絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

31 件中 1 - 31 件表示
カバー画像

カルマの解消と使命の覚醒について

今日はカルマの解消と使命の覚醒についてのお話です。ヒーリングを学んでいたとき、カルマの解消と使命の覚醒は同時に行う必要がある、と教わりました。それがなぜなのか、についてです。私には、辛い出来事により、精神的、霊的な問題を抱えるというカルマがありました。そのカルマがあったからこそ、私はヒーリングを学び始め、シャーマンにもなり、癒しに関する学びを深めることができました。(使命の覚醒)自分が癒されていないときは、自分と同じように問題を抱えている人を癒したい!という気持ちが強くなりました。(これも使命の覚醒)でも、ある程度自分自身が癒されて、自由度が増してくると、本当にヒーラーになるべきなんだろうか?っていう迷いも実は出てきたのです。不思議ですよね。自分が癒されてなかったときは、癒されていないからこそ、癒しの重要性をすごく感じていたんですけど、自由度が増してくると、あれ?私は必ずしもヒーラーになる必要はないのかもしれない、カルマに囚われなくても、他の可能性だって私にもあるのかもしれない、と思えてきたんです。カルマって学びの種だから、カルマであったものが解消されてくると、あれ?私って今すごく自由だけれど、何のために生きているんだっけ?ってなってしまうのです。だから、カルマがなくなれば幸せになるか、というとそうでもなくて、カルマであったものを失い自由になっても、カルマから得たギフト(学びや能力や叡智)の活用性を深めることができてなかったり、使命の覚醒の度合いが弱いと、とってもぼんやりとしてしまうんです。それまではカルマがあったからこそ、どうにか自分を変えなきゃと思っていたもの、原動力になっ
0
カバー画像

シャーマンによる癒しが大切だと感じた出来事

今、私にとってとても大切な人から夫婦関係のことで相談を受けています。旦那さんに対して困っていて、もういい加減許すことが難しくなってきた、と。私から見てもその旦那さんはこの先も変わることがないんじゃないかというくらい何年もずっと同じ状態(他者への思いやりがない、自己中心的、自信家なので人の話を聞かない)で、どんなに彼が自分をよく見せようとしてもオーラは正直にその不誠実さを映し出しています。私は今日指導者からシャーマンサポートを受けて、私がシャーマンワークでその家系や個人に対して、どのように癒しを行なっていけばいいかを相談しました。 何年も変わらないような濃い、深い問題。そこには家系や個人の霊障が大きく関わっていることがほとんどです。霊障と聞くと恐ろしいもののように思われることもあるけれど、霊障は必ず深い学びをその人にもたらすものなので、霊障を通して大きく人間的に成長するきっかけにもなるものです。でも、そこから学べないと何年も同じ状態が続き、その人も、周囲の人々も真の幸せを感じることが難しくなります。霊的覚醒のステップにも移行できないんですよね。カウンセリングを受け続けることも癒しや学びに繋がることもあるけれど、霊障解消のワークを受ける方が根本的な癒しに早くたどり着ける場合が多いです。今日シャーマンサポートで指導を受けて、霊障解消ってとても大切なことだと実感したし、私もシャーマンによる癒しを提供できるように成長したいな、と感じました。私自身が変わるきっかけを与えてくれたことに感謝して、大切な家族の癒しのお手伝いに取り組みたいと思います。🌿記事に無条件の愛のヒーリングを流しています🌿
0
カバー画像

ブログはじめます。

こんにちは!ガーナと日本を行き来している生活6年目の愛です(^^)/「本当にアフリカにいるんですか?」「なんでアフリカなんですか?」よく質問をいただくので、愛のアフリカブログ始めます♪↑ここが、私の運命が変わった場所です。↑ガーナからトーゴ共和国に仕事で行く機会があったんです。そのころ、人間関係ですごく悩んでいて眠れなくて体調不良だったのをよく覚えています。食欲もなかったのですが、職場のトーゴ人女性がおにぎりを作って私のためにもってきてくれて感動しました。(他人にそこまで気を使ってもらう程、弱っていたというわけです。💦)そして、その時いたメンバーにトーゴ人が2人いて、そのうちの1人が何故か親戚の叔母も職場に遊びに来ていて、その人の人徳でシャーマンに祈祷してもらえることになり。。。「あなたそんなに悩んでいるならシャーマンに祈祷してもらいなさいよ。」ってな感じで。今まで占いとかスピリチュアルなことに全く興味がなかったのですが、シャーマンを一目見て不思議な感覚になりました。祈祷してもらってから、私の中から悩みがスーッと抜けていきました。そして祈祷が終わった瞬間から心が軽くなりそれまでの悩みのことを考えなくなりました。そして目の前の仕事や生活に没頭していました。そうしているうちに、悩みのことをすっかり忘れで幸せな日々を過ごしている自分に気づきました。この日のことは一生忘れません。そして、何度かシャーマンに会いに行き感謝の気持ちを伝えたり、掃除を手伝っているうちに、シャーマからとても信頼される存在になれました。こういった経緯で、たくさんの人のお悩みが解消されるようにブードゥーミラクルの活
0
カバー画像

