絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

48 件中 1 - 48 件表示
カバー画像

短編小説詰め合わせ ショートショートまとめ11本 波音と朗読3

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、波音の中に流れる朗読詰め合わせ11本です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・今回は朗読詰め合わせですから文字の小説はございません。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みになり大変喜びます。
0
カバー画像

短編小説詰め合わせ ショートショートまとめ8本 波音と朗読2

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、波音の中に流れる朗読詰め合わせ8本です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・今回は朗読詰め合わせですから文字の小説はございません。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みになり大変喜びます。
0
カバー画像

【1分ショート朗読】失恋白雪姫 デタラメ昔話

ショート朗読始めました。おはようございます。ブログを閲覧していただきありがとうございます。語り手、作者本人、北条むつき+αです。当チャンネルは作者北条むつきのチャンネルなので、声優さんに混じり作者本人も登場させてください。期待はずれだったら、ごめんなさい。1分のショート朗読なので、サクッと聞けます。・朗読動画をご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。・ショート朗読はこちら⏬【十】失恋白雪姫作者 北条むつき朗読 北条むつき+α昔々のお話です。肌が雪のように白く、唇はバラ色、髪はツヤツヤの白雪姫が生まれました。お母様が死んで代わりに新しいお妃《きさき》が来ました。お妃は自惚れ屋で魔法の鏡に尋ねます。鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰? 一番美しいのは白雪姫。鏡が答えたことでお妃は、白雪姫を殺しに手先を送ります。気づいた家来は、白雪姫を城から逃がします。そこへ小人たちが現れ、一人の小人が白雪姫に言います。「白雪姫助けてあげる代わりにオラの嫁になって?」白雪姫はその言葉に愕然としながら答えます。「王子ちがうのかーい! って、なんで小人に告白されるんよー! 小人はチビだから嫌い!」すると小人は言い放ちました。「だったら毒リンゴ食え!」「お前仲間ちゃうんかーい! 食べるか!おばか! 王子はまだ?」了◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みになり大変喜びます。
0
カバー画像

仮想空間で、恋人にみつかり恋人にちゃんと働きなさいと言われバーチャル対決するお話:DEAD OR ALIVE ep3+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、仮想空間で、恋人にみつかり恋人にちゃんと働きなさいと言われバーチャル対決するお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉DEAD OR ALVE 第3話 作者:seara0216 原案:北条むつき 朗読:荘司 哲也 それから星は「DEAD OR ALVE」で戦い続けた。 星は順調にレベルを上げ、ランキングの上位へと上り詰めていった。 元々ゲーマーな彼はランキングの上位に到達し、力を手に入れるのにそう時間は掛からなかった。 それに加えて彼はこのゲーム内でランキングの覇者達をライバル視していた。 中でもこの「DEAD OR ALVE」でやたらと強いと称されているマッポ。 星は彼と何度も対決をし、負け続けていた。 だが、星は努力を重ね続けてついに最強と呼ばれたマッポに勝利した。 マッポに勝った星はゲームマネー1億ダリーを手に入れ、最初の頃に比べて今では悠々自適生活を手に入れ、ゲーマーとしてランキングの上位に君臨していた。「俺が一位か。案外早かったな」 星はそう呟いた。**** VRでゲームをしていた星を見ながら、東川景子は不満そうな顔をしていた。「…
0
カバー画像

バーチャルゲーム空間で頂点へ上り詰めるお話:DEAD OR ALIVE ep2+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、バーチャルゲーム空間で頂点へ上り詰めるお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉DEAD OR ALVE 第2話作者:seara0216原案:北条むつき朗読:荘司 哲也 桜庭星は周囲を見渡す。 そこにはファンタジー風な洋風の建物や、酒場の風景が広がり、そこを行き通う人達は鎧や武器を身につけていた。『DEAD OR ALIVE』 ここは仮想世界での格闘ゲームの世界。 この世界ではランキング制になっており、ランキングが上に上がるに連れて、強さと賞金のマネーが発生する仕組みだった。 ゲーム内で発生する賞金は現実世界でも通常の金銭として使用が可能になっており、ゲーム内で頂点を目指せば目指す分だけ強さと金銭が手に入る仕組みとなっていた。 星は三ヶ月前から付き合い始めた彼女と同棲をしていた。 だが、彼は日々の仕事に謀殺され続けて10年間務めた会社を自ら辞めてしまった。 現在は貯金を切り崩し、失業保険をもらいながら仕事を探している中。 そんな時、彼はネットでスチーム内のゲームに現実世界でも使用出来る懸賞金の存在を知った。 元々彼はゲーマーでスチームサイトで稼ぎたい
0
カバー画像

