絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

37 件中 1 - 37 件表示
カバー画像

「Googleアドセンス合格までの道」WordPressで100万円を稼ぐ方法を紹介!!

初めまして、ライティング専門店『ぽんずの部屋』のブログにようこそ。このブログでは、「ブログ運営」や「ブログ集客」などの攻略法や詳しい手法について紹介しています。また、ブログ記事の執筆依頼も承っています。🔻『ぽんずの部屋』への依頼はこちら◯ホームページ(ココナラ)https://coconala.com/users/2545103◯出品サービス(一覧)https://coconala.com/users/2545103/services※ブログ最下部に「ご依頼メニュー」も掲載しています✨DMから個別の依頼も対応しています!!ご連絡お待ちしています。本日紹介するテーマは、「Googleアドセンス合格までの道_WordPressで100万円を稼ぐ方法」です。この記事では、「Googleアドセンスで収益を得たい!」「WodPressのブログで収益化したい!」という方向けにGoogleアドセンス合格までにするべきことを解説していきます。WebライティングやSEOについて詳しい方は、今後発信する予定の続編「初級・中級・上級・応用編」をご覧ください。◯【初級編】「SEOに最適なWebライティング-サイトの価値を上げる方法」◯【入門編】「SEOに最適なWebライティング-サイトの価値を上げる方法」Coming soon・・・(7月下旬-予定)アドセンス合格に必要な「最低条件」とは?◆【第1章】ブログ・Webサイトの記事は必ず「2000文字以上」ブログを始める際、少なからず文章を書き、好きなジャンルや興味のある情報を発信することになります。しかし、多くのGoogleアドセンスの合格を目指すブログ
0
カバー画像

アドセンス審査サポート結果報告|2022年7月

アドセンス審査代行サービスを開始してどれくらいの月日が経ったでしょうか。どれほどの経験と実績を重ねようと、お客様が合格した報告が一番嬉しいですね。お客様から、合格した喜びが詰まった文面をいただいたときにはコチラもやりがいを感じております。さて、本日2022年7月22日は、合格報告を2件いただきました。合格したご依頼者様おめでとうございます。昨今のアドセンスは本当に厳しくなりましたね。それでも当サービスはイタチごっこのように、厳しくなるアドセンスの原因を毎回調べながらサービスを無理なくご提供しております。ココナラだけでなくネット上にはアドセンスの審査代行サービスをご提供している方が多数います。そんなレッドオーシャンのジャンルより当サービスを選んでいただいたことにまずお礼を申しあげたいと思っています。また、各お客様とご縁を感じながらサービス終了後もさまざまな相談・雑談をさせていただいております。もちろん、強制ではないですが。コチラのスタンスはあくまでお客様目線で、提供できるサービス。ぜひアドセンスで困っている方がいましたらDM等いただければご対応しますのでご連絡お待ちしております。
0
カバー画像

【2022年6月最新版】Googleアドセンス審査「有用性の低いコンテンツ」不合格対策情報

年々厳しくなっているアドセンス審査自分のブログにGoogleアドセンス広告を載せるために、日々Googleの審査結果と向き合い悪戦苦闘している人も多いはず。 というのも、アドセンス広告掲載のための審査は年々厳しくなっており、2017年頃は日記や芸能人のゴシップネタを数記事投稿するだけでも合格できていたのが、2020年頃には記事の質がより問われるようになり、今年2022年には、今まで暗黙の認知事項とされていた「独自の体験談を入れた記事を作ろう」という対策を行っても簡単には合格できない状況にまでなりました。 そこで今回は、最新の合格サイトの傾向や、筆者自身のアドセンス申請代行の経験を元に、「有用性の低いコンテンツ」で不合格となった際に、どんなポイントに着目してブログを作り、記事を投稿すればよいかをまとめてみました。 「え、ここは盲点だった…!」なんてポイントもあるかもしれないので、ぜひ最後までじっくり目を通してみてください。アドセンス申請前のチェックポイント~ブログ設定編~①適度な数の画像を挿入しているか必ず画像を入れなければならないというわけではないと思われますが、合格サイトを見てみると、どれも挿入画像が豊富。 たしかにまったくアイキャッチや挿入画像がないサイトって、簡素すぎるし視覚的な楽しさもないし、何より文字だけだと表現に限界があるので、多少なりとも画像の挿入はほしいものですよね。②altタグを設定しているかaltタグとは簡単に言うと、画像に付加する文字情報のこと。ユーザーが画像検索したときに、きちんと自分のサイトの掲載画像がヒットするようにしておくと、ユーザーにとって有用性
0
カバー画像

Googleアドセンス合格までに苦労したこと

「どうしたら、合格できるだーーー!!」と当時の僕は心のなかで叫びました。Googleからアドセンス審査不合格の通知を受け取ったとき。なにが原因で不合格になったのか分からずに途方に暮れていました。Googleアドセンス審査基準ってホント分からないですよね。・合格に必要な記事数は?・合格するための記事の内容は?・合格するためのブログデザインは?などなど。それが分かれば、Googleアドセンス審査に苦労しないって思いますよね。僕も昔そう思ってました。何が原因で不合格になったのかまったく分からなかったんですよね。それから頭の中はずーっとGoogleアドセンスに合格するために何が必要かを悩む日々。苦しかったです。ホント。どうしたら合格できるのかまったく分からなかったですからね。いろいろ試行錯誤してなんとか合格することができました。後から振り返ると案外カンタンなことをクリアするだけでGoogleアドセンスは合格できるんですよ。ようは知っているか知らないか。そしてそれを実践するかの違いだけです。過去の僕と同じような遠回りはして欲しくないと思い、今回Googleアドセンス審査合格をサポートさせて頂くサービスを作りました。ご興味があればぜひ!!
0
カバー画像

【2020年12月】Googleアドセンスに合格したはてなブログを公開(はてなブログのドメイン)

実際にGoogleアドセンスに合格したブログがなぜ受かったのかを分析した動画です。複数のはてなブログでアドセンスに合格しています。はてなブログのアドセンスの合格のサポートをしているので、不合格の原因にも詳しいです。どんなはてなブログが合格しているのかを見ることで、自分のはてなブログがなぜ合格できないのかを知ることができます。
0
カバー画像

