絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

314 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

おやすみスランプ

長期スランプは脱した訳ですが、一ヶ月の間に何度も来るスランプとは月経のように落とし所を見つけて付き合うしかありません。文章を書くスランプから逃げるためにブログを書きに来るというのは滑稽ですが、発散になればなんでも良いのです。書くことを一度やめてしまえばなかなか戻れなくなります。どんなことでもそうだとは思いますが……ココナラブログという少しマイナーな場所で文章を書くというのは程よく力が抜けて楽しいです。普段なら決して言わないようなことも書けてしまいます。多分、私以外の人間が見たらとってもどうでも良いことなんでしょうけどね。という訳で(?)今日はスランプを脱するために初心に戻って、文章を書き始めたきっかけと、ここまで文章を書き続けている理由を考えてみようと思います。二次創作と羞恥心今時の文章書きだと二次創作から出発している人が少なくないのではないかと思うのですがどうなんでしょうね? 権威ある純文学だって海外作品からのオマージュが多いので、物書きなんてみんな何か好きなものがあって、それを自分なりに書き直すところから始まるものだと思っています。私は純文学な人間ではないので、おしゃれな海外文学ではなく、コテコテにアニメの二次創作から出発して今も文章を書いています。おそらく初めて小説(というか二次創作)を書いたのは小学3年生の時です。大好きだったカードキャプターさくらを、筋もそのまま小説にしました。なので最早創作でもなんでもないのですが……でも、漫画という絵を文章に落とし込むのがとても楽しかったのを覚えています。そのためかどうか分かりませんが、私の文芸活動は頭の中にある美しい1シーンのため
0
カバー画像

【Part4】目標と目的の違い。

みなさんこんにちは!るるらびです。タイルカーペットを買おうとしたら、部屋全体に敷き詰めるには150枚前後必要だと言われ、萎えております。笑※8畳で60枚~70枚ほどさて前回は、「大きく稼ぐ人と、ものすごく大きく稼ぐ人の違い」についてお話ししました。気になる方は【Part3】をCheck!今回は『目標と目的の違い』について。唐突ですが、みなさんの目標や目的はなんですか?※ぜひ一度、自分自身の目標と目的を今一度よく考えてから、この先を読んでみてください!違い?いやいやそのくらい分かる!と思われる方もいるでしょうが、いざ説明するとなると難しくないですか?目標は👱「ここに向けて取り組むんだ!」という指標。が目標目的は👱「一部上場企業にするため!」それが目的だ!確かに間違ってはいませんが、本当にそんなに単純なものなのか。。と私は疑ってしまう。実際に私が仕事の関係で色々なところに行って気付くのは、目的意識をもって仕事に取り組んでいる人が本当に少ないことだ。私「何のために働いているのですか?」👲「・・・・。生活のため!」他には、買いたい物があるため!給料が良いから!などの答えが大半!経営者の方でも同じことが言えて、「年商〇〇〇億円に行くことです!」「業界・日本トップです」など似たような答えが多い。確かにかなり大きい目標で素晴らしいのは間違いないのだが、何かが違う気がする。確かに経営者自身はその目標がさらに先に繋がるから良いかもしれないが、働く側。社員の立場から見るとどうだろうか。ワクワクしますか?やるぞーーーー!!!!!となりますか?私が社員なら、"あんま関係ないし、""あーそれが目標なんだ
0
カバー画像

お引き受けできないもの

お仕事実績400件以上・プラチナライターの中小春でございます。いつもありがとうございます。日々さまざまなご依頼を頂戴し、できるだけお客様の意に添えるよう尽力しておりますがどうしてもお引き受けが叶わないものもございます。主に商品を体験できない商品レビューと男性向け嗜好品に関する執筆です。商品を体験できない商品レビュー商品パッケージや説明文を読み、商品を体験せずレビューを執筆するお仕事は現在全面的にお引き受けしておりません。恐れ入りますが、商品そのものをお送りいただくなどのお手配をお願いいたします。商品が物質ではなく教育などの情報であるなら実際にその教育体験をさせていただきたく存じます。男性向け嗜好品タバコ・車・男性向け風俗等に関しましては読者様の気持ちになりきれないため、一部は辞退させていただくケースがございます。「女性目線が必要」という場合などにはぜひ当方のライティングをご活用くださいませ。あなたからのご連絡を、心よりお待ちしております。
0
カバー画像