小さい頃遊んだヒーローごっこでヒーローになれなかった青年のヒーロー物語:僕たちのヒーロー+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、小さい頃遊んだヒーローごっこでヒーローになれなかった青年のヒーロー物語です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉僕たちのヒーロー 朗読:北条むつき 朗読:陽田 旭 子供の頃憧れたヒーロー。小さい頃は悪をやっつけるヒーローが存在するなんて本気で思っていた。テレビ番組のヒーローの物まねをしては、ヒーロー役と悪役に別れて、良く友達とヒーローごっこをして楽しんだものだ。じゃんけんに負けた奴は悪役。 じゃんけんが弱いから、いつもちょきで負けては、当時は悪役ばかりをさせられていたな?だからヒーローは嫌いだ。ヒーローなんて空想が作り上げた産物。大人が子供を楽しませる為に作った幻想の人物。ヒーローは必ず勝ってしまって、悪が勝つなんて事も絶対ない。 だからヒーローごっこをやっていた頃も、友達に「なんでそんなに強いんだよ!悪は最後は負けるの!」良く言われたっけ? そんな毎日をやらなくなったのは、小学生も中高年になった頃だったか。本当にヒーローがいるなんて、もう思わなくなっていた。大きくなるにつれ、悪をやっつける奴なんていない。 だってそうだろう?いじめにあった子供が、ヒーローか
0
カバー画像

駆け抜けた人生。その人生で大切な人からもらった手紙を開けるお話:手紙+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、駆け抜けた人生。その人生で大切な人からもらった手紙を開けるお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉手紙作者:二月三月(ふたつきみつき)朗読:徳留留沙10年前に、名前の無い手紙が届いた。開封せずに10年が経った今、開封しようと思う。この手紙は多分誰から届いたものか分かっていた。10年前私は出会い頭の交通事故に会った。毎日看病に来てくれていた恋人。私を優しく介抱する姿に、この人を失いたく無いと思った日々だったが、私のわがままで、結局彼女は私の元を去って行った。あれから10年。彼女は何をしているのだろうか?あれから10年。私はその10年間かかり、寝たきりの生活から脱出する事が出来た。日の光を浴び、外を歩ける様にもなった。だが、未だに仕事という仕事は出来ていない。どうやって食いつないでいるのかと言えば、それは、10年以上前にやっていた事業だ。いわば実業家だった。年収は有に5億はあっただろうか。でもそれは出会い頭の事故で何もかも失った。それは、我が社とのM&A契約の打ち合わせの帰り際だった。「社長!ちょっと強引な取り纏めではなかったですか?」「あぁ?そう
0
カバー画像

あるカップルが深夜に訪れたレンタルショップで起きた奇妙なお話:とあるレンタルショップ+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、あるカップルが深夜に訪れたレンタルショップで起きた奇妙なお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉とあるレンタルショップ作者:北条むつき朗読:徳留璃沙 紳士淑女が集まる街の、雑踏としたビル街の一角に、レンタルショップがある。 大手チェーン店とは違い、灯は薄暗く、いかにも夜の店っぽい雰囲気を醸し出している店だ。屋上はガレージになっており、地上二階のほぼ平家。十台あまりの駐車スペースがある。 ある車が一台、屋上駐車スペースに止まった。若い男女二人が、屋上駐車場から、一階のレンタルスペースへと階段で降りてくる。 薄暗い店内を見た瞬間、女は男に言葉をかけた。「健ちゃん、ちょっと怪しくない? アダルトショップみたいに薄暗いっし、ウケる!」「おお! そうだな。変なもん置いてそう。アハハハッ」 店内入り口付近には、子供用のおもちゃ箱。ガチャガチャが数台並べてある。その上には、DVDなどのポスターが貼られ、自動ドアがある。自動ドアが開くと、男女はケタケタと笑いながら、店内へと入っていく。 店内も薄暗いが、意外に広く、DVDやコミックコーナーなどが設けられており、DVDな
0
カバー画像

夜に彼からのLINEの後届いた贈り物に感激する誕生日を迎えた女性の小説:バースデイLINEが届く時+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、夜に彼からのLINEの後届いた贈り物に感激する誕生日を迎えた女性のお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉バースデイLINEが届く時作者:北条むつき朗読:徳留璃沙 11月18日。帰宅中に付き合っている彼、秋介《しゅうすけ》からLINEが入った。『百合愛《ゆりあ》、お誕生日おめでとう。今日はごめんな。折角の誕生日なのに、俺が出張で。今度、御馳走するから、とりあえず、おめでとうだけ言わせてくれ』 ありがとう秋介。その気持ちだけで十分。 自宅のアパートに着く。郵便受けに、何やらチラシ広告と請求書の封筒が入っていた。まあ、誕生日と言っても、友達が多いわけではない私は、こんなものかと、意気消沈しながらも部屋に入る。 上着をハンガーに掛け、化粧も落とさず、電気をつけずに、1人のバースデイ感覚を味わおうと、帰り際にハンズに寄って買ってきたキャンドルに火を灯した。 ひとり寂しく、今日は夕食は外食で済ませ、ケーキだけ買って、キャンドルライトの中、一人寂しく23歳のバースデイを祝おうと思い、テーブルに置いたショートケーキの箱を開けようと思った時だった。 インターホンのチャ
0
カバー画像