ポリシー違反「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイトについて)」の10の対策【Googleアドセンス】

こんにちは、あおいです。 アドセンス審査の不合格で悩んでいる方であれば一度は見たことがあると思われる「ポリシー違反:価値の低い広告枠」。その中でも最も多いと言われているのが、「複製されたコンテンツ」による不合格です。 なぜ、自分のブログが「複製されたコンテンツ」と判断されてしまうのでしょうか。 それには、様々な理由があります。  今回はその理由の解明と対処方法について、説明していきたいと思います。 「複製されているサイト」が理由で不合格になったら 頑張って作ったブログ・記事が「価値の低い」なんて言われたら、ショックですよね。 しかし、不合格画面には改善のためのヒントが掲載されていますので、めげずに対応しましょう。「WEBマスター向けの品質に関するガイドライン」を開いてみると、以下のような記述があります。 サイトでは付加価値を提供するようにしてください。実質的に内容が重複している複数のページ、サブドメイン、ドメインを作成しないでください。 ユーザーが真っ先にサイト運営者様のサイトにアクセスしたくなるような、関連性の高い独自のコンテンツを提供してください。 検索エンジン向けに作成された誘導ページや、オリジナルのコンテンツがほとんどないアフィリエイト プログラムのようなテンプレートを使用しないでください。 上記文面で真っ先に気にするべきことは、「実質的に内容が重複している複数のページ」がないかの確認です。具体的にどう確認すればいいのか、次で解説します。 ①内容が重複している複数のページはないかたとえば筋トレについての記事を書いたとしましょう。 その場合、おそらく 「この記事で
0
カバー画像

【アドセンス審査】記事ネタの探し方

記事ネタの探し方は様々あります。今回は代表的なものを6つ紹介します。①自分の人生を振り返ってみる! 一番シンプルな方法ですが、まずは自分が今まで生きていた中で体験したことを振り返ってみましょう。そして手書きでもなんでもいいので、メモ帳に書き起こしてみましょう。 挙げてみると、結構出てきますよ。あなたも私以上のエピソード、お持ちなのではないでしょうか。 なんせあなたの人生は「自分だけが体験したこと」ですから、かなりの独自性があります。他の人には書けないエピソードがあればあるほど他の人と差別化できますし、より価値のある記事になります。 ②自分が好きなことをネタにする 自分の好きなことって、基本的にはいくらでも人に話せますよね?その特性を利用するのです。 たとえば私であれば、歌、料理、お菓子作り、パン作り、インテリアコーディネート、おもてなし、片付け・掃除・整理整頓、コスメ、ヘアケア、ダイエット、副業、ブログ、アニメ・漫画・ゲーム…たくさんあります! 大好きなことって、大抵1つや2つ、人より優れている面ってありませんか? 人よりうまくできる、速くできる、綺麗にできる、お得にできる、などなど…。 そのような内容って、同じものが好きな人にとっては、垂涎ものな話なわけですよ。だからこそ、アドセンス用記事に向いています。 ③TVやSNSからネタを集める それでもネタがないという方は、普段見ているTVやSNSを参考にするのもいいですね。 私はTVを見ないので専ら情報収集源はネットなのですが、ネットニュースやSNSの話題・最新情報を見ればだいたいの情報は入ってきます。とりわけ、TVに比べて手に
0
カバー画像

【ポイントは3点】アドセンス審査用記事の書き方

アドセンス審査用の記事って具体的にどういうもの?好きなことを書いちゃいけないの?という疑問について、今回はお答えしていきます。 Googleのポリシーに違反しない内容にしよう!結論から言うと、なんでも好きなものを書いていいわけではありません! Googleのポリシーでは、以下内容の記事を禁止しています。 【禁止事項】 ・性的なもの ・読み手に強いショックや不快感を与えるもの ・危険物に関するもの ・武器に関するもの ・煙草や危険ドラッグに関するもの ・酒の販売や乱用に関するもの ・ギャンブルに関するもの ・処方薬に関するもの ・未承認の医薬品やサプリメントに関するもの ・Google Playストアから削除されたアプリに関するもの 「独自性」のある記事を書こうまず前提として、上記ポリシー違反に該当しない内容の記事を書く必要があるということがわかりました。 加えて、Googleがアドセンス広告を表示させたい記事で求めているのは、「独自性のある、質の高い記事」。 「質が高い」と言っても、なにも高尚な文章を書かなければいけないわけではありません。この私のブログでさえ審査に通っていることから、文章能力は多少稚拙でも大丈夫です。笑 要はGoogleがいう「質が高い記事」とは、検索すればたくさん出てくるようなありふれた情報ではなく、筆者の専門知識や特別な体験談が書かれている、独自性がある唯一無二の記事ということ。 簡単に言ってしまえば、地元ネタや職業ネタでもいいわけです。 例)地元の○○という場所は地元民しか知らない秘密の観光スポットとなっており、休日にはたくさんの地元民で賑わっ
0
カバー画像

今のブログをそのままアドセンス審査に出せる?「審査用のブログの型」とは

Googleアドセンス審査に合格するには、簡単に言うと「Googleが要求するブログの型」にカスタマイズする必要があります。 具体的には、次の①~⑧の対応が必要となります。①必要最低限のプラグインをインストールする審査用ブログに必要な最低限のプラグインは、以下の5つです。 1.Contact Form 7(お問合せフォームを自動生成) 2.Google XML Sitemaps(サイトマップを自動送信) 3.PS Auto Sitemap(サイトマップ自動作成) 4.Related Posts by Sovrn(関連記事表示) 5.Head, Footer and Post Injections(全ぺージのヘッダーに一括でタグを配置) インストールしていない方は、早速してインストールしてみましょう。 1)WordPressのダッシュボードから「プラグイン」をクリックし、「インストール済みプラグイン」を選択します。 2)画面上部の「新規追加」ボタンをクリックします。 3)画面右上の入力欄にプラグイン名を入れます。 4)インストールしたいプラグインの「今すぐインストールボタン」を押します。 5)インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。 6)インストール済みプラグイン一覧に表示され 事を確認します。 同じ要領で、 他プラグインもインストールし有効化します。 ②Akismet Anti-Spamを設定する 1)インストール済みプラグイン⇒「Akismetアカウントを設定」をクリックします。 2)「SET UP YOUR AKISMET ACCOUNT」をク
0
カバー画像

