絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

108 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

kindle電子書籍を5倍の価格で売る方法

kindle電子書籍の別の販売方法kindle電子書籍には書籍として販売するのと別な販売方法があります。 通常500円ほどの価格で書籍として販売していると思いますが それを2500円の価格で販売できる方法です。 その方法とは、電子書籍を音声データにして販売する方法です。 それはAudibl(オーディブル)というサービスです。 電子書籍を音声で聞くことができるオーディオブックを 作成して販売します。 Audibl(オーディブル) ここでは、電子書籍の情報を販売する方法としてご紹介します。日本はまだ非対応ですがブルーオーシャンですオーディブルの商品を販売するプラットフォームはACXです。 電子書籍のKDPにあたります。 しかし、ACXはまだ日本非対応ということで ここから音声コンテンツを販売するためには直接英語での取引を することになります。非常に敷居が高いですがブルーオーシャンで あまり手掛けている人がいない市場になります。 敷居が高いからこそやる価値があります。 また、ロイヤリティは公開されていませんし、 価格もACXの側で設定されるそうですが、2500円ほどの価格が ついています。電子書籍の5倍ほどの価格になります。 今は日本非対応ですが、いずれは日本でも対応されると思います。 今のうちに知っておくとその時にロケットスタートをかけることが できるかも知れません。音声化は外注もできます電子書籍を朗読して音声化しますが、 外注で音声データを作る方法もあります。 自分で声を出すのが恥ずかしい人はこの方法もありですね。 電子書籍を出版してオーディオブックを作成販売することで 成果も倍
0
カバー画像

売れている本をリサーチしてみる

売れる電子書籍を知る売れる本はどんな本なのかリサーチすることで知ることができます。 細部まで売れる理由を探し出します。 ◇著者・・・・・・・無名か有名か ◇タイトル・・・・・ベネフィット・ターゲット ◇サブタイトル・・・訴求ポイント・ ◇内容・・・・・・・表現・手法 ◇表紙・・・・・・・インパクト・分かりやすさ ◇レビュー・・・・・読者の評価 まず、「著者」が無名か有名かで売れる意味合いも変わります。 有名な著者の本はファンの人の著者買いもあり 私たち無名の著者の場合とは全く違います。 ネームバリューから著者買いという売れ方もあります。 「タイトル」はその本の内容や訴求ポイントなどが短い文字数で 端的に表現されています。 そこから、読者のターゲット、ベネフィット(読了後の恩恵)などを 探してみます。また、どういった表現方法があるのかも 参考になります。 「サブタイトル」はタイトルの内容を深く読者に訴えるコピーライティング の意味合いがある文章です。 ここに著者の読者に対する訴求ポイントが含まれています。 売れている本がどういう読者にどういう訴求をしているのかが見えます。 ここでも、どんなターゲットに何を伝えているのかを探します。 「内容」本文にどんな主題が含まれていてどんな表現になっているか、 そして、わかりやすい表現とか伝え方など参考になることもあります。 その表現方法が売れる理由かもしれません。 注意深く探し出します。 「表紙」表紙も読者へ直感的に伝える部分なので その表現方法は工夫している部分でもあります。 どう伝えているか、どう表現しているかをじっくりと観察してください
0
カバー画像

kindle電子書籍 KDPセレクトで無料キャンペーンを打つ

kindle電子書籍の販促システムkindle電子書籍をKDPセレクトで独占販売すると 5日間の無料キャンペーンを打つことができます。 出版すると同時に一気に無料で見ていただいてレビューを書いてもらったり 本を拡散する仕組みになります。 この無料キャンペーンで読んでもらうことで kindle本の売れ筋ランキングの無料TOP100にもランクインしてきます。 ランクインすることはそんなに難しくなく 出版後様子を見ていると短い期間ではありますが ランクインしてきます。 Amazonのプラットフォームの仕組みを使って 本の露出を上げていきます。kindle本売れ筋ランキング 無料TOP100私の出版本も毎回無料キャンペーンを打っています 全部ではありませんが、結構無料TOP100に入っています。 写真集ジャンルで1位 紫陽花2 2位 青島のネコたち が入っています。 また、宇宙学・天文学のジャンルで2位 コンデジで超望遠撮影する方法が入りました。こんな感じで、ジャンルごとのカテゴリーで 無料キャンペーンを実施するとランキングに入ってきます。 KDPセレクトで独占販売する場合は是非無料キャンペーンを 実施することをおすすめします。 他にも期間限定のディスカウントなど仕組みがあります 積極的に利用して本の露出を上げてください。 Amazonの強力な集客、販売力で売れていくはずです。
0
カバー画像