目覚める朝は彼の腕の中、ちょっと甘えたな訳あり少女の小説:目覚め+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、目覚める朝は彼の腕の中、ちょっと甘えたな訳あり少女のお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉目覚め 作 者:北条むつき 語り手:鳴瀬 舞 ぎゅ…。 もう一回。 ぎゅ…。 ねえ、もうい……。 雄哉《ゆうや》は何度も朝の目覚めに私をぎゅっとする。 襟足が長い髪に朝だから余計にウェイブがかかってボサボサな彼。 おまけに私の左耳に雄哉の顎髭があたりぞわぞわした。「ヤッもう。ヒゲそんなよ…」「アハハハッ!優希《ゆき》はそうやって喜んでんだろ?」「バカッ!」 雄哉はちょっと変態ちっくに言い、Yシャツに袖を通す。 今日は私が朝食の当番だったのに、ぎゅっとされたいためにちょっと遅れて起きる。 マンションに転がり込んで、もう数週間。朝起きるときはいつも雄哉に抱きしめられて起きる私。こんな心地よい朝が以前はくるとは思っていなかった。 父親との葛藤の末、学生の私は家を飛び出した。 行くあてのない子犬だった私を拾ってくれたのは雄哉だ。「もう行かないと」「ああ、もう一回…」「甘えん坊だな?優希。それに学校にも通えよ?いくら俺のマンションが居心地いいって行ってもずっとじゃな?」「
0
カバー画像

関西人のおっさんが頭の中に出現したら異世界転生して世界を救う小説:続・僕の中に関西人のおっさんが住んでいる+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、関西人のおっさんが頭の中で出現したら異世界転生して世界を救うお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉続・僕の中に関西人のおっさんが住んでいる帰ってきた関西人のおっさん。俺と千景の神隠し作者:北条むつき朗読:水無月とあ。第1話:帰ってきたおっさん 関西人のおっさんが消えてから五年が経ったある朝のこと……。「アガ……ッ……アガアガアガアガ……ッ」 突然、顎が外れそうな勢い……。否、外れそうではない……。外れたのだ。この経験は、以前にもあると思い、顎が外れた痛さを堪えながら、俺は思った。 おっさんが再び来るのか?「アガ……ッ!」 自分の掌底を以前と同じように顎に一発。そして二発。すぐさま経験があったため対応をする。おっさんの声が頭の中でするのかと思った俺だったが、定位置に顎を戻してもおっさんは現れなかった。 朝七時に、顎が外れて起きたことは五年ぶりだ。あれから五年。俺は自分のことを僕から俺へと呼び名を変更した。というのも、色々人生経験も積んだからだ。俺の名前は山本孝之。とある俳優と名前は似ているが、あんなに濃い顔でも、イケメンでもない。どこにでもいる普通
0
カバー画像

ちょっとドジでおっちょこちょいな女性のお化けだとおもったら……なお話:ゴーストにもう怯えない+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、ちょっとドジでおっちょこちょいな女性のお化けだとおもったら……なお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉ゴーストにもう怯えない 作者:紗月ゆき 朗読:Meg「いや、出たんですよ」「はい?」 私は必死にバイト先の先輩である賢太に訴えるも、彼は呆れた顔をしている。「幽霊です、私見たんです。昨日何気なく窓から外を見たら大きな影が見えましたし、家の中の配置も変わってるんです」「寝ぼけてる時の話なら聞きたくないぞ」「冷たくないですか!真剣に考えて!」「この間だって家に何か出た!って騒いでたら自分の影だったんだろ」「うっ……それは、でも今回は絶対おかしいんです!」 今のアパートに引っ越してきて少ししたところでその現象は起き始め、家賃が安かったこともあり私は事故物件ではないかと思い始めていた。賢太は一年年上の先輩で、同じ大学に通っている。私のお兄ちゃん的存在で、困ったことは全部相談してきた。「一人じゃ不安なんで見に来てくださいよ~」「はあ?!なんで俺が」「こんなこと頼めるのケン先輩しかいないんです!友達に話したら幽霊とか怖いと言われて」「そりゃ普通怖いだろ」 私が必
0
カバー画像

タイムシフトして恋人を救う小説:パラレルシフトドクター周平+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、タイムシフトして恋人を救うお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉パラレルシフト・ドクター周平 作者:北条むつき 朗読:水無月とあ。 白い二段式冷蔵庫の前で、一人座り込み、切っ先尖った刃物を握りしめ、両腕を震わせる。 首筋あたりに這わせ自問自答を繰り返す。 青年の名前はみさきしゅうへい。 短い人生だと、楽しい事などあったのかと、ジメッとした井戸の住人みたいに閉鎖的な人生だったことを悔やむ。幼少期から変わった子供だったと振り返っていた。 と言うのも、幼少期、人の後ろに何かぼんやりとした色が見えていたこと。 それを親に言うと「そんなもの見えるわけないじゃない。嘘ついちゃダメ」と言われたことと。 はたまた初めて見るテレビのアニメやドラマなどを、これ知っていると言う子供だったこと。「そんな事なんてあり得るわけないよ。また嘘はダメだよ。嘘つきは泥棒の始まり。あんたはもう喋っちゃダメ」と母親には罵られていたこと。 ブランコで遊ぶ友達に、危ないよ。怪我すると言った園児の頃のこと。 そのあとすぐに、友達はブランコから落ち怪我をする。それが幾度も重なると、次第に気持ち悪
0
カバー画像