アドセンス審査代行を利用した人が稼げない理由と根拠

こんにちは。ブログ屋石川です。今回は以前まで有料サービスとして販売していた、ココナラでよくみかける『アドセンス審査代行サービス』を”利用した人”がその後のブログ運営において、稼げない、もしくは稼ぎづらい理由について暴露していこうと思います。意外と『これからブログをやろうと思うのですが…』の流れでこういった相談を受けますので、本気でブロガーとして収益を上げたい方の参考になればと思います。利用するサービスの特性を知らない人がそのサービスでマネタイズは出来ないアドセンスと言えばグーグルが提供している世界で一番使われている広告サービスの1つですが、実際に数万円を稼ごうとすると意外と大変です。第一にアドセンス広告の収益はアクセス数にほぼ比例して上がっていきます。アクセス数が多ければ広告料もある程度入りますが、そもそものアクセスがなければアドセンス広告を貼ったところで収益にはなりません。いろんな所でアドセンスで稼ごう!のような情報をインプットしてしまうと、”あたかもアドセンス広告を使えれば儲かる”という『錯覚』に陥ってしまいます。こういう方はアドセンス審査代行サービスを結構利用している印象です。しかし、実際はどうでしょう。最初の審査基準の記事の書き方すら知らないままの人が、常識的に考えてその後のブログ運営において収益を生み出すことが出来るでしょうか?ずばり言ってしまうと、ほとんどの方が稼げません。なぜなら、Googleの基準を満たすような質の記事が書けないからです。また、一口にアドセンス広告といっても、ブログで扱うジャンルによって配信されやすい広告や配信されにくい広告が変化します。少し口調
0
カバー画像

2020年7月アドセンス審査サポート

やはり気になるのは「価値の低い広告枠」での審査落ちです。2020年に入ってからも、7割程度はこの原因で審査落ちになっています。2019年以降、アドセンス審査ではブログ全体の質が重視されるようになりました。サイトデザインから文章の一言一句まで、ブログ全体をくまなくチェックされ、足りない部分が多いほど減点方式でバンバン落とされてしまいます。つまり昔のような「これが設置されていれば合格!」といった簡単な審査ではなくなっているんです!審査項目が非常に多いため、不合格の理由もサイトごとにそれぞれ大きく異なります。そのため他の合格体験記をそのまま実践しても合格できない場合が多いんです。それぞれのブログの状況に合わせた対策がかなり重要です。
0
カバー画像

Googleアドセンス審査で不合格になりやすいブログジャンルの特徴

Googleアドセンスの審査に合格できない方は一定数いらっしゃいます。何度も不合格になっている人のブログを見ていると、決して質の悪い内容ではないなという印象です。しかし、不合格になってしまう...。なぜでしょうか?ここからは、僕の推測に基づく考えを述べていきます。分析してみたところ、・お金・健康・法律などのジャンルを扱っているブログが、Googleアドセンス審査不合格になりやすいと分かりました。このジャンルは、Googleが敏感になっている分野で、YMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれています。和訳すると、「あなたのお金、あなたの人生」です。「お金」や「健康」や「法律」といった、人々の生活に大きく影響を与えるジャンルは、Googleは信頼性や専門性のあるサイトを優遇します。逆にいうと、Googleから信頼性や専門性のあるサイトは、その専門分野のジャンルを扱っても評価されるということです。だから、信頼性や専門性を保証できない弱小ブログでは、「お金」や「健康」や「法律」の分野を扱っても、評価はされません。『マイナス評価にされる』ではなく、『評価すらしてもらえない』ということです。この評価すらしてもらえないという状況が、Googleアドセンス不合格の要因の1つだと思っています。だったら、「お金」や「健康」や「法律」のジャンルで記事を書かなければ、Googleアドセンス審査に合格するのではないか?というのが僕の考えです。さらに、ジャンル選びだけではなく、コンセプトも重要になります。コンセプトというのは簡単に言うと、・世界観・切り口・小さな学びなど、「他のブロ
0
カバー画像

ブログコンサルの成果はアナタ次第?確実に結果を出すための上手な活用方法とは?

この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るいhttps://coconala.com/users/1117182アドセンス審査の合格サポートとアドセンスでのブログ収益化のサポートサービスを展開するプロのブログコンサルタント。ココナラに出品しているブログコンサルサービスでは、断トツの人気と実績を誇り、アドセンス審査合格者数は320人を超える。 公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』にて実績を公開中。トレンドブログで収益化を達成している生徒さんを多数輩出中。ブログコンサルの成果はアナタ次第ブログコンサルとして、長年活動してきましたが、私のサポートサービスをご購入いただいた生徒さんの全員がブログで成功できているわけではありません。成功できる人と、成功できずに諦めてしまう人に分かれてしまいます。比率で言うとちょうど半分くらいでしょうか。50%の人は成功できて、50%の人は成功できずに諦めてしまいます。その差は何でしょうか?それは、ずばり、【取り組む姿勢】です。私は全ての生徒さんに同じ情報を同じように教えます。それでも、結果が出る人と出ない人に分かれるのです。結局のところ、ブログというものは、自分自身で記事を書いていきますので、私が教えたことを生かすも殺すも自分次第ということになります。コンサルを受けて結果を出す人と諦めて挫折する人が持つ特徴の違いとは?ブログのコンサルサービスを受けて、結果を出している人たちには次のような絶対的な特徴があります。1.研究熱心でやる気がある2.負けず嫌いで向上心が高い3.手を抜かず細部までこだわる4.言われたことを守る5.忙しくてもブログの
0
カバー画像

Googleアドセンス審査合格マニュアルを作りました。

2022年7月13日現在、Googleアドセンスサイト審査を、100%合格しているノウハウです。Googleアドセンスに合格したいなら、まずは「このジャンル」を攻めましょう。マニュアルでは、このジャンルの知識が無くとも書ける、記事の書き方を伝授しています。マインドセットに関することや、長い解説動画などは用意していません。 なぜなら、そんなものは必要無いからです。これはズバリ、アドセンス審査の合格にだけ特化したマニュアルに仕上げました。ご覧ください。https://coconala.com/users/45551
0
カバー画像

アドセンスで月1万円も稼げない30人にリサーチして分かった「共通点」とは?こうすればあなたは稼げるようになります!