ネイティブアメリカンのスピリュアルな伝統

⏬#パワフルな自然との絆 ネイティブアメリカンのスピリチュアルな伝統は、強力な自然との結びつきを探求します。彼らは自然を尊敬し、感謝し、敬愛しています。彼らは聖地やパワースポットを大切にし、スピリチュアルな儀式や祈りを行います。自然主義とバランスの重要性についても学びましょう。 ⏬#ネイティブアメリカンのスピリチュアルな伝統 ネイティブアメリカンのスピリチュアルな伝統は、彼らの文化と密接に結びついています。彼らの宗教は、祖先の教えを基にしており、自然との強いつながりを追求しています。 ネイティブアメリカンの宗教は、彼らの信じる神々や精霊たちに対する敬意と敬虔さを示しています。自然界のすべての存在に対して敬意を払い、礼拝を捧げることで、彼らのスピリチュアルなつながりを深めています。 聖地やパワースポットは、ネイティブアメリカンの宗教とスピリチュアリティにおいて非常に重要です。これらは神聖な場所であり、神々や精霊たちとの交流を可能にします。ネイティブアメリカンは、これらの場所を儀式や祈りに利用し、自らの信仰を強化しています。 ネイティブアメリカンの儀式や祈りも、彼らのスピリチュアルな伝統の一環です。これらの儀式は、力強い歌や踊り、奉納物、そして神聖な言葉を通じて行われます。これらの儀式は、自然の力や神々との交流を実現するための手段です。 ネイティブアメリカンのスピリチュアルな伝統は、彼らの文化と信仰体系の根幹にあります。彼らは自然との結びつきを大切にし、そのバランスを保つための方法を追求しています。彼らの教えは、私たちにも多くのことを教えてくれます。 ネイティブアメリカンのスピリチ
0
カバー画像

シャーマンになるまでの日々④ 要保存~龍神様の御顔~

こんばんは。夕方になって、やっと少し過ごしやすくなりましたね。さて、今日は、まず「要保存~龍神様の御顔~」です。龍雲と言って、全体が龍神様の御姿をしている雲をご覧になったことがある方はいらっしゃると思います。今日は、先日、瑞風RuiFengが拝謁できた「龍神様の御顔」をカバー写真にしました。とても凛々しくお美しい御顔です。是非、保存して、心細い時、不安な時などにご覧ください。龍神様の御加護は、この世に生きる全ての人のものです。それが視える人と視えない人がいるだけです。視えるRuiFengは、龍神様のお赦しが出たときだけ、写真に収めさせていただいて、皆様にご加護が行き届くことを願います。RuiFengという名前、どのように発音するのか、というお問い合わせがあるので、読み方をお伝えします。私の名前「瑞風」を中国語で発音すると「Ruì fēng」となります。「ルイ・フォーング」という感じです。「ルイ」の「ル」は巻き舌で、日本語話者の方には「ズ」に近い音に聞こえます。 ・・・で、RuiFengの「シャーマンになるまでの日々」の続きです。沖縄離島での儀式や修行を終え、そのあとのカオスの日々を乗り越えても、なお、私は自分の煩悩と闘っていました。自分の使命を受け入れる覚悟は、生まれ変わりの儀式の後にしっかりとできました。次の闘いは、自分自身の拙さ、未熟さを受け入れることでした。「少しでも早く龍神様に近づきたい」「龍遣いとして独り立ちしたい」「自分の使命に向けて全力で進みたい」その焦りが私の壁として立ちはだかりました。それまで、私は科学者(本名を出せば、Googleですぐに何十件もヒットしてし
0
カバー画像

シャーマンになるまでの日々③

こんにちは。RuiFengの住んでいる地域は、今日は灼熱でした。人の体温を越える最高気温。下手をすると、日が落ちても家の中の温度は人の体温なみ・・・。堪えますね~。でも、全てをエネルギーの流れとして捉えると、暑さもふわっとかわすことができたりします。なかなか難しいですけれど(笑)。さて、今日はRuiFengが生まれ変われの儀式を終えた後からのことをお話しします。もともと私は異常に耳が良く、犬よりも可聴音域が広く、とても小さな音まで聞き分けることができました。眼は強度の近眼ですが、細かな色の違いを見分けることができました。匂い、味も、少しの違いを区別できました。生まれ変わりの儀式の後、それらは私の肉体の極限を越えるくらいまで、更に鋭敏になってしまったのです。ごくごく小さな物音を聴きつけ、それに怯えるようになりました。世の中は私が思っていた以上にさらに極彩色であり、目が眩むほどでした。この世の匂い、あの世の匂い、地獄の匂いが、すべて私に流れ込むようになりました。口に入れるものの味がこんなだったかと、戸惑い続けました。私は常にアンテナのすべてのチャンネルが全開の状態になっていました。激しくいろいろなものが飛び交うカオス。ものすごい勢いで私の中を通り過ぎていく生き物、魂、霊・・・。そのために私は摩耗し、疲労し、ボロボロになりました。師匠が傍にいてくれなかったら、私はおかしくなっていたと思います。カオスが一通り過ぎ去ると、徐々に私は高次元のもの、神につながるものの見分けがつくようになっていきました。ざわざわと騒がしい混沌とした世界に、ふっと現れる何とも言えない高貴な光。甘く艶やかな香。柔
0
カバー画像

シャーマンになるまでの日々②

今日の夕方、職場から家に帰ろうとしたら、空から呼ぶ声がしたので、見上げると、そこに龍神様がいらっしゃいました。皆様には視えますか?さてRuiFengがシャーマンになるまでの日々その2です。沖縄の離島で生まれ変わりの儀式を終えた後から、私の身と心には怒涛のようにありとあらゆるものが流れ込むようになりました。その前に、生まれ変わりの儀式について。これは詳細は公にしてはならないものなので、ごく簡単にしか申し上げられませんが、イメージだけでもしていただけたら幸いです。その日、私は、師匠のユタに連れられて、海までの道、ひたすら続く岩場を歩き続けました。そこは本当に険しい道のりで、滑落したら多分即死するだろうというようなところでした。私はもともとあまり体力がないので、本当にこんなところに来てしまって大丈夫だったのだろうかという思いが何度も頭をよぎりましたが、もはや踏み出してしまった一歩、後戻りはできない、私はここで生まれ変わるんだという一心で、何度も岩から滑り落ちそうになりながら、必死に師匠の後を追いました。たどり着いた先は天井が抜けた大きなドーム型の潮だまりでした。潮だまりというにはあまりにも大きく、飛込競技用のプールのような感じ。でも、そこはとても静かで、空気は清浄で、何もかもが美しく見えて、「ああ、ここはこの世ではない。あの世の入り口だ」と思ったのを覚えています。そこからさらに岩場を何メートルも降りていき、私は数メートルの高さから海水に飛び込みました。海水の中で身も心も浄化されることで、生まれ変わるのです。そこで一通り生まれ変わりの儀式を終えて、また岩を何メートルも登り、ひたすら続く
0
カバー画像

私がシャーマンに!