【掌編】いつか来るその日が、せめて遠くでありますように

 キッチンで洗い物をしている妻と、その足許にまとわりついている娘。 とても愛らしい絵だし、見ていて和むことは否定できないが、どうしてそこにお父さんも混ぜてくれないのか。  自分から近寄ればいいとわかっていながらも、なけなしのプライドがそれを許さない。  キッチンの入り口まではなんとか来ることができたが、この先はどうしたものか。  むぅ、と拗ねたままふたりを見ていると、俺の視線があまりにも羨望交じりだったのだろうか、妻が俺を見て溜息を吐いた。 「お父さんが寂しがってるみたいだから、構ってあげなさい」  妻の言葉に、我が家の天使様が、こてん、と首を傾げる。 「お父さん?」  妻の足にしがみついたままこちらを不思議そうに見る娘は、もう疑う隙もないくらいに天使だ。  パチパチと瞬きを何度か繰り返してから、その幼げな顔が輝かんばかりの笑顔で彩られる。 「お父さんっ!」  パタパタと覚束ない、それでも随分しっかりしてきた足取りで駆け寄ってくる天使の背中に純白の羽があるのは、きっと見間違いではないはずだ。 あまりの可愛さに崩れ落ちて床に膝をついてしまったが、この状況でそれは大正解だったらしい。 「お父さん、つかまえたっ!」  そう言いながら抱き着いてきた愛娘のキラキラした笑顔に、胸の奥がキュンとする。  呆れた顔の妻は、一旦無視しておこう。  今の幸せを噛み締めるのが、現時点で一番重要なことである。 「ぎゅー!」  わざわざ擬音を発しながら抱き着いてくる愛娘を、しっかりと抱き返した。  どうしよう。  天使以外の言葉が、見つからない。 「なぁ、妻よ」  呼びかけたのに、返事がない。  どうし
0
カバー画像

幸せを呼ぶお祭り屋台の小説:お祭り屋台のピンキーリング+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、幸せを呼ぶお祭り屋台のお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉屋台のピンキーリング 作者:佐伯歌夜 朗読:悠奈ゆかり 私は、今まで彼氏ができたことがない。 まわりのクラスメイト達は、彼氏ができた、彼女ができたとよく恋バナをしているが、私にとっては無縁の話題だ。 いつも私は聞き手に回って、友達の恋バナに対し、まるで赤べこのようにウンウンと相槌を打つだけ。 そんな、モテない歴イコール年齢の私は、せっかくの夏祭りだというのに、なぜか父親とお祭り会場を歩いていた。「ねぇ、なんでお父さんがついてくるわけ?お父さんと一緒に夏祭りに来る女子高生なんて、誰かにバレたら恥ずかしすぎるんだけど」「友達が、夏風邪ひいて来れなくなっちゃったんだろ? 1人で回るよりはいいじゃないか」「1人よりは寂しくないけど……」「それなら文句を言わない! お父さんと来るのが嫌なら、彼氏でも作りなさい」「それができるなら苦労しないよ」 どうせ男の人と歩くなら、彼氏が良かった。 どうして父親……。しかも普通のオジサンと、夏祭りを楽しまなければならないのか。 私は深いため息をついた。 綿あめを
0
カバー画像

大人なシュールさを見せる子供たちのおままごとの小説:それ何の影響だよ!+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、大人なシュールさを見せる子供たちのおままごとのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉それ、なんの影響だよ作者:北条むつき朗読:木下アルヴィン とある休日。昼下がりの公園。子供たちの声が賑わいを見せ、ブランコや鉄棒。砂場で戯《わたむ》れて遊んでいる、微笑ましい光景が広がっていた。 単身、子供の美鈴《みすず》と一緒に公園に来ていた。美鈴はひとり鉄棒で遊んでいる。砂場へ目を向けると、幼稚園児だろうか、小さな男の子と女の子、それぞれ四名が、お飯事《ままごと》のように戯れあう。さながらテレビドラマのワンシーンのように家で寛《くつろ》ぐ、夫婦役と、別役に別れて演技をしているようだった。「おかえりなさい、あなた」「ああ、ただいま」「ご飯にしますか? それともお風呂?」「ご飯にしようかな。桜は、もう寝てるの?」「はい。さっき、迅《しゅん》くんが、来てたけど、もうぐっすりです。寝顔見ますか?」「そうだね。ちょっと桜、見てるくる」「ガチャ、どれどれ桜は寝てるかな?」「やばい、お父さんが来た。迅くん、隠れて」「うん。どうしよう。でもどこに?」「一緒にベッドに入ってたらわか
0
カバー画像

夫婦喧嘩した時に使える新しいアプリのお話:夫バンク+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、喧嘩した時、相手がうざい時に使える新しいアプリのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉夫バンク作者:北条むつき朗読:悠奈ゆかり 女同士の息抜きに学生時代の友人、紗栄子《さえこ》の家にお邪魔していた。最近の紗栄子はよく笑っている。以前は夫の愚痴ばかり聞かせれ、距離をおいた時期もあった。でも何かが吹っ切れたのか、紗栄子は最近妙に楽しげだ。 そういう紗栄子が私は羨ましい。逆に私はここ最近、夫の愚痴を紗栄子に聞いてもらっている。昨夜連絡をとり、今日も日中に紗栄子宅にお邪魔していた。「ねえ、紗栄子? 最近機嫌いいね? どうしたの?」「そう? エヘヘッ……」 にこやかに笑う紗栄子。私は二人だけだと思い、突っ込んだ事を言う。「まっまさか、男できて、浮気とかしてんじゃあ?」「違うわよ!」 そこはハッキリと断る紗栄子だった。しかし次に聞き慣れない言葉を口にした。「夫バンク使ってるの!」「えっ……」 私は、その言葉に首を傾げた。それを見越してか、微笑みながら紗栄子は夫バンクを進めてくる。「あなたも、グチグチとずっと抱え込んでるんだったら、いっそお願いしたらいいわよ」 笑
0
カバー画像