原因編 まずはじめに、この記事は、「アドセンスで稼げない人」に対してのものになります。「なぜ稼げないか?」 にフォーカスを当てた内容となっていますので、ノウハウ中心の内容ではありません。私は稼げない人はノウハウ云々の前に根本的な原因があると思っているからで す。 一方で、稼ぐためにはノウハウは必ず必要です。 稼ぐためには「稼げる人から教わる」のが一番早くて正確だからです。 「稼いでいる人の模倣を行い、正しく実践すること」 が確実に稼ぐための秘訣です。 しかし、これだけ多くのノウハウが出回っている中でなぜ稼げない人が大量に いるかというと、 それはやはりノウハウ以前の問題だっていうことです。 したがってこの記事では、 1.なぜ自分が稼げていないかを振り返り 2.自分にあったノウハウを見極める という構成になっています。 新しいノウハウに飛びつく姿勢も大事ですが、まずは自分自身を一度振り返ってみてましょう。 自分自身の状況を確認して、 ぜひ稼ぐための準備を行って下さい。 冒頭申し上げた通り、稼ぐためにはノウハウが必要なのですが、稼げない人のほとんどがノウハウ以前で躓いてしまう現実があります。 ・稼げない状況が長く続いている方 ・なぜ稼げないか分からない方 ・ノウハウコレクターになってしまっている方 に該当する方はノウハウ以前に振り返る必要があります。 一度立ち止まって、なぜ稼げないかを振り返ってみましょう。 ◯稼げるまでやらないあなたがなぜ稼げないか? 答えは明白です。 稼げるまでやらないから。 当たり前のように聞こえますが、 この問題を真剣に考えたことありますか? 例
0
カバー画像

偉人の成功法則を取り入れろ!

「私が遠くを見ることが出来たのは、巨人たちの肩に乗っていたからだ」こう言ったのは、 天才物理学者 アイザック・ニュートン。 この言葉、ものすごく深いです。 「巨人の肩に乗る」とは 先人の偉業にもとづいて仕事をする という意味のメタファーで、 つまり、自分の発見は先人のおかげだと言っています。ニュートンに限らず、 多くの偉人や成功者たちが この「代理学習」の重要性を 認めています。 ちなみに、自分の成功や失敗から学ぶことを「経験学習」と言います。私たちが成長するうえで どちらも大事なことではあるのですが、 今日、あなたに伝えたいのは「代理学習」のほう。 経験は何ものにも代え難い。 経験こそ自分の地肉になりそうなものですが・・・ なぜ「経験学習」でなく「代理学習」なのか? その理由は大きく2つあって、 理由1)学ぶ時間を大幅に短縮できる 先人たちの「行動」と「その結果」を見て うまくいってる方法だけを取り入れれば 私たちは時間をかけずに 成長することができます。 簡単に言うと、状況さえ似ていれば 同じ結果を短期間で出せるようになるのです。 これって、とても重要ですよね。 最短ルートでゴールを目指せるのですから。 理由2)リスクを大きく減らせる 何から何まで全部、自分で試行錯誤しながらゴールを目指すとなると、 多くの時間・労力・お金がかかります。 まったくの試行錯誤ですから 失敗するリスクはかなり高くなります。 それと気づかずに 間違った方向に進み続けることで ビジネスの致命傷にもなりかねません。 エジソンも?発明家・実業家として 大きく成功したエジソンも こんなことを言っていました
0
カバー画像

アドセンス審査不合格理由解説:パブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い

『パブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い』の意味とは2022年に入りグーグルアドセンス審査に新しい不合格理由が頻出するようになりました。サイトは広告を表示できない状態です1.パブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い意味が全然わかりませんよね。日本語として文章が成立していません(笑)意訳すると…パブリッシャーコンテンツを含まない画面にGoogleが配信した広告の扱いについてというのが適切な文章に近いのではないかと思います。では単語ごとに考えていきましょう。◆パブリッシャー出版社、版元、発行者、発行人、発行元、販売元などの意味を持つ英単語。 書籍や新聞、雑誌、音楽、映像、ゲームソフト、コンピュータプログラム、Webサイトなどの発行主体となり制作や販売、宣伝などを行う事業者のことこの場合、ブログ(サイト)を管理している人のことを指しています。◆パブリッシャーのコンテンツユーザーに表示されるコンテンツのうち、パブリッシャー様が作成または管理するものを指します。ユーザー作成コンテンツなど、パブリッシャー様が作成者に代わって管理する素材も含まれます。ただし、広告、サイトのナビゲーション、関連コンテンツのリンクは該当しません。この場合、ご自分のブログ(サイト)のことを指しています。要するに、『ブログ(サイト)運営者が作成したコンテンツに独自性や価値ない状態であり、それに対してはGoogleはアドセンス広告を掲載することはできませんよパブリッシャーのコンテンツを含まない画面におけるGoogleが配信する広告の扱い
0
カバー画像

アドセンス審査で固定ページのインデックス登録は必要なの?

この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るいアドセンス審査合格サポートサービスを展開するプロのブログコンサルタント。ココナラに出品しているブログコンサルタントサービスでは断トツの人気と実績を誇り、アドセンス審査合格者数は160人を超える。 月額5000円の定額制で業界に価格破壊をもたらしたため、ブログ詐欺コンサル達には嫌われている(笑)公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』を運営中アドセンス審査に合格するために固定ページのインデックス登録は必要なのか?アドセンス審査に自分のブログを申請するときは、必ずインデックスを確認するようにしてください。アップロードしているすべてのページをインデックスさせる必要があります。もちろん、プロフィールやサイトマップ、プライバシーポリシーなどの固定ページコンテンツもインデックスさせます。noindex設定をしている人がいますが、そんなことはする必要がありません。サーチコンソールでエラーが出て鬱陶しいだけですよね。固定ページコンテンツもカテゴリーもすべてインデックスさせます。インデックスさせなくては良いのはアーカイブだけです。インデックスの確認方法についてはこちらの記事をご確認ください。私の生徒さんたちには全員、すべてのページをインデックスさせてから審査に出すように指示をしています。実際に固定ページコンテンツもインデックス登録して、アドセンス審査に合格していますので、みなさんも登録するようにしましょう。タグはインデックスさせたほうがいいの?タグはインデックスさせる必要はありませんので、ノーインデックス設定にして構いません。しかし、タグ
0
カバー画像