ブログに挫折したら電子書籍化しましょう

ブログより電子書籍の方がカンタン ブログは稼ぎにくくなっていると言われています。 SEOを改善してもなかなか上位表示されません。 参入者も非常に多くて競合だらけのレッドオーシャンです。 そんな中でkindle電子書籍は同じ文章を売るビジネスですが Amazonの強力な販売力と集客力を利用できるプラットフォームでの ビジネスですからブログと比べると遥かに稼ぎやすい仕組みです。 もしあなたがブログに挫折しているのなら 是非、ブログ記事を使いまわしてkindle電子書籍を作ってみてください。 ブログ記事でkindle電子書籍を作るブログ記事からkindle電子書籍を作成することはカンタンです。 無料ツール「Sigil」を使って ブログ記事のテキスト部分をコピペしてページごとに 貼り付けるだけです。 ただ、記事の内容で分類整理して見出しを作り 文章としての流れを作ることは必要になります。 特に雑記ブログの場合は、内容が多岐にわたりますから 分類してまとめる作業は必須でしょう。 とはいっても、出来上がった文章をそのまま 使いまわしできるのですかゼロから作ることを考えるとかなり カンタンに電子書籍ができあがります。 ブログは文章の積み上げ資産アクセスを稼ぐことができず失敗したブログでも その記事は長い時間をかけて積み上げた 文章の積み上げ資産です。 たとえブログでうまくいかなかった文章でも kindle電子書籍でアマゾンの力を借りれば大きな反応を得ることも 全然可能です。これはやってみない手はないでしょう。 電子書籍の巻末にブログのリンクを貼っておけば もしかしたら、ブログに人を誘導するこ
0
カバー画像

kindle電子書籍の期待と評価のバランス

kindle電子書籍の期待と評価 kindle電子書籍を販売する時に期待と評価のバランスを取らないと 売れにくい本になってしまいます。 ◇販売時の期待(コピーライティング) ◇読了後の評価(コンテンツライティング) この、期待と評価とは 販売する時の売り込みによる見込み客の方の期待値と 購入後、読了したのちの評価になります。 期待は販売時の表紙デザインや内容説明などの コピーライティングから発生します。 また、評価は実際に本を読んだ読者の評価になります。 電子書籍自体のコンテンツライティングが必要です。 期待と評価のバランス気を付けなくてはいけないのがこの期待と評価のバランスです。 最終的に上げる必要があるのは評価です。 期待が評価を大きく上回る場合はコピーライティング重視の 電子書籍販売になっていると言えます。 コピーライティングに力をいれるあまりに実際の内容よりも 過大に期待されている状態です。 こうなるとレビューなどの読者の評価は落ちてきます。 必ず評価が期待を上回るようにマーケティングする必要があります。 コンテンツライティング主体の電子書籍販売を目指します。 ここをしっかり作りこんでいれば、コピーライティングで思い切った 表現を入れることができるということです。 また、逆に、どんなに品質のいい本を作りこんでいても コピーライティングで誇張しすぎる表現に走ると 結果的に評価が下がってしまいます。 電子書籍の品質、コンテンツライティングと販売時のコピーライティングは バランスを考えて作る必要があるのです。 どちらか一方だけ見ていては読者の評価を上げることはできません。
0
カバー画像

kindle電子書籍の価格設定

kindle電子書籍だけで収益化する場合 kindle電子書籍の価格を決める場合に2通りの考え方があります。 それは、どこで収益化するかで変わります。 ①kindle電子書籍を販売して収益をあげる ②自分の商品で収益をあげる kindle電子書籍の販売だけで収益を上げる場合と 自分の商品を売るためにkindle電子書籍を利用して収益をあげる場合の 2通りです。それぞれ価格設定の考え方が変わります。 まず、kindle電子書籍の販売だけで収益化する場合ですが 私たち無名の著者の本はなかなか売れません。 ここでのメイン収益はKU(kindleUnrimited)KDPセレクトの独占販売で 無料購読によるロイヤリティだと思ってください。 初心者がkindle電子書籍出版を始めてからブログなどでブランディングが すすんでファンの方を獲得するまではKU(kindleUnrimited)が 収益の大半を占めます。 それを認識したうえでkindle電子書籍の価格設定をします。 考え方としては ①市場の大きいジャンルの書籍・・・・・・低価格 ②市場の小さいジャンルの書籍・・・・・・高価格 ということになります。 つまり、一般的な市場を狙うときは安い価格をつけて ニッチでマニアックなものを狙うときは高い価格を付けます。 また、読者の悩みが深いほど高い価格をつけます。 それだけ読者にとって価値のある情報になるからです。 では、低価格と高価格はどのあたりの価格になるのでしょうか? それはKDPセレクトでの販売になるため 99円から1250円までと制限されています。 99円という価格は特別な意図(自分
0