絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

25 件中 1 - 25 件表示
カバー画像

【2020年12月】Googleアドセンスに合格したはてなブログを公開(はてなブログのドメイン)

実際にGoogleアドセンスに合格したブログがなぜ受かったのかを分析した動画です。複数のはてなブログでアドセンスに合格しています。はてなブログのアドセンスの合格のサポートをしているので、不合格の原因にも詳しいです。どんなはてなブログが合格しているのかを見ることで、自分のはてなブログがなぜ合格できないのかを知ることができます。
0
カバー画像

ポリシー違反「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイトについて)」の10の対策【Googleアドセンス】

こんにちは、あおいです。 アドセンス審査の不合格で悩んでいる方であれば一度は見たことがあると思われる「ポリシー違反:価値の低い広告枠」。その中でも最も多いと言われているのが、「複製されたコンテンツ」による不合格です。 なぜ、自分のブログが「複製されたコンテンツ」と判断されてしまうのでしょうか。 それには、様々な理由があります。  今回はその理由の解明と対処方法について、説明していきたいと思います。 「複製されているサイト」が理由で不合格になったら 頑張って作ったブログ・記事が「価値の低い」なんて言われたら、ショックですよね。 しかし、不合格画面には改善のためのヒントが掲載されていますので、めげずに対応しましょう。「WEBマスター向けの品質に関するガイドライン」を開いてみると、以下のような記述があります。 サイトでは付加価値を提供するようにしてください。実質的に内容が重複している複数のページ、サブドメイン、ドメインを作成しないでください。 ユーザーが真っ先にサイト運営者様のサイトにアクセスしたくなるような、関連性の高い独自のコンテンツを提供してください。 検索エンジン向けに作成された誘導ページや、オリジナルのコンテンツがほとんどないアフィリエイト プログラムのようなテンプレートを使用しないでください。 上記文面で真っ先に気にするべきことは、「実質的に内容が重複している複数のページ」がないかの確認です。具体的にどう確認すればいいのか、次で解説します。 ①内容が重複している複数のページはないかたとえば筋トレについての記事を書いたとしましょう。 その場合、おそらく 「この記事で
0
カバー画像

【アドセンス審査】記事ネタの探し方

記事ネタの探し方は様々あります。今回は代表的なものを6つ紹介します。①自分の人生を振り返ってみる! 一番シンプルな方法ですが、まずは自分が今まで生きていた中で体験したことを振り返ってみましょう。そして手書きでもなんでもいいので、メモ帳に書き起こしてみましょう。 挙げてみると、結構出てきますよ。あなたも私以上のエピソード、お持ちなのではないでしょうか。 なんせあなたの人生は「自分だけが体験したこと」ですから、かなりの独自性があります。他の人には書けないエピソードがあればあるほど他の人と差別化できますし、より価値のある記事になります。 ②自分が好きなことをネタにする 自分の好きなことって、基本的にはいくらでも人に話せますよね?その特性を利用するのです。 たとえば私であれば、歌、料理、お菓子作り、パン作り、インテリアコーディネート、おもてなし、片付け・掃除・整理整頓、コスメ、ヘアケア、ダイエット、副業、ブログ、アニメ・漫画・ゲーム…たくさんあります! 大好きなことって、大抵1つや2つ、人より優れている面ってありませんか? 人よりうまくできる、速くできる、綺麗にできる、お得にできる、などなど…。 そのような内容って、同じものが好きな人にとっては、垂涎ものな話なわけですよ。だからこそ、アドセンス用記事に向いています。 ③TVやSNSからネタを集める それでもネタがないという方は、普段見ているTVやSNSを参考にするのもいいですね。 私はTVを見ないので専ら情報収集源はネットなのですが、ネットニュースやSNSの話題・最新情報を見ればだいたいの情報は入ってきます。とりわけ、TVに比べて手に
0
カバー画像