【1分ショート朗読】失恋赤ずきん デタラメ昔話

ショート朗読始めました。おはようございます。ブログを閲覧していただきありがとうございます。語り手、作者本人、北条むつき+αです。当チャンネルは作者北条むつきのチャンネルなので、声優さんに混じり作者本人も登場させてください。期待はずれだったら、ごめんなさい。1分のショート朗読なので、サクッと聞けます。・朗読動画をご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。・ショート朗読はこちら⏬【九】失恋赤ずきん作者:北条むつき朗読:北条むつき+α あるところに赤ずきんと呼ばれる女の子がいました。 おばあちゃん家《ち》にホットケーキを持って出かけました。 森の中を歩いていると狼が出てきました。「お嬢さんどうしたの?」「おばあちゃん家にお見舞いに行くの」 狼は先におばあちゃん家に行ってベッドで待機しました。 赤ずきんが到着します。 でもいつもと違う様子で尋ねました。「おばあちゃんは何でお耳が大きくなったの?」「それはね? 赤ずきんちゃんの声をよく聞くためよ?」「なんで、お口が大きくなったの?」「それはね、お前を食べるためさ!」と言って大きな口を開けた時、どこから臭い匂いがしました。狼は聞き返します。「お前、そのずきんいつ洗った?」「ん? 三年前かな?」「うえっ! お前嫌い! 食えるか!」狼はあまりの臭さに、赤ずきんをフリ、食べずに消えたとさ。「ラッキー!」了◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みにな
0
カバー画像

【1分ショート朗読】失恋金の斧、銀の斧 デタラメ昔話

ショート朗読始めました。おはようございます。ブログを閲覧していただきありがとうございます。語り手、作者本人、北条むつき+αです。当チャンネルは作者北条むつきのチャンネルなので、声優さんに混じり作者本人も登場させてください。期待はずれだったら、ごめんなさい。1分のショート朗読なので、サクッと聞けます。・朗読動画をご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。・ショート朗読はこちら⏬【八】失恋金の斧銀の斧作者:北条むつき朗読:北条むつき+αむかーしのお話。あるところに木こりがいました。今日も鉄の斧で木を切ります。コーン。コーン。ところが手が滑って、斧が泉に落ちました。木こりはしょんぼり。すると泉の中から美しい女神様が現れました。「あなたが落としたのは金の斧ですか? それとも銀の斧ですか?」女神様は尋ねました。「いいえ違います。鉄の斧です」木こりは真面目に答えました。「あなたは正直者ですね。斧と私を嫁に差し上げましょう!」「いや、要らね! 斧だけけーしてくれ!」「女神に興味はないの?」「ああ、オラ女に興味はねえ」「女神でも?」「しつけーなあ! とっとと、オラの斧けーせ!」「キー! こんな男は初めて嫌い!」女神はフラれ、斧と一緒に泉に消えました。「コラー! 斧返せ!」了◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みになり大変喜びます。◉youtubeを運営しております。
その他動画も多数ご用意して
0
カバー画像

【掌編】私じゃあなたを癒せない

 心配で心配でたまらないの。  わかる?  あなたが泣いているからよ。  生まれた時からずっとずっと、傍で見守ってきたのよ。  そんなあなたが泣いているのに、心配でないわけがありますか。  あなたはクッションを抱きしめて鼻を鳴らすばかり。  どうして泣いているのかっていう理由すらも、私にはわからないの。  あぁ、もう。  あなたのお気に入りのクッションじゃないの。  安心するのはわかるけれど、鼻水なんてつけてみなさい。  あとで後悔するのは、あなたなのよ?  ほら、あなたが泣いている理由を教えてごらんなさい。  学校でなにかあったの?  お友達と喧嘩したのかしら?  まさか、いじめられたなんてことないでしょうね?  もしそうなら、私が噛みついて、引っ掻いてやるわ。  そう伝えてあげたいのに、私の口から出るのは、にゃあにゃあ、なんて甘えた声だけ。  あぁ、口惜しい。  こんなにもあなたのことを心配しているというのに。  こんなにもあなたのことをを愛しているというのに。  それが伝わらないということが、ただひたすらに口惜しかった。  私の可愛い可愛い子。  ずっと妹のように……今となっては娘のように思っている、大切な子。  可愛い可愛いあなたが泣いているというのに、なにもできないなんて。  そんな残酷なことがあるかしら。  あぁ、あぁ、口惜しい。  ねぇ、お願い。  独り言で構わないの。  私に伝えようなんて考えなくてもいいの。  だからね、どうか。  あなたが泣いている理由を教えてちょうだい。  恨み言でも言うように、ひとりで呟いてくれればいいのよ。  私はそれを聞いて、勝手に心
0
カバー画像

