絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

217 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通って見た(4)〜 記事

【面接・試験問題提出】皆さん、こんにちは。ゆぎです٩( ᐛ )و2日更新のお休みをいただいておりました。楽しみにしてくださっていた方申し訳ありません・・・そしてお待たせいたしました。こちらの職業訓練シリーズも4回目に差し掛かりました。といってもトピックスを全12回ほど予定しているのでまだまだこれからというところでしょうか。ちなみに今回の記事については前回の第3回目の記事でもお伝えしましたが初めての有料にさせていただきました。↓まだ第3回の記事を見ていない〜という方はもしよろしければ合わせてこちらもご覧くださいませ!!なんで今まで無料で見られたのに有料なの?というところですが、私が実際に職業訓練校へ入校する際に受けた試験問題に対する回答や面接の様子などを書きます。これは私なりにかなり時間をかけて考え回答したものでけして安易に思いついたものではありません。私にとっては大切な財産だと思っています。今から書く回答例を真似すれば必ず訓練校に受かるとは限りませんが、本気で訓練校に行きたいと思っている方の少しでも力になれるものにしたいと思っています。どうかご了承ください。※こちらの記事に記載しました試験問題・面接内容については、2021年現在のコロナ禍で行われた受験内容になります。したがって今後試験・面接方式などが変更される場合もございますのでご了承ください。※私が記入した内容をそのまま回答として提出するのはお辞めください。あくまでも参考までに思っていただけると嬉しいです。
0 500円
カバー画像

職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通って見た(3)〜

【受験の申し込み方法】皆さん、こんにちは。ゆぎです\\\\٩( 'ω' )و ////私のブログ記事を見てくださる方がいらっしゃるようでとっても嬉しいです!!!!!ご覧いただきありがとうございます。まだまだ不慣れではありますが、今日も記事書いていこうと思います!今回は、職業訓練を受けるための【受験の申し込み方法】をお伝えできればと思っております。ちなみに前回の記事【職業訓練とは?】をご覧いただいていない方はもしよろしければぜひご覧ください◎今から書く記事に関係する内容もちらっと書いてあります。職業訓練については知ってるからどうやって申し込みすれば良いか分からないという方は今からの記事をご覧くださいませ♪早速ですが、私は【離職者向けの公共職業訓練】を受講しましたので、そちらの申し込み方法をお伝えします。要は失業保険を頂きながら職業訓練に通うという選択です。もしかすると都道府県や地方自治体によっては下記の方法での申し込みと異なる可能性もございますので、最寄りのハローワークに問い合わせしてから申し込みすることをお勧めいたします。ちなみに私は愛知県で受講したのでご参考までに。後、実は職業訓練の受験申し込み自体はかなり簡単なのですが、訓練の申し込みをする前に行う失業保険の申し込みが大変です・・・。なので手順としてまず失業保険の申請からお伝えします。まず離職者ということなので当然仕事を退職していなければなりません。※失業保険を申請後、基本的にアルバイトやパート・お手伝いなど職安から決められた範囲内で仕事をしても良いとされていますが失業保険や職業訓練の申し込みをしようと思っている方は申請の際
0
カバー画像

職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通って見た(2)〜

【職業訓練とは?】こんにちは。ゆぎです٩( ᐛ )و職業訓練って実際どうなの?〜Webデザイン系職業訓練に通ってみた(2)〜ということで初めのトピックスはごあいさつから始めさせていただきました。まだ最初の記事見てないよーっという方はこちらからぜひご覧ください◎早速ですが今日は職業訓練校に通う前にそもそも【職業訓練とはどんなものなのか】を中心にお伝えしていきたいと思います。細かい仕組みや詳細については今回少し省略して記入させて頂いております。詳しいことは職安(ハローワーク)に伺った方が分かりやすいことや表のしくみよりも体験した感想などをメインに書いていきたいと思うので。では!!!!早速まず皆さん、職業訓練校って知ってますか???"職業訓練"と言ったり、"ハローワークトレーニング"と言われたりしますね。正式名称は"公的職業訓練"と言うそうです。結論からお伝えすると、今後のキャリアアップや希望する就職を実現するために、必要な職業スキルや知識を訓練校と呼ばれる学校へ学びに行くこと。です。職業訓練は労働局が運営している公的な制度なのでそういった点でも安心ですね。また、離職者向け、在職者向け、学卒者向け、障害者向けがありましてそれぞれ受講料の有料・無料や仕組みが異なるので気をつけてくださいね。ちなみに私は離職者向けの公共職業訓練に通いました。そして、離職者向けの公共職業訓練の最大のメリットはなんと言っても受講料無料ですね。※テキスト代が必要な講座がほとんどなので全て無料ではないですが、民間スクールのような入会金や講座費はありません。これは本当にありがたい。私は仕事を辞めた状態で正直民間スク
0
カバー画像