【ポイントは3点】アドセンス審査用記事の書き方

アドセンス審査用の記事って具体的にどういうもの?好きなことを書いちゃいけないの?という疑問について、今回はお答えしていきます。 Googleのポリシーに違反しない内容にしよう!結論から言うと、なんでも好きなものを書いていいわけではありません! Googleのポリシーでは、以下内容の記事を禁止しています。 【禁止事項】 ・性的なもの ・読み手に強いショックや不快感を与えるもの ・危険物に関するもの ・武器に関するもの ・煙草や危険ドラッグに関するもの ・酒の販売や乱用に関するもの ・ギャンブルに関するもの ・処方薬に関するもの ・未承認の医薬品やサプリメントに関するもの ・Google Playストアから削除されたアプリに関するもの 「独自性」のある記事を書こうまず前提として、上記ポリシー違反に該当しない内容の記事を書く必要があるということがわかりました。 加えて、Googleがアドセンス広告を表示させたい記事で求めているのは、「独自性のある、質の高い記事」。 「質が高い」と言っても、なにも高尚な文章を書かなければいけないわけではありません。この私のブログでさえ審査に通っていることから、文章能力は多少稚拙でも大丈夫です。笑 要はGoogleがいう「質が高い記事」とは、検索すればたくさん出てくるようなありふれた情報ではなく、筆者の専門知識や特別な体験談が書かれている、独自性がある唯一無二の記事ということ。 簡単に言ってしまえば、地元ネタや職業ネタでもいいわけです。 例)地元の○○という場所は地元民しか知らない秘密の観光スポットとなっており、休日にはたくさんの地元民で賑わっ
0
カバー画像

今のブログをそのままアドセンス審査に出せる?「審査用のブログの型」とは

Googleアドセンス審査に合格するには、簡単に言うと「Googleが要求するブログの型」にカスタマイズする必要があります。 具体的には、次の①~⑧の対応が必要となります。①必要最低限のプラグインをインストールする審査用ブログに必要な最低限のプラグインは、以下の5つです。 1.Contact Form 7(お問合せフォームを自動生成) 2.Google XML Sitemaps(サイトマップを自動送信) 3.PS Auto Sitemap(サイトマップ自動作成) 4.Related Posts by Sovrn(関連記事表示) 5.Head, Footer and Post Injections(全ぺージのヘッダーに一括でタグを配置) インストールしていない方は、早速してインストールしてみましょう。 1)WordPressのダッシュボードから「プラグイン」をクリックし、「インストール済みプラグイン」を選択します。 2)画面上部の「新規追加」ボタンをクリックします。 3)画面右上の入力欄にプラグイン名を入れます。 4)インストールしたいプラグインの「今すぐインストールボタン」を押します。 5)インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。 6)インストール済みプラグイン一覧に表示され 事を確認します。 同じ要領で、 他プラグインもインストールし有効化します。 ②Akismet Anti-Spamを設定する 1)インストール済みプラグイン⇒「Akismetアカウントを設定」をクリックします。 2)「SET UP YOUR AKISMET ACCOUNT」をク
0
カバー画像

アドセンス審査代行を利用した人が稼げない理由と根拠

こんにちは。ブログ屋石川です。今回は以前まで有料サービスとして販売していた、ココナラでよくみかける『アドセンス審査代行サービス』を”利用した人”がその後のブログ運営において、稼げない、もしくは稼ぎづらい理由について暴露していこうと思います。意外と『これからブログをやろうと思うのですが…』の流れでこういった相談を受けますので、本気でブロガーとして収益を上げたい方の参考になればと思います。利用するサービスの特性を知らない人がそのサービスでマネタイズは出来ないアドセンスと言えばグーグルが提供している世界で一番使われている広告サービスの1つですが、実際に数万円を稼ごうとすると意外と大変です。第一にアドセンス広告の収益はアクセス数にほぼ比例して上がっていきます。アクセス数が多ければ広告料もある程度入りますが、そもそものアクセスがなければアドセンス広告を貼ったところで収益にはなりません。いろんな所でアドセンスで稼ごう!のような情報をインプットしてしまうと、”あたかもアドセンス広告を使えれば儲かる”という『錯覚』に陥ってしまいます。こういう方はアドセンス審査代行サービスを結構利用している印象です。しかし、実際はどうでしょう。最初の審査基準の記事の書き方すら知らないままの人が、常識的に考えてその後のブログ運営において収益を生み出すことが出来るでしょうか?ずばり言ってしまうと、ほとんどの方が稼げません。なぜなら、Googleの基準を満たすような質の記事が書けないからです。また、一口にアドセンス広告といっても、ブログで扱うジャンルによって配信されやすい広告や配信されにくい広告が変化します。少し口調
0
カバー画像

2020年7月アドセンス審査サポート

やはり気になるのは「価値の低い広告枠」での審査落ちです。2020年に入ってからも、7割程度はこの原因で審査落ちになっています。2019年以降、アドセンス審査ではブログ全体の質が重視されるようになりました。サイトデザインから文章の一言一句まで、ブログ全体をくまなくチェックされ、足りない部分が多いほど減点方式でバンバン落とされてしまいます。つまり昔のような「これが設置されていれば