気づいたらもうその世界線は近い近未来小説:パパ+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、気づいたら、人となりにいるかもしれないお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉パパ 第1話作者:北条むつき朗読:徳留理沙 男性は、朝7:00に目覚ましで目が覚めた。セミダブルのベッドには、史奈《ふみな》が寝息を立てていた。 男性は、史奈を揺すり起こした。史奈はゆっくりと目を覚ました。「やだあ、今何時?」「7:00」「ああ、よかったあ。朝ご飯の支度するわね」「ゆっくりで、いいよ? 麗蘭《れいら》起こしてくる」 男性は、隣の部屋でひとり眠る娘の麗蘭の部屋をノックする。「はーい」 中からもうすでに起きているのか、娘の麗蘭の声がした。「パパね? もう麗蘭起きてるから大丈夫」 男性は、麗蘭の言葉を聞くと、無言でその場を離れた。男性は、史奈のいるキッチンへとゆっくりと動き、やってきた。「ああ、パパは、仕事の準備でもして、待ってて、あと45秒だから」 男性は、キッチン横にあるリビング部屋に行き、カーテンを遮光カーテンを開け、ブラインドへと切り替えた。 男性は、壁掛けモニタに言葉を出し、モニタの電源を入れた。画面上では、本日の天気予報と同時に、1日の占い予報が放送され
0
カバー画像

過去を売り、未来を買うミステリーホラー小説:未来ファンディング+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、過去を売り、未来を買うクラウドファンジングのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉未来ファンディング 作者:北条むつき 朗読:水無月とあ。 半年間音沙汰のない友人、御影《みかげ》から、突然一通のLINEが送られてきた。最近、巷《ちまた》で流行っているというクラウドファンディングアプリの情報があるからお前もやってみろと言う。『クラファンサイトの新しい版が出来たみたいなんだ。ちょっと興味あったらみてみー』 そんな軽いノリで送られてきたメッセージのURLをクリックしてサイトにジャンプした。 そこには『未来ファンディングフリー魔』と書かれたちょっと怪しげな文字と、あなたの未来を売り買いしませんか。という少し意味深なキャッチコピーが大々的に載り、今まであったようなクラウドファンディングサイトと同様に、各種個人のやりたいことと必要金額が掲載されていた。 未来を売り買いってどういうことだろうと思い、じっくりとサイト内の文字を読んでいく。【このサイトは、あなたの未来を売り買いできます。例えば、あなたがゲーマーになりたい場合。ある一定のゲームを習得するのに一年かかると
0
カバー画像

夏の終わり、海に訪れた女性の悲しい恋愛小説:波に想いをのせて+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、夏の終わり、海に訪れた女性の悲しい恋愛のお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉波に想いをのせて 作者 ふたつきみつき 朗読 徳留璃沙 橙色に大きな太陽は雲に隠れながら青色を縁取る水平線へと沈んで行こうとしている。突然の突風。私の髪を靡かせる。「真澄、行くぞぉ!」 真斗が私を呼ぶ声。「待ってヨォ! この潮風にまだ吹かれていたい」「じゃあ俺車で待ってる。あと10分だけだぞ!」 真斗は手を上げて砂浜から堤防の階段を上がっていく。 私は気持ちの整理がつかずにただ風に吹かれ想いをこの海へと解き放つ。 私たちにとっての思い出の場所。この海には悲しい物語が眠っている。あれから2年経った。 あの日の今日は、この日と同じで台風明けの少し波が高い日だった。サーファー仲間と揉めていた。海まで来たものの波が高い事で、私と真斗は悠人を止めたのに………。「これぐらい乗り越えないとプロにはなれないよ!」「バカ! プロはこんな事しねーよ!」「そうよ。やめよう?危ない……」 私たちの制止も聞かず悠人は海へと入っていった。一瞬の突風。大きな波が待ち受けていた。意気揚々と手を上げて乗りこ
0
カバー画像

どこかのゲーム会社のロングCMのような近未来ファンタジー小説:DEAD OR ALIVE ep1+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、どこかのゲーム会社のロングCMのような近未来ファンタジーのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉DEAD OR ALIVE1作者:北条むつき朗読:木下アルヴィン 男は眠れずに、ベッドから起きた。2DKのアパートの寝室から出てキッチンに飲み物を取りに行く。お気に入りのマグカップを棚から出すと、冷蔵庫から取り出した牛乳を注ぎ、レンジで『あたため牛乳』に設定して1分待つ。 チンとレンジ音がした後、牛乳を取り出し、キッチン横のリビングとして使ってある部屋のソファーに座る。暗がりの中、時計を見ると午前1時を回っていた。 寝室では、付き合って3ヶ月の彼女が寝息を立ててぐっすりと眠っている。その最中、物音を立てずにパソコンを開いて起動させた。ノートPCの起動音とファンが深夜の小さな部屋に響いた。 男はオンライン(ネット)に接続し、とあるSteamサイトに接続した。深夜にゲームでもするつもりなのか、幾つものタイトルが並ぶ。中には新作と書かれたNEWマークのパッケージ写真がある。その中の一つ。ターミナルシティと書かれたパッケージロゴの写真上に、マウスポインタを持ってい
0
カバー画像

