感想を確認することで、リスク回避はできるでしょう。

<総合的にみると満足度は高い>
賛否それぞれありますが、動画編集においてはおおむね満足している購入者が多いようです。動画編集は専門知識が必要で、素人が一朝一夕で出品できるようなサービスではありません。価格が良心的なことも手伝って、満足度は高い方に入るでしょう。ココナラでは身元確認を徹底しており、出品者の信用度を高めています。過去の購入者の口コミも参考にできるため、購入先選択の基準にしましょう。

短尺動画の制作・編集をココナラで依頼する方法

ココナラで依頼する際には、依頼の全体的な流れや事前に用意しておくものを分かっていることで、スムーズにやりとりを行うことができます。

1:ココナラで依頼する人を探す
検索ボックスやカテゴリ選択から、自分が求めている依頼する人(出品者)を探しましょう。以下にある絞り込み機能を使っていくことで、さらに求めている依頼する人(出品者)を探すことができます。

<絞り込み機能一覧>
・ランク
・金額
・基本内容
・基本対応範囲
・お届け日数
・手法
・スタイル

また、疑問点・不安点などの質問があれば、サービスを購入する前に依頼する人(出品者)と直接やりとりすることができます。

<コピペOK!依頼文のテンプレ>
具体的には、納期・料金・納品形式・背景色など不明な点を相談していきましょう。

(例) ○○(イメージ)を考えており、〇〇様にぜひお願いしたいと考えております。お届け予定日数には○日との記載がありますが、できれば○月○日までにご対応していただけることは可能でしょうか。 また、○○(オプションに書かれているもの以外)もお願いしたいと思いますが、その際のお値段などを詳しくお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。

2:サービスを購入する
依頼する人(出品者)を決めることができたら、出品者の指定サービスをクレジットカードなどで事前に決済をしていきます。クーポンなどの利用がある場合は、きちんと購入する前に選択しているか確認しておきましょう。

3:依頼する
サービスを購入した後、トークルームと呼ばれるサービスを基にしたチャットスペースを利用できます。メッセージは、サービス購入前のすり合わせなどに使われていくので、しっかりとトークルームか確認してから、依頼内容を細かくすり合わせしていきます。

4:正式な納品を確認する
何度かすり合わせを行った後、出品者の方から正式な納品物が送られてきます。しっかりと自分の要望通りになっているかを確認した後「承諾」を選択していきます。このときに、送られてきた納品物が予想と反していた場合には「差し戻し」を選択し、出品者の方にどこを改善して欲しいのか伝えていきましょう。

5:評価を入力する
無事に納品を確認した後は、購入したサービスの評価・感想を入力していきます。全体の評価(総合評価)は全部で5段階あり、出品者には総合評価のみ公開されます。ただ、細かな評価「要望の分かりやすさ・コミュニケーション・納期/スケジュール」も入力することができるため、自分の中でのサービス評価をつけることが可能です。

基本的な全体の流れは、たった5ステップですますことができるため、プロの手によって短時間でホームページが生まれ変わります。ココナラでは、新規会員登録(無料)で300円割引クーポンをプレゼント中。ぜひ、この機会にご利用してみてください。

<ココナラとは?>
ココナラとは、ビジネスからプライベート利用まで「知識・スキル」を気軽に売り買いすることができる日本最大級のスキルマーケットです。専門のプロが集結していることから、悩みをすぐに解決することもできます。

1:さまざまなサービスを比較できる
ココナラは、200種類以上のカテゴリからサービスを簡単に比較することができます。納品形式〜デザインジャンルなどの細かな提供方法も比較することができ、プロフィールの情報と評価からも比較することで、サービスをお得に利用することが可能です。

2:時間に縛られず、オンラインで完結
サービス提供や細かなやり取りまで、全てオンライン上で済ますことができます。また、サービス形式も「テキスト・ビデオチャット・電話・コンテンツ」と幅広い対応ができるため、時間や場所を気にせずに利用することが可能です。

3:365日サポートで安心・安全
初めてココナラを利用する方の不安要素となる「お金のやり取り」は、購入・販売まで全てココナラが仲介するため、安心して利用することができます。また、何かトラブルがあった際にも365日運営でのサポートを利用することが可能です。

<ココナラの購入者ができること>
1:出品サービスの購入
200種類以上の出品サービスを比較しながら、自分の悩みに沿ったサービスを購入することができます。購入時の決済手段は、以下の通りです。

・クレジットカード
・キャリア決済
・コンビニ決済
・電子マネー(Bit Cashのみ)
・銀行振込
・こんど払い(1ヶ月分お支払いを翌月に)
・ポイント(1ポイント1円)
・ココナラコイン
・請求書払い(Paid)
・Apple Pay

2:見積り依頼
出品者のプロフィールやサービス情報をもとに、自分が依頼したい内容と比較しながら購入前にメッセージで見積もり依頼やカスタマイズ相談をすることができます。細かなすり合わせの打ち合わせのほかにも、イメージの錯誤を購入前に防ぐことができるため、気になる点がある場合は相談するようにしましょう。

3:提案を募集する
出品されているサービスを見ても、自分が欲しい内容が見つからないときや探す手間を省きたいときには、仕事の依頼内容を投稿することができます。投稿期限も選択することができ、仕事の依頼内容を細かく書くほど自分に合った提案をもらうことが可能です。また、購入者側がフォローできる場合には「初心者OK」などを選択することで、より多くの提案を貰えることも…。

4:ブログ・記事の閲覧と購入
ココナラブログでは、出品者の方の知識や動画・音声などのコンテンツを見ることで、商品サービスの魅力を知ることができます。また、出品者が書いている記事を参考にすることで人柄もイメージすることができ、サービス購入を検討することも可能です。

動画編集関連のココナラマガジン記事

【初心者必見】YouTube動画を作成する方法って?かかる費用やおすすめの依頼先まとめ

閉じる
カテゴリから探す