初めまして。RuiFengです。漢字で書くと、「瑞風」です。何故「瑞風」かというと、私を守ってくださっている神様が「瑞龍様」であり、私自体は風のように実在感の薄い人だからです。私は以前、全くシャーマンとは関係のない生活をしていました。ただ少しだけ他の人よりも感覚が鋭く、他の人には聴こえないもの、視えないもの、感じられないものの存在がわかる・・・そういう「ちょっと繊細な人」だと思って暮らしていました。そんな私が今はシャーマンとしての道を歩んでいます。それは、立て続けに起こる我が身の不幸がきっかけでした。私は幼いころからとても体が弱く、何度死にかけたかわかりません。大人になってからも原因不明の体調不良が続き、5年前には大きな手術をして一つ臓器を摘出しました。しかし手術の甲斐なく、その後も原因不明の倦怠感、発熱、身体の痛みにずっと悩んでいました。もう一つ、私には特殊な能力があります。それは身近な人の死期がわかること。ある日突然、その人に会いに行かなければならないと強く強く思うのです。その日の予定をすべてキャンセルして、その人に会いに行きます。すると、数日以内にその人が亡くなるのです。自分の体調不良と、気味が悪いくらいの「会いに行かなければならない」という焦燥感。それらに悩んでいた時に、友人から、「それは巫病では?」と言われます。「巫病」とは、シャーマンになる使命の人が、その使命に逆らって違う生き方をしていると陥る状態で、多くのシャーマンがシャーマンになる前に経験するものと言われています。その一言をきっかけに、私はユタ(沖縄のシャーマン)に連絡をとり、弟子入りをすることに決めました。今
0
カバー画像

シャーマンの血脈を継ぐ鑑定師シンタが子宝占い師になった理由

ご覧頂きありがとうございます。プロフィールに書ききれなかった部分について私が子宝の占い師になった理由と、私の経験についてお話しいたします。少しでも今の不安や辛さを軽くできれば、と思います。私は占い師として霊視能力をつけるために修行をしていた頃、29歳の時に結婚しました。旦那も霊感があり、後の師匠を紹介してくれたのも旦那でした。結婚後、私たちはすぐに子供を望むようになり、妊活を開始しました。しかし、何年が経とうとも子供を授かることはできませんでした。その後妊娠できないストレスから旦那に八つ当たりしてしまい、 3年間レスになってしまいました。 旦那に自分の気持ちを正直に伝えられなかったこと、 周りの人を頼ることができなかったこと、 とても後悔しています。わかっていたことですが多嚢胞性卵巣のため自然妊娠は難しいと夫婦で話し合い、37歳になった頃、私たちは不妊治療を始めることになりました。不妊治療も私たち夫婦にとって長くつらい旅でした。何度も検査や手術を受け、希望を抱きながらも失望を繰り返す日々でした。時間が経つにつれて、私の心は次第に疲弊し、希望を失いかけていました。そして、39歳の誕生日の数日後、私は産婦人科の医師からひどい言葉を浴びせられました。彼女は私に対して冷たく、希望を持つことをやめるようにと言いました。その言葉は私の心に深い傷を残し、私のメンタルは完全に崩壊しました。その苦しい時期から抜け出すために、私はシャーマンの血脈を継ぐ母親のもとを訪ねました。母は私の心の傷を癒すため、母は私にヒーリングを施してくれました。その瞬間、私は心身ともに安らぎを感じました。そして月日が経ち
0
カバー画像

連載「霊能者かんなぎの人生」vol.13 霊能家系に生まれても、異端である

連載「霊能者かんなぎの人生」vol.13 霊能家系に生まれても、異端であるなんとなく、人生を書き綴ろうと思った事に対した理由はない。ただ、同じような思いをしている人がいるならば、そういう人に届けば良い、そう思った。恋愛してみてもなんだかしっくりこない。結婚もなんだかどうにも上手くいかない。良い男なんてこの世にいないんじゃないか、と思うぐらいの目に遭って、普通なんて程遠い苦労をする事になって、普通に愛されて普通に幸せになって、普通に人生を送る、しかもなんとなく平穏に。そんな望みは叶うことはないまま今に至る。さて、宣言どおり恋愛や結婚話を語ろうと思ったのだが、これが結構記憶を辿るのに苦労した。人生の重きに「恋愛」がない事が原因だと思うのだが、忌々しいものだから封印しているのもあるのかもしれない。でも忌々しいかと思うと、全てが悪い事ではないし、それぞれに学びがあったのだから、そこまで忌々しいかと言うとちょっと分からない。人生、経験値が高い方が良いと思っているから、それすらも糧にしてきた。だから、全部を否定することは出来ないのだが、あくまで「事例」として書こうかと思っている。遠い砂漠にでも旅に出るような、そんなウキウキした気持ちでこれからの未来を楽しみに戻った横浜。父のところにお世話になりつつ、娘を民間の保育園に預け、仕事に出ることとなった。公営の保育園になかなか空きがなく、また、見学に行った保育園では、どうもお昼寝タイムだったようで薄暗く、そうして眠れない子供が職員室に行ったら、とてもドスの効いた声でその子を呼び捨てにし、「とっとと寝ろ」と恫喝していたのでそこはやめておく事にした。見
0
カバー画像