2022最新版アドセンス審査に落ちる理由がわからないときに確認して欲しいこと18選とその対処法

※2022年8月21日に最新情報が追記更新されました。この記事ではグーグルアドセンス審査に落ちたときに確認してほしい項目とその対処法についてアドセンスコンサルタントの柏木るいが解説しています。この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るいアドセンス審査合格サポートサービスを展開するプロのブログコンサルタント。ココナラに出品しているブログコンサルタントサービスでは断トツの人気と実績を誇り、アドセンス審査合格者数は160人を超える。公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』を運営中アドセンス審査に落ちる理由がわからないときに確認して欲しいこと18選2022年に入り、Googleアドセンスの審査に落ちた人からのご相談が途絶えません。実際に届く私への相談内容↓この記事ではグーグルアドセンス審査に落ちたときに確認してほしい項目とその対処法について解説しています。グーグルアドセンス審査に落ちたときに確認してほしいこと18選①必要な固定ページコンテンツが揃っているか?②プロフィール内容はしっかり書けているか?③サイドバーのコンテンツは揃っているか?④HTML版とXML版のサイトマップが設置されているか?⑤Googleサーチコンソールにサイトを登録しているか?⑥アイキャッチ画像はちゃんと登録しているか?⑦カテゴリーの中に2記事以上あるか?⑧日記型・エッセイ型の記事になっていないか?⑨ただの紹介記事・情報まとめ記事になっていないか?⑩ライバルによって書き尽くされたテーマで記事を書いていないか?⑪目次は設置されているか?⑫検索ユーザーが読みやすいレイアウトデザインになっているか?⑬記事タ
0
カバー画像

2022年グーグルアドセンス審査でYMYLを書くと不合格になりやすい本当の理由とは?

グーグルアドセンス審査でYMYLを書くと不合格になるって本当?「アドセンス審査用の記事としてYMYL(your money your life)のジャンルを書くと不合格になるって本当ですか?」という質問が多く届きます。結論から言うと、YMYLに該当するテーマでもアドセンス審査に合格することは可能です。実際にアドセンス審査に合格した生徒さんがいますので、間違いない情報です。YMYLをテーマにしてアドセンス審査に合格できたテーマ事例①うつ病の体験談②高血圧の人におすすめの服用薬③FXの手法このように健康系や医療系、金融系のテーマを書いてもアドセンス審査に合格することは可能です。ですから、YMYL自体がアドセンス審査でNGというわけではありません。しかし、YMYLをテーマに書いているブロガーさんの多くが不合格になっているのも事実です。ではどうしてアドセンス審査ではYMYLはNGだと一般的に言われているのでしょうか?それには明確な理由があります。YMYLがアドセンス審査で不合格になりやすい本当の理由とは?アドセンス審査用の記事としてYMYLに属するジャンルの記事を書くと不合格になりやすい理由は2つあります。1.同じことをテーマに記事を書いているライバルサイトが多い2.個人ブロガーの記事では上位表示させてもらえないアドセンス審査でYMYLが不合格になりやすいのは、YMYLをテーマにしたライバルサイトがたくさん存在していることが最大の原因になります。YMYLが規制の対象になったのは2019年の3月に行われたアルゴリズムのアップデートからです。それ以前は健康系や医療系、金融系の記事でも個人サ
0
カバー画像

「サイトの仕様:ナビゲーション」ってどういう意味?対処法は?

アドセンス審査不合格理由「サイトの仕様:ナビゲーション」ってどういう意味?2021年10月に入り、アドセンス審査に不合格判定理由に「サイトの仕様:ナビゲーション」という新しいものが出現しています。「サイトの仕様:ナビゲーション」の意味は、サイト内の記事へと誘導する導線が設置されていないことを指摘しています。サイトを訪問してくれたユーザーの目的は情報を探すことですから、ユーザーが情報を探しやすいようにレイアウトしておくことはとても重要な考え方です。その意味でもヘッダーメニューやフッターメニュー、サイドバーの構成というものがとても重要になります。「サイトの仕様:ナビゲーション」という理由で不合格判定になった場合は、ヘッダーメニュー(グローバルナビゲーション)やフッターメニューをしっかりと配置して、記事内の情報を探しやすいレイアウトにしてあげることで簡単に解決することができます。グローバルメニューとフッターメニューバーについて メニューバーについては、グーグルの公式サイトで以下のように掲載されています。■操作が簡単でわかりやすくなっているか サイトの利便性を高めるには、見つけやすく使いやすいナビゲーション バー(またはメニューバー)を用意することが大事です。ナビゲーション バーを作成する際のポイントは、以下のとおりです。・項目の並び - すべての項目を適切に並べる・読みやすさ - テキストを読みやすくする・機能 - 適切に機能するプルダウン リストを作成する(例)旅行関連のサイトの場合は、次のようなナビゲーション バーが効果的です。 -> ホーム <> 目的地 &l
0
カバー画像

【アドセンス審査対策の定番】必要なものと不要なものまとめ!

アドセンス審査対策として・プライバシーポリシー設置しましょう!・お問い合わせページを作りましょう!・運営者情報はのせておきましょう!と言われています。また、アドセンス審査に不合格のときに・プライバシーポリシーを設置していないからだ!・お問い合わせページを作ったら合格できました!・運営者情報を入れた方が信頼感が増しますよ!みたいな情報も出回っています。ただ、私は思ったわけです。「本当にアドセンス対策でプライバシーポリシーとかって必要なのかな?」と。プライバシーポリシーなしで申請してみた!そこで、・プライバシーポリシー・お問い合わせページ・運営者情報を設定することなく、アドセンス審査に出しました。すると、普通に合格できたんですよね。1回だけでなく4回も合格しています。※合格実績はコチラからどうぞ↓https://coconala.com/users/1530885/portfoliosつまり、プライバシーポリシーとかって、アドセンス審査の合否に(大きく)関係するものではなかったと、私は結論づけています。ですが、プライバシーポリシー・お問い合わせページ・運営者情報を設置したからといって不合格になるということはありません。ですから、設置したい人は設置するという方向性で良いかと思います。サイトマップが必要と言われる理由と対策逆に必要だと思うのが、「サイトマップ」です。サイトマップには・XMLサイトマップ・HTMLサイトマップの2種類のサイトマップがあります。XMLサイトマップは、Googleなどの検索エンジンの巡回ロボット(通称:クローラー)がブログ記事を認知するため手助けをしてくれます
0
カバー画像

アドセンス審査で不合格になる原因は著作権の侵害?