転職活動に疲れたあなたへ

今日もおつかれさま。すごいね。 ここのところずっと頑張ってるね。 仕事との両立、大変だよね。 周りのみんなには相談できないもんね。一人で頑張ってる。すごく頑張ってる。 適当にやりすごすこともできるのに、手を抜かないんだね。 偉いね。本当に偉いね。ちゃんと見てるよ。昨日は夜遅くまでエントリーシート書いてたのも知ってるよ。何度も何度も書き直してたね。ちゃんと睡眠はとれたのかな?目覚ましが鳴ったら、ちゃんと起きて支度してるからびっくりしたよ。前なら、「あと10分て」ギリギリまで寝てたのに。偉いなぁ。すごいなぁ。最近、すごく良い顔してるよ。でも、ちょっと疲れたね。 今日はさ、久しぶりにハーゲンダッツ買って帰ろうよ。ついでにビールも1本だけ買っちゃおう。あ、そう言えばさ。大好きなあのドラマは録画したまま?お風呂も湯船につからなくなったね。 転職は、「今」を犠牲にすることじゃないよ。転職は、「理想の自分」と「今の自分」の架け橋だから、「今」の自分が笑顔じゃなきゃ。大丈夫。転職はきっと、成功する。だから、今日はゆっくりおやすみなさい。明日はきっと、いい日になるよ。
0
カバー画像

【就活・転職】東証一部上場IT企業の現役Webデザイナー兼面接官が教える内定に近づくポートフォリオの作り方

まずは私のプロフィールを紹介させていただきます。【プロフィール】・理系大学&Webデザインスクール卒・2017年東証一部上場IT企業のインハウスWebデザイナーとして新卒入社・現在も上記のインハウスWebデザイナーとして働いている・新卒デザイナーの採用に携わっている・フレックス在宅勤務・年収500万円〜現役Webデザイナーとして働いている&新卒採用の書類選考・面接官をさせてもらっている私が「ポートフォリオ作成で気をつけるべきこと」を書いていきます。見る側を意識したWebデザインのポートフォリオの作り方大手企業・中小企業のWebデザイナーどちらを目指すにしても"しっかりと丁寧に作成されたポートフォリオ"はどこの企業に見せても高評価間違い無しです。ですから、デザインスキルが足りていないと思われないようにしっかりとポートフォリオ作成にはこだわりましょう、ポートフォリオはあなたの代弁者です。ポートフォリオがしっかりと出来ていれば、あとは志望動機や入社意欲だけしっかりとしておけば内定までたどり着けやすくなります。1〜2ページで自己紹介・名前・趣味や特技など人となりがわかること(任意)・使用できるデザインツールとレベル感(どんな操作までならできるか)・デザインをする上で大切にしていること(面接時、掘り下げられる可能性があるため準備しておくべし)・自分の人生や職歴をプロセス図で簡単にビジュアル化しているとなお良いポートフォリオ作品に載せるべき内容下記の内容をテンプレート化して、ポートフォリオ作成時にお役立てください。各ポートフォリオ作品の説明で用いると迷うことなく正確に情報を伝えるこ
0 500円
カバー画像

転職かつどう、個人のこえ

こんにちは。 仕事のパーソナルトレーナー 伊集院ただしです。 いつもブログを見ていただき ありがとうございます。一昨日に続き、厚生労働省の2020年「転職者実態調査」結果です。本日は個人側の結果をご紹介します。直前の勤め先の通算勤務期間は、26.9%:2年以上5年未満19.7%:10年以上17.7%:5年以上10年未満転職者の直前の勤務期間は5年未満が最も多くなっています。転職者の労働条件(賃金・労働時間)の変化は40.1%:減少した39.0%:増加した20.2%:変わらない20歳以上49歳以下ではプラス50歳以上ではマイナス労働条件(賃金・労働時間)は減少と増加が半々です。50歳以上ではマイナスですが49歳以下ではプラスに転じているようです。中核人材の転職は待遇アップですね。労働時間が転職によりどう影響したか、39.3%:減少した33.6%:変わらない26.3%:増加した多くの方は、転職により労働時間が減少しています。転職理由は、28.2%:労働条件(賃金以外)がよくなかったから26.0%:満足のいく仕事内容でなかったから23.8%:賃金が低かったから3大転職理由は、・労働条件・仕事の内容・賃金労働条件には人間関係がふくまれると想定されます。転職活動の方法は、39.4%:求人サイト・求人情報専門誌・新聞・チラシ等34.3%:ハローワーク等の公的機関26.8%:縁故(知人、友人等)転職活動の方法は求人サイトがトップです。転職にあたっての準備活動は、66.1%:特に何もしていない30.9%:転職準備活動を行った多くの方が転職にさいして準備をしてないようです。準備活動の内容は、4
0