なんだかメディアに出ている人たちのお陰でユタの名前もだいぶ知れ渡ったらしい【独り言】

なんだかメディアに出ている人たちのお陰でユタの名前もだいぶ知れ渡ったらしい【独り言】前に自己紹介として書いた記事、【かんなぎの本音】本当は霊能者って名乗りたくないんだけれども、どうしようもないから名乗っている【独り言】https://coconala.com/blogs/2854522/204577では、霊能者って名乗りたくないとウダウダと書いていた。で、以前はずっと「おばあがユタで」と言ってみたりもしていたのだが、毎回「ユタ?」と聞かれ続けていた。ユタって当たり前に知られていると思っていた私はこの現実に打ちのめされ(いや打ちのめされてはいないが)、つまり認知度が低いことを理解し、じゃあ一般的に知れ渡っている「霊能者」って名乗るしかないじゃんという結論に達していた。確かにユタ・ノロという存在はエリア限定のものだけど、なぜかみんな、エリア限定の「イタコ」は知っている。きっとこれは過去のメディアでイタコが散々取り上げられてきた名残なのだろうと思う。イタコは、日本の東北地方の北部で口寄せを行う巫女のことであり、巫の一種。シャーマニズムに基づく信仰習俗上の職である。 南東北においては、旧仙台藩領域でオガミサマ、山形県でオナカマ、福島県でミコサマ、オガミヤと呼ばれる。福島県・山形県・茨城県ではワカサマとも呼ばれる。  -Wikipediaより引用-調べてみるといろいろと呼び方があるんだな。地域それぞれ、独特のシャーマニズムが存在する事、それを調べるのが大好きな私だが、イタコについてはそういえば「シャーマン」に属するという事しか知らなかった。しかもどちらかというと「降霊術」だと思っていたの
0
カバー画像

シャーマンって、なんで太鼓、叩いてんの?

♕ シャーマニック・ドラミングの意味 ♕シャーマニック・ドラミングは、リズムと波動を使った、自己ヒーリング&スピリチュアルな自己表現を促進する古代からのアプローチです。 ドラムのビートや周波数は、人間の肉体に非常に効果的なエネルギーであり、人々の健康や感情の問題に役立つ、立派な治療法だったりするのです。 特に、ストレスに対して絶大な効果があり、180 ビートで約15分間ドラムを演奏すると、そこに感覚を上手く預けた人の心は自然にシータ/アルファ波に移行し、理想的なリラックス状態にシフトします。これが意識の変化です。 シャーマンは、ドラムのこのような特徴を最大限に機能させ、更に深いトランス状態を自ら誘発し、意識を別の次元に旅させることを可能にしている存在で、最も深い場合、その脳波はデルタ波にまで達します。 ♕ シャーマンの「虹の橋」 ♕シャーマニック・ドラミングは、脳の左半球と右半球を統合し、脳半球同期を生み出します。 この同期は、潜在意識と意識をしっかりと結びつけ、シャーマニズムでは、これを虹の橋と呼んでいます。 シャーマンは、ドラムの導入段階で、脳や心、精神や肉体を、宇宙に全面的に開放します。そして、徐々にドラムのビートの波に乗り、ついには別の次元へと旅するのです。 ♕ シャーマン・ラトル(ガラガラ)は、何に使うの? ♕ラトル(ガラガラ)は、ドラミング同様、シャーマンがトランス状態になるのを助ける為に使用される神具です。 ラトルの周波数には高ビートが含まれており、それは、ドラムの低ビートと良く合うのです。 その「総音響効果」を高める為に、これらをセットで使用します。
0
カバー画像

アニマルカムイと行う、シャーマニック・ヒーリング

♕ シャーマニック・ヒーリング ♕シャーマニック・ヒーリングは、体内のエネルギーがより明確にバランスよく流れるようにするエネルギーワークです。 我々は、常に健康状態にある筈ですが、恐怖がその流れを妨げる為、多くの現代人が何かしらの健康上の問題を抱えています。 シャーマンはこれらのエネルギーの詰まりを取り除き、バランスを取り戻します。すべての病気には感情的な起源があり、多くの治癒は精神的、感情的、ソウルボディ(魂の体)で行われ、肉体に影響を与えて癒します。 シャーマニック・ヒーリングは、個人の力と創造的で真正な表現の回復に非常に関心があります。シャーマンは微妙なエネルギーで働き、エネルギーのブロックを癒し、取り除き、生命力を回復させます。 *♕ アニマルカムイと行う、シャーマニック・ヒーリング ♕アニマルカムイ・シャーマニック・ヒーリングは、ジャーニー(旅)を通して、または物理的な世界で行います。 基本的に全てのシャーマンの仕事は、シャーマンが‘the hollow bone’と呼ばれる「中空の骨」となる事で行われます。 これは、シャーマンが、スピリットがそれらを通して働くことを可能にすることを意味し、実際にはシャーマンが殆どの作業を行うのではなく、スピリットまたはスピリットガイドとヘルパーがそれらを支援します。 この時、シャーマンはガイドの邪魔にならないようにしつつ、精神が通り抜けるのを許可しなければなりません。ヒーリングの殆どは、施術者ではなく、スピリット・ガイドによって行われます。 様々なシャーマニック・ヒーリング・テクニックの例には、サイキック・アタック、エンパス・プラグ
0
カバー画像

精霊動物も、ヒーリングをします!