小5の私「将来の夢はイラストレーターです」

小さい頃から絵を描くことが大好きでしたファッションのイラストを描いたり、自作の漫画を描いたり。夏休みなどの長期休みになるとオールでお絵描き…なんてこともザラ。それくらい絵を描くことが好きでした。デジタルに移行したのは5年程前からアナログでは描けなかったブラシタッチ。様々な表現ができるペンツール。着色の鮮明さにどんどん魅了されました。イラストは趣味。自分だけで楽しむもの。人様に見せるなんて恥ずかしい!事実、私はリアルの知り合い(旦那、家族、友人)には自分が描いたイラストを一切見せたことはありません。 しかし、旦那と家族は私がイラストを描いていることは知っています。イラストは好きだけど人に見せる自信なんてない。私のイラストなんて誰も興味ないでしょう。そう思っていたとき旦那から「1人で描いて何になるの?それどうするの?描くだけ?もったいな」と言われたのです。ビジネス好きの旦那にはそんな無益なことをしている私が不思議だったのでしょうね。でも私は「ハア?別にいいし!好きだから描いてるだけだし!フンッ!」という感じでした。しかしこの言葉をきっかけに私は動き出すのです。『イラストレーター』という夢旦那にあのように言われてから確かにSNSでもイラスト投稿してる人たくさんいるよな… でもイラストの仕事ってどうやってやるの?そもそも私のイラストって需要ある…?と頭の中でグルグル考えるようになり、スマホで『イラスト 趣味 副業』などと調べるようになりました。小学生のときになりたいと思った『イラストレーター』という職業。それだけで食べていく!とまでは思わないものの大好きなイラストのお仕事ができたら嬉し
0
カバー画像

社会に属す

人が満足を感じるために必要な3項目の内の最後の項目。「社会に属す」この「社会に属す」ということ。ちょっと深く考えてみようかな。自分以外の誰かと一緒に過ごす・・・二人だけだけど、これはもう社会が形成されている。二人だけという世界。この自分以外の誰か、というのは誰でもいい。親でもいいし、子供でもいいし、パートナーでもご近所様でもいい、もちろん友達でも。それだけで社会に属してる・・・はずなのに、なぜみんな満足がいっていないのか? なぜもっと、もっとと求めるのか、というところが問題なんじゃないかな。親がもう亡くなってる、兄妹も子供もパートナーもいないという人は世の中に結構いると思う。でも、スーパーとかの店員さんやご近所さんと挨拶くらいはするはず、多分。それに、仕事してると思うし。ということは、もう社会に属してるはず。でも、それじゃあ満足いかないのが人間。だからね、人が満足いく第3項目目は、条件付きなのかもしれないって思うよ。例えば、心を許せる人と繋がっている・・・という条件がついたらどうだろうか。きっと、それだったら、会社がおかしくても、社会が病んでいても、なんとか生きていけるって思えるんじゃないかな。例えば、人に感謝される仕事で社会に属していたら、生き甲斐になるんじゃないかな。結局、社会に属すってそういうことなんだと思う。仕事をするとか、人と関わり合いを持つっていう表面的なことじゃなくて、もっと心の問題というか。これも難しく考えることじゃなくて、自分の心次第とも言えるかもしれないし。その心次第で自分は社会に属せてるって思えるのかもしれないよね。心許せる人がいる、人に感謝される仕事を持
0
カバー画像

興奮すること

人間に必要な3大要素の2つ目。興奮する(ワクワクする。好きっていう気持ちを高める。ライブや遊園地、様々なエンターテイメントでエキサイティングする。)というお話。ここで気をつけなくてはいけないのは、興奮するというのは、ほんのちょっぴり気持ちを高めるってこと。ドラッグとかで得られるような興奮状態ではないので、ご注意を。気持ちを高めるって、ディズニーランドに行くとか、デートするとか、旅行するとか、ライブに行くとか、いろいろあるけれど、そういった一過性のものではなく、長期に持続するものもあります。それは、新しいことを学んでみるとか、新しいことを始めてみるとか。そんな、ちょっと難しいことに挑戦することは、長期的に持続するワクワクです。簡単なことって飽きてしまうけれど、ちょっと難しいことを学んだり、ちょっと苦手なことを習得するのは、新しい発見があって、それを乗り越えてっていう、ちょっとしたエキサイティングな出来事です。好きなものもない、今の時期旅行も無理、何もできない・・・と思って、人間に必要な「興奮する、ワクワクする」という要素を蔑ろにしてはいけません。どんどん自分を苦しめるだけだし、自分の世界が狭くなって窮屈になって、嫌になって、自分のこと、自分の人生を否定してしまうことに繋がってしまうから。ということで、ほんのちょっぴり難しいことに挑戦してみませんか?私は、ちょっと小難しい本を読み始めました。おかげさまで、すぐ寝れます、笑これは人間に必要な、1番目の「ゆとり」と2番目の「興奮する」のふたつを網羅できるものでした、笑
0
カバー画像

タロット大アルカナ