絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

651 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

携帯電話料金のこと

今日は音楽とは少し違ったお話をさせて下さいませ。いつからか通信費に膨大なお金をかけることがあたりまえの生活になってしまっていることに日ごろから疑問に思っていました。携帯電話がなかった頃は一か月の電話代といえば3000円ぐらいだったと思います。メールやネット検索が出来たりナビがあったり様々なアプリを活用できるとはいえ、アプリはアプリで料金を支払っているものもあるし、、、何故なのかなと不思議に思っていました。街中で携帯電話が安くなりますよ!と声をかけられたこともあったけれども信じられなかったりしてスルーしてきました。昨日、お金の専門家の方から携帯電話を節約する方法のお話を伺って即座にドコモから格安モバイルに乗り換えました。おかげさまで月の携帯料金は来月以降は10000円ぐらい安くなります。もっと早くからそうしておけばよかったと今は思います。何故ドコモにこだわっていたのか自分でもよくわからなくて冷静に考えたら電話といえばドコモかソフトバンクかとか、、、といつからか思い込んでいたことに気が付きました。これを機に自分の普段の当たり前に消費している生活費を見直そうと思いました。次は保険を見直します。電話と保険を見直すだけで結構な節約になりそうです。
0
カバー画像

第37回:理論株価計算、財務モデルの前提をどのように作るか (実務編)

第37回:理論株価計算、財務モデルの前提をどのように作るか (実務編)この度はお読み頂きまして誠に有難うございます。Taskaruです。本ブログではコーポレート・ファイナンスに関わる話題を幅広く取り上げていきたいと考えています。 以前、理論株価の計算で非常に重要になる財務モデルの作り方について、考え方のフレームワークを紹介しました。今回は続編として、(主に投資銀行業務を念頭に)もう少し実務寄りの話題として、実際にはどのようなアプローチが取られているか紹介したいと思います。【理論株価の計算:エクセルを使用したツール公開中!】【前回のブログ】まず、大きく分けて2つのパターンがあります。1.「マネジメント・ケース」が有るとき一般的に、投資銀行が例えばM&A案件において、買い手側あるいは売り手側のアドバイザーに就任する際、アドバイスを提供する事業会社(つまり、投資銀行にとってのクライアント企業)から、買収対象企業あるいは売却対象事業に関する事業計画を受領することが多いです。これは「マネジメント・ケース」と呼ばれ、多くの事例において5年程度の予想値を含むものとなります。また、予想値についてはクライアント企業が作成したものになります。これに対して、投資銀行において、前提条件等に対して一定程度調整をかけた予想値も同時に作成され、調整の掛け方によって、これらは「ベース・ケース」「強気ケース」「ストレス・ケース」等と呼ばれたりします。調整の程度については、一概に答えはなく、前回ブログ第16回でも言及したように、分析対象のビジネスに詳しい専門家等の意見もクロスチェックとして聞きながら作成す
0 500円
カバー画像

仮想通貨に想う。

 みなさんおはようございます。日曜日の雨でしっとりしている千冬です。涼しくていいですね。 さて、今日は仮想通貨についてです。私は株式投資をしていますが、年齢とかけている金額が少ないので、儲かってはいますが本当に少しです。もっと若い時に投資をはじめていたらとたらればではありますが思います。若い方はどんどん投資をしましょう。 そこで目をつけたのが仮想通貨です。まぁこれについてもある程度の金額が必要ですが、株式ほど気が遠くなるような年月がかからないように感じます。 仮想通貨って私の年齢になると「怪しい~」とか「詐欺っぽい」と感じてしまうのですが、だいぶ世界的にも認知がされていることから少し投資してみようかと考えています。 若い世代の方には株式よりも一攫千金の仮想通貨が人気があるようです。その一方で詐欺が横行していることや、一時期パリピ状態だった人が音信不通になったとかもあるようです。 ビットコインとイーサリアム以外には投資するつもりはありません。もしすでに仮想通貨に投資している方がいましたら、教えてほしいです。 今日もありがとうございました。よい日曜日をお過ごしください。では~                        千冬
0
カバー画像

第30回:株式投資 ~ 相場サイクルを「イールド・カーブ」から考察する(定点観測)