♕ アニマルカムイ・シャーマニズムのヒーリング・プロセス ♕多くの方が、〇〇アニマルと称する動物占いを、かなりライトな意味で捉えているかと思いますが、前に別の記事でも語りましたように、 実際はもっと壮大な世界観で、それは単なる助言に留まらず、その本質はむしろ「ヒーリング」にあります。故に、彼らの叡智を「メディスン(薬)」と呼ぶのです。 つまり、アニマルカムイ・シャーマニズムとは、ヒーリングなのです。本質的には、聖なるエネルギー・ワークです。 もし、あなたが精霊動物の助言を賜る時、その事を強く意図しているならば、実際、そのようになります。それが宇宙の法則だからです。 従って、精霊動物との関わりは、それが単なる言葉の助言を得るだけであっても、見えない力が働いていて、水面下で癒しが進行している、と思っていた方が良いでしょう。 事実、愛犬や愛猫、その他の様々なペットと触れ合う時、誰もが癒しを感じていると思いますが、それと理屈は同じです。 生き物の存在そのものが、地球の癒しである以上、当然、精霊動物も癒しの存在であり、ですが、高次の彼らは精妙で、波動が高すぎる為、重い物質世界に存在する人間には、その波動が感じられないだけです。 実際は、途轍もない光のシャワーが送られていますが、人間というのは余りに鈍感すぎる為、上手く感じられないだけなのです。 もし彼らを感じたいのであれば、訓練することで可能になります。それは、他のエネルギー・ワークでも同じことです。感性を磨かねば、高次を感じることは不可能です。 ♕さて、実際の本格的なシャーマニズム・ヒーリング・プロセスとは、どのようなものなのでしょうか
0 1,000円
カバー画像

プーチン大統領はシャーマン(霊能者)と儀式をした後、ウクライナ侵攻を決断した。

 ロシアの有名な政治アナリスト、ヴァレリー・ソロヴィによると、2021年秋にロシアのプーチン大統領は訪れたアルタイ地方のソチの自宅で、シャーマン(霊能者)と少なくとも二つの儀式をした後、ウクライナ侵攻を決断したという。(ヨーロピアンタイムズニュース)https://www.europeantimes.news/2022/06/ukrainian-media-putin-decided-to-go-to-war-after-a-ritual-with-shamans/  奇異に聞こえるかも知れませんが、実は最高権力者がスピリチュアル分野に関心を持つことはよくあります。  古くはアメリカのレーガン大統領、最近では、韓国の朴槿恵(パククネ)元大統領の例があります。  朴槿恵は、霊能者・崔順実(チェ・スンシル)の言うことを聞いて政策を決めていたことがバレて、スキャンダルになりました。  問題なのは霊能者には高級霊に繋がっている人と低級霊に繋がっている人と二種類いることです。  高級霊に繋がっている霊能者の言葉は、慈愛にあふれていますが、低級霊に繋がっている霊能者のそれは、人に危害を加えることを平気で勧めてきたりします。  プーチン氏に助言した霊能者がどちらのタイプかは言うまでもないでしょう。  自分の利益だけを追求する人は、高級霊と繋がっている霊能者とは、なかなか出会えませんし、出会えたとしても魅力的に感じないでしょう。  逆に人にやさしく家族や友達などのコミュニティを大事にしている人は、高級霊と繋がっている霊能者と繋がりやすくなります。 あなたはどちらのタイプでしょうか。 https
0
カバー画像

大 宮 賣 神 社 〚 ② 〛

私くしのAmebaブログ『宇宙意識と未来農業に向かって』を ココナラへ記載していきます 過去ブログからですが拝読いただけましたら幸いです2021-06-28 テーマ:ブログ 【 大 宮 賣 神 社 】  ( お お み や め じ ん じ ゃ ) 京都府京丹後市大宮町周枳1020自分の神社へ  参拝致しました ( ※ 詳しくはこちらブログにて ) 大宮賣神社の神々に  お呼びいただきまして ご指導が降りました 神と融合したときは 「 歓 喜 」 を覚えなさい その融合の為に日々 己を磨くのじゃ 自分を律しなさい 生活を質素にするとか 贅沢しないとか そのような律しかたではなく「 神に誠実であること 」  が一番の要 そして ・・ ・ ・ ( ここから レベルUPのご指導が入りました ) ・ ・ ・・ ことが ソナタには 「 律している 」 になるぞ それを優先しなさい と ご指導のお言葉をいただきました       ♡ 自分の神社へ参拝しまして シャーマン ( 巫女 ) としての能力 「 巫女的要素 」 を磨いていただいております こちらの写真は この地にいたショーマンたちの意識集合体と思われ 私くしに感応しているようです これからも 大宮賣神社の神々に シャーマン ( 巫女 ) としての能力UPのために ご指導をいただくことになります       ♡ 〚 瀬 織 津 姫 より 〛 私くしに ご指導が降りました 「 巖石神社 」 ( いついしじんじゃ ) 「 保久良神社 」 ( ほくらじんじゃ ) 参拝して下さい 紐が解けます 行ってみればわかります と
0
カバー画像

#36 👼天からのメッセージ👼球体🌏と三脚支柱🔼のオブジェ

おまじないとして オブジェを作りなさい と 告げられました 重力のある世界で 球体を支える場合 最低でも3点接していれば 球体を支えることができます 地球上の力関係も 自然の摂理に基づいて 3つの要素でバランスを取りなさい ということなんですが .. 続きは動画で..☺️👉
0
カバー画像