アドセンス審査では著作権侵害は厳しいの?アドセンス審査では著作権の侵害は不合格理由にはなりません。過去に何度も実験をしましたが、著作権を侵害した画像をブログに使用しても、問題なくアドセンス審査に合格することができました。私はワンピースのルフィの画像を無断でアイキャッチ画像に使用してみましたが、審査に合格できています。私の生徒さんの中には韓流アイドルの写真を無断で記事内に使用していましたが、アドセンス審査には合格することができています。↑※このほかにもたくさんの韓国アイドルの写真を記事内に使っていましたが問題なくアドセンス審査に合格しています。インチキ詐欺コンサルのような人たちの中には著作権侵害になる可能性があるので、『記事内には一切画像を使うな』というバカみたいな指導をしている人たちがいます。著作権侵害になる可能性があるのはわかりますが、『画像を一切使うな』という指導内容には私も爆笑してしまいました。本や雑誌の表紙、背表紙の写真ですら著作権の侵害問題になるから掲載するなという情報を発信している素人ブロガーさんもたくさんいます。実際に読んだ本として、本の写真や中身のページを撮影した写真を掲載しても、まったく問題なく合格できています。アドセンス審査に出すときは、記事の中には画像をたくさん使ってください。できれば自分で撮影したオリジナルの写真が望ましいです。フリー画像を使う場合は、画像に文字を載せるとか、複数の画像を組み合わせるなどの編集措置を施しましょう。Googleは世界でも有数の著作権侵害黙認企業という事実Googleは表向きは著作権の侵害はポリシー違反という明確な立場を表明し
0
カバー画像

コンテンツの最小要件ってなに?アドセンス審査不合格の疑問に答えます。

コンテンツの最小要件とは?アドセンス審査で有用性の低いコンテンツと判定されるとその不合格理由の中に「コンテンツの最小要件」という記載があります。2021年5月にアドセンス審査の審査基準がアップデートされて、記事数が足りないために不合格になる事例が多く発生しています。2021年5月以前は、5記事以下という少ない記事数でアドセンス審査に合格することができたのですが、審査基準が変更になってからは5記事程度では合格することが難しくなってしまいました!少ない記事数で審査に出すと「有用性の低いコンテンツ」と判定されて「コンテンツの最小要件」という記載が出るようになっています。この「コンテンツの最小要件」とはどういうことなのでしょうか?ずばり、アドセンス審査時のページ数のことです。記事として投稿しているページの他にも、プロフィールやお問い合わせフォームなどを入れている固定ページ、カテゴリーページなどのすべてのページをカウントしたコンテンツ数を表しています。これが一定条件をクリアできていないと、「有用性の低いコンテンツ」として判定され、不合格になってしまいます。アドセンス審査合格に必要なページ数とは?2021年5月のアドセンス審査基準の変更以降の合格に必要なページ数はずばり17~19ページ以上になります。◆固定ページ①プロフィール(運営者情報)②お問い合わせフォーム③プライバシーポリシー④サイトマップHTML版⑤サイトマップXML版◆一般投稿記事(10記事程度)⑥記事⑦記事⑧記事⑨記事⑩記事⑪記事⑫記事⑬記事⑭記事⑮記事◆カテゴリー⑯カテゴリーA⑰カテゴリーB◆記事一覧ページ(トップページのこ
0
カバー画像

アドセンス審査期間中は記事を追加更新したほうがいいの?

アドセンス審査期間中に新規記事を追加する必要はない2021年5月以降、アドセンス審査の合格・不合格判定の通知メールが届くまでの審査期間が長引く事例が多発しています。申請してから14日間(2週間)ほどかかっている事例が多発しているのです。審査期間が長引くことで不安になった生徒さんや一般のブロガーさんから多数ご質問をいただいたので、アドセンス審査期間中の行動について解説します。まず、結論から先に申し上げますが、審査に出したあとは合格・不合格通知が来るまではサイトを放置していて構いません。よく「審査に出してから毎日記事を投稿すると合格しやすい」みたいなことを書いている人がいますが、何もしなくても合格できます。実際に私の生徒さんたちには審査期間中に記事を追加するような指示は出していませんが、みなさん普通に合格できています。それよりも意識してほしいのは投稿頻度を普段通りにすることです。審査に出す前にどれくらいの頻度で記事を投稿していたのかを確認していただき、審査後も変わらずに同じ投稿頻度で記事を投稿してもらえればOKです。例えば、3日に一度のペースで記事を投稿していたのであれば、審査に出した後も3日に1度のペースで新規記事を投稿して構いません。もちろん、審査結果が出るまで新規記事の投稿をやめても構いません。アドセンス審査には8記事から10記事程度あれば合格することができるため、不合格になってしまったときに、記事数が増えすぎてしまうと修正作業が大変になります。そのため、8記事以上ある場合は審査結果が出るまで新規記事の投稿を意図的に控えるという選択もアリだと思います。実際に私は自分の生徒さん
0
カバー画像

【2022年最新情報】アドセンス審査合格に必要な記事数を専門家が完全解説!

