絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

140 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

昭和の教育はもう昔話!今がアップデートの時!

こんにちはかずみん教授です本当にうまくいく人の特徴!結論!⭐️⭐️⭐️本当にうまくいっている人は昭和の指導をしていません!⭐️⭐️⭐️昭和の指導・昭和の教育昭和のやり方にしがみついている人はうまくいかない!教育だけでなく、普段の生活、仕事にも言えます。★昭和のやり方にしがみついてる人の特徴5選①「普通は〇〇」「常識的に考えると△△」が口ぐせ②ルール、規則通りに動く(臨機応変に動けない)③目の前の問題をよくすると言うより、マニュアル重視!(例)この手引きには〇〇と書いてあるから、この方法しかダメ!④私の言うことは絶対正しい!という考え⑤同調圧力!組織、和を乱すことは絶対ダメ!★昭和に受けた教育を子供にしてもうまくいかない理由 かずみん教授が小学校で担任をした時のクラスはよく言うと個性いっぱいの子が集まったクラスわるく言うと自分勝手で、気に入らないことがあると手足がでちゃう活発なクラス(活発なクラスは良い言い方ですね(^◇^;))今の私だったらワクワクしますがあの時の私はこーすべき!あーすべき!フツーはこうでしょ!これジョーシキ!自分が教育されたように四角の枠の中に丸や三角の形をギュギュギュッと詰める子どもの個性無視!自分が教育されたように四角の枠の中に丸や三角の形をギュギュギュッと詰めた結果どうなったのか。そりゃ〜◯や△の子たちは□の枠があっていないんだもん。飛び出ますよね。とにかく押さえつけて枠に入れる。力でねじ伏せる。小学生だからできました。その方が早い!ちなみに中学生だと押さえつけると、反発してくるので、とにかく自分の気持ちを素直に淡々と生徒へ話していました。同じ方法で小学
0
カバー画像

思春期はキレやすいのが最大の特徴

思春期はキレやすいのが最大の特徴と、尾木ママがおっしゃっておりました。特に母には甘えん坊の一面が出るようです思春期はティーンズ脳(12歳〜25歳)特殊な脳の開発機関に入るのでコントロールが効かなくなりますかずみん教授が中学校で教師をしていた時にいた反抗期中学生の特徴●キレる生徒●無気力になる生徒ここで対応のポイント!思春期の子供に親(先生)は勝とうとしない!⭐️負けるが勝ち⭐️かずみん教授の場合女で音楽の教師そして20代と若かったので怒ったら生徒の思う壺「先生を怒らせたぜ!」と、中学生は変な自信をつけてきます。または「先生が怒っているから言い返すな!怒りが収まるまで黙れ!」と言った生徒もいました無気力系反抗期中学生ですね。変に大人ぶる。「黙れば済むって、全然反省してないじゃない!」と怒る20代かずみん教授でした。キレたり無気力になったりする思春期の子ども彼らは彼らなりに苦しんでいますだから遠慮することありません私の場合、中学校の音楽授業が週に1時間しかないので、気になる生徒は、個別に話したり、帰りの会へ押しかけて学級全体に話すなどしました。淡々と冷静に自分の気持ちを話す(時には泣いても良いので話す)話したら深追いしない彼らなりに考えております♡子供の心配事、お困り、お悩みお気軽にご相談くださいませ占いでもご相談にのっております対応方法、お子様のお気持ちなど占いでもご相談にのっておりますよ(^∇^)
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 45話

↑ 44話目はこちら ↑ かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

子どもの学習をサポートする上で最も大切なこと

こんばんは、わたねこ(綿崎ねこ)です。塾で講師をしています。学習のサポートをする上で最も大切なことは、「できると信じること」です。*夏休みが終わり9月になると、「2022年度もあと半分」と改めて気合が入ります。塾の年度は多くの場合、2月から翌年1月までなのです。実はこの秋頃から、次学年についての不安を口にする保護者様がだんだん増えてきます。「本当に○○ができるようになるのかしら」と。○○には、「ちゃんと問題を読んで意味を理解すること」とか「自分で見直し」とか「おしゃべりせずにお勉強」とか……あとは苦手な問題のタイプや単元が入ります。問題なのは、これをお子さんの目の前で言ってしまうこと。「この子はできるようにならないかもしれない」というニュアンスを含んだ言葉は、しっかりお子さんにも伝わっちゃっています。そして、「ぼくは(わたしは)できないかもしれない」という暗示にかかっちゃう。大人も「頑張ればできるようになるかも」と思えるか否かで、やる気に変化がありますよね。子どもたちだって、もちろん一緒。「頑張っても無理かも」と思ったら、やる気が出ません。やる気がでなきゃ、できるようになりません。なったとしても、時間がものすごくかかっちゃいます。どうせ暗示をかけるなら「できるようになる」という暗示が良いです。そう、「この子はできるようになる」と信じてあげることこそが、できるようになる近道なのです。正解にたどり着けなくても考え方があっているなら、80%理解していると言えます。その時に「また同じところで間違えた」と伝えることもできるし、「おしい!ここまで合ってた!もう少しで正解できるね!」と伝える
0
カバー画像