【小説】melting of snow ‐六花の伝承‐

はじめに 本書は、北方に存在する、とある地域の説話、口承文芸を後世に残すべく制作されたものである。この地域は、一年の大半を雪と氷に覆われている。その様子から、隣接した地域より「雪原の民」「氷の地」などと呼ばれることもある。  その異名に違わず、ここでは「雪」「氷」に関する説話が多く散見されている。雪や氷には(その性質の良し悪しにかかわらず)精霊、妖精が宿っていると信じられ、彼らの存在を口承によって伝え続けてきた。また、単に精霊、妖精と言われる時には、雪(氷)の精霊のことを指すほど、魔力をもつ生物のなかでは身近なものであった。  しかし現代では、様々な要因からこの重要な文化の継承者、いわゆるシャーマンと呼ばれる者が不足している。後継者選抜の厳格さ、少子化による地域語話者の減少や、シャーマンの素質を持つ人の発見が、年々困難になりつつあるのである。  また、伝承者側の高齢化もひとつの課題となっている。現在この地域で確認されている伝承者の最年少年齢は七十八歳。このままでは、地域の貴重な文化遺産が途絶えてしまうだろう。  このことに危機感を覚えた筆者を含め数名の有志によって、十年前よりこの地域で口承されている物語を収集し、書き記すことを始めた。  説話を保持するシャーマンたちの中には、その文芸の性質上か、声で継承していくことに意味があるとし、物語を文字、文章として残すことに抵抗感を示す厳格な者も少なくはない。それでも幾人かのシャーマンたちが、名を伏せることを条件に彼らの話を文章として書き記すことを同意してくれた。この場を借りて彼らに感謝を申し上げる。  前口上はこれくらいにしておいて、こ
0
カバー画像

休むだけで波動は上がる

「あれ?なんだか今日の調子良くないかも…」頭痛や腹痛、気持ち悪さなど身体の不調が襲ってくることは誰にでもあります。でも健康な状態だったらそこまで身体に意識を向けることはないのではないでしょうか?それよりも目の前にある仕事や課題をどうしようとあれこれ頭を使い、集中しているがゆえに身体の感覚はほぼない状態のことが多いように感じます。無意識で使っている身体。そんな中で「痛い」「気持ち悪い」など身体からくる反応に意識が向くということは今ここの集中から外れている状態です。これは「普段とは違う状態だよ」という身体からのメッセージでもあります。忙しいからとか気のせいとかで片付けず、自分の内側からのメッセージに耳を傾けましょう。そのメッセージを無視してしまうと、のちに負のスパイラルに巻き込まれてしまうかもしれません。休むのをためらう危うさなかなか休めず、そのまま働いていると体調が悪化するだけではなく精神面でも影響が出てきます。自分の体調は優れなくても、求められるのは普段のパフォーマンス。ただでさえ辛いのにそこまでの状態に持っていくことはなかなか難しいです。そうするとできない自分に対して己嫌悪に陥りやすくなってしまいます。注意が散漫になったり、ミスが増えたりもしやすくなりがち。身体の不調に追い打ちをかけるように自分の判断の甘さや、周りに対して迷惑をかけてしまったことに対して脳内のスパルタ鬼コーチが罵声を浴びせてきます。そうすると自分が思っている以上に心身共にダメージを受けてしまうのです。そのような状況の人は自分が持つ波動も低くなってしまいます。波動とはいわゆる自分が持つ見えない周波数のようなもの
0
カバー画像

宇宙からのサインを受け取るのに特別な能力はいらない

ちょっと余裕を持って家を出たけど電車が遅延していて遅刻ギリギリだった。ネットで見つけたかわいい服。高くて買うのを迷ったけど、思い切って買ったら次の日セールで安くなっていた。入ったカフェで注文したものがなかなか提供されない…。こんなことが続くと「なんてついてないんだろう…」とちょっと落ち込んでしまいますよね。自分でもびっくりするくらいのミスをして「自分どうしちゃったんだろう」と怖くなることもあるかもしれません。なんだか行く手を阻まれているような、物事がスムーズにいかない感じ。これって運が悪いからなのでしょうか?それとも自分の性格によるものなのでしょうか?実はそのどちらでもなく、宇宙からあなたに重要なメッセージを受け取ってもらうために起きている場合があるんです。大切なサイン、ヒヤリハット「ヒヤリハット」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。車を運転していたら急に子供が飛び出してきて、危うくひいてしまうところだった…というような重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくないヒヤリ、ハッとした体験のことです。ハインリッヒの法則とも言われています。これは「同じ人間が起こした330件の災害のうち、1件は重い災害があったとすると、29回の軽傷、傷害のない事故を300回起こしている。」(厚生労働省職場のあんぜんサイトより引用)という事例の認知のことです。つまり重大な事故が起きる前にヒヤッとする出来事が300回は起きているということ。職場だけではなく、日常生活にもヒヤリハットはよく起きています。電車が遅延するといった運が悪かったからと思うようなことも、重大な事故が起きる前のサイ
0
カバー画像

何を望んでいますか

こんにちは。今日もブログを読みに来てくださってありがとうございます。いいねは励みになりますので遠慮なく下さい( ´艸`)さて今日の写真は2018.2のペルーの上空です。アマゾンで三泊してクスコに戻って来た時に歓迎されたように虹の日輪が現れてくれました。スピリチャルな体験をする為に三週間の旅に出て色んな体験をしてきました。自分を見つめる体験ですね。もうね・・・見すぎてしまって吐きそうになりました(笑)南米ペルーやボリビアには地球の中にあるチャクラが二つもありました。マチュピチュには11チャクラ・チチカカ湖には12チャクラがありました。地球のおへそもあるようで、とにかくバランスが崩れている部分に容赦なくやってくるエネルギーは体調がドンドン崩れていきました。今となっては笑い話ですけどね。11チャクラとは宇宙意識の場所で12チャクラは時空を超えた世界とされています。まだまだ浄化の必要な体で重々しくしていた私はエネルギーが合わずに高山病にはなるしね、お金を払うたびにイライラしてくるしね。日本に戻ったからのプレッシャーを勝手に自分に作ってしまって自分探しのリトリートは自分がもろに出てくるので大変(-_-;)それから二年はそのエネルギー体験をもとに色んな事を整えてきました。二年前現地のシャーマンにヒーラーだと言われた言葉がなんか受け取れなくて否定していました。抵抗せずに受け入れるだけで済むのに、抵抗するのでそのような出来事がずっと起きるのです。降参して受け入れるといいのです。ヒーラーを特別視していたのです。受け入れる事ができたのは、実はしっかり休んだのです。心と体をしっかり休ませました。収入
0
カバー画像