※この記事は2022年9月10日に更新された最新情報です。この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るいhttps://coconala.com/users/1117182アドセンス審査の合格サポートとアドセンスでのブログ収益化のサポートサービスを展開するプロのブログコンサルタント。ココナラに出品しているブログコンサルサービスでは、断トツの人気と実績を誇り、アドセンス審査合格者数は320人を超える。公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』にて実績を公開中。トレンドブログで収益化を達成している生徒さんを多数輩出中。アドセンス審査合格に必要な記事数【2022年最新版】アドセンス審査に合格するためのアプローチとして効果的な方法は次の2つが挙げられます。 ①誰も書いていないオリジナリティのある情報提供型・問題解決型の記事を作る(この場合はアクセス数は重要ではありません) ②アクセス数を1日平均50-100程度作るこのどちらかの方法で審査合格を目指すという形になります。誰も書いていないオリジナリティのある情報提供型・問題解決型の記事を作って、アドセンス審査合格を目指す場合に必要な記事数は8記事から10記事程度です。※15記事以上あるのに不合格になっている場合は、記事数が不合格の原因ではなく、記事の内容(情報の質)やサイトの基本構造に問題があると思ってください。2021年5月にグーグルアドセンスの審査基準が変わりました。5月以前は5記事以下の少ない記事数でも合格することができましたが、5月以降は5記事での申請では不合格になってしまうようになりました。検証実験を行ったところ、5記
0
カバー画像

【2022年最新版】アドセンス審査用ブログの作り方

2022年最新版アドセンス審査用ブログの作り方ブログ初心者さんがアドセンス審査に合格するために必要なブログの基本設定について詳しく解説いたします。ブログを立ち上げてからアドセンス審査に出すまでの流れは次の通りです。①独自ドメインを取得する②レンタルサーバーを契約する③ワードプレスをインストールする④ドメインをSSL化させる⑤ワードプレスの基本設定を済ませる⑥必要なプラグインをインストールして有効化する⑦必要な固定ページコンテンツを作成する⑧カテゴリーを作る⑨ブログの外観を整える⑩記事を書いてアップロードする⑪グーグルサーチコンソールにアカウントを作成してブログを登録する⑫アップロードしているページ全てをインデックス登録する⑬8記事~10記事程度アップロードする⑭アップロードされているページ全てがインデックス登録されていることを確認したら審査に出す①独自ドメインを取得するアドセンス審査に申請してアカウントを取得するには独自ドメインと呼ばれるサイトURLを購入しなくてはいけません。以下のような無料ブログではアドセンス審査に申請することはできないので注意が必要です。■はてなブログ■Amebaブログ■FC2ブログ■楽天ブログ■note■ライブドアブログ■忍者ブログ■Blogger※はなてブログProのように別途有料プランで独自ドメインを使える場合はアドセンス審査に申請することができます。※無料ブログでもアドセンス審査に申請できる裏技がありますが、それは1度アドセンス審査に合格していることが条件になるため、最初に立ち上げるブログは独自ドメインを取得して作成する必要があります。独自ドメイン
0
カバー画像

【2022年版有用性の低いコンテンツ改善対策】アドセンス審査のプロの修正方法とは?

この記事を書いた人アドセンスコンサル柏木るい公式サイト『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』にてアドセンス審査の合格実績を公開中!実際に合格した生徒さんのサイトと参考になる記事を公開しているのでぜひチェックしてみてください。※この記事は2022年4月31日更新されました。2022年4月現在、アドセンス審査の不合格理由で一番多いのが『有用性の低いコンテンツ』です。『有用性の低いコンテンツ』と言われても、自分のブログのどこをどのように修正したらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか?Googleは公式サイトにて『有用性の低いコンテンツ』とは、ユーザーにとって価値のない、わかりにくいコンテンツ(フィラー テキストやダミーテキストなど)だと説明しています。この記事ではブログの添削サービスの専門家が「有用性の低いコンテンツ」と判定された記事を改善して合格させるために指導している内容をご紹介しています。審査基準がアップデートされて以降の2021年12月、2022年1月もグーグルアドセンス合格サポートドットコムの受講生様たちはしっかりとアドセンス審査に合格しています!合格者様のサイトは一部公式サイトにて公開していおりますので、ぜひ参考にご覧ください→『グーグルアドセンス合格サポートドットコム』で検索!有用性の低いコンテンツと判定されてしまうブログの8つの特徴とは?有用性の低いコンテンツと判定されるサイトの特徴として次のような事例が多いのでご注意ください。①すでに多くのブロガーによって書かれてしまっているネタを記事にしている②自分の書きたいことだけを主張する日記型になっている③検
0
カバー画像

2021年5月アドセンス審査に異変?審査基準がアップデートされたらしい

2021年5月アドセンス審査アップデートアドセンス審査の審査基準に異変が起きています。不合格理由の名称が更新されているのは多くのブロガーさんはすでにご存知だと思います。以前は「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」とか「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という判定理由が表示されていましたが、ここ最近は「有用性の低いコンテンツ」という不合格理由がほとんどになってしまいました。変わったのは不合格理由だけではありません。2020年3月や4月には合格できていた条件で審査に出しても不合格になってしまう生徒さんが5月に入ってから出始めたのです。それまで合格率100%だった条件なのですが、不合格が続いたため「アドセンス審査の審査基準が変更になったのでは?」という判断をしています。3月にアルゴリズムのアップデートもありましたから、その影響を受けての改正があった可能性があります。アドセンス審査の審査基準は2018年9月頃と2019年3月頃に大きなアップデートがあり、基準が大幅に変更になった経緯があります。2020年は大きな変更はなかったのですが、どうやら2021年4月から5月にかけてアップデートがあったと推測されます。※アドセンス審査の審査基準が変わったというグーグルからの公式発表などはありません。※アドセンス審査に精通しているプロだからわかる状況判断をもとに作成した情報です。プロでも不合格になっているアドセンス審査代行サービスを販売しているプロのライターさんも5月に入ってから突然合格できなくなって困惑しています。私に指導の依頼が入っています。現在、アドセンス審
0
カバー画像

アドセンス審査に合格できない原因は嘘・デマ情報に騙されているから?