ちょっと危ない話と思いきやアレレなコメディ:遊びの女:【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、一見ちょっと危なかっしいタイトルですが、想像されるお話とは全然違うコメディです。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉遊びの女作 者:北条むつき語り手:徳留 璃沙「私は、あなたの何だったのよ、答えなさいよ! 潤《じゅん》!」 あれだけ大切にされて、あれだけ一緒に楽しい日々を過ごしたはずなのに……。 女は、潤に叫び続けた。潤は、女に見向きもせずに、立ち去ろうする。女は悔しくて、悲しくて、堪らずに叫び続けた。「どういうつもりよ。また新しい女でも作るのね? そうでしょう?」 女は叫んだが、その叫びは潤には届かなかったのか、潤と女との距離は更に広まった。潤もこの女の叫びが聞こえていないはずはないと女はタカを括っていた。だが、女の声は、潤の足を止めることは出来なかった。「じゅーん! 何よ、あんた。私の事、遊びだったのね! 酷い、酷いわ」 それでも、女の声は潤には届かなかった。一緒に歩く女が潤に声をかけた。「ねえ、潤ちゃん? 潤ちゃんは、男の子なんだから、リカちゃん人形は卒業しないと、沙耶とはもう遊んであげないよ?」「うん、僕、もう人形さんより、同じクラスの沙耶《さや》ち
0
カバー画像

ちょっとマニアックな警察コメディ小説:SとM刑事(デカ)後編ep2+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、ちょっとマニアックな路線のSっ毛上司とMっ毛部下が繰り広げる警察コメディのお話の後編です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉SとM Servant & Me刑事(デカ)後編 この変態ドM野郎! 全てはあなたの為作 者:北条むつき語り手:ムラサキリンコ◉第4話これがある種 目隠しをされたまま、後手に縛られて正座をさせられている。その腿の上には重りが乗せれている。ズシリとした重たさに声を挙げたいが、猿轡で呻くことしかできない。 ましてや、目隠しをされたままの状態では、ここがどこかさえわからない。だが、先程入り口の鉄パイプが惹かれる様な古びた音で、ここが多分、牢屋かぐらいの検討はついた。 服の上から亀甲縛りで、全身を縛られている状態では、動けば縄が身体に食い込んでいく。それが心地よいのだが、堪らない……。「うぅ……」 このままもっと酷い事が待ち受けていると思うと、鼓動が高鳴る。潮風に吹かれていたボート上のあの鞭女が、僕を待ち受けているのかと思えたが、ボートから降ろされて、無言で連れて来られたのは、牢屋みたいな空間。 ここで、約小一時間、縄に縛られて悶える
0
カバー画像

ちょっとマニアックな警察コメディ小説:SとM刑事(デカ)前編ep1+【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、ちょっとマニアックな路線のSっ毛上司とMっ毛部下が繰り広げる警察コメディのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉SとM Servant & Me刑事(デカ) この変態ドM野郎! 全てはあなたの為作 者:北条むつき語り手:ムラサキリンコ◉第1話 SM刑事(Servant & Me:使用人と僕)「テメー何やってんだあ。今回の山舐めてんのか?」「はっはい! すっすみません……」「すみませんじゃねえ! そもそもなあ……」 この荒っぽい怒り方は楓文香《かえでふみか》先輩。目元がクリっとした整形でもないに、整った顔立ち。 タワワに実ったお胸に、括れたウエストから伸びるスラリとした長い足。 スタイルが良くて、白のブラウスにスーツがよく似合う。男勝りのこの態度。 でも一番はその黒いヒールをツカツカとさせて歩く姿が堪らなく良い。ってか踏まれたい……。 否、基《もとい》。我、警官であることを忘れそうになるぐらいに、今怒られているこの瞬間が……。 快感なのでーす!「何、ニヤついてんだ! 犯人らしき輩を見つけたら、職質の前に一報入れるのがオメーの仕事だろうが
0
カバー画像

短編小説まとめ:滝音と朗読【小説まとめ10本】の朗読動画

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、滝音と朗読です。滝が流れる音とともに朗読を聞いていただけたら嬉しいです。短編・掌編小説をまとめた動画になります。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・今回は、まとめ動画ですので、文字での小説はございません。申し訳ありません。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みになり大変喜びます。◉youtubeを運営しております。
その他動画も多数ご用意しております。
チャンネル登録お願いいたします。
0
カバー画像