物事がうまくいかないのはあなたのせいではない

「霊障(れいしょう)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?日常生活ではあまり耳にしない言葉かもしれませんね。霊障とは霊によってもたらされる心身に原因不明の不調のことです。「霊」というと幽霊や妖怪などをイメージするかもしれません。それらもきちんと成仏していれば何も悪さをすることはないのですが、きちんと成仏できていない場合は人間に影響を与えてくるのです。なので霊障の原因となっているのは人や動物の霊、魑魅魍魎ということになります。霊障になったらどうなるの?霊障になると心や身体に不調が現れます。イライラしたり不安を強く感じたり、いつも焦っていたり…。なんでも癇に障って心が穏やかになることはほとんどありません。また体調不良にも悩まされることが多いです。湿疹、関節の痛みなど病院に行って検査をしても原因不明と言われて薬も効かないことが多いのも特徴です。また何をするにもタイミングが悪いということも起こります。間に合ったと思ったら目の前で電車が発車する、申請が1日遅かったためにキャンセル料を払うことになったなど、「なんてついてない…」ということがなぜか続きます。何をやってもスムーズに物事が運ばず、行く手を阻まれているような感覚があるかもしれません。霊障は誰でもなるの?「霊の影響なんて霊感が強かったり、霊媒体質の人など一部の人がなったりするものじゃないの?」と思うかもしれませんが、誰にでも霊障になる可能性があります。人に流されやすい、ネガティブなことを口にすることが多いと感じる場合は要注意です。そうした波動に共鳴して霊障は入り込みます。また激しく気分が落ち込んだり、お墓や心霊スポットなどいわゆ
0
カバー画像

コミュニケーションの断絶と恨みの感情について

最近、シャーマンワークをしながら、人間が持つ恨みの感情について考察しています。恨みの念が相手をコントロールしたいレベルまで強くなるとそれは呪いになります。そしてそれが発生する条件には「コミュニケーションの断絶」があるように感じます。自分の抱えている思いが、感情が、どうにも相手に届くことがない。声は届いても、相手のハートに決して届かず、受け取ってもらえない。だからこそ、どうにか分かってほしくて相手を縛るのだと思います。重たい感情が対話によって癒えることも、昇華されることもない。「もっとあなたがこうであったなら、幸せな今があったかもしれない」その可能性をただちゃんと受け取って感じてほしい。そういう思いが恨みにはあります。呪いが解かれるときというのは、その思いに対して誠実に向き合えたときなのだと思います。もちろん何もかも全ての責任を背負う必要はどこにもなくて、背負う必要があるのは自分の分だけです。シャーマンによって呪いを解くこともできるけれど、全ての関わる人、関わってきた人に対して誠実に向き合うことが開運の道なのだと感じたのでした。🌿記事に無条件の愛のヒーリングを流しています🌿
0
カバー画像

今日って11月ですよね?💦

現在部屋の温度が26℃で半袖の私です(;^_^A地球大丈夫?笑嘉永7年の今日(11月5日)紀伊半島から四国沖を震源としたM8強とされる『安政南海地震』が起きた日のようです。今日見た夢が、私が巫女の格好をして神楽をし、口寄せのようなことをしてるカラーの夢でした。身内に巫女(シャーマン)がいるとは聞いてましたが、私は生まれ変わりなのか?という疑問が。。。今を生きている私は、子供のころから16歳で出産したい願望が異様に強く、実際は18歳で一人目を出産したのですが、前世が巫女で神に仕えてたと考えると何となく納得しました(*´▽`*)誰か前世を見てください 笑
0
カバー画像

シャーマンとプロカウンセラー

こんばんは。瑞風 RuiFengです。RuiFengはシャーマンになる前は(今もですが)、研究者で、プロカウンセラーでした。人々の心についての研究と、皆様の悩みに耳を傾ける日々。自分なりに考えて選んだ職業です。今も研究とカウンセリングは続けています。そして、今はシャーマンとしても生きることを選びました。シャーマンも、人々の心を見つめ、理解し、寄り添うために存在すると思っています。ただ一つ、研究者・カウンセラーと違うのは、シャーマンは神様の声を聴いてそれを人々に伝えること。シャーマンとしてのRuiFengに鑑定をご依頼くださる方の心の声を聴き、それを神様にお伝えし、神様からのメッセージを受け取ります。今は研究者・カウンセラーとして生きてきた時間もまた、シャーマンとしての人生に大きな糧となっていると思っています。全ては神様がRuiFengに与えてくださった使命。皆様が神様の御加護のもとに、今日も幸せでありますように。瑞風 RuiFeng
0
カバー画像