アドセンス審査に関する嘘の情報が多すぎる件アドセンス審査の合格基準や合格するために必要なテクニックのようなものがネットにたくさん投稿されていますよね。また『アドセンス審査に合格させます!』とか『半年で30万円稼がせます!』みたいな美味しい話で初心者さんを騙して高額なコンサルタント費用をとっている詐欺ブログコンサルタントがたくさんいて、嘘の情報をコンサル生の方に教えているようです。そこでこの記事では私の生徒さんから質問があったアドセンス審査に関する嘘やデマに関して解説していこうと思います。もし、これからご説明するような内容の指導を受けていたら、その先生は詐欺師だと思ってください。嘘の情報であなたを陥れようとしていますので注意が必要です。嘘を教わってもあなたライティングスキルは上達しませんし、ブログで稼ぐために必要な知識は得られません。アドセンス審査に関する嘘情報まとめアドセンス審査に関する以下の内容はすべて嘘・デマ情報です。◆申請中に追記やリライトを繰り返す◆審査に出して放ったらかしにしていると落ちるので更新頻度を上げる◆毎日のように見出しを追加して200~300文字を追記する◆3日に1記事は新規記事を投稿する◆アドセンス審査はAI(コンピューター)ではなく人が判定している◆合格しやすい時期と合格しにくい時期がある◆審査結果が来たらすぐに再審査を申請する『申請中に追記やリライトを繰り返せば合格できる』は嘘アドセンス審査に出したら、審査期間中に記事の内容を追記したり、リライトを繰り返すと合格できるというような指導をしている詐欺ブログコンサルタントがいるようです。これははっきり断言で
0
カバー画像

2021年4月にアドセンス審査に2サイト追加しました!結果待ちです!

本日、2021年4月6日に、2021年4月にアドセンス審査に2サイト追加しました!一つは出品しているマニュアル通りに作り込み、審査にかけました。もう一つは、全く違うやり方で審査にかけてみました。3月は審査に通りやすい時期だったけど4月はどうでしょうか。検証してみます。また結果報告します!
0
カバー画像

2022年最新版アドセンス審査の具体的な7つの合格基準とは?【超有料級情報】

【2022年最新版】アドセンス審査の具体的な7つの合格基準とは?2022年最新版のアドセンス審査合格基準で大事なものは次の7つです。①オリジナリティ(独自性)のある記事を書く②情報提供型・問題解決型の記事体系にする③まだ誰も書いていない新しい視点から書かれた情報を提供する④必要なコンテンツを揃える⑤ポリシー違反に該当するようなテーマは扱わない⑥オリジナルの画像をたくさん使う⑦ユーザーの利便性を考慮したサイト構成にするアドセンス審査にはグーグルが定めている独自の基準で判定が行われています。グーグルが定めている基準をクリアして、信頼できるサイトと認定されないとアドセンス広告を配信することはできません。2022年現在、ネットにはアドセンス審査の合格基準に関するデマが多く掲載されていて検索ユーザーさんを翻弄させてしまっています。私は2018年から170人以上の生徒さんのブログを添削して、アドセンス審査に合格させてきました。その中で多くの実験をして試してきたんです。ですから、この記事に書いてある情報はすべて実証された結果に基づくものであり、根拠が明確になっていることのみを記載しています。①オリジナリティ(独自性)のある記事を書くアドセンス審査で最も重視してほしいのが記事のオリジナリティです。他サイトを調べれば得られるような情報をわざわざ記事に書いてもグーグルはまったく評価してくれません。例えばどこかのお店を紹介する記事をよく見かけますが、お店やメニューを紹介しても、その情報にはまったく価値がありません。なぜなら、お店を紹介する記事は他にすでに存在しているからです。例えば公式サイトです。お
0
カバー画像

【2022最新】有用性の低いコンテンツで不合格になりやすいブログテーマ20選

アドセンス審査で【有用性の低いコンテンツ】という判定で不合格になりやすいブログテーマ20選とは?アドセンス審査では有用性の低いコンテンツという判定理由で不合格になりやすいテーマが数多くあります。それはブログで副収入を得ようと副業としてブログ運営を目指す方が激増したことが原因になっています。どのようなテーマで記事を書くと、価値の低い広告枠「コンテンツが複製されているサイト」と判定されて不合格になってしまうのかという理由も具体的な事例を紹介して詳しく解説致します。2022年最新版の「有用性の低いコンテンツ」と判定されやすい20のテーマは次の通りです。①トレンド系・エンタメ系②料理・レシピ系③旅行・観光紹介系④子育て・育児⑤ペット⑥FXや投資⑦副業⑧美容⑨恋愛系の悩み⑩ダイエットやランニング・筋トレなどの健康法⑪健康系全般⑫自己啓発系・マインド系⑬就活アドバイス⑭お仕事・キャリアアップ⑮断捨離・ミニマリスト⑯有名飲食店のレビュー⑰おすすめの○○紹介します⑱書評ブログ⑲車やバイク⑳ブログの書き方・稼ぎ方これらのテーマを書いているブロガーさんは非常に多く、同じようなネタでたくさんの類似記事が投稿されてしまっているため、あなたが書いている情報がすでに他のブロガーさんによって書かれてしまっている可能性が非常に高いです。グーグルのAIは文意を理解して記事内容を判定してくるので、他サイトの記事をコピペしたり、本などから引用したりしていないオリジナルの記事でも、内容が似ているだけで『複製』と判定して不合格になります。具体的な事例をご紹介しながら解説していきますね!複製判定になりやすいテーマ①トレン
0
カバー画像

2021年2月もアドセンス審査2件通過しました(一発合格1件と審査落ちからの合格1件)

こちらは自社で管理しているメディアですが、新たにメディアを立ち上げるため、アドセンス審査通過の作業を進めていました。私が出品しているアドセンス審査通過マニュアルに沿って審査に出した結果、1〜2日ほどですぐに審査通過となりました!今のタイミングなら、比較的アドセンス審査に通過しやすいのかもしれません。ちなみに、審査に出すのは1回目です。同時に、1ヶ月前に審査に落ちたサイトも同時に再審査をかけているのですが、こちらはまだ審査結果待ちです。やはり、一度審査に落ちたサイトは、審査が厳しくなる傾向にありますね・・・。審査結果が返ってくるまで時間がかかる印象です。===登校日から翌日に追記:審査落ちしたサイトも、審査合格していました!やっぱり今のタイミングが審査に通りやすいのかもしれません。審査に通りやすい時期と、通りにくい時期があるので、タイミングによっては1〜2日ですぐ合格できます。けど、タイミング悪ければ1ヶ月以上かかることもあります。2月末〜3月上旬ぐらいが、アドセンス審査合格の狙い目かもしれません!===アドセンス審査は、下手に作り込んで審査に落ちてしまうより、1発で確実に審査通過させるのが最も効率よくスピーディです。今のところ、2020年10月から毎月1〜3件のアドセンス審査通過の実績が出ておりますので、アドセンス審査にお悩みの方は、ぜひアドセンス審査通過マニュアルをご利用ください。
0