家出中のクリスタルキッズ

次男・三男のお迎え途中に長男(小4)の友だちA君を見かけた。そこは学区外(境から出た隣の道路)で自転車にまたがって止まっていたのだ。思わず手を振ると最初誰か分からなさそうな顔をしたあと私のことを認識したようで窓を開けて「どうしたの?」と聞いたら「今、家出中」という返答が返ってきた。車を止めることができなかったので次男を迎えに行って戻ってきてからその場所を通ったらまだいたので改めて話を聞いてみると、お母さんとケンカしてぶつくさ言う自分に怒ったお母さんが物を投げつけながらキツめのセリフを吐いたんだそう。私はA君のお母さんを過去に一回だけ見かけたことがあって低学年の頃から遅い時間まで遊び回っている子だったので放任な印象を持っていてその時もそれを感じさせられたし、A君のお兄ちゃんはいわゆるヤンチャなタイプで学校の話題をほぼしない長男が珍しく口にするくらい嫌いな上級生だそうでそんな家庭環境であるにも関わらずいつ会ってもピュアで素直なA君に私はいつも気持ちが洗われる思いをしていた。シャイさもなく無邪気に応えてくれてなんというクリスタルさ。あるエッセイの中で『子どもはどこまでも親を許したくて生きていてくれるということを忘れてはいけない大切な事実として胸においていただきたいと願います』というのを読んでA君と重なるところもあったし改めて彼はお母さんやお兄ちゃんを救うために生まれてきたんだろうなと思った。これは私自身もそうだし私の両親や兄たちにも当てはまるし傷つき傷つけあうようなドラマがありながらも一貫してそこに愛というものが流れていた(る)のだ。養うので一生懸命幸せを願うばかりに『それらしい』レ
0
カバー画像

運動会と長男

長男(小4)が絶賛、運動会に出たくないモード。毎年、夏休み明けの1ヶ月は運動会の練習で、残暑の中で不本意な練習は学年が上がるにつれてその苦痛さが増している。本番には強い方だけれど内容が興味がなかったり楽しみを見出せないとそれらは全て自分にとって価値のないものどころか嫌なこととして認識されるようだ。その極端さを私はずっと見守っている。今朝も、朝ごはんを食べて着替えるまでの30分間ほぼ姿勢を変えず横になってぼんやりテレビを眺めていた。あー、わかる、その感じ。心の中の憂鬱さの重みがそうさせてるんだよね。心は嫌なんだけど、だからと行って学校をボイコットするほど行動に移したいわけでもない。学級通信を読んでいると「なぜ運動会をするのか」というテーマできちんと子どもたちが話し合いをしたらしく、動機を明確にした上で練習をスタートさせていておー素晴らしいなと感じていた。でも、長男の曇り顔に聞いてみたら、やっぱりそれでも納得してなくて人前で踊ったり走ったりすることが嫌いな彼にとっては日頃の自分達の頑張りや成長を家族に見てもらいたい(これ自体の欲求もおそらくあまりない)をそれがはるかに上回っているのだ。目の前にあることに対して肯定的に見るか否定的に見るかの話もたまにするし、その見方や経験をトレーニングする場と私はとらえている。今朝は自分なりに過ごしていたのでうんちくは何も言わないで空いた時間に側に行ってよしよしした。PTAをしているので先生方の準備や配慮のことも知ってるし見に行く家族もみんな楽しみにしている。私が子どもの頃も運動会は楽しみだったし、彼に小言を言うのは容易だろうし真逆の彼の行動は一般的
0
カバー画像

