絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

9 件中 1 - 9 件表示
カバー画像

お手伝い DE ペッパーライス(^_-)-☆

おはようございます!先日、絶賛反抗期中長男(中1)がおばあちゃんと一緒に夕食づくりにチャレンジしました☆彡反抗期とはいえ、将来にむかって少しずつ料理に関心が出てきたようです。先日は初歩的ですが「目玉焼き作ろうか―」なんて自分から言うようにもなってきたようです。中学校では入学してすぐの頃はまだ慣れない様子でしたが、部活にも入り、いま先輩からいろいろ指導をうけています笑少しずつではありますが、たくましくなっていってほしいと願っています。。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・。・。・。・。・。・・。さて、人間には「体内時計」というのがあります。ご存知とおもいますが、この「体内時計」がみだれると「睡眠障害」だったり「免疫力の低下」に影響が出てきます。これを調節するのが、朝日つまり「日光」だったりします。日中も日は照っていますが、より効果的なのが朝一番の日光です。日光には「セロトニン」という脳内物質「幸せホルモン」と呼ばれこれは体内時計をリセットする役割があるからなのです。なので、夜型の方も、少し早めに寝る習慣や、早起きして日光を浴びれば一日が快適にすごせることでしょう。では最後に質問です。おうち時間を工夫して「リラックス効果」が得られる効果があるということがあります。それはなんでしょう?(各、家庭でされているものや身近な事だったりしますよ☆)よければ、メッセージでお聞かせください(^_-)-☆ メッセージ下さった方、必ずお返事させていただきます☆ それでは、ココナラブログ次回もおねがいします☆ 相談系電話・オンラインレッスンでお待ちしております(^^)/
0
カバー画像

子供の発達障がいはいつわかるの?

ARAGAMIWorksです。前回は第1回目の記事ということで、発達障がいについて簡単な説明をさせてもらいました。今回は子供の発達障がいは、いつわかるのか?について書いていこうと思います。意外と見逃される・怪しいけどスルーされる?現在の日本のシステムでは出生から半年後に保健師による検診を受けることが多いと思います。6か月検診は身体の発育状況や栄養状態、疾病・異常がないか?運動機能に障害がないか?精神発達の状況はどうか?言語障害がないか?などを確認します。ここで、見逃されてしまうケースとして、明らかな知的障害がない場合です。検診の内容がで発達に関する項目が精神発達の状況と言語障害なんです…。何が問題かというと、この時期の赤ちゃんて実はほとんど差がないんですよ。差がないということは、どんなに経験豊富な保健師であっても全ての異常を見分けるのが困難なんです。ここが第1のスルーポイント。1歳半検診、3歳児検診でも…6か月検診でスルーされると、次は1歳半検診です。6か月検診の頃より成長しているので、発達・言語のほかに歩行の遅れなどに差が出てきます。自閉スペクトラム症の子は立ち上がりや歩行などの成長が緩やかなこともあり、ここで診断されることがあります。怪しい場合は3歳児検診まで「様子見」としてスルーされることもあります。ここが第2のスルーポイント。3歳児検診になると、明らかに発達の遅れが見られる子が出てきます。この時期になると、定型発達(世間では健常者という)と自閉スペクトラム症・発達障がいの違いが顕著になってくるので、ここで診断されることが多いのです。しかし、ここでも発達に大きな遅れのない
0
カバー画像

あるあるラジオとは

0
カバー画像

発達障がいあるあるラジオ~後半

0
カバー画像

障がいのある方が豊かに過ごすために

私と小鳥と鈴と私の大好きな金子みすゞさんの詩です。ご存知の方も多いのではないかと思います。 「 私と小鳥と鈴と 」              金子みすゞ   私が両手をひろげても、   お空はちっとも飛べないが   飛べる小鳥は私のやうに、   地面を速くは走れない。   私がからだをゆすっても、   きれいな音は出ないけど、   あの鳴る鈴は私のやうに   たくさんな唄は知らないよ。   鈴と、小鳥と、それから私、   みんなちがって、みんないい。みんながそれぞれ大切な存在で、優劣はつけられない。そんなことを気づかせてくれる詩です。それぞれの個性を活かして人はそれぞれ違っていて、様々な個性があります。障がいもその一つだと私は考えています。ベートーベンも耳が聞こえなかったというのは、有名な話です。その中でも『運命(交響曲第5番)』という、後世まで残る曲を書きました。自分の個性を理解し、向き合いながら過ごしていくことはとても大切なことです。そこで重要になってくることは、いつそれ(個性)に気づくかです。早くから正しく理解し、行動していくことが大切です。一人で悩まずに相談しましょう!○自分の子どもが他の子となにか違うようだ。○障がいがあるかもと先生に言われたけど、そうなんだろう。○自分は他の人と違うのかな?○障がいのある友達や友人とうまく付き合っていくためには?など、お悩みの方は是非ご相談下さい。専門的な視点からアドバイスいたします。ちょっとしたことでもなんでも大丈夫です。話すとスッキリすることもたくさんあります。一人で抱え込まずに、あなたのモヤっとをスッキリさせましょう!!
0
カバー画像

危険予測や相手の気持ちが分かりづらい子ども

「想像力の欠如」から、飛び出したら危ないとかモノを投げたあとに起きる事象が理解できていない子どもがいます。高いところから飛び降りたら痛いのは自分ですし、ちくちく言葉を言ったら相手はイヤな思いをします。では、想像力はどうやって伸ばしましょうか。
0 500円
カバー画像

大人の発達障がい当事者会を開催しました

今回は告知が1週間程度と期間が短かったのですが、約10名ほどの生きづらさを抱える男女が集まって、リモートによる交流会が開催されました。コロナ禍のさなか、直接顔を合わせる機会がない事は、さみしい限りですが、リアルでは実現しなかった、遠方からの参加者もいるなど、活動の幅がひろがったのは、かえって良かったかもしれません。個人が日頃抱える悩みを、グループで聞いてもらいつつ、様々なアドバイスや体験談が聞けるのはまさにリモート当事者会の醍醐味ですね。次回は7月中旬頃になる予定。また多くの仲間が集い、様々な話題で降りあがれるのが楽しみです。
0
カバー画像

発達障がいの子どもたち

「毎日感じること」発達障がいの子どもは本当に素直で優しく、そして純粋だといつも思う。そして真面目で正義感が強い。真面目だからできないとイライラする。正義感が強いからほかのトラブルまで入ってしまう。トラブルは学ぶチャンス💛何かあるたびに相手の気持ちを推し測り、自分の思いも言葉で表出する力がつけば、友だち関係の構築がうまく行く。子どもの成長は目覚ましい。
0
カバー画像

8月のお知らせ

8月ももう残り少なくなってしまいましたが8月のお知らせを更新です。現在納期は要相談とさせていただいています。実際は2~3日程度でしょうか。先月くらいから、不登校のお子様の鑑定、発達障害のお子様の鑑定依頼が続いています。いよいよ風の時代の到来。学校制度に捉われない教育や人生観がもっともっと広がっていきます。こちらのメニューは昔から力を入れて研究しているテーマですが、ご相談を頂くたびに新しい発見があります。「学校に行けるようになりました」とか「子どもの様子に変化がありました」など、鑑定後のフィードバックやリピート鑑定のご依頼をいただくことが多いのも特徴です。一度ご相談いただいた方のお子様のことは、本当に陰ながらではありますが、鑑定後も一緒に見守っているような気持ちで過ごさせていただいています。お子様が笑顔で過ごせるようにどうしたらよいか…一緒に探していきましょう。
0
9 件中 1 - 9
有料ブログの投稿方法はこちら