シャーマンになるまでの日々①

私がシャーマンになる決意をしたのは、単純にその当時の苦しさから解放されたかったからです。ものすごく自己中心的な理由でした。とにかく、ものすごく体調が悪い日々が続きました。原因不明の発熱、内臓機能不全、体中の痛み。その時、友人からのアドバイスでご縁をいただいた沖縄ユタとの出会いが、私のすべてを変えてくれました。師匠のユタの言葉に従い、沖縄のとある島に渡り、そこで私はユタになるための修行を始めました。夏でもないのに誰もいない海に入り、生まれ変わりの儀式を受けました。たくさんの拝所(ウタキ)を巡り、神様からのお言葉を頂きました。そういう日々を過ごしているうちに、私の本当の使命、生まれてきた意味、生かされている意味が理解できるようになりました。しかし、シャーマンになるための道のりはここで終わりませんでした。この後のブログで、シャーマンになる道のりについて、お話ししたいと思います。
0
カバー画像

過去世と軽く自己紹介

はじめまして、とまとちゃんと申します。自己紹介にも少し書きましたが、自分の過去世だけではなく、人の過去世を感じることがあります。私は元々、雪の多い地域に住んでいたのですが、去年から関西に引っ越してきました。そして、地域性も影響しているのか、去年から出会う人の過去世はやたらと、忍者やシャーマン(魔術系)、修験道の方が多いように思います。地元でもシャーマンや忍者、修験道の過去世を感じる人はいましたが、そんなに多い感じではありませんでした。たまにいるなって感じです。ただ、比率的には地元は修験道が多かったように思います。忍者やシャーマンはあまりいなかった気がします。やっぱり、住む地域によって集まる人や過去世の人が違ってくるのかなって思いました。もちろん、何も感じなかったり、あまり過去世を感じない人もいますが。何か、自分の中では面白い体験だったので、ブログにあげてみました。また、何かありましたらブログにあげますのでよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

シャーマンの役割

シャーマンはコミュニティの中心的な柱として行動し、コミュニティのエネルギーと精神のバランスを保ち、人生の精神的側面を世話する責任があります。シャーマンは、ヒーラー、予見者、芸術家、調停者、薬草学者、カウンセラー、文化的神話の守護者など、多くの役割を果たします。 変性意識状態を利用して、シャーマンは知識と力を求めて他の領域や世界に旅し、それをコミュニティ内での癒しと顕在化に使用します。 シャーマンは非常に調和が取れており、自然との深い繋がりと親和性を感じており、そこからシャーマンの力が生まれ、自然の隠された力やエレメンタルに繋がり、スピリットを助けます。シャーマンは自然との調和を求め、儀式に使用する太鼓は調和の道具として機能します。 シャーマンの世界観では、全ての存在は相互に関連し、相互に依存しています。1つの種が被害を受けると、すべての種が影響を受けるように。 我々は大きな力の網または生命の網の中に存在し、無生物のように多くの人が生きていないと見なしているものでさえ、網の中のすべてが生きています. これはアイヌ、ネイティブ共に共通する考えです。 さて、この話は如何だったでしょうか? 楽しんで頂けましたでしょうか? また、お会いしましょう! イヤィラィケレ! Спасибо! ジーナ♡♡♡
0
カバー画像

どちらも施術で効果が。満ちていく月と欠けていく月

四大元素魔術を施術する時は、願望の内容によって、月のタイミングを決めます。◇新月~満ちて行く月の期間 願い成就への達成力やエネルギーのアップ ​◇満月~欠けてゆく月の期間 癒し、浄化、願望達成で邪魔になっている事の除去にいいタイミングです。全ての願いに、どちらの期間も施術すると結果がスムーズに出やすいです。今月は、まず月の欠ける期間に癒し、や邪魔になっている事の除去を施術し、来月は満月に向かう、満ちる期間に達成へのパワーアップ​!と分けての施術も効果的です。新月-満月、満月ー新月、それぞれの一つの期間に一つの願望のみ施術可能です。例えば恋愛成就なら、満ちる期間に恋愛成就、欠ける期間にその障害を取り除く施術としての施術が可能です☆個別対応魔術の方で承ります。https://coconala.com/services/2325251
0
カバー画像

hurryおばさんてだれ?

こんにちは、 hurry 黒澤        こと hurry おばさんです。1957年生まれの64歳 これから私の営んでいる占いと日々気になってることや 誰かのお役に立てるんではないかと思うことを 私なりに書いていくので覗きに来てね。私ってこんな人 (笑)身長164cm体重 重いです見た目 でかいです趣味 編み物 多肉を育てる大好きなこと 愛犬と遊ぶ性格 明るく チョットあわてんぼう今年 65歳のおばさんです。遅いブログデビューですが見かけたら遊びに来てください。
0
カバー画像

大自然と共振し万物に願いを届ける色神(いろがみ)の法教えます☆世界と自分の垣根を外す願望実現の原理☆

願いというのは自分と隔てられた外部、つまり 世界に全てそろっているわけですが 世界との共振がなくなればなくなるほど孤立を深めていきます。 願うという行為が叶うためには世界と共鳴する必要があるにも関わらず 願う内容が共鳴しない、叶わない。 我が道を進んでいき苦しくなってしまう悪循環に陥ることもよくあるでしょう。 今回の秘儀は色神(いろがみ)といい 元はシャーマンの秘儀の一つですが ある周期によって刻々と変化する世界との共振を視覚化することで 願ったことが自然に叶っていく様子をイメージできる、 イメージできない場合でも世界との共鳴が起こりやすくなるという技です。 この秘儀を続けていくと 自分が考えていることが目の前で起きるセレンディピティという現象を 数多く目の当たりにするでしょう。 外部の世界はあなたと繋がることを心待ちにしていたのに それを拒んでいたのは自分だったのかもしれないと 気づかされることもあるかもしれません。 この秘儀は願望実現の根本原理の一つになります。 日常に生かすことでより人生を豊かにしていきましょう。★詳しくは「秘儀shop☆konsan」出品一覧ページよりご確認ください★
0
31 件中 1 - 31
有料ブログの投稿方法はこちら