恋愛ミステリー小説:おっとり妻【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、ミステリー調の恋愛小説のお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉おっとり妻作者:北条むつき朗読:Meg 私は特に美人と言われる存在ではない。至って普通。それに性格も大人しいとは昔から良く言われた物だ。そんな私を選んだ今の夫からは良い妻だといつも褒められる。 私たち夫婦は、この住宅街に3ヶ月前に越して来た。ご近所の関係も良好で、至って幸せで普通な生活をしている。結婚したのはこの住宅街に越して来る少し前だ。夫は気だても良く、私の世話を焼くのが好きならしい。 それに近所付き合いも積極的で、自治会などにも夫が自ら進んで色々とやっている。そのお陰か、私も夫に付いて世話係的な役目で自治会にお邪魔する事がよくある。その光景を見てか、近所では中々おっとりしていて、良い奥様じゃないかと噂が立てられている。夫もその事に対して自慢げで、嬉しいようだ。そのお陰か、夫との関係も今のところ良好。 それに私としては、夫の稼ぎもそこそこで、一般サラリーマンの平均年収以上は有に貰っている。中の上と言うところか。それでいて優しく頼もしいところ。それが第一に嬉しい。 夫と私の間にはまだ子供
0
カバー画像

【1分ショート朗読】失恋おむすびころりん デタラメ昔話

ショート朗読始めました。おはようございます。ブログを閲覧していただきありがとうございます。語り手、作者本人、北条むつき+αです。当チャンネルは作者北条むつきのチャンネルなので、声優さんに混じり作者本人も登場させてください。期待はずれだったら、ごめんなさい。1分のショート朗読なので、サクッと聞けます。・朗読動画をご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。・ショート朗読はこちら⏬◉失恋おむすびころりん作者 北条むつき朗読 北条むつき+α むかーし、あるところに美女好きなおじいさんがいました。 おじいさんはある日、山へ芝刈りに出かけました。働いたらお腹が空いたのでお弁当にしました。 その時おじいさんはおむすびを一つ落としました。 おむすびはコロコロと転がっていきます。 おむすびは丘の下まで転がると、和服美女の足に当たりました。 和服美女はおむすびを見て言います。「あらあら? どなたの?」 おむすびに追いついたおじいさんは美女を見て思わず叫びます。「惚れた! オラの嫁さ、なってくれ!」「おじいさん? 私はヘルパーじゃないわよ?」「わらわはたぬきじゃ!」と言って、 美女はたぬきに変化し、おむすびを掻っ払って消えましたとさ。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ここまで本文を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしたか? 動画内容もしくは、小説がよければ、いいねを押してください。励みになり大変喜びます。◉youtubeを運営しております。
その他動画も多数ご用意しております。
チャンネル登録お願いいたします。
0
カバー画像

サクセスヒューマンドラマ:朗読BAR物語【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、サクセスストーリーな人間ドラマのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉朗読BAR物語#1:爽快な朝を迎える朗読BAR作者:ほうじょうむつき「ああ、今日も疲れたなあ…。明日は休みだし、一人飲みでもするか?」 夜遅くに、仕事が終わり、飯より酒が恋しくなった俺は繁華街の路地を曲がる。すると何やら怪しげで、興味を惹かれる看板があった。「語り部・朗読BAR? 変わった名前のバーだな。どう言う店だ? ただのBARなのか? それとも……」 少しその名前に違和感と興味深さを感じ……。「いっちょ行ってみるか!」足はそのBARへと向いていた。カウベルを鳴らし店内に入った。 中は意外広く、賑わいを見せ、軽快な音楽が鳴り響く。 そして薄暗い店内にバーテンダーの声が響く。「いらっしゃいませ。お客様は当店初めてですね?」「あっ、ああ、そうだが……ここはBARなのかい?」「ええ、ここは語り部・朗読BARと行って、朗読や不思議なお話や音を楽しむバーです!」「朗読や不思議話!? 今時珍しくないか?」「ええ、流行りはしないですけど、廃れもしません。聞けば、今宵はいい夢が見れますよ!」「
0
カバー画像

ちょっとエッチっぽいコメディ:噂のアダルトショップ【朗読動画】

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。ブログを閲覧いただきありがとうございます。 youtubeにて「語り部朗読BAR」というチャンネルを運営しております。 自身で小説を書き、声優さんに朗読していただいたものに動画編集をして公開しております。 たまに作者自身の北条むつき朗読もございます。 今回ご紹介の朗読動画は、ちょっとエッチっぽいコメディのお話です。 良かったら聴いていただけると嬉しいです。・朗読動画もご用意しております。・文字をお読みになりたい方は、動画の下に小説(文字)がございます。◉噂のアダルトショップ作者:北条むつき朗読:ムラサキリンコ「だから、俺でいいの?」「おお、行ってこいよ。お前のためだ。ただAV買うだけだろう」 俺、悠平《ゆうへい》と同級生である淳二《じゅんじ》と数名で、街中にあるアダルトショップ前でウダウダと会話を交わしていた。「だから、ここのアダルトショップって、以前から噂があるやつだろう?」「いいじゃんかあ? お前、丁度いいじゃん。卒業してこいよ。アハハハッ」 童貞の俺に淳二が声を掛ける。このアダルトショップ長政《ながまさ》には、以前からある噂がった。 週末の夜、十八時以降に来店すると、アダルトショップらしく、無名AV女優が宣伝活動のためか、イベントで来店した客をイベント終了後、一名が選出され、ある濃厚なサービスが受けられるという噂だった。 そしてそのAV女優とセックスが出来ると言う馬鹿馬鹿しい噂が、通う男子校に流れた。 一時は、学校内でも、十八歳未満の学生は、絶対に付近には近づかぬようにと、先生から注意喚起されるほどまでだった。 実際、店のイベ
0