学習の目的は、正解のマルをもらうことではありません

こんばんは、わたねこ(綿崎ねこ)です。突然ですが!!!!日々の「マル」には!何の意味もありません!!!!……いやいやいや、さすがにそれは言いすぎだ!!wごめんなさい。訂正。意味がなくはないのだけど、目的を「マル」にすると、時間を消費しただけになる場合が多いです。合ってればなんでも良くなっちゃうと答えを写す動機づけになる危険もありますし。……じゃあ、何が目的か??といえば「自分で答えにたどり着くこと」です。【学習=知識】という構図はイメージしやすいし事実そういう側面もあるのだけれど……「知っている」だけでは意味がないことを私たち大人は、それこそ「知っている」じゃないですか。だからこそ「あの学習の意味はなんだったんだ?」「学習って何のためにするんだ?」という疑問をまるで解けないパズルのように迷宮入りにしてきたのではないのかな……と。でも、私は職業柄、よく聞かれるのです。「なんで勉強しなきゃいけないのー?」って。子どもたちに。だからいろんな視点で考えて、「知識を得てマルをもらうこと」ではなく「自分で答えにたどり着くこと」こそが学習の目的なのだと結論づけてみました!(なんだか、口調が偉そう……ごめんなさいww)子どもたちに聞かれたら、私はまず開口一番こう言うのです。「え?やらなきゃいけないなんてことないよ」すると子どもたちは目をまんまるにして「やらなくていいの?」って顔で興味津々。そこですかさず聞くんです。「なんでやりたくないの?」って。そうするとだいたいの答えが・つまらないから・わからないから・めんどくさいからなのですよ。大人もやりたくないですよねーーつまらなくて、わからなくて、めん
0
カバー画像

この力があればイライラしない!!かも?!

こんばんは、わたねこ(綿崎ねこ)です。年齢関係なく……一番大切な力は『語彙力』なのでは?!と最近ふと思いました。親子間の衝突も男女間の衝突も伝えたいことが伝えたいように伝わらないことで起きることが多いから。「何度言ったらわかるの?!」「どう言ったら伝わるの?!」ってこと……ありません????つまりは……衝突のほとんどは「伝えたいこと」を適切な言葉で表現できていないことが原因であることが多い!って話。知っている言葉はいっぱいあるから、言われたことは「何となく」わかった気になれる。これが盲点なのかも。ハッキリ言っちゃうね。「普段、日常的に使わない言葉」は、理解していない言葉です。専門用語とか「使う場所が限られている言葉」は別として、ね。イライラしている時って、「あぁ、もう!!何て言ったらいいかなぁ??!」ってイライラしない??それそれ。すっっっごくイライラしているのに、その気持ちを的確に表現できないの。そのモヤモヤにさらにイライラしたりして。私もずっっとそうだった。でも、国語の先生をするようになって、使えるようにしないとならない言葉が増えて、お陰様で語彙力もちょっとレベルアップしたら、不思議とイライラしなくなった。もしかしたら、語彙力とは別の何かも関係しているのかもしれないのだけれど……少なくとも、「イライラ」を「言語化できる」のは精神的にすごく楽になったな、と実感している。だから、やっぱ「語彙」って必要だ。『語彙力』自分の気持ちを的確に言葉で表す能力。相手に伝わる言葉を選べる能力。知っているだけじゃ、実生活ではあんまり意味がないよね。持っているだけじゃただの紙切れなお金と一緒。使
0
カバー画像

秋といえば九九の季節

こんばんは、わたねこ(綿崎ねこ)です。もうすぐ後期の授業が始まります。(塾はだいたい二期制)小学2年生の2学期といえば、九九!……という訳で、今日は九九のお話。「いや……覚えさせるだけでしょ?」とか思いました?チッチッチッ!(……表現が昭和w)覚えさせるだけだと、「しちくろくじゅうし」とかって覚える子が現れます。そんな奴いる?って……あたしだよ!!!!!(にしおかすみこ懐かしい)そのまま行ったら7×10が71になっちまうじゃねーか。これぞイリュージョン!!!!……じゃなくて。(落ち着け)九九を覚えるときに絶対にやってほしいことがあります。それは、数字て書かれた九九を読めるようにことです。何のこっちゃ?……ですよね。小学2年生は「4」を「よん」と読み「7」を「なな」と読みます。つまり、「し」「しち」が、「4」「7」と脳内でリンクしていません。だから、九九を単純に毎日歌ったり言ったりしながら覚えると、脳内は平仮名がたくさんになります。英語の歌を耳コピで歌っているようなもんです。英単語が頭に浮かんでいない。で、子どもたちの脳内でどのようなことが起きるかというと。「7×9=」という式を見て、「七のだん……しちいちがしち、しちにじゅうし、……しちくろくじゅうさん」そして、「しちくろくじゅうさん!」「しち」=「7」「く」=「9」「ろくじゅうさん」=63と、「数字→九九」「九九→数字」という手順を踏んでいます。だから、九九を覚えて(言えるようになって)も、実際に計算問題を解くときには時間がかかるのです。苦手な英語で会話をするみたいな感覚ですね。相手の言った英語を日本語訳し、日本語で考えて英語
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 44話

↑ 43話目はこちら ↑↑ 45話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

行き渋りと不登校

こんばんわ、わたねこ(綿崎ねこ)です。今日はちょっと真面目なお話。え?いや??!いつも真面目だけどもーーーー!!はい!!今日も始まりました!わたねこの独り言ブログ!イェイ!ぱふぱふ〜!内容は真面目だけれど、一発書きで堅苦しい言葉遣いをすると手が止まって思考が先へ先へ行ってしまうので、口調はいつも通りで参りますぞ。(……ぞ?誰w)さて!本題に参りましょうぞ。(だから誰w)今日は、とあるSNSに流れてきた「学校への行き渋り」の記事についてです。夏休みが終わって、「学校いきたくない」って毎年恒例で話題になるやつです。「この1回がきっかけで不登校になるのではないか」「頭が痛い?お腹が痛い?……仮病なんじゃないか」大人だって毎週「月曜がきた」「仕事行きたくない」って言っているのにね。この時点で、ちょっとおかしな話だと私は思っています。つまりは、「もっと休みたい」「休み、楽しかったなぁ」「ずっと休みならいいのに」ってことの言い換えでしょう??まず、そういう軽いノリの「行きたくない」もあり得るのです。そんなときに、「どうしたの?」「なにが嫌なの?」「いじめられているの?」「お勉強ができないから?」とか矢継ぎ早に言われたら、もう……「行きたくないって言っただけやんかぁ。そんな過剰に反応せんといてーな。この先ガチで行きたくなくなったときに言いにくくてしゃーないわぁ。」ですよ。私だったら、エセ関西人みたいなノリでしか受け流せないかも。まぁ、今回の記事ではその軽いノリの話は出てなかったんですけどね。(出てないんかい)そして、ココナラさんは外部リンク非推奨なようなので、一番気になったとこだけサクッとま
0
カバー画像

字をうまく書くために必要な力とは

こんばんは、わたねこ(綿崎ねこ)です。8月が終わっちゃいますね。今年の夏は数年ぶりに外に出て思いきり『夏休み』を満喫されたご家族も多いのではないでしょうか。その代償として流行病にかかってしまったりとか……あるかもしれませんが💦正直むずかしいですよね。大人にとっての8月と、子どもにとっての8月って重みが違いますから。世の中の大多数の意見がどんなに正しくても、すんなり納得できないことって意外と多くて「でも」「だって」「どうして」って言いたくなっちゃったりします。いつからそういうことを正直に素直に言えない世の中になっちゃったんでしょうかねーー。本音を偽ることが大人になることなら、私はずっと子どものままでいたいです。……とまぁ、無駄話はこの辺にして。笑私の弟は字がミミズです!(唐突)もうとっくにいい大人な年齢なのに、字がミミズです!もう一回言います!ミミズです!いや、なんかここまで何回も繰り返すとミミズに失礼な気がしてきました。ミミズさん、ごめんなさい。さて。お子さんの字でお悩みの親御さんはいらっしゃいませんか?そして、字の練習ばかりしていてもなかなか変化が見られない……とお困りだったりしたら、朗報です!!!!!実は、字を上手に書くために一番必要なのは、手首と指先を使いこなすことです。クレヨンを使ったお絵描きは腕で描きますが、鉛筆を使った字は、実は手首と指先を使って書いています。昔の子どもは……と私を例にするとですね……鉄棒でぐるんぐるん周りドアノブを捻り回しトンボに向かって指や手首を回し自分の目も回しちゃったりしながら虫取り網を上手に使いこなしたりしていたんです。父方の田舎では、電話
0
カバー画像

「非常勤教師」というキャラクターについて!!!💜

(小学生高学年&非常勤教師の感覚)非常勤教師とは、「非”情”勤教師」の事です。◆ドッジボールでのいじめ!それに対して体育道具の破壊行動!そこに、ヒーローとなる事柄が起こり、みんなの羨望の的へ!非常勤講師のフォローあり!◆子供たちがなかなか自分のいう事を聞いてくれず授業も思ったとうりに進まない。自分は、教師には、向いていないのだろうか?◆子供というのは生意気で反抗的な生き物。教師は、子供を思うように操れないからと言って自殺・盗撮・性的行為をしていたら命がいくつあっても足りないはずです!◆生意気だが、感受性は、大人が思っている以上に敏感です。◆若い人間が、古風な事するか?◆カナリアの世話。◆勘ぐりたくもある。◆事件をスキャンダルに扱われたくない学校側が神経質になっているだけ。◆非常勤教師という部外者であるが、関係者に一番近づける立場なのです。◆どうすれば、子供たちの心をつかむことができるのか?これ、考える事でしょうか?◆教師なんて仕事も、所詮、金儲けの手段では⁈◆教育者とは?◆人間って弱いもの。教育者だって人間。弱いもの同士、正しい方向に向かって助け合い。◆(非常勤教師の感覚) 子供たちの浮かない顔⁈ 何か落ち着かない様子⁈ 今日は、一体どうしたというのだ⁈何かあるのか⁈この雰囲気⁈ 明らかにおかしい⁈ 面白いテレビ番組でもあるのか?それともゲーム? 子供たちは、皆、明るく、優しくそして、親切! 成績は、ともかく生活態度だけを取れば全員が優等生。 しかし、あまりにも優等生過ぎる。 無理をしているような不自然さ! (母と教師の会話) このところ、娘は、少し元気がないみたいで? 何か心
0
カバー画像

これでいいの?日本のプログラミング教育 💻💦

こんにちは(hello world この業界ではよく出てくる挨拶の呪文)地味に疑問系のテーマではじまりましたが、本記事がsoraCodeの初記事となります💡まさかいつもお世話になっているcoconalaさんでブログ機能が実装されているなんてと、かなり遅ればせながらですが、個人的な気付きなどをゆるく発信していけたらなと考えております。ということで方向性としては、何にしようかなと思っていたのですが、スキルマーケットということもあり、マイペースなテックブログとして考えています😄さて、2020年に小学校などの指導学習領域がずいぶんと刷新され、ついに日本でもプログラミング教育の義務化がスタートしました👏背景にはIT人材が不足しているなどの理由があるそうですね。ところで、あれから2年ほどが経ったわけですが、みなさんのお子さんや近所の子どもたちの感想はいかがでしょうか?個人的に小学校の先生たちもそろそろ悲鳴をあげているころなのかなとつくづく思うところであります。というのもいきなり「これからプログラミングを教えてね〜」と言われましても、先生たちは、プロのエンジニアじゃあるまいし、無理難題ですよね笑とはいえ、「Scratch」というビジュアルプログラミングといって、論理的思考を鍛えたりする第一歩として、ブロックを積み木のように組み立てて、順序制御、反復制御、分岐処理などのプログラミングの基礎を学ぶための学習教材を使って、「学び始めたよ〜」という声もちらほら聞きます。「楽しいよ〜」といった意見を聞く反面、「これをやっても結局なにができるようになるの?」とエンジニアの仕事がイメージできず、モチベーシ
0
カバー画像

苦手より得意を先に伸ばすメリット

こんばんは、わたねこ(綿崎ねこ)です。現役の塾講師です。今日からゆるゆるとブログを書いてみようと思います。よろしくお願いします。一発書きなので、いろいろと突っ込みどころもあるかもですが、ご容赦くださいませ!さてさて。大人も子どももなぜか「苦手克服!」と躍起になっているような気がするのですが、皆さんの周りはどうですか?塾で保護者様とお話をすると決まって苦手を克服する話です。……そりゃあそうかwそのための塾ですもんね。しかしですね、私は毎回伝えます。まずは、得意を伸ばしちゃいましょう!!!!と。とくに、苦手なものに手をつけるのを嫌がるなら尚更!!理由は2つあります。①まず「僕は(私は)できる!」という経験と自信をつけることを優先!②得意を伸ばすと時間に余裕ができる!ひとつずつ掘り下げてみますね。まず①【「僕は(私は)できる!」という経験と自信をつけることを優先!】苦手なことってやりたくないじゃないですか。大人でも。なんか、「頑張ってもなぁ……」という空気に逃げ腰になってしまう。でもそれって結局のところは「できるはず!」という自信がないってことなんですよね。だから、まずは得意なことで「頑張ったらできた!さらにうまくなった!」という経験に時間を費やしてみることをオススメしています。そうすると必然的に苦手なものにかける時間は減るじゃないですか。で、ですね。得意がある程度伸びてきたら、そこで言うわけですよ。「得意な〇〇と同じ時間がんばったら、今よりできるようになるよ!私は信じているよ!」って。はい。これが、大人のずるさの正しい使い方ですよ!(ちょっと違う気もするw)得意なことに取り組むと、
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 43話

↑ 42話目はこちら ↑↑ 44話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【無料公開】【勉強と向き合う1】20分でいいから勉強する習慣を身に着ける

学校から帰ってきたら勉強にたどり着けない 学校から元気よく帰ってきた、さぁ手を洗って、おやつ食べてあれれ、 勉強しないの?なんてわが子にやきもきしませんか? 本人は至ってマイペース、親が何をいってもどこ吹く風。 やり過ごして、時間を無駄にしている。 これ4年生頃まではあるある小学生です。 塾には通って、なんとなく勉強して帰ってきているけれど いつ学校の宿題をしたのやら、管理監督もままならない状態。 要領よく勉強しているのかすらわからないわが子に いい加減「ちゃんとやってるの?」なんて声掛けしたら 「やってるよ!うるさいな!」と返事が。 さて、このまま5年生・6年生へと進級しても大丈夫なものなのか。 このままにしておくと、ちょっと問題ですよね。 勉強が好きなのか、嫌いなのか? そもそもどんなつもりで「受験」のこと考えているのか?すらわからない。 勉強習慣がつかないまま6年生になると 実はこの勉強習慣が身につかずに6年生になる場合があります。 もちろん本人は、受検勉強もきちんとして、学校の宿題もちゃんとしています。 それでも勉強習慣が身についていないってどういうこと? 僕の考える勉強習慣ってのは、 20分という単位の時間を学習に充てることが身についている  という状態を指します。 つまり、隙間時間があったら勉強しちゃおう、ってやつです。 いやいや待って。本人は塾にも行ってるし、学校の宿題もきちんとしてる なのに勉強習慣が身についてないってことなの? そうです、「勉強をやってるけど伸びない」 この原因はさまざまですが 1つには「20分という単位を惜しいと思って勉強してるかどうか」な
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 42話

↑ 41話目はこちら ↑ ↑ 43話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

#16 フリーター時代に小学校の先生を体験したお話

こんにちは。ゆっけです🏖公共の就労支援センターや自治体の学習支援事業(心理相談員)でお仕事をしながらキャリコン✖️広報PRを掛け合わせて活動するフリーのキャリアコンサルタントです✊このコラムは、テーマに合わせて私が感じるキャリアやストーリーをゆるーく書いています。出品するサービスをご検討いただく際に✅どんな人間なのか✅どんな考え方や価値観を持っているのか参考にしていただきたくて書いています。今回のテーマは🏷#16 子どもに教えられたこと家庭なし🙅子どもなし🙅の独身おじさんにとって少しハードル高めなテーマではありますがお仕事では子どもと関わる機会に恵まれていたのでその中から教わったことを書いてみます✏️このテーマを聞いて真っ先に浮かんだのは小学校の臨時職員のお仕事です🏫フリーター時代の大きな転機となった昔話にお付き合いください🙋‍♀️元気な子サポーター『保育士や幼稚園の先生が自分には合ってると思う!』と言い放つわたしに『じゃあ、実際に体験してみたら?』と恩師の紹介で小学校の臨時職員(元気な子サポーター)をやることになりました🙋‍♀️学校の先生だけでなく様々な角度から子ども達とかかわり教育していこう✊という市の教育委員会の旗印のもとにできたポジションが『元気な子サポーター』です🏫当時わたしは、21歳現役で教員採用試験に合格して着任された新任の先生よりも若い最年少もちろん教員免許なんぞ持ち合わせておりません😂そして"学校の先生"はやりたくない職業として捉えていたので、かなり苦手意識を持っていました🙅そんな不安満載のわたしに教頭先生から"若さを活かして子どもたちの憧れとなる存在になって
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 41話

↑ 40話目はこちら ↑↑ 42話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 40話

↑ 39話目はこちら ↑↑ 41話目はこちら ↑ かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 39話

↑ 38話目はこちら ↑ ↑ 40話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 38話

↑ 37話目はこちら ↑ ↑ 39話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 37話

↑ 36話目はこちら ↑↑ 38話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

でき太くん三澤のひとりごと 投稿 その35

投稿 その35今回は「経験」することの大切さについてふれてみたいと思います。私が扱っている「でき太くん」の学習材では、学習後の丸つけをお子さん自身で行うようにお願いしております。これは、丸つけという「経験」によって様々なことが身につき、問題や解答を見る視点もトレーニングされてくると考えているからです。まず「丸つけ」をお子さん自身が行うことによって、自分は何がわかっていて、何がわかっていないのかを知ることができます。就学前や低学年のお子さんだと、まだそこまではっきりと自覚はできないと思いますが、学習後の自分の状況を振り返る「経験」することで、少しずつ自分が何がわかっていて、何がわかっていないのかがわかるようになってきます。何がわかっていて、何がわかっていないのか。このことを自覚しながら学習できると、学習の質がグンっと向上しますね。自分で丸つけを「経験」させているときには、まちがっている問題に丸をしていたりすることもあります。私たち大人からすると「よく見て丸つけをすれば、そんな採点ミスは起こらないはずだ」と思ってしまうものですが、まだ丸つけがしっかりトレーニングされていない段階では、採点ミスというものが起こるものです。この採点ミスをしているときに、ちょっとお子さんに確認をしてみるとよいのは、なぜその採点ミスが起きたのかという原因です。急いでいたから見落としてしまったのか。そもそも丸つけが面倒で、イヤイヤ取り組んでいたから見落としてしまったのか。いつも通りしっかり集中して丸つけしていたけど、見落としてしまったのか。見落としてしまった原因は、様々だと思います。もしイヤイヤだったり、丸つ
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 36話

↑ 35話目はこちら ↑ ↑ 37話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 35話

↑ 34話目はこちら ↑↑ 36話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 34話

↑ 33話目はこちら ↑ ↑ 35話目はこちら ↑ かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

本気で子どもに期待してますか?〜ピグマリオン効果〜

ピグマリオン効果ってご存じですか?教育心理学における心理的行動の1つ〜〜〜先生や親が本気で期待した場合子供は無意識のうちにそれに応えます!〜〜〜授業だったらどれだけ楽しいと思わせるか。先生が本気で楽しく授業して「勉強は楽しいよ!」と見せる!すると「勉強って楽しいんだね!」って無意識のうちに子供は応えます。「〇〇さんすごい!」って本気で言ってるとそれに応えてどんどんすごくなります。その逆子供を叱ったり、おどしたり悲しい思いをさせたりして何かを乗り越えさせるのは意味がないのだ!「あれダメ!これダメ!」「その言葉使うな!」これをすると勉強イヤ!先生嫌い!と脳が認識します。会うたび注意してくる人がいたらその人を脳が拒絶し始めます。子供たち拒絶反応!これは大人の人間関係にも当てはまりますよね。嫌なこと言ってくる人は無意識に拒絶っ!さぁ〜ピグマリオン効果実践しますよ!本気で子供に期待しましょう!まず!・子どもにどんな声かけますか?・子どもが本気で楽しんでくれる授業は?・どうやったら子どもたちは楽しんで勉強しますか?本を読んで知ってる〜じゃダメです!覚えたらアウトプット!1つ1つ考えて実践あるのみですぞ!授業や、子どもの対応についてのお困りございましたらご相談にのりますよ。
0
カバー画像

子どもたちも周りをよく見ています

先日、少し体調が悪そうなラボ生がいたので、親御さんに迎えにきていただきました。 と言っても、気にして見ていなければ分からないぐらい、元気はあったのですが、何となくいつもと様子が違う気がするので、声をかけました。 すると少しお腹が痛い様子。でも、トイレに行くほどでもなさそうで、黙々と探究をしていました。 が、いつもの元気はありません。とりあえず、親御さんに連絡してお迎えに来ていただくことに。 そのラボ生が帰ってから、他のラボ生に「何かいつもと違ったよね?」と聞くと、一人のラボ生が、「うん!あまり話をしなかった。」と答えてくれました。 そう!その通りなんです。全く話さなかった訳ではなかったのですが、いつもよりは口数が少なく、顔つきも少し違いました。 子どもたちも自分の探究で精一杯かと思いきや、よ〜く周りも見ているんですね。 本当に感心です!! その後、やはり体調が良くなかったようですが、少し元気になられたということで、ホッとしております。 早く元気になって、また一緒に探究しましょうね。そして、ラボ生たちもありがとう♡助かりましたよ^_^ それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 33話

↑ 32話目はこちら ↑↑ 34話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

でき太くん三澤のひとりごと 投稿 その23

三澤です。今日ふと思ったこと。それは、「素直に謝る」ということです。私は今でこそ、大人に対しても、子どもに対しても比較的素直に謝ることができるようになりましたが、昔は素直に謝ることができませんでした。子どもに対してちょっと感情的になって、ついつい言い過ぎてしまったとき。あとで「言い過ぎたかな。。。感情的になっていたな」と思っても、素直に謝ることができませんでした。なんでしょうかね、大人としてのプライドでしょうか。謝ると、自分が子どもにみくびられるとでも思っていたのでしょうか。謝ることで、子どもに教育的にイニシアチブを持っていかれるとでも思っていたのでしょうか。私が素直に謝れるようになったのは、「素直に謝れない大人のこと」を思い出してからです。私は中学生くらいのとき、学校で素直に謝ることができない先生は大嫌いでした。だれが見ても先生の勘違いでミスをしたのに、謝れない。謝るどころかそれを隠そうとする。こういう大人を見て、私は絶対にそんな大人にはならないと思っていたはずなのに、気づいたら自分も同じような大人になりつつあったのです。父が私に対して怒鳴ってきたとき。それが私のミスでないとわかっても、父は謝ることができませんでした。このときも、私はこんな大人には絶対にならないと思っていたのに、知らず知らずのうちに同じような道を歩みつつありました。このことに気づいてから、私は自分がよくないことをしたら、素直にそのことを謝るようにしました。これは子どもに対しても同じです。子どもがどんなに小さくても、自分がよくないことをしたら、心から「ごめんなさい」というようにしました。そうすると、子どもは私た
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 32話

↑ 31話目はこちら ↑↑ 33話目はこちら ↑ かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

結局のところ、塾ってどうなの?

こんにちは!塾講師歴3年、家庭教師歴2年のはなpupujussiです。今日はズバリ、タイトルにある通り”塾”をテーマにお話したいと思います。早速ですが皆さんは(もしくはお子様は)塾へ行ったことがありますか??塾も集団型から個別指導型と、本当にたくさんありますよね。私は現在、個別指導型塾に勤めているのですが、この3年間在籍していて、塾にも「強み」と「弱み」があると感じました。今回はその「強み」と「弱み」に分けて、それぞれについて書いていきたいと思います!これから塾を考えている保護者様や、お子様の学習に悩む保護者様の何か少しでも手助けとなりましたら幸いです(^^)■塾の「強み」1:先生まずはなんと言っても、”優秀な先生たちが揃っている” という点ですよね。私も講師になる際は、書類選考・面接に加えて、実際に問題を解く筆記試験を受けました。採用された後も講師としての研修があったりと、ほかの多くの塾でも現場に出るまでは同様のプロセスが踏まれているのではないかと思います。また、学校では先生が固定されてしまいますが、塾では先生との相性を見ながら様々な先生と出会うこともできます。先生として、現役大学生がOKな塾の場合は、先生自身の受験経験や学習内容がフレッシュな為、細かい事もなんでも気軽に相談でき、心強いですよね。2:データ収集と分析例えば中学や高校では、定期テスト前にテスト範囲が発表されるかと思います。しかし塾では、例年のテスト範囲や出題内容のデータをもとに、学校で範囲が発表されるよりも前に、事前に目処を立て、余裕を持って準備することができます。また、各学校のテストの出題傾向や、問題の出題頻
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 31話

↑ 30話目はこちら ↑ ↑ 32話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 30話

↑ 29話目はこちら ↑↑ 31話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 29話

↑ 28話目はこちら ↑ ↑ 30話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 28話

↑ 27話目はこちら ↑↑ 29話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

一朝一夕に伸びるものではありませんが…

今日は過ごしやすい一日でした。風も少し強かったので、洗濯物がよく乾きました^_^ さて、何回かに渡って「国語力」についてお伝えしてきましたが、この「国語力」、「探究」と同様に一朝一夕に伸びるものではありません。 それと同時に、学習だけでなく、あらゆることに不可欠なものです。 先日も、「早々に結果のでない『探究』や『国語力』を指導のメインによく持ってくるよね〜。」と言われたばかりです^ ^; 確かにその通りではあるのですが、ただ、皆、大切なのは分かっている訳ですからね。 そして何より、なぜラボは家庭と塾の間のような存在になっていますので、親御さんの役割を少しお手伝いしつつ塾でのサポートもできるのではないかと考えております。 開講日等、詳細もほぼ決定!!(オンラインにも対応しております) 「国語力」は早く身につけるに越したことはありません。 もしご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 それでは今日もゆっくりおやすみ下さいませ。
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 27話

↑ 26話目はこちら ↑ ↑ 28話目はこちら ↑かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0
カバー画像

つくづく思う国語力の大切さ

連日、「暑い」としか言っていない気がします^ ^; こちらはなんと29℃でした!!なんとか窓全開にして過ごしておりましたが、学校はクーラーがついていたところもあったようですね。 明日は雨で一気に気温が下がりそうですので、体調管理をしっかりされて下さいね。 さて、ここのところずっと考えているのが、国語力が大事だな〜ということ。 もちろん今になっての話ではないのですが、近頃は国語の力をつけたいとおっしゃる親御さんも多くなってきましたし、 少し前には、小6生が学校から論文を書く宿題を出されたこともありました。 国語はもちろんですが、他の教科でも読解力が必要ですからね。 ということで、「国語力」について何回かに渡ってお話をしていけたらと思っております。 楽しみにしていて下さいね。 それでは今日もゆっくりおやすみ下さいませ。
0
カバー画像

【漫画】妖精綾ちゃんとナイショのヨウちゃん 26話

↑ 25話目はこちら ↑↑ 27話目はこちら ↑ かわいい4コマ漫画制作します! ストーリーものの広告漫画や育児漫画もOK! ほかにも色んなサービスを出品しています!!
0