第30回:株式投資 ~ 相場サイクルを「イールド・カーブ」から考察する(定点観測)この度はお読み頂きまして誠に有難うございます。Taskaruです。本ブログではコーポレート・ファイナンスに関わる話題を幅広く取り上げていきたいと考えています。さて、ブログ第21回と第25回では、株式相場のサイクルや「イールド・カーブ」について紹介致しました。株式相場のサイクルと「イールド・カーブ」の関係性についての詳細に土江は、ブログ第25回を参照頂ければと考えておりますが、先般の記事作成後から色々と地政学リスクの高まり等の変化も生じているので、本日はそのアップデートとして、状況の定点観測をしたいと思います。さて、ブログ第25回で紹介した通り、私は基本的に、毎朝、米国国債の2年金利(利回り)と10年金利の動向に加えて、その差についても確認するようにしています。前回1月末の時点で「2年金利と10年金利の差、つまり、長期金利と短期金利の差分」は、60.43でしたが、3月11日時点では、24.92まで急速に低下していることが見られます。【前回時点のグラフ:再掲】【3月11日時点】これが何を意味しているかと言うと、
0 500円
カバー画像

確定申告しないと損をする!最大18.115%も得する配当控除とは?

配当金収入を確定申告せずに源泉徴収だけで済ましていると、実は損をしてしまっている場合があるのをご存じでしょうか? 配当所得は確定申告を行うことにより、 配当控除の適用を受けることができます。 今回は、配当控除の概要や 確定申告した方が有利になる条件について説明していきます。 配当金の源泉徴収とは 配当金の源泉徴収とは、 配当金受取時に金額に応じた税金を差し引く制度です。 源泉徴収された税金は、配当金支払者が税務署へ納付します。 源泉徴収による税率は配当金額の20.315%となっており、 所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%の割合です。配当金の確定申告が不要となる3つの条件 配当金は源泉徴収が行われているため、 下記の場合は確定申告が不要となります。 ・特定口座(源泉徴収あり)を利用している ・特定口座(源泉徴収なし)を利用し、給与所得以外の所得が20万円以下 ・NISAを利用して購入した株式からの配当 あくまで確定申告は不要というだけであって、 確定申告をすることを妨げる訳ではありません。 配当控除の概要 配当金にかかる所得を総合課税として確定申告を行うと、 配当控除が適用されます。 配当控除は、 所得額ではなく税額から直接既定の金額を控除する税額控除です。 控除される税額は、 所得税が10.21%、住民税が2.8%の合計13.01%です。 確定申告をすると有利になる場合 配当控除が適用された後の税額が源泉徴収税額を下回る場合は、 確定申告を行った方が有利ということになります。 具体的に確認していきましょう。 確定申告が有利になるかは、 所得額が695万円以下か
0
カバー画像

株式投資に源泉徴収ありの特定口座を使ってはいけない理由とは

ココナラを始めとする副業をされている方の中には、株式投資をされているかも多いのではないでしょうか? 株取引を行う際には証券会社に口座を開設することになり、 一般口座または特定口座を選択することになります。 多くの場合は特定口座を選択されるかと思いますが、 それぞれの口座の違いをご存じでしょうか? 今回は、一般口座と特定口座の違いを説明し、 源泉徴収ありの特定口座を使ってはいけない理由について解説します。 一般口座と特定口座の違い 一般口座と特定口座の違いは、 証券会社が年間損益を計算してくれるか否かという点です。 特定口座を選択すれば、証券会社が1年間の損益を計算し、 「年間取引報告書」を作成してくれます。 一般口座を選択した場合は、 自分自身で損益計算を行う必要が発生します。 特定口座を選択しても、通常手数料等は発生しません。 特別な理由がない限りは、特定口座を利用するのが一般的です。 特定口座は源泉徴収の有無を選択できる 特定口座のもう一つの特徴は、 株取引で譲渡益が発生した場合に源泉徴収を行うことができる点です。 源泉徴収が行われれば、それで課税が完結します。 つまり、株式譲渡益に係る確定申告が不要になるということです。 源泉徴収を行えば確定申告の手間を省略することができるので、 このことは一般的にメリットと捉えられています。 そのため、多くの方は源泉