絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

52 件中 1 - 52 件表示
カバー画像

Kindle電子書籍「本能に訴えかけるモテる身体の作り方: 最速・モテるために特化したボディメイク術」の表紙デザイン

Kindle電子書籍「本能に訴えかけるモテる身体の作り方: 最速・モテるために特化したボディメイク術」の表紙デザインをさせていただきました。書籍説明【amazonより引用】本書は「モテるための身体作りに特化したノウハウ本」です。
 あなたは「モテるための本質」を理解していますか。 世間のモテるためのノウハウ本には 「優しい男性がモテる」 「清潔感のある男性がモテる」 「気の利く男性がモテる」 などの、情報が羅列されています。
  実践している方々も多いでしょう。間違いではありません。
  結果モテていますか? 「僕は優しいし、清潔感もあるし、レディーファーストを心掛けている。なのにモテない。」 ——これらは「モテるためのオプション」であって「モテるための本質」ではありません。 
 女性に例えてみましょう。 「優しい女性」 「清潔感のある女性」 「気の利く女性」 あなたは、これらの女性に魅力を感じますか。  優しくて、清潔感があって、気の利く女性よりも 「おっぱいが大きくて可愛い女性」 に魅力を感じませんか。 モテるための「本質」はこういうことなのです。  女性がモテるために、美容室に通い、お料理教室に通い、飲み会でせっせとサラダを取り分けようが 「おっぱいが大きくて可愛い女性」 の前では無力です。 おっぱいが大きくて可愛い女性は、「モテの本質」を押さえています。 多少わがままであろうが、少し頭が悪かろうが必ずモテます。マイナス評価でさえ魅力に変えてしまう魅力があります。 「モテるための本質」とはつまり、「本能に訴えかける魅力」です。 せっせと気配りをし、絵文字を付けてこまめに連
0
カバー画像

Kindle書籍の適正販売価格は?

どうも、Kindle出版プロデューサーのやすです^^今回は、Kindle書籍の適正販売価格についてお伝えしていきます。結論から言うと、何円でもいい!!という感じです。100円であろうが、5,000円であろうが、10,000円でもよいのです。それだけの価値があるのなら。それを踏まえた上で、あとは出版する目的や売り方の戦略を踏まえて、価格設定をしていくとよいです。Kindle書籍は、99円〜20,000円の範囲内で価格を設定することができます。一般的には、250円から500円の間が適正価格と言われています。また、KDPセレクトに登録していれば販売後3ヶ月以内なら5日間だけ無料で販売することもできます。さらに価格は、出版後でもあなたが自由に好きなタイミングで好きな価格に変更をすることもできます。その中で、いくつか価格戦略の例をお示ししていきたいと思います。【例①】※一番オススメ出版直後は99円(無料)で販売し、認知をさせる。(SNS等で予告する)1週間後に500円で販売する。【例②】常に250〜500円で販売する。【例③】コンテンツの質と量に自信があり、相当な方が買ってくれると自信があるので、700円以上の価格で販売する。【例④】常に99円で販売する。印税よりもリスト集客に重点を置きたいため。こんな感じですかね。でも、あなたの出版の目的が・印税獲得・リスト集客・ブランド力アップ・記念出版のどれかによって変わっていきます。ぜひ今一度出版をする際は、自分の出版の目的を再確認してみてくださいね^^
0
カバー画像

【2ステップを意識しよう】

電子書籍出版プロデューサーのDaiGoです。 今日は、「2ステップを意識しよう」というお話をしたいと思います。2ステップマーケティングという、昔から定番の販売手法があります。「フロントエンド商品の購入者にバックエンドをオファーする」「無料オファーでリストを集めてからバックエンドをオファーする」など、販売までに2つのステップを踏む手法ですね。もちろん、1ステップで売れるならその方が行程が少ないしラクです。広告を打ってセールスページに飛ばすだけでバンバン商品が売れる。みたいな。わざわざ一旦リストを集めて情報発信した後に売るより簡単です。それができれば、の話ですが(笑)正直、実績もブランド力もない人が1ステップで売るのは難しいです。よほどオファーが魅力的でセールスレターも強力じゃないとなかなか売れないでしょう。だからこそ、2ステップなのです。リストを取るだけが2ステップではありません。たとえば、「Twitterで集客して有料noteを売る」「YouTubeでファンを増やしてセミナー集客」これらも立派な2ステップと言えるでしょう。「何が1ステップで、そこからどうやって2ステップ目に繋げるか?」ここをじっくり考えてみると、自分がやっている活動の方向性が少しずつ見えてくると思いますよ。例えば、SEOが苦手ならTwitterを頑張って「Twitterからブログに誘導」みたいなことも考えられますしね!【完全丸投げで電子書籍プロデュースします!】【あなたの事業の集客ツールとして電子書籍を活用してみませんか?】 DX化に伴い、電子書籍の利用者数が急増しています。 様々なデジタルコンテンツがAmaz
0
カバー画像

【ポジショントークの注意点】

電子書籍出版プロデューサーのDaiGoです。今日はポジショントークについてお話したいと思います。※ポジショントーク「自分の立場を利用して自分に有利な状況になるように行う発言」by ウィキペディアネットビジネスでは、自分の商材を売るためにポジショントークしてくる人が多いです。ブログはもうオワコンだ!→だからYouTubeやれ→YouTube教材はこちらみたいな感じでしょうか。私はポジショントーク自体は別に悪いことだとは思いません。問題提起して、相手の興味関心を引くのはマーケティングの基本ですし。私も少なからず使うことがあります。ただ、ポジショントークをする時は一貫性を持たせることが大切です。言っていることがコロコロと変わっていては、信頼度がガタ落ちしますからね。もう少し言うと、一貫性のないポジショントーカーにお金を払うのはオススメしません。なぜなら、彼らは簡単に裏切ったりハシゴを外してきますから。「メルマガやれ!」と言われたから50万円の塾に入会したのに、1ヶ月後には「メルマガよりYouTube!」とか平気で言ってきます。それに振り回されてしまっては、いくらお金があっても足りません。そして、軸となるスキルも身につかないまま稼げないノウハウコレクターに、、どうしても声が大きい人の情報を鵜呑みにしてしまいがちですが、「それ、ポジショントークじゃないの?」と冷静に考えて、自分のお金や労力を守りましょう。(本当に良いと思えるものならどんどん投資するべきですが)自分がポジショントークをする時は、後で自分の首を絞めることにならないか慎重に考えるといいかもですね。【完全丸投げで電子書籍プロデュ
0
カバー画像

公式LINEやメルマガへ誘導する特典の作り方

どうも!Kindle出版プロデューサーのやすです^^今回は、Kindle書籍からメルマガや公式LINEへ誘導する際の特典の作り方という話をさせていただきます。前回、Kindle書籍からメルマガや公式LINEヘ見込み客を集めようという話をしました。あなたが、まだ読まれていないならばこちらからぜひ読んでもらえると嬉しいです。↓そのメルマガや公式LINEへ誘導する際には特典(プレゼント)を用意しておきます。特典(プレゼント)が欲しいからメルマガや公式LINEへ登録するという流れを作ることができれば自然と見込み客を増やすことができるのです。この特典を作る際に大切なこととして、①ゴールに到達できるものにする②本の内容にリンクするものにする③タイトルは最大限大げさにするということが大切です。①ゴールに到達することをものにする例えば、セミナー集客が目的なのだとしたらそのセミナーの内容に近いものにします。そうすることで、セミナー販売が楽になります。コンサルティングがゴールなら、無料相談を特典にするというのもありです。②本の内容にリンクするものにするこれは言わずもがなですよね。ビジネスの本なのに、料理のレシピをプレゼントとして用意しても、読者は欲しいとは思いませんから。③特典のタイトルは最大限大げさなものにする特典のタイトルは、「魔法の〇〇」「通常10万円相当の〇〇を無料で」「質問に答えるだけで、〇〇ができてしまう〇〇シート」などのように、読者が欲しくなるようなタイトルをつけるようにします。例として、次のようなものがありますので参考にしてもらえると嬉しいです。・テンプレート・レポート・チェックリ
0
カバー画像

Kindle書籍では、メルマガや公式LINEへ集客をしよう!

どうも!Kindle出版プロデューサーのやすです^^今回は、Kindle書籍の大きなメリットの一つの「集客ができる」というお話をします。まず集客とは一体何か?それは、見込み客を集めることです。では、見込み客とは何か?見込み客とは、メルマガや公式LINEの読者のことです。長く稼ぎ続けている起業家さんや企業は必ず言っていいほどメルマガや公式lINEで情報を発信しています。メディアには、プッシュ型とプル型の2種類があるのですが、メルマガや公式LINEはプッシュ型のメディアに当たります。メルマガや公式LINEは、「見込み顧客に自分の好きなタイミングで、繰り返しアプローチできるメディア」です大企業であるAmazonもセールのメルマガを送っていますよね。あれです!メルマガを見て、「タイムセールスやっているのならAmazonのサイトで何か見てみよう」という人が必ずいるので売り上げが上がるのです!ちなみにプル型には、インターネット検索、ブログ、SNSなどがあるのですが必ず見てくれるとは限らないですよね。大事なタイムセールなども見逃してしまう可能性があるわけです。だからこそプッシュ型のメディアであるメルマガや公式LINEは必ずやることをオススメします^^そして、メルマガや公式LINEにKindleの読者を集めるためには、特典(プレゼント)を用意します。読者が欲しいと思うような特典を準備することができればかなりの確率でメルマガや公式LINEに登録してくれますのでぜひやってみることをオススメします!例えばこんな感じで書籍に画像を差し込むことも可能です。↓分からないことがあれば気軽にご質